ニューヨーク タイムズ 日本。 ニューヨークタイムズが伝えるアメフト・タックル問題・問われる日本の文化

ニコラス・クリストフ

ニューヨーク タイムズ 日本

朝日のこんな記事が湧き上がっていました。 米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)は5日、菅義偉官房長官が記者会見で東京新聞記者の質問に対する回答を拒むなど、そのメディア対応を指摘したうえで、「日本は憲法で報道の自由が記された現代的民主国家だ。 それでも日本政府はときに 独裁政権をほうふつとさせる振る舞いをしている」と批判した。 私はこの「独裁政権」という強い書きぶりが大変気になったので、元記事を調べてみました。 今回はまあ、ご意見求むという感じなので、お手柔らかにお願いできれば幸甚幸甚。 "authoritarian regimes" をどう訳すか ニューヨーク・タイムズの元記事は以下のものです。 2019年7月5日。 「この記者はたくさんの質問をする。 日本において、彼女は変わっているとみなされる」というタイトルにある通り、この記事は東京新聞の望月衣塑子記者のことを描いた記事です。 朝日や時事の記事だけ読むと、そのニュアンスがちょっと伝わりませんね。 まあ、自社の記者じゃないから扱いにくいでしょうが。 くだんの箇所は以下の通り。 Still, the government sometimes behaves in ways more reminiscent of authoritarian regimes, like denying some journalists access to news conferences, or using clubby relationships between politicians and media executives to keep reporters in line. 一方、日本政府は時々、記者会見へのジャーナリストの入室を禁止したり、政治家とメディアの親密な関係を利用して記者を同調させたりするなど、「 authoritarian regimes」をより彷彿とさせるようなふるまいをする。 朝日はこの「authoritarian regimes」を「独裁政権」と訳したわけです。 私はここに引っかかりました。 権威主義が一般的では 「authoritarian regimes」は、政治学的には「権威主義体制」と訳されることの方が多いと思います。 The rise of the populist authoritarians というフィナンシャル・タイムズの記事を、JBpressは 世界中で台頭するポピュリスト 権威主義者 と訳しています。 他には、上智大学の中野晃一氏が、自らがNYTに寄稿した「Under Prime Minister Shinzo Abe, Japan has taken a decidedly authoritarian turn. ニューヨーク・タイムズに寄稿。 バノンの「安倍はトランプに先立つトランプだ」という「褒め言葉」の通り、安倍政権下で日本の権威主義化が進んだこと、そしてそうした政治がアメリカの庇護下で起きてきたことを指摘しました。 ぜひご一読・拡散を。 アメリカのジャーナリスト、トーマス・フリードマンのNYTへの寄稿を朝日が自身の紙上に翻訳して載せた回が2回あります。 NYTの元記事は以下。 1つ目は2018年11月13日。 This system has produced high levels of innovation — Alibaba, Tencent, DJI — despite a censored internet, lack of a free press and an authoritarian government. この部分を、朝日は2018年11月23日付の紙上にこう訳しています。 この方法で、アリババ、テンセント、DJIなどによる、高度な革新的技術が生まれた。 インターネットの検閲があり、報道の自由がなく、 政府が権威主義的であるにもかかわらずだ。 こちらもフリードマンのもので、中国の21世紀における産業支配について述べられたパラグラフです。 It intends to use A. 朝日は期せずして今回取り上げた記事の前日、2019年7月5日に翻訳を載せています。 以下の通り。 AIを使って国内での 権威主義的支配を完全にしようとし、電気自動車と電池を使って前世紀の「古い石油」依存から脱却しようと考えている。 トランプ氏は、イランの 独裁者との間で結ばれた2015年核合意を一方的に破りながら、北朝鮮の 独裁者に対しては、米国大統領が約束を守ることを前提に、非核化に合意させようとしている。 同上 フリードマンのNYTの元記事では、「独裁者」の部分を「Authoritarian」ではなく、「Dictator」を使っています。 president will honor. 2回だけの例ではなんとも言えませんが、少なくとも「Authoritarian」を朝日は「権威主義」と訳したことがあることは事実です。 また、「独裁」と言う語と、どうやら区別して使っているようだ、とも見えます。 権威主義と独裁 先に引用したNYTの記事のように、独裁は「 Dictatorship」が普通でしょう。 