株価 225。 日経225とはどんなもの?銘柄一覧はどうすれば見れるの? | 初心者ちゃんの株手帳

日経225先物 チャート

株価 225

株価の先物取引・日経225&日経225ミニとは 日経225先物とは、 日経平均株価の将来の株価を予測して取引することで利益を目指すこと。 普段よく目にする 日経平均株価を予測するので、身近な銘柄だといえるでしょう。 日経225と日経225ミニの違い 日経225は、最低取引単位である1枚が 日経平均株価の1000倍の価格になります(実際に支払う金額ではありません)。 一方、日経225ミニは日経平均株価の100倍、つまり 日経225の10分の1の価格になります。 ミニのほうがレバレッジ効果は小さくなりますが、その分リスクも小さくなります。 初心者でも扱いやすい銘柄です。 また、日経225は相場の変動や注文の金額が10円単位なのに対し、日経225ミニは5円単位となっています。 日経225の取引の流れ• 新規注文 インターネットや対面などで新規の売買注文をします。 や売り買いの種別などを選択します。 この時、執行条件なども指定できます。 建玉(たてぎょく)確認 購入後は、現在持っている建玉の動向をチェックします。 建玉とは未決済の取引のこと。 建玉の損益はWEBサイトなどで逐一確認できます。 決済 建玉を清算し損益を確定させます。 証拠金だけで取引ができる 日経225や日経225ミニも、ほかの銘柄同様にでの取引が可能です。 株式の売買にはその株の価格の支払いが必要です。 100万円分の株なら、100万円を支払うことになります。 日経225ミニなら、100万円の取引を行うのに 5~6万円程度の証拠金だけを預ければ取引ができます。 少ない投資額で大きな取引ができるので、 少額でも投資に参加できる上に投資効率がかなり良いのです。 差金決済 先物取引の決済では、代金や有価証券のやり取りをしません。 買った分だけ売却、あるいは売った分だけ購入することで決済をして、その売り買いの差額が損益として発生するだけ。 これをといいます。 現物や代金のやり取りがないため、効率よく取引を進めることができます。 オプション取引とは 日経225は、先物取引であると同時にオプション取引でもあります。 オプション取引とは、 権利を売買する取引のこと。 「日経平均株価を〇〇円で買う/売る権利」をやりとりしているのです。 オプションの満期日になると、買い手は権利を行使して日経平均株価を買うこともできるし、権利を放棄することもできます。 一方、売り手は売る義務を果たさなくてはなりません。 日経225の魅力とは ここでは日経225先物取引の魅力について紹介します。 銘柄選びが不要 日経225先物取引の投資対象商品は「日経平均株価」。 ニュースでもよく見かけるほど身近な経済指標です。 「日経平均株価」が投資対象なので、個別に株を調査して銘柄選びをする必要がありません。 また、取引方法がシンプルで日経平均株価が上がると思えば「買い」、下がると思えば「売り」を出せばよいのも魅力的です。 また、ニュースや新聞などから判断する材料となる情報が集めやすく、私生活で感じる景気感から判断することもできるので、取引しやすいというメリットもあります。 売建ができる 先物取引は「買ってから売る」だけでなく「売ってから買い戻す」こともできる取引。 相場が将来下落すると予想した場合は売っておいて、予想通り相場が下落したら買い戻せば、差額分が利益になります。 そのため、相場が下がっている時でも利益を得ることができるのです。 また、信用取引と違い、金利や証券会社から株を借りた時にかかる貸株料などのコストが発生しないのがメリットです。 資金効率がよい 先物取引は少ない資金で大きな金額の取引ができます。 また価格の差額分を受け渡しする差金決済であるため、投資家は多額の資金を用意しなくても先物取引を行うことができます。 例えば、レバレッジが約3. 2倍である信用取引と比べて、日経225先物の場合、約20倍以上のレバレッジを効かすことが可能。 一段と資金効率の高い投資手段といえます。 また、証拠金は現金だけでなく株式を使用することも可能。 そのため、保有資産をより有効に活用することができるのです。 夜間も取引できる 先物取引は日中の取引だけではありません。 大阪取引所で夜間立合と呼ばれる16:30~05:30も取引が行われているため、欧米市場と取引が重なる時間があります。 ロンドン、ニューヨークなどの市場で大きな値動きがあった場合、日本の市場にも影響が及び、日経平均先物も大きく動くことがあります。 取引時間が長いため、流れに乗って利益を狙うことができます。 相場の下落局面でも利益が出せる 日経225先物では、相場が下落している場合でも利益を生み出すことができます。 その理由は、信用取引のように「空売り」ができるためです。 先物取引を始めるにあたって最も不安なことは、期限が来た際に相場が下落して、大きな損失を出してしまう事でしょう。 ですが、日経225先物では、空売りを利用した投資を行っていけば、損失を出すことのリスクを大幅に軽減させられます。 空売りで損失のリスクを大幅に減らす 空売りとは、現物が存在しない時点で売りの約束をすること。 そして、その時点で売りの価格も決められています。 そのため、期日が来た時に、あらかじめ決められている売りの価格よりも低い価格で決済を行えれば、その差額分が利益となるのです。 日経225先物で空売りの仕組みを利用すれば、期日に相場が下落していたとしても全く問題ありません。 寧ろ、期日のときの相場が低くなればなるほど利益が生まれるため、リスクを大幅に軽減させられるでしょう。 日経225先物では空売りが自由に行える 信用取引でも空売りはできますが、信用取引の場合は様々な規制があり、初心者の方には利用しにくいシステムとなっています。 