タブレット キーボード。 タブレット向けキーボードのおすすめ15選。持ち運びにも便利

タブレットにキーボードをつける!意外に簡単、そして世界が変わった

タブレット キーボード

確かに、タブレットにも音声入力が使えるようになり、入力をしなくても声で認識が可能となって便利になりましたね。 ただし、音声入力は周囲に人がいないとか集中して入力できるとか場所や環境に制限が出て来てしまいます。 音声入力の精度も向上し、キーボードで入力するよりもはるかに早く効率よく入力可能だという方もいらっしゃるのですが、場所に拘らなければならないのはややネックになってしまうでしょう。 様々な環境の中でも音声入力で行おうと、マイクの工夫など様々な対処をしなければならなくなります。 まして、電車内など公共の場所では、はっきりとした声での入力もためらわれます。 やはり、そうなるとキーボードを保有しておく価値があるのは確かですね。 タブレットにキーボードを接続するには、有線USB、無線USB、Bluetoothが主流ですが、それぞれにメリット、デメリットもあるのは確かですので、慎重に選ぶ必要があります。 広く使われているのは、無線USBでの接続です。 モバイル目的でなければ、パソコンで使用していた有線USBでも充分使えるものもあります。 Bluetoothの場合には、初期設定で接続がしづらいものもあります。 ただし、小型で軽量と言う面ではUSBよりも使い勝手の良さがあります。 長い目で見れば、ストロークの良さ、疲れにくさなども総合的に考えた上で、どの接続にするかを選んでみるのがおすすめです。 使用頻度に応じて、3000円以内で充分に購入出来る廉価なものを普段は使い、メインで使用するのにはある程度の満足感を得られるようなやや値段がするものを選ぶという方法もおすすめです。 いずれの場合も、タブレット端末の使用頻度や使用環境、内容、時間を考慮して絞り込んで行くようにしましょう。 より快適な入力を目指すためには、キーボード選びに関わる部分も大きいからです。 パソコンに使うキーボード選びには悩む方も多いですが、タブレット端末に関しても様々な商品が出ているので、自分の目的に合い快適に操作できるものを探すのにも事欠かないと言えますね。

次の

[富士通WEB MART]タブレット用オプション商品一覧 : 富士通

タブレット キーボード

そんな人に注目してほしいのがレノボ・ジャパンの「Yoga Book C930」だ。 2年前の2016年に発売された「YOGA BOOK」の後継モデルで、物理キーボードではなく、スクリーンキーボードを備えたデュアルディスプレイの2in1タブレットである。 新モデルはスクリーンキーボードがE-Inkディスプレイに表示されるようになり、使い方の幅が広がっている。 ただし、Yoga Book C930は、11月上旬だった出荷開始を延期することが先日アナウンスされた。 直販サイトを見ると予約受付中で、お届け日未定となっている(2018年11月7日時点)。 「全世界におきまして弊社の予測を大幅に上回るご注文をいただいており、現在供給が追いつかない状況」(リリースより)というのが、その理由だ。 YOGA BOOKも2度販売中止になるほど注目度が高かったが、新モデルも同じ状況となっている。 超スリムボディに高精細なディスプレイを搭載 Yoga Book C930は、10. 通常、物理キーボードを備える面にE-Inkディスプレイがあり、そこにキーボードが表示される仕組みだ。 注目のキーボードについては後述する。 ノートパソコンスタイル、タブレットスタイル、テントスタイルなど、多彩なスタイルで利用できる 上が10. 8型IPS液晶ディスプレイ、下が10. 8型E-Inkディスプレイ。 E-Inkディスプレイ側の右上には指紋センサーを備える 本体サイズは約260. 9(厚さ)mm、重量は約775g。 スリムで軽量なボディは、持ち運ぶのに最適だ。 タブレットとして手に持って使う場合も、それほど重さは気にならない。 ボディが薄すぎて、ディスプレイを開けにくいという点を解消するために、天板を2度ノックすると自動で開く機構が備わっている(下動画では3度ノックしているが、2度ノックで開くことも確認済み)。 8型のメインディスプレイは高精細な表示で、動画や写真を見るのに向いている。 E-Inkディスプレイばかり注目されるが、メインのディスプレイは、映り込みもよく抑えられており、表示品質は非常に高いと感じた。 外部インターフェイスはUSB 3. 