ウ ん こ 出 したい。 シャウエッセンに負けない上手いウインナーを3つ紹介したい(2019年3月21日カル〇スブログ②)

ゲーム中のセリフをOCRで取得したい

ウ ん こ 出 したい

ウェビナー(Webinar)は、ウェブ Web とセミナー Seminar を組み合わせた造語であり、Webセミナーやオンラインセミナーとも呼ばれる。 インターネット上で行なわれるセミナーそのもの、もしくはインターネット上でのセミナーを実施するためのツールを指す。 出典:wikipedia 要は、 webで行うセミナーです。 昨今の働き方改革の波や、新型コロナウィルス対策として在宅勤務が浸透しつつある今、webでセミナーを行うことが一般的になっています。 zoomによるウェビナーを成功させる7つのポイント それでは、普段私が注意している、「ウェビナーを成功させる7つのポイント」を紹介します。 ポイント1:ウェビナー用の設備を準備 いきなり設備投資の話になります笑 ウェビナーを行う際は、しっかりとウェビナー用の機器を準備するようにしましょう。 カメラ付きPC一台で行けるんじゃない? と考えている人はダメです! 今すぐ考え方を改めましょう! 極論、ウェビナーで伝達できる情報は「映像」「音声」この2つのみですが、この2つの品質を上げるだけで受け手の印象は全然違います。 特に私が気にしている機器は以下。 マイクスピーカー これは言うまでもないですね。 PCに付属のマイクは音質が良くない場合が多いので、専用のマイクスピーカーを必ず準備しましょう。 詳細については以下の記事をご参照ください。 背景 お互いの顔が分からない状態で行うウェビナー。 少なくとも、開催者(講演者)の顔を映すのは必須です。 が、不特定多数の方に自宅の汚い部屋を映すというのも考えもの。 そこでzoomの仮想背景機能を活用するわけですが、この機能、 背景が同一色でないとうまく有効になりません。 例えば• 壁は白• ドアは茶色• カーテンはベージュ というような部屋では、うまく仮想背景が機能しないのです。 対応策は3点。 zoomの設定を変える ハイスペックPCの場合、zoomの設定を変えることで対応可能です。 ポイント2:Snap Cameraで「お化粧」 不特定多数への配信時に、講演する自分の印象を残してもらうためには、ある程度の「お化粧」は必要です。 自分の肌色が綺麗に映るようなエフェクトを掛けましょう。 具体的な方法は以下の記事に記載しています。 ポイント3:1時間前後に収める 既に常識となりつつありますが念のため。 ウェビナーのスケジュールは、 最大でも1時間前後に収めましょう。 実際にやってみると分かります。 我々日本人はまだまだweb会議に慣れていないようで、1時間もやると疲れて、集中力が切れてしまうのです。 更に、1時間以上のウェビナーとなると、参加する側もだいぶ構える必要があります。 私が好きなアジェンダは以下のような感じ。 講演者のブラウザやweb会議アプリケーション• 講演者のPC、マイク、カメラ• 講演者のネット回線 など 理由は全く分かりませんが、参加者が多ければ多いほど、何かしらの障害が起きるのがウェビナーの怖いところ。 そのため、講演側は進行役1名、スピーカー1名の最低2名体制にし、 スピーカーに問題が発生したらすぐにバトンタッチできるようにしておきましょう。 また、スピーカーの声が聞こえないなど、スピーカー自身が気づかない障害が発生した際も、同僚が視聴側にいればすぐに気づくことができます。 合いの手を打つことでテンポが良くなる 障害時のバックアップを気にしなければ、スピーカー1人でウェビナーを実施することは可能です。 ですが、スピーカー1人だけで行うと、どうしてもワンパターンで、一方的に話すだけ、という空気になりがち。 進行役を1人つけるだけで、ウェビナー全体のテンポが良くなります。 私が好きな役割分担は以下です。 