株式投資の空売り規制はデフレ対策のために導入されたもので、空売りできる株数や銘柄には制限があり、その規制を破ってしまうと「金融商品取引法違反」という罪に課せられてしまうリスクがあります。 その点、日経225先物では規制がなく、誰でも自由に空売りを利用可能です。 また、株式投資では企業の株を購入して、配当金や株式優待を受け取りながら、長いスパンで投資を行うことが一般的となっています。 ですが、日経225先物では特定の企業の株を購入する訳ではありません。 そのため、「企業への投資」という概念がないため、空売りをしやすいという特徴もあります。 差金決済ができる 短期的な投資をしている方には日経225先物がおすすめですが、その理由が「差金決済ができる」という点です。 差金決済ができるということは、1日あたりの取引回数に制限がないということなので、1日に何回でも取引を行うことが可能となります。 通常、現物の株式や信用取引では差金決済ができないため、これは日経225先物だからこそのメリットだと言えるでしょう。 差金決済について もし、現物の株式や信用取引のように差金決済が不可であれば、資金のやり取りは1日に1回しか行われません。 つまり、100万円分の取引を1日に1回行ってしまったら、その後その100万円分は当日取引不可となります。 限られた回数しか取引が行えないため、複数回に分けて細かく売買したいという方にとっては、とても不利な状況になるでしょう。 その分、日経225先物では小さな取引を何回も行えるため、複数回の取引で利益を得たいデイトレーダーにとっては大きなメリットです。 取引が小さければ利益も小さくなりますが、その分、損失を発生させるリスクも小さくすることができるため、これから先物取引に挑戦しようとしている方にとっては安心材料となります。 日経225のデメリット 日経225には少ない資金で大きな取引ができ資金効率のよい金融商品です。 しかしこうしたメリットに対してさまざまなデメリットもあります。 過剰なレバレッジによるリスク 日経225の魅力に20倍以上のレバレッジを利かすことが可能とレバレッジ効果の高い金融商品であることがあげられます。 このために証拠金が小額でも大きな利益を得ることができるのです。 同時に大きな損失を被る可能性があることを忘れてはいけません。 市場の価格変動によっては証拠金を大きく割り込み、大きな損失を被ることがあります。 証券会社などでは日経225の取引には強制ロスカットのシステムを設定し、証拠金が一定割合を下回った場合は強制的に決済されることがありますが、相場が急変し暴落、暴投などがあった場合はロスカットが間に合わず、証拠金をはるかに超える損失を被ることもあります。 レバレッジをかける際は、あくまでもご自身の資産状況に応じてレバレッジをかけることが重要になります。 取引き期限がある 先物取引には取引き期限がありますが、日経225の場合は限月取引の形で3月、6月、9月、12月の第2金曜日 当日が祝日の場合は前営業日 に期日が決められ、その前日が取引最終日となります。 特に注意しないといけないのが、通常の株式取引は投資家が株式を保有し続けることができますが、先物取引では儲けがでていようが損失を出していようが、3月、6月、9月、12月の第2金曜日には必ず現在のポジションで決済されることです。 例えばもう少し値が上がってから売却して利益を得ようと思っていても、強制的に決算されていたり、購入日によっては1か月もたたないうちに決算されることもあります。 日経225はあくまでも短期投資でという認識で必要です。 なお取引き期限を超えても保有したい場合はロールオーバーして保有期限の変更をすれば継続して保有できます。 証拠金の追加差し入れが必要な場合がある 相場の変動などにより、証拠金に不足が生じた場合などは証拠金を追加で差し入れたり追加預託が必要になります。 この時、指定された期限までに不足額が差し入れられなければ建て玉の一部またはすべてが決済・処分されることがあり、また生じた損失は投資家が責任を負うことになります。 値幅制限がある 通常の株式投資にストップ高やストップ安があるように日経225にも値幅制限があります。 これは相場の急変動から投資家を守ることを目的として設けられているものです。 その時々の日経平均株価により違ってきますが、値幅制限を超えると終日取引停止になります。 こうした場合転売または買戻しによる決済ができないこともありますので注意が必要になります。 取引を一時中断することがある 先物価格が急変し、相場が過熱しすぎた場合などにはサーキットブレーカー制度といって、取引を一時中断し投資家の過熱感を鎮めるために取引を一時中断することがあります。 サーキットブレーカー制度が適用され、取引が中断された場合は、制限値幅が第1次制限値幅に拡大され取引は再開されます。 しかしそれでも価格変動が大きい場合は再度取引を中断し、制限値幅が第2次制限値幅まで拡大されたうえで取引が再開されます。 中断時間は制限値幅の上限または下限で取引が成立した場合は15分間。 制限値幅の上限または下限の気配値が提示されてから5分以上取引が成立しない場合は10分間の中断になります。 また4時45分から日中立会終了時まで、または2時30分からナイトセッション終了時までは中断されません。 なお過去にサーキットブレーカーが制度が適用されたのは2001年9月12日のアメリカ同時多発テロ直後、2008年10月10日と2008年10月14日のリーマンショック時があげられます。 日経225はこんな人にお勧め ここでは、日経225での取引が特にお勧めできる人についてご紹介します。 少ない投資額で大きな取引をしたい方 日経225は証拠金取引であるため、初期段階で投資できる資金が少ない方や、資金をフルに活用して効率の良い取引を行っていきたいという方に向いています。 