1 Type-Cを左右に1基ずつ搭載するほか、microSDメモリーカードスロットも備える。 USB 3. 1 Type-Cは充電にも利用するので、2基あるのはありがたい。 今回は上位モデルのCore i5-7Y54を搭載するモデルを試したが、2in1タブレットとしては不満なく使える性能だった。 メモリーが4GBなので、複数のアプリを同時に利用したりするのには不向きだが、日常使いで困ることはそれほどないだろう。 価格はCore m3モデルが122,653円、Core i5モデルが147,223円(レノボの直販サイト価格、2018年11月7日時点)。 それぞれLTEモデルもラインアップされており、Wi-Fiモデルよりも15,000円ほど高い。 重量約775gの軽量ボディ。 片手でも楽に持てる。 LTEモデルは約799gとわずかに重い(カタログスペック) 厚さ約9. 9mmのスリムボディ。 外部インターフェイスは左右にUSB 3. 1 Type-Cポートを1基ずつ備える。 USB PD対応で充電にも利用する。 ヘッドホン出力を備えない点は注意したい メカメカしい作りのヒンジ キーボードは前モデルよりは使いやすくなったが…… 続いて、注目のスクリーンキーボードをチェックしていきたい。 YOGA BOOKは「Haloキーボード」という固定表示のスクリーンキーボードを搭載していた。 使えば使うほど、ユーザーのタイピングの癖を学習して入力精度が高まるというのがウリだったが、実用的かと言えばそうではなかった。 メールなどの短い文章を打つのはこなせたが、長文を打つのは正直、難しかった。 スクリーンキーボードでも、固定表示で日本語キーと英語キーを切り替えられないというのも不便だった。 新モデルはE-Inkディスプレイにキーボードが表示されるようになり、日本語キー、英語キーを含む、多彩な言語のキーボードに対応し、設定で切り替えられるようになった。 タッチパッドを常に表示しておく「クラシック」と、使うときだけ表示する「モダン」の2パターンが用意され、さらにブラックとホワイトの2色から選べるので、合計4種類のデザインパターンから好みのものが選べる。 このバリエーションも、E-Inkディスプレイならではの点で、前モデルにはなかった特徴だ。 「モダン」はタッチパッドがない分、キーが大きく表示される。 上がブラック、下がホワイトだ Yoga Book C930のスクリーンキーボードは、音とバイブレーション、さらにアニメーションにより、物理キーボードに近い操作性を再現している。 ただし、これだけで物理キーボードのようなタイピングが可能かと言うと、そうでもない。 やはり、長文を打とうとすると、誤入力が多く、なかなかスムーズにタイピングできなかった。 前モデルと同様、学習機能を備えているので、使い込むほどに精度は高まると思われるが、短時間の試用ではその効果を残念ながら体感できなかった。 アニメーションの例。 ブラックの場合、タッチすると白の影がなくなり、視覚的にタイプしているように見せている。 ホワイトの場合はタッチしたキーが黒くなる 手書きは意外と実用的 E-Inkディスプレイには、スクリーンキーボード以外にも使い道がある。 まずは、付属の「Lenovo Precision Pen」を使った手書き入力。 Webページを見ながらメモを取ったり、アイデアをスケッチしたり、さまざまな使い方が可能だ。 E-Inkディスプレイ側は、スクリーンキーボードのほか、ペン入力とPDFのビューワーとして利用できる Lenovo Precision Penは、E-Inkディスプレイだけでなく、通常の液晶ディスプレイ上でも使える。 筆圧4096段階、傾き検知に対応。 E-Inkディスプレイなので、画面の切り替えに時間がかかったり、消した線が残ったりといった不満はあるものの、書き味自体は悪くない。 ただ、液晶ディスプレイ上だと、ペン先が少し滑りやすく、E-Inkディスプレイよりも描きにくかった。 メインのディスプレイでもE-Inkディスプレイでも使えるLenovo Precision Pen。 本体に磁石で固定できる おもしろいのは、書いた文字をテキストとしてコピーして、メモ帳などに貼り付けられること。 キーボードのタイピングよりも、こちらのほうが使い勝手がいいと思うほど、高精度にテキスト化してくれた。 もう1つが「スクリーンショット」。 メインのディスプレイに表示している画面をキャプチャし、E-Inkディスプレイ上に取り込んで、そこにメモなどを書き込めるという機能だ。 