キーワード プランナー 使い方。 キーワードプランナーとは〜Google公式ツールを使って世の中の検索ニーズを知ろう|ferret

【2020年版】Googleキーワードプランナーを無料で使える登録方法【簡単です】

キーワード プランナー 使い方

Googleキーワードプランナーを利用すれば、リスティング広告のキーワード設計やコンテンツサイトのタイトル案が手軽に作成できます。 ウェブマーケティング担当者なら、Googleキーワードプランナーを利用した具体的な根拠にもとづく、マーケティング戦略を立て、結果を出すことが常に求められます。 「なんとなく、アクセスがありそうだからキーワードとして選定した…」では、PDCAサイクルを回すことができず、結果を出すことが難しいでしょう。 しかし、Googleキーワードプランナーの使い方を習得すれば、キーワードが収益につながるキーワードなのか、判断できるようになり、今以上に結果を出せる可能性があります。 そこで今回は、Googleキーワードプランナーの使い方、戦略を考える際のポイントについてご紹介します。 Googleキーワードプランナーとは? Googleは、広告配信者に対して情報収集の効率化を実現するため、Googleキーワードプランナー(以下、キーワードプランナー)と呼ばれるツールを提供しています。 キーワードプランナーは、調査対象としているキーワードの検索ボリュームや関連キーワードをすぐに調べることができます 他にも、対象キーワードを分析することで、競合性の高さやデバイスごとの検索動向、推奨入札単価などを調べることができるためとても便利なツールです。 キーワードプランナーでは、商品やサービスの販促をしていくにあたり、大切な指標が数多く登場しますので、指標の意味を知るだけでもWEBマーケティングに必要な知識も身につけることもできます。 キーワードプランナーの登録(AdWordsの登録)の仕方 これから、キーワードプランナーの登録方法を簡単に説明します。 まだ登録が完了していない方は、下位のURLよりキーワードプランナーの登録作業を進めてください。 参考サイト : 上記のURLにアクセスして、画面右上でのログインをクリックします。 普段から使用しているGoogleアカウントを選びます。 このとき、Googleアカウントを所有されていない方は、アカウントの新規取得から始めましょう。 手順に沿って進んでいくと、「お支払い情報の確認」などの画面が表示されますので、指示通り入力してきます。 個人情報ですので、入力内容をお見せしながら説明することができませんが、指示通りに進めれば、登録が完了します。 登録が完了すると、左上に「すべてのキャンペーン」と書かれた画面が開きますので、右上での「ツール」をクリックして、画面左側の「キーワードプランナー」をクリックします。 最終的に、下記のキーワードプランナーのホーム画面が開けば問題ありません。 キーワードプランナーの基本操作 では、キーワードプランナーの基本的な操作方法をご紹介します。 その中で、重要な指標についても説明しますので、どんな意味を持っているのか、概要について知っておきましょう。 キーワード検索機能で使われる大切な指標 まずは、キーワードプランナーの「キーワードを検索」という機能から使ってみましょう。 下記の画面のように、リサーチしたい対象キーワードを入力して、「開始する」ボタンをクリックします。 すると、下記のようなリサーチ結果が表示されるかと思います。 どんなデータが導き出されたのか知るために、指標の意味を理解しましょう。 平均検索ボリューム 検索ボリュームとは、対象キーワードが月間にどれくらい検索されているかを意味する重要な指標です。 キーワードプランナーを理由するうえで、もっとも気にするべき重要な指標です。 