冒頭あいさつ、会社案内:進行役• セミナー本編:スピーカー• ポイント5:開始前はBGMを流す ある程度余裕をもってウェビナーを開始しましょう。 例えば13:00開始の場合、12:45頃からはアクセスできる状態にしておきます。 その際「〇〇〇のご紹介」といったウェビナーの表題を表示させることはもちろんのこと、併せてBGMも流しておきましょう。 BGMが無いまま「〇〇〇のご紹介」だけを画面に表示していると、殺伐とした変な空気になってしまいます。 詳細は以下の記事に記載していますので、こちらもどうぞ。 ポイント6:自己紹介は視覚に訴える 顔の見えないウェビナーだからこそ、自己紹介にはこだわりたいもの。 私は「講演資料は自己紹介が全て」というくらい、自己紹介にはこだわっています。 具体的な自己紹介スライドの作り方は以下。 普段よく講演をする方であれば、 自分の名前で画像検索をした結果などを表示させるのも、視覚的インパクトばっちりです! ポイント7:説明は、ゆっくり明るくはっきりと ウェビナーでの説明は、 「ゆっくり明るくはっきりと」が基本。 本編の説明自体は、大きめの会場での講演と似ています。 相手の反応を把握しずらい• こちらから一方的に喋るのみ 大勢に対して喋るコツは、とにかく練習して場数を積むのみ。 練習のコツは以下記事にまとめてあります。 この際にも、 開始前と同様にBGMを流しましょう。 場面が変わったことを印象付けられる• 雰囲気を柔らかくし、質問しやすい空気を作る• 寝てしまった人を起こす(笑) というような効果があります。 こちらも、以下の記事に記載していますのでご参照下さい。

次の

切断バグ&晒しについての個人的意見

ウ ん こ 出 したい

ウェビナー(Webinar)は、ウェブ Web とセミナー Seminar を組み合わせた造語であり、Webセミナーやオンラインセミナーとも呼ばれる。 インターネット上で行なわれるセミナーそのもの、もしくはインターネット上でのセミナーを実施するためのツールを指す。 出典:wikipedia 要は、 webで行うセミナーです。 昨今の働き方改革の波や、新型コロナウィルス対策として在宅勤務が浸透しつつある今、webでセミナーを行うことが一般的になっています。 zoomによるウェビナーを成功させる7つのポイント それでは、普段私が注意している、「ウェビナーを成功させる7つのポイント」を紹介します。 ポイント1:ウェビナー用の設備を準備 いきなり設備投資の話になります笑 ウェビナーを行う際は、しっかりとウェビナー用の機器を準備するようにしましょう。 カメラ付きPC一台で行けるんじゃない? と考えている人はダメです! 今すぐ考え方を改めましょう! 極論、ウェビナーで伝達できる情報は「映像」「音声」この2つのみですが、この2つの品質を上げるだけで受け手の印象は全然違います。 特に私が気にしている機器は以下。 マイクスピーカー これは言うまでもないですね。 PCに付属のマイクは音質が良くない場合が多いので、専用のマイクスピーカーを必ず準備しましょう。 詳細については以下の記事をご参照ください。 背景 お互いの顔が分からない状態で行うウェビナー。 少なくとも、開催者(講演者)の顔を映すのは必須です。 が、不特定多数の方に自宅の汚い部屋を映すというのも考えもの。 そこでzoomの仮想背景機能を活用するわけですが、この機能、 背景が同一色でないとうまく有効になりません。 例えば• 壁は白• ドアは茶色• カーテンはベージュ というような部屋では、うまく仮想背景が機能しないのです。 対応策は3点。 zoomの設定を変える ハイスペックPCの場合、zoomの設定を変えることで対応可能です。 ポイント2:Snap Cameraで「お化粧」 不特定多数への配信時に、講演する自分の印象を残してもらうためには、ある程度の「お化粧」は必要です。 自分の肌色が綺麗に映るようなエフェクトを掛けましょう。 具体的な方法は以下の記事に記載しています。 ポイント3:1時間前後に収める 既に常識となりつつありますが念のため。 