メモを書き込んだ画像をWindowsに取り込んで、ペイントなどで、さらにメモを書き足すといったこともできる。 E-Inkディスプレイのペンの色は黒だけなので、色を付けたといった場合は、この方法を試してみるといいだろう。 メモをした内容を「テキストとしてコピー」すると、Windowsのメモ帳などに貼り付けられる。 スクリーンキーボードを使うよりも便利かもと思うほど、その精度は非常に高かった スクリーンショットは、メインのデスクトップに表示している画面をキャプチャして取り込み、そこに手書きで文字などを書き込める 手書きを加えたものは画像として、Windowsに取り込み、ペイントなどで、さらにメモを書き足せる PDFを表示する機能もあり、電子書籍としても利用できる。 ただ、PDFファイルしかサポートしておらず、Kindleストアなどから購入した電子書籍を表示するといったことができないのが残念。 ドキュメントフォルダなどにPDFを入れると、E-Inkディスプレイ上で表示できる まとめ Yoga Book C930は、液晶とE-Inkのデュアルディスプレイという、ほかにはない挑戦的な2in1タブレットだ。 通常のモバイルノートとして選ぶのはおすすめできないが、積極的に手書き入力をしたい人や、新しいもの好きの人にとっては魅力的なはずだ。 前モデルは5万円前後という購入しやすい価格も人気の理由だったが、Yoga Book C930は性能アップにともない、価格も10万円以上にアップしてしまった。 気軽に購入しにくくなったのは残念だが、PCの新しいカタチに挑戦する同社のチャレンジ精神を存分に感じられるモデルに仕上がっている。 モデルチェンジやアップデートを繰り返して、デュアルディスプレイの可能性を今後も追求していってほしい。

次の

タブレットキーボード市場2020年のCovid

タブレット キーボード

最近では、タブレットを使って文章を書く人が増えています。 たとえばSNSでコミュニケーションをとったり、仕事の書類を書き上げたり、何かをメモしたりと、趣味や仕事で幅広くタブレットを使うでしょう。 軽量で多くの機能をそなえているタブレットは非常に便利ですが、文章を書くときは少々苦労してしまいがちです。 ディスプレイに表示されるキーボードではどうしても打ちづらく、文章作成中の操作をしづらいことが多いのではないでしょうか。 そこで便利なのがタブレットキーボードです。 タブレットキーボードがあれば、タブレットでパソコンと同じような操作性を実現することができるかもしれません。 しかし、よく考えずにキーボードを購入してしまうと、自分に合わないキーボードを選んでしまって「こんなはずじゃなかったのに……」と不便な思いをしてしまうことがあります。 せっかく快適さを求めて購入したのにもかかわらず不便さを感じてしまえば、なんだかもったいない気持ちになりますよね。 このコラムでは、タブレットキーボードの選び方や、おすすめする商品を紹介していきます。 ぜひタブレットキーボードを選ぶときの参考にしてみてください。 タブレットキーボードで画面を広く使おう! タブレットキーボードとは、タブレットに接続して、文字を打つ作業や細かい操作ができるキーボードのことをさします。 なかなかタブレットキーボードという言葉になじみがない方もいらっしゃるかもしれませんが、よくオフィスやカフェで使用する人がいるため、一度は目にしたことがあるのではないでしょうか? タブレットキーボードにはさまざまなメリットがあります。 しかし、「なんとなく便利になることはわかるけど、具体的にどんな効果があるのかはイメージがわかない」という方も多いのではないでしょうか。 キーボードがなくても、ディスプレイを操作することで文字の入力はできるので、わざわざ買う必要性を感じないということもあると思います。 キーボードで文字を入力するのと、ディスプレイで文字を入力するのでは便利さがまったく違います。 パソコンを使いなれている人はもちろん、パソコンに慣れていない方でもキーボードを使用すれば快適に感じるでしょう。 この章では、タブレットキーボードがあると何ができるのか、なぜキーボードがあると便利なのか、どのような効果が生まれるのかを「使い道」と「メリット」という観点から説明してきます。 【タブレットキーボードの使い道】 タブレットキーボードは、タブレットと接続をすることでキーボードが使うことが可能です。 ディスプレイにタイピングをするのは、打った感覚がないことやキーの位置がわかりづらいため、打ちにくく感じることも多いでしょう。 