女性 高収入。 高収入・高額・高給の正社員・契約社員の転職・就職求人情報|【バイトルNEXT】で仕事探し

女性が活躍中の「高収入」を含む転職・求人情報

女性 高収入

女性の平均年収は? まず、給料がいい職業を見ていく前に女性の平均年収をみてみましょう。 国税庁の「民間給与の実態調査結果(平成28年)」によると年間の 女性平均年収は280万円となっています。 ネットにあがっているアンケート結果でも、働く独身女性の年収はだいたい250万~300万未満が最も多くなっています。 対して男性の平均年収は521万円。 どうしても女性はパートなど正規職員としての給料だけではないので、ここまで差がでてきてしまいますが、それにしても男性の平均年収とここまで違うのは驚きですね。 年収1000万円を超える女性の割合は? 女性の平均年収が280万円であれば、年収500万円もあれば給料が高いと言えそうですが、年収が1000万円超えている人はどれくらいいるのでしょうか。 参考: 国税庁の「民間給与の実態調査結果(平成27年)」によると、女性で年収が1000万円以上の人は0. 8%というデータがでています。 1%にも満たしてない!むしろ年収が300万円以下という割合が6割を占めており、女性の平均年収は300万円以下であると考えられますね。 ちなみに、男性の年収1000万円越えの割合は6. これまた女性の0. 女性が稼ぐということは男性より難しいといっていいのではないでしょうか。 女性の収入のいい仕事ランキング ここでは、厚生労働省が実施した「平成28年賃金構造基本統計調査」の統計表をもとに、職種別の年収を調べました。 年収として載っているわけではないので、「現金給与額」を12でかけて、「年間賞与その他特別給与額」を足して、年収としています。 年代別の給与・賞与・年収も表にしてます。 端数は省略しているので、年収に少し影響がでています。 10位:大学講師 講師とは、授業時間にのみ出勤して授業を行う人のことで、大学の場合、講師は教授や准教授の下という位置づけで、その講師には常勤の人と、必要なときだけ授業を行う非常勤の講師がいます。 教授になるには博士号を取得していることが必須なので、講師になる最低の年齢は27歳ということになります。 講師はほとんど准教授と仕事は変わらないようですが、年収には差がでてきます。 (5位参照) 平均年齢 43. 9 勤続年数 6. 8 所定内労働時間数 165 超過実労働数 1 給与 42万2,200円 年間賞与 130万9,000円 労働者数 1万40人 年収 637万5,400円 年齢別年収 年齢 給与 賞与 年収 25~29歳 32万 34万 418万 30~34歳 39万 82万 550万 35~39歳 40万 135万 615万 40~44歳 42万 125万 629万 45~49歳 45万 159万 699万 50~54歳 44万 148万 676万 55~59歳 45万 142万 682万 60~64歳 45万 180万 720万 65~69歳 47万 247万 811万 9位:航空機客室乗務員 客室乗務員(CA、キャビンアテンダント)は、多くの女性が憧れかつては年収1000万円を超える人も多かったことで知られていましたが、今や年収は低くなっているのが現状です。 新卒で採用試験に合格しても、多くの航空会社が「契約社員」からのスタートとなっているので、給料が時給制だということが低収入になっている一因のよう。 とはいえ、女性の給料が高い年収ランキング9位にランクイン。 年代別にみると、20代は高くない年収ですが、年齢が高くなるにつれて年収もあがっています。 平均年齢 41. 0 勤続年数 17. 2 所定内労働時間数 139 超過実労働数 3 給与 44万8,000円 年間賞与 121万4,700円 労働者数 8,760人 年収 659万700円 年齢別年収 年齢 給与 賞与 年収 20~24歳 23万 37万 313万 25~29歳 29万 25万 373万 30~34歳 35万 68万 488万 35~39歳 36万 104万 536万 40~44歳 44万 146万 674万 45~49歳 55万 187万 847万 50~54歳 59万 196万 904万 55~59歳 60万 190万 910万 8位:記者 新聞・雑誌・報道記者など様々な場所で活躍する記者は、ジャーナリストとも呼ばれます。 特に資格は必要なく、大卒以上でなれるようです。 平均年齢 35. 5 勤続年数 10. 平均年齢 38. 1 勤続年数 8. 2 所定内労働時間数 153 超過実労働数 35 給与 53万6,400円 年間賞与 112万4,300円 労働者数 3,180人 年収 756万1,100円 年齢別年収 年齢 給与 賞与 年収 20~24歳 16万 22万 214万 25~29歳 44万 54万 582万 30~34歳 58万 123万 819万 35~39歳 51万 135万 747万 40~44歳 37万 167万 611万 45~49歳 38万 85万 541万 50~54歳 69万 65万 893万 55~59歳 47万 104万 668万 65~69歳 43万 74万 590万 70歳~ 33万 79万 475万 6位:歯科医師 歯科医師って男性のイメージが強いですが、女性しか医師も増えてきており、厚生労働省によると、平成24年時点で約2万2千人となっています。 