ファンキー ジャグラー ぶどう。 ファンキージャグラー 設定判別ツール・設定差・ぶどう確率・スペック解析まとめ

ファンキージャグラー ぶどう逆算設定判別ツール

ファンキー ジャグラー ぶどう

「小役優先制御」とは、内部的にボーナスと小役の両方が成立している場合、ボーナスよりも小役を優先する制御のことです。 現行のパチスロ機種は、ほぼ小役優先制御を採用しています。 「ボーナス優先制御」とは、内部的にボーナスと小役の両方が成立している場合、小役よりもボーナスを優先する制御のことです。 ジャグラーシリーズはボーナス優先制御を採用しています。 つまり、ジャグラーはボーナス成立後にぶどう抜きを行わなかった場合、成立しているぶどう 1枚掛け時のぶどうは14枚役 を取りこぼしてしまうというわけです…。 1日単位で見た場合は大した損失ではありませんが、長期的に見ると結構な金額になります。 塵も積もれば山となるので、ぜひぶどう抜きのやり方は覚えておきましょう! ジャグラーでぶどう抜きする方法 それではぶどう抜きのやり方をご紹介していきます。 手順1. GOGOランプがペカったら、1枚掛けで中リールの上段or中段に7図柄を狙います。 7図柄が下段に停止した場合 7が下段に停止した場合、小役は成立していないので、そのまま7を揃えてOKです。 リプレイが成立したら、これまでの手順をもう1度繰り返します。 ジャグラーのぶどう抜きで得られるメリット ぶどう抜きを行うメリットは 「出玉率の向上」に尽きます。 どのくらい向上するかと言うと、 約 0. 2~0. ジャグラーは他の機種よりも高設定域の機械割が低いので、できることは全て行いましょう。 ジャグラーのぶどう抜き手順|まとめ ここまでジャグラーのぶどう抜きについて解説してきました。

