ドル ウォン レート。 ドルウォンレートの推移、1200突破でどうなる!?(2020年)

米ドル/円(USDJPY)|為替レート・チャート|みんかぶFX

ドル ウォン レート

210394 1203. 660000 1354. 358232 238. 249441 825. 951492 169. 857330 1509. 630372 775. 758870 864. 263661 38. 827742 40. 583297 70. 504920 886. 217052 176. 632181 155. 300948 1263. 685039 281. 689679 54. 162804 23. 929622 15. 822746 0. 084765 17. 153484 129. 152226 124. 761342 181. 736649 327. 695952 1. 518163 0. 005922 3906. 718598 320. 505925 280. 051187 0. 179036 74. 162662 0. 318513 1695. 295775 347. 136183 0. 792664 107. 340000 120. 778968 21. 246610 73. 656708 15. 147538 134. 625828 0. 089162 69. 180630 77. 073311 3. 462581 3. 619138 6. 287488 79. 031071 15. 751706 13. 849429 112. 692913 25. 120524 4. 830131 2. 133996 1. 411041 0. 007559 1. 529714 11. 517538 11. 125968 16. 206912 29. 223272 0. 135387 0. 000528 348. 393379 28. 582080 24. 974407 0. 015966 6. 613678 0. 028404 151. 183099 30. 956913 0. 070688 情報提供元:.

次の

外国為替計算

ドル ウォン レート

スポンサーリンク ドルウォンレート推移 こちら2019年からのドルウォンレートの推移のグラフです。 2019年9月ぐらいまではきれいな右肩上がりでウォン安進行。 その後、10月に一旦ウォン安トレンドが終了したかにも見えました。 その後、2019年の年末はアメリカと中国の貿易戦争が一段落ということで1155近辺までウォン高に。 安心感が広がりました。 そうして2020年は1155ぐらいからのスタートでしたが、新型肺炎の影響で再び1200を超す展開になっています(かなり急激にウォン安になっています)。 その他の要因としては世界経済が不安定になると安全で信用のある通貨である円は買われ、ウォンのような不安定な通貨は売られます。 これがウォンという通貨の本当の実力と言えます。 日付 ドルウォンレート概要 2020年4月2日 ドル不足か?ウォン安進行で1230超え 2020年3月27日 市場が少しずつ落ち着いてきた1210までウォン高 2020年3月23日 再び1280までウォン安進行やばい 2020年3月19日 韓米通貨スワップで1260までウォン高 2020年3月19日 1280超えやばい! 2020年3月18日 1260超えやばい! 2020年3月17日 一時1240超え 2020年3月16日 1230超え 2020年3月13日 1220超えで危険状態 2020年3月3日 1180までウオン高、一旦落ち着く 2020年2月24日 1220手前までウォン安 2020年2月21日 1210を突破 2020年2月20日 1200近辺までウォン安 2020年2月12日 1180までウォン高 2020年2月8日 再び1195水準に 2020年2月4日 新型肺炎の危機薄れ1180付近までウォン高 2020年2月1日 1197付近でスタート。 com) 2019年のウォン安について 2019年に入ってアメリカ中国の貿易戦争が本格化。 中国元の下落と共に韓国ウォンも下落しています。 2019年4月~5月に急激にウォン安へ 2018年のドルウォンレートは比較的安定していました。 1070~1100ぐらいということで少しウォン高という感じでしょうか? おそらく韓国としてはウォンドルレート1100~1150ぐらいが一番良いレベルだと思います。 ウォンが強すぎると輸出がふるわなくなり、逆にウォンが弱すぎると外国への借金が返せないということで難しい状況です。 そのウォンドルレートが2019年4月から急激にウォン安に触れ心地よいレートから外れてきました。 2019年5月17日には1195までウォン安が進行。 その後は1200を手前に一進一退の状況です。 2019年6月~7月はやや戻す その後2019年6月~7月はややウォン高にふれています。 1160までウォン高に。 アメリカ中国の貿易戦争が一息ついたという情報もあったのでリスク選好の形になったのでしょう。 2019年8月にウォン安へ その後、2019年8月に再びウォン安になり1220近辺までウォン安が進行しています。 9月に入ってやや落ち着いていますが危険な水域と言えるでしょう。 2019年10月~11月中旬にウォン高 その後、10月~11月中旬はアメリカ中国の貿易戦争が一息ついたということでウォン高進行。 1160近辺までウォン高が進んでいます。 2019年11月中旬以降 11月中旬以降は再びウォン安に。 一時1160付近までウォン高になりましたがそこからウォンが売られて1180を超えてました。 再び1200に近づき、1200を超す展開が2019年内にあるかもしれません。 ただし韓国がGSOMIA破棄を撤回したのでしばらく落ち着く可能性もあります。 (参考:) 韓国株価指数下落もウォン安要因 韓国の株価指数下落もウォン安要因になります。 株価は韓国企業の業績を反映しているので当然と言えば当然。 (ただし日本の場合は通貨が強いので日本の株価が下落しても円安にはならない。 逆に株安でも信頼できる円が人気になり円高になることも多い) 株価は2000を切ると危険と言われていますが個人的には1900ぐらいが危険なラインと思います。 そして2018年以降は株価も通貨も少しずつ危険水域に接近しています。 株価が暴落すればウォン安が一気に進行する可能性があるし、逆にウォン安が進行することで株価が暴落することもあり得ます。 どちらも韓国にとては考えたくないシナリオですが十分にあり得ます。 韓国の株価指数も要チェックです。 (参考:) まとめ 2019年4月以降、ウォンが売られて通貨安の状況。 1200や1250が1つの防衛線とも言われているので注目していきたいと思います。 (個人的には1300ぐらいまでは全然大丈夫だとは思っていますけどね) 人気記事ランキング• ゴールデンレイ号についての最新情報が出てきました。 今後も情報が出てきたら追記していきます。 記事「ク... 双龍自動車が倒産のピンチのようです。 韓国政府に支援要請を出しているようですがどうなるのか?それでは記事の内容な... 韓国から日本に対して外国人参政権付与を求める声があります。 その理由に韓国人でも外国人参政権を認めているから。 韓国マスコミが日本の輸出管理強化で日本の損失が韓国の2倍になったと報じています。 記事「「自ら不利な手打った... 韓国は過去に何度か通過危機が起こっています。 その度に日本は支援していますが韓国からは感謝されるどころか「支援が... イランが韓国に原油代7兆ウォン支払えと要求したようです。 記事「イラン外務省「原油代7兆ウォン支払え」…韓国... 2019年12月16日の記者会見において菅官房長官は「日本の輸出管理は相手国との協議対象ではない」と述べていま... 韓国の自動車生産台数が年々、減少を重ねています。 2019年は最低ラインとされる400万台を切る可能性があると指... 2021年からソウル市内すべての小・中・高校で「オーガニック無償給食」にするとのことです(記事は昨年のもの)。... 2019年12月18日に日韓サッカーの対決がありました。 残念ながら日本は敗北しています。 ここで注目した...