平成14年時点では、約1万6千人だったので、少しずつ増えてきていることが分かります。 平均年齢 37. 1 勤続年数 4. 2 所定内労働時間数 161 超過実労働数 1 給与 60万9,400円 年間賞与 28万1,100円 労働者数 2,630人 年収 759万3,900円 年齢別年収 年齢 給与 賞与 年収 20~24歳 16万 0万 192万 25~29歳 32万 22万 406万 30~34歳 53万 14万 650万 35~39歳 57万 51万 735万 40~44歳 109万 113万 1421万 45~49歳 91万 0万 1092万 50~54歳 45万 0万 540万 55~59歳 55万 0万 660万 5位:大学准教授 講師の時に研究実績として良い論文をたくさん書いて、教授に好かれたら准教授に昇格できるそうです。 具体的には教授が集まって会議をする教授会で審査されて決まるのですが、順調に准教授の席が空いたとしても 准教授になれるのは30〜40歳頃 です 平均年齢 48. 6 勤続年数 8. 司法試験は最難関の試験と言われており、かなりの勉強量が必要となりますが、司法試験の受験資格を取得するまでも厳しい道のりとなっています。 平均年齢 35. 7 勤続年数 6. 5 所定内労働時間数 158 超過実労働数 1 給与 51万9,800円 年間賞与 218万8,900円 労働者数 960人 年収 842万6,500円 年齢別年収 年齢 給与 賞与 年収 25~29歳 37万 113万 557万 30~34歳 52万 277万 901万 35~39歳 38万 52万 508万 40~44歳 61万 163万 895万 45~49歳 53万 262万 898万 3位:大学教授 平均年齢 57. 3 勤続年数 15. 平均年齢 38. 8 勤続年数 5. 5 所定内労働時間数 161 超過実労働数 11 給与 83万400円 年間賞与 85万600円 労働者数 2万1,570人 年収 1081万5,400円 年齢別年収 年齢 給与 賞与 年収 20~24歳 39万 0万 468万 25~29歳 50万 30万 630万 30~34歳 74万 78万 966万 35~39歳 91万 94万 1186万 40~44歳 97万 91万 1255万 45~49歳 101万 153万 1365万 50~54歳 114万 149万 1517万 55~59歳 122万 116万 1580万 60~64歳 117万 152万 1556万 65~69歳 124万 21万 1509万 70歳~ 60万 10万 730万 1位:航空機操縦士 航空機操縦士とはパイロットのことを言います。 パイロットは男性のイメージですが、女性パイロットも存在するようです。 数少ない女性パイロットが年収1位に輝きました。 平均年齢 39. 5 勤続年数 11. このランキングをみていると、年収1000万円を超えている仕事は3位までですね。 女性で年収が1000万円以上の人は0. 8%というデータにも納得です。 そもそも10位以内に入っている職業に就いている女性は1万人以下。 全人口の女性はおおよそ36億ですから、給料の高い仕事に就いているいる人はかなり少ないですよね。 10位までの職業に就くのはかなり難しい道のようなので、それも仕方ないかもしれません。 とはいっても、お金が稼げる職業に就きたい!かつその職業に就くのに苦労したくないと思っている女性もいるでしょう。 女性の平均年収が300万程度なので、平均年収よりは上の給料を10位以降もサクッとみていきましょう。 平均年収から考えると、400万だと収入のいい仕事といっていいのではないでしょうか。 給料がいい仕事を探しているのであれば、上位10位の仕事に就くのがおすすめです。 給料のいい仕事を探している人はこのランキングを参考にしてくださいね。 男性の収入のいい仕事ランキング ついでに男性の給料がいい職業もご紹介します。 年収がいい人と結婚したいという人は職業を参考にして出会いを見つけてください。 女性の高収入ランキングとほとんど同じですね。 収入もほぼ男女同じですが、1位のパイロットの年収は全然違いますね!男性のパイロットは2000万円を超える年収ですから、パイロットが高収入と言われるのも分かります。 まとめ いかがでしたか。 今自分が就いている仕事は何位ぐらいにランクインしているでしょうか。 また、これ収入がいい仕事に就きたいと思っている人のお役にたてたなら嬉しいです。 やはり国家資格をもっている職業は上位にランクインしていますよね。 稼げる仕事に就いている女性ってあまりイメージが就きにくかったですが、今回の調査で高収入の職業を知ることができました。 看護師もトップ20にはランクインしていましたが、上には上がたくさんいることが知れて良かったです。