しかしキーボードがあれば、パソコンのようにスムーズにタイピングができるようになるので、文章を打つのも格段に楽になることでしょう。 そのため、タブレットで文章をよく書くという場合には、キーボードの購入は非常におすすめです。 【メリット】 キーボードを画面に表示する必要がなくなる タブレットで文字を入力するときには、画面上にキーボードが表示されます。 そのキーボードのサイズは大きいため、入力をするときは画面が見づらくなることも多々あるはずです。 タブレットキーボードを使うことで、画面の視界を妨げることなく文字を入力することができます。 画面のキーボードがわずらわしいと感じるのであれば、思い切ってタブレットキーボードを購入してみるのもいいでしょう。 音声入力をする必要がなくなる 中には、「画面をキーボードに取られたくないときは、音声入力で文字を打てば大丈夫」だと考えている方も多いかもしれません。 音声入力は非常に役立つ機能で、自分が考えていることを話すだけで、文字に起こしてくれます。 「しゃべることが好き」という方であれば、なおさら素晴らしい機能ではないでしょうか。 しかし、音声入力のデメリットとしては、作業環境が限られてしまうという点があります。 雑音が多い街中や喫茶店では音の識別が難しいでしょう。 反対に、静かな環境である図書館なども、声を出してはマナー違反になってしまいます。 そのため、さまざまな状況で文字入力の作業をしたいという方は、キーボードを所持しておくと便利なのではないでしょうか。 操作が楽 たとえば、文字の入力を間違えてしまったため、一部分を消したいとします。 パソコンであれば矢印キーを打つことでカーソルが楽に移動するため、操作もそこまで苦労しません。 対してタブレットのディスプレイで操作をしようと思うと、指で上手に指定の箇所をタップしなければいけません。 間違って隣の文字をタップしてしまうことがあるので、操作も難しく、気を遣って作業をしなくてはい けません。 キーボードがあることによって、こうした悩みも解消することができるのです。 「操作がうまくいかなくてイライラしてしまう」といったことも減るため、快適に作業をおこなうことができるのは魅力的なメリットではないでしょうか。 文章が打ちやすい 使うキーボードの種類によって差はありますが、ディスプレイでタイピングをおこなうよりも、キーボードでタイピングをおこなうほうが文字を打ちやすいでしょう。 文字の打ちやすさは入力速度にもつながります。 スムーズに文字を打ちたい場合や入力速度が気になる場合は、タブレットキーボードを利用すると快適にタブレットを使うことができるかもしれません。 自分のタブレットに合ったキーボードを選ぼう 後悔しないキーボード選びをするには、あらかじめどのようなキーボードを使いたいのか確認しておくことが一番でしょう。 キーボードにもいくつか種類があって、それぞれ使い心地や操作性は大きく変わります。 見た目や価格で決めてしまうと、自分に合わないキーボードを選んでしまうことがあります。 キーボードを選ぶときに役立つ知識や特徴を説明していくので、ぜひ自分に合ったキーボードを探すのに役立ててみてください。 【タブレットキーボードの種類】 キーボードドック キーボードドックとは、パソコンに使われているような、しっかりとした作りであることが特徴のキーボードです。 キーボードにタブレットをはめ込むことで使用することができます。 接続方法は、Bluetoothによる無線接続をおこなうものもあれば、有線で接続するものもあるという点も魅力のひとつです。 パソコンに使われるようなキーボードであるため、高価である傾向が強く、持ち運びをするのには向いていません。 重さもあり、サイズもコンパクトではないため、ご自宅で文書の作成などの作業をするときに、パソコン代わりに使用するという場合に使うとよいでしょう。 キーボード付きケースカバー キーボード付きケースカバーとは、デザイン性に優れていることがポイントのキーボードです。 キーボードが人によって合う・合わないがあるため、事前に使い心地を確認しなければならないというデメリットもあります。 メリットのひとつとして、価格が安いという点が挙げられます。 コストを抑えたいという方にはまさにピッタリなのではないでしょうか。 また、デザインを選べることも一体型キーボードケースのおすすめポイントのひとつです。 ケースによってデザインは異なるため、自分の気に入ったデザインのものを選ぶと楽しいかもしれません。 