丘 を 越え て ゆ こう よ。 谷を渡り丘を越え «По долинам и по взгорьям»

丘を越えてとは

丘 を 越え て ゆ こう よ

NHK連続テレビ小説「エール」に登場する歌手・山藤太郎についてまとめます。 「丘を越えて」「青い山脈」「ラジオ体操の歌」などを歌った国民栄誉賞歌手・藤山一郎がモデルになっていると考えられます。 「丘を越えて」を歌う山藤太郎 主人公・古山裕一(窪田正孝)が「コロンブスレコード」の専属作曲家になると、もう一人の未来の天才作曲家・木枯正人(野田洋次郎)と出会うことになります。 裕一と木枯は不遇の時代を励まし合いながら切磋琢磨していくのですが、木枯は天才歌手・山藤太郎と出会ったことで、一足先に作曲家としての才能を開花させていきそうです。 山藤太郎は慶応義塾大学を卒業後に音楽学校の声楽科で学び、金を稼ぐために流行歌を歌うことになります。 山藤太郎の豊かな歌唱表現にも触発され生み出された木枯の曲 「酒は涙か溜息か」「丘を越えて」は、広く大衆の心をつかむヒット作となり、以降木枯は国民的作曲家への道を歩み始めることになります。 祖父は三味線奏者・清元榮三郎、曾祖父は浄瑠璃の語り手・清元志寿太夫でいずれも人間国宝。 僕の演じる山藤太郎役のモデルとなる藤山一郎さんは僕の曽祖父・清元志壽太夫と交流があったそうだ。 名前やシチュエーションから考えて、山藤太郎は昭和の国民的歌手・藤山一郎がモデルと考えられます。 東京・日本橋の裕福な商家の家に育ち、幼少期からピアノや高度な音楽教育を受けていた藤山一郎。 1929年(昭和4年)、慶應義塾普通部から東京音楽学校予科声楽部(現在の東京藝術大学音楽学部)に進むと、将来を嘱望されるクラシック歌手として教育を受けています。 ところが1930年代に巻き起こった世界恐慌の影響で、家業が多額の借金を抱えて廃業。 藤山一郎も家計を助けるために、レコードに歌を吹き込むという仕事を予期せぬ形で始めています。 こうした経緯で巡り会ったのが、後に同じく国民栄誉賞を受賞することになる若手作曲家・古賀政男(日本コロンビア専属)でした。 古賀政男と組み「丘を越えて」「酒は涙か溜息か」が大ヒット 当時まだ実績のなかった古賀政男は、豊かな技量と表現力ある歌声を持つ藤山一郎と組むと、 「丘を越えて」「酒は涙か溜息か」(1931年)という大衆歌謡の傑作を生み出します。 当時のマイクロフォンの特性を活かす「クルーン唱法」と呼ばれる囁やきボイスで歌い上げた「酒は涙か溜息か」は100万枚を超える空前の大ヒットを記録。 以降、藤山一郎と古賀政男は広く世に知られるアーティストになっていきます。 ビクターの専属歌手となっています。 美声は健在。 1936年(昭和11年)には移籍先のテイチクでヒット曲 「東京ラプソディ」(作曲・古賀政男)を発売。 戦時中は戦時歌謡、軍歌を多数歌い、南方慰問団にも参加。 魚雷攻撃を受けるなど緊迫の戦況の中、ボルネオ、ジャワなどの南方各地で慰問活動を行い、無事帰国を果たしています。 戦後の1949年(昭和24年)には日本歌謡史に残る名曲 「青い山脈」(作曲・服部良一)のほか、敗戦国・日本への鎮魂歌 「長崎の鐘」(作曲・古関裕而)といったヒット曲を発表。 「第1回NHK紅白歌合戦」では白組キャプテンとして出場し大トリを務めるなど(「長崎の鐘」を歌った)、国民的歌手として活躍を続けています。 生前に国民栄誉賞を受賞 亡くなる前年の1992年(平成4年)、「正当な音楽技術と知的解釈をもって、歌謡曲の詠唱に独自の境地を開拓した」「長きに渡り、歌謡曲を通じて国民に希望と励ましを与え、美しい日本語の普及に貢献した」として、国民栄誉賞を受賞。 名コンビだった古賀政男は、1978年(昭和53年)に死去すると、その一ヶ月後に国民栄誉賞を受賞しています。 関連記事 ・ ・ ・ ・.

