血液 検査 ast。 AST(GOT)の基準値(正常値)、疑われる病気

【ALT・GPT】血液検査でわかるALT数値があらわす肝臓の状態とは?

血液 検査 ast

開くと目次へ• AST GOT ・ALT GPT とは? AST エーエスティ 、ALT(エーエルティ)は、まだ聞き慣れないかもしれませんが、GOTとGPTという言葉を聞けば、分かる方も多いと思います。 近年、国際的な標準になりつつあり、名前が少し変わってきて、GOTがASTに、GPTがALTとなってきています。 因みに、それぞれの略称が下記になります。 AST:アスパラギン酸アミノトランスフェラーゼ ALT:アラニンアミノトランスフェラーゼ AST GOT 、ALT GPT はともに、人体に重要な栄養素のアミノ酸を作り出す酵素で、血液検査で分かります。 血液中にも一定量存在しますが、臓器や組織の細胞の中にあり、それが壊されると、AST、ALTが血液中に流れ出ます。 ALT GPT は肝臓に、AST GOT は肝臓とそれ以外の心臓、筋肉や赤血球に多く存在しているので、それぞれの組織、臓器が損傷すると血液中のALT、ASTが上昇すると言う訳です。 つまり、肝臓がダメージを受けるとALTとASTの両方が上昇しますが、特にALTが優位に上昇します。 また、心臓や筋肉がダメージを受けると、ASTが上昇します。 では、どのくらいの数値から異常値なのでしょうか? 下記に正常値を示しますので、ご参考下さい。 AST GOT 、ALT GOT の正常値• また、病気を考える時に、AST、ALTの数値もさることながら、ASTとALTの比率も重要になってきます。 それについては、次のところで、ご説明させて頂きます。 ASTとALTが高い原因と病気について 前述のように 、ASTは、肝臓を含む心臓・筋肉などの臓器に含まれている酵素であり、ALTは、肝臓の細胞に存在する酵素です。 このことから、AST、ALTの上昇を認めた場合、どの臓器が障害を受けているかが予測できます。 特に、ALTが優位に上昇している場合は、肝障害があり、そうでなく、AST優位に上昇している場合は、肝臓以外に、心臓や筋肉の障害も考える必要があるのです。 病気を推測する上で、ASTとALTの数値以外に、ASTとALTの比率も検討する必要があります。 87 肝硬変 急性期の肝炎 肝癌 アルコール性 脂肪肝 心筋梗塞 うっ血性心不全 筋ジストロフィー 多発性筋炎 溶結性貧血 など アルコール性肝炎の重症例 劇症肝炎 など AST/ALT<0. 87 慢性肝炎 過栄養性脂肪肝 胆汁うっ滞 など 急性肝炎の回復期 など この表を見ると、少し複雑に感じるかもしれませんが、大雑把ではありますが簡単に言うと、 ASTが優位に軽度~中等度上昇しているものは、肝臓以外に心臓や筋肉の病気を考える必要があります。 しかし、 それ以外のAST、ALTはが増えるものは肝臓が病気であると言えるでしょう。 ここで、肝臓の障害に関して、AST>ALTの時もあれば、AST<ALTの時もあるのはどうしてかと、疑問を持たれると思います。 確かに、ALTは肝臓に限定して存在する酵素ですので、肝臓が悪ければ、単純にALT優位であると考えます。 また、ALTの方がASTより、血液の中に存在できる時間が長い事も関連し、急性の炎症や劇症肝炎では、ASTの方が優位になりますが、落ち着いてくると血液の中で長く存在できるALTが逆転し優位になります。 そして、アルコールはミトコンドリアに対する毒素となるため、ミトコンドリアが壊れて血中にASTが出てくるため、アルコール性の肝障害では、AST優位となりやすいのです。 このように、今回は肝臓の事について詳しく説明しましたが、それぞれの肝臓以外の病気で上昇する機序については、機会があれば、ご説明させて頂きます。 