この数字が大きければ、検索ユーザーが注目しており、一定の検索ニーズがあることがわかります。 万が一、検索ボリュームがなければ、あまり人気がなく、検索ニーズが少ないことがわかります。 1点注意したいポイントがあります。 広告運用をしていると詳細な「月間平均検索ボリューム」を把握することができます。 しかし、広告運用をしていないアカウントは「月間平均検索ボリューム」が正確な数値で表示されません。 100~1万回など、非常に幅の広い値となってしまいますので注意しましょう。 競合性 競合性とは、対象キーワードで広告を出稿したときの他社業者との競合性の度合いを意味します。 「高」と表示されている場合、ライバルが多いことを意味します。 逆に、「低」となっていれば、ライバルが少ないキーワードだと判断できます。 入札単価(低額帯)と(高額帯) 入札単価とは、対象キーワードで広告出稿を行った場合に発生する広告費用のことです。 (低額帯)には、入札単価が低いときのおおよその料金が掲載されています。 一方で、(高額帯)には、入札単価が高いときのおおよその料金帯が掲載されています。 このとき、入札単価が高ければ、他社業者が上位表示したい収益性が高いキーワードだと判断できます。 各キーワードの入札単価を知ることは、広告出稿する際にとても重要な指標になります。 関連キーワード 下記画像の左側にキーワードが一覧表示されていますが、これは検索したキーワードとの関連性が高いキーワードになります。 上記画像の「月間平均検索ボリューム」や「入札単価(低額帯)」、「入札単価(高額帯)」をクリックしてみてください。 すると、対象キーワードで抽出されたデータを昇順または降順に変えられます。 「月間平均検索ボリューム」を降順に変更すれば、検索ユーザーから需要のあるキーワードが上位表示されます。 また、「ページ上部に掲載された広告の入札単価(低額帯)」や「ページ上部に掲載された広告の入札単価(高額帯)」を降順にすれば、出稿単価が高いキーワードを把握することができます。 キーワードをcsvファイルでダウンロードする方法 キーワードプランナーで抽出されたデータは、csv形式のファイルとしてダウンロードできます。 画面右上の「キーワード候補をダウンロード」をクリックしてみましょう。 すると、キーワードプランナーで抽出されたキーワードが一覧で並んだcsvファイルが自動的にダウンロードされます。 ちなみに、下記がダウンロードされたファイルです。 上部の項目が英語で掲載されていますが、キーワードプランナーの画面と見比べれば、どんな指標なのか判断できるため、日本語に書き変えデータを活用しましょう。 Excel上で、昇順・降順機能を搭載し、必要なデータをいつでも抽出できるようにしておけば、上司に「なぜ、このキーワードを選んだのか説明してほしい。 」と回答を求められても、データを参照しながら冷静に説明できます。 戦略を考える際のポイント キーワードプランナーの基本的な操作方法を習得したら、マーケティング戦略を考えるうえで大切なポイントをご紹介します。 今回は、主に下記の2通りの業務内容を想定し、キーワードプランナーを使って戦略を立てていきます。 リスティング広告を運用するため、キーワード選定を実施する• コンテンツマーケティングで流入が獲得できるタイトル案を作成するためのキーワードを選定する 2つの業務内容は、ウェブマーケティング担当者の日常業務ともいえるものなので、キーワードプランナーのオプション機能を使いこなせるようになりましょう。 関連キーワードをしっかりとチェックする キーワードプランナー単体で使い方を習得することも大切ですが、他のツールと併用して使用すると、より多くの関連キーワードをピックアップすることができます。 