安生洋二 強い。 安生洋二

ミスター200%安生洋二、引退

安生洋二 強い

UWFという、狭い枠内では最強だったのかも知れません。 いわゆるポリスマン的な位置にいたらしいので。 パワーファイターのゴッチの系譜である新日本の傍流が 技術的に優れているとは到底考えがたいので、 日本国内ですら最強の座は怪しいのですが ^^; 【参考までに】 アマレスの全日本選手権で無敵を誇ったカシンの中の人が プロレスに1年漬かった状態で全日本選手権に出場すると、 それまでは歯牙にもかけなかった藤田にあっさり負けてしまいました。 プロアマ両立(ベルトとメダル)を掲げていたカシンの中の人は これでくじけてしまい、オリンピックの夢を早々に捨ててしまいます。 UWFインター勢が新日本に参戦したとき 長州「俺でも永田でもタックルでテイクダウンできたら、その時点で負けでいい」 上記のような屈辱的条件を掲示されたにもかかわらず、 結局一度もテイクダウンを奪っていません。 完全な私見ですが、 UWFおよびその派生団体を考えた場合、 その節々に最強の選手がいたと思います。 そして純プロレスのそれとは異なり、 非常に早いサイクルで目まぐるしく替わっていったと思います。 そんな中、安生選手はたしかに実力者でしたが、 最強のポジションにいた時期は、私は無かったのではないかと思います。 安生選手が、前田選手について図らずも、 「あの人は第2次UWFで終わった人、今なら200%勝つ」云々言っていました。 これは裏を返せば、UWF時代には勝てなかった (接戦もありましたが)と自覚していることになります。 ・・・(^^ その後の時代の、船木、鈴木、田村、桜庭、高阪などの選手と比較すると、 今度は逆に安生選手のピークが過ぎていたと思います。 また仮定の話ですが、第1次UWFの藤原、佐山選手たちの 試合と比較しても、安生選手が彼らに勝てたとは思えませんので・・・。 安生選手の不幸(?)な点は、これといった名勝負やタイトルがないので、 (UWFにおける)印象度が他の選手と比べて薄いので、 私などのライト・ファンはそう思うのかもしれません。 専門家が見れば、或いは違うのかもしれませんが・・・.

