おかしとあはれの違い。 もののあはれ

中学生の古文 「をかし(おかし)」と「あはれ」の違い|極上の受験勉強法

おかしとあはれの違い

樟蔭高等学校• 樟蔭中学校• こんにちは、広報室の清川です。 実は・・私の担当教科は国語なんです。 今古典の授業で「枕草子」を読んでいます。 作者の清少納言は今から千年前の宮中の様子を何度も「いとをかし」と表現したことから「枕草子」は一般に「をかしの文学」と言われています。 一方これと対比して紫式部が書いた「源氏物語」は「あはれの文学」と言われます。 実はこの「をかし」と「あはれ」はどちらも「趣深い」と訳すのですが、微妙な違いがそこにはあります。 「をかし」が感覚的(知的)な感動であるのに対して「あはれ」は情緒的な感動であるということです。 「春はあけぼの」で始まるあの文章では春夏秋冬と感覚的にとらえた情景が客観的に述べられていますし、「源氏物語」では光源氏をはじめ様々な登場人物の感情を通して人間模様を主観的に表現しています。 もちろんどちらも平安女流文学としてすぐれた作品であることはご存知の通りです。 樟蔭学園の建学の精神「知・情・意」の「知」と「情」はまさにこの「をかし」と「あはれ」なんですね。 物事を見て客観的に分析し、美しい・哀しいと情緒豊かに感じることという平安の二大女流文学人の感覚に、おそらく当時は押し殺さなくてはならなかったであろうと思われる「意志力」を加えて、社会で活躍する女性を創出するというモットーを創立以来貫き通してきました。 こうして考えると何だか壮大な感じがしてきました。 さて、高校の体育館はすっかり取り壊されもう何もなくなってしまいました。 この風景を樟蔭ガールズ&レディス達は、体育館・アンサンブル・卓球剣道場・部室など思い出の詰まった建物がなくなったことを寂しく思う「あはれ」の感情と、大正ロマンの香る記念館、その後ろのレンガ造りの大学図書館、さらにその後ろの8階建ての近代的な大学校舎と並んで新たに歴史の仲間入りをする新体育館の姿を想像する「をかし」の感覚で見ていることでしょう。

次の

大鏡『鶯宿梅』(いとをかしうあはれにはべりしことは〜)の品詞分解 / 古文 by 走るメロス

おかしとあはれの違い

私のアメリカ人の友人Sさん(20代)の場合。 サーフィンが大好きでカリフォルニア州から引っ越して来ました。 彼女のライフスタイルの中心は海。 サーフィンで一日が始まり、サーフィンで一日を終えます。 サーフィンをエンジョイする為にハワイに住んでいるので、全てはサーフィン中心に物事を決めます。 例えば、なるべく長くサーフィンをする為に、仕事は長い時間拘束されたくないと言います。 彼女は正社員ではなくアルバイトで生活に必要な分だけを稼いでいます。 しかしハワイは物価が高いので、サーファー仲間とルームシェアして、無駄なお金は使わない。 もちろん車は持たずに、モペット(スクーター)だけで十分。 彼女は贅沢はしません。 高級ジュエリーを買ったり高級レストランといった贅沢はほとんどしません。 一日の半分は海で過ごすので、それが何よりも幸せなんだそうです。 今は婚約者のボーイフレンドがいて、幸せだと言っていました。 海外旅行は一年に一回の贅沢なんだそう。 それでも今の生活に満足しているそうです。 自分の幸せ、中心が何であるのかをよく理解しているのです。 仕事の価値観 日本人は働くことに人生の生き甲斐を見つけます。 仕事は生活のために必要なお金を稼ぐ目的だけでなく、いち社会人として義務のように捉えていますよね。 日本人は真面目ですから、仕事をし過ぎて体調を崩す人もいます。 あのタモリさんはお昼の番組「笑っていいとも」の収録がある為に、海外旅行には長年行けなかったそうです。 これからはいろんな国を見てみたいと話していました。 日本人は仕事を中心に毎日が回っています。 日本では自分の都合で仕事を休んでばかりの人は、信用されませんよね。 周りが仕事しているのに自分だけ休むと、申し訳ない気持ちになったりします。 しかし欧米人は仕事はあくまで生活の一部であるということ。 休む事に罪悪感はありません。 仕事の時間が終わったら、きょうの仕事はそれで終わり。 日本のように仕事の後に飲み会もないし、忘年会もありません。 さっぱりしたものです。 仕事とプライベートの境界線がはっきりしているのです。 欧米人はプライベートの時間をすごく大切にしています。 Sさんのように趣味のサーフィンだったり、クラフトワークに専念したり、ひとによって趣味は様々です。 欧米人の長期休暇の使い方 また欧米人の長期休暇の使い方も日本人と違いがあります。 欧米人にとって長期休暇は家族とのんびり過ごすことに生きがいを感じています。 しかし日本人は忙しく仕事をすることに生きがいを感じていますので、お盆休みや年末年始のお休みに生きがいを感じません。 私は日本人ですから、仕事が忙しいと安心するタイプです。 今までは、いい大人がアルバイトだけで生活するなんてどうなの?と思っていました。 しかし今、何となく仕事に対する価値観が変わってきました。 仕事の為に生きるってもしかして私、人生損しているかもしれない…。 欧米人のバケーションの楽しみ方を見ながらそう感じるようになりました。 さらにSさんはこう言っていました。 年齢はただの数字 Age is just a number. という言葉を聞いたことがある人がいるかもしれません。 これはアメリカに住んでいると、よく聞く言葉です。 日本では「初めまして」の時に、名前のあとに年齢を聞いたりしますが、アメリカでは、それは失礼に値します。 海外では特に女性に「何歳ですか?」と軽々しく聞かないほうが良いです。 第一印象が悪くなります。 ではアメリカでは本当に年齢を気にしないで生きているのでしょうか? 私はハワイに住み始めてから、年齢を聞かれたことがありません。 また仕事の履歴書には年齢を書く欄がありません。 日本のファッション雑誌には「30代からのコーディネート」とか「40代でも大人可愛く」とか年代に合わせた記事を多く見かけます。 「40代からの基礎化粧品」とか「50代から始める英会話」とか商品の宣伝文句にも年代がキーワードになっています。 ハワイを含め、アメリカでは年代で物事を決める習慣はありません。 大人可愛いファッションが好きな人もいれば、クール系なファッションが好きな人もいる。 それは年代によって決まってるのではなくて、その人の個性と考えるのです。 英会話を勉強するのは年齢と関係ありません。 10代から英語を習っている人もいれば、50代からやり直し英会話を始める人もいます。 それはその人の人生によって違うので、物事に年齢は関係ないという考えなのです。 年齢によって物事を決めないアメリカ人 日本人は30代になると、結婚を焦る女子が多いと聞きます。 しかし結婚のタイミングは人それぞれ。 みんなが結婚し始めたから、自分も結婚しないといけない、という考え方はおかしいのです。 私