おそらく、上位表示すべきキーワードや獲得したいコンバージョンキーワードがプロジェクトで決定していると思いますので、サジェストキーワードツール使って、関連キーワードを抽出しましょう。 サジェストキーワードとは、Googleなどの検索エンジンでユーザーがキーワードを入力したキーワードと一緒に検索される関連性の高いキーワードです。 そのため、サジェストキーワードを分析することで、キーワードをより詳細に洗い出すことができます。 この際にオススメなのがgoodkeywordです。 参考サイト : キーワードプランナーのように簡単にサジェストキーワードを抽出することができます。 キーワードを入力して検索すれば、下記のような表示になります。 画面右側に、キーワードの一覧が表示されるため、まとめてコピーしましょう。 コピーした後は、全く関連性のないキーワードデータが多く含まれていないか確認して、不要なキーワードは削除しましょう。 次に、キーワードプランナーホーム画面の「検索ボリュームと検索の予測を取得しましょう」をクリックします。 先ほど、コピーした内容を、下記の画像のようにすべて貼り付け、開始ボタンをクリックします。 そして、「過去の指標」をクリックしましょう。 すると、月間平均検索ボリュームや競合性について簡単に調査できます。 季節要因が強いキーワードは期間を指定する 販売予定の商品やサービスの売上やコンバージョン数が季節によって大きく異なることがわかっているのなら、キーワードの調査期間を指定しましょう。 キーワードプランナーの右上には、カレンダー機能が搭載されています。 日付をクリックすると、カレンダーが表示され、予測データとして抽出する期間を指定できます。 この機能を使えば、売れる時期と売れない時期の比較表や通年でどのような差が発生するのか、1ヵ月ごとに推測できます。 デバイスごとの検索動向を把握する 「検索ボリュームと傾向を取得」に調査対象とするキーワードを入力し、「検索ボリュームの動向」をクリックします。 「プラットフォーム別の内訳」をクリックすると、モバイルと合計の差をグラフで確認できます。 これで、デバイスによる比率を確認できます。 スマホユーザーがどれくらいの割合で存在するのかを知るうえで欠かせない機能なので、利用していきましょう。 「リンク先キーワード検索」や「商品カテゴリ」を利用して調査する 旧キーワードプランナーには、リンク先のキーワードを調査する機能や商品カテゴリでフィルターをかけながら検索する機能があります。 旧キーワードプランナーは、「以前のキーワードプランナーを開く」クリックすることで利用できます。 まずは、キーワードプランナーのホーム画面にある「フレーズ、ウェブサイト、カテゴリを使用して新しいキーワードを検索」をクリックしてください。 今回は、「ランディングページ」に弊社のURLを記述し、「商品カテゴリ」にウェブデザイン、開発と入れてみました。 すると、調査対象となるURL内で商品カテゴリに関連するキーワードを抽出できます。 これにより、他社がどのようなキーワードでコンバージョンを獲得しようとしているのか、キーワードプランナーで調査できます。 キーワードサジェストツールの単体使用では、ここまで深くリサーチすることはできませんが、キーワードプランナーの有料版を併用することで幅広くキーワードを調査できます。 マーケティング戦略を立てるときは、これらの機能を使いながら土台となる資料を作り上げましょう。 おわりに 今回は、キーワードプランナーの基本操作や戦略を考える際に、参照すべきポイントを中心に紹介しましたが、具体的な使い方について習得できたでしょうか? 今回は、基本的な使い方についてご紹介しましたが、下記記事では、リスティング、コンテンツマーケティング、それぞれのキーワード選定で注意をしたいポイントをより詳細にご紹介していますので、ぜひこちらも見て知識を身につけてください。

