腸 内 環境 整える に は。 デブ菌、痩せ菌、腸内環境とダイエットの関係を徹底解説!

腸内細菌・腸内フローラとは…腸内環境の整え方 [食と健康] All About

腸 内 環境 整える に は

ダイエットといえば、• 脂肪を減らすこと• カロリーを抑えること ばかりが注目されてきましたが、最近になって腸内環境もダイエットに大きな影響を与えていることがわかってきました。 腸内環境を整えて、デブ菌を減らさなければ、どれだけ過酷なダイエットを行なっても、長期的に痩せることは難しいのです。 たとえ一時的に体重が落ちたとしても、根本的な体質を変えなければ、すぐに太ってしまいます。 腸内環境を整えることで、痩せ体質になることができれば、楽にダイエットを行なえる上に、リバウンドも怖くありません。 今回はダイエットと腸内環境について、説明していきます。 1.腸内環境とダイエット 腸内環境を見直すことで、ダイエットを成功させやすい痩せ体質になることができます。 しかし、どんな仕組みで体質改善が行なわれているのでしょうか? まずは、腸内環境とダイエットの関係について、説明していきます。 腸内環境とダイエットの関係 腸内環境とダイエットは非常に密接な関係にあります。 食べたものは全て、胃や腸を経由して体に吸収されていくからです。 どんな栄養素を吸収するのか、消化しやすい・消化しにくい食べ物の種類などを分別するのも胃腸です。 胃腸が脂質や糖質を吸収しやすい状態になっていたら、食事制限を行なっていても、脂肪の増加を抑えることはできません。 このように、腸内環境はダイエットの成功を左右するほどの、重要な要素なのです。 腸内環境を整える善玉菌 腸内環境が悪いと、消化がじゅうぶんに行なわれず、胃腸の中にずっと食べ物が残った状態になってしまいます。 食べる前の食べ物に賞味期限があるのと同じように、体内に取り込まれた食べ物も長く放置していると腐ってしまいます。 もちろん、体に良い影響は与えません。 消化しきれなかった食べ物は、悪玉菌の温床となってしまい、腸内環境はさらに悪化していきます。 すると、発ガン物質や健康を害する老廃物が常に体内に蓄積されている状態に陥ってしまいます。 こういった悪循環を改善してくれるのが、善玉菌です。 善玉菌は菌の一種ですが、体に良い効果をもたらします。 具体的にどういった効果があるのかというと、• 腸の活動を活発にする• 腸の免疫力を高める• 悪玉菌の増殖を防ぐ• コレステロールの吸収を抑える• ビタミンや酵素を作り出す これらは健康効果を高めると同時に、ダイエット効果も高めてくれる効果です。 たとえば、腸の活動が活発になれば、腸のぜん動運動によって、便が排出されやすくなります。 これはスタイルにも大きな変化をもたらす効果です。 便秘が解消されるだけで、ウエストが5センチ以上、細くなる人もいます。 コレステロールの吸収を抑えるというのも、重要なダイエット効果です。 コレステロールは脂質のひとつで、人間の体に欠かせない栄養素ではありますが、悪玉と善玉の二種類に分かれており、悪玉コレステロールが増加すると、血管の壁に張り付いて血の流れを悪くしてしまいます。 血行が悪くなると、全身に栄養を行き渡らせることができなくなるので、代謝による消費カロリーも低下していきます。 また、余分なコレステロールが体内に溜まりやすくなるため、脂肪がつきやすい体質になってしまうのです。 スポンサーリンク ビフィズス菌と乳酸菌 善玉菌は大きく2つの種類に分かれています。 乳酸菌とビフィズス菌の2種類です。 ビフィズス菌は腸内環境を整える作用を盛っており、人間の腸内に1~10兆個存在するといわれています。 酢酸という成分を作り出して、悪玉菌の増殖を防ぐのが、ビフィズス菌の役割です。 乳酸菌はビフィズス菌よりも数が少ないものの、ビフィズス菌が生息しやすい環境をつくるという重要な働きを持っている善玉菌です。 なお、乳酸菌は体内に留まり続けることができません。 継続的に体外から摂取していく必要があります。 2.