次の

用賀とプロレスの意外な関係 〜世田谷とプロレスシリーズ1 〜【後編】

安生洋二 強い

27 ID:veYOxJMWO. 41 ID:6HiSJ6160. net 猪木、長州、アンドレ、ディックフライ これらの猛者相手に瞬間的ガチに勝利してきた経歴をみれば 日明が弱い相手を選んでいる。 弱者には強いというのは無理がある。 逆に相手を選ばない。 弱い相手にも容赦しないというのはいえるが。 net 前田はフライのようなヘビー級のキックボクサーに、 ガチ打撃を当てられてから対処するということが凄いわけよ。 普通のレスラーなら怯んで終わり。 前田の瞬間的ガチ対応力は異常。 32 ID:BEr0Noki0. 04 ID:CdgvQphr0. 52 ID:8rLqKGkkO. net 前田に幻想持ってる奴なんて 今はもう天然記念物だよ。 安生に殴られて一発で失神。 小川に挑発されて逃亡。 高橋に挑発されて 「高橋君の売名行為には付き合えない。 」 それでいて記者や 尾崎社長みたいな素人には恫喝して、 暴力を振るう。 無抵抗の人間、 弱い人間には攻撃的、 本当に強い奴からは逃げる。 これが前田の正体だもん。 71 ID:W6T7CFt90. net 「ジャンボ鶴田選手が亡くなる前に『前田とやってみたかった』と話していたと聞いている。 でも俺はジャンボ選手ならいいけど、天龍さんだったら、試合を組まれても 『嫌だ』と思っただろうね。 神経の使い方が100倍違うよ」 「ジャンボ鶴田さんはプロレスラーとして評価は高いんですけど、 正直言ってしまうとU系のメインクラスの選手とやったら、 全然問題にならないんじゃないでしょうか。 やってきた練習量とかポテンシャルが違うと思います。 しかし全日本系のプロレスラーとしては、 ポテンシャルはピカイチの選手だと思います」 「自分は、ジャンボ鶴田さんに思い入れも何も無いです。 全日本のエースで60分動けるコンディションがあって、 そういう選手がいるんだなと思ったくらいで、 気にもしてなかったし、関心もなかったですね」 UWFが解散に迫っていた頃、 実は前田がジャイアント馬場率いる全日本のリングに上がる可能性があったという裏話まで飛び出したが、 「そのとき考えたのが『天龍さんがいるんだ』と。 ジャンボ鶴田さんには悪いですけど、 あの人はそれほど怖くなかったけど、天龍源一郎と阿修羅・原はまずいなと(思っていた)」 鶴田が生前「前田とやってみたい」と言っていたと。 もしやってたらどうなってましたか?との問いに 「向こうに合わせる気はなかった。 こっちは練習が違ってたんでね向こう(全日本)とは。 ウチでもおれと藤原さんだけは練習違ってたから」 観客から質問「ジャンボ鶴田と闘ったとしたら?」 前田「確かに(鶴田は)凄い人。 でも、こっちでやるんだったら全然もう(観客「おお!」)。 (新日本プロレスの選手なら)前座から上まで勝てたと思います。 37 ID:6HiSJ6160. net ちょっとガチ仕掛けてやればびびるだろうと舐めていた オランダの喧嘩屋ディックフライが一歩も引かない日明に 恐怖し光速タップ。 「びびるなら仕掛けてくるんじゃねえ」と ブチ切れた日明がガチストンピング。 怖い男だよ日明は。 net フライのようなヘビー級の喧嘩屋に仕掛けられて対処できるのは前田だけだね。 前田は瞬間的ガチ対応力がずば抜けている。 ヒクソンがビビって対戦を回避したのも理解できる。 24 ID:wqOlMspn0. net 長州への不意討ちも瞬間的ガチとやらに含めるなら当然安生とのアレも該当。 26 ID:b0ElZuKp0. net 安生のは卑怯なだけだね。 陰湿で不快なだけ。 前田は長州を踏み台にしてUブームを作った。 