次の

【Googleキーワードプランナー】ログイン手順と使い方【無料】

キーワード プランナー 使い方

プロフィール 米国株投資とブログ副業で人生をレベルアップさせた 米国株投資ブロガーです。 運営者情報の詳細は Googleキーワードプランナーとは? Googleキーワードプランナーとは、キーワード選定に役立つ無料ツールです。 ブログ記事で狙うキーワードの候補を探したり、検索ボリューム、競合の強さ、広告単価までを含めて簡単に調査できます。 本来は、Googleの検索結果にリスティング広告を出稿するための機能ですが、 無料で使える強力なSEOツールとなります。 キーワードプランナーの機能 SEO目的の場合は、キーワードプランナーでは次のような機能が提供されています。 リスティング広告を出稿する場合に必要な設定なので、ここでのキーワードのテーマは何でもOKです。 広告を作成するで、「 広告見出し1、広告見出し2、説明文1、説明文2」を 適当に入力して、「 次へ」をクリックします。 こちらも実際には使わない設定なので、見出しや説明文の内容は何でもOKです。 広告の予算の設定では、「 1番安いプラン」を選択して、「 次へ」をクリックします。 今回はリスティング広告の出稿はしないので、 実際には費用は発生しません。 確認画面が表示されるので、最下部にある「 次へ」をクリックしましょう。 「 クレジットカードなどの支払い情報」を入力し、広告規約の確認に「 チェック」を入れた上で、「 送信」をクリックします。 キーワードプランナーは、Google広告の補助ツールなので、予算設定やクレジットカードの登録が必須です。 ただし実際には、完全無料で利用できます。 step 2広告キャンペーンの停止 今回は、キーワードプランナーだけを使うので、 広告キャンペーンを一時停止します。 サイドバーから「 キャンペーン」を表示し、「 グリーンの有効マーク」をクリックして、「 一時停止」に変更します。 これで、広告関連の費用が発生することはないので、安心してください。 キーワードプランナーの トップ画面をブックマークしておくと便利です。 新しいキーワードを見つける メインのキーワードを入力することで、関連するキーワード候補が一覧表示されます。 それぞれのキーワードについて、検索ボリュームや競合の強さ、入札単価のデータをチェックすることができます。 「 キーワード候補を探したい」「 単一キーワードの検索ボリュームを知りたい」時に、新しいキーワードを見つけるを使いましょう。 ブログに関連するキーワードを入力して、「 結果を表示」をクリックします。 入力したキーワードに加えて、関連キーワードのデータが表示されます。 確認するべき項目は、以下の3つです。 検索ボリューム 月にどれくらい検索されているかを意味します。 値が大きいほど、多くの検索流入が見込めます。 競合性 広告を出稿する時のライバルの多さを示します。 高いほど、稼ぎやすいキーワードということです。 広告の入札単価 広告を出稿する時の費用を表しています。 こちらも高いほど、稼ぎやすいキーワードとなります。 検索ボリュームが大きく競合性が高いキーワードは、高い効果が見込めますが、 検索で上位表示するのは難しいです。 検索ボリュームと予測データの確認 複数のキーワード候補を入力することで、検索ボリュームをまとめて確認できます。 こちらも、それぞれのキーワードの検索ボリュームや競合の強さ、入札単価のデータを一覧でチェック可能です。 「 複数キーワードの検索ボリュームを知りたい」時に、検索のボリュームと予測のデータを確認するを活用してみましょう。 1行ごとに1キーワードを入力して、「 開始する」をクリックしましょう。 「 過去の指標」をクリックすると、入力したキーワードの検索ボリュームや競合性、入札単価が一覧で表示されます。 キーワード候補を探す• 検索ボリュームを確認する• 上位表示サイトを分析する それぞれの手順を確認していきましょう。 キーワード候補を探す まずは、related keywordsを利用して、SEOで狙う関連キーワード候補を探します。 全キーワードリストに表示されたキーワードを「 全て選択してコピー」してください。 検索ボリュームを確認する 続いて、キーワードプランナーで、関連キーワード候補の検索ボリュームを確認します。 検索ボリュームが少なすぎるとアクセスされないので、「 100〜1,000」か「 1,000〜1万」あたりの 複合キーワードが狙い目です。 上位表示サイトを分析する キーワード候補で実際に検索して、上位表示サイトを分析してみましょう。 上位サイトのコンテンツ内容や競合としてどれくらい強いかを確認していきます。 ブログ記事ではなく企業の公式サイトが並んでいるような場合は、競合が強すぎるので、そのキーワードは避けた方が無難です。 関連記事.