腸内に潜むデブ菌・ファーミキューテス ダイエットを行なっても、なかなか痩せられない人は腸内にデブ菌・ファーミキューテスが繁殖している可能性があります。 ファーミキューテスとは一体、どんな菌なのでしょうか? ここではダイエットを妨げるデブ菌・ファーミキューテスについて説明していきます。 デブ菌・ファーミキューテスとは ファーミキューテスは消化された栄養素を体内に溜め込んでしまう菌のことです。 特定の菌を指しているのではなく、数ある腸内細菌の一群を示しており、肥満の人ほどファーミキューテス類の腸内細菌が多いという研究報告が上がっています。 太っている人と痩せている人の腸内環境を比較すると、太っている人はファーミキューテスが、痩せている人の1. 5倍多く存在しているということがわかっています。 しかし、なぜファーミキューテスが多いと太ってしまうのでしょうか? それは、ファーミキューテスが食べ物を効率よく分解し、栄養やエネルギーに変換する働きを持っているからです。 一見、ダイエットに役立つように思える働きですが、ファーミキューテスはあくまで、吸収率をアップさせるだけです。 カロリー消費を向上させる菌ではありません。 つまり、ファーミキューテスが多い人は、必要以上の栄養を体内に取り込んでしまうため、太りやすい体質になってしまっているというわけです。 デブ菌もいれば痩せ菌もいる!? 人間の体は非常にバランスよく保たれているもので、デブ菌があれば、痩せ菌も存在しています。 バクテロイデスと呼ばれる菌が痩せ菌です。 バクテロイデスは、脂肪細胞に働きかけて脂肪の吸収をやめさせたり、筋肉に作用して脂肪の燃焼を促進させる働きを持っています。 太りにくく、痩せやすい体を作るためには、バクテロイデスを増やして、ファーミキューテスを減らす必要があるのです。 痩せ菌を増やしてダイエット バクテロイデスとファーミキューテスは、どちらも正常な腸内環境に必要となる菌です。 ファーミキューテスが完全になくなれば、ダイエットが成功するということはありません。 重要なのは、バクテロイデスとファーミキューテスの割合です。 バクテロイデスとファーミキューテスの割合が、6:4という比率になれば、理想の腸内環境です。 痩せ菌であるバクテロイデスの割合が高くなれば、痩せやすい体になることができます。 そのためには、善玉菌が多い健康的な腸内環境を作らなければいけません。 3.腸内環境をよくする食事 腸内環境は、毎日の食事によって形成されていきます。 善玉菌を増やして、悪玉菌を減らす食べ物を積極的に摂取していくことが大切です。 ここでは腸内環境をよくする食事を、紹介していきます。 穀類 玄米や麦といった、白米以外の穀類は、食物繊維やビタミンを豊富に含んでいるため、腸内環境を整える効果があります。 食物繊維は、胃腸の汚れを吸着して、体外へと排出しやすくするだけでなく、胃で消化されずに腸まで到達するので、腹持ちがよいというダイエット効果も得ることができるでしょう。 加えて、食物繊維は水分を吸収して膨張する性質を持っているため、食べた時よりも質量が増加します。 これも腹持ちがよくなる理由のひとつです。 野菜 緑黄色野菜や根菜類には、ビタミンやミネラルが豊富に含まれており、食物繊維も豊富です。 特に、ごぼうは高い整腸効果と、ビフィズス菌の燃料となるオリゴ糖をたくさん含んでいるため、定期的に食べることで、腸の中のビフィズス菌を増やすことができます。 魚介類 魚介類は動物性タンパク質の中でも、低カロリーで栄養価の高い食べ物です。 魚の脂は中性脂肪を減らして、血液をサラサラにする効果があるので、ダイエットにも役立ちます。 これらの効果は大腸がんを始めとするがん予防や、脳卒中・動脈硬化・心筋梗塞といった血管の不調による生活習慣病の予防にも効果的です。 また、カルシウムを多く含んでいるので、骨粗しょう症を防ぐ効果もあります。 また、ナトリウムやマグネシウムといったミネラルは、食べ物の消化・吸収を助けたり、便を柔らかくする作用を持っています。 