AST、ALTが高い時の治療方法 AST、ALTの上昇を認めたら次に、どこの病気で、どのような状態か、を探っていきます。 それを探るには、まず、採血でのほかの検査結果を併せて考えていきます。 Sponsored Links はじめに、肝臓が悪いのでは?と疑った場合、以下の検査を併せて肝臓のどこがどんな状態なのかを考えていきます。 1)肝臓の細胞がダメージを受け壊れているか(死んでいるか)? AST、ALT、LDHが上昇しているか、その値がどれくらい高いかをみる。 3)肝細胞はまだ十分に働いているか(肝予備能があるか)?• 肝臓で作られているもの;PT(血液凝固に関与しているタンパク質)、アルブミン、ChE(栄養を評価するもの)、コレステロールなどが、まだ肝臓で作られていて正常値を保っているか、もう下がってしまっているかを見る。 解毒・排泄機能によりアンモニアが体内で処理されず、血液内に増えてるかどうか、または、ICGという物質を注射してそれが肝臓でどれくらい処理されるかで、肝臓の機能を見るICG検査で、解毒・排泄機能はどれほどき働いているかを見る。 これらの血液検査をチェックし、肝臓系の臓器のどこがどのように悪いのかを考えます。 そうして次に、腹部エコー、CT等の画像診断などを行い、必要に応じて肝臓の細胞を針で穿刺して組織をとって行う検査等をしていきます。 その結果から、確定診断をつけ、それぞれの病気の治療方針を決定していきます。 例えば、 アルコール性脂肪肝であれば、もちろん、アルコールの量を減らし、栄養バランスのとれた食事(食事療法)をとるようにする。 過栄養性脂肪肝でも、同じ食事療法と運動療法を行います。 また、 急性肝炎であれば、基本的な治療としては安静と食事療法となり、重症化の恐れがあれば、薬物療法も導入され長期入院になるでしょう。 そして、 ウィルス性肝炎であれば、そのウィルスを特定し、インターフェロン、核酸アナログ製剤などの抗ウィルス薬の投与、肝庇護剤などの薬物療法となります。 もちろん、 肝臓がんであれば、その状態により手術や肝動脈塞栓療法(癌が栄養をもらっている肝臓内の動脈に栓をして、栄養をいかないようにし、癌をやっつける治療)、抗がん剤による化学療法などを行います。 次にAST、ALT以外の採血結果も併せ検討し、心臓の病気の疑いがある場合は、心臓超音波検査や心電図、単純レントゲン検査などを行い、確定診断し治療を行います。 例えば、心筋梗塞であれば、安静はもちろんのことながら、酸素療法、薬物療法、心臓カテーテルによる検査と治療を行います。 このように、他の肝臓以外の病気についても、それぞれ検査を行い確定診断し、治療を行っていきます。 まとめ ここまで、ASTとALTについてご説明させて頂きました。 ここで、検査を受けるときの注意点として、検査数日前に激しい運動等を行うと、数値が高く出ることがありますので、 激しい運動はさけるようにして下さい。 ASTとALTは、2つで一つの検査と言っていいほどの検査項目です。 また特に、「肝臓は物言わぬ臓器」と言われ、かなりのダメージを受けないと症状として表れてこないため、肝臓の病気を見つけるのにとても有用な検査でもあります。 肝臓は、いろいろなものを作ったり、解毒したりと大切な役目をしています。 この肝臓を守るためにも、健康診断でASTとALTの上昇があれば、きっちり治療をしましょう。 もちろん、肝臓以外の病気もありますので、それらの診断においても、ASTとALTは有用なものです。 心筋梗塞や心不全は生死を分けるような病気ですし、手足等の筋肉の病気は、生活レベルを下げる事もありますので、ASTとALTは簡単に行える検査かつ重要な病気を早期に見つけることのできる検査項目の一つと言えるでしょう。 もし、異常があるようでしたら、再検査・精密検査を受けて頂けることをお勧めします。