次の

東京都でオススメの女性向け高収入(高額)バイトを各エリアでご紹介

女性 高収入

目次 今回は高収入・高年収な職種へ転職したい人向けに、「未経験でも可能な高収入・高年収な職種」「高収入・高年収な職種ランキング」「高収入・高年収な職種の特徴」「少しでも年収の高いところに転職するコツ」など、転職のプロである筆者が余すことなくご紹介します! 2020年最新版なので高年収・高収入な職種へ転職したい人は、ぜひ最後まで読んでみてくださいね! 未経験でも転職が可能な高収入・高年収な職種 未経験でも可能な高収入・高年収な職種は、 基本的に少ないと思ったほうが良いでしょう。 求人企業は基本的に、即戦力となる人材を採用したいと考えているため、給与に関しても今までのキャリア・スキルなどが考慮され、決定されることが多いからです。 このような理由から、基本的には未経験でも高収入・高年収を見込める職種は多くないのが現状です。 業種経験不問の高収入転職例 他業種の営業経験者が MR(医薬情報担当者)として採用されたケースがありますね。 MRは製薬会社の営業職で、一般的な営業職よりも、専門性の高い知識やスキルが必要になっているため、月給が高く設定されています。 営業職経験者であれば、業種未経験でもすぐに活躍できる職種の1つです。 他には、メディカル業界で医薬品メーカーがドラッグストアや化学メーカーで働いている薬剤師や開発者を採用することもあります。 薬剤師や開発者は、人の生命に関わる仕事のため専門性が高く、年収も高くなっています。 世の中には美味い話はそうそう転がっていません。 未経験での転職でも高年収が見込めるのは、上記のように専門性の高い職種か、激務といわれる職種に限られてしまう傾向にあります。 ただ、 に登録しておくと好条件のオファーが届く可能性もあるので、登録しておくのがオススメです。 高収入な職種ランキング〜全体〜 dodaが発表している「」によると、平均年収の高い職種は以下のようになりました。 上位10位までをざっとご紹介しますね。 1位: 弁護士 2位:投資銀行業務 3位:ファンドマネジャー・ディーラー 4位:MR 5位:業務改革コンサルタント 6位:アナリスト 7位:戦略/経営コンサルタント 8位:プロジェクトマネジャー 9位:内部監査 10位:会計専門職/会計士 参考: この平均年収の結果を見ると、「あ〜確かに確かに。 わかる」って思われている人も多いのではないでしょうか。 どれも高収入・高年収のイメージがある職種ばかりです。 現在、どこの業界も人手不足が叫ばれており、業務の効率化を図るために、システム構築の計画策定や開発支援をおこなうエンジニア職は、需要もあるので高年収になりやすいです。 優秀な人であればあるだけ、月収は高くなっていきますね。 企業は様々な業務課題を抱えており、その問題を解決するための経営戦略の提案をおこなうコンサルタントやアナリストも年収が高くなっています。 優秀な人であれば、20代で2000万円なんてこともあるそうですよ。 このように年収が高い職種は、非常に高い専門性が求められます。 また、金融や不動産分野、経営面などに深い知識やスキルが必要になってきます。 以下で、上位1〜5位の職種について、少し詳しくご紹介していきます。 1位:弁護士 弁護士へ転職するには、まず国家資格がないと話になりません。 多くの人は弁護士へ転職するのは、時間的にも金銭的にも難しいでしょう。 国家資格を持った法律の専門家のため、月給が高くなるのは当然です。 実際にそういうイメージを持っている人も多いですよね。 大手の弁護士事務所へ転職できれば、1年目から年収が1000万円を超えることもあるとか。 2位:投資銀行業務 投資に関わる業務を担当するため、金融業界の中でも高いスキルと知識が必要になる職種です。 主に、三菱UFJ銀行や三井住友銀行などのメガバンク、や大和証券などで必要とされる人材です。 