便秘解消や整腸作用に欠かせない栄養素です。 フルーツ ビタミンCが豊富に含まれているフルーツは、腸内に存在する乳酸菌のエサになります。 乳酸菌をしっかりと働かせるためには必須となる栄養素です。 また、ビタミンCは、強力な抗酸化作用を持っているため、体が酸化するのを食い止めてくれます。 これはアンチエイジングに非常に役立つ効果です。 ビタミンCは、コラーゲンの原料にもなることから、美肌にも効果的な食べ物となっています。 発酵食品 ヨーグルトやチーズ、味噌、漬物、納豆といった発酵食品は、乳酸菌やビフィズス菌を含んでいます。 乳酸菌やビフィズス菌は腸内環境を整えてくれる善玉菌ですから、これらの食品を食べて、菌を増やすことで腸内環境が改善されやすくなります。 ただし、ダイエットと並行して腸内環境の改善を行なう場合、乳製品の取りすぎに注意が必要です。 糖質や脂質を多く含む乳製品はカロリーが高く、太りやすい傾向があります。 特に乳酸菌飲料は、加糖されているものが多いため、毎日飲んでいると太ってしまうこともあります。 成分表をよく読んで、カロリーが低いものを選んでいきましょう。 4.腸内環境を整える生活習慣 腸内環境を整えるためには、食事以外の生活環境にも注意しなければいけません。 ここでは、腸内環境を整えるためにやるべき生活習慣と、やってはいけない生活習慣を紹介していきます。 腸内環境を整える生活習慣 腸内環境を整えるためには、まず暴飲暴食やアルコールの摂取を控えるべきでしょう。 これらの生活習慣は、腸内環境だけでなくダイエットにも悪影響を及ぼします。 脂っこい食べ物を食べることだけが、暴飲暴食ではありません。 早食いや間食、不規則な食生活も腸内環境を乱す生活習慣です。 アルコールを控えて、毎日、決まった時間に食事を行い、食べ物をよく噛んで食べるだけでも、腸内環境はかなり改善されます。 適度な運動も高い効果を発揮します。 体を動かすと、腸のぜん動運動を促されて、排便が起こりやすくなります。 古い便が腸内に残っていると悪玉菌が繁殖しやすくなるため、便秘改善は腸内環境を整える際、第一に解消しなければならない問題点です。 腸内環境を悪くする生活習慣 脂っこい食べ物を食べる・運動をしない・アルコールを過剰に摂取する、といった食生活の乱れも腸内環境を悪くする生活習慣ですが、それらの乱れが解消されても、腸内環境が改善されない場合、別の原因が生じている可能性があります。 もっとも可能性が高いのは、睡眠不足やストレスによる、悪玉菌の増加です。 胃腸の働きは自律神経によってコントロールされているため、ストレスで自律神経が乱れてしまうと、胃腸の働きが弱まってしまいます。 胃炎や十二指腸潰瘍の原因として、ストレスが挙げられるのも、自律神経が過剰に胃液を分泌したり、腸の働きを鈍らせているためだと考えられます。 睡眠不足も自律神経の働きを悪くして、胃腸に悪影響を与えてしまいます。 毎日最低でも、6時間以上は睡眠をとるよう心がけて、趣味やスポーツでストレスを軽減していくことが大切です。 日和見菌を味方につけよう 腸の中には、悪さを行なう 「悪玉菌」と健康に役立つ 「善玉菌」以外に、もうひとつ、日和見菌という菌が存在しています。 とても数が多い菌で、実は腸内細菌の中でもっとも多い菌は日和見菌なのです。 日和見菌は、善玉菌にも悪玉菌にも分類されませんが、常に中立の立場にいるというわけではありません。 善玉菌が増えれば善玉菌の味方に、悪玉菌が増えれば悪玉菌の味方になってしまう、環境に流されやすい菌です。 日和見菌を味方につけて、腸内環境を安定させるためには、日頃から善玉菌を増やす生活習慣を行なっていく必要があります。 5.腸内環境とダイエットの口コミ 腸内環境を整えることでダイエットは可能なのでしょうか? ここでは、腸内環境を整えることでダイエットに成功した人の口コミを紹介していきます。 3ヵ月ほど経った現在、長年の悩みだった便秘はすっかり解消されて、ダイエット効果も上々です。 毎日、朝ごはんにヨーグルトを食べるという簡単な方法でしたが、効果は抜群でした。 