NYTが、Dictatorship regime ではなく Authoritarian regime を使用したニュアンスをなんとか知りたいところです。 権威主義と独裁は何が違うのか、というところは諸家の意見が分かれそうなところですが、現代の比較政治学の観点においては、権威主義体制の一形態に独裁制がある、というところなんでしょうか。 金丸(2019)に記載されている政治体制の分類が見やすいので引用します。 「権威主義体制論の興隆と政治体制の分類枠組み」2019 P29 同上 P30 金丸は、民主主義体制か否かの二分法が「限界」に達したところで、「権威主義体制」のロジックが盛んになってきた、としています。 21世紀に入ってさらに権威主義体制がプレゼンスを増すと、今度は形容詞つきの権威主義体制論が相次いで発表され、もはやグレーゾーンではなく新たな権威主義体制として多くの政治学者の研究対象となった。 同上 P31 そして、近年では更に細分化された「選挙権威主義体制」と「競争的権威主義体制」が盛んに議論されており、現在の曖昧な民主主義体制は、権威主義体制の一類型になるのではないかということでしょう。 そして独裁もまた、その政治体制の違いがあるだけで、権威主義体制のひとつになる。 下位分類を多くしていくことに意味があるのかという批判もあるようですが、浅学な私が調べた限りではそんな様相に感じました。 権威主義者の台頭 恐らくにはなりますが、NYTが、日本政府のふるまいを「Authoritarian」と称したのは、昨今の権威主義者たちの台頭によるものではないでしょうか。 ヒトラーやスターリンのような、個人を中心とした「独裁」の形ではなく、昨今は、先述したような「選挙権威主義体制」のように、ルールに則った方法で権力を手に入れながら、その後は思うがままに行う、というような迂遠な形の民主国家の変化がある、と言われています。 これは新興国や途上国だけではなく、劣化した現代の民主国家にも見られる、つまり、アメリカもその例に入れている論者もいます。 さて、「Authoritarian regime」の出てくるNYTの当該記事の前段には、こう書かれています。 Japan is a modern democracy where freedom of the press is enshrined in the Constitution, which American occupiers drafted after the war. ジャーナリストが「 国民の敵」と非難されるような場所ではありません。 「国民の敵(enemy of the people 」とは、まさにトランプ大統領がよく口にする言葉です。 この言葉によって、アメリカのいろいろなメディアが名指しで批判されました。 このパラグラフの直後に、「日本は時々"Authoritarian regime"のようなふるまいをする」と出てくるのですから、このNYTの記事は、単純な日本の批判というよりは、アメリカの国の「権威主義的」現状を踏まえた、ちょっとした代理戦争のような形の書きぶりのように思えます。 そこにはかつての独裁者はいませんが、より厄介で複雑な形の権威が横たわっているのです。 「独裁」の意味は 上記のような考え方が正しいとするならば、朝日新聞が「Authoritarian regime」を「独裁政権」と訳すのは、決して間違いではありませんが、やや安直ではないでしょうか。 踏み込んで書くならば、そこには恣意的なニュアンスすら感じます。 過去1年間程度の朝日新聞紙上の「独裁」の語を見てみると、その用法は次のように分かれています。 海外のいわゆる「独裁者」及び「独裁政権」• 個人による「独裁」 大澤(2016)によれば、現代の日本で使われる「独裁」という語の定義は曖昧で、「教義化された「デモクラシー」の対立軸」として使われている、と述べています。 そして、日本では「独裁」は最悪の政治体制の一つ、として認識されています。 恐らく多くの日本人が「独裁」と聞いて思い浮かべるのは、ヒトラーのような、個人が権力を握った状態のことでしょう。 学問的に正しいかではなく、そのような語義を含む「独裁」という言葉を、「Authoritarian」に当てはめることは不用意ではないでしょうか。 確かに、「日本は権威主義的体制」と書いてもわかりにくいでしょうが、そこで言葉を選ばないことは結局、安倍政権を「独裁だ」「独裁じゃない」という議論に、意識してるかしてないかはおいとくとしても、足を引っ張られていると思うのです。 エクスキューズすると、朝日新聞などの「独裁政権」の訳が誤訳だと言いたいわけではありません。 脚注に記したように、そのような訳をするメディアも多々あります。 ただ、他の訳語も選べた中で、「独裁」という言葉を使ってしまうと、やはり「アベ政治は独裁!」の議論を意識せざるを得なく、「公正な」メディアとしては不適当なのではないかな、と思った次第で記事にしてみたわけです。 望月記者の行動は称賛やら罵倒やらがいろいろあるようですが、このような議論を起こせる事自体はやはり評価すべきではないでしょうか。 右にしろ左にしろ、日本のメディアはいかに党派性に左右されているか、ということがよくわかります。 彼女の行動について落ち着いて考えるには、ちょっとこの国は雑音が多すぎるようです。 賞賛も非難もあまり行き過ぎず、さわやかな気炎を吐くぐらいがちょうどいいですね。 : ちなみに初稿では「独裁 国家」と訳しており、これはさすがに誤訳だと思ったのか、しれっと現在は「独裁政権」にしています。 