キーマ カレー トッピング。 キーマカレーをスパイスだけでつくる【東京カリ〜番長】

キーマカレーをスパイスだけでつくる【東京カリ〜番長】

キーマ カレー トッピング

レトルトカレーとガーリックバターご飯は、なんといってもパワフル!男子ウケNo. 1の組み合わせと言っても良いでしょう。 ガーリックは食欲増進・消化促進・滋養強壮に効果を発揮し、スパイスとの相性も良いのが特徴です。 欧州レトルトカレー・エスニックレトルトカレー、どちらでも合わせることができるのも魅力です。 ガリバタご飯(2人分)• 耐熱ボウルに温かいご飯360g・塩胡椒少々を入れ、混ぜておきます• フライパンにバター10gを溶かし、ごく細かいみじん切りにしたにんにく小さじ1杯分を入れ、にんにくがカリっとなるまで弱火~中火で熱します• 耐熱ボウルにフライパンの中身を空け、まんべんなく混ぜたら出来上がり また、ガリバタご飯を作るのも面倒・・・という方は、あらかじめガリバタご飯を炊飯器で炊き、小分けにして冷凍しておくと便利です。 食べたいときに温めるだけなので、簡単に美味しいバターライスが楽しめます。 またカレーだけでなく、炒飯やドリアなどにアレンジして利用できるのでおすすめです。 インドカレーの仕上げに使われるスパイス・ガラムマサラを、レトルトカレーにちょい足しすれば、カレー本来のスパイスの香りがよみがえります。 ガラムマサラはメーカーによりブレンドが異なりますが、こだわる方は自家製ガラムマサラを作っても楽しいと思います。 基本的なレシピはコリアンダー・クミンを同量、それより少し少なめにクローブ・シナモン・カルダモンを全てパウダーで加え、混ぜれば出来上がりです。 スパイスはお好みで自由にアレンジしてくださいね。 レモンちょい足しでレトルトカレーに爽やかな風! ソースや醤油をレトルトカレーに加える方もいますが、他にもレトルトカレーにちょい足しするだけで旨味がアップする調味料があります。 ちょい足しするだけで簡単においしくできますので、ぜひ試してみてくださいね。 おすすめちょい足し調味料• バルサミコ酢:カレーにコクとまろやかさを• 焼肉のたれ:辛さを抑えたいときに• ハリッサ:地中海系調味料。 シャープな辛味とスパイスの香りUP• 花椒辣醤:豆板醤に花椒をプラスしたもので、鮮烈な辛味と痺れが味わえます• 味覇:一気に中華風のコクが増します。 チューブタイプがおすすめ レトルトカレーの簡単アレンジ|美味しいトッピングは? フライドオニオンで食感と甘みをプラス! 坦々風カレーつけ麺• フライパンに油をひき、牛豚合いびき肉100gを炒めます• ひき肉の色が変わったら、刻んだ赤唐辛子適量を加えてさっと炒め合わせ、レトルトカレー1カップ・中華だし少々を加えます• レトルトカレーの濃度に合わせて水を加え、塩で味を調えたらごま油・にら・ネギ・花椒を加えて器に盛ります• 中華麺を茹でてお皿に盛り着けたら出来上がり• 好みで茹で卵を添えてください レトルトカレーをカレーつけ麺にしてしまうのもおいしいアレンジですが、そのままでは所詮レトルトカレーと同じ味なので、続けて食べればいつかは飽きてしまいます。 そこで唐辛子の新鮮な辛味と花椒の痺れ、ごま油と中華の風味をプラスすることで、味わいも香りも新たに「担々風カレーつけ麺」を楽しめます。 赤唐辛子を青唐辛子に変えればフレッシュな辛味を楽しめますし、辛いものが苦手な方はしし唐に変えて風味だけ味わうのも良いアレンジです。 2人分のレトルトカレーを1人で食べる時に、こういったアレンジレシピ・リメイクレシピを覚えておくと、美味しいレトルトカレーを2倍に楽しめるのでおすすめです。 レトルトカレーを簡単リメイク!もっと自由に楽しもう! レトルトカレーは、ただ温めてご飯にかけるだけでもおいしいですが、市販の調味料をちょい足ししたりトッピングをしたり、ご飯をアレンジするだけで、驚くほど簡単に美味しいカレーに生まれ変わります。 またチリコンカンやつけ麵といった、レトルトカレーの枠からはみ出たアレンジも、時には楽しいものです。 また、美味しいレトルトカレーを食べる大前提として「加熱前によく混ぜる」ことが大切です。 これはすべてのレトルトカレーに共通することですが、レトルトカレーを50回ほど振ってから温めると、レトルトカレーにありがちな「ルーのざらつき感」がなくなります。 ちょっとしたことですが、覚えておきたい裏技です。 美味しいレトルトカレー選びも重要です。 豊かなコクを楽しむ欧州カレーやハーブの清々しさを味わうタイカレー、スパイスの風味を楽しむインドカレーなど、たくさんの種類のレトルトカレーがあります。 こちらの記事では、そんな評判の良い無印良品のレトルトカレーを紹介していますので、是非参考にしてみてくださいね!.