信用取引の約20倍、日経225ミニの10倍ものレバレッジ効果を得ることができるので、大きく取引をしていきたいという方には最適でしょう。 日中の取引ができない方 日経225の大きな特徴である「ナイト・セッション」は、仕事で日中の取引ができないという方に嬉しいシステムです。 仕事が終わってからの副業としても活用できるため、日中仕事をしている方に適しており、子育てをしている方などにも良いでしょう。 手軽な投資に取り組みたい方 日経平均株価に対して投資をする日経225は、銘柄などを選ぶ必要がないので、手早く投資を始めたい方、銘柄選びが面倒な方などにおすすめです。 投資をする対象がひとつに限られているので、銘柄選びで失敗するというリスクもなく、シンプルな取引が行えます。 株のように銘柄に関する調査をする必要もないので、投資に時間を割けないという方にも適しています。 日経225ミニはこんな人にお勧め ここでは、日経225ミニが特にお勧めできる人についてご紹介します。 先物取引初心者の方 最初にご紹介したように、日経225ミニは日経225と比較して、1枚の価格が小さいため、リスクが小さくなるという点が特徴です。 そのため、とりあえず先物取引を体験してみたい、経験を重ねてから大きな取引に挑戦したいと思っている、先物取引初心者の方に向いています。 細かく取引を管理していきたい方 日経225では注文金額である呼値が10円単位ですが、日経225ミニでは5円単位で設定できるので、細かく、緻密な取引を行っていきたいという方は、日経225ミニの方がおすすめです。 呼値の細かさもリスクを軽減させるために役立つので、しっかりリスクを管理したいという方に向いています。 取引手数料を抑えたい方 取引をするときに支払わなければならないのが取引手数料ですが、日経225ミニは、日経225と比べて取引手数料が低めに設定されている傾向があります。 日経225とどれだけの差額があるかは取引会社によりますが、約半分程度になっていることが多いようです。 取引手数料は、取引を進めれば進めるほどかさんでくるものなので、支出を抑えたいという方に適しています。 日経225で利益を出すには 日経225は先物取引初心者の方におすすめの方法ですが、しっかりとリスクを避け、利益を出していくためには、やはり「利益を出す方法」を知らなければなりません。 こちらでは、利益を出すために大切なポイントをご紹介しましょう。 メリットやデメリットについて調査 日経225は非常にメリットが大きい取引方法ではありますが、もちろんデメリットも存在しています。 まずはメリットとデメリットの両方を把握して、メリットを享受するための方法と、デメリットを回避する方法を知ることが必要でしょう。 日経225の仕組みを理解しよう 「売り」か「買い」というシンプルな取引法を持つ日経225ですが、取引に関するルールは細かい部分まで定められています。 少しでも有利に取引を進めたい場合は、このルールを理解することが重要です。 基本的な用語の意味、取引の方法、ルールなどについて理解を深めていきましょう。 情報を集める 日経225に関する情報は、書店で販売されている書籍や、インターネット上などでたくさん得ることができます。 仕組みやメリット、デメリットを理解することとも通じますが、様々なところから情報を得ておくと、それだけ知識は蓄積されていきます。 日々のニュースや経済情報などもチェックして、情報を集めてください。 詳細が学べる初心者におすすめの日経225セミナー 日経225は資金効率がよく、夜間でも取引ができる投資。 そのため、眠っている貯金を投資に回したい方や昼間忙しいから夜間に投資活動をおこないたい方におすすめです。 さらに詳しく日経225を知りたい方のために、このサイトでも先物取引の無料セミナーを紹介。 先物取引初心者が参加できる投資セミナーや基礎から学べる日経225セミナー、中級者向けのセミナーやプロが教える本格的なセミナー、オンデマンドで学べるセミナーなど、様々なセミナーの詳細を掲載しています。 セミナーごとの特徴やレクチャー内容を事前に知っておくことで、時間を有効活用。 自分に合ったセミナーを見つけて参加し、投資にご活用ください。 日経225基礎セミナー 日経225・NYダウ証拠金取引の基礎を教えてくれるフジトミのセミナーです。 NYダウ指数を円建てで取引できる「くりっく株365」を使った取引の仕方を中心に解説してくれます。 初心者の方には投資の基礎の基礎から、投資中の方にはチャートの分析方法まで細かく教えてくれると好評。 商品先物取引のほかにも「くりっく株365」の株価指数証拠金取引や「くりっく365」の外国為替証拠金取引についても学べるので、この機に全体を把握するチャンスです。 90分間の無料セミナーは1日に4回開催。 途中退席も自由にできるので、急に都合が合わなくなってしまった場合でも時間をあらためることができます。 セミナー後は先物取引や株価指数証拠金取引に関する資料や、外国為替証拠金取引について資料が配布されて契約を勧誘されますが、契約するのは本人の自由で断るのもOK。 決して強引に契約を勧められることはありません。 他の業者が立ち入って営業活動や勧誘をすることを一切禁止しているので、本当に先物取引を学びたい人だけが参加できる安心のセミナーです。 日経225先物取引入門セミナー これから先物取引をはじめたい方に向けた、ライブスター証券が開催している90分間の無料セミナーです。 「先物取引という言葉は聞いたことがあるけれど、実際にどういうものかよくわからない」という方や、「興味があるけれど何からはじめれば分からない…」という超初心者にもやさしく解説してくれると好評です。 「日経225先物取引とは」「証拠金取引と追加証拠金」「実際の取引例」など、細かいセクションに分けて詳しく解説します。 