ウエストのサイズダウンはもちろんのこと、体重も以前と比べると6キロほどマイナスになっています。 でもあまり効果がなくて、なんでだろうと思って調べてみたら、デブ菌と痩せ菌が影響してると聞いたので、先に善玉菌を増やしていく方向に方針転換。 だから、最初はダイエットを目的にしていなかったのですが、善玉菌を増やす食事を食べていたら、自然と体重が落ちてきて、お腹周りがすっきり細くなりました。 これからダイエットを始めようと思っている人は、腸内環境を整えてから始めたほうが、楽に痩せられるんじゃないでしょうか。 しかし、腸内環境をよくする食べ物を闇雲に食べることがダイエットに繋がるとは限りません。 中には、こんな失敗の口コミもありました。 もしかしたら、砂糖入りのヨーグルトは逆効果なのかも・・・?明日からは無糖のヨーグルトで挑戦していこうと思います。 乳酸菌やビフィズス菌が入っているサプリを飲んでも一向に改善されないので、色々調べてみたら、水分不足が原因だったみたいです。 食物繊維は水分を吸収しやすいから、水分補給を怠っていると、すぐに便秘になってしまうみたいです。 特に腸の中に潜んでいるデブ菌は、余計な栄養を吸収して体に脂肪を蓄えてしまうので、ダイエットの大きな障害となります。 デブ菌を減らすためには、善玉菌を増やして、悪玉菌の活動を抑制しなければいけません。 善玉菌が動きやすい腸内環境を作ることが、ダイエットの成功の秘訣といえます。 rerereflow.

次の

腸内環境を整える食べ物一覧!腸内環境を整える理由やメリットとは?

腸 内 環境 整える に は

Social Problem あなたの周りで起きている問題• Your Problems あなたのお悩み• Healthy Food 健康的な食生活• Hot Topics 人気の話題• Organic Recipe 今日食べたいオーガニックレシピ• Organic Shop オーガニック・ベジタリアン店• 健康は腸で決まる! 腸内の環境を整え、 その働きを最適化するために 心がけたい、5つの習慣とは? 昨今、「 健康の要」と言われる 腸。 今回はこの腸を健康にするお話をしていきたいと思います。 「 腸内環境」という言葉は、よく耳にしますよね。 腸内環境が乱れると、体に様々な不調が起こると言われています。 それは 下痢や 便秘などのように、お腹の調子が悪くなるといったことだけに留まりません。 現代人の多くを悩ませている アレルギーや 自律神経の失調、 生活習慣病などにまで及びます。 この私達の健康に大きく関係している 腸内環境を整え、改善してより健康へ近づける方法を、 一緒に見ていきましょう。 腸内フローラは、1人ひとり違った 固有の様相を呈していて、 その働き方も 千差万別です。 「もう一つの臓器」と呼ばれるほど重要な、腸内フローラ お母さんの子宮の中にいる胎児の腸内は、実は、 全くの無菌状態です。 胎児は生まれる時に産道を通りながら、まず母親の持つ細菌をもらいます。 そして、生まれた後に接触する人や物からもらう細菌も加わり、 5~6ヶ月かけてその子の腸内フローラが形成され、 生後2~3ヶ月で安定します。 その後は 環境や 食べ物、 生活習慣などに応じて変化し、長い年月をかけて その人独自の腸内フローラが完成されますが、 やはり形成時期、赤ちゃん時代に触れた細菌によってその基礎が出来上がります。 生まれて最初に触れた細菌群が、その後の腸内フローラ形成に大きく影響するのです。 そして、腸内細菌の多くは、 消化や 代謝、 免疫などの 有益な作用をヒトの体に提供することで、 ヒトの体と一体化した生命として 共生関係を結んでいます。 この腸内フローラにおける細菌の種類と状態は、私達の健康に大きな影響を与えます。 腸内フローラを形づくる3種類の腸内細菌の 理想的バランスは、人によって違う 腸内フローラを形成する腸内細菌について、さらに詳しく見てみましょう。 腸内細菌は3つのカテゴリーに分類され、 それぞれ 善玉菌、 悪玉菌、 日和見菌と呼ばれています。 