キーボード付きケースカバーは、タブレットを収納することのできる手帳型のケースに、キーボードもはまっているような仕組みのものです。 デバイスごとにケースの大きさは異なるので、自分のタブレットに応じたケースを選ぶ必要がありますが、ケースになっているため持ち運びもしやすく使いやすいでしょう。 【キーボードを選ぶときのポイント】 購入したい種類を決めても、タブレットキーボードは無数にあるため、結局どれを選べばよいのかわからなくて困惑してしまいがちです。 キーボードといっても、ものによって性能はもちろん、構造まで変わってきます。 性能や構造は人によって合う・合わないが変わってくるので、購入前によく見定めることが大切でしょう。 キーボードを選ぶときに注目すべきポイントを説明していきます。 参考にしてみると、自分の使いやすいキーボードがわかるかもしれません。 キーの仕組みの種類 キーボードでキーを打つことで打ちたい文字が本体のデバイスに感知され、文章を書くことができます。 しかし、キーが文字を感知する仕組みはキーボードによって異なることをご存知でしたか? キーの仕組みによって、キーボード自体の価格やカスタム性が変わってきます。 ここでは、キーの仕組みについて解説をしていきます。 おそらく、一番使われているのがこちらのメンブレンタイプのキーボードです。 メンブレンタイプのキーは、上下に接触を感知するシートがついており、上下のシートがタイピングによって触れることでタイピングが認知される仕組みです。 こちらの構造は低コストで作ることができるので、数多くのキーボードに使用されています。 よくノートパソコンなどに使用されている、平たいキーがパンタグラフタイプのキーにあたります。 沈み込む深さが浅いため、軽くタイピングをするだけで感知されます。 総量が少ないというメリットがありますが、耐久性に不安を感じる部分もあるため、キーボードをよく使用する方には向いていないかもしれません。 キーの下部にスイッチが仕込まれており、ほかのキーボードと比べてコストがかかってしまうことから、メカニカルタイプのキーボードは高価であることが多いです。 キーの中にはばねがついており、タイピングによりバネが沈み込むことで感知されます。 バネでキーが沈むので、動きは非常に滑らかです。 タイピングをするときにはメカニカルタイプ特有の打鍵音が鳴りますが、じつは人工的に打鍵音が作られています。 そのため、特有の音も以外にも、別の打鍵音が出るキーボードも存在します。 そして、メカニカルタイプのキーボードは、さらに「静電容量無接点方式タイプ」と「接点接触タイプ」の2種類に分けることができます。 電気を感知できればよいので、キーの上下運動をする仕組みに限りはなく、自由に作ることができます。 構造が複雑であるため、キーボードが重くなってしまうことが難点ですが、少し変わった押し心地を体験したい方は接点接触タイプのキーボードを購入するもいいでしょう。 キーボードを押したときの感触 キーボードの感触というのは非常に大切なポイントで、疲労にも直結するそうです。 キーを沈めるために指で圧力をかけてタイピングをおこないますが、沈めるために必要な力が大きければ大きいほど、疲労を感じやすくなります。 対してキーが浅ければ、物足りなさを感じることはあるかもしれませんが、疲労も少なく、キーボード自体の重さが軽いので、持ち運びに便利でしょう。 長時間タブレットを使うのであれば、使用時の負担の少なさは非常に大事です。 感触は個人によって変わるので、購入する前に確認してみましょう。 キーボードの配列が自分に合っているか キーが並んでいる配列は、キーボードによって異なることをご存知でしたか?配列の種類は、日本ではおもに日本語配列と英語配列の2種類が使われています。 このふたつのアルファベットは同じですが、記号の有無が違います。 プログラミングをする方や、日本以外に住む予定がある方以外は、英語配列のキーボードを購入すると便利かもしれません。 しかし、基本的には日本語配列のほうが変換キーがあったり円マークがあったりと、日常的に使うために便利であることが多いです。 テンキーの有無 テンキーとは、大きめのキーボードの右側によくついている、数字と符号が並んでいるキーボードの一部分のことを称します。 テンキーがないキーボードであれば、すっきりとしてコンパクトな見た目になります。 しかし、数字の入力や計算をするときは、いちいちキーボードの上部にある数字のキーをタイピングしなくてはいけない、という難点があるのです。 