また、先物チャートの見方についても詳しく教えてくれるので、実際に取引の方法を実践形式で学べるのもポイント。 取引をすぐに実践してみたい方におすすめのセミナーです。 申し込みはwebのフォームに必要事項を記入して送信するだけ。 申し込み時に「セミナーで聞いてみたいこと」をリクエストできるので、事前に分からない項目や知りたいことを伝えておくと、当日詳しく教えてくれると評判です。 こちらもセミナー後には取扱われている金融商品を勧められますが、無理な勧誘や強引な契約に持ち込まれることはないので安心して参加することができます。 日産証券CX倶楽部 日産証券では「CX倶楽部」という会員に向け、セミナーを定期的に開催。 会員になると先物取引を初歩から学べるセミナーに参加できるほか、日産証券が開催するさまざまなセミナーにも優先的に参加できます。 先物取引の「どこから勉強したらいいかさっぱり分からない」方にも、楽しみながら学びを発見できるようなセミナーを目指しているのだとか。 会費は無料なのでまずは気軽に問い合わせてみるとよいでしょう。 相場表やチャートの見方をレクチャーしてくれるほか、会員になると実際の相場情報ツールも使い放題。 オンラインのテクニカルチャートシステムを使って、自分の取引を画面上で閲覧しながら実際にトレーニングできると好評です。 セミナーに参加すると相場の動向がよくわかる資料をもらえるほか、過去に好評だったセミナーの資料を見ることも可能。 さらにセミナー会場で入会すると、先物取引に関する書籍を1冊プレゼントしてくれるなど特典もさまざまです。 セミナーだけではなく会員限定のイベントも定期的に開催しているそうなので、同じように先物取引について学んでいる会員と交流ができそうですね。 CX出張セミナー セントラル商事が行なっているセミナーは、プロのスタッフが指定する場所に直接来てくれる出張勉強会。 自分の希望する先物取引に関するテーマをあらかじめ伝えておくと、それについて詳しく説明してくれ学ぶ機会を得られます。 セミナーを聞きたいという方が2人以上いれば来てくれるので、定期的に開催されるセミナーに日程がなかなか合わないという方や、セミナー会場が遠くてなかなかいけないという方に好評です。 一般的なセミナーに比べて、雑談交じりのざっくばらんな勉強会。 気軽に気になることや知りたいことを質問できるのも人気の理由です。 申し込みフォームか電話で申し込むと、プランナーから連絡がきて、日時や場所が確定します。 また勉強会形式のセミナーは、希望すればセントラル商事のセミナールームで開催することも可能。 好きな日時でセミナーを開いてほしい、知り合いと2人以上で参加したいと思っている方は、一度相談してみてはいかがでしょうか。 金投資の基本 先物取引のなかでも金先物が得意な第一商品が開催しているセミナーです。 少人数規模のアットホームなセミナーは無料で参加可能。 個別の質問に対しては講師自身が丁寧に答えてくれます。 先物取引の中でもとくに「商品先物」に興味がある方におすすめです。 金先物取引と現物取引の違いや購入・売却の仕方など、金投資の基礎や投資によって得られる利益率を分かりやすく説明してくれます。 第一商品のセミナーでは投資によって得られるリターンだけでなく、金投資で考えられるリスクや損失の注意点についてもきちんと説明。 「うまい話」ばかり語ることは決してないため、信頼できる内容と言えるでしょう。 全国の支店で定期的にさまざまなセミナーを開催している第一商品。 世界情勢について語られるセミナーなども開催しているので、先物取引だけでなく投資や金融商品に興味のある方が気軽に足を運べます。 一度チェックしてみてはいかがでしょうか。 まずはセミナーに足を運んでみましょう ひと口にセミナーといっても、開催する企業によって様々な種類や形態がとられていますね。 ここで紹介しているセミナーはどれも専門的に先物取引を行っている企業が開催しているので安心して参加できるもの。 強引な勧誘や契約をされるという心配はありません。 最小限のリスクで取引を行なうためにも、興味を持った時点で予備知識を学ぶことはとても重要。 また、すでに取引をはじめようと思っている方は、プロや専門の方からアドバイスをもらえます。 セミナーに同席した縁でトレーダー仲間を見つけたり、先輩トレーダーからさまざまな見解や体験談を聞いたりと、さらに知識を深めることもできるでしょう。 企業のセミナーを上手に活用して、一人前のトレーダーへの一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか。 安心して日経225への投資をするために 最も大切なのは過剰なレバレッジをかけることなく、ご自身の身の丈に合った投資を心掛けることです。 特に先物取引の場合、損失を取り戻そうとさらに資金を投入し、さらに損失を広げるといった損失が損失を呼ぶ投資になることがあります。 こうしたことにならないようにご自身が日経225で使える資産をあらかじめ決めて、その資金の範囲内において投資をすることをおすすめします。 例えば証拠金50万円で20倍のレバレッジをかけて1,000万円の取引をした場合は50万円の投資をしているのではなく、1,000万円の取引をしているという認識が必要です。 1,000万円の取引をするのであれば、ご自身の現金資産も相応の資産がないと安心な投資とは言えません。 ご自身の資産全体をしっかりと把握した上で、無理の無い範囲でレバレッジ、投資金額を決めて投資することがおすすめ。 時には損切りすることも重要です。 まとめ このように日経225にはさまざまなデメリットがありますが、それにも増してメリットの大きい金融商品です。 日経225のデメリットを踏まえたうえで、メリットを生かした安全な投資を行うことをおすすめします。

次の

日経平均(日経225)の入れ替えまとめ、その後株価はどうなった?