ウェビナーのスケジュールは、 最大でも1時間前後に収めましょう。 実際にやってみると分かります。 我々日本人はまだまだweb会議に慣れていないようで、1時間もやると疲れて、集中力が切れてしまうのです。 更に、1時間以上のウェビナーとなると、参加する側もだいぶ構える必要があります。 私が好きなアジェンダは以下のような感じ。 講演者のブラウザやweb会議アプリケーション• 講演者のPC、マイク、カメラ• 講演者のネット回線 など 理由は全く分かりませんが、参加者が多ければ多いほど、何かしらの障害が起きるのがウェビナーの怖いところ。 そのため、講演側は進行役1名、スピーカー1名の最低2名体制にし、 スピーカーに問題が発生したらすぐにバトンタッチできるようにしておきましょう。 また、スピーカーの声が聞こえないなど、スピーカー自身が気づかない障害が発生した際も、同僚が視聴側にいればすぐに気づくことができます。 合いの手を打つことでテンポが良くなる 障害時のバックアップを気にしなければ、スピーカー1人でウェビナーを実施することは可能です。 ですが、スピーカー1人だけで行うと、どうしてもワンパターンで、一方的に話すだけ、という空気になりがち。 進行役を1人つけるだけで、ウェビナー全体のテンポが良くなります。 私が好きな役割分担は以下です。 冒頭あいさつ、会社案内:進行役• セミナー本編:スピーカー• ポイント5:開始前はBGMを流す ある程度余裕をもってウェビナーを開始しましょう。 例えば13:00開始の場合、12:45頃からはアクセスできる状態にしておきます。 その際「〇〇〇のご紹介」といったウェビナーの表題を表示させることはもちろんのこと、併せてBGMも流しておきましょう。 BGMが無いまま「〇〇〇のご紹介」だけを画面に表示していると、殺伐とした変な空気になってしまいます。 詳細は以下の記事に記載していますので、こちらもどうぞ。 ポイント6:自己紹介は視覚に訴える 顔の見えないウェビナーだからこそ、自己紹介にはこだわりたいもの。 私は「講演資料は自己紹介が全て」というくらい、自己紹介にはこだわっています。 具体的な自己紹介スライドの作り方は以下。 普段よく講演をする方であれば、 自分の名前で画像検索をした結果などを表示させるのも、視覚的インパクトばっちりです! ポイント7:説明は、ゆっくり明るくはっきりと ウェビナーでの説明は、 「ゆっくり明るくはっきりと」が基本。 本編の説明自体は、大きめの会場での講演と似ています。 相手の反応を把握しずらい• こちらから一方的に喋るのみ 大勢に対して喋るコツは、とにかく練習して場数を積むのみ。 練習のコツは以下記事にまとめてあります。 この際にも、 開始前と同様にBGMを流しましょう。 場面が変わったことを印象付けられる• 雰囲気を柔らかくし、質問しやすい空気を作る• 寝てしまった人を起こす(笑) というような効果があります。 こちらも、以下の記事に記載していますのでご参照下さい。

次の

#2 レウさんが妖怪の話

ウ ん こ 出 したい

livedoor. livedoor. この時、私が拙い書き込みをさせて頂いていた「天才伊藤浩士先生の末の世の憂鬱ブログ」のブログ主・伊藤浩士先生が、自らも我が子を亡くした経験を語りながら、横田夫妻は他人にとっては一度聞いたら十分である我が子との思い出話を日本全国の人達に「講演」という形で何度も聞いてもらえる、しかもその「講演」は顎足つきであり、我が子が平穏無事に成長できた親には及ばないことは言うまでもないが、他の事件や事故で我が子を亡くした親よりは恵まれているのではないかとの持論を自らのブログで述べた。 実際、桶川ストーカー事件の被害者と遺族など、埼玉県警と大手メディアからどんな扱いをされたか、比べてみれば雲泥の差である。 この記事にお門違いな憤激を爆発させた朕カスゴミウヨクは、伊藤先生への汚らしい誹謗中傷をテメエのビチ糞ブログに書き込みやがった。 