そのため、数字を頻繁に入力する機会があるという方や、なるべく打鍵の作業を楽にさせたいとお考えの方は、テンキーがあるキーボードを選ぶとよいかもしれません。 キーの間隔 キーとキーの間隔は、キーボードの種類によって大きく異なります。 爪が長いかたや、ネイルをおこなう女性 であれば、キーの間隔が狭いとミスタイプにつながってしまうことがあります。 より快適にキーボードを使うためには、キーの間隔にも気を配って選ぶとよいでしょう。 【タブレットキーボードを選ぶときのポイント】 タブレットキーボードを選ぶときは普通のキーボードを選ぶときのポイントに加えて、気にしたほうがよいポイントがあります。 気にした方がよいポイントとは、持ち運びがしやすそうかどうかという点です。 もしキーボードをご自宅以外でも使いたいというかたであれば、持ち運びがしやすそうかという点を意識する必要があります。 キーボードによっては、折り畳みができるものもあればできないものもあります。 持ち運ぶうえで、折り畳みができるのかどうかは、バッグに収納するときに非常に大切なポイントです。 またキーボードの重さも、パソコンで使われるような重いものもあれば、軽量化された運びやすいものもあります。 ご自身がどのような環境でキーボードを使うのかを考えたうえで、キーボードを選ぶとより自分に合ったものが選べることでしょう。 【コンパクトな折り畳み式】タブレットキーボードのおすすめ2つ タブレットは、パソコンと比較してコンパクトで持ち運びが楽であるという点が非常に魅力的です。 文字の入力がしづらいという難点に対しても、キーボードを購入することで解消することができるでしょう。 しかし、肝心のキーボードの持ち運びが手軽にできないと、持ち運びが楽であるというタブレットの良さをいかすことができず、本末転倒になってしまうこともありますよね。 そこで、持ち運びを頻繁にする方のために、コンパクトな折り畳み式のタブレットキーボードを紹介していきます。 自分に合ったキーボードがないかを見比べながら読んでみるとよいのではないでしょうか。 MOBO 折りたたみ型 Bluetooth 日本語配列 キーボード【 ホワイト 】専用ケース兼スタンド付 「 MOBO Keyboard 」 AM-KTF83J-SW 日本語配列の、モノクロでデザインされているクールなキーボードです。 大型ENTERキーや多機能なキーが多くついているため使い心地に優れています。 また三つ折りに畳めるような仕組みになっており、なんと文庫本と同じサイズにするまで小さくすることができます。 キーの間隔を1. 9㎝とってあるため、指のずれによるミスタイプの数を抑えることも可能です。 タブレットキーボードを使用するときに懸念として挙がるのが「ふにゃふにゃして、タブレットがしっかりと立たないのでは」という点ですが、専用の脚があるため、安定してタブレットキーボードを使うことができるでしょう。 また、複数のタブレットを所有する方にはうれしいマルチペアリング機能も搭載されています。 マルチペアリング機能を使用することで、いちいち付け替えをしなくても、複数のデバイスでの使用の切り替えを瞬時にすることができます。 レザー仕様なので、質感もよく保護性も優れています。 従来のキーボードであれば180度までしか自由に折り畳みをすることができなかったのですが、こちらは360度自由自在に畳むことができます。 180度開閉タイプのキーボードは別の方向に圧力をかけてしまうことで、折れてしまうおそれがありましたが、360度開閉をさせることができるため、折れるリスクを減らすことができるのです。 また、人間の手の構造に配慮したキーボード設計になっているため、長時間の使用でも疲れにくいようになっています。 長時間タイピングをおこなうビジネスマンの方にはうれしいポイントではないでしょうか。 バッテリー面でも優秀です。 省電力式のバッテリーであるため、連続稼働時間は最大で60時間にもなります。 外出先でも、キーボードの充電切れに心配をすることも少ないかもしれません。 【タッチパッド付きで操作しやすい!】タブレットキーボードのおすすめ2つ タブレットキーボードの中には、パソコンのキーボードとまったく同じように、ディスプレイを触らなくても操作することができるタッチパネルがついているものがあります。 タイピングをしているときには、パソコンと同様にタッチパッドで操作をしたいという方には最適でしょう。 パソコンと同様にキーボードを使用することができる、タッチパッド付きのタブレットキーボードを何点かピックアップしました。 