株価 225

FRB はゼロ金利政策を少なくとも 2022年末まで継続すると表明しました。 また、米国債などを月 1200億ドル買い入れ、購入ペースを維持するとしています。 ECBは、民間銀行が中央銀行に預け入れる際のマイナス金利を -0. さらに、企業の資金繰り支援として、社債や CPなどの買い取り枠を 20兆円まで拡大しました。 FRB はゼロ金利政策を少なくとも 2022年末まで継続すると表明しました。 また、米国債などを月 1200億ドル買い入れ、購入ペースを維持するとしています。 ECBは、民間銀行が中央銀行に預け入れる際のマイナス金利を -0. さらに、企業の資金繰り支援として、社債や CPなどの買い取り枠を 20兆円まで拡大しました。 FRB は 2019年に予防的利下げを 3度おこない、さらに 2020年 3月に合計 1. また、ジャンク債買い取りを含む無制限の金融緩和を表明しました。 ECBは、民間銀行が中央銀行に預け入れる際のマイナス金利を -0. さらに、企業の資金繰り支援として、社債や CPなどの買い取り枠を 20兆円まで拡大しました。 130• 293• 296• 300• 306• 296• 294• 305• 300• 299• 297• 296• 302• 278•

次の

日経225とは

株価 225

「 東証平均株価」はこの項目へされています。 「」とは異なります。 日経平均株価 計算を開始 1971年 MICコード XTKS XTKSJPJ1 FIXプロトコルコード T 日経平均株価(にっけいへいきんかぶか、: Nikkei stock average)は、日本のの代表的な指標の一つ。 単に 日経平均や 日経225(にっけいにひゃくにじゅうご、にっけいにーにーご)とも呼ばれる。 のでは Nikkei 225と表記される。 が後再開した時点での採用銘柄の単純平均株価176円21銭 からスタートした であったが、2005年6月に算出方法が大きく変わり、現在はダウ式ではない。 現在、東京証券取引所第一部にする約2000銘柄ののうち225銘柄を対象にしている。 がを保有していると主張しているが、それを裏付ける判例は2019年現在ない。 銘柄を選定、5秒毎(2017年以降)に算出し公表する。 日本の株価指標としてはと並んで普及している。 最も知名度の高い株式指標であるため、純粋に民間が作成している経済指標でありながら、の経済統計としても使われていた。 日本経済新聞社のである(登録番号第2569182号)。 概要 [ ] 日経平均株価は、東証第一部上場銘柄のうち取引が活発で流動性の高い225銘柄を、が選定し算出する。 2005年6月6日まではで算出していたが、6月7日から算出方法が大きく変更されたため、これ以後は日経平均株価はダウ式平均株価ではない。 日本の株式市場の開いている平日の毎日更新される(年末年始期間のからを除く)。 業種のバランスなども考慮しながら、定期的に見直される。 株式分割などの際も連続性を保つようにしている (を参照)。 2013年1月4日に、東京証券取引所(東証)と(大証)が経営統合して、両取引所を傘下に置く持株会社(JPX)が発足したが、大型銘柄であるにも関わらず旧・大阪証券取引所(大証)での取引が中心であった銘柄は日経平均株価に組み込まれていない(・・・・・等)。 ただし東証・大証が2013年7月に市場統合したため、今後旧大証を取引の中心としていた銘柄も選定される可能性がある。 日経平均を使用した金融商品は、株価指数先物(、ほか)など、中で多数発売されている。 また、日経平均株価をで割った値を「NT倍率」という。 東京証券取引所が開いており株式の取引できる、平日の午前9時から11時30分 前場 と、午後0時30分から3時まで 後場 の時間帯で定義される。 名称について [ ] 日経グループ以外のメディアでは「日経」という固有名詞を避けて「東証平均株価」と呼ぶことがある。 日本経済新聞社は「日経平均株価」の名称を使用するよう求めている。 沿革 [ ]• 1950年 09月 07日 - 東京証券取引所が現在の算出方式(修正平均株価)で計算を開始(名称は「東証第1部修正平均株価」。 取引所再開時の1949年 05月16日までさかのぼって算出)• 1969年 07月 01日 - 東京証券取引所が東証株価指数の公表を開始• 1970年 06月30日 - 東京証券取引所が修正平均株価の公表を打ち切り• 1970年 07月 01日 - 日本経済新聞社が指数の算出・公表を引き継ぎ• 1975年 05月 01日 - 日本経済新聞社とが提携し、「日経ダウ平均株価」と名称を変更• 1985年 05月 01日 - 「日経平均株価」と名称を変更。 (日経ダウ平均を指標とする金融指標実施の動きに対し、当時に否定的な立場だったが難色を示したため)• 1985年10月 01日 - 公表値の更新頻度が1分毎になる• 1986年 09月 03日 - シンガポール国際金融取引所(現・)にて日経平均先物取引開始• 1988年 09月 03日 - 大阪証券取引所にて取引開始• 1989年 06月12日 - 大阪証券取引所にて開始• 1989年12月29日 - 算出開始以来の最高値(ザラ場 38957. 44円、終値38915. 87円)• 1990年 09月25日 - にて米ドル建ての日経225先物の取引開始• 1990年10月 01日 - 最高値からわずか9ヶ月で一時2万円割れ。 崩壊へ• 2000年 04月24日 - 30銘柄にも及ぶ大量の入れ換えを実施。 物議を醸す(詳細は後述)。 2001年 07月13日 - 東京証券取引所、大阪証券取引所に日経平均のが上場• 2001年 09月12日 - 米国同時多発テロ翌日、1984年以来の1万円割れ• 2003年 04月28日 - 最高値以後での最安値(ザラ場7603. 76円、終値7607. 