前田の顔面蹴りは生産性があった。 安生のケースは、ただの犯罪。 30 ID:CdgvQphr0. 91 ID:b0ElZuKp0. net こんなスレ立てる奴も病んでるな。 ある意味、前田に心を鷲掴みにされてるのでしょうね。 47 ID:437HYfQe0. 91 ID:WwG0kfS60. net 飛ぶように売れたとか適当な事いうなよ。 何万部売れたとかデータでもあるのか? 前田はUブームでドームを満員にしている。 86 ID:4k1xMTS90. net 前田が卑怯者で犯罪者で安生に完敗したことは認めるそうです。 22 ID:qwPm8J7T0. net スレ主が犯罪者一歩手前の病んでる奴なのはわかるよ。 てめえの人生が惨めだから、こんなスレ立てて憂さ晴らしするしかないのでしょう。 44 ID:4k1xMTS90. 02 ID:8CydAZDl0. 76 ID:WtBYW7cg0. net 前田が最もリアルなんだよね。 瞬間的ガチに魅せられたら、ただの競技なんてお遊戯にしか見えんよ。 頭悪いお前らにはわからんだろうが。 net 瞬間的ガチに満ち溢れたリングスは理想的なプロ格団体だったな。 77 ID:WtBYW7cg0. 01 ID:8CydAZDl0. 69 ID:qVGeIh150. 86 ID:JIESUxAA0. 05 ID:q7XZ9LS40. net 前田は孤高の存在。 彼の魅力を共有出来ないお前らは不幸だね。 37 ID:FKa8d2gs0. net 瞬間的ガチって言ってる人も本当は分かってるんだよ。 90 ID:X1GHfjhE0. 84 ID:s36vW7gJ0. 54 ID:RgEHqd2Z0. net 96年頃まで信じてるって遅くないか? 27 ID:FKa8d2gs0. net 遅かったと思う。 ファンだったから認めたくないってのもあった。 71 ID:RNmtrZUt0. net 瞬間的ガチについて、どう思う? 14 ID:NTSrZBv10. 69 ID:sP7WwPgk0. 27 ID:Vp80wHMT0. net スレは俺が立てた。 99 ID:Vp80wHMT0. 76 ID:ePrnjSmP0. 39 ID:a6Ngjx0H0. net キチガイパンヲタ乙。 47 ID:Vp80wHMT0. 68 ID:rIsepao80. net 瞬間的ガチはリング上で起きる。 リングに上がった以上は 何が起きてもおかしくない。 そういう覚悟が必要。 よって日明が長州を後ろから蹴ったのは卑怯ではないし 反撃できなかった長州に瞬間的ガチ対応能力がなかったということだ。 一方安生の攻撃はリング外で後ろから引退した選手を襲う。 3重に卑怯な闇討ち行為でありどうしようもない人間のクズである。 68 ID:rRMrJ0G90. net その通りですね。 長州には覚悟が足りなかった。 前田はリング内で起きたことはリングの中で処理するという覚悟がある。 その差ですね。 安生は論外。 02 ID:rRMrJ0G90. net 瞬間的ガチに対処できるかどうかは覚悟できてるかどうかなんだよね。 技術云々じゃなくて前田の瞬間的ガチからは、 メンタルの部分がみえるから何年経っても色褪せない。 前田日明最強ですよ。 51 ID:rRMrJ0G90. 72 ID:rRMrJ0G90. 72 ID:rRMrJ0G90. net 瞬間的ガチ最強前田日明 1002 : 2ch. net投稿限界:Over 1000 Thread 2ch. netからのレス数が1000に到達しました。 1003 : 2ch. net投稿限界:Over 1000 Thread 2ch. netからのレス数が1000に到達しました。 総レス数 1003 217 KB.

