スペイン 風邪 大統領。 twitterで「スペイン風邪~関東大震災~世界恐慌~二次世界大戦・新...

人類と感染症9 スペイン風邪は第二次大戦の要因

スペイン 風邪 大統領

概要 [ ] 運動の指導者として1902年から10年までの総長を務め、1911年から13年まで知事を務めた。 でははとの支持に分裂し、結果として民主党候補であったウィルソンが大統領に当選した。 名誉学位ではなく、実際の学問上の業績によって取得した号を持つ唯一の大統領である。 1885年にでおよびを教えた後、1886年にはから政治学の博士号 を受ける。 1888年にのに勤め、1890年にプリンストン大学の法律学と政治経済学の教授に就任、1902年6月9日に満場一致でプリンストンの学長に選ばれた。 1910年から翌年までの会長であった。 1887年に執筆した論文『行政の研究』( The Study of Administration )において、政治行政分断論を提起し、実務的に政治(政党政治)と行政の分離 政治行政二分論 を唱え、の抑制と近代的の再導入を提唱するとともに、研究領域的にからを分離した。 ウィルソンの行政学に関する論文はこれ1つだけであるが、これによって、 ()と並んでアメリカにおける行政学の創始者として位置づけられている。 合衆国大統領としては、当初の中立姿勢を放棄してとしてへの参戦を決断し、大戦末期にはの「」に対抗して「」を発表、を掲げてを主宰、の創設に尽力した。 その功績により、を受賞している。 敬虔なの信者であったウィルソンは、教訓主義の深い感覚をに取り入れた。 それは現在「」と呼ばれる。 ウィルソン主義は、アメリカ合衆国がを標榜し国内外の政治体制の変革を追求することを使命と見なすことであり、今日も議論されるアメリカの外交政策の指針となった。 ただし、ここまでの成果は慈善家の ()の協力なしには得られなかった。 生い立ち [ ] ウィルソンは1856年12月28日にであった(1822年 - 1903年)博士とジェシー・ジャネット・ウッドロウ(1826年 - 1888年)の4人の子供の3番目、長男としてで生まれる。 祖先はおよびであった。 父方の祖父母は1807年にのから移住した。 祖父と父は敬虔なキリスト教牧師であり、特に父はの創設者の一人である。 母親は出身のトーマス・ウッドロウ博士と、出身のマリオン・ウィリアムソンの娘で、で生まれた。 母方の祖父母の白壁の家は、北アイルランドの観光名所となった。 ウィルソンの父親は出身で、そこでは祖父が『ウェスタン・ヘラルド・アンド・ガゼット』紙を発行していた。 同紙は関税支持および反奴隷制の立場にあった。 ウィルソンの両親は1851年に南に移動し、を支持した。 父親は奴隷制を擁護し、奴隷を所有、彼らのための日曜学校を開いた。 父親の教会では傷ついた南軍の兵士の手当もした。 彼はまた牧師として短期間南軍に従軍した。 ウィルソンの最も初期の記憶は、が大統領に選ばれ、が始まったことであった。 ウィルソンはの横に立って彼の顔を見上げたことをいつまでも忘れなかった。 ウィルソンの父は、1861年にから分裂したの創設者の一人であった。 彼は南長老教会の初代の常任牧師であり、1865年から98年まで書記を務め、1879年には長老教会総会議長を務めた。 ウィルソン自身は14歳まで、父親が牧師を務めたで成長した。 父は彼に牧師を継がせようとしたが、に私淑して政治家を志した。 ウィルソンは自らを「神の子」と信じていたふしがあり、政治への道を召命と見なしたことで、後にの精神分析対象となった。 ウィルソンはのため、9歳まで文字が読めず、11歳まで文章を書くことができなかった。 しかしそれを克服するため、速記を独学で覚えた。 彼は決断と自己規律を通して学業を修め、自宅で父の指導の下で学んだ後、オーガスタの小さな学校に通った。 の間はサウスカロライナ州の州都で暮らし、父は同地で ()の教授を務めた。 ウィルソンは1873年にノースカロライナので学び、1年後にへ編入し1879年に卒業した。 彼はのメンバーだった。 2年目からは政治哲学と歴史に関する書籍を数多く読んだ。 ウィルソンが公的生活に入るインスピレーションとなったのはイギリス人の議会スケッチ作家、であった。 彼は ()の活動家であり、リベラル・ディベーティング・ソサエティを結成した。 1879年、ウィルソンはで1年間法律を学んだ。 卒業はしなかったものの、 ()および ()の活動に深く関わり、会長を務めた。 しかしながら体調不良のため大学を辞めることにし、の自宅に戻り、そこで法律の勉強を続けた。 議会で、ドイツとの休戦協定を読み上げるウィルソン。 1918年11月11日 ウィルソンはニュー・フリーダムと呼ばれる進歩主義的国内改革を実行した。 企業独占を支えた高率の関税を引き下げるなど、改革の意志を鮮明にした。 一方、外交では政権時代の「棍棒外交」や「ドル外交」を批判し、「宣教師外交」を主張したが実態は何も変わらず、中南米諸国から反発を招いた。 ウィルソン政権下でが保護国となりも軍政下に置かれた。 また、の際はアメリカ軍を派遣してを武力占領し、革命に干渉した。 任期1期目でウィルソンは ()、 ()、、 ()および ()に基づく初めての連邦の累進所得税が議会通過するように民主党を説得した。 ウィルソンはその政権に多くの南部人を起用し、彼らによる多くの連邦機関における隔離の拡大を許容した。 に対してアメリカ合衆国を中立の立場に保ち、それは に寄与した(彼の再選に向けたキャンペーンのスローガンは「彼は私たちを戦争に巻き込みませんでした」であった)。 しかし実際にはアメリカから連合軍側への物資・武器の提供や多額の戦費の貸付が行われており中立国の義務を果たしていない状況であり、それに対抗したドイツによるによって発生したによる国民の反独感情や極東における日本の台頭を懸念する世論によって参戦への圧力は増大し、「」の暴露から1ヶ月後、アメリカは1917年4月6日にへの宣戦を布告した。 開戦に際し、ウィルソンは国内統制を強化し、愛国団体を通じてナショナリズムを煽り、労働運動や反戦運動などを弾圧した。 1917年にウィルソンは以来初のを実施し、 ()を発行して何十億ドルもの戦費を調達、 ()を設置し、の成長を促進、(戦後廃止)を通して農業と食糧生産を監督し、鉄道の監督を引き継ぎ、最初の連邦政府によるを制定し、反戦運動を抑圧した。 