88円)• 2004年 02月23日 - シカゴ・マーカンタイル取引所にて円建ての日経225先物の取引開始• 2006年 07月18日 - 大阪証券取引所にて日経225mini取引開始• 2006年 08月14日 - 首都圏で発生した大規模停電の影響を受け、日中に算出停止のトラブル(1970年以来初)• 2010年 01月 04日 - 公表値の更新頻度が1分毎から15秒毎になる• 2017年 07月18日 - 公表値の更新頻度が15秒毎から5秒毎になる 採用銘柄ルール [ ] 1991年9月までは、算出対象銘柄は非常に単純であった。 すなわち、「裁量的な銘柄の入れ替えはせず、採用銘柄が倒産したり合併されて消滅した場合にのみ銘柄を補充して225銘柄にする」、というものである。 1970年の除外から1990年11月の除外まで、このルールに沿っている。 唯一の例外措置は、1987年4月の上場時で、超であったことから特例的に採用され、このためにが外れた。 1990年ごろから、株価指数先物取引の存在が大きくなり、現物と先物の間のさや取りが行われ始めた。 先物を1単位売り、現物の225銘柄を全部1単位ずつ買う、といった手法である。 この場合、225銘柄のうち、発行済株式総数の少ない銘柄は、この現物先物間の裁定取引や、日経平均連動型投信からの買いのために、まったく想定されていないほどの品薄株となってしまい、本来の企業価値とは著しくかけはなれた株価になってしまった。 また、この高株価・品薄株は、日経平均への寄与度が異様に高まってしまい、これらの銘柄の価格に日経平均が振り回され始めた。 そのために、「採用銘柄が空いたら補充する」というルールに「著しく流動性を欠く銘柄は除外し、その分他銘柄を補充する」というルールが追加された。 このルールに沿い、1991年10月に、、、、、が、1992年10月に、、が流動性が低いという理由で除外され(業績とは関係ない)、他銘柄が補充された。 この結果、最大の特徴であった指数の連続性は弱まった。 しかし、それ以外は特段に変更はなく、一度採用された銘柄は、ずっと採用され続けていた。 採用銘柄が非採用銘柄に吸収合併された場合は除外(例としては、1997年9月に、採用銘柄のが非採用銘柄に吸収合併されてとなり算出から除外され、が追加採用)となっていたが、継続性重視の意味から、このケースは、新会社をそのまま継続採用すること、と変更された。 このために、合併があっても新陳代謝は進まず、現在でいうの銘柄が多くを占め続けた。 オールド・エコノミーの銘柄が多くを占め続けたために、日経平均株価は、市場全体との体感がずれていった。 2000年4月24日に、この問題を正すため、採用銘柄を30銘柄入れ替えた。 この際に、発表から実施までタイムラグが1週間あり、除外30銘柄が売り浴びせられる一方、新採用30銘柄が買い込まれて高騰した後に指数採用となったため、大きな不連続性が発生した。 しかも、この時に除外される銘柄の多くは、新採用の銘柄の多くはだった。 そのため、現物株を買い付ける日経平均連動型()は、除外銘柄を売却しただけでは資金が足りず、新採用銘柄を買い付けることができなかった。 この追加資金捻出のためには、全銘柄を等株売却して買付資金の差額分を捻出する必要があった。 これらの動きが複合した結果、最終的に日経平均株価は「銘柄入れ替え」が原因で、約15%も指数が下落してしまった。 当時のやでは、これをもって日経平均株価の不連続性を認めている。 以上の経緯のために、入れ替え以前の数字との単純な比較ができなくなっている。 この反省から、2001年以降は、毎年9月から10月に日経平均株価の構成銘柄を1~2銘柄ほど、定期的に入れ替えるようになっている(詳細は後述)。 銘柄の入れ替えで比率が高まった、いわゆる株の値動きに左右されやすい「ハイテク株指数」ともなっている。 また、ダウ修正方式の影響で、相場全体の動きが誇張した形で表れる傾向があるとされる。 採用の事業会社が持ち株会社の傘下に入る形になる形態変更では、採用は継続される。 この場合、事業会社除外時と、それを埋める持ち株新会社採用時に時的間隙ができて、数日間224銘柄以下になる時がある。 たとえば、2010年3月29日から4月2日までは「223銘柄」で計算された。 また、一度は外れたの流れを汲む三井化学は2005年5月に、高島屋も2001年3月に、東宝も2006年10月に再度採用されている。 また、東京電力の代わりに関西電力などを採用する、大阪市場の主要銘柄250社で算出される「大証平均株価」は、2000年4月の大規模銘柄入れ替えは行われなかった。 問題点 [ ] 基本的に225銘柄の単純平均なので、の影響を強く受ける。 日経平均株価が東京証券取引所全体の動きを反映していない「歪んだだ」という見方により、の投資家は日経平均株価ではなく、を重視している。 特に、1社の値動きが日経平均株価指数全体の値動きの8%を占め 、さらに株価寄与度上位の・・・を入れると、全体の20%を占めることになる。 一方、時価総額最大のの指数影響度が2%以下に留まるなど、5社の株価銘柄の値動きが過度に影響を及ぼしており、日経平均株価は「5桁クラブ」「指数」とも呼ばれ、日本の株式市場全体の動きを反映していないとの批判がある。 また、これら寄与度の大きい銘柄の株価を意図的に動かすことにより、日経平均株価を自己の有利な価格に誘導する投機的な取引もしばしば行われており、問題とされている。 みなし額面 [ ] 株式の額面制度は2001年の商法改正で廃止されたが、日経平均では各銘柄について「みなし額面」を定めている。 株価は市場価格をそのまま用いず、みなし50円額面に換算して計算している。 大半の「みなし額面」は50円だが、またはの影響で、これが50円にならないケースもある。 日本経済新聞社では、みなし額面一覧を公表している。 構成銘柄除外及び採用の歴史 [ ] ここに記載されている社名はいずれも当時のもの。 *は合併、経営統合に伴う銘柄の変更によるもの• 問題箇所をしして、記事の改善にご協力ください。 議論はを参照してください。 55円 終値22,898. 上昇率でも算出開始以来2番目の数値。 