タッチパッド付きを検討されている方はぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。 Ewin 折りたたみ式 Bluetoothキーボード タッチパッド搭載 超薄い型 ミニキーボードWindows、Android、iOS 、Mac、各OSに対応 ブラック EW-RW21【日本語説明書と18ヶ月保証付き】 タッチパッドがついているもので、持ち運びが楽なものを使用したいという方におすすめの商品です。 タッチパッドによってノートパソコンのような快適な使い心地を実現させながら、重さはわずか197gしかありませんさらに三つ折りにすることができるため、持ち運びもしやすいようになっています。 キーボードを使用するときに、多くの人が大事にするポイントのひとつに打鍵感があるのではないでしょうか。 こちらのキーボードは、人間工学に基づいて設計をされており、キーを押した感がしっかりと味わえるような仕様となっています。 タイピングをしたときに出る「カタカタ」という音も静かであるため、音が気になりやすいという方にはおすすめです。 耐久性に優れているという面も持ち合わせています。 1つのキーをおよそ500万回まで打つことが可能とされています。 趣味でキーボードを使う機会がある方はもちろん、お仕事にも愛用できる商品でしょう。 0 タッチパッド搭載 マウスセット ポータブル 超小型 ワイヤレス キーボード 日本語配列 92キー 多機能ボタン USBレシーバー付き Mini Bluetooth Keyboard【日本語説明書と1年の保証付き】ブラック 超小型のキーボードの商品です。 キーが非常に小さいため、普通のパソコンのようにタイピングをすることは少々難しいでしょう。 しかし、キーが立体的なので打鍵感を味わうことは可能です。 小型で、打った感覚があるキーボードを選びたいという方にはぴったりなのではないでしょうか。 高精度なタッチパッドも上部についているため、操作性にも優れていることが魅力です。 超小型のキーボードであるため、重量も軽いです。 折りたたみ式ではありませんが、サイズが小さく軽量なので外出先で使用することにも向いているでしょう。 省電力仕様で、使用しないときには自動で電力を節約してくれるオートスリープ機能がついています。 1回の充電で最大20日間使うこともできるため、頻繁に充電をする手間も省くことができるのではないでしょうか。 【キーボード付きケースカバー】タブレットキーボードのおすすめ3つ 収納性に優れているのが、キーボード付きケースカバーです。 タブレットとキーボードをひとつのケースに収納することで、コンパクトにまとめることができます。 タブレットとキーボードがまとまっていることによって、バッグに荷物をいれるときにごちゃごちゃしなくて済むというのもメリットです。 この章では、おすすめのキーボード付きケースカバーを紹介していきます。 荷物をすっきりさせたいと考える方や、デザインに凝ってものを選びたいという方は、キーボード付きケースカバーの中から探してみるとよいかもしれません。 探す際には、ご自身のタブレットとケースのサイズが合うかをお確かめのうえ、検討することが大切です。 サンワサプライ タブレットケース型Bluetoothキーボード SKB-BTTAB1BK ブラック一色の手帳仕様である、タブレットキーボードです。 タブレットを留め具で固定することで、設置することができます。 タブレットの取り外しがおこなえるだけでなく、キーボードもケースから外すことが可能です。 必要にカスタムできるのはうれしいポイントではないでしょうか。 この商品の特徴として、暗い場所でも使用できるという点があります。 タブレットキーボードにライトがついているため、ライトを点灯させて暗い中での作業も楽々おこなうことができるでしょう。 7 汎用 キーボードケース Bluetooth 3. 0 着脱式 ワイヤレス ブルートゥースキーボード カバー 高級PUレーザー アルミ合金キーボード スタンド機能付き 日本語 JIS配列 keyboard case for iPad 電波法認定済み正規品【日本語説明書と一年保証付き】ピンク この商品は、カラーを選ぶことができます。 全部でブラック・レッド・ゴールドピンク・ピンクの4色があり、自分の好みに合わせて決めることができるでしょう。 カバーはレザー、キーボードはアルミニウムが素材として使われています。 また、マグネットを使用しているため、キーボードを使用中にずれてしまうといったトラブルも少ないです。 