「善玉菌」とは? ヒトの体にとって 良い働きをする代謝物を作り出す細菌を、善玉菌と呼びます。 ビフィズス菌、酪酸菌、糖化菌、ガセリ菌、ブルガリア菌などがその代表です。 「悪玉菌」とは? ヒトの体にとって 有害な代謝物を作り出す細菌を、悪玉菌と呼びます。 悪玉菌は、タンパク質を分解して便やおならの悪臭の元となる 腐敗物質を作り出します。 o-157などの大腸菌、クレブシエラ属の肺炎桿菌などが代表的です。 「日和見菌」とは? 善玉菌も悪玉菌も含み、 より優性な方に味方して働くグループのことを、日和見菌と呼びます。 ウェルシュ菌、アリアケ菌などがあります。 ボツリヌス菌と黄色ブドウ球菌は病気を引き起こす菌として知られますが、 実は日和見菌のグループに入ります。 これらは腸内の環境が悪玉菌優性になった時に増殖します。 善玉菌、日和見菌、悪玉菌の割合は一般的には 2:7:1が理想とされますが、 腸内細菌の種類、数、バランスは 指紋のように人それぞれ異なり、 必ずしもこの割合が理想だと言うことは出来ません。 その人その人によって、理想の腸内細菌バランスがあるのです。 腸内環境を乱す二大原因は、 「汚れ」と「化学物質」 「腸の汚れ」が腸内環境を乱す仕組み 現代人の腸は、昔の人の腸に比べて汚れていると言われます。 そしてこの 腸の汚れこそが、腸内環境を悪化させる 最も直接的な原因なのです。 腸内を汚してしまうのは、 加齢、 偏った食事 高糖質・高脂質など 、食品添加物などに含まれる 化学物質、 薬品、 精神的・肉体的ストレス、 疲労、 睡眠不足、 運動不足、 喫煙など、現代人の生活に特有のものばかり。 では何故、これらによって腸は汚れてしまうのでしょうか。 例えば、食物繊維が少なく高タンパク・高脂質の肉類ばかりの食事は消化されにくく、 そして精神的なストレスは胃腸の働きを低下させるために、 未消化物が腸内で 滞留・ 腐敗してしまって腸の汚れを招きます。 さらに、 睡眠不足も消化が済んだ食べ物(の残りカス)を体外へと運ぶ腸の 蠕動(ぜんどう)運動を鈍らせ、 腸内に残りカスを滞留させて、腸を汚すことになります。 腸内に溜まった、これらの 老廃物は 悪玉菌の格好の エサとなり、悪玉菌がどんどん増殖します。 このように腸が汚れると善玉菌と悪玉菌のバランスが崩れ、 腸内フローラが乱れてしまうのです。 悪玉菌が増えると、他にもある厄介な問題をもたらします。 それが「 活性酸素」です。 過剰な活性酸素は、 病気や 老化の原因となります。 食品に含まれる化学物質 化学物質は、腸の本来の機能を狂わせてしまう原因のひとつです。 天然の食べ物であれば、腸や腸内細菌が速やかに分解して吸収されるのですが、 除草剤や殺虫剤を使って育てられた野菜や加工食品、食品添加物などに含まれる 化学物質 は 異物と判断される為に、吸収されにくいのです。 それらが腸内に長く留まると、化学反応によって 毒素が発生します。 そしてこの毒素が腸内フローラのバランスを崩して悪玉菌を増殖させたり、 腸の機能を妨げたりします。 更に、異物である化学物質は、吸収されるべき栄養素と 似た形を装ったり、 腸壁をこじ開けたりして 体内に侵入します。 すると、腸はやがて、栄養素などを体内に吸収する際にも、 本当にそれが取り込んでよい成分なのかどうかの 判断を狂わされてしまうようになります。 その結果、誤って取り込まれた異物に対する 拒絶反応を体が起こしたり、 本来は有益な栄養素を排除の対象と勘違いして 食物アレルギーに繋がるなどといった 異常な反応をしてしまうようになるのです。 このように、 化学物質は、 腸と腸内フローラを撹乱し、 免疫システムや 神経伝達機構にも 障害を及ぼしています。 更に、このような化学物質は腸内で 活性酸素を過剰に発生させる原因の一つにもなっているのです。 それはすなわち、 腸本来の機能を正常に働かせることです。 便として排泄されるのは食べカスだと思われがちですが、 実はその大半は、役目を終えて腸壁から剥がれ落ちた 腸粘膜 細胞 および 腸内細菌と その死骸です。 