誤字ぐらいはサイレントでいいけど、更新日時は変えろよな、と思います。 (2019年7月6日09:00:17アーカイブ) : このことを記事にした他の2紙も、「独裁」という訳語を使っています。 時間的には時事が最初なので、朝日はそれに引っ張られたかもしれません。 : もちろん、辞書的には問題ありません。 権威[独裁]主義の; 独裁主義的な. 32点で130位を記録し「 独裁政治体制( Authoritarian regime)」国家として評価された。 Eiji Saito on his Retirement. Special Issu: Die and Mould Industry in Asia 創られた 独裁者 : プロパガンダの脅威 2 "Fake" Dictators : A Menace to Propaganda 2 「 立憲的独裁」の政治的動態 : ポルトガル・新国家体制下での大統領選挙を中心に The Political Dynamics of the " Constitutional Dictatorship" : The Presidential Elections under the Portuguese "New State" : 英語圏でも、この2つの語の意味の違いについてはしばしば質問されています。 : : この考え方は、いろいろな説のひとつだと思ってください。 権威主義を民主主義と全体主義の中間と見る考え方もあります。 民主主義と全体主義の間の中間形態が権威主義であり、その特徴は「限定された多元主義」です。 より具体的には、支配的な特定組織(政党、軍など)とは異なる政治主体の存在を許容する一方、結社や政治活動に強い制限を課す政治体制を指します。 現在世界に存在する非民主主義体制の大部分は、権威主義体制に分類することができます。 : なので、「権威主義」は「独裁」の下位互換ではないでしょう。 しかし、学問的にはそうであっても、字面的には逆転しているような印象を受けてしまいます。 : 特に、選挙で勝利を手にするためなら何でもする「選挙権威主義」体制、そして選挙後に支配者が法を無視して思うままの行動をとるようになる「非自由主義的民主主義」が主流になっていくだろう。 それによると、かつての独裁者は、敵対者を国外追放したり殺害したりしたが、いまの独裁者は「合法性というベールのうしろに抑圧を隠そうとする傾向がある」と指摘する。 すなわち、司法機関などを支配して対立相手を恣意(しい)的に罰し、訴訟によって報道機関を萎縮させ、選挙制度や憲法を変えて独裁体制を確立するのだという。

次の

ニューヨーク・タイムズ 世界の話題記事一覧

ニューヨーク タイムズ 日本

略歴 [ ] で、と・系の間に生まれ後アメリカへ移住した父親と、ので教鞭をとっていた母親の間に生まれた。 オレゴン州の高校で学校新聞の編集者を経験。 卒業後はの学部生を経て、でイギリスで法律を学んだ。 ニューヨーク・タイムズ紙に入社し、、、北京、の特派員や支局長を経験。 より紙上で執筆し、や、の人権問題を提起。 とくに2004年よりについての執筆で広く知られ、同社ブログでの執筆のほか、やでも情報を発信し、でも自身のチャンネルをニューヨーク・タイムズの名の下に開設している。 ピューリッツアー受賞 [ ] 妻のシェリル ウーダンとともに、のに関する報道で、報道部門国際報道賞を受賞した。 クリストフはにおける虐殺事件に関する執筆で、2度目の受賞となる論説賞を受賞した。 日本に関する記事 [ ] 1995年当時、東京支局長だったニコラス・クリストフは、で起きた米兵3人によるの直後、「日本女性が読む野蛮なコミック」と題して、同事件に触れて日本人が憤慨しているとした上で、「『レイプを称賛する』かのような、アメリカ人の感覚からするとエロティックというより病的な内容の女性向け漫画、を日本の女性の多くが読んでいる」との記事を掲載した。 ニコラス・クリストフが書いたニューヨーク・タイムズの記事にはほかに、「日本の夫婦には人生の良きときにも悪しきときも愛は不要」 、「コンピューター時代にいまだにキツネ憑きがさまよっている」 などがある。 日本の運動会では同時に手をつないで同時にゴールインするという記事も彼の手による。 1998年、一連の同氏の記事を見かねた在住の女性を中心とする7人が、これまでの日本関連記事から最も誤解の酷い10の記事を選んで検証・批判した『笑われる日本人 -- ニューヨーク・タイムズが描く不可思議な日本』を日米同時にし 、「米国メディアの日本報道に見る誤解」と題するパネルディスカッションを左派系の学者らを招い開催した。 上野は「米国が捏造する日本」、「米国だけが世界だなんて狭すぎる」と厳しく批判した。 また、同著の編集長であるはの取材にて「どの記事も、色眼鏡を通して日本を見ていることが問題だ。 全体像を見せることなく、センセーショナルな見せ物的報道をばらばらに報道されると、それが積み重なって『日本ってヘンな国だ』という認識が出来上がり、ステレオタイプを助長してしまう」と同紙の報道姿勢を厳しく批判している。 、コラムで「1972年にアメリカが沖縄の施政権を日本に返還したため、の問題で日本を助けるというばかげた立場をとるようになった。 米国は核戦争の危険を冒すわけがなく、現実的にを発動する可能性はゼロだ」と主張した。 またに関しては「はっきりした答えは分からないが、私の感覚では、中国に分があるようだ」と主張した。 