ハースストーン攻略まとめ速報。 ハース速報! / ハースストーン(Hearthstone) 攻略速報まとめ for Android

【5/27更新】デッキTierランキング速報

ハースストーン攻略まとめ速報

パッチ17. 1が適用されてから約1週間経過した、現時点での今環境に対応しTierリストを更新しました。 ここでは環境についての所感を述べたいと思います。 更新にあたり存在比率やデッキ勝率等のデータは複数の統計データにて調査をしました。 単純に勝率が高いデッキだけではなく使用率、レジェンド上位報告の数、使用されているランク帯などを合わせて選定したTierリストになります。 Tier1の選定理由 パッチ17. 1が適用されて約1週間が経過しました、アップデートの影響を受けなかった【ガラクロンドプリースト】やバフされた【聖典パラディン】もレジェンド上位報告が増え、それらのコントロールデッキを苦手とする【テンポウォリアー】は母数を減らしました。 【テンポデーモンハンター】はナーフを受けたものの天敵であったウォリアーが減り依然として環境のトップを走り続けています。 環境にコントロールデッキが増えてアグロが減った影響で、【ハイランダーハンター】が活躍しやすい環境になっています。 使用率も一番のシェアである【テンポデーモンハンター】の次に多くなり、レジェンド到達報告も多数ありTier1と選定しました。 その他のデッキについて 【スペルドルイド】はデーモンハンターを除くデッキに対して明確に不利なデッキが存在せず、レジェンド上位報告も徐々に増えておりグランドマスターズなど大会シーンでの活躍も印象的でした。 現在の母数は少ないですが今後の活躍に期待ができるという点でTier2に選定しました。 【爆弾ウォリアー】は全体のランク帯を見るとあまり見かけないという印象を持ちます。 しかし、【テンポデーモンハンター】に対しては有利、流行し始めた【クエストマリゴスウォーロック】対してはデッキの特性上、滅法強くNAサーバーでレジェンド1位を獲得しています。 環境の変遷次第ではTier上位に食い込む可能性のあるデッキであると見受けられます。 今後の環境に大きな変化がありましたらTierリストをアップデートしていきます。 最近の注目カード ミニオンへの呪文ダメージを2倍にできるため相手への全体ダメージや生命奪取付きダメージ呪文と相性がいい。 ウォーロックのデッキを中心に採用され始めている。 流行のデーモンハンターへの対抗手段。 フェイスを凍結させることでデーモンハンターはバーストダメージを出せなくなり、終盤のリーサルを防ぐことができます。 Tier表.

