スマート 内覧 ログイン。 【スマート内覧 実施結果報告】スマートロック・ウェブ予約導入の賃貸マンション内覧システム利用者個人のセルフ内覧でも「入居判断できる」が83.3% ~賃貸マンション内覧ユーザ意識の変革~

スマート内覧|パークハビオ飯田橋 1209の予約ページ

スマート 内覧 ログイン

様々な機器が通信機能を持ち、インターネットにつながり制御可能となる仕組み。 スマート内覧を導入している物件と、導入をしていない物件を同時期に比較したところ、導入している物件は導入していない物件と比較して、平均して約1. 不動産という特性から物件による集客力にも差はあるものの、スマート内覧を導入することで内覧受付時間が長くなり、また不動産会社の定休日にも内覧が可能になったことが内覧件数の増加に寄与していると考えられる。 2倍の内覧があった。 0%と、同じく週末の土曜より8ポイント高い結果となった。 平日は、不動産仲介業者の定休日が集中する火曜は10. 19%、水曜は4. 54%と利用が少ないものの、個人による内覧に限ってみると以下の表のとおり他の平日と大きな差異はなく、個人の内覧ニーズは不動産業者の定休日に関わらず存在することがわかる。 時間帯別では、12~15時台が多い一方、退勤後18時以降の内覧も合計10. 87%あり、これまで不動産業者の営業時間の都合で内覧ができなかった時間帯での内覧ニーズも強いことが分かった。 「今すぐ内覧したい」という要望に、不動産業者や鍵の所在の都合に関係なく応えられることがこの結果につながっていると考えられる。 09分 スマート内覧システム上で解錠から施錠までの平均時間を計測したところ、不動産仲介業者の平均滞在時間は13分、個人内覧者の平均滞在時間は9. 9分、全体の平均は11. 09分という結果になった。 設置対象が単身者向けの都市型賃貸マンションが主であることから、個人・不動産仲介業者の間で大きな差は見られない。 スマート内覧を導入する不動産管理業者は、どのエリアからの集客があるかを把握することができ、より効率的な他媒体への広告投下や不動産仲介業者訪問等に活用できる。 上記アンケートより、不動産内覧にかかわる潜在的な課題を解決したことが、内覧までのハードルを下げ、件数の増加にもつながったものと考えられる。 3% 個人によるスマート内覧利用者の確度と判断材料としての評価は高く、個人内覧者へのアンケートのうち、【一人で内覧していて、入居判断ができると感じた?】という問いに対しては、83. 3%が「入居判断ができると感じた」と回答し、実際に成約にも至っている。 今後より広域に、また様々な間取りタイプの物件での運用が広まれば、さらに特徴的な結果が表れるだろうと予想しています。 また、その分析結果は、不動産業に欠かせない地域戦略の大きなヒントになるものと思われます。 株式会社ライナフは、多くのデータを基に最適な答えを導き出すためには、今後の本サービスの普及が重要であると認識しており、より導入しやすく利用しやすいサービスへの改善を繰り返し、サービス普及に向けて努力してまいります。

次の

ウェブで内覧予約、自動応答電話で鍵の場所を確認!ライナフの「スマート内覧®」にスマートロックなしでも利用が可能な新プランが誕生。内覧予約サービスとしてさらに使いやすく。|株式会社ライナフのプレスリリース