これは予想の範囲内だったが、何とブログを管理していたamebaの運営が、伊藤先生のブログ記事を一方的に削除しながら、それを丸々コピペして糞みたいな短い罵倒文を付けているだけのビチ糞ブログ(同じamebaである)には何ら手を打たないという露骨な依怙贔屓をやってのけたのである。 この扱いに激怒した伊藤先生は、amebaブログにまともな記事を書くことを放棄し、amebaは朕カスゴミウヨクに同じ手法でやり返すだけのブログにしてしまった。 今のamebaには、これがお似合いかも知れない。 芸能人と朕カスゴミウヨクのブログだけで、amebaは必要な企業収益を確保出来るのであろう。 だが拉致被害者の「恵まれた」立場は、無償で(国民の権利として)与えられたものではなかった。 安倍下痢糞壺聖帝は、自らの野望(国民にとっては不幸だ)の為に拉致被害者を最大限に利用したのである。 まずは「壊憲」。 (北)朝鮮の拉致を防げなかったのを平和憲法の所為にして、報復攻撃が出来るように憲法を変えようとアピールすることである。 戦争になったら拉致被害者はまず生きて帰れないだろうが、戦争を支持する糞野郎は被害者の亡骸すら戦意高揚に利用するだろう。 もう一つは「旧社会党と日本共産党への(理不尽な)攻撃」である。 拉致被害者のお役に立てなかったのはどの政党も似たようなものだったろうに、なぜか革新系の政党だけが、拉致被害者に謝れと糾弾されていた。 旧社会党に権力があったのは自社さ連立政権の短い間だけであり、共産党に至っては権力側にいたことなど一日とて無い。 (北)朝鮮を相手に、そもそも日本国家を代表する資格が無いのだ。 共産党はそれでも独自の調査で裏付けを取り、(北)朝鮮の拉致を国会で初めて取り上げている。 それでも他党は自らの無為無策を棚に上げて、拉致被害者の一部を使って共産党に言い掛かりを付けていた。 結局のところ、リンク先にもある通り拉致被害者は、安倍下痢糞壺聖帝の道具にされただけだった。 このまま安倍政権が続く限り、拉致問題は解決どころか交渉のテーブルすら無いことはもはや確実と言える。 blog. blog. html 私は安倍下痢糞壺聖帝のネット奴隷である朕カスゴミウヨクを長きにわたって観察してきたが、奴等には自分がしていることはやり返されるという視点が完全に欠けていると思う。 ついでにいうと、テメエに恩恵があるわけでもないだろうに、安倍下痢糞壺聖帝への批判を自らへの誹謗中傷だと曲解しているのだが、奴等は安倍と上級国民のエサの身分で満足してやがるので、食われて死ぬまで治ることはないであろう。 反安倍の側にいる人達にとって重要なのは、奴等を説得することではなく、効果的に排除することであろう。 丁度「レイシストカウンター」や「BAN祭り」がやっているようにである。 死因はまだ明らかにされていないが、SNS上で酷い誹謗中傷をされていたらしい。 テレビに自ら出てくる人物なんて、視聴率の為に作られた虚像に過ぎないのに、「言ったこと」への批判ならいざ知らず、ムキになって「本人」を罵倒した馬鹿が大勢いたということか。 朕カスゴミウヨクはこれを利用して、安倍下痢糞壺聖帝への批判にイチャモンを付け始めた。 奴等によれば「#さよなら安倍総理」は誹謗中傷であり、これによって安倍下痢糞壺聖帝が自死する恐れがあるらしい(苦笑)。 これで自死などしていたら、民主党政権の総理や今の野党党首はそれこそ「万死」でも足りんぞ。 全く朕カスゴミウヨクは、安倍下痢糞壺聖帝とテメエ自身にはとことん甘く、その分他人には理不尽なまでに厳しい生き物である。 html 私が伊藤浩士氏のブログ「天才伊藤浩士先生の末の世の憂鬱ブログ」に書き込んだコメントについて、あの名スケート選手の名前を無礼にも勝手に使用してやがるビチ糞ブログが、イチャモンをつけてきやがった。 朕カスゴミウヨクは黙っていたら是認したものと勝手に決めつけてしまうので、とりあえずカウンターをブチかましておく。 <ビチ糞ブログからの引用(ほとんど私の言葉だ)と反論> 朕カスゴミウヨクにとって、戦争とは子供のケンカと同じなのでしょうが、実際は敗北が決まった戦争は無条件でも早急に降伏して終わらせるべきものです。 なぜなら終戦が一日でも遅れれば、それだけ余分に人命を失い官民の財産が破壊されていくからです。 伊藤先生の記事にもありましたが、遅くともナチスドイツのすぐ後に降伏すべきをしなかったために、日本は多くのものを失いました。 米国には原爆を投下され、ソ連の参戦は北方領土を失っただけでなく、残留孤児の悲劇を生み、朝鮮半島は分断されました。 これがなければ拉致被害者も出なかったでしょう。 <拉致は北朝鮮のやったことだ。 <その(北)朝鮮そのものが生まれなかったと言っているのだが、キサマの貧相な朕脳では理解出来なかったようだな。 しかしながら当時の旧軍上層部はオウム真理教の幹部と大差のない連中だったようで、現状でさえ勝ち目がない上に、ナチスドイツの降伏で浮いた欧州の連合軍まで回ってくるというのに、まだ本土で戦えると本気で考えていました。 なぜかと言うと、当時の日本人はイカレた軍部のせいで栄養失調になってボロ布をまとう羽目になっても、軍政の打倒は勿論、敵側に寝返ることさえ考えない国民だったからです。 <北朝鮮のことか? <もう一度言ってやるが、戦時中の日本人のことだ。 ついでに言うと(北)朝鮮の国民も今でこそ病的に従順だが、国が判断を誤れば旧東独の二の舞になっても何の不思議もない。 安倍糞壺聖帝に従うことが全てのキサマには理解出来ないだろうがな。 現代においてもこのように「保守派」が国内で、朕カスゴミウヨクがネットで我が物顔をしていられるのも、連中の存在が国民から大した問題だと思われていない、むしろ中国や韓国が無理を言ってきた時の保険だと思われているからではないかと私は考えています。 <どういう意味? <伊藤浩士氏は何の説明もなく理解出来たが、それをキサマごときに期待する程私も愚かではない。 日本が中国・韓国に対して「寛容な人」だらけになったら中国・韓国が付け込んで来るので、それを防ぐために「保守派」と朕カスゴミウヨクが世論に生かされているのではないかと推論を述べたのである。 伊藤浩士氏には否定されたが、確かにキサマ程度の「保守派」なら保険にもならん。 livedoor. 反撃できない相手を攻撃してテメエがスカッとしたいだけだろう。 )が社会問題となっている。 この時期に営業を続けている人は、やむを得ない事情があって営業しているのである。 誰が好き好んでCOVID-19(新型コロナウィルス)の発生源になりたがるのか。 余計なことをするくらいなら「自粛ゴロツキ」キサマこそ家に居ろと言いたい。 この自粛ゴロツキの一部には、ネットでの朕カスゴミウヨクも混じっているらしい。 神戸のパチンコ店で従業員に自らの体を押し付けながら(痴漢か?)従業員や客の顔をネットで晒すために勝手に撮影する手口は、朕カスゴミウヨクの「抗議活動」の手口にそっくりだし、客の一人が「ネットで見掛けたことがあるような顔だった(マスクもしていなかったのか)。 」と言っており、自粛ゴロツキと朕カスゴミウヨクでは参加者と精神構造が共通しているのかもしれない。 一方で永遠に自粛すべきであるヘイトスピーチ糞デモが、緊急事態宣言の最中に復活しやがった。 この時警察はこんな糞デモを即刻解散させるべきだったのに、自ら「三密」を作って密集しながら、ヘイトデモをカウンターから守ってやるという無能と醜態を晒した。 かつて「警察がヘイトスピーチに何もしないなんて嘘です。 」と岐阜の偽教師・yunnkji1789はいけしゃあしゃあと拙ブログに書きこんできたが、確かに嘘だったな。 やるべきことは全く逆なんだが。 livedoor. blog. html 朕カスゴミウヨクの寝言に根拠も責任も存在しないのは、何も今に始まったことではないが、奴等の嘘・デマは自己正当化だけが目的ではなく責任転嫁、特に普段から憎悪している相手に罪や責任を擦り付ける目的でもばら撒かれる。 