次の

ファンキージャグラー 設定差まとめ|解析 設定判別 ツール ぶどう ガックン

ファンキー ジャグラー ぶどう

Contents• 18 私が思うにアイムジャグラーでぶどうカウントしていない人って 「手間の割にうまみがない」と考えている人が多いだけだと思うんですよね。 「勝手にカウントしてくれる機能とかがあるならそのデータは欲しいけど、自分で数えるのは面倒くさい」という人が多いだけだと思ってます。 ジャグラーシリーズは、他の機種に比べて小役カウントをしている人は少ないです。 しかし、それは本当に「データとして使えないからカウントしていない」のでしょうか。 今更言うことではありませんが、アイムジャグラーでは 設定6だけブドウ確率が優遇されていいて、その差は微々たるものです。 しかし 「分母が小さい分、サンプルを多く取れる」というメリットもあると言えるでしょう。 「それでもブドウを数えるのは面倒くさい」 …それで勝てていれば問題ありませんけど、少しでも勝つ確率を高めたいのであれば『ぶどうカウント』をおすすめします。 ブドウ確率の使い方 あくまでREG確率 実戦中はやはり REG確率に重きを置くので「ブドウが落ちるから粘る」や「ブドウが落ちないからやめる」という選択は基本的にはしません。 「ボーナス回数が強くて、ブドウ確率も設定6を凌駕している」という場合に、より安心できるかなという程度です。 その程度の使い道が、意外と活用できるんですよね。 なにより「設定5なのか設定6なのか」という判断を迫られたときに、材料があるのとないのとでは全く変わってきてしまいますからね。 それに皆さんがホール店長だったとして、アイムジャグラーに設定を入れるうえでメインの客層がぶどうを数えていないんだったら、設定6じゃなくて設定5を使いませんか? 僕ならぶどう以外の部分でアイムジャグラーの設定5と設定6を見抜くことは不可能だと思っているので、 ぶどうカウントしない客が多いホールでは設定5で十分だという考えをするような気がします。 振り幅を利用する スロットをやる方ならご存知かと思いますが、どうしても ムラ 振り幅 が発生しまうのは仕方が無いことです。 もちろんジャグラーのブドウ確率にも同様のことが言えるのですが、このムラを利用します。 設定6の下ムラは、設定1~5の上ムラに敵いません。 しかし微々たる差とは言え設定差がある以上、どちらも上ムラであった時に 「設定1~5では越えられない壁」があると思うんです。 設定1~5、設定6ともに確率通りに引けたとして、1000回転での差が6回とか7回程度。 しかし確率通りに引けることなんて、ほとんどありません。 そこで 6以外ではほとんど起こりえないポイントが見つかれば、これ以上頼もしいデータもそんなに無いのではないでしょうか。 閉店データと併用 ただでさえジャグラーシリーズの設定は、閉店データのボーナス数を見ても見抜くのは非常に難しいです。 特に5or6についてはREG確率でも見抜けないので、お店の特徴をうまく掴んでいく必要があります。 自分が2000~3000G回して「少し浮いているものの決定打に欠ける」という場合、後押ししてくれるのは 『店のクセ』の他にありません。 これもサンプル数が必要なので、ブドウカウントで偏ったデータが取れたのであれば、自分はそこでコインを流して、別の誰かに回してもらい様子を探るのも1つです。 もし「ボーナスは付いてきてたけど、なんとなくREGが弱いうえにブドウが全然落ちない」という場合、一旦引いて数時間後にボーナス数を確認しましょう。 サンプル数が増えてくると意外と多くのことが見えてきますよ。 設定1では最高値が176回でしたが、設定6でこれを超えたサンプルは7件のみでした。 55 を超えればほぼ設定6」といえるかもしれません。 しかし設定6でも180回を超えることはほとんどないため、結論は 『1000回転程度ではブドウ確率で設定を見抜くことはほぼ不可能』です。 分布図で見れば結構な違いが感じられるかもしれません。 06 を超えると設定6の期待が高いかもしれません。 2000G時点でのブドウ確率に注目した別記事の紹介 2000G時点でのアイムジャグラーの設定別ぶどう個数に注目した検証を別記事で行いました。 こちらの記事では正確な個数なんかも省略せずに記載していますので、細かいデータが知りたいという人はぜひ参考にしてみてください。 終日打ち倒すことはそんなに無いと思いますが、面白いデータがでました。 設定1~5の方のデータ50回分のうち、1600個を超えたのはわずか2回です。 一方で設定6は過半数の27回でした。 このことからも 「ブドウの個数が1600個を超えると、設定6の可能性が高くなる」ということが言えると思います。 25です。 夕方からの稼働を考えた際に、実質1000~3000G程度が相場かとは思いますが、設定5か設定6なのかを知る術としてはブドウ確率に頼る他ありません。 そのためにも、ブドウはカウントした方がいいと思いますよ。 その他 ブドウカウントは「自分が稼働しているとき限定」の方法なので、閉店時に足を運んで見たデータから読み取るのは難しいと思います。 スランプグラフが見れるホールであれば、ある程度の計算ができるので、それから導き出してもいいのですが、もう1つ画期的な方法を紹介します。 それは 特定のボーナスが連チャンしている履歴から見抜く方法です。 ご存知のように、 アイムジャグラーの設定5と設定6はBIG:REG比がほぼ1:1になります。 これを踏まえると 「低設定の場合は、REGばっかりの連チャンはできないのでは!? 」という疑問を検証しました。 これが面白いデータになったので、気になる方は以下の関連記事をぜひチェックしていただけると嬉しいです。

次の

現行ジャグラーのぶどう確率とボーナス確率一覧表

ファンキー ジャグラー ぶどう

ぶどう確率計算ツールの使い方• ゲーム数:計測したい台の通常ゲーム数を入力• BIG回数:計測したい台のビッグボーナスの回数を入力• REG回数:計測したい台のレギュラーボーナスの回数を入力• ゲーム数:5000• BIG回数:20• REG回数:20• 差枚数:1500 例2:5000G消化BIG10回REG30回で差枚数は-500枚の場合• ゲーム数:5000• BIG回数:10• REG回数:30• 差枚数:-500 このように入力して『推測』ボタンを押すとブドウ確率を算出できます。 差枚数の把握方法 総ゲーム数やボーナス回数に関しては基本的にどのホールでも確認できると思いますが、差枚数に関してはある程度の情報を開示しているホールでしか把握できません。 把握方法は以下のような方法が考えられます。 データサイトやアプリの差枚数情報から計算する 差枚数を数値で表示しているサイトやアプリというのは中々ないものと思われます。 そこで多くの場合で提供されているスランプグラフを活用する事になります。 差枚数を把握したい台のスランプグラフを見て、おおよその差枚数を情報として得るのです。 事細かに正確な差枚数を把握する事は困難ではありますが、この台のように十分な稼働量となっている台であれば、ある程度の正確さでも十分にデータとしては役に立つので問題ありません。 このグラフに定規などを当てて出来るだけ正確な想定差枚数を導き出しましょう。 アイムジャグラー系機種用 対象機種• 18 ぶどう確率計算ツール.

次の