株式や債権などの新規発行の引き受け業務• 株式公開支援• 買収や合併に関する助言・支援 ちなみに年収ですが、20代はおおよそ500万円ほどで、30代になれば1000万円を超えることもあるそうです。 3位:ファンドマネジャー・ディーラー お金の運用に関わるため、金融業界の中でも非常に高い専門性が求められます。 転職先は主に、生命保険会社、損害保険会社、投資信託会社などになりますね。 生保や損保であれば顧客の保険料、投資信託なら顧客の資金を元に運用をします。 元手になるお金が顧客の資産なので、運用に失敗して損害を出すわけにはいきません。 そういう意味でも資金運用に対する深い知識が必要になってくるわけです。 生命保険や保険の営業について、さらに詳しく知りたい人は以下の記事も読んでみてください。 高収入な職種ランキング〜女性〜 2016年4月に女性活躍推進法が施行され、女性の社会進出を国として後押しする時代になりました。 かつては20代で結婚し、そのまま家庭に入り、子供を育てるのが女性の正しい生き方とされてきましたが、時代は大きくかわり女性でも活躍できるようになってきています。 とはいえ、実際には男性と女性では、昇進や年収は未だに埋められない差があります。 そんな中でも高年収の女性はいます。 どのような職種が高年収なのか、とらばーゆが発表している「」によると以下のような結果になっています。 1位: 特許事務・法律事務 2位:助産師・保健師 3位:商品企画 4位:プログラマー・SE 5位:薬剤師 6位:ユーザーサポート・カスタマーサポート 7位:キャリアカウンセラー・派遣コーディネーター 8位:人事・総務 9位:貿易事務・通訳・翻訳 10位:DTPオペレーター 参考: 全体の平均年収が高いランキングと比べ、女性のランキングは事務職といったバックオフィスが多いようですね。 バックオフィスが多くランクインしている理由の1つには、 を維持しやすいからです。 営業などと違い、1日の業務がある程度決まっているため、残業や休日出勤が少ないのがバックオフィスの魅力の1つです。 ランクインしている職種の多くは、バックオフィスでありながらも、専門的な知識やスキルが必要なものばかりです。 一般的な事務職の場合、そこまで年収は高くないのですが、法律や医療などの高い専門性を伴う職種は年収が高く設定されています。 結婚や出産、子育てといったライフイベントは女性のキャリアに大きく影響します。 子供の進学やマイホームの購入など、先々で必要になるお金を思えば、なるべく年収が高く、かつバックオフィス系の職種が多くランクインしているのも納得できますね。 年収を上げたいと考えている女性の方は、以下の記事もぜひ読んでみてくださいね!• 公認会計士• 税理士• 不動産鑑定士• 宅地建物取引士 資格取得試験を受けるために、特定の学歴は必要ないものの、今回紹介する4つも難易度が高い職種です。 取得するのが大変な資格だからこそ価値があると理解しておきましょう。 極端な話ですが、医学部や法学部を卒業していない医師や弁護士に仕事を任せられますか?ということになります。 専門的な知識やスキルは、高ければ高いほど評価され、必要な人材だと歓迎されて年収も高くなる傾向にあるのです。 公認会計士 公認会計士は、企業の監査業務・コンサルティング業務・税務業務をおこないます。 公認会計士にしかできない業務は企業の監査になりますね。 公認会計士は弁護士に次ぐ事務系の取得が難しい資格だと言われています。 資格を取得するためには、公認会計士試験に合格し、2年以上の業務補助をおこなう必要があります。 その後は、一定期間の実務補習を受け、最終的に修了考査(最終試験)に合格して、初めて公認会計士の資格を得ることができます。 なるのがとても大変なのもあって年収は高く設定されています。 