次の

用賀とプロレスの意外な関係 〜世田谷とプロレスシリーズ1 〜【後編】

安生洋二 強い

Uインターの宮戸優光、安生洋二、鈴木健氏が顧問のルー テーズを伴い、新日本プロレス事務所を「アポなし訪問」したことに端を発します。 突然の訪問に不快感を示した新日サイド(長州、マサ斎藤、取締役の永島勝司氏、倍賞鉄夫氏)はUインターに「挑戦のリスク料3,000万円を支払え」「蝶野への挑戦権を賭けて巌流島で3vs3で戦え」と無理難題を突き付け、交渉は破談に。 その後、Uインター側が交渉内容をマスコミに暴露したことで両者の関係はさらに悪化。 Uインターは今度は「現金1億円」と他団体エースへの「内容証明付き挑戦状」を用意し、記者会見を開きました。 賞金1億円を賭けた「プロレスリング・ワールドトーナメント」を開催し、5選手に参加を要請する、という趣旨でした。 後に明かされたところによれば、これは当時のUインターの営業担当が思いついた構想を宮戸氏が膨らましたものだそうで、宮戸氏は「全員はムリでも1~2名は参加するんじゃないか」と思っていたのだとか。 ちなみに現金1億円は会見のためだけに借り入れし、金利を払ってすぐ返したそうです。 前田は「RINGSとUインターで7対7の対抗戦をやろう」と逆提案しますが、Uインター側は断固拒否。 結局、このプランは何も生むことなく、消滅しました。 客離れに歯止めが利かなくなり、経営的に窮地に陥りました。 社長として団体経営に疲れたエース高田は1995年6月の試合後に突如、引退宣言。 その後、参員選挙に出馬するも落選します。 団体内では宮戸が経理担当の鈴木健氏の不正を糾弾、田村潔司が高田に「僕と真剣勝負してください」と迫るなど、内部崩壊寸前の状況でした。 こうして迎えた1995年。 山崎は前年の1994年7月にUインターを退団。 2の山崎をかませ犬的に扱うマッチメーカーの宮戸とは確執が噂され、かねてから山崎を評価していた長州が一本釣りして新日参戦につながった、と噂されていました。 Uインター側は8月15日に安生、鈴木健両取締役が会見を開き、「山崎の契約は1996年(平成8)年5月30日まで残っている。 新日本プロレスともあろう団体がウチの山崎一夫に頼らなければ、お客さんが呼べないのか」と非難。 これに対し新日本の現場監督である長州力は「山崎と高田のところの問題で、お門違いだぞ。 なぜ敢えて最終戦の今日、会見をやるんだ。 俺に言わせれば三バカ(安生、鈴木、宮戸)がギャーギャー言っているだけ、これ以上言っちゃうと罵り合いになっちゃうから、俺はコメントにならないってことです」と呆れ顔。 しかし、この頃にはUインターの内情を察知した新日側は、すでに水面下で動き始めていました。 「速やかな解決を望むならば、代表取締役である高田延彦氏が我々の前面に出て意見を言うべきだろう」と要求。 そして8月24日、長州は新日本の事務所で会見を開きます。 長州は東京スポーツ記者に「暴言を吐いたことを謝罪する、話し合いのテーブルに付きたい」と発言し、同時刻に会見を開いていたUインターの高田に電話を取り次ぐように依頼。 唐突に、長州と高田による電話会談が実現しました。 長州は電話を終えるとフロントに「ドームを押さえろ」と指示。 そしてマスコミに対し「高田との話し合いで10月9日、東京ドームでUインターとやります!全部、個人戦。 向こうの選手、全部出す。 ウチも出すから、相手がどうのこうので試合ができる、できないは言わせないぞ。 Uは東京ドームで消す!」と宣言。 こうして急転直下、犬猿の仲であった両団体のドーム決戦が決定しました。 長州は因縁の相手、安生との対戦パートナーにアマレス実績のあるキャリア3年目の永田を指名。 異様な緊張感と轟轟たる声援の中、両軍は一進一退の攻防を見せ、永田、安生共に顔面が腫上がるほどの打撃の攻防を見せました。 長州も普段は見せないアマレスのムーブを見せ安生を圧倒、貫禄を見せつけますが、試合は中野の腕十字で永田がギブアップ。 Uインター勝利で終わります。 この日は平日開催、それも月曜日にもかかわらず、東京ドームは超満員の観衆で膨れ上がり、異様な雰囲気に包まれました。 私も会社の同僚と仕事もそっちのけで観戦に行きました。 発表から2か月しかありませんでしたがチケットは即完売。 場内は外野までギッチリ超満員で、ほんとによく入っていました。 主催者発表は6万7千人とのことですが、実感としてこの大会と「猪木引退興行」の2つは、数あるプロレスの東京ドーム興行の中でも双璧の観客動員だったと思います。 