次の

Googleキーワードプランナーの使い方

キーワード プランナー 使い方

Web担当者の中には、Google AdWordsのキーワードプランナーを単に「検索ボリュームを調べる道具」として使っている方もいらっしゃいます。 しかし私の経験からすると、これはすごくもったいないと思うのです。 キーワードプランナーは、実は使い方次第でかなり強力なツールになります。 私のキーワードプランナー活用法を簡単に紹介すると・・・ 1. 競合が少ないキーワードを見つけ、安い獲得単価でコンバージョンが取れた 2. キーワードのトレンドが分かったので、需要の多い時期に入札を強め、獲得数を増やせた 3. 自社ホームページと関連性の高いキーワードが分かり、ユーザーのリーチ数が増えた キーワードプランナーだけで、これだけできるのです。 今回はそんなGoogle AdWordsキーワードプランナーの使い倒し術を公開します。 Google AdWordsキーワードプランナーとは? 2016年夏より仕様変更あり (以下、キーワードプランナー)は、 広告の配信の役に立つGoogle公式の情報ツールです。 キーワードプランナーで調べられること ・キーワードがどのくらいの回数、検索されているか? ・デバイス別にどのくらいの割合で検索をされているか? ・リスティング広告を出稿するのに、競合の少ないキーワードが何か? ・キーワードのトレンドデータから、商品の需要が多い時期はいつか? ・自社サイトと関連性の高いキーワードが何か? ・自社の業界でよく検索されているキーワードが何か? ・実際にどれくらいの広告費が必要か?(シミュレーション) など 要注意!キーワードプランナーは、広告費を使っているアカウントだけが使える そんな便利なキーワードプランナーですが、2016年夏からきちんとデータを見られるのは、「 Google AdWords広告を出稿している広告主のアカウントのみ」になりました。 Google AdWordsで広告費を使ってないアカウントで検索ボリュームを調べると、下記のように検索ボリュームの幅が非常に広く表示されてしまいます。 これでは正確なデータに基づいたアプローチができません。 Google AdWords キーワードプランナーの代わりに使えるツールは? 結論から言うと他のツールで、キーワードプランナーとまったく同じ調査をするのは不可能です。 ただ機能の一部を切り出したものはあるので、ここでご紹介します。 ・Googleでの月間の推定検索ボリュームが出せる「aramakijake. そのためどうしてもキーワードプランナーを使いたい場合は、数百円など少額でも広告を出稿してください。 活用法1:まずは基本的な使い方をマスター! 検索ボリューム機能を使う 1. 「検索ボリュームと傾向を取得」を選択 3. 調査をしたいキーワードと条件を入力 下部のターゲット設定と期間はデフォルトで入っていますが、変更も可能です。 ・日本:ターゲット地域の設定が可能 ・Google:検索パートナーを含むか否かの選択が可能 (検索パートナーとは、検索連動型広告を表示できるGoogle以外のポータルサイトです。 例:BIGLOBE) ・除外キーワード:除外キーワードの設定が可能 ・過去12ヶ月:最大過去24ヶ月までの検索ボリュームの推移が閲覧可能。 ここで比較期間の設定も可能 4. 「検索ボリュームを取得」をクリックすると、結果が見られます。 赤く囲ってあるところが検索ボリュームの推移です。 (2015年11月~2016年10月までを前年同月で比較)水色で囲った部分には入力したキーワードの具体的な数値が載っています。 複数のキーワードを入れた場合にキーワードごとの結果を見るには、「キーワード候補」のタブをクリックしてください。 これをもとに、市場の動向を推測してみます。 今回検索したキーワード「カニ」は季節性の強い商品なので、冬、特に12月に需要がもっとも伸びているのがわかります。 ここに合わせて入札を強めていくと良いでしょう。 結果は「AdWords Editor 用の CSV」や「Excel 用 CSV」の形式で、ダウンロード可能 活用法2:スマホは狙い撃ちすべきか?デバイス別検索ボリュームを使う それでは、少し踏み込んだ内容に入っていきましょう。 検索ワードには ・スマートフォンでよく検索されるワード(例:若者をターゲットとした商品など) ・パソコンでよく検索されるキーワード(例:年配層をターゲットにしている商品、B to Bの商品など) があります。 その割合や傾向もキーワードプランナーで調べられます。 検索キーワードのボリューム調べた画面から「検索ボリュームの動向」をクリックし、「モバイルの動向」を選択 2. クリックすると、結果が表示 実際に、結果を見てみます。 例)「リスティング広告」と検索した場合 BtoBの商品のため、パソコンでの検索が圧倒的に多いですね。 サラリーマン層のスマートフォン所持率の増加、Webページのスマートフォンへの最適化によりページが見やすくなったことなどがその要因と考えられます。 (実際の画面でグラフにカーソルを当てると詳細が表示されます) 例)「つけまつげ」と検索した場合 逆に「つけまつげ」のような若者が使う商品の場合、 スマートフォンでの検索が圧倒的に多くなります。 この場合、スマートフォン用のWebページは必須です。 その他、広告文に「スマホ用ページ有り」と記載する 、スマホの入札単価を強めるなど、様々な施策を打つことができます。 