それほど 私たちの腸内では細胞や細菌が入れ替わりを繰り返しているのです。 この入れ替わりがスムーズでないと、腸内は汚れた状態のままです。 そのような腸の働きを正常に維持するための方法は次の5つです。 排泄という機能は、 腸と脳の連携によってコントロールされています。 胃に食べ物が入ると、胃から脳に信号を出して大腸の蠕動運動を開始します。 大腸が蠕動することによって便が大腸の終末部に近づいてくると、 脳からの信号によって便は肛門付近へと移動が促され、排泄が行われます。 これらは 神経伝達によって行われ、「 胃結腸反射」と呼ばれますが、便を排出する為にはとても大切な働きです。 食べ過ぎが続くと、胃と腸での消化・吸収が間に合わず食物の 滞留時間が長くなります。 これによって長時間働き続けた 胃腸は疲弊し、その結果「胃結腸反射」が鈍ってしまうというわけです。 そうすると 未消化物が大量に 大腸内に滞留することになり、 悪玉菌が増殖してしまいます。 その結果、 活性酸素や 毒素が過剰に発生し、腸の汚れを招きます。 と振り返ってみましょう。 現代人の多くは、生きる為に必要な分以上の食物を摂っています。 取り入れるばかりの手段ではなく、まずは 摂り過ぎているものを削ってみることが大切です。 糖を使うと安価で短期間で製造が出来る為、 例えば 醤油や みりんなども食品添加物を加えて安く大量に作られ販売されています。 現代の食事はそういった食品添加物を多用した 加工食品だらけなのが実情です。 食品添加物は多くの場合、化学物質に他ならず、既に書いた通り、腸内を汚し、 また腸の正常な働きを狂わせます。 腸内環境を整え、腸の本来の働きを取り戻す為に糖質やタンパク質、酸化した油、化学物質を摂り過ぎない為に、 加工食品を控えることがもっとも効果的でしょう。 それは、 食物繊維、 ミネラル、 質のいい脂肪の3つ。 野菜や きのこ類などを、目安としては、タンパク質食品の 2~3倍の量を摂りましょう。 ミネラルは糖や脂肪からエネルギーを産生する時や、 先ほどご紹介した「 胃結腸反射」などで脳が神経線維を通じ信号を送る時、 細胞の代謝などに不可欠な存在です。 また、体内で作られる 抗酸化物質は反応の過程で必ずミネラルを使用します。 ミネラルがなければ抗酸化物質はその効果を発揮することが出来ませんが、 ミネラルは 体内で産生することが出来ません。 ですから、食事から摂る必要があります。 おすすめの食材は 海藻です。 ワカメや 昆布、 ひじきなどを積極的に摂りましょう。 海藻類を毎日摂るのは大変…という方は、 サプリメントを活用しても良いでしょう。 血管を柔らかく保ったり、体を動かすエネルギー源としても重要です。 ですが大切なことは、 どんな脂肪を摂るかです。 質のいい脂肪とは、 不飽和脂肪酸と呼ばれる脂肪です。 その中でも オメガ3が多く含まれた脂肪を摂りましょう。 この、オメガ3は 腸の潤滑剤としては働くと言われています。 EPAや DHAを多く含む 青魚、 亜麻仁油や えごま油、加熱用には熱に強い アボカドオイルもおすすめです。 ポイントは 天然のものを選ぶことです。 」と思うかもしれません。 ところが、 質の良い睡眠と 腸内環境には深い関わりがあるのです。 交感神経 促進 と 副交感神経 抑制 の二つに分類される自律神経は、 私達の体の重要な働きをコントロールしているのです。 二つの自律神経のうち、 交感神経は 起きている時に活動する為の神経で、 副交感神経は 寝ている時に体の機能を回復する為の神経です。 そして 腸においては、交感神経が働いている時は動きが減って活動が弱まり、 副交感神経が働いている時は活発になります。 質の良い睡眠とは、リラックス状態を作り出す副交感神経が活発に 働くことでもたらされるため、良質な睡眠が取れているということは、 すなはち、腸の活動が活発になるということ。 腸がきちんと機能すれば、腸内環境も良くなるのです。 