次の

映画:韓国の“南道文化”と現代映画―「風の丘を越えて」と「太白山脈」の世界―

丘 を 越え て ゆ こう よ

パダリーナム イー パーヴズゴールィヤム シラ ヂヴィージヤ フピールョート シトブィ スボーヤ ヴジャーチ プルィモールィエ ビェーライ アールミイ アプロート 2. ナリヴァーリシャ ズナミョーナ クマチョム パスレードニフ ルァン シリ リヒーエ エスカドルォーヌィ プルィアムールスキフ パルチザーン 3. エーチフ リェート ニ スモールクニェッ スラーヴァ ニ パミェールクニェッ ニカグダー パルチザーンスキエ アトルャーディ ザニマーリ ガルァダー 4. イ アスターヌッツァ カク フスカースカフ カク マニャーッシエ アグニー シトゥルマヴィーエ ノーチ スパースカ ヴァラチャーエフスキーエ ドニー 5. ルァズグルァミーリ アタマーナフ ルァザグナーリ ヴァイェヴォート イ ナチーハム アケアーニェ スヴォイ ザコーンチリ パホート 国内戦の末期、極東における赤軍パルチザンの戦いぶりを歌った歌で、国内戦期の軍歌として現代に至るまで非常に有名な作品です。 作詞者のピョートル・パルフョーノフはアルタイ地方、次いで極東で赤軍に従軍しパルチザン戦に携わった人物です。 但し、曲の方の由来については判然としていません。 彼の作である可能性も、民謡等から借用された可能性もあります。 ) パルフョーノフはこの曲を自ら発表することはありませんでした。 この曲が従軍者以外にも知られるようになったのは、国内戦終結後の20年代末に軍合唱団アレクサンドロフ・アンサンブルの指揮者アレクサンドル・アレクサンドロフが従軍者たちに取材して国内戦当時の軍歌を採集し、アンサンブルに歌わせたことがきっかけです。 歌詞はこの時詩人セルゲイ・アリモフによって手が加えられており、パルフョーノフのオリジナルとは少し異なりますが、結局この「アレクサンドロフ版」が現在に至るまで広く知られています。 なお、この歌の人気はソ連国内にとどまらず、多くの外国語にも翻訳されています。 歌の詳細な歴史 この歌の作詞(おそらく作曲も)を担ったのはアルタイ地方、次いで極東で赤軍に従軍したピョートル・パルフョーノフという人物です。 谷を渡り丘を越え まる一月さまよい歩いた 川に、また海に臨み 若き力を惜しむ事無く 国内戦が始まるとこの歌の歌詞を状況に合わせて改作し、赤軍の軍歌としました。 この版の歌詞には「ニコラエフスクの昼間」という一節がありますが、これは同年のニコラエフスク・ナ・アムーレでの襲撃、日本で言うところの尼港事件を指すと思われます。 パルフョーノフはその後この歌の発表を試みたものの果たせなかったことから、しばらくこの作品は日の目を見ない状況が続きました。 しかし1929年、創立間もないアレクサンドロフ・アンサンブルがレパートリーに加え披露したことで、この歌は注目されることになります。 アンサンブル指揮者のアレクサンドル・アレクサンドロフは当時国内戦期に作られた歌を採集し、編曲などして彼らのレパートリーに加える活動を行っていました。 (他に等が同様に採集されています) ここで問題となったのが作者の名義です。 また歌詞には当時の詩人セルゲイ・アリモフが手を加えていました。 このことはパルフョーノフを知る人々の反論を呼び、パルフョーノフ自身もそれに加わることとなりました。 彼が雑誌に投稿した記事において、この歌の成立史が明らかにされています。 ) しかしながら大粛清の大波がパルフョーノフを呑みこむ事になります。 1935年、彼は逮捕されました。 こうなると『谷を渡り丘を越え』の作者として認められることなど望むべくもありません。 そして、そのまま生きて戻ることはありませんでした。 結局スターリンの死後、彼が名誉回復された後で、ようやく1962年、この歌の真の作者が彼であることが法廷で認められました。 しかしそれまでの間にアレクサンドロフ・アンサンブルが歌ったものが定着したのか、その後もこの歌は基本的にパルフョーノフのオリジナルではなく、アリモフの改作した歌詞の方で知られているようです。