彼は1917年から18年にかけて国を覆った反ドイツ感情の波を奨励しなかったが、その動きを止めることもしなかった。 第一次世界大戦末期の1月8日に、ウィルソンは「」を発表した。 疲弊したは降伏しの締結へと至った。 ウィルソンは英仏に「平和原則」を講和の前提とするように求めた。 パリ講和会議 [ ] パリ講和会議におけるアメリカ全権団とそのスタッフ 受賞者 受賞年: 受賞部門: 受賞理由:国際連盟創設への貢献 第一次世界大戦休戦後、和平会談に出席するため1918年12月4日、へ出発した。 ウィルソンは在職中にヨーロッパへ外遊した最初の大統領である。 ウィルソンは「平和原則」で示した公正な態度のため、連合国国民のみならず、旧国民からの期待も集めていた。 イギリスやフランスでも「正義なる人ウィルソン」と讃えられ、熱狂的な歓迎を受けた。 ウィルソンは仏首相、英首相とともに講和会議の三巨頭として主要な案件に携わり、戦後秩序の決定者の一人となった。 しかし十四か条の平和原則がそれまで大戦中に英仏伊日など主要国が結んだ協定や条約を無効にし、アメリカの要求に従って最初から決めるように求める内容であったため会議参加国の反発を招き、特にドイツへの苛酷な賠償を求めるフランスのクレマンソーとの対立は根深く、一時は会議決裂すら危惧される情勢であった。 また、国際連盟建設については意欲的であり、講和会議小委員会の一つである国際連盟委員会委員長にはウィルソンが自ら就任している。 この委員会で日本全権のらは、国際連盟憲章にの禁止を盛り込むというを提案した。 ウィルソンの側近で代表団の一員であった ()名誉大佐は日本側から草案を見せられた際に、ウィルソンも賛成するだろうと述べており、翌日にはウィルソンは大統領提案として人種差別撤廃を提案すると日本側に伝達している。 しかしイギリス連邦、特にオーストラリアの反発は強く、またアメリカ上院もこの提案が内政干渉にあたり、この提案が通れば条約を批准しないと猛反発した。 採決においては11対5で賛成多数だったにもかかわらず、「全会一致でない」「本件のような重大な問題についてはこれまでも全会一致、少なくとも反対者ゼロの状態で採決されてきた」として議長権限により否決とした。 一方で、日本が要求したドイツが持っていたの権益を日本に引き渡すというにおいては、日本が連盟不参加をほのめかす強硬措置を執ったため、不本意ではありながらも、親中華民国派が多いアメリカ全権団内部からの反発をまねきながらも、日本に山東半島の権益を引き渡すことに合意している。 しかし、最近の研究では日本が アメリカ、イギリス両国に会議への出席を要請されたが日本が参加しなかった場合、大国の日本が参加しなければ会議が成立しなかったという見解が学会を占めている。 ウィルソンはこの件にもあるように、国際連盟成立のために様々な譲歩を余儀なくされ、期待を寄せていた人々からの失望を買った。 また山東問題の譲歩などで、アメリカ全権団内からの支持も失った。 それでもをはじめとする各講和条約が成立し、国際連盟も成立する運びとなった。 しかしアメリカ上院は、加盟国が侵略を受けた際、アメリカを含む国際連盟理事会が問題解決に義務を負うという国際連盟規約10条が、モンロー主義を掲げるアメリカの中立主義に抵触すると反発した。 側近はこの条項を受諾するに当たって留保条件をつけて上院の同意を得るべきだと説得したが、ウィルソンはこの譲歩に頑として応じなかった。 結果、上院は批准を行わず、アメリカは国際連盟に参加することはできなかった。 1919年のノーベル平和賞受賞は、連盟創設の功績によるものである。 内閣 [ ] イーディス・ウィルソン夫人 右 と もともと偏頭痛が持病であったが、10月2日、でを発症、一命を取りとめたが、左半身不随、左側視野欠損、と重い後遺症が残り、大統領としての執務は事実上不可能となった。 しかし、主治医と大統領夫人のイーディスはこの事実を秘匿し、以後の国政の決裁はイーディスが夫の名で行うこととなった。 ウィルソンは長期間のを経た後、政権末期頃になってようやく閣議に出席できるまでに回復したが、言語に明瞭さは戻ったものの機械的で感情を欠き、政策も無為無策で事なかれ主義が目立つものとなった。 こうした事態を収拾し職務を代行すべきであった副大統領は、そもそもウィルソンと不仲で副大統領職も半ば嫌々引き受けたという事情もあり、大統領の職務不能を知ってもあえて火中の栗を拾おうとはせず、いくつかの儀典に大統領の名代として参加したほかは、職務権限の代行は一切しなかった。 こうした事実が明らかになったのは、実にウィルソンの死後になってからのことであり、これが後のを明文化した制定の伏線となった。 結婚 [ ] エレン・ルイーズ夫人 1885年にジョージア州出身のエレン・ルイーズ・アクソンと結婚し、マーガレット、ジェシー、エレノアの三女をもうけた。 エレンは徐々に健康を害し1914年腎臓炎で死去した。 ウィルソンは、在任中に独身だったことのある3人の大統領のうちの一人となっている。 1915年、58歳のウィルソンは、ボーリング家(の子孫)出身であり未亡人となっていた43歳のイーディス・ボリング・ガルト(Edith Bolling Galt、1872年 - 1961年)を紹介され再婚した。 イーディスは第一次世界大戦下でファーストレディの重責を務め、1919年にウィルソンが倒れると2年間にわたり非公式ながら夫に代わって国政をみた。 死 [ ] 1921年、ウィルソンと妻はホワイトハウスを離れ、ワシントンD. のにある自宅に移った。 ウィルソンは毎日のドライブを続け、土曜の夜はキースの劇場に通った。 ウィルソンは ()の会長を務めた2人の大統領の一人であった(もう一人は)。 ウィルソンは1924年2月3日に自宅で死去した。 彼はに埋葬された。 ウィルソンはワシントンD. に埋葬された唯一の大統領である。 妻のイーディスは夫の死後37年間を自宅で過ごし、1961年12月28日に死去した。 その日はワシントンD. 近くの開通式典開催日で、彼女は式典の主賓であった。 彼女は愛犬のルーターを枕元において死去した。 イーディスは ()に自宅を、夫の記念博物館にするよう託した。 ()は博物館として公開される。 1964年にはに指定され、1966年にはに登録された。 ウィルソンは1917年5月31日に遺書を執筆し、妻イーディスを執行者に指名した。 彼は娘のマーガレットに独身でいる限り毎年2,500ドルの年金を残し、前妻の動産も娘に託した。 残りの財産と不動産はイーディスに相続させ、イーディスの死後に娘達が等分に相続するようにとした。 イーディスに子供がいた場合、彼女の子供はウィルソンの娘と同等に遺産を相続したであろう。 イーディスには子供がいなかったので、ウィルソンは彼女が3度目の結婚で子供を作った場合に備えていた。 その他 [ ] ウィルソンの肖像が描かれた10万ドル ()• ジョンズ・ホプキンズ大学の学生寮ウィルソン・ハウスは彼にちなんで命名された。 のであるウッドロウ・ウィルソン・スクールも彼にちなんで命名されている。 ウィルソンの肖像は1934年から1946年まで10万ドルの ()に用いられた。 この額面10万ドルの金貨証券は金貨証券史上最高額面(および紙幣の最高額面1万ドルを上回るもの)であるが、 ()により一般市民が金貨証券(および流通用金貨と金地金)の所持を禁じられた後に発行されたものであり、やの財務処理のためにのみ使用された。 は彼にちなんで命名された。 現在のの首都である市は、第一次世界大戦後短期間「ウィルソン市」 Wilsonovo mesto と呼ばれた。 これはウィルソン大統領がの建国を支援したことを記念したものであった。 伝記にアーサー・リンク、草間秀三郎訳『ウッドロー・ウイルソン伝』(、1980年)がある。 議会での口頭によるを、ワシントン以来124年ぶりに行っている。 は自分がキリストであると証明するために政治を行っていたこと、()や左翼知識人からの評価が高いことが共通するなどとしてウッドロウ・ウィルソンを「アメリカの」と評している。 身長511インチ(約180cm)。 脚註 [ ]• 真渕勝、『行政学』、有斐閣、2009年、p. 532• 西尾勝、『行政学〔新版〕』、有斐閣、2001年、p. John Milton Cooper, Woodrow Wilson: A Biography 2009 pp 13-19• rootsweb. ancestry. com. 2010年9月11日閲覧。 Northern Ireland - Ancestral Heritage. Northern Ireland Tourist Board. 2011年2月11日閲覧。 PresidentialAvenue. com. 2011年2月11日閲覧。 White, William Allen 2007-03-15. Woodrow Wilson - The Man, His Times and His Task. Freud, Sigmund and Bullitt, William C. Woodrow Wilson: A Psychological Study 1966 「ウッドロー・ウィルソン 心理学的研究」訳(、1969年)• American Experience, PBS Television 2001年. 2009年1月19日閲覧。 American Experience, PBS Television 2001年. 2009年1月19日閲覧。 Link Road to the White House pp. 3-4. Walworth ch 1• Link, Wilson I:5-6; Wilson Papers I: 130, 245, 314• The World's Work: A History of our Time, Volume IV: November 1911-April 1912. 1912. 74-75• Wolgemuth, Kathleen L. 1959. The Journal of Negro History 44 2 : 158-173. Nobel Foundation. Retrieved 2011-10-06. Lundestad, Geir 2001-03-15. Nobel Foundation. Retrieved 2011-10-06. 吉川宏、1、346-347p• , p. 山越裕太「」『コスモポリス』第5巻、上智大学大学院グローバル・スタディーズ研究科国際関係論専攻『コスモポリス』編集委員会、2011年、 61-81頁。 , pp. 204. , pp. 207. , pp. 212. 中谷直司、2004、286-287p• 中谷直司、2004、299-300p• , p. 251-252. David Henry Burton. Theodore Roosevelt, American Politician, p. 146. Fairleigh Dickinson University Press, 1997,• John Whitcomb, Claire Whitcomb. Real Life at the White House, p. 262. Routledge, 2002,• , National Park Service Website, accessed 12 Jan 2009• Wills of the U. Presidents, edited by Herbert R Collins and David B Weaver New York: Communication Channels Inc. , 1976 176-177,. 参考文献 [ ]• 牧野雅彦『ヴェルサイユ条約 マックス・ウェーバーとドイツの講和』中央公論新社、2009年。 吉川宏「ロイド・ジョージとヨーロッパの再建-2-」『北大法学論集』第13巻第3号、北海道大学法学部、1963年3月、 459-551頁、。 吉川宏「ロイド・ジョージとヨーロッパの再建-3-」『北大法学論集』第14巻第1号、北海道大学法学部、1963年8月、 66-157頁、。 吉川宏「ロイド・ジョージとヨーロッパの再建-4 完 -」『北大法学論集』第14巻第2号、北海道大学法学部、1963年12月、 203-234頁、。 細谷千博「ヴェルサイユ平和会議とロシア問題」『一橋大學研究年報. 法學研究』第2巻、一橋大學、1959年、 59-122頁、。 