スマート 内覧 ログイン

Contents• 便利なスマートログイン スマートログインとは、ソフトバンクのスマートフォンなどを利用して、ID連携した提携サイト(Yahoo! のコンテンツ、LOHACO、My SoftBank)に自動でログインできるサービスです。 スマホでソフトバンクやYahoo! のコンテンツを利用する際、セキュリティ面の不安からIDやパスワード、氏名住所などの個人情報を手入力している方も多いと思います。 スマートログインは、一度IDやパスワードを設定しておけば、次回以降の入力が不要で自動でログインできます。 月額利用料は無料です。 スマートログインの対応機種 スマートログインはソフトバンクの機種ならばほとんど利用可能ですが、 Xシリーズのみスマートログインには対応していません。 ガラケーでもスマートログインは利用できますが、Android搭載機種に限られています。 端末 機種対応 iPhone 対応 iPad 対応 スマートフォン 対応(Xシリーズを除く) タブレット 対応 ケータイ 対応(4G ケータイ、AQUOS ケータイ) Y! mobile(ワイモバイル)でスマートログインはできる? Y! mobile(ワイモバイル)ではスマートログインはできませんが、 「Yahoo! プレミアム for Y! mobile」を設定することで、スマートログインの特典であるYahoo! プレミアム特典(後述します)を利用可能です。 ちなみにY! mobile(ワイモバイル)の場合、ソフトバンク以外の機種でも「Yahoo! プレミアム for Y! mobile」を利用できます。 設定方法はいたって簡単です。 mobileにアクセスし、スマートログイン設定と同様にYahoo! JAPAN IDを登録 スマートログインのメリット Yahoo! のコンテンツに自動でログインできる スマートログインを設定すると、Yahoo! のコンテンツで自動でログインできるようになります。 煩わしい入力が一切不要になるのでとても便利です。 Yahoo! プレミアム特典が無料 スマートログインの最大のメリットは、何と言っても 月額462円(税抜)かかるYahoo! プレミアムを無料で使えることです。 毎月500円かかるならやめておこう、と思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。 無料なら気軽に利用できますよね。 さて、Yahoo! プレミアムの特典はたくさんありますが、以下にいくつか挙げたいと思います。 ブックストア 読み放題作品あり。 ストアでは、2019年4月頃から決済方法としてPayPayが利用できるようになることに伴い、各種キャンペーンでの期間固定ポイントの付与が、PayPayの付与に変更になります。 上記の特典のほかにも、買い物をした時にTポイントが通常の5~9倍貯まる、提携企業の割引券やクーポンがもらえる、などがあり、普段買い物をする方にはとても便利な特典です。 貯まったTポイントを使ってYahoo! ショッピングで日用品を購入し、そこでさらにTポイントを貯めるという使い方もできます。 さらに、YJカードでネットやスマホの支払いをするとさらに買い物がお得になりますので、以下の記事も参考にしてみてくださいね。 LOHACO(ロハコ)でもポイントが10倍貯まる! スマートログインを設定することで、Amazonや楽天などに続いて会員数を伸ばしている通販サイトである、LOHACO(ロハコ)でもポイントが貯まります。 LOHACO(ロハコ)はエリアによっては当日配送も可能であり、1,900円以上の購入で送料が無料になるなど他の通販サイトにはないサービスにより、女性を中心に人気を集めているサイトです。 ここではなんと ポイント10倍! ただし、2019年4月頃から決済方法としてPayPayが利用できるようになることに伴い、各種キャンペーンでの期間固定ポイントの付与が、 PayPayの付与に変更になります。 今後はPayPay利用者にとってのメリットも大きくなるかもしれません。 スマートログインのデメリット 自動でログインできるスマートログインの最大のデメリットが、 「スマホを手にした人なら誰でもログインできてしまうこと」です。 もしスマートログインを設定したスマホを紛失した場合は、他人が勝手にスマートログインしてしまう可能性があります。 対策としては、 スマホにロックをかけておくことでしょう。 自分以外の人間がスマホを起動できないようにしておくことで、他人がスマートログインする危険を回避することができます。 ちなみに、スマートログインのセキュリティはYahoo! Japanが管理しているため、不正アクセスの心配はないとされています。 したがって、危険なのは手動によるスマートログインということになります。 スマートログインの注意点 「Yahoo! BB 基本サービス」と「Yahoo! BB プレミアム」は有料 スマートログイン(Y! mobileはYahoo! プレミアム for Y! mobile)で無料になるのは、「Yahoo! プレミアム特典」のみです。 「Yahoo! BB 基本サービス(プレミアム)」と「Yahoo! BB プレミアム」は有料です。 一緒じゃないの?と思った方のために、違いをご説明したいと思います。 以下2点で違いがあります。 プレミアム=Yahoo! Japanが提供 ・Yahoo! BB 基本サービス(プレミアム)=ソフトバンクが提供 ・Yahoo! プレミアム= yahoo. jp ・Yahoo! BB 基本サービス(プレミアム)= ybb. jp ・Yahoo! BB プレミアム== ybb. jp 上記のように3つのサービスは提供元が異なるので、スマートログインを設定しても「Yahoo! BB 基本サービス(プレミアム)」と「Yahoo! BB プレミアム」の料金はかかります。 スマホを解約するとYahoo! プレミアムの月額料金が発生する ソフトバンクやワイモバイルを解約すると、当然ですがYahoo! プレミアム特典はなくなります。 しかし、そのままにしていると Yahoo! プレミアムの契約は継続しているので料金を請求されますのでご注意ください。 つまり、スマホの解約とともに Yahoo! プレミアムの契約も解除する必要があるのです。 そうしないとYahoo! プレミアムの月額料金が発生してしまいます。 解約方法は、Yahoo! ウォレットの「継続中サービスの確認・停止」から行えます。 ネットもソフトバンクにするとさらにお得 前述したYahoo! 提携サイトやLOHACO(ロハコ)を使えばかなりのTポイントが貯まりますが、さらにお得にスマホを使うのにおすすめなのは、インターネット回線もソフトバンクにすることです。 ソフトバンクが提供しているインターネット回線には、Softbank光とSoftbank Airというサービスがあります。 Softbank光は通常のインターネット回線で、Softbank Airは箱型のターミナルを使った工事不要のインターネット回線のことです。 ソフトバンク光には、ソフトバンクのスマホ(ガラケー)とインターネットをセットで利用することで、 毎月のスマホ代が最大1,000円引きになる「おうち割光セット」があります。 これにより毎月のスマホ代が安くなり、Wifi接続でさらにスマホ代を節約できるというわけです。 煩わしさや手間を省きたいという方は、スマホもネットもショッピングも全部ソフトバンク系に統一すれば、 これまで以上に快適に ネットが使えるようになるでしょう。 Softbank 光・Softbank Airって? ソフトバンクのインターネットを使うなんて考えたこともなかった、という方のために、ソフトバンク光とソフトバンクエアーについてご説明しましょう。 ソフトバンク 光 名前の通りSoftBankが提供しているインターネット回線ですが、戸建住宅なら月額利用料5,200円から、集合住宅なら3,800円(いずれも2年契約の場合)から利用できます。 フレッツ光の回線を使用しているので、高速でインターネットへの接続が可能です。 ちなみにフレッツ光ネクストは「月額料金+プロバイダ料金」で月額約500円高くなるので、同じフレッツ光でもプロバイダ料金込みのソフトバンク光の方が安いです。 ソフトバンクエアー エアーターミナルという箱型の機器を接続するだけでインターネットが利用できるという手軽さが魅力のサービスです。 回線工事不要なので、忙しい方、工事が面倒な方に向いています。 前述の通りソフトバンクのスマホとソフトバンク光・ソフトバンクエアーをセットで使うと、「おうち割」で毎月のスマホ代が最大1,000円安くなるのでおすすめです。 申し込みは代理店が断然お得 では、「一体どこで申し込もうかな?」と思った方、申し込むなら公式ではなく代理店で申し込んだ方が断然お得です。 なぜなら、 代理店には公式にはないお得なキャンペーンがあるからです。 基本的に公式にあるキャンペーンというのは、代理店でも申し込みができるんですよね。 代理店での申し込みなら公式のキャンペーンに加えて代理店独自のキャンペーンを併用できるので、キャンペーン特典の二重取りができるというわけです。 例えばおすすめの代理店のNEXTでは、以下6つのキャンペーンを実施しています。 しかもこれ 全部併用が可能です。 つまり1は公式にはないので、公式で申し込むと 33,000円損するということです。 ちなみにこれまでフレッツ光を使っていた方は「転用」という扱いになり、15,000円のキャッシュバックとなりますが、それでも 15,000円損するということなので大きいですよね。 NEXTがおすすめな理由 なぜNEXTがおすすめなのかというと、理由は3つあります。