さらに、同月20日のコラムで、日本総から送られた、尖閣諸島が歴史的・国際法上も日本の固有の領土であることを指摘した反論文を一部掲載した。 総領事館の広報センター所長は「そもそも尖閣諸島をめぐる領土問題は存在しない。 にもかかわらず、希薄な根拠をもとに中国に分があるような記述をしていたため、直接会って反論した」と話した。 2011年に再び、尖閣諸島の領有権について、「私の見解は、中国の領有権主張には揺るぎない歴史的根拠があるというものだ」とのコラムを掲載した。 これに対し、は抗議を申し入れ、外務報道官の反論文が27日に掲載された。 台湾の国立政治大学の研究員Han-Yi Shawの論文を紹介する形で、「私は中国の立場に同情的だ」「1895年に日本が事実上中国から戦利品として島を盗んだことを示す政府文書はとても興味深い」などと書いた。 これに対して在ニューヨーク日本は、「歴史的にも国際法上も、尖閣諸島は日本固有の領土」であり「尖閣諸島が戦利品だという議論は全く根拠がない」という首席領事名の反論を投稿した。 他の国際問題について [ ] 19世紀末から20世紀初頭に、の少数民族であったの多くが、強制移住、虐殺などにより死亡したとされる事件 について、オスマン帝国政府による組織的・計画的な ジェノサイドであったとし、その後継国であるトルコ政府と、その組織性・計画性を否定する政府見解を激しく批難。 にトルコ政府に対し国際的圧力をかけるよう呼びかけた。 アメリカにおける医療制度の酷さを論じるコラムにおいてクリストフは、「アメリカの新生児が1年以上生き延びる可能性は何とあのよりも低い」、「アメリカの子供が5歳までに死ぬ可能性はなんとの子供の2倍である」、「これほど医療に金を費やしているにも関わらず、統計的にその医療サービスはのそれよりも悪い」などとスロベニアをあたかも悪質な医療サービスの代表国であるかのように多用し、スロベニア総領事代理から抗議を受けている。 において、の設定と、米国の軍事介入を呼びかけた。 2013年1月の中国に関する報道で、を「改革者」と呼び、習政権によるの遺体をからの移出や民主化活動家ののなど、大規模な経済的・政治的改革を行うと予測した。 その他 [ ] 、の信奉者であり、の運動が過酷な雇用環境で低賃金で労働者を酷使する 多国籍 企業、日本ではブラック企業と呼ばれている Sweatshop の存在を問題化した際には、や妻の伍潔芳と共にを擁護する論陣を張った。 脚注 [ ]• ジパング編集部編 『笑われる日本人 : ニューヨーク・タイムズが描く不可思議な日本(Japan made in U. )』 ジパング(New York), 1998. 大竹 秀子, Charles Burress , Jocelyn Ford 他 , , 1998年12月号 通号 44 , P. 140-154. , , 12 18 通号 588 , p. 25-27, 1999年4月19日. ISSN 0914-8833. 2010年9月21日 2010年11月28日, at the. 産経新聞 2011年1月28日 2011年1月31日, at the. New York Times 2012年10月4日閲覧• 朝日新聞 2012年10月4日閲覧• The New York Times, 2007年4月12日• Letters, 2009年9月19日• The New York Times, 2011年3月10日• Nicholas Kristof. 2017年7月31日閲覧。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• (ニューヨーク・タイムズ上のブログ)• (Youtube ニコラス・クリストフのチャンネル).

次の

天皇陛下即位描いた「ニューヨーク・タイムズ」風刺画に抗議の声

ニューヨーク タイムズ 日本

質問とは無関係の事を語るような斜め上の回答を避けることと、読解力のない方からの支持は、むしろ有難迷惑なので確認しておきます。 「ニューヨーク・タイムズ」は、1896年にドイツ系ユダヤ人アドルフ・オックスに買収されています。 そして、ユダヤに買収されたメディアは他にも多く存在します。 回答A:反日であるユダヤ資本の会社である。 そうなった場合、ドイツでも同様に「ホロコーストの否定・見直し」が行われる可能性があります。 そして、ホロコーストが否定されたり、現在とは違った見解が示された場合、彼らの「被害者利権」や「イスラエル建国の正当性」が崩壊しかねません。 これは、韓国や中国の利益(様々な日本の戦争責任)とも一致しています。 アメリカの親韓議員はユダヤ組織の支援も受けています。 「慰安婦決議案」を提出したマイク・ホンダ議員は99年成立「ヘイデン法」の共同提案者でもあり、その州法にはユダヤ人団体が深く関与しています。 【ヘイデン法】 (ヘイデン法とは、1999年にアメリカ合衆国カリフォルニア州州法として提案され可決された戦時強制労働補償請求時効延長法のこと[1]。 第二次世界大戦中のナチスや日本の強制労働の賠償を可能にする。 2001年9月17日にサンフランシスコ連邦地方裁判所が[2]、2003年1月21日にサンフランシスコ連邦高裁がヘイデン法は憲法違反と司法判断した[3][4]。 ホンダ議員とナカノ議員の対立は、日系アメリカ人社会の内紛ともなり、ダニエル・イノウエ上院議員がナカノ議員側を支持した[10]。 