が崩壊しかけていた時期で、前日に2万円を割り込んだ反動と、大蔵大臣(当時)の株価対策発表による。 14円。 が起こっていた時期で、前週に1週間で3000円以上下落していた反動に加え、取引前日に相次いで発表された各国の金融危機回避策が好感されたため。 歴代上昇率上位10位 2020年2月現在。 43 9,447. 15 2 1990年10月 02日 20,221. 86 22,898. 24 3 1949年12月15日 98. 50 109. 29 4 2008年10月30日 8,211. 90 9,029. 96 5 1987年10月21日 21,910. 08 23,947. 30 6 1997年11月17日 15,082. 52 16,283. 96 7 1994年 01月31日 18,757. 88 20,229. 84 8 2008年10月29日 7,621. 92 8,211. 74 9 2015年 09月 09日 17,427. 08 18,770. 71 10 1992年 04月10日 16,598. 15 17,850. 55 1日最大の下落幅 1987年10月20日 -3,836. 48円 終値21,910. 08円 -14. のため(東証1部銘柄の約49%がストップ安)。 1日最大の下落率 1987年10月20日 -14. 08円 -3,836. 48円。 ブラックマンデーのため。 歴代下落率上位10位 2020年2月現在。 順位 年月日 前日終値(円) 当日終値(円) 下落率(%) 1 1987年10月20日 25,746. 56 21,910. 08 -14. 90 2 2008年10月16日 9,547. 47 8,458. 45 -11. 41 3 2011年 03月15日 9,620. 49 8,605. 15 -10. 55 4 1953年 03月 05日 378. 24 340. 41 -10. 00 5 2008年10月10日 9,157. 49 8,276. 43 -9. 62 6 2008年10月24日 8,460. 98 7,649. 08 -9. 60 7 2008年10月 08日 10,155. 90 9,203. 32 -9. 38 8 1970年 04月30日 2,315. 43 2,114. 32 -8. 69 9 2016年 06月24日 16,238. 35 14,952. 02 -7. 92 10 1971年 08月16日 2,740. 98 2,530. 48 -7. 68 年次の推移 [ ] 2019年末現在。 年 前年大納会 終値(円) 当年大納会 終値(円) 騰落率 (%) 1950年 109. 91 101. 91 -7. 28 1951年 101. 91 166. 95 1952年 166. 06 362. 38 1953年 362. 64 377. 22 1954年 377. 95 356. 09 -5. 78 1955年 356. 09 425. 55 1956年 425. 69 549. 00 1957年 549. 14 474. 55 -13. 58 1958年 474. 55 666. 46 1959年 666. 54 874. 26 1960年 874. 88 1,356. 07 1961年 1,356. 71 1,432. 59 1962年 1,432. 60 1,420. 43 -0. 85 1963年 1,420. 43 1,225. 10 -13. 75 1964年 1,225. 10 1,216. 55 -0. 70 1965年 1,216. 55 1,417. 55 1966年 1,417. 83 1,452. 42 1967年 1,452. 10 1,283. 47 -11. 61 1968年 1,283. 47 1,714. 61 1969年 1,714. 89 2,358. 56 1970年 2,358. 96 1,918. 14 -18. 69 1971年 1,918. 14 2,713. 48 1972年 2,713. 74 5,207. 91 1973年 5,207. 94 4,306. 80 -17. 30 1974年 4,306. 80 3,817. 22 -11. 37 1975年 3,817. 22 4,358. 18 1976年 4,358. 60 4,990. 51 1977年 4,990. 85 4,865. 60 -2. 51 1978年 4,865. 60 6,001. 35 1979年 6,001. 85 6,569. 46 1980年 6,569. 47 7,116. 33 1981年 7,116. 38 7,681. 95 1982年 7,681. 84 8,016. 36 1983年 8,016. 67 9,893. 42 1984年 9,893. 82 11,542. 66 1985年 11,542. 60 13,113. 61 1986年 13,113. 32 18,701. 61 1987年 18,701. 30 21,564. 31 1988年 21,564. 00 30,159. 04 1989年 30,159. 00 38,915. 04 1990年 38,915. 87 23,848. 71 -38. 72 1991年 23,848. 71 22,983. 77 -3. 63 1992年 22,983. 77 16,924. 95 -26. 36 1993年 16,924. 95 17,417. 91 1994年 17,417. 24 19,723. 24 1995年 19,723. 06 19,868. 74 1996年 19,868. 15 19,361. 35 -2. 55 1997年 19,361. 35 15,258. 74 -21. 19 1998年 15,258. 74 13,842. 17 -9. 28 1999年 13,842. 17 18,934. 79 2000年 18,934. 34 13,785. 69 -27. 19 2001年 13,785. 