たとえ奴等の嘘・デマが論評するのも馬鹿馬鹿しいような子供騙しであったとしても、奴等の嘘・デマに対してはっきり「嘘だ」と言ってくれるメディアは、残念ながら今の日本には全くと言って良い程いないため、擦り付けられる側は自らの手間と時間を使って、微力であっても反撃しなければならない。 幸い上記のリンクにもあるように、ゲリノマスクの不良品は「反安倍」や「反ネトウヨ」だけを狙い撃ちにして届けられたものではないようだ。 それにしても安倍糞壺聖帝のやることは、税金の無駄と国民への嫌がらせにしかなっていない。 まともなのは10万円給付くらいなものだが、これも公明党に言われて嫌々やっているのだろう。 html タイトルからして私へということになっているが、文面は伊藤浩士先生の私へのコメントを丸写ししてやがる。 しかもこのYARASE9-11はハンドルネームであり、在日外国人が便宜上使っている名前でもなければ、芸能人の芸名でも、作家のペンネームでもない。 何が通名なんだ? 浪速のカバさんから、yunnkji1789と同一人物だと言われているようだが、キサマは否定しないのか。 99%をコピペで済ませ、残りはヘイトスピーチと無駄口で埋めているキサマのビチ糞ブログだが、googleで検索するとあのフィギュアスケートの元名選手が先に出てくる。 日本人の美徳と言う物がキサマに一片でもあるのなら、その通名、もといハンドルネームから変えるべきだろう。 私も時折意見を書かせて頂いている上記のブログは、かつては朕カスゴミウヨクだけが突っかかって来ていたが、今や右も左もなく根性のねじ曲がった連中にことごとく敵視されるようになった。 これからは奴等を主義主張で分けるのではなく、タイプ別に分けた方が良いのではないかと思いとりあえず以下の通りやってみた。 本物の荒れる新成人と同様、ギャラリーが多くなって囃し立てる程調子に乗り、過激化していく。 ブログがあってもその内容は、手入れを全くしていない庭木のように、成り行き任せなものになっている。 理不尽な言い掛かりと迷惑を撒き散らす。 まともに対応をしても更に言い掛かりと嫌がらせを繰り返し、無視しても図に乗ってくるだけなので文明的対処は意味を成さない。 マルチハンドル、成り済まし、すっとぼけ、でっちあげ等の世間一般で「卑怯」とされる行為にも何の躊躇もなく手を染められる。 このタイプは主義主張ですら、敵と認識した者を攻撃する為の道具としか考えておらず、書き込む相手によって主義主張を使い分けることもあれば、主義主張が根本的に異なる相手と共通の敵を潰す為に野合することもある。 自らが堂々とやっている行為を、相手にはしないように臆面もなく要求できる厚顔さも主な特徴である。 他にもタイプが見つかるかもしれないが、今のところはこのくらいである。 いずれにせよ、伊藤先生にとっては視界から早急に消えてほしい存在であることに変わりはない。 <浪速のカバさんへ> 今週の平日は多忙で私個人のパソコンを開けず、承認が遅れました。 決して気分を害している訳ではございませんのでご安心下さい。 ブログをおやめになるとお聞きしていささか寂しいと思っております。 浪速のカバさんの今後のご健康とご多幸をお祈り申し上げます。 「命の危険にさらされている在日があなたの周りにいますか。 」 自分の周りだけで物事を判断し、それを見ず知らずの私に当てはめた奴の愚かさには呆れたが、とうとう朕カスゴミウヨクに生活の安全を脅かされ、終いには体調を崩した在日コリアンが出て来た。 詳細はリンク先をご覧願いたいが、子供まで巻き込まれる恐怖に長い間さらされていた。 罰金刑で済んだ朕カスゴミウヨクは、51歳にもなって己のしたことの申し開きを父親にさせるようなヘタレだった。 汚部屋と化した子供部屋に引きこもり、朝鮮人への逆恨みと自国への幻想を麻薬がわりにして、うごめくように生息している醜い姿が目に浮かぶ。 livedoor. html 数少ない読者の皆様、新年明けましておめでとうございます。 これからも本能の向くままに、朕カスゴミウヨクへの怒りと嘲笑を書き散らしていく所存なので何卒宜しくお願い致します。 