マイク・ホンダ議員は中国系の反日団体の世界抗日戦争史実維護会から多額の献金を受領し緊密な連携をとっているとして、ナカノ議員はホンダ議員が対日非難活動を行う理由は「選挙キャンペーンでの政治献金の問題だ」と語っている[10]。 ) そして、韓国の財閥はユダヤ資本に支配されています。 韓国経済の60%は、10社の財閥に支配されていますが、その財閥は株の半数を外資 ユダヤ資本 に握られています。 【日本に圧力をかけるシオニスト組織「SWC」】 一方で、このような同胞の行為を批判するユダヤ人もいます。 (「ホロコースト産業」に従事するシオニストたちは、ホロコーストを 脅迫の道具に使い、被害者の数を水増しするなどして 多額の補償金を得ているうえ、それが一般のユダヤ人被害者の手に十分渡らず、団体幹部たちの高額の給与や、イスラエルの入植政策などに使われている。 ) 以上から、彼らの反日は自分達の利益の為です。 そして、その正当性の根拠は、連合国による戦後秩序の正当性(敗戦国の戦争責任や戦争犯罪)においています。 しかし、私は日本に負うべき「戦争責任」などは存在しないと思っています。 (理由は後述) ドイツの「ホロコースト」についても、虐待や差別はあったかもしれませんが、その目的が「民族の抹殺」であり、実際にそのように行動(虐殺)したかについては、疑問に思っています。 youtube. (日本以外では上手くいっていないようですが) Q 日本人は細菌や不潔なことに対して敏感な民族だと思います。 マスコミはそんな日本人の不安を駆り立てる報道して、日本中がパニック状態になっています。 全国民がマスクを買い求め、マスクがないといってパニックに。 会社では社員にマスク着用を義務づけ、電車の中はマスクだらけ。 国民総マスクの日本を、普段マスクをしない外国人が面白がっています。 そこに早速、便乗してきたのがアメリカの「反日マスコミ」である「ニューヨークタイムズ」です。 マスクばかりしている日本人は、SARSなどの感染症に特に偏執的だと茶化してみせています。 nytimes. html? マスコミはそんな日本人の不安を駆り立てる報道して、日本中がパニック状態になっています。 全国民がマスクを買い求め、マスクがないといってパニックに。 会社では社員にマスク着用を義務づけ、電車の中はマスクだらけ。 国民総マスクの日本を、普段マスクをしない外国人が面白がっています。 そこに早速、便乗してきたのがアメリカの「反日マスコミ」である「ニューヨークタイムズ」です。 マスクばかりしている日本人は、SARSなどの感染症... A ベストアンサー インフルエンザの予防と言う意味での国民総マスクなんて、笑われて当然です。 インフルエンザは、細菌ではなくウィルスで、マスクの予防効果は、限りなく零に近いのは常識です。 マスクの効果は、罹患者の咳やくしゃみでウィルスが飛び散るのを防ぐ効果は大きいのです。 勿論自然治癒と言った例外もあるはずで、人にうつしたくない方もマスクをしている方が多いはすです。 殆どのマスクは予防に役立たないことを知るべきです。 それに人間は細菌と共生していて、抗菌グッズを使わねばならない方は、何らかの障害を持った方なのです。 清潔好きと、細菌嫌いは意味が違うのです。 大腸菌なんて、他人の奴を定期的に体内に取り入れた方が良いとされているのほどです。 こんな訳で、無駄な予防の努力を笑っているのでしょう。 うつさない努力の日本人の麗しさが理解出来ない記者が記事を書いたのです。 だからなのか今回の患者数が最も多いのが、USAと言う事なのかも知れません。 歪曲された記事が、教科書に記載される事は多く、非常に腹立たしい事です。 慰安婦問題や、南京大虐殺なんて悪の権化の日本人なんてなっていますが、殆ど新聞記事が原因であるのは当時の人は理解しています。 戦友を失った悲しさと、敗戦の悔しさが当時の人々を沈黙させてしまったのです。 記事が歴史となってしまう例は多く、間違った記事の訂正は片隅に載るだけで、訂正などとは程遠いものです。 新聞社の猛反省を促します。 これを自覚して尚、間違えていないと言うなら、新聞の傲岸さは極まれりと言った事です。 現在ではNETと言う反論の場所があるので、新聞の影響は今後縮小し、歴史上の意義を失うかも知れません。 インフルエンザの予防と言う意味での国民総マスクなんて、笑われて当然です。 インフルエンザは、細菌ではなくウィルスで、マスクの予防効果は、限りなく零に近いのは常識です。 マスクの効果は、罹患者の咳やくしゃみでウィルスが飛び散るのを防ぐ効果は大きいのです。 勿論自然治癒と言った例外もあるはずで、人にうつしたくない方もマスクをしている方が多いはすです。 殆どのマスクは予防に役立たないことを知るべきです。 それに人間は細菌と共生していて、抗菌グッズを使わねばならない方は、何らかの障害... A ベストアンサー 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。 リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。 seesaa. html 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共和党政策が旧保守主義 右派リバタリアン で、それ以後を新保守主義 ネオコン といい保守と名乗っていますが、実態は左派リバタリアン 左派が保守に転換し、現状を保守する為に革新的手法 戦争など過激な改革を許容する を執ると言う主義 です。 