次の

ウェブで内覧予約、自動応答電話で鍵の場所を確認!ライナフの「スマート内覧®」にスマートロックなしでも利用が可能な新プランが誕生。内覧予約サービスとしてさらに使いやすく。|株式会社ライナフのプレスリリース

スマート 内覧 ログイン

様々な機器が通信機能を持ち、インターネットにつながり制御可能となる仕組み。 スマート内覧を導入している物件と、導入をしていない物件を同時期に比較したところ、導入している物件は導入していない物件と比較して、平均して約1. 不動産という特性から物件による集客力にも差はあるものの、スマート内覧を導入することで内覧受付時間が長くなり、また不動産会社の定休日にも内覧が可能になったことが内覧件数の増加に寄与していると考えられる。 2倍の内覧があった。 0%と、同じく週末の土曜より8ポイント高い結果となった。 平日は、不動産仲介業者の定休日が集中する火曜は10. 19%、水曜は4. 54%と利用が少ないものの、個人による内覧に限ってみると以下の表のとおり他の平日と大きな差異はなく、個人の内覧ニーズは不動産業者の定休日に関わらず存在することがわかる。 時間帯別では、12~15時台が多い一方、退勤後18時以降の内覧も合計10. 87%あり、これまで不動産業者の営業時間の都合で内覧ができなかった時間帯での内覧ニーズも強いことが分かった。 「今すぐ内覧したい」という要望に、不動産業者や鍵の所在の都合に関係なく応えられることがこの結果につながっていると考えられる。 09分 スマート内覧システム上で解錠から施錠までの平均時間を計測したところ、不動産仲介業者の平均滞在時間は13分、個人内覧者の平均滞在時間は9. 9分、全体の平均は11. 09分という結果になった。 設置対象が単身者向けの都市型賃貸マンションが主であることから、個人・不動産仲介業者の間で大きな差は見られない。 スマート内覧を導入する不動産管理業者は、どのエリアからの集客があるかを把握することができ、より効率的な他媒体への広告投下や不動産仲介業者訪問等に活用できる。 上記アンケートより、不動産内覧にかかわる潜在的な課題を解決したことが、内覧までのハードルを下げ、件数の増加にもつながったものと考えられる。 3% 個人によるスマート内覧利用者の確度と判断材料としての評価は高く、個人内覧者へのアンケートのうち、【一人で内覧していて、入居判断ができると感じた?】という問いに対しては、83. 3%が「入居判断ができると感じた」と回答し、実際に成約にも至っている。 今後より広域に、また様々な間取りタイプの物件での運用が広まれば、さらに特徴的な結果が表れるだろうと予想しています。 また、その分析結果は、不動産業に欠かせない地域戦略の大きなヒントになるものと思われます。 株式会社ライナフは、多くのデータを基に最適な答えを導き出すためには、今後の本サービスの普及が重要であると認識しており、より導入しやすく利用しやすいサービスへの改善を繰り返し、サービス普及に向けて努力してまいります。

次の