大手事務所で働ければ、年収1000万円も夢ではありません。 また、特定分野の専門家として、将来的に開業することもできます。 税理士 税理士は公認会計士と混同されがちですが、具体的な仕事内容は納税者に代わって税務申告、事務書類の作成提出など、税務に関わる代行業務になります。 税理士になるためには、年に1回国税庁がおこなっている税理士試験に合格する必要があります。 全5科目の試験を受け、それぞれの合格率は10〜20%前後と言われており、非常に難しい試験です。 税に関する専門性の高い試験のため、最低でも2年間以上勉強しないと試験には受からないと言われていますね。 公認会計士同様に、試験が非常に難しく、税理士も年収が高い傾向にあります。 不動産鑑定士 不動産鑑定士は、土地や建物などの不動産価格を鑑定評価をします。 不動産業界では1番難しい試験と言われていますが、受験資格はないため、試験を受けるハードルはそこまで高くないでしょう。 ただ、参考書だけで試験を突破するのは難しく、予備校に通う必要はあるようですね。 就職先としては不動産会社、建設会社、金融機関、コンサルティング会社など、様々な業界で需要がある職種です。 経験を積んでいけば、ゆくゆくは独立開業も難しくないようです。 宅地建物取引士 宅地建物取引士は、不動産の売買や賃貸の仲介で必要になる職種です。 顧客に対して契約書の重要事項の説明や書類への記名・押印をするのが業務内容です。 不動産は高額な取引になるため、不動産会社は宅地建物取引士がいなければ営業することができないほど、重要な職種です。 就職先としては不動産会社をはじめ、住宅メーカーや建築会社、金融機関など、不動産鑑定士と同じように様々な業界で需要があります。 受験資格の制限はないので誰でも宅地建物取引士になれますが、簡単に資格を取得することはできません。 不動産に関する専門的な知識が必要になってくるため、しっかりと勉強をする必要があります。 ちなみに合格率は16〜17%ほどと言われていますね。 不動産業界への転職も選択肢に入れたい人は、以下の記事もおすすめです。 高収入な職種の特徴 高収入・高年収な職種の特徴ですが、全体でも女性でも、 専門性の高い知識やスキルを持っていることが歓迎される人材の条件ですね。 とくに取得するのが難しい国家資格は、年収が高くなる傾向にあります。 今よりも年収を増やしたい!と思って、転職を検討している場合は、気になる職種とその業界で需要のある専門的なスキルや資格があるのかを調べてみましょう。 であればプログラミング能力、であれば語学力など、事前に知っていて勉強を始めていれば、実際の選考で有利に進められます。 年収が高くなるのは、それだけ専門的な知識やスキルがあるからです。 企業はその専門的な知識やスキルにお金を支払うのです。 そのことを理解して、今の自分ができることから始めれば、年収アップも夢ではありません! また、に登録しておくと、企業・ヘッドハンターから好条件のオファーがピンポイントで届く可能性がありますよ。 少しでも年収の高いところに転職するコツ 高年収職種への転職をお考えならば、転職エージェントの利用をおすすめします。 意外と知られていませんが、実は全ての求人が企業のホームページに載っている訳ではありません。 幹部候補やマネージャー層などの高年収・ハイレイヤーの求人は、「競合に動きを知られたくない」「できるだけ優秀な人材を集めたい」という企業のニーズから、転職エージェントに非公開の求人として秘密裏に募集を依頼しているケースが多いです。 転職エージェントを利用することで、できるだけ多くの高年収の求人をチェックできるので、納得の行く転職ができるでしょう。 年収500〜600万円以上の転職を目指す方向け ハイクラス求人は全体的に少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