自由主義の反対となる統制主義も左派だと共産主義や社会主義、比べると右派に成るイギリスの「ゆりかごから墓場まで 高福祉政策 」などが有ります。 簡単に言うと、積極的に変えようとするのが左派で、変わらないように規制するのが右派です。 そして変える方向 変えない方向 が自由か統制かで分類できます。 日本には明確に保守を謳う政党が無いので、イメージがわき難いのかも知れませんが…。 自民・民主党は中道で、共産党は左派統制主義ですから…。 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。 リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。 seesaa. html 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共... Q 遅ればせながら新聞をこれから取ろうかと考えております。 政治に疎いというか全くに近く知識がありませんので、分かりやすく回答していただけるとありがたいです。 昨年チラッと聞いたのですが、テレビ局とか新聞社とか政治というのは繋がりがあって派閥みたいな対立の関係もあるって聞きました。 そこで考えたのが(例えですが) ・テレビ朝日は「朝日」が付くから朝日新聞と関係あるのか?ってことや ・日本テレビは徳光和夫氏が「ジャイアンツが~」って言っているから読売新聞?? とかってイメージです。 父親が生きているときに「政治ってどうやったら詳しくなれるの?」って子供心に聞いたことがあります。 そのとき父は「新聞をくまなく読んでいれば自ずと解るようになる」って言っていました。 しかし未だにニュース番組で政治の話題になるとチンプンカンプンでそれが苦痛です。 新聞を取るときにどこを選べばいいかというポイントなどアドバイスをいただければ幸いです。 遅ればせながら新聞をこれから取ろうかと考えております。 政治に疎いというか全くに近く知識がありませんので、分かりやすく回答していただけるとありがたいです。 昨年チラッと聞いたのですが、テレビ局とか新聞社とか政治というのは繋がりがあって派閥みたいな対立の関係もあるって聞きました。 そこで考えたのが(例えですが) ・テレビ朝日は「朝日」が付くから朝日新聞と関係あるのか?ってことや ・日本テレビは徳光和夫氏が「ジャイアンツが~」って言っているから読売新聞?? とかってイメ... yomiuri. yomiuri. 基本的に自民党支持、改憲支持である。 新自由主義経済政策や靖国神社における歴史認識に対しては批判的である。 政府の政策に関し、政策分野によっては(改憲問題、防衛政策など)、はっきり社の見解を打ち出すのが特徴である。 asahi. asahi. html 一般的に左派・リベラル言論の代表紙である。 保守派からは左翼的、自虐史観的、中国の政策や北朝鮮の独裁政治に対する批判の欠如が問題視される傾向にある。 実際の内容を見ると、中国・北朝鮮に対してほぼ無批判である。 しかしながら記事ごとの思想的差異はかなり狭い。 mainichi. yahoo. 昔から社内に派閥があり、様々な考えを持った記者を抱えていることが影響していると言われている。 多様な見解を掲載できるという意味でプラスに働いているともいえる。 マイナスの側面としては、政府に対して、批判・賛同するわけでもなく、玉虫色に論評するだけの記事も少なくない。 漫画・アニメ・ゲーム愛好者からは嫌われる傾向が強い。 nikkei. nikkei. html 経済紙である為、一般紙に比べて経済や産業関係記事の比重が高い。 日経の記事によって株価や業績が大きく左右されうるため企業は日経の取材には神経を尖らせていると言われる。 企業によっては度を超した懐柔工作を行うことで、提灯記事を書かせたり、不祥事をもみ消すことなどを行っている。 sankei. html 大阪、奈良ではシェア20%を超える主要な新聞であり、この2地域で発行部数全体の半分近く 約100万部 を占める。 日本国内外の記事を共同通信社や時事通信社からの配信に頼る事が多い。 そのため多くのブロック紙、地方紙と同じ内容も見受けられる。 ネット上(特に2ちゃんねる)において、愛国的新聞として比較的安定した支持を受ける数少ないマスメディアの1つである。 紙面ではニューヨーク・タイムスの「左寄り」評論への不満をたびたび表明する。 (Wikipedia より抜粋) 全国紙以外にも中日新聞グループ、北海道新聞、西日本新聞のブロック紙3社連合もあります。 記事の相互利用、海外取材網の相互補完、合同企画連載記事、囲碁の天元戦・将棋の王位戦共同主催などの交流を深めている。 特に、中日グループの販売部数は毎日新聞に次ぐ業界4位で東海、北陸、関東、近畿とブロック紙としては広域にカバーしています。 また、関連放送事業に準キー局を含むTV局も16社あります。 ブロック紙3社連合の特色は、3新聞とも論調はリベラルですが、地方企業や行政寄りな地方紙らしい部分もあります。 chunichi. hokkaido-np. nishinippon. まさに、ある一定の思想や主張を特徴・特色に持つ新聞だと思います。 私が見た全国紙の政治的・思想的特色は下のようになります。 左から右までが思想的幅で中心が私の目線です。 