永田幸久「第一次世界大戦後における戦後構想と外交展開 : パリ講和会議における人種差別撤廃案を中心として」『中京大学大学院生法学研究論集』第23巻、中京大学、2003年、 157-256頁、。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するメディアがあります。 from the Library of Congress• 生地、バージニア州スタントンにある• ジョージア州、オーガスタの• ワシントンD. (ワシントンD. , listen online• 公職 先代: 1913年3月4日 - 1921年3月4日 次代: 先代: 1911年1月17日 - 1913年3月1日 次代: (代行) 党職 先代: , 次代: 先代: 候補 1910年 次代: 学職 先代: 1902年 - 1910年 次代: (代行) 受賞や功績 先代: 1923年11月12日 次代: 先代: 受賞者 1919年 次代: 1. - 1789-1797 2. - 1797-1801 3. - 1801-1809 4. - 1809-1817 5. - 1817-1825 6. - 1825-1829 7. - 1829-1837 8. - 1837-1841 9. - 1841 10. - 1841-1845 11. - 1845-1849 12. - 1849-1850 13. - 1850-1853 14. - 1853-1857 15. - 1857-1861 16. - 1861-1865 17. - 1865-1869 18. - 1869-1877 19. - 1877-1881 20. - 1881 21. - 1881-1885 22. - 1885-1889 23. - 1889-1893 24. - 1893-1897 25. - 1897-1901 26. - 1901-1909 27. - 1909-1913 28. - 1913-1921 29. - 1921-1923 30. - 1923-1929 31. - 1929-1933 32. - 1933-1945 33. - 1945-1953 34. - 1953-1961 35. - 1961-1963 36. - 1963-1969 37. - 1969-1974 38. - 1974-1977 39. - 1977-1981 40. - 1981-1989 41. - 1989-1993 42. - 1993-2001 43. - 2001-2009 44. - 2009-2017 45. - 2017-現職.

次の

スペイン風邪が教科書などに載ってないのは何故ですか?

スペイン 風邪 大統領

スペイン風邪に罹った兵士で溢れかえるアメリカのカンザス州の陸軍基地(Wikipediaより) 第一次世界大戦のさなかの1918年、世界中を強烈な疫病が席巻しました。 いわゆる「スペイン風邪」です。 スペイン風邪はインフルエンザの一種なのですが、1918年に初めて感染が確認され、それから約2年間のうちに、世界で5億人が感染したとされています。 当時の世界の人口は約20〜30億人と推計されているので(15億人という説もあります)、世界の約4分の1から6分の1の人々が感染したことになります。 そしてスペイン風邪が原因で亡くなった方は、2000万〜5000万人にのぼったとされます。 まさに史上最悪のパンデミックでした。 その伝染スピードは、前回この連載で紹介した黒死病(ペスト)よりもずっと速く(ただし、新型コロナウイルスと比較するとはるかに遅いですが)、疫病の伝播とグローバリゼーションの間に密接な関係があったことがわかります。 当時、スペイン風邪に効く特効薬はありませんでした。 そのため感染防止が最大の対策となり、人々はマスクをし、学校、劇場、企業までもが閉鎖されることになりました。 その対策法は現在とほとんど変わりません。 感染力が強いウイルスに対抗するためには、それ以外の対応策がないのかもしれません。 2009年流行のインフルエンザと同型だったスペイン風邪 前述のようにスペイン風邪はインフルエンザの一種で、医学的にはH1N1に分類されます。 これは、2009年に世界的に大流行したインフルエンザA型と同じです。 インフルエンザウイルスは、呼吸器を攻撃します。 そのため感染した人が咳やくしゃみをすると呼吸器病原体が飛沫となって空気中に拡散し、周囲の人に感染するのです。 またウイルスが付着したものに触ると、そこからウイルスが手先に付着することになります。 その手で口や鼻などの周囲を触ったりすると、そこからウイルスを体内に取り込んでしまいます。 そうした感染の仕方は、今回のコロナと全く同じです。 判明していないスペイン風邪の発生源 スペイン風邪の発生源は確定していません。 ただ、大きな流行はまず1918年3月にアメリカではじまり、同年の夏まで続いたとされます。 これがアメリカにおける流行の第一波でした。 第一次世界大戦は、1918年11月18日に終わります。 開戦当初は中立の立場にあったアメリカも、ドイツが無制限潜水艦戦を開始すると、1917年4月にドイツに宣戦、連合国軍に加わりました。 こうして、アメリカ本土は戦場になりませんでしたが、多くの兵士がヨーロッパに派遣されたのです。 スペイン風邪が流行し出したのはまさにこの頃でした。 アメリカ国民の目は、この第一次世界大戦の戦況に向けられており、当初、新しいインフルエンザに対してさほど関心が払われなかったのかも知れません。 感染は一気に広がっていきました。 この時には、ニューヨーク市の健康管理センター長が、企業に対し、時間差勤務をして、超満員の地下鉄を避けるよう命じています。 現在と同じような防止策が、当時すでに知られていたことに注目すべきでしょう。 アメリカを飲み込んだ大流行 インフルエンザとは、一般に冬に流行します。 スペイン風邪が最初に流行したアメリカでは、インフルエンザのシーズンは、それは秋の終わりから春にかけてです。 通常であれば、インフルエンザは、子ども、65歳以上の高齢者、妊娠している女性、基礎疾患(例えば、糖尿病や心臓病、喘息など)がある人などの死亡率が高くなります。 