年の瀬も押し迫った昨年12月27日、上記の2匹が決して「パヨク」ではない日本維新の会が率いる大阪市に、長年の「愛国活動」を称えて「ヘイトスピーチ」の称号を与えられ、その名を世界へと公表された。 朕カスゴミウヨクの世界では大変名誉なことであり、世間一般からの白眼視など、これに比べたら物の数ではないであろう。 私からも侮蔑を込めて「おめでとう」と申し上げたい。 この2匹のこれからの下らない人生に、祝福は一切なく最大級の呪いがあらんことを祈る。 livedoor. html 惨軽下野なうスカトロ珍聞の記者の馬鹿さ加減にも閉口したが、この国は行政府の最高責任者が、国の行事に詐欺グループの親玉や、本物の暴力団員を招待して税金でもてなし、自らの支持基盤固めに利用しておきながらしらを切り続け、さらに「何が問題なんだ」とほざく「普通の日本人」がネット空間やゴロツキメディアに湧いて出てくる国に成り下がった。 否、メッキが剥がれただけで元々そうだったのかも知れないが・・・。 もはや、名無しのゲス野郎と岐阜のバーチャル教師(yunnkji1789)の説得力はゼロを通り越してマイナスとなった。 こんな国で在日コリアン、アイヌ、米軍基地周辺の沖縄県民等の人達が、自らのささやかな生存権のために、レイシストカウンターの「和彫り」を看過したところでそれが何だと言うのだ。 それどころか、在日コリアンが自らの金で在日同胞の「本物」を雇い、カウンターを組織してヘイトデモにブチかましたところで、道義的には何ら問題はない(在日同胞とはいえ「本物」が信用出来るかどうかはまた別の問題であるが。 livedoor. html 一時帰国した朝鮮学校の子供達のお土産を巻き上げ、金正恩に向かって「水爆上等、撃ってこい豚。 」とほざいている糞デモの朕カスゴミウヨクを、在日コリアンのプロレスラーに必殺技でも掛けさせるならいざ知らず(この時朕カスゴミウヨクがギブアップしても聞こえないふりをしよう。 )警察が守ってやっているような国が、 北 朝鮮にいっぱしの国として相手をしてもらえるはずがない。 安倍糞壺は金正恩に無条件で会ってやるとほざいているが、譲歩が必要なのは日本の方であることはこれではっきりした。 尤も日本の対 北 朝鮮外交などトランプ次第だと言ってしまえばそれまでだが。 livedoor. html いくらキモオタで、会社でも使えない奴であっても、罰則もないヘイトスピーチでいきなり家や子供や嫁がいなくなったり、会社をクビになったりはしない。 会社がいきなりクビなら不当解雇として争うことも出来るだろう。 家族も会社も朝鮮人虐めをやめるチャンスはくれた筈だ。 会社はたとえカウンターに電凸されようが、本人が二度としないと言っていれば、守ってやることも出来ただろう。 だがこの長浜ひとしという朕カスゴミウヨクは一体何が楽しいのか、自らの生活や人生を壊してまで朝鮮人虐めを選んだのだ。 狂信者のような真似をしているのは、紛れもなく朕カスゴミウヨクの方である。 html 新潟は日本有数の米どころで日本酒も旨いところだが、き奴が居やがることを思い出すとその酒も不味くなる。 詳細はリンク先を参照願いたいが、き奴が杉原千畝の偉業を持ち出して大ニッポクソ帝国を正当化しようとしやがったので、「杉原千畝の行動は日本政府の方針ではない。 それが証拠に戦後の彼は外務省を依願退職に追い込まれ、ユダヤ人に賄賂をもらったとデマまで撒かれたではないか、き奴が杉原千畝を持ち出すのは、ネオナチがジョン・ラーベを持ち出してナチスを正当化するような外道だ。 」と伊藤浩士先生のブログ書いたら、き奴はテメエの糞ブログにこう書きやがった。 コメント欄のやまださんも呆れていたが、私も盛大に吹いた。 おい、サンメリーダの糞尿。 当時の外務省は日本じゃなかったのか。 現在でも市井の国民ですら、安倍下痢糞壺政権に従わない者や、戦前戦後を問わず日本国家を非難する者は日本人に非ずというのが、キサマの考えではなかったのか。 