アマレスの素地を持つ石沢(後のケンドーカシン)、永田、桜庭の中で一人キックトランクスにはだしの金原が異色で、一人だけ異種格闘技戦のようでした。 後にグレイシーハンターとしてブレイクする桜庭はまだ地味でしたが、新日コンビと互角に渡り合い、見た目によらない気の強さも垣間見えました。 結果は10分47秒、石沢が三角締めで桜庭からギブアップ勝ち。 何度も決めて見せた大谷のタックルは見事でした。 結果は7分18秒、ダブルリストロックで大谷勝利。 結果は7分39秒、高山が格上の飯塚を腕ひしぎ十字固めで下しました。 かつてのライバル同士、ライガーは卍固めやコブラツイスト、佐野もトペでこれに応え、新日Jr. 時代の名勝負数え歌を再現。 結果は10分14秒、佐野が猛虎原爆固めでピンフォール勝ち。 臆せず打撃で攻める安生に対し、長州は無言で距離を詰め、頭突きをカマし、タックルも見切るなど完璧に封じ込め場内大爆発。 結果は4分45秒、長州がバックドロップ~ラリアット~サソリ固めで完勝。 試合後にかの有名な「キレちゃいないよ」が飛び出しました。 入場から不貞腐れモードの健介、キャリア、格共に下のハズの垣原に敗れる波乱。 結果は9分13秒、ビクトル式膝十字固めで垣原の勝ち。 試合後の会見でケンスキーの迷言「ポカやりすぎた」がさく裂しました。 橋本は序盤こそ関節技の攻防に付き合いますが終盤、猛然と袈裟斬りチョップと爆殺キックでラッシュ。 結果は7分20秒、三角締めで橋本の勝利。 結果がますますわかりませんでした。 館内の興奮もピークに達する中、序盤は静かなグラウンドの攻防。 武藤はソバット、ジャーマン、バックドロップにムーンサルトといつものムーブで攻勢をかけますが、これをかわした高田が強烈なキックで反撃。 武藤にもう切り札は残っておらず、このまま高田勝利か?というタイミングで蹴り足を掴んだ武藤がドラゴンスクリュー一閃。 そのまま足四の字固めに持ち込み、16分16秒、高田からギブアップを奪い勝利。 この瞬間、ドームは大爆発し、引き上げる高田の背中に「高田、前田が泣いてるぞ」という罵声が何度も浴びせられました。 武藤選手ご本人もこの試合は最高傑作の1つ、とのことですが・・・武藤選手のカラーは殺伐とした対抗戦に合わないんですね。 この日も入場から余裕のパフォーマンスを見せ、なんというか「いつものプロレス」で・・・(これは当日、解説を務めていた猪木さんにも厳しく指摘され、リターンマッチの1・4では一転してシリアスモードで入場してきたのには笑いました)。 しかし仮にほかの試合でUインターが全勝していたとしても、メインで高田が負ければ同じことでした。 「高田、前田が泣いてるぞ」のファンの声の通り、高田敗戦は個人の負けに留まらず、イコールUWFというイデオロギーが新日本プロレスに敗北したことを意味します。 この対抗戦と、続く一連の新日vsUインター抗争興行で新日本プロレスは莫大な収益を叩きだし、北朝鮮「平和の祭典」での負債を一気に返済。 一方、高田が敗れたUインターの凋落は激しく、翌年の1・4で高田が武藤に勝ちIWGPを戴冠してもファンの支持は戻ることはなく、その後の対抗戦の連発で完全に新日本プロレスに取り込まれていきました。 こうなると単独興行での集客も難しくなり、Uインターは坂道を転がるように崩壊して行きました。 後に、当時の顛末を多くの関係者が証言しています。 当時、犬猿の仲だった両団体が水面下で交渉した理由は、双方ともに台所事情が苦しく、利害が一致したため。 鈴木健氏と対立した宮戸氏が蚊帳の外に置かれたことも、新日サイドからすると好都合でした。 ドーム決戦を後から知った宮戸氏は「カネのためにUインターを切り売りするのか」と猛反対し、若手を集めて説得を試みますが失敗。 表舞台から完全に消えました。 この日、闘魂三銃士の一人、蝶野正洋のカードがないのは「蝶野正洋vs宮戸優光を組んだが、宮戸が出場を拒否したため」とされましたが、最初からこのカードはなかったんじゃないかと思います。 もう一人、自らの意思で対抗戦に出場しなかった田村潔司選手曰く、「10・9当日はUインター道場で練習していたら宮戸さんもいて・・・お互いそのことには触れず、普通に練習してメシ食って帰りました」とのこと。 なんかすごいですね。 私は後に、用賀の壱屋苑で鈴木健氏に当時の話を聞いたことがありますが、「後で星を取り返したとはいえ、あそこで高田さんが負けたことがすべて。 ダメージが想像以上にキツかった」と語っておられました。

次の