ところが1918年のスペイン風邪は、感染力が非常に強く、アメリカでは若い人たちから老人に至るまで感染率、死亡率ともに高かったようです。 特に注目すべきは、18〜40歳くらいの働き盛りの人たちの死亡率が高かったことです。 スペイン風邪と他のインフルエンザの根本的な違いでした。 つまり生産年齢人口に属する男性が最大の犠牲者でした。 このことが、経済に大きな打撃となりました。 第一波より第二波 そもそも1918年春に起こった流行の第一波は、さほど感染力が強いものではありませんでした。 病気になった人たちは、寒気、発熱、倦怠感などの典型的なインフルエンザの症状が現れたに過ぎませんでした。 そのため死者の数は少なく、まだ危機的状況にはなっていません。 ただ、この時、アメリカからヨーロッパに感染が広がっています。 おそらくヨーロッパに派遣された兵士たちとともにウイルスも大西洋を渡ったものと思われます。 アメリカが、より強力な、かなり感染力の高い第二波に襲われたのは、その年の秋、ちょうど第一次世界大戦の終結前後のことでした。 このときは病原性が高まっていたようで、多くの患者が重症化しています。 さらに、1919年には第三波が起こりました。 重篤な患者は、症状が出てから数時間以内、あるいは数日以内で死亡したといいます。 それほど強い感染力を持ち、重い症状を引き起こすウイルスだったのです。 身体は青みがかり、肺には水分がたまり、窒息死しました。 病人が急増したアメリカでは、第一次世界大戦で負傷した兵士のために働かなければならない医師が多くなっていたため、スペイン風邪を治療する医師が不足し、十分な医療を提供することが困難な状況になっていました。 そのことがさらに死者数を増加させることとなったのです。 1918年のアメリカの平均寿命は、なんと前年よりも12年も縮まりました。 ちなみに、このインフルエンザが「スペイン風邪」と呼ばれるようになったのは、スペインから発生したためではありません。 第一次大戦当時に中立国であったスペインは、非常に多くの感染者が出て、その被害を報道しました。 一方、他の欧米諸国は、戦争中で報道管制を敷いていたので感染被害を報じませんでした。 そのため、スペインの被害だけがクローズアップされ、ついには「スペイン風邪」の名まで冠せられてしまったのです。 1919年になると、世界の多くの地域でスペイン風邪が蔓延するようになります。 アメリカ大統領のウッドロウ・ウィルソンも、スペイン風邪に感染しました。 ちょうどこの時は、第一次世界大戦を終わらせたヴェルサイユ条約の交渉中でした。 平和主義者のウィルソンは、敗戦国のドイツに多額の賠償金を追わせることに反対していました。 ところが結局は、イギリスやフランスの主張に引っ張られ、ドイツに巨額の賠償金を課すことになってしまいました。 その背景には、ウィルソンが病気のため、各国を十分に説得できなかったためとも言われています。 その重い賠償金の苦しさから「ヴェルサイユ体制打破」を訴えたヒトラーがドイツに生まれてしまうのですから、第二次世界大戦はスペイン風邪が生んだ、とも言えるのかもしれません。 若者に多かった犠牲者 スペイン風邪によって若い男性が多く亡くなったと述べましたが、それは世界経済にとっても大打撃となりました。 働き手がいなくなってしまったからです。 大戦で多数の若者が戦死しただけでなく、スペイン風邪によってもまた多くの若い命が失われたのです。 第一次世界大戦によって世界各国で都市や生産設備が破壊される被害が生じていましたが、そうしたマイナスに加え、スペイン風邪による人的被害が世界を苦しめました。 疫病は単に健康面だけではなく、経済の面でも、戦争以上にもわれわれを苦しめる存在なのです。 筆者:玉木 俊明.

次の

史上最悪のパンデミックだったスペイン風邪の大流行(2020年4月25日)|BIGLOBEニュース

スペイン 風邪 大統領

概要 [ ] 運動の指導者として1902年から10年までの総長を務め、1911年から13年まで知事を務めた。 でははとの支持に分裂し、結果として民主党候補であったウィルソンが大統領に当選した。 名誉学位ではなく、実際の学問上の業績によって取得した号を持つ唯一の大統領である。 1885年にでおよびを教えた後、1886年にはから政治学の博士号 を受ける。 1888年にのに勤め、1890年にプリンストン大学の法律学と政治経済学の教授に就任、1902年6月9日に満場一致でプリンストンの学長に選ばれた。 1910年から翌年までの会長であった。 1887年に執筆した論文『行政の研究』( The Study of Administration )において、政治行政分断論を提起し、実務的に政治(政党政治)と行政の分離 政治行政二分論 を唱え、の抑制と近代的の再導入を提唱するとともに、研究領域的にからを分離した。 ウィルソンの行政学に関する論文はこれ1つだけであるが、これによって、 ()と並んでアメリカにおける行政学の創始者として位置づけられている。 合衆国大統領としては、当初の中立姿勢を放棄してとしてへの参戦を決断し、大戦末期にはの「」に対抗して「」を発表、を掲げてを主宰、の創設に尽力した。 その功績により、を受賞している。 敬虔なの信者であったウィルソンは、教訓主義の深い感覚をに取り入れた。 それは現在「」と呼ばれる。 ウィルソン主義は、アメリカ合衆国がを標榜し国内外の政治体制の変革を追求することを使命と見なすことであり、今日も議論されるアメリカの外交政策の指針となった。 ただし、ここまでの成果は慈善家の ()の協力なしには得られなかった。 生い立ち [ ] ウィルソンは1856年12月28日にであった(1822年 - 1903年)博士とジェシー・ジャネット・ウッドロウ(1826年 - 1888年)の4人の子供の3番目、長男としてで生まれる。 祖先はおよびであった。 父方の祖父母は1807年にのから移住した。 祖父と父は敬虔なキリスト教牧師であり、特に父はの創設者の一人である。 母親は出身のトーマス・ウッドロウ博士と、出身のマリオン・ウィリアムソンの娘で、で生まれた。 母方の祖父母の白壁の家は、北アイルランドの観光名所となった。 ウィルソンの父親は出身で、そこでは祖父が『ウェスタン・ヘラルド・アンド・ガゼット』紙を発行していた。 同紙は関税支持および反奴隷制の立場にあった。 