次の

ハースストーン日本語Wiki HEARTHSTONE MANIAC

ハースストーン攻略まとめ速報

レジェンド達成のメリット ハースストーンのレジェンドランク達成までの道は非常に 険しい。 丸一日プレイしても結果が伴わない時のストレス度は想像を絶する。 しかし、苦労してランクを上げることのメリットも当然存在する。 カードバック ランク戦をプレイして初めてレジェンドに到達すると貰えるのが限定カードバック「 レジェンド」。 正統派のシンプルなデザインで格好いい。 レジェンド未到達の友達に自慢しよう。 友達が減ること間違いなし。 シーズン報酬 ハースストーンの先月報酬はこんなかんじでした! アグロドルイドを組めという神の啓示…! — せんとす upnushing 実利があるのはシーズン(1ヶ月)終了ごとに開けられる宝箱の報酬だろう。 月内にランク20以上を達成することで翌月始めに報酬が入った宝箱を開けることが出来る。 中には ゴールデン仕様のカードや魔素が含まれており、レジェンドランクに到達した場合は「ゴールデンコモン3枚& ゴールデンエピック1枚」が入手可能。 魔素に還元して欲しいカードを作るのも良いしゴールデンカードを集めるのも良いだろう。 レジェンドランクに到達できるのはプレイヤー全体の 0. つまりレジェンドランク自体が 実力の証明であり、一度レジェンドに到達する腕前を身に着けてしまえば以降はレジェンド達成は容易になる。 実力者揃いのゲームで上位ランクを目指すことの大きな モチベーションにも繋がるので是非達成を目指して欲しい。 攻略法 コツを掴んでいてプレイ時間を確保できればレジェンド到達は難しくない。 攻略法をまとめてみよう。 デッキ選び 最新のメタ、デッキの勝率、Tier表はHSReplayで確認しましょう。 ランク5以上では、ズーの勝率はTier1を維持できておらず、今のところは「強いデッキの一つ」に留まっています。 勝率1位は奇数ローグ。 (確認にはPremium登録が必要) — ahirun ahirunHS カードゲームにおいて最も重要なのは「 デッキ」である。 プレイング云々以前にデッキ毎に勝率はある程度決まっており、環境次第で有利なヒーロー・デッキ構成は異なってくる。 まずは現環境で 最強と思われるデッキを用意することから始めよう。 デッキの強さの指針となる Tierを示している中で有名なのは「」の。 また、同サイトではレジェンド到達したデッキも多数を紹介されている。 海外サイトなら「」での勝率や「」のメタTierリストを確認。 各デッキのカードやクラス別勝率、対策を確認しておくと良い。 紹介されているデッキの中から自分が得意とするヒーロー、構築可能なデッキ、 プレイイメージが湧くものを選びたい。 ちなみに使用するデッキは継続して 使い続けること。 負けたから別のデッキ~を繰り返すとそのデッキでの勝率が上がらず、相手デッキ毎の勝ち筋も把握しづらい。 勝率の高いデッキを使い続けることがレジェンドへの第一歩となる。 プレイ動画のススメ 強いデッキを使っていても肝心のプレイングが下手なままでは上位は目指せない。 そこでお勧めしたいのがYouTubeなどで見られる プレイ動画。 最近のデッキ傾向を気軽に確認可能でプレイングから 学ぶことも多いはず。 個人的なお勧めはアジア選手権に何度も出場している「」や毎月レジェンド達成しており動画も見やすい「」。 勝率を気にしないのであれば一風変わったデッキを紹介している「」や楽しくプレイしている「」も良いだろう。 Twitchなどで有名選手のプレイを見て「なぜ」あのカードを切ったのか「自分だったら」と照らし合わせて考え続けることで上達を目指せる。 環境の把握 【Tierランク】 リリース後のTIer表を更新しました。 今回から一週間毎日更新していきます。 速報値として参考にしてください。 リリース初日はズーおよびドルイドが強く、増えたアグロを狩るコントロールメイジとウォリアーも目立ちました。 独りよがりなプレイングと運だけでは勝てないゲームとなっている。 対戦開始時に相手がウォーロックなら「Zoo」なのか「偶数」なのかを予想し、OTK系デッキならキーカードを燃やして勝ち筋を作るなど相手の デッキ構成を把握してないと勝率は中々上がらない。 対戦開始時に「多分〇〇デッキ」と予想できる程度には環境を把握しておきたい。 また、各デッキ使用率は新環境リリース時は目まぐるしく変化するので定期的に傾向を確認すること。 心構え 『ハースストーン』は相手の手札を予想し、目論見を邪魔して狙いたいプレイングをさせない 心理戦要素が強い。 1プレイごとに精神は摩耗し、連敗中に煽りエモートをされた際にはマウスを投げつけたくなる。 トッププレイヤーの 髪の薄さを見れば上位を目指すことが如何に険しい道かが分かるはず。 HSにおける精神面でのコツを伝授したい。 集中力 SSC間もなくKolentoさん! 試合前に集中するKolentoさんかっこいい… — FMいまり コレント最強攻略速報 imalento ランク5以降は連勝ボーナスによる星獲得が無くなるため1戦1戦が重要となる。 ミスプレイやリーサル逃しは 論外で勝てる試合を確実に取る集中力が重要となる。 安直にカードを切らず確率・相手手札を考え、ロープ時間ギリギリになってでも 最適解を導き出すようにしたい。 連敗が続くような状況になればその日はプレイを諦めシャドバでソリティアを楽しむと良い。 また、深夜や夕方など 時間帯によって勝率も大きく変わってくる。 学生・キッズを狙って勝ちやすいお昼休み・夕方を狙うのも良い。 対話 僕が好きなハースストーンっていうのはね、高尚で、間合いに入るか入らないかの微妙なラインをせめぎ合ってね、腹を探りあいながら対話していくの。 じりり…じりりと距離を詰めて、詰めて、詰めて…そして牙を剥き爪を立てて襲いかかる。 無論デッキ構成によっては一方的に「自分のやりたいこと」を押し付けるものもあるが、それでも相手デッキ・手札の 把握が重要なことに違いはない。 相手に狙ったプレイングをさせず自分の勝ち筋を確保するコミュニケーション能力を身に着けよう。 継続は力なり ハースストーンのレジェンドになれない人の理由、ランク5まで来れないのは流石に下手だからとかプレイ時間が足りないからだと思うけど、ランク5まで来れる人なら大体は下がるのが怖くて回せなくて下がってティルトしてもっと下がってもうやりたくなくなるからだと思うから星MAXから戻れるのは良いかも — Ombre OmbreJPN 最終的に物を言うのは「 プレイ時間(=対戦回数)」である。 勝率は良いとこ6割なので対戦を繰り返さないことにはランクも上がらない。 適切なデッキを使用して試合後に振り返り、学び続けていれば自ずとレジェンドは見えてくる。 とにかく試合数をこなすようにしたい。 感想 8月は『博士のメカメカ大作戦』のリリース後に「」を使用してレジェンド達成できた。 現在はメタカードも多く出てきたため同デッキで上位を目指すのは困難だと思う。 環境的には現在ドルイドが強いが一強状態ではなく、ウォーロック・ローグも活躍している。 各ヒーローの バランスや使用カードの偏りも見られるのでナーフもあるはず。 ナーフ発表・実施後の環境変化にも注目したい。 レジェンドランクに到達すると楽しさの種類も一気に変わってくるので上記内容を参考に目指してみて欲しい。