次の

東京都内の本当に美味しいキーマカレーの名店おすすめ15選 | VOKKA [ヴォッカ]

キーマ カレー トッピング

ゆで卵• 目玉焼き• スクランブルエッグ どれもとっても簡単で、片手間にできてしまうのもうれしいところ。 それぞれの美味しい調理法をご紹介しますね。 ゆで卵 ゆで卵でも、ゆで加減で半熟や固ゆで、温泉卵などそれぞれ違った美味しさを楽しめます。 固ゆで卵を切って乗せるのもいいですが、おすすめは黄身がトロっとカレーとなじむ調理法。 半熟卵や温泉卵が簡単でおすすめです。 半熟卵を上手に作るコツは、水からではなく 熱湯から卵を入れてゆでること。 茹で時間は5分~6分半ほどです。 5分だとかなり柔らかめの状態(白身も一部固まっていない)、7分に近くなるとだんだんと黄身の外側から固まってきます。 お好みの分数で卵を上げて、一気に水で冷やしてくださいね。 加熱する野菜• かぼちゃ• パプリカ• 玉ねぎ• トマト• ブロッコリー• ジャガイモ• オクラ• レンコン• 長いも 色とりどりカラフルになるように、野菜を3~4種類選ぶと見た目もきれいになりますよ。 野菜の調理法は素揚げや焼いてもいいですし、ヘルシーにしたい場合は茹でたり蒸したりするのもいいですね。 私はフライパンで野菜を焼いてカレーに乗せることが多いですが、 オリーブオイルを使うと風味も豊かで美味しいですよ。 また特に子供におすすめな野菜が、 パプリカとプチトマト。 どちらも焼くことで甘みが出て食べやすいですし、色味がきれいなので子供も喜びます。 あと長いもを短冊などに切って、焼いてトッピングするのも美味しいです。 シャキシャキとした歯ごたえが、カレーに合うんです。 時間がないから何か生野菜をトッピングしたいって時には、この2つがおすすめ。 スポンサーリンク カレーのおすすめトッピング5. シーフード 2日目のカレーにおすすめなのが、シーフードカレーにすること。 1日目にお肉をたくさんよそってしまって、具が少ないときなんかにももってこいです。 もちろんシーフードミックスを、フライパンで焼くだけでもOKです。 上に具として乗せるだけで、一気に豪華なシーフードカレーになりますよ。 けれどもう少しシーフード味を出したい時にぜひやってほしいのは、 ホタテの缶詰をそのまま汁ごとカレーに混ぜることです。 ホタテの出汁がたっぷりとカレーに行きわたって、本当に一瞬でシーフードカレーになりますよ。 付け合わせのサラダにホタテの身は使って、汁だけカレーに入れてもいいかもしれません。 シーフードミックスを入れるだけより、かなり美味しいシーフードカレーになるのでぜひ1度試してみてくださいね。 カレーのおすすめトッピング6. その他 調味料や薬味系 ここまでは具材としてのトッピングを紹介してきましたが、ここからは少しカレーの味や風味を変えるトッピングになります。 カレーを食べている途中でも、だんだんとお腹がいっぱいになってくると少し味を変えたいなと思ってしまいますよね。 そんな時にぴったりなのが、調味料や薬味系トッピングです。 味に変化をつけるカレーのトッピング 味に変化をつけるトッピング• マヨネーズ• ウスターソース• コーヒーフレッシュ• 梅干し 味に変化をつけたいなら、マヨネーズやソース、コーヒーフレッシュが手軽に追加できますね。 特にマヨネーズはマヨラーの人には定番ですが、カレーにコクと酸味が加わって食べやすくなります。 またソースはスパイシーさを、コーヒーフレッシュはマイルドさを追加してくれるので、飽きてきたときに少し混ぜながら食べるのがおすすめです。 いつもと違ったカレーにしたいときには、 納豆や梅干しがおすすめ。 意外と思う人も多いかもしれませんが、どちらも結構合うんですよ。 納豆はカレーによって独特の臭みも消えて、カレーがとってもマイルドに、しかもうまみとコクが追加されます。 初めて食べる人にはちょっとハードルが高いかもしれませんが、ぜひ試してもらいたいトッピング。 納豆にもともとついているタレを混ぜるとちょっと和風に、からしも加えると辛味も追加されるのでお好みで混ぜてくださいね。 梅干しはさっぱり食べたいときにおすすめ。 塩気が強い梅干しより、紀州の梅のような少し甘みのある梅干しがカレーには合います。 もし冷蔵庫に眠っている梅干しがあれば、ぜひチャレンジしてみてください。 食感に変化をつけるカレーのトッピング カレーに合う辛味調味料• タバスコ• キムチ• 一味唐辛子• ハバネロパウダー• ラー油• 食べるラー油 案外家にある辛味系のものは、すべてカレーに合うと思っていいかもしれません。 特に一味唐辛子や胡椒は、あまりカレーの味を邪魔せずに辛味を追加できます。 キムチもカレーショップのトッピングにもあるくらいなので、試す人も多いのではないでしょうか。 キムチと納豆を合わせてトッピングにするのも、とっても美味しいです。 この中で特に以外に思うのは、タバスコやラー油でしょうか。 けれど実は、タバスコは独特の酸味でカレーをさっぱりと辛く、ラー油はコクのある辛味でまろやかな刺激を追加してくれるんです。 少しカレーの風味を変えつつ、辛味を追加してくれるので新しい味に出会えますよ。 けれどどちらも、入れる量には注意してくださいね。 入れすぎると風味が強すぎてカレー本来の味が負けてしまうので、味見をしながら追加するほうが安全です。 カレーのおすすめトッピング まとめ 案外なんでも合わせることのできる万能料理カレー。 お気に入りのトッピングは見つかりましたか? ちょっと意外と思うようなトッピングでも、一度試してみるとはまってしまうかもしれません。 ぜひ新しいカレーの美味しさに出会う為にも、いろいろとチャレンジしてみてくださいね。 合わせてご覧ください。