ウィルソンの両親は1851年に南に移動し、を支持した。 父親は奴隷制を擁護し、奴隷を所有、彼らのための日曜学校を開いた。 父親の教会では傷ついた南軍の兵士の手当もした。 彼はまた牧師として短期間南軍に従軍した。 ウィルソンの最も初期の記憶は、が大統領に選ばれ、が始まったことであった。 ウィルソンはの横に立って彼の顔を見上げたことをいつまでも忘れなかった。 ウィルソンの父は、1861年にから分裂したの創設者の一人であった。 彼は南長老教会の初代の常任牧師であり、1865年から98年まで書記を務め、1879年には長老教会総会議長を務めた。 ウィルソン自身は14歳まで、父親が牧師を務めたで成長した。 父は彼に牧師を継がせようとしたが、に私淑して政治家を志した。 ウィルソンは自らを「神の子」と信じていたふしがあり、政治への道を召命と見なしたことで、後にの精神分析対象となった。 ウィルソンはのため、9歳まで文字が読めず、11歳まで文章を書くことができなかった。 しかしそれを克服するため、速記を独学で覚えた。 彼は決断と自己規律を通して学業を修め、自宅で父の指導の下で学んだ後、オーガスタの小さな学校に通った。 の間はサウスカロライナ州の州都で暮らし、父は同地で ()の教授を務めた。 ウィルソンは1873年にノースカロライナので学び、1年後にへ編入し1879年に卒業した。 彼はのメンバーだった。 2年目からは政治哲学と歴史に関する書籍を数多く読んだ。 ウィルソンが公的生活に入るインスピレーションとなったのはイギリス人の議会スケッチ作家、であった。 彼は ()の活動家であり、リベラル・ディベーティング・ソサエティを結成した。 1879年、ウィルソンはで1年間法律を学んだ。 卒業はしなかったものの、 ()および ()の活動に深く関わり、会長を務めた。 しかしながら体調不良のため大学を辞めることにし、の自宅に戻り、そこで法律の勉強を続けた。 議会で、ドイツとの休戦協定を読み上げるウィルソン。 1918年11月11日 ウィルソンはニュー・フリーダムと呼ばれる進歩主義的国内改革を実行した。 企業独占を支えた高率の関税を引き下げるなど、改革の意志を鮮明にした。 一方、外交では政権時代の「棍棒外交」や「ドル外交」を批判し、「宣教師外交」を主張したが実態は何も変わらず、中南米諸国から反発を招いた。 ウィルソン政権下でが保護国となりも軍政下に置かれた。 また、の際はアメリカ軍を派遣してを武力占領し、革命に干渉した。 任期1期目でウィルソンは ()、 ()、、 ()および ()に基づく初めての連邦の累進所得税が議会通過するように民主党を説得した。 ウィルソンはその政権に多くの南部人を起用し、彼らによる多くの連邦機関における隔離の拡大を許容した。 に対してアメリカ合衆国を中立の立場に保ち、それは に寄与した(彼の再選に向けたキャンペーンのスローガンは「彼は私たちを戦争に巻き込みませんでした」であった)。 しかし実際にはアメリカから連合軍側への物資・武器の提供や多額の戦費の貸付が行われており中立国の義務を果たしていない状況であり、それに対抗したドイツによるによって発生したによる国民の反独感情や極東における日本の台頭を懸念する世論によって参戦への圧力は増大し、「」の暴露から1ヶ月後、アメリカは1917年4月6日にへの宣戦を布告した。 開戦に際し、ウィルソンは国内統制を強化し、愛国団体を通じてナショナリズムを煽り、労働運動や反戦運動などを弾圧した。 1917年にウィルソンは以来初のを実施し、 ()を発行して何十億ドルもの戦費を調達、 ()を設置し、の成長を促進、(戦後廃止)を通して農業と食糧生産を監督し、鉄道の監督を引き継ぎ、最初の連邦政府によるを制定し、反戦運動を抑圧した。 彼は1917年から18年にかけて国を覆った反ドイツ感情の波を奨励しなかったが、その動きを止めることもしなかった。 第一次世界大戦末期の1月8日に、ウィルソンは「」を発表した。 疲弊したは降伏しの締結へと至った。 ウィルソンは英仏に「平和原則」を講和の前提とするように求めた。 パリ講和会議 [ ] パリ講和会議におけるアメリカ全権団とそのスタッフ 受賞者 受賞年: 受賞部門: 受賞理由:国際連盟創設への貢献 第一次世界大戦休戦後、和平会談に出席するため1918年12月4日、へ出発した。 ウィルソンは在職中にヨーロッパへ外遊した最初の大統領である。 ウィルソンは「平和原則」で示した公正な態度のため、連合国国民のみならず、旧国民からの期待も集めていた。 イギリスやフランスでも「正義なる人ウィルソン」と讃えられ、熱狂的な歓迎を受けた。 ウィルソンは仏首相、英首相とともに講和会議の三巨頭として主要な案件に携わり、戦後秩序の決定者の一人となった。 しかし十四か条の平和原則がそれまで大戦中に英仏伊日など主要国が結んだ協定や条約を無効にし、アメリカの要求に従って最初から決めるように求める内容であったため会議参加国の反発を招き、特にドイツへの苛酷な賠償を求めるフランスのクレマンソーとの対立は根深く、一時は会議決裂すら危惧される情勢であった。 また、国際連盟建設については意欲的であり、講和会議小委員会の一つである国際連盟委員会委員長にはウィルソンが自ら就任している。 この委員会で日本全権のらは、国際連盟憲章にの禁止を盛り込むというを提案した。 ウィルソンの側近で代表団の一員であった ()名誉大佐は日本側から草案を見せられた際に、ウィルソンも賛成するだろうと述べており、翌日にはウィルソンは大統領提案として人種差別撤廃を提案すると日本側に伝達している。 しかしイギリス連邦、特にオーストラリアの反発は強く、またアメリカ上院もこの提案が内政干渉にあたり、この提案が通れば条約を批准しないと猛反発した。 採決においては11対5で賛成多数だったにもかかわらず、「全会一致でない」「本件のような重大な問題についてはこれまでも全会一致、少なくとも反対者ゼロの状態で採決されてきた」として議長権限により否決とした。 一方で、日本が要求したドイツが持っていたの権益を日本に引き渡すというにおいては、日本が連盟不参加をほのめかす強硬措置を執ったため、不本意ではありながらも、親中華民国派が多いアメリカ全権団内部からの反発をまねきながらも、日本に山東半島の権益を引き渡すことに合意している。 