次の

【ALT・GPT】血液検査でわかるALT数値があらわす肝臓の状態とは?

血液 検査 ast

健康診断などを行った後で、検査結果を見て「異常なし」と記載されてホッとされている方は沢山います。 しかし「異常が無いにしてはなんだか優れない」や、普段の生活を考えると「本当に異常なしなのかな?」と不安になってしまう方・・・そんな方は、イエロー信号かもしれません。 基準値内であっても、また数値が低すぎることで問題を起こしている可能性もあります。 今回はALTの数値について見てみましょう。 ALTは低くても問題なし? 肝機能の異常を知らせてくれるALTの項目の数値を見てください。 よく、ALTの数値は高いと問題だが、低いことに関しては問題ではないので大丈夫だという情報を見かけることもあります。 確かに、早急に治療をしなければならない、改善しなければならないといった急を要する問題ではないので、大丈夫だと思われますが、低すぎることも注意が必要です。 ALTが低いことで考えられる問題とは? ALTとASTの差が大きいことで考えられる問題としてはカラダに負担がかかるような無理なダイエットをしている、貧血気味であるなどが考えられます。 その他であればビタミン不足が考えられます。 この際にはビタミンB6 赤身の魚、青魚、レバー等 を積極的に食べましょう。 経過を見る、または医師に相談を 数値があまりにも低すぎると、それはそれでかえって心配になってしまいます。 情報を得る度に「低いことには問題ない」と言われるばかりで、結果何の解決にもなっていない・・・と思われている方もいます。 心配なことは、何でも医師に相談をしてみましょう。 きっと「問題ないので大丈夫、様子を見ましょう」と言われてしまうことが大半かもしれませんが、安心を得るためには、素人判断ではなく先生に聞くことが大切です。 不安や心配、体調の変化などを元に、再度受診し、検査結果の違う項目と交えて診断することで見えてくる別の病気・症状なども発見できるかもしれません。 モヤモヤした不安感だけを抱えて生活するよりも、しっかりとした診断を受けて安心できる事を目的に、心配な方は受診をしてみましょう。 ALTの数値が高かったり低かったり…なぜこんなことが起こる? 定期的に行う検査や、採血した時、会社でおこなう健康診断・・・様々な検査をおこなう機会があるかと思います。 その検査結果を見ると「ALTの数値が一定でない」「上がり幅・下がり幅が大きい」と不安に感じる方もいます。 なぜこれほどまで数値の上下が激しいのでしょうか?「何かの病気なのでは?」と疑問に思っている方の悩みを解決しましょう。 生活と深くリンクする数値 ALTは、ASTと共に肝機能に関する数値を表してくれます。 ALT ASTと併せて の数値は高いと、肝機能に異常があると診断され、医師から適切な指導をされるケースが多いです。 しかし、検査の結果によっては、高かったり、正常値であったり、正常値内でも低い方であったり・・・なぜ、これほどにまで差があるのか?と疑問に感じる方もいますが、ALTの数値は前日の運動や、食事・喫煙のタイミングなどによっても激しく上下してしまいます。 数値が高いことで疑われる病気とは? 検査結果をみると、ALTの数値が基準値より高い!というケースもよく見かけます。 こんな場合には、急性肝炎や慢性肝炎非活動型・・・などの診断をされます。 また、ALTだけでなくASTの数値も共に高い場合には、甲状腺機能亢進症、劇症肝炎などの診断をされます。 検査をする最適な状態とは? 検査を受ける際に最適だとされる状態は、前日に飲酒や激しい運動をしないこと、更には検査前に喫煙を控えることなどを意識しましょう。 受ける検査によっては前日の夜から、絶食を・・・と指示される場合もありますし、医師から特に指示されない場合であっても、より正確な検査を受けるためには、検査前にどんな事を控えるべきかをしっかり確認しておきましょう。 よく「普段はジョギングをして健康的なのに、検査をすると数値が高い」と心配される方もいますが、こんな場合には、肝機能に異常があるのではなく、運動することによって筋組織に炎症 筋肉痛など があった場合もALTの数値に響いてしまうことがあります。 前日の様子などを思い返して、検査を受ける際には適切な状態に整えておきましょう。 肝臓・腎臓・膵臓の異常を見つける数値!ASTとALTって何が違うの? 肝臓にトラブルを感じた場合、血液検査でその異常を特定することが出来ます。 「よし!では血液検査を行おう!人間ドックへ行ってみよう!」