必要に応じてキーボードとケースを分離させることができるためタブレット以外にも、インターネットが利用できるスマートTVなどで使うことができます。 こちらのキーボードケースはiPad9. 7iPad Air、iPad Air2、iPad Pro 9. 7、専用となっているため、商品を検討するときは注意をして購入をしてください。 重さはおよそ270gと持ち運びにも適した重量で、カバンの中にも収納しやすいでしょう。 見た目も非常にスタイリッシュなデザインで、アルミニウムでできたボディはシンプルなオフィスにも映えます。 軽量でデザインが良いだけでなく、使い心地にも優れていて、自分の目線に合わせてタブレットの角度を変化させることができます。 コンパクトだからといってバッテリーが切れやすいということもなく、使い方によっては1回の充電で半年間使い続けることができるともいわれています。 タブレットとキーボードの接続方法 自分に合ったキーボードを探した次は、使う準備をする必要があります。 タブレットキーボードを使うためには、まずタブレットとキーボードを接続させなければいけません。 接続の仕方にも、「Bluetooth」と「USBケーブル」の2パターンがあります。 方法によって持ち運びのしやすさや通信状況が変わるので、どちらの接続方法が利用しやすいかを考えてみるとよいでしょう。 USBケーブル USBケーブルを利用して接続をおこなう方法です。 USBケーブルは、動作にずれが生じることも少なく、快適に使用ができることが魅力です。 また、接続の作業は指定の箇所同士をケーブルでつなぐだけと非常にシンプルなため、設定をする手間もなく気軽に使用することができます。 「難しい設定は避けたい」と思う方であれば、USBケーブルを使うことをおすすめします。 Bluetooth Bluetoothで接続をおこなうタイプをBluetoothキーボードと呼びます。 ケーブルで接続しなくてもキーボードが利用できるので、すっきりとした環境でタブレットを使用することができます。 しかし、購入には注意するべきBluetoothキーボード特有のデメリットがあります。 無線での接続になるため、通信状況が悪いと実際のタイピングとディスプレイに時間差が生じることがあります。 さらに電池切れのおそれもあるため、外に持ち歩くときには気を使わなくてはなりません。 人によっては、Bluetoothの接続に難色を示す方もいるでしょう。 タブレットとキーボードを接続させるためにBluetoothの接続設定をおこなわなければならないため、最初は戸惑うこともあるようです。 いくつかのデメリットがある一方で、魅力的なメリットもあります。 その大きなものとして、無線で接続ができるということから、タブレットの置き場所を自由に決めることもできるというのが挙げられます。 ケーブルであれば持ち運びのときにわずらわしく感じたり、断線をしてしまったりするトラブルが起きてしまいがちですが、無線はそのような苦労もなくなるため楽でしょう。 まとめ タブレットキーボードがあれば、どこのキーを打ったのかが感覚でわかるためスムーズにタイピングがしやすく、文章を校正するときでも矢印キーがあるため楽に操作をすることができます。 画面上にキーボードが表示されないため、画面を見ながらタイピングをすることも可能です。 文字を入力するときにキーボードを使用することで、格段便利になるでしょう。 ただし、やみくもにキーボードを買ってしまえば、後悔をしてしまうこともあります。 キーボードにも一体型キーボードケースやキーボードドックなどの種類があり、キーがタイピングを感知する仕組みによってキーボードの値段は変わったり、日本語配列か英語配列かで利便性はまったく違うでしょう。 細かい違いのように感じますが、普段から使うキーボードをせっかく購入するのであれば、少しでも便利なものを購入したいですよね。 これらのポイントを確認して、それぞれにメリットやデメリットがあることを踏まえたうえで選ぶと、自分にぴったりなものが見つかるかもしれません。 使う人に合わせてキーボードの種類はあるため、購入の方針は決まってもどれがいいのかピンとこないこともあると思います。 そのようなときは、ぜひ今回紹介したおすすめ商品を参考にしてください。 自分に合ったキーボードが選べるようによく吟味をしながら、購入を検討しましょう。 パソコン周辺機器修理を依頼できる業者や料金 依頼できる業者や料金について、詳しくは「」の「」をご覧ください。

次の