次の

のせ過ぎトッピングに真っ白キーマカレー!〆はなんと雑炊!? 秋葉原「フジヤマドラゴンカレー」が異端児すぎるのにメチャ旨だった

キーマ カレー トッピング

年末まであと数日と迫り、今まで食べたカレーの中でどうしても食べたいカレー屋、吉田カレーにいざ出陣! 土曜日のオープン前に並んで1時間以上待って入店。 予め待っている間にメニューは注文済み。 キーマカレー辛口に中華アチャールと豚肉トッピング 1800円 カウンター3席とテーブル席2つあるうちのカウンター席に案内されました。 吉田店主のカレーの盛り付けの所作を観れる特等席! いよいよカレーが配膳です! ワオ!ビジュアルからして美しいカレーです! カレーを一口食べると、なんだか前よりも更にコクがある絶妙な味わい!豚肉はスプーンで簡単に切れるぐらいにトロトロで本当に旨い!中華アチャールもカレーに合って最高!本当に美味しいと旨い!以外の言葉が見当たらないですね! キーマカレーには豚肉と中華アチャールのトッピングは必須だと思います!美味しさが間違いなく倍増します。 ゆっくりとこの美味しい幸せを噛み締めて頂きました。 最後に店主に最高に美味しかったとお伝えしました。 超有名店なので、この位は当然ですね。 店主が一人で対応しているお店です。 11時半頃にようやく着席。 店内はカウンター3席と4人かけのテーブル席のみです。 私が注文したのは以下のメニュー ・キーマカレー並盛の辛口 ・中華アチャールと納豆のトッピング ・持ち帰り用キーマ、豚肉 カウンター越しに店主さんの調理風景を眺めていると、ご飯を盛ってカレールーをかけた後にアチャールや納豆のトッピング、そして豚肉は予め煮込まれた大きなブロックの肉に店主がツーバーナーで炙ります。 旨そうだな等と思っていると程なく配膳。 カレールーと麦ご飯の上に載っているキーマ、中華アチャール、納豆を混ぜながら食べましたが、様々な旨みを感じるカレーです! カレーに納豆のトッピングは初めての組合わせでしたが、カレーの辛さがよりマイルドになり、旨みが増しました。 カレーに納豆は合いますね。 中華アチャールに納豆のヘルシーなカレーを大変美味しく頂きました! 持ち帰り用の豚肉とキーマは家族へのお土産で、夕飯のおかずとして食べました。 ボリューミーな豚肉にキーマを付けてご飯に載せて頂きました! 次回は店内で豚肉トッピングで食べたいと思います。 吉田カレー 関連ランキング:カレーライス 荻窪駅.

次の