それに相変わらずだが、瀬戸内寂聴氏の写真を引用ではなくテメエの台詞を言わせるために無断で使ってやがる。 樋口季一郎については「故意に隠した」のではなく、不要だった故に何の知識もなかったので調べてみたが、結局は「美談」の一つに過ぎなかった。 て言うか、満州が中国のままだったら何の問題もない。 コメントありがとうございます。 奴はおっしゃる通り、無職の暇人で、筋金入りの阿呆で、脳味噌が劣化して腐敗しています。 しかもやっていることが、安倍下痢糞壺政権のネット憲兵のボランティア。 こんな屑みたいな真似をして、いつか安倍に取り立ててもらえるなどと本気で思っていやがるのでしょう。 奴には貧困も不自由も、親が生きている限り無縁と思われますが、親の死を隠蔽して年金を騙し取り、投獄されて国家権力の恐ろしさを自ら味わうのがお似合いの結末だと思います。 blog. html 詳細は上記リンク先を参照願いたいが、未だに7年も前に終わった、たった3年の政権に対してあることないことをほざき続ける朕カスゴミウヨクは、未だに日本に戦争責任を追及し続ける周辺諸国(こちらはデマではない。 真っ当な批判である。 )のことを言えた義理ではない。 大体痔眠党の方こそ、7年もあって何をしていたのだ。 ああ、色々と忙しかったんだろうな。 中国包囲網なんてコケ脅しとか、韓国との馬鹿馬鹿しい「歴史戦」とか、憲法改悪とか、モリカケのようなお友達への税金バラ撒きを誤魔化したり、外遊して税金をばら撒いてきたり・・・。 私の住んでいる選挙区でも、7月21日の参議院議員選挙の時、痔眠党側の立候補者が野党共闘側の候補者に関して「コンクリートから人へという耳障りの良い政策でダムの建設が凍結され、そのせいで西日本豪雨の被害が拡大した。 今回の野党共闘側の候補者は、当時の民主党政権の責任者の一人だった。 」と言っていたが、朝っぱらから聞かされて気分が悪くなった。 幸いこの与太話に腹を立てた県民の方が多かったのか、私の選挙区では野党共闘側が勝利した。 livedoor. html 上記のリンク先は、朕カスゴミウヨクを相手におべんちゃらを言って、ケツを拭く紙にもならない駄本を買わせて金儲けを企む不良外人の糞ツイートに、朕カスゴミウヨクが大勢「いいね」を付けた文明国の恥晒しな話である。 少しの間のつもりで作った独裁政権が、朕カスゴミウヨクごときの都合で民主主義に戻るという考えそのものが滑稽だが、奴等は自分達の気に食わない人物が国家権力によって一掃されること希望し、警察と自衛隊をそのために使おうとしているのだろう。 「身勝手」という言葉すら生ぬるい妄想だが、こんなことが実行できると考える朕カスゴミウヨクのイカレた思考回路には恐怖すら覚える。 livedoor. html 「レイシストしばき隊」の内部で発生したという「リンチ事件」は、その後しばらくは朕カスゴミウヨクの糞ヘイトデモが、カウンターを攻撃する材料に使っていた。 「被害者」とされた人の無残な顔写真を朕カスゴミウヨクはカウンターに向けていたのである。 更には同じ反ヘイトの筈だった某月刊誌が「被害者」に味方してこの事件に本格的に介入し、「しばき隊」を支援していた在日コリアンや政治家・評論家等に高圧的な「取材」を行ったと私は聞いている。 結局この月刊誌は朕カスゴミウヨクのアシストをしただけで、「しばき隊」に取って代わることも、ヘイトデモを止めることも出来なかった。 挙句の果てに「被害者」の弁護士が横領で懲戒処分である。 しかもリンク先によればこの弁護士は、弁護士への大量懲戒請求をやって反訴された朕カスゴミウヨクの弁護まで一時は引き受けていたそうだ。 レイシストカウンターに取って代わる気もなく、足を引っ張るだけの者達の末路などこのようなものである。 「対案を出せ」は朕カスゴミウヨクが良く使う台詞だが、ヘイト側でもないのにレイシストカウンターに異を唱えるならそれこそ対案を出すべきである。 在日コリアンもアイヌの人達も、大袈裟ではなく尊厳と生存権が懸かった問題なのだ。

次の