次の

攻略ブログまとめニュース速報 for ハースストーン(Hearthstone) by content.companyspotlight.com

ハースストーン攻略まとめ速報

パッチ17. 1が適用されてから約1週間経過した、現時点での今環境に対応しTierリストを更新しました。 ここでは環境についての所感を述べたいと思います。 更新にあたり存在比率やデッキ勝率等のデータは複数の統計データにて調査をしました。 単純に勝率が高いデッキだけではなく使用率、レジェンド上位報告の数、使用されているランク帯などを合わせて選定したTierリストになります。 Tier1の選定理由 パッチ17. 1が適用されて約1週間が経過しました、アップデートの影響を受けなかった【ガラクロンドプリースト】やバフされた【聖典パラディン】もレジェンド上位報告が増え、それらのコントロールデッキを苦手とする【テンポウォリアー】は母数を減らしました。 【テンポデーモンハンター】はナーフを受けたものの天敵であったウォリアーが減り依然として環境のトップを走り続けています。 環境にコントロールデッキが増えてアグロが減った影響で、【ハイランダーハンター】が活躍しやすい環境になっています。 使用率も一番のシェアである【テンポデーモンハンター】の次に多くなり、レジェンド到達報告も多数ありTier1と選定しました。 その他のデッキについて 【スペルドルイド】はデーモンハンターを除くデッキに対して明確に不利なデッキが存在せず、レジェンド上位報告も徐々に増えておりグランドマスターズなど大会シーンでの活躍も印象的でした。 現在の母数は少ないですが今後の活躍に期待ができるという点でTier2に選定しました。 【爆弾ウォリアー】は全体のランク帯を見るとあまり見かけないという印象を持ちます。 しかし、【テンポデーモンハンター】に対しては有利、流行し始めた【クエストマリゴスウォーロック】対してはデッキの特性上、滅法強くNAサーバーでレジェンド1位を獲得しています。 環境の変遷次第ではTier上位に食い込む可能性のあるデッキであると見受けられます。 今後の環境に大きな変化がありましたらTierリストをアップデートしていきます。 最近の注目カード ミニオンへの呪文ダメージを2倍にできるため相手への全体ダメージや生命奪取付きダメージ呪文と相性がいい。 ウォーロックのデッキを中心に採用され始めている。 流行のデーモンハンターへの対抗手段。 フェイスを凍結させることでデーモンハンターはバーストダメージを出せなくなり、終盤のリーサルを防ぐことができます。 Tier表.

次の