69 10,542. 62 -23. 52 2002年 10,542. 62 8,578. 95 -18. 63 2003年 8,578. 95 10,676. 45 2004年 10,676. 64 11,488. 61 2005年 11,488. 76 16,111. 24 2006年 16,111. 43 17,225. 92 2007年 17,225. 83 15,307. 78 -11. 13 2008年 15,307. 78 8,859. 56 -42. 12 2009年 8,859. 56 10,546. 04 2010年 10,546. 44 10,222. 92 -3. 01 2011年 10,228. 92 8,455. 35 -17. 34 2012年 8,455. 35 10,395. 94 2013年 10,395. 18 16,291. 72 2014年 16,291. 31 17,450. 12 2015年 17,450. 77 19,033. 07 2016年 19,033. 71 19,114. 42 2017年 19,114. 37 22,764. 10 2018年 22,764. 94 20,014. 77 -12. 08 2019年 20,014. 77 23,656. 06円 大納会終値362. 28円 1年の最大の下落率 2008年 -42. 73円 大納会終値8,859. 56円 -6296. 17円。 のため。 その他の記録 [ ] 項目 解説 連騰日数• 2017年10月2日 - 2017年10月24日 16営業日 20,400. 51円 - 21,805. 17円。 2017年10月20日日経平均株価は21,457. 64円であり56年9ヶ月ぶりに戦後最長に並んだ。 そして2017年10月23日には前日ので与党が大勝したことによる好感触を受け日経平均株価は21,696. 65円を記録し戦後最長を更新する15営業日連騰となった。 1960年12月21日 - 1961年1月11日 14営業日 1,287. 89円 - 1,403. 日本ではの好景気期にあった。 その後も上昇を続け、半年後の7月18日には1,829. 74円まで値を上げた。 続落日数• 1954年4月28日 - 1954年5月18日 15営業日 351. 67円 - 323. 92円 -7. 日本ではの終結による反動不況が続いていた時期である。 史上最安値• 1950年7月6日 終値 85. 25円。 の影響。 バブル経済崩壊後最安値• 2008年10月28日 10:17 最安値 6,994. 90円• 2009年3月10日 終値 7,054. 98円。 による。 史上最高値• 1989年12月29日 09:04 最高値 38,957. 44円。 バブル景気による。 1989年12月29日 終値 38,915. 87円。 による。 リーマン・ショック後最高値• 2018年10月2日 09:52 最高値24,448. 07円• 2018年10月2日 終値 24,270. 62円 証券取引法に基づく証券取引所開所による初立会• 1949年5月16日 終値 176. 21円 年間推移 [ ] 単位は円 年 年間最高値 年間最安値 2000年 平成12年 20,833. 21 13,182. 51 2001年 平成13年 14,556. 11 9,382. 95 2002年 平成14年 12,081. 43 8,197. 22 2003年 平成15年 11,238. 63 7,603. 76 2004年 平成16年 12,195. 66 10,299. 43 2005年 平成17年 16,445. 56 10,770. 58 2006年 平成18年 17,563. 37 14,045. 53 2007年 平成19年 18,300. 39 14,669. 85 2008年 平成20年 15,156. 66 6,994. 90 2009年 平成21年 10,767. 00 7,021. 28 2010年 平成22年 11,339. 30 8,824. 06 2011年 平成23年 10,857. 53 8,160. 01 2012年 平成24年 10,395. 18 8,295. 63 2013年 平成25年 16,320. 22 10,398. 61 2014年 平成26年 18,030. 83 13,885. 11 2015年 平成27年 20,952. 71 16,592. 57 2016年 平成28年 19,592. 90 14,864. 01 2017年 平成29年 23,382. 15 18,224. 68 2018年 平成30年 24,448. 07 18,948. 58 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 採用銘柄の株価の単純平均を基準とし、その後の株式分割などを除数を修正して計算する株価指数。 その後、2019年3月18日にが採用された。 出典 [ ]• 川北英隆『テキスト 株式・債券投資』(2006年、中央経済社)7-8ページ。 『日本経済新聞社による説明』• 総務省統計局. 2020年3月9日閲覧。 2008年12月31日付 日経朝刊3面「きょうのことば」• - (2014年7月17日アーカイブ分)• - (2010年8月27日アーカイブ分)• PRESIDENT online. 2016年7月31日閲覧。 宮川公男 2016年7月30日. 2016年7月31日閲覧。 2020年3月9日閲覧。 2020年3月9日閲覧。 202-3-9閲覧。 2010年12月31日付 日経朝刊13面 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 - 毎日新聞の平均株価指標• - 日本経済新聞による時価総額上位1000銘柄より算出した株価指数• 外部リンク [ ]• - Bloomberg• - BaseViews• - みずほ証券.

次の