と、いざ検査をし、検査結果を受け取っても、何がどんな数値を示しているのか、どの部分が肝臓に関係しているのか、解らない方は多いかと思います。 とくに注意をして欲しい数値にASTとALTがありますが、この2つについて調べてみましょう。 ASTとALTの違いとは? ASTとALTは、どちらも、肝臓に存在する酵素だとされています。 酵素ということには違いがありませんが、ASTは正式には「アスパラギン酸アミノトランスフェラーゼ」と言い、肝臓だけでなく心臓などの他の臓器にも存在します。 一方、ALTは正式には「アラニンアミノトランスフェラーゼ」と言い、肝細胞に存在します。 ASTとALTが示す数値とは? ASTとALTが示す数値は、肝臓に関する数値です。 数値が基準値より低ければ、また基準値内であれば、肝臓には問題がないと言えます。 かといって、安心は禁物ですが、ひとまず、治療などを行う必要は無いといえるでしょう。 しかし、基準値以上であった場合には、精密検査が必要になります。 精密検査を行うことで、肝臓に関する病気を発見することが出来ます。 発見した病気によっては、早急に治療を開始しなければならないものなどもあります。 ASTとALTの他にも、ガンマ(GTP)の項目に要注意!! ASTとALTが正常値であれば、肝臓に関しては安心できるかもしれませんが、その場合、合わせてチェックをしていただきたい項目があります。 それが GTPという項目です。 GTPの数値が関係してしまう臓器は肝臓・膵臓・腎臓があります。 ASTやALT、GTPの数値全てが高いのであれば、肝臓や胆道に問題が生じている可能性が高いのですが、ASTやALTは正常値であって、GTPという数値だけが高い場合には、肝臓ではなく、膵臓に問題が生じている可能性があります。 腎臓に関しては、何か問題が起こっていても、ガンマ(GTP)の数値に影響することは稀なので、考えにくいです。 ASTとALTの数値にあわせ、GTPの数値をチェックすることで、肝臓・腎臓・膵臓の異常を感じ取ることができるかもしれません。 しかし、感じ取った異変が、実際にどんな病気なのか、どれほどの危険性があるのかなどは、具体的な検査をおこなわなければ、解りません。 ひとまず、数値が高いなと感じたら、病院を受診してみましょう。 知っておきたいAST・ALTの正しい意味!子どもの値はどうなる? 肝臓の細胞がウイルスや薬物、がんなどによって破壊されると、血中にASTやALTという酵素が漏れ出てきます。 そのため血中にあるAST、ALTの濃度を測定することによって肝細胞に障害があるか分かるのです。 肝機能検査 ASTやALTの値は一般的に肝機能を検査するものとして広く知られていますが、肝機能という言い方は必ずしもこれらの値を正しく表現していない部分があるようです。 実際にはこれらの値は肝臓がどれくらい障害されているかという程度を知るものであって、肝臓のその時の働き具合を示しているものではないのです。 というのも、最初に述べたように、ASTやALTと言った酵素は肝臓が障害を受けたときに血中に流れ出てくるものです。 ですからこれらの値を知ることは肝臓がしっかりと働いているかと知るものではなく、肝臓の細胞がどれくらいダメージを受けているかにとどまるのです。 子どもの場合の値 肝機能というと、お酒をよく飲むような中高年の人の話のように感じてしまいますが、そうではなく、肝機能の障害とも関係なくASTやALTが高値を示す場合があります。 それは乳児の場合で、一般的に乳児は成人の値の2~3倍という高値を示すことがあるのです。 これは肝機能の障害と関係なくても高い値を示すことがあり、成長と共に減少していって思春期頃になれば成人と同じくらいの値に落ち着きます。 ASTやALTという値はひとつの目安です。 多くの場合で肝機能障害や肝疾患が疑われますが、乳児の例のように生理的に変動する場合もあります。 値の意味をだたしく知り、肝機能を正しく把握できるようにしましょう。 Photo by: ).

次の

AST? ALT? γ

血液 検査 ast

身体計測• 眼科の検査• 循環器の検査• 呼吸器の検査• 腹部・消化器の検査• 血液の異常を調べる検査• 脂質異常症の検査• 糖尿病の検査• 肝機能の検査• 肝炎ウイルスの検査• 膵機能の検査・痛風の検査• 腎機能の検査• 炎症や感染症を調べる検査• 甲状腺の検査• 腫瘍マーカー(血液・尿)• 乳房の検査• 婦人科の検査• 画像診断検査• その他の検査• キャンペーン情報.

次の