しかし、最近の研究では日本が アメリカ、イギリス両国に会議への出席を要請されたが日本が参加しなかった場合、大国の日本が参加しなければ会議が成立しなかったという見解が学会を占めている。 ウィルソンはこの件にもあるように、国際連盟成立のために様々な譲歩を余儀なくされ、期待を寄せていた人々からの失望を買った。 また山東問題の譲歩などで、アメリカ全権団内からの支持も失った。 それでもをはじめとする各講和条約が成立し、国際連盟も成立する運びとなった。 しかしアメリカ上院は、加盟国が侵略を受けた際、アメリカを含む国際連盟理事会が問題解決に義務を負うという国際連盟規約10条が、モンロー主義を掲げるアメリカの中立主義に抵触すると反発した。 側近はこの条項を受諾するに当たって留保条件をつけて上院の同意を得るべきだと説得したが、ウィルソンはこの譲歩に頑として応じなかった。 結果、上院は批准を行わず、アメリカは国際連盟に参加することはできなかった。 1919年のノーベル平和賞受賞は、連盟創設の功績によるものである。 内閣 [ ] イーディス・ウィルソン夫人 右 と もともと偏頭痛が持病であったが、10月2日、でを発症、一命を取りとめたが、左半身不随、左側視野欠損、と重い後遺症が残り、大統領としての執務は事実上不可能となった。 しかし、主治医と大統領夫人のイーディスはこの事実を秘匿し、以後の国政の決裁はイーディスが夫の名で行うこととなった。 ウィルソンは長期間のを経た後、政権末期頃になってようやく閣議に出席できるまでに回復したが、言語に明瞭さは戻ったものの機械的で感情を欠き、政策も無為無策で事なかれ主義が目立つものとなった。 こうした事態を収拾し職務を代行すべきであった副大統領は、そもそもウィルソンと不仲で副大統領職も半ば嫌々引き受けたという事情もあり、大統領の職務不能を知ってもあえて火中の栗を拾おうとはせず、いくつかの儀典に大統領の名代として参加したほかは、職務権限の代行は一切しなかった。 こうした事実が明らかになったのは、実にウィルソンの死後になってからのことであり、これが後のを明文化した制定の伏線となった。 結婚 [ ] エレン・ルイーズ夫人 1885年にジョージア州出身のエレン・ルイーズ・アクソンと結婚し、マーガレット、ジェシー、エレノアの三女をもうけた。 エレンは徐々に健康を害し1914年腎臓炎で死去した。 ウィルソンは、在任中に独身だったことのある3人の大統領のうちの一人となっている。 1915年、58歳のウィルソンは、ボーリング家(の子孫)出身であり未亡人となっていた43歳のイーディス・ボリング・ガルト(Edith Bolling Galt、1872年 - 1961年)を紹介され再婚した。 イーディスは第一次世界大戦下でファーストレディの重責を務め、1919年にウィルソンが倒れると2年間にわたり非公式ながら夫に代わって国政をみた。 死 [ ] 1921年、ウィルソンと妻はホワイトハウスを離れ、ワシントンD. のにある自宅に移った。 ウィルソンは毎日のドライブを続け、土曜の夜はキースの劇場に通った。 ウィルソンは ()の会長を務めた2人の大統領の一人であった(もう一人は)。 ウィルソンは1924年2月3日に自宅で死去した。 彼はに埋葬された。 ウィルソンはワシントンD. に埋葬された唯一の大統領である。 妻のイーディスは夫の死後37年間を自宅で過ごし、1961年12月28日に死去した。 その日はワシントンD. 近くの開通式典開催日で、彼女は式典の主賓であった。 彼女は愛犬のルーターを枕元において死去した。 イーディスは ()に自宅を、夫の記念博物館にするよう託した。 ()は博物館として公開される。 1964年にはに指定され、1966年にはに登録された。 ウィルソンは1917年5月31日に遺書を執筆し、妻イーディスを執行者に指名した。 彼は娘のマーガレットに独身でいる限り毎年2,500ドルの年金を残し、前妻の動産も娘に託した。 残りの財産と不動産はイーディスに相続させ、イーディスの死後に娘達が等分に相続するようにとした。 イーディスに子供がいた場合、彼女の子供はウィルソンの娘と同等に遺産を相続したであろう。 イーディスには子供がいなかったので、ウィルソンは彼女が3度目の結婚で子供を作った場合に備えていた。 その他 [ ] ウィルソンの肖像が描かれた10万ドル ()• ジョンズ・ホプキンズ大学の学生寮ウィルソン・ハウスは彼にちなんで命名された。 のであるウッドロウ・ウィルソン・スクールも彼にちなんで命名されている。 ウィルソンの肖像は1934年から1946年まで10万ドルの ()に用いられた。 この額面10万ドルの金貨証券は金貨証券史上最高額面(および紙幣の最高額面1万ドルを上回るもの)であるが、 ()により一般市民が金貨証券(および流通用金貨と金地金)の所持を禁じられた後に発行されたものであり、やの財務処理のためにのみ使用された。 は彼にちなんで命名された。 現在のの首都である市は、第一次世界大戦後短期間「ウィルソン市」 Wilsonovo mesto と呼ばれた。 これはウィルソン大統領がの建国を支援したことを記念したものであった。 伝記にアーサー・リンク、草間秀三郎訳『ウッドロー・ウイルソン伝』(、1980年)がある。 議会での口頭によるを、ワシントン以来124年ぶりに行っている。 は自分がキリストであると証明するために政治を行っていたこと、()や左翼知識人からの評価が高いことが共通するなどとしてウッドロウ・ウィルソンを「アメリカの」と評している。 身長511インチ(約180cm)。 脚註 [ ]• 真渕勝、『行政学』、有斐閣、2009年、p. 532• 西尾勝、『行政学〔新版〕』、有斐閣、2001年、p. John Milton Cooper, Woodrow Wilson: A Biography 2009 pp 13-19• rootsweb. ancestry. com. 2010年9月11日閲覧。 Northern Ireland - Ancestral Heritage. Northern Ireland Tourist Board. 2011年2月11日閲覧。 PresidentialAvenue. com. 2011年2月11日閲覧。 