次の

あの丘越えて: 二木紘三のうた物語

丘 を 越え て ゆ こう よ

詳細は「」を参照 音源 [編集 ] オリジナル [編集 ] 歌唱を担当した藤山一郎は、豊かな声量と正確無比な確実な歌唱で、古賀政男の青春を高らかに歌い上げている。 上述のとおり元はマンドリン合奏曲として作曲された曲であるため、のマンドリンによる前奏が長く、さらに間奏は新たなの後に再び前奏を繰り返すので、伴奏の演奏だけの時間より藤山一郎が歌っている時間の方が短い。 また ステレオ録音版 [ 要説明]ではさらに伴奏が長くなっている。 カバー [編集 ]• 、が本曲をしている(『』に収録)。 、「」ので藤山のオリジナルが使われていた。 CMの一部では前奏のみもある。 、『』としてがカバーした。 、トヨタ自動車の代表車種「」、「」のとして、以下のアーティストによるカバーバージョンが使用されている。 フィールダー、アクシオ)、• (フィールダーのみ)• (フィールダーのみ)• (フィールダーのみ)• (フィールダーのみ)• (フィールダーのみ)• (フィールダーのみ)• (フィールダー、アクシオ)• (アクシオのみ) なお、がに「」という曲をリリースしているが、タイトルが同じだけの全く別の楽曲である。 脚注 [編集 ] []• 信州Style、2019年11月21日閲覧。 川崎市公式サイト、2010年6月1日、2019年11月21日閲覧。 稲田堤駅~読売ランド前駅の「多摩自然遊歩道」が「昭和初期の流行歌『丘を越えて』の舞台となった多摩丘陵の豊かな自然が観察できる」と紹介されている。 、2019年5月18日、2019年11月21日閲覧。 稲城市公式サイト、2019年5月30日更新、2019年11月21日閲覧。 川崎市観光情報発信サイト「川崎日和り」川崎市観光協会、2019年11月21日閲覧。 「多摩区みどころガイド」川崎市多摩区観光協会、2019年11月21日閲覧。 2009年7月10日時点の [ リンク切れ]よりアーカイブ。 2009年7月30日閲覧。 2009年7月6日時点の [ リンク切れ]よりアーカイブ。 2009年7月30日閲覧。 「多摩区みどころガイド」川崎市多摩区観光協会、2019年11月21日閲覧。 関連項目 [編集 ]• いろはにこんぺいとう - 2. 行け柳田 - 3. ごはんができたよ - 4. - 5. ただいま - 6. あしたこそ、あなた - 7. ごめんなさい Oh Yeah - 8. - 9. ラーメンたべたい - 10. 愛がたりない - 11. 花のように - 12. David - 13. BAKABON - 14. SUPER FOLK SONG - 15. CHILDREN IN THE SUMMER - 16. - 17. - 18. 想い出の散歩道 - 19. クリームシチュー - 21. Home Sweet Home - 22. - 23. GIRLFRIENDS FOREVER - 24. - 25. Dreaming Girl - 26. あたしンち - 27. - 28.

次の