産経新聞を中道左派と見る人も結構いると思われます。 日本テレビの筆頭株主は読売新聞グループ本社。 テレビ朝日の筆頭株主は朝日新聞社(約34%)。 テレビ東京の筆頭株主は日本経済新聞社(約34%)。 フジテレビはフジテレビは産経新聞と同じフジサンケイグループです。 TBSは毎日新聞社と協力関係であるが、毎日新聞社が経営危機の克服のためTBS株式の大部分を放出し、両社の立場は対等です。 各TV局の特徴や特色も、それぞれ関連した新聞社とよく似ています。 ただ、最近のTBSは捏造と思われても仕方の無いような報道や放送を繰り返し、テレビ朝日よりも更に左よりのTV局という感じがします。 私のお勧めは、比較的偏りなく読める 『読売新聞』 が良いと思います。 しかし、金銭的余裕があるのなら 『産経新聞』 と 『朝日新聞』 を購読して読み比べてみるのも面白いと思います。 yomiuri. yomiuri. 基本的に自民党支持、改憲支持である。 新自由主義経済政策や靖国神社における歴史認識に対しては批判的である。 政府の政策に関し、政策分野によっては(改憲問題、防衛政策など)、はっきり社の... Q 最近(本当にここ数日なのですが)日経新聞(アメリカ版)とウォールストリートジャーナル(WSJ を読み始めました。 日経とWSJ2紙読んで、日本の視点、アメリカの視点を比べたいと思っています。 (在米なので、2国間のバランス感覚を身に付けたいんです) 日本でも各紙によって視点が違うと思いますが、WSJはどんな視点に立った記事が特徴なのでしょうか? (最近のトヨタリコール問題を読み比べると、WSJではトヨタバッシングが結構ひどいな。。。 という印象を受けましたが、これはWSJだからでしょうか? それとも、アメリカの論調を代弁しているのか、判断がつきません) 他の主要全国紙にどのようなものがあるのか、またその特徴をご存知の方いらっしゃったら教えてください。 また、アメリカで比較的意見に偏りのない新聞がありましたら教えてください。 よろしくお願いします。 A ベストアンサー WSJの論調は政治的には伝統的な保守派、経済的には典型的な市場原理主義といわれます。 WSJは経済紙なので経済の記事が中心ですが、日本に例えて言えば、政治的には読売新聞に近い立場だと思われます。 去年、読売新聞とWSJが提携を開始したのもこんな背景があってこのとでしょうか(私の推測に過ぎませんが) なので、WSJは日本でいうと、日経新聞と読売新聞を足したような性格と見て大はずれではないと思います。 ご質問のトヨタ問題に関しては、一般論としては、アメリカは自動車産業で日本に抜かれたという、アメリカにしてみれば屈辱的な歴史があるのと、自動車貿易摩擦の際に激しい日本バッシングがありました。 そのため、トヨタの現地工場がある地域の地元紙でもない限り、アメリカの新聞が日本の工業の失敗を擁護することはあまりないのではないかと思います。 また、「WSJは政治的には保守派だ」と一口にいっても、アメリカの保守には二面性があって、アメリカの一国主義を目指す本当の伝統的な考え方と、第二次大戦後に芽生えた世界覇権を目指す保守主義があります。 (後者は政治的にはネオコン、経済的にはネオリベとか言われ、ブシュシュ大統領の政策がこれに近いものでした) なので、ここを見誤ると、トヨタバッシングをはじめとした日本叩きの見え方も変わってくると思います。 WSJがこの2つの保守のどちらに属するか分かりませんが、イラク戦争やアフガン戦争の記事を見てみればなんとなくわかるのではないでしょうか。 アメリカの他の新聞についてですが、ご存知かと思いますが、アメリカには日本と違って全国紙というものが基本的にはなく、WSJと同じグループに属するUSAトゥデイという大衆紙がアメリカで唯一の全国紙です。 影響力が大きいという意味での有力紙の一部には、以下のようなものがあります。 ・ニューヨークタイムズ:論調はリベラル。 日本の自民党政権を批判する記事をたびたび載せていた。 朝日新聞と提携。 ・ワシントン・ポスト:論調は保守。 ウォーターゲート事件でニクソン大統領を辞任に追い込んだことで知られる。 読売新聞と提携。 ・ロサンゼルス・タイムス(読売と提携) ・シカゴ・トリビューン(読売と提携) 既に述べたとおり、アメリカにはアメリカの全国民の意見を代表するような全国紙というものは基本的にはないので、「日本の視点、アメリカの視点を見比べたい」ということなら、今読んでいる2紙のほかに上に挙げた新聞などもたまに読んでみる必要があるかと思います。 とくに、ニューヨークタイムズやその地域の地方紙なんかは、日本の視点との違いが出やすいのではないかと思います。 WSJの論調は政治的には伝統的な保守派、経済的には典型的な市場原理主義といわれます。 WSJは経済紙なので経済の記事が中心ですが、日本に例えて言えば、政治的には読売新聞に近い立場だと思われます。 去年、読売新聞とWSJが提携を開始したのもこんな背景があってこのとでしょうか(私の推測に過ぎませんが) なので、WSJは日本でいうと、日経新聞と読売新聞を足したような性格と見て大はずれではないと思います。 ご質問のトヨタ問題に関しては、一般論としては、アメリカは自動車産業で日本... A ベストアンサー こんな記事があります。 『鳥越俊太郎氏 自民党憲法改正草案のメディア規制条項は暴挙』(引用:ポストセブン 参考URLどうぞ) 要は、「言論の事由」を盾に好き放題やり放題、あまりにヒドい独善的なマスコミに一定のルールを設けましょうって主張を、現安倍首相が前の選挙でやってた訳です。 