現実には、多くの人々が日中の緊張状態を夜まで引きずってしまい、 良質な睡眠が取れないことが多いため、それを避けるべく、 意識的に緊張状態をほぐそうとする工夫も必要です。 腸の運動を活発化させるのに必要なホルモンは、 腸内環境が整っていないとスムーズに分泌されない 交感神経と副交感神経の切り替えは 脳からの信号伝達によって行われますが、 その信号伝達にはアドレナリンやノルアドレナリンなどの ホルモンが働いています。 これらの ホルモンの分泌にも腸自身が関係しています。 腸と脳・各臓器とのコミュニケーションが上手くいけば、 自律神経の切り替えに必要な上記のホルモンが正常に分泌され、 副交感神経が優位となって、腸の活発な動きを促します。 一方で、もし腸内環境が乱れていると、腸と脳・各臓器との連携が スムーズに行かず、必要なホルモンが分泌されないため、 好感神経と副交感神経の切り替えも上手く行かずに、 腸の働きが悪くなってしまうことも覚えておきましょう。 更に近年、一定期間食べ物を摂取しないことで得られる 生体への好影響が解明されたことで 広く知れられるようになり、その効果に期待が寄せられています。 このファスティングを活用して、一定期間胃と腸を空にして休めることで、 腸と脳との神経伝達が正常に働くようになり、 自律神経が整ってきます。 自律神経が整うと 腸の蠕動運動が適切に行われ、腸内環境を乱す原因となる汚れを 体外に出すという排泄の機能がスムーズになります。 また消化のために必要以上に使われていた 消化酵素に代わって、 代謝を助ける 酵素や ホルモンが産生されるようになります。 代謝が活発になると腸内の細胞の入れ替わりも促されて、腸の汚れの排出を助けるのです。 なお、ファスティングは、自己流で行うと健康を害する恐れがありますので、 医療機関でカウンセリングを受けて行うようにしてください。 」とか、 「何日間便通がないと便秘? 」ということがよく聞かれます。 健康的な腸の状態を見極めるには、何を 判断基準にすれば良いのでしょうか。 そのポイントは3つです。 1 お腹が張ったり、重苦しい感じがない 2 便がバナナ状で臭いがない、もしくは臭いが気にならない 3 排便後はスッキリしていて、出し切れていない感じがない 残便感がない 腸内フローラの様相が1人ひとり異なるように、お通じの間隔もまた、画一的なものではありません。 本物の健康を叶えるため、 かけがえのない唯一無二の存在、 自分の腸と向き合おう さて、今回は腸の働きと、腸内環境を整える方法についてお話させていただきました。 私自身も、調べていて腸について新しい発見があったりして、刺激的な勉強をすることが出来ました。 色々な情報媒体を見ていると、腸内環境については本当によく話題になっていますよね。 人それぞれ好みが異なるように、腸が喜ぶ食べ物も人それぞれ違うはずです。 これは覚えておきたいと思います。 腸内フローラの細菌は、 自分達にとって有益な食べ物に対して「これが食べたい」という サインを、 私達の 脳に向けて発信しています。 細菌達が望む食べ物が 私達にとって有益なものであるか、 有害なものであるかは自分の 体調を見れば明らかだったりします。 何を食べれば良いのか、何を食べない方が良いのか、それを教えてくれるのは他の誰でもない、 私達自身のの腸と腸内フローラです。 腸内フローラが美しい状態を保っている時、 私達の腸は健康であると言えます。 腸内フローラを美しい状態に維持する為には、自分の全体的な体調と向き合い、 その囁きに耳をすましてみることから健康づくりを始めてみませんか。 参考:『髪も肌もどんどん艶めく腸のお掃除』医学博士 二木皮膚科院長 二木 昇平 東京医科学研究所 鈴木 奈央子 著 オーガニック食品やコスメをお得に買えるオーガニックストアIN YOU Market 腸内の環境をしっかり整えたい方に! IN YOU Market のおすすめオーガニックアイテム.

次の

楽してダイエットしたい!腸内環境を改善して痩せる方法!