「デバイス別のデータを表示」を選択すると下記のように円グラフでデータが表示 この情報に合わせて、広告をどのデバイスに出すのか?を考えられます。 活用法3:お宝キーワードを発掘!競合性、推奨入札単価別に見る キーワードプランナーの魅力はまだまだあります。 近年、多くの企業がリスティング広告に参入してきたため、広告のクリック単価は上昇傾向にあります。 このような環境では、まだ競合性が低い(=入札単価が低い)キーワードを見つけることや自社の目標獲得単価に見合ったキーワードを見つけることが重要になってきます。 ここでは、競合性、推奨入札単価別にキーワードを調査する方法を紹介します。 先ほどの画面の左下、赤枠のキーワードフィルタをクリックしてください。 平均月間検索ボリューム、推奨入札単価、広告インプレッションシェア、競合性の条件を入力 「平均月間検索ボリューム」が「1000」以上(以下)と入力すれば、自分の入力したキーワードから検索ボリュームが1000以上(以下)のキーワードが表示されます。 推奨入札単価では自分が払える入札単価を記入しておけば、それよりも低い推奨入札単価のキーワードを表示されます。 また競合性が低いキーワードを表示すれば、安いクリック単価で入札できそうなキーワードを表示されます。 ここまでは、よりよいキーワードの絞り方を中心にご紹介しました。 しかし一番良くないのは、機会損失です。 そのため予算に余裕があれば、まず考えうるキーワードはできるだけ登録し、そのあとで「 キーワードの効果を、どう上げていくか?」を考えるのをおすすめします。 () 活用法4:予算の計画、入札単価に迷ったら?シミュレーション機能で丸わかり 「広告予算がどれくらい必要か見積もりたい」 「どれくらいの入札単価で入札するのがいいのか知りたい」 そんなときは、キーワードプランナーのシミュレーション機能が便利です。 広告を打ちたいキーワードを入力すれば、だいたいの流入数と費用が分かります。 キーワードプランナーの最初の画面から「予算の計画と予測データの取得」の「予測データを取得するにはキーワードのリストを入力するか、アップロードします」を選択 ここでキーワードを入力するか、ファイルをアップロードし調べたいキーワードを設定します。 「予測データを取得」をクリックすると結果が見られる 下記は「リスティング広告」関連のキーワードを入力した結果です。 デフォルトでは入力したキーワードを一つの広告グループにまとめた結果が表示されています。 今回は「広告グループ」タブを選択しています。 赤枠の項目をクリックすれば、それぞれ「キーワード」別、「デバイス」別、「所在地」別の結果が表示されます。 次に入札単価・1日の予算を入力、シミュレーションが表示されます。 水色の枠の部分で微調整ができます。 緑色の枠の部分でクリック数、表示回数、費用、掲載順位が分かります。 以上です。 ただし今回の結果は、あくまでシミュレーションということをお忘れないようお願いします。 特に品質スコアで、広告ランクは変わります。 つまりリンク先や広告文、クリック率などが変われば、このシミュレーション通りにはいきません。 活用法5:自社にぴったりのキーワードって?リンク先キーワード検索を使う 今までは自分でキーワードを考え、その効率性などを見てきました。 ここでは、自社サイトの関連語をキーワードプランナーで探す方法をご紹介します。 キーワードプランナーの最初の画面で「フレーズ、ウェブサイト、カテゴリを使用して新しいキーワードを検索」を選択 リンク先ページの欄に、自社やキーワード候補を取得したいページのURLを記入し、候補を取得します。 ここでは弊社のリンク先を記入し、候補を取得しました。 「キーワード候補」タブを選択すると、自社サイトに関連のあるキーワードが表示されます。 弊社の場合、「リスティング広告」関係のキーワードが主です。 一方で、「リスティング サービス」や「ABテスト サービス」といったキーワードでも広告を出してもいいかもしれないという気付きもありました。 Google AdWordsのキーワードプランナーの魅力は、検索ボリュームだけではなく、競合性や推奨入札単価まで分かる点です。 アカウントを構成する際など、ぜひご活用ください。 活用法6:業界を知る!自社の業界でよく検索されているキーワードは? 自社のサイトだけを見ていると、業界のトレンドに置いていかれてしまいます。 ここでは、自社の業界でよく検索されているキーワードは何なのかを調査する方法をご紹介します。 キーワード「新しいキーワードと広告グループの候補を検索」を選択 「商品カテゴリ」から自社の商品ともっとも近いカテゴリを選んでください。 今回は「日焼け、サンケア」を選びました。 関連性の高いキーワードが表示される 表示された画面から「キーワード」を見てみると、「日焼け止め」以外にも「日傘」や「クッションファンで」などのキーワードがありました。 すると例えば、「日傘」で検索したユーザーに「日傘だけで日焼け対策は万全?」といった広告文で訴求することもできそうです。 () まとめ:キーワードプランナーは検索ボリュームを調べるだけのツールではない いかがでしたか。 キーワードプランナーは単に、検索ボリュームを調べるツールではありません。 効率のよいキーワードの調査、シミュレーション、関連語の調査などさまざまな使い方が可能です。 ぜひキーワードプランナーを使いこなして、明日からのWebマーケティングの成果改善に役立ててください。

次の