次の

韓国 ウォン に対する 米 ドル の為替レートのグラフ: 過去の為替レート (180 日グラフ)

ドル ウォン レート

"を宣告されて、ウォン激安から暴落となります。 問題は、暴落となってもIMFも日米英欧も豪加瑞も助けないと強く見込まれており、C那が助けるかどうかで破綻の様相が変わってきます。 既にウェリントン市場で相場が開いていますが、午前9時ぐらいに東京市場の傾向が出てきますので、その状況で1200KRW突破の時期が推測できるかと思います。 ちなみに、K国は既に財政破綻状態と言って間違いありません。 財政赤字が約1000兆円あると推測されており、対外資産がなく、純債務額と考えてもよいので、企業だったら会社更生法とか民事再生法ではなく破産法の段階です。 まあ、K国財務省は記者会見で外貨準備高が4000億ドルあると豪語したので、それが本当ならば、こんなウォン激安にはならないのですが、実態は1000億ドル未満と言われており、介入資金がないと推測されています。 個別融資で国賊みずほから引っ張り出せそうもなく、インターバンク市場ではKマークがついた場合は、融資拒絶か十一金利だそうで、米英欧の外貨建て債券が発行できる状況にはなく、日本のサムライ債なんてほとんど無理ですから。 そして、通貨スワップや為替スワップは、基軸通貨国の日米英欧は締結しておらず、豪加瑞は条件があるため、ほぼ利用できず、東南アジアの複数国と締結したスワップは、K国が利用すると自国の通貨が暴落する恐れがあるため、これも使用拒否となる可能性が極めて高い。 C那とのスワップは2017年10月に不延長で終了確定のため、あとはインターバンクや個別融資で人民元を借りて、それで米ドルを調達するしかない。 問題は貿易摩擦で混乱状態のC那がK国の面倒を見るかというと、対ドルで人民元安となるため、ほぼほぼ無理筋な話です。

次の