White, William Allen 2007-03-15. Woodrow Wilson - The Man, His Times and His Task. Freud, Sigmund and Bullitt, William C. Woodrow Wilson: A Psychological Study 1966 「ウッドロー・ウィルソン 心理学的研究」訳(、1969年)• American Experience, PBS Television 2001年. 2009年1月19日閲覧。 American Experience, PBS Television 2001年. 2009年1月19日閲覧。 Link Road to the White House pp. 3-4. Walworth ch 1• Link, Wilson I:5-6; Wilson Papers I: 130, 245, 314• The World's Work: A History of our Time, Volume IV: November 1911-April 1912. 1912. 74-75• Wolgemuth, Kathleen L. 1959. The Journal of Negro History 44 2 : 158-173. Nobel Foundation. Retrieved 2011-10-06. Lundestad, Geir 2001-03-15. Nobel Foundation. Retrieved 2011-10-06. 吉川宏、1、346-347p• , p. 山越裕太「」『コスモポリス』第5巻、上智大学大学院グローバル・スタディーズ研究科国際関係論専攻『コスモポリス』編集委員会、2011年、 61-81頁。 , pp. 204. , pp. 207. , pp. 212. 中谷直司、2004、286-287p• 中谷直司、2004、299-300p• , p. 251-252. David Henry Burton. Theodore Roosevelt, American Politician, p. 146. Fairleigh Dickinson University Press, 1997,• John Whitcomb, Claire Whitcomb. Real Life at the White House, p. 262. Routledge, 2002,• , National Park Service Website, accessed 12 Jan 2009• Wills of the U. Presidents, edited by Herbert R Collins and David B Weaver New York: Communication Channels Inc. , 1976 176-177,. 参考文献 [ ]• 牧野雅彦『ヴェルサイユ条約 マックス・ウェーバーとドイツの講和』中央公論新社、2009年。 吉川宏「ロイド・ジョージとヨーロッパの再建-2-」『北大法学論集』第13巻第3号、北海道大学法学部、1963年3月、 459-551頁、。 吉川宏「ロイド・ジョージとヨーロッパの再建-3-」『北大法学論集』第14巻第1号、北海道大学法学部、1963年8月、 66-157頁、。 吉川宏「ロイド・ジョージとヨーロッパの再建-4 完 -」『北大法学論集』第14巻第2号、北海道大学法学部、1963年12月、 203-234頁、。 細谷千博「ヴェルサイユ平和会議とロシア問題」『一橋大學研究年報. 法學研究』第2巻、一橋大學、1959年、 59-122頁、。 永田幸久「第一次世界大戦後における戦後構想と外交展開 : パリ講和会議における人種差別撤廃案を中心として」『中京大学大学院生法学研究論集』第23巻、中京大学、2003年、 157-256頁、。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するメディアがあります。 from the Library of Congress• 生地、バージニア州スタントンにある• ジョージア州、オーガスタの• ワシントンD. (ワシントンD. , listen online• 公職 先代: 1913年3月4日 - 1921年3月4日 次代: 先代: 1911年1月17日 - 1913年3月1日 次代: (代行) 党職 先代: , 次代: 先代: 候補 1910年 次代: 学職 先代: 1902年 - 1910年 次代: (代行) 受賞や功績 先代: 1923年11月12日 次代: 先代: 受賞者 1919年 次代: 1. - 1789-1797 2. - 1797-1801 3. - 1801-1809 4. - 1809-1817 5. - 1817-1825 6. - 1825-1829 7. - 1829-1837 8. - 1837-1841 9. - 1841 10. - 1841-1845 11. - 1845-1849 12. - 1849-1850 13. - 1850-1853 14. - 1853-1857 15. - 1857-1861 16. - 1861-1865 17. - 1865-1869 18. - 1869-1877 19. - 1877-1881 20. - 1881 21. - 1881-1885 22. - 1885-1889 23. - 1889-1893 24. - 1893-1897 25. - 1897-1901 26. - 1901-1909 27. - 1909-1913 28. - 1913-1921 29. - 1921-1923 30. - 1923-1929 31. - 1929-1933 32. - 1933-1945 33. - 1945-1953 34. - 1953-1961 35. - 1961-1963 36. - 1963-1969 37. - 1969-1974 38. - 1974-1977 39. - 1977-1981 40. - 1981-1989 41. - 1989-1993 42. - 1993-2001 43. - 2001-2009 44. - 2009-2017 45. - 2017-現職.

次の