腸 内 環境 整える に は

「善玉菌」というのは、 ビフィズス菌や 乳酸菌など、身体に良いもの。 悪玉菌の侵入や増殖を防いだりして 免疫力を高めたり、腸の運動を促して、 排便を誘発するなどのよい働きをする。 「悪玉菌」というのは、腸内で有害物質をつくり出す悪いもの。 脂質や動物性たんぱく質が好き。 悪玉菌が増えると、 便秘や下痢などの体調不良を起こしたり、 病気など悪い影響を及ぼす。 「日和見菌」は、腸の状態によって強いほうの菌に味方するもの。 よく聞く「腸内フローラ」というのは… 顕微鏡で腸の中を覗くと、100兆個以上といる腸内細菌が お花畑(フローラ)のように見えるから、腸内細菌たちを 「腸内フローラ」と呼びます。 腸内環境が悪いとどうなる…? ストレスの多い生活や、不規則な食生活、食物繊維が足りていなかったり、運動不足だったりすると、 悪玉菌が増えて、 腸内環境が悪化。 腸の働きが低下する。 便秘や下痢、 肌荒れや アレルギー、 免疫力が低下してしまう。 身体に悪いものを排出するのを助ける。 免疫力があがる。 肌の調子も良くなる。 さらに、 アンチエイジング効果に期待できます。 余分なものを排出してダイエットにつながる! どうしたら腸内環境が良くなるの!? 1.規則正しい生活を心がける よく寝ると腸の動きが良くなる。 無理なダイエットはしない。 朝食を食べる。 定期的な排便のためのリズムを作ると良い。 2.バランスの取れた食事を心がける 飲酒の量に気をつける。 乳酸菌、食物繊維、オリゴ糖などを意識して摂るとよい。 野菜やヨーグルトがおすすめです。 3.ストレスのない生活を送る 仕事や家庭のストレスをなくす。 更年期や生理前などでホルモンバランスが崩れても、腸の働きが悪くなる。 4.適度な運動をする 運動したときの振動も腸へのいい刺激になる。 筋肉の動きが腸内の便の動きをサポートする。 でも、こういったことを日常的に行うのは難しい…。 乳酸菌そのものではなく、乳酸菌を作り出す成分 「乳酸菌生産物質」を配合。 人はそれぞれに腸内環境が違い、自身に合った乳酸菌というものがあります。 なので、 体内にもともといる善玉菌を育てて、腸内環境を整えます。 オリゴ糖や水溶性食物繊維のアカシアなど、 善玉菌のえさとなる成分でより効率的に腸内環境の改善ができます。 「ユーグレナ」:豊富な栄養素と、乳酸菌を活性化する作用がある。 ユーグレナと相性のいい ビフィズス菌B-3、 酪酸菌、 有胞子性乳酸菌、 穀物麹を配合。 大腸内でビフィズス菌や酪酸菌などの代謝産物として短鎖脂肪酸が生産され、 脂肪の吸収を阻害し、分解をサポートします。 短鎖脂肪酸を生産するビフィズス菌、酪酸菌を含んでいるので、 脂肪の蓄積を防ぎ、 代謝を上げて 痩せやすい体質へ導いたり、 脳に直接作用して 食欲を抑えたり満腹感を持続させるといった効果もあります。 難消化性デキストリン、亜鉛酵母、オリゴ糖、大豆イソフラボン、乳酸菌、穀物発酵エキスなど、8種の成分で 善玉菌、悪玉菌、日和見菌の3つの腸内細菌のバランスを整える。 「@COSME第1位獲得」「医学団体 成人病予防協会推奨」というお墨付き。 「アシタバ」:ビタミンB1、B2、C、E、葉酸などのビタミン類に、カルシウムやリンなどのミネラルなどの 栄養成分がバランスよく含まれているのが特徴。 さらに、アシタバ特有の 「カルコン」というポリフェノールも入っています。 お米由来の 1000億個の植物性乳酸菌と、ヨモギ、ウコン、ドクダミ、高麗人参など 100種類以上の原料を発酵させたエキスも入っています。 「モリンガ」:ビタミン、ミネラル、食物繊維、ポリフェノールなど 90種類以上の栄養素に、 抗菌作用まで備えた スーパーフード。 オリゴ糖と食物繊維は 善玉菌が増えやすい環境をつくってくれる。 栄養価が高いので食生活が乱れがちな人にぴったりです。 ダイエットサポートサプリメントには、 脂肪燃焼効果のある成分を含んだものもありますが、 それさえ飲んでいれば痩せる、というのは難しいです。 ある程度の運動はしないと 筋肉が落ちて代謝も落ち、太りやすくなります。 そういったことにも気をつかって 健康的にダイエットをしましょう! エレベーターを使わずに階段を使うなど、普段の生活に ちょっとした運動を組み込むくらいのことで、 変わっていけるはずです。 目的に合わせてダイエットサプリメントを選ぶのはいかがでしょうか?.

次の