腹筋 腰痛 い。 マーナ 腹筋クッションで腰痛対策!その決め手は筋力アップ?

腰痛の治し方!4つの筋トレと1つのストレッチで克服

腹筋 腰痛 い

スポンサードリンク ・ 腹筋が弱いから腰に痛みを感じる ・ 腰痛の予防に腹筋 時々見かけたり聞いたりするフレーズですが、 皆様は腰痛と腹筋の関係にどのようなイメージをお持ちでしょうか…!? 腹筋が弱ることによる腰痛に関して解説させて頂きます。 それでは、どうぞ… 腹筋が弱ると腰の痛みを感じる理由ってなに…!? 始めに腹筋と背筋の関係性について説明させて頂きます。 力の割合に関しては様々な解説内容がありますが、 全体を10と考えた時の 腹筋:背筋はおよそ3:7という割合です。 そこで背筋に比べて力の弱い腹筋が弱ることで、 背筋が緊張を引き起こしてしまうが為に、 腰に痛みを感じるという理論が腹筋と腰痛の関係になってきます。 比較的イメージしやすいものですし、 説明されると納得する内容ですね。 しかし理論上では何も問題のない腹筋と腰痛の関係ですが、 実際にはどうなのか…となると話は別でございます。 腰痛の原因が腹筋をはじめ筋力低下というのは間違い…!? まず腹筋だけが極端に弱るというのは可笑しな話です。 背筋が大好きで日頃から背中のトレーニングばかりしている人がいるなら、 腹筋と背筋のバランスが崩れて腹筋が弱っていると言えるかもしれませんが、 そのような人がいるとは考えづらいですよね(笑) もし単純に腹筋が弱っているのなら同時に背筋も弱くなっているべきなのです。 加えて筋力の低下というのを安易に考え過ぎているという印象を受けます。 スポンサードリンク 筋力の低下なんてのは簡単に起こるものではありません。 (ここでの筋力とは健康を維持する為に必要な筋力のことです) 外に出る機会がほとんどない高齢者なら考えられますが、 運動までいかなくても日常的に身体を動かしている大人が、 痛みを感じるまでの筋力低下を起こすことはまずないでしょう。 人間の身体は決してそんな弱々しいものではありません(笑) 腹筋は腰痛の予防になるトレーニングなのか…!? 以上のことから腹筋の低下は腰痛の原因と考えられますが、 実際に腹筋だけが弱くなり腰痛を感じている方はいないということです。 加えて「 腰痛の予防に腹筋」という考えですが、 上記の説明から視点がズレているということになるので、 腰痛の予防を目的に腹筋をすることに何の意味もありません。 腹筋をするのはウエストを引き締めたいという時におこないましょう(笑) 腰痛の原因は 急性ならギックリ腰と言われる関節や筋肉の炎症、 慢性なら筋疲労による血流の悪循環や筋緊張となります。 本当の原因が分からないから腰痛の理由を腹筋にしておこうという、 何とも浅はかで適当な考えによるものとしか思えないですね。 腹筋と腰痛の関係について解説させて頂きましたが、 お読みになられた方のお役に立てれば幸いです。 最後に… お読み頂きお役に立ちましたらクリックして頂けると嬉しいです。

