東京 湾 波 予報。 海の天気

気象庁

東京 湾 波 予報

千葉全域 8月13日 木 17:40更新 夕方は南~南東風が吹いていたが、北エリアではモモ~ハラ位、南エリアでは最大ムネが残っており、場所を選べば今ひとつながらサーフィンできていた。 【千葉北】 高気圧からの吹き出しによるウネリなどで、前半を中心にサイズは残りそうだが、今日に比べ多少ウネリが弱まる可能性はあり、南東風が吹き始めると影響を受ける場所が増えるため、まずは早めのサーフィンが無難。 【千葉南】 高気圧からの吹き出しによるウネリなどで、前半を中心にサイズは残りそうだが、今日に比べるとウネリが弱まる可能性はあり、南東風が吹き始めると全体的に影響を受けると思われるため、まずは早めのサーフィンが無難。 18:51) 伊勢・和歌山 8月13日 木 17:00更新 夕方にかけてもウネリは強まらず、国府の浜周辺はヒザ程度、和歌山・磯ノ浦はヒザ~モモ程度で、どちらもかなり物足りない状態だった。 【伊勢】 ウネリは弱い状態が続き、南風が吹き始めてもサイズが上がることは考えにくいため、大きな変化はなさそうだ。 20:27) 【磯ノ浦】 前半は現時点のウネリが弱まり、南西風が吹き始めても面がザワつく程度となりそうなので、サイズの小さい状態が予想される。 20:52) 新島 8月13日 木 17:50更新 令和2年08月13日16時50分気象庁予報部発表 東京地方では、13日夜のはじめ頃まで低い土地の浸水に警戒してください。 西日本から東日本は、高気圧に緩やかに覆われています。 東京地方は、曇りや雨で、雷を伴って激しく降っている所があります。 13日は、気圧の谷や湿った空気の影響により、曇りや雨となり、雷を伴って激しく降る所がある見込みです。 伊豆諸島では、雨や雷雨となる所があるでしょう。 14日は、高気圧に緩やかに覆われますが、気圧の谷や湿った空気の影響により、曇りで日中を中心に晴れとなるでしょう。 また、多摩西部では大気の状態が不安定となるため、昼過ぎから雨や雷雨となる所がある見込みです。 伊豆諸島でも、雨や雷雨となる所があるでしょう。 【関東甲信地方】 関東甲信地方は、曇りや晴れで、雨が雷を伴って非常に激しく降っている所があります。 13日は、高気圧に緩やかに覆われますが、気圧の谷や湿った空気の影響により、曇りや晴れとなるでしょう。 大気の状態が非常に不安定となっているため、雨や雷雨で、非常に激しく降る所がある見込みです。 14日は、高気圧に緩やかに覆われますが、気圧の谷や湿った空気の影響により、曇りや晴れとなるでしょう。 午後は大気の状態が不安定となり、雨や雷雨で、激しく降る所がある見込みです。 関東地方と伊豆諸島の海上では、13日から14日にかけて、うねりを伴って波がやや高いでしょう。 また、所々で霧が発生する見込みです。 船舶は、視程障害に注意してください。

次の

海の安全情報(沿岸域情報提供システム)

東京 湾 波 予報

西部では、13日夜のはじめ頃まで河川の増 水に注意してください。 西日本から東日本は、高気圧に緩やかに覆われています。 神奈川県は、曇りや雨で、雷を伴い激しく降っている所があります。 13日は、高気圧に緩やかに覆われますが、気圧の谷や湿った空気の影響により、曇りでしょう。 大気の状態が不安定となっているため、雨や雷雨となり、夜のはじめ頃まで激しく降る所がある見込みです。 14日は、高気圧に緩やかに覆われますが、気圧の谷や湿った空気の影響により、曇りで朝から昼過ぎは晴れるでしょう。 午後は大気の状態が不安定となり、夜のはじめ頃まで雨の降る所があるでしょう。 西部では雷を伴う所がある見込みです。 神奈川県では、熱中症の危険性が極めて高い気象状況になることが予想されます。 外出はなるべく避け、室内をエアコン等で涼しい環境にして過ごしてください。 神奈川県の海上では、13日から14日にかけて、多少波があるでしょう。

次の

全国の波情報(無料)&波予想・波予報・動画|波情報サーフィンBCM

東京 湾 波 予報

[画像のクリックで拡大表示] ある年の夏、東京・お台場のホテルで夏の日を過したことがある。 折しも、関東の南の海上で熱帯低気圧から格上げになったばかりの台風が、首都圏へ真直ぐ狙いを定めていた。 ディズニーランドやお台場海浜地区での休日を楽しみにされていた方々には申し訳ないが、僕は怪しい黒雲が駆け出し始めた空を眺め、独りニンマリ微笑んだ。 海の見えるテラスへと続くガラス戸が、風にあおられバタンと大きな音を立てて閉まる。 いつもなら気持ちの良い朝食会場となるはずの屋外の椅子やテーブルを、ホテルの従業員が慌ただしく片付けていた。 風が強まるにつれ、普段は穏やかな東京湾にも白波が立ち始める。 空の低いところを駆ける黒雲は数を増す。 それは、台風の外側を反時計回りに駆ける先ぶれの雲だ。 ジッと雲を眺めれば、いかにも人相が悪い。 それは『鬼平犯科帳』に登場しそうな、盗人集団の手下といったところだ。 黒雲に気をとられているうちに、いつしか青空が鉛色に変わる。 ブーンと低震動でホテルの大きな窓を揺らす突風の中に、ポツリ、ポツリと雨粒が交ざりだす。 次第に雨粒は圧倒的な数となり、ザーッと窓を打ちつける。 FEATURES of THEME テーマ別特集• 激痛に襲われる「急性膵炎」や、発見しにくく5年生存率が極めて低い「膵がん」など、膵臓の病気には厄介なものが多い。 今回は、膵臓という臓器の役割や、膵臓の代表的な病気である「膵炎」「膵がん」の怖さ、早期発見のコツをまとめていく。 中高年にさしかかった男性にとって、病気が心配になる臓器の1つが「前立腺」だ。 前立腺の病気のツートップ、前立腺肥大症と前立腺がんは、いずれも中高年になると急増する。 前立腺肥大症は夜間頻尿などの尿トラブルの原因になり、前立腺がんは、進行が遅くおとなしいがんと思われているが、骨に転移しやすいという特徴があり、怖い一面もある。 今回のテーマ別特集では、前立腺の病気の症状から、具体的な治療法までを紹介していこう。 健康診断で多くの人が気にする「コレステロール」。 異常値を放置すると動脈硬化が進み、心筋梗塞や狭心症のリスクが高まっていく。 数値が悪くても自覚症状がないため、対策を講じない人も少なくないが、異常値を放置しておいてはいけない。 では、具体的にどのような対策を打てばいいのだろうか。 今回のテーマ別特集では、健診結果のコレステロール値の見方から、具体的な対策までを一挙に紹介していこう。

次の