コレを快く思わないマスコミ関係者が『言論統制』などとヒステリーを起こしてるってのが実情。 『言論の自由(正義のマスコミ)vs 言論の事由を奪う為政者(悪い安倍)』という素敵なテーマが反体制マインドを刺激しまくってノリノリな訳です。 色々書かれてる方がいますがこの件右向き左向きとか関係無いですねぇ、本音はもっと『自分勝手な都合』だと思います。 ちなみに鳥越俊太郎は露骨な左思考ですけどね。 news-postseven. html Q 在日コリアン排斥デモの横断幕破る 器物損壊容疑で男を逮捕 警視庁 2013. 8 20:02 [事件・トラブル] 東京・大久保の路上で在日コリアン排斥などを訴えてデモ活動をしていたグループの横断幕を破ったとして、警視庁新宿署は8日、器物損壊の現行犯で、男を逮捕した。 同署によると、男は黙秘し、氏名も不詳という。 逮捕容疑は、8日午後0時20分ごろ、新宿区大久保の路上で、グループ側が用意した「東京韓国学校の補助金全て撤廃」などと書かれた横断幕(時価約5千円相当)を破った疑い。 デモ活動をしていたのは「在日特権を許さない市民の会(在特会)」などで、男は沿道から駆け寄り、参加者らが持っていた横断幕を突然引きちぎり、デモを警戒していた機動隊員に取り押さえられた。 同署によると、男は在特会などの排斥デモ活動に反対する「レイシスト(人種差別主義者)をしばき隊」と称するグループの関係者とみられるが、身分を証明する所持品がなく、男の住所や年齢、氏名などが確認できていないという。 「レイシストをしばき隊」ってどのような組織なのですか? ご教示を A ベストアンサー >「レイシストをしばき隊」ってどのような組織なのですか? 回答 野間易通氏が在特会に対抗するために結成した団体。 名前の通り、在特会に対抗する為にレイシストをしばくためのグループとして組織されたらしいです。 おもな活動は、在特会(在日特権を許さない市民の会)のデモへの抗議(と自称している何か)等です。 しかし、在特会の活動は在日特権(日本人に対する逆差別)に対する反対運動です。 それがどういうわけか、しばき隊にとっては外国人を非難する者はすべて「レイシスト」となるらしいです。 彼等の抗議の内容ですが、 正式に許可を得てデモをしている在特会に対して、罵声を浴びせたり、相手に手の甲を向けながら特定の指のみを立てるような行為を行うなど、社会生活で行った場合には問題になるような行動が多く、私はどちらがレイシストか判断しかねています。 goo. その理由ですが、野間氏と中核派は「首都圏反原発連合」という団体にも参加していますが、しばき隊がデモのときこの団体のマークの入ったスピーカーを使用しています 非合法活動も行っているらしいです。 2013年夏の参院選で、韓国に厳しい姿勢の候補者のポスターが大量に破られる事件が起っていますが、しばき隊のメンバーがネットで反抗を呟いています。 hoshusokuhou. html 反天連(反天皇制運動連絡会)との関係も噂されています。 新大久保での「在日外国人犯罪追放デモ」(平成25年6月30日)を妨害したしばき隊メンバーが、8月15日の反天連デモにも参加しています。 wikipedia. 略称は「反天連」) >「レイシストをしばき隊」ってどのような組織なのですか? 回答 野間易通氏が在特会に対抗するために結成した団体。 名前の通り、在特会に対抗する為にレイシストをしばくためのグループとして組織されたらしいです。 おもな活動は、在特会(在日特権を許さない市民の会)のデモへの抗議(と自称している何か)等です。 しかし、在特会の活動は在日特権(日本人に対する逆差別)に対する反対運動です。 それがどういうわけか、しばき隊にとっては外国人を非難する者はすべて「レイシスト」となるらしいです。 A ベストアンサー >日本の場合THAADは無くても良いのですか? はい、必要ありません。 一方、日本が Aegis 艦に搭載している SM3 Standard Missile 3 161B Block IA は射程 400km、射高 250km で、先端部が Kinetic 弾頭と呼ばれる高機動弾頭になっているように、空気のない大気圏外での超高速運動能力を持たせたものとなっていて、THAAD よりも高性能な Missile になっています。 youtube. be 最初に海上自衛隊に配備された「こんごう」の SM3 161B Block IA は高度 160km を飛行する模擬弾道弾の直撃撃墜に成功していますし、現在は日米共同開発になる Block IIA の地上試験を終えて来年に飛行試験、2018 年には現在の Block IA を Block IIA に置き換える予定になっています。 youtube. 相手国が日本に向けて発射する Missile の Course は決まっていますので、日本列島近海に配置する Aegis 艦の数も数隻あればよく、既に海上自衛隊は上記「こんごう」型 Aegis DDG Missile 護衛艦 を 4 隻、次級の「あたご」型 Aegis DDG を 3 隻運用していますので、2~3 隻が定期整備中であっても常時 4~5 隻は緊急配備に就くことができるようになっています。 >日本の場合THAADは無くても良いのですか? はい、必要ありません。

次の