次の

彼氏の年収が自分より低い…高収入女性が抱える悩みと本音

女性 高収入

メンズバニラは「稼ぎたい人」のためにある風俗男性求人サイトです。 「とにかく稼いで金銭的に余裕をもちたい」「借金を早く完済させたい」「稼ぐ男になって周囲を見返したい」そんな男性の夢や希望を叶えられる求人だけを掲載しています。 ナイトワークやサービスワークなら、一般企業にありがちな年功序列に縛られずに、やる気と成果次第で収入もキャリアもハイスピードで上がるチャンスがありますよ。 未経験から月収100万円以上、年収1,000万円以上の高月収・高年収を狙うことも十分可能です。 メンズバニラでは各求人の特徴、給与額、待遇一覧などがすぐに確認できるので、風俗男性求人を初めて探す方でも安心してご利用いただけます。 失敗しない風俗男性求人の選び方 あなたに合ったお店で働くことが高収入への近道です。 メンズバニラでは以下のような条件で求人を絞り込めます。 働きたいエリアから風俗男性求人を探す 高収入な風俗男性求人は東京や大阪といった大都市にしかないのでは?」との印象が強いかと思いますが、そんなことはありません。 全国各地の主要都市で稼げるチャンスがあります。 有名な歓楽街があるエリア、自宅から通いやすいエリアなどから探してみてください。 「寮・社宅完備」の求人を探せば、憧れのあの街で働くこともできますよ。 職種から風俗男性求人を探す 職種によって時給・年収の目安は変わってきます。 メンズバニラには受付スタッフや送迎ドライバー、Webデザイナー、店長・幹部候補など、男性に人気の幅広い職種を扱っています。 未経験でも応募ができる風俗男性求人が多数あるので、「これならできそう」と思える求人を探していきましょう。 給与から風俗男性求人を探す 「絶対にこのぐらいは稼ぎたい」としっかりした目標があるなら、給与額から探してみましょう。 高時給、高月給、高年収を狙いたい方は、どんな求人なら目標金額を稼げるのかリサーチしておくのも良いですね。 こだわりから風俗男性求人を探す 同じエリアの同じ職種でも、待遇や職場の雰囲気は異なります。 「日払い・週払いOK」「賞与あり」「車・バイク通勤OK」「独立支援あり」など、具体的な待遇は店舗によって千差万別。 「これだけは譲れない」という待遇があれば、ぜひ必須条件に入れてください。 また、バイトで働くか、正社員で働くかも大きな問題です。 気軽に働いて高時給を狙いたい方はアルバイト、キャリアアップや責任のある立場を狙いながら高年収を実現するなら、正社員の求人を探してみると良いでしょう。 風俗男性求人「メンズバニラ」からのアドバイス!.

次の