次の

【腰痛改善に4つの筋トレとストレッチ】腹筋・周辺筋を鍛えるトレーニング

腹筋 腰痛 い

『腰に負担がかからない腹筋の鍛え方』 1、腹式呼吸 2、肩上げ腹筋 個人的には、この2つが腰に負担をかけずに腹筋できるのでオススメです。 では、ひとつずつご紹介していきます。 腹式呼吸 個人的にもっともオススメする方法です。 『腹式呼吸』 これは、文字通りお腹を使って呼吸をすることです。 深呼吸と似ていますが、多くのひとは胸で呼吸をしているので、どれだけ大きく息を吸って吐いてもお腹を鍛える効果はありません。 そうではなく、 『お腹を使って呼吸をする』というのが、この腹式呼吸です。 腹式呼吸をすると、お腹のインナーマッスルが鍛えられてどんどんお腹がスッキリしていきます。 私も学生時代にこの腹式呼吸を習慣にしてやってみたら、いつの間にかお腹がスッキリとしていて驚いた経験があります。 (吹奏楽部の練習のために腹式呼吸をしていただけでしたので、ダイエット目的ではありませんでした) 腰にまったく負担をかけないで腹筋を鍛えられるので、深刻な腰痛持ちのひとはぜひ試してみてください。 『腹式呼吸のやり方』 1、背筋を伸ばしてまっすぐ座る。 (座るのがキツイ人は仰向けに寝っ転がっても良い) 2、お腹に手を当てる。 3、時計を見ながら、5秒でお腹いっぱいに空気を数。 4、時計を見ながら、ゆっくり、細く長く息を吐きながらお腹をへこませていく。 (1分間吐き続けられるようになるのが理想) これだけです。 大事なのは、とにかく 『お腹』を意識して呼吸すること。 息を吸ったときに、肩が動いてしまうようではダメです。 お腹を膨らませながら息を吸い、お腹がしぼんでいくのを感じながら息を吐いていきます。 また、 『吸うときはあまり意識せず、ささっと吸う』ということを意識するのも大切です。 というのも、吐くのと同じようにゆっくりと息を吸うと、酸素を吸いすぎて頭がクラクラしてしまうことがあるからです。 吸うときは、ほとんどなにも考えずに、気楽にさっと息を吸うようにしましょう。 1~2秒くらいで吸っても大丈夫です。 また、吐くときはできるだけ長く吐くようにしますが、最初から1分以上も吐き続けられるひとはあまりいません。 最初は20秒、30秒と短めに吐いて、慣れてきたら1分以上に挑戦してみましょう。 ただこれだけですが、お腹のシェイプアップにはとても効果的ですので、ぜひ試してみてください。 とにかく無理をしないことが大切です。 『肩上げ腹筋のやり方』 1、通常の腹筋をするように、仰向けに寝て膝を立てます。 2、手は、胸の上で組みます。 3、その状態から、肩だけを持ち上げて腹筋に刺激を与えます。 4、地面に肩がつかないように軽く下ろし、また持ち上げます。 (10回~20回) これだけです。 通常の腹筋運動よりもはるかに腰への負担が少なく、それでいて腹筋をしっかり鍛えられるのでオススメです。 コツは、とにかくお腹を意識することと、腰を肩を丸めないことです。 週に3回、一回10分もやれば少しずつですが腹筋が鍛えられていきます。 さきほど紹介した腹式呼吸とも組み合わせると、さらに早く腹筋を鍛えることができます。 お腹をスッキリさせたいならダイエットも効果的! 腹筋を鍛えたい場合は、 ダイエットも有効です。 なぜなら、体が痩せればそれだけで腹筋も引き締まるし、上半身が軽くなれば 『肩上げ腹筋運動』なども楽に行えるようになるからです。 また、体重が軽くなることで腰への負担も少なくなっていき、腰痛の改善も期待できます。 また、腹筋を鍛えたい理由が『見た目をよくしたいから』というものならば、ハッキリ言って腹筋運動などしなくてもダイエットだけでお腹はスッキリしてきます。 では、ダイエットしてお腹をスッキリさせるにはどうすれば良いのでしょうか? とにかく食事改善 ダイエットするには、なにをおいても食事を改善しなければいけません。 ダイエットは食事が8割、と言われるほど、痩せるためには食事が大切なのです。 逆に言えば、食事を 『痩せる食事』に変えさえすれば、なにもしなくても勝手に痩せていきます。 では、痩せる食事とはどういうものなのでしょうか? 一言で言えば、 『カロリー制限をしつつ、栄養の高い食事』 ということです。 このうちのどちらか一方が欠けてもダイエットは成功しません。 多くのひとは、 カロリー制限だけして栄養が足りなくなるから、体がピンチになって急激な食欲が湧いてしまい、ドカ食い&リバウンドしてしまいます。 また、反対に 『カロリーを気にせず栄養やカロリーの高いものばかり』を食べ続けていても、当然太ります。 大事なのは、 『1日の制限カロリー以内で、栄養たっぷりの食べ物を食べる』ということです。 ちなみに、女性の一日の必要カロリーは 1800~2000ぐらいと言われています。 40代以降ならば、1800ぐらいがちょうど良いかもしれません。 このぐらいのカロリーに設定し、そのなかでお肉、魚、野菜、豆、果物など、健康的な食事を摂るようにしましょう。 また、 『よく噛んで食べる』ということを徹底すると、栄養の吸収率も上がるのでお腹も減りにくくなり、簡単に痩せることができます。 私もこの方法で10kg以上痩せられましたので、興味のある方はぜひ試してみてください。

次の

腰痛予防に体幹トレーニング|インナーマッスルを鍛える腰痛改善メニュー

腹筋 腰痛 い

腰が浮かないように注意してください• バンザイの状態で仰向けに寝て、腰を床におさえつけます。 両膝を伸ばしたまま、足を床から約30cm浮かせます。 腰と肩は床にしっかりとつけましょう。 脚を浮かせた姿勢を保ってください。 柔軟性が改善されないと腰を反ったままトレーニングする事になり痛めてしまいます。 まず、柔軟性をチェック&ストレッチをしてください(参考:)。 腰を反らずに腹筋で脚をある程度支えられるようになったら、ベーシックな腹筋のトレーニングを始めましょう。 両手を頭の後ろで組み、膝と股関節が90度になるように持ち上げます。 背中を丸め上げた位置で息を吐き切り1秒止めましょう。 クランチは腹筋トレーニングの代表格ですが、しっかりとフォームを守って行うと20回出来ない方も多いものです。 20回3セットはあくまで最終的な目標なので1セット毎の回数を減らしてトレーニングを行ってください。 クランチを20回3セットできるようになったら、もう一度腹筋のレベルをチェックしてみましょう。 腰痛持ち向け腹筋 アドバンストレーニング ここで今一度、別記事「」にある、前屈とスコーピオンで腰回りの筋肉の柔軟性をチェックしてみましょう。 腹筋のトレーニングばかり行っていていると知らず知らずのうちに柔軟性が低下しているケースがあります。 腰痛を起こさず腹筋を鍛えるためにも、トレーニング前にまず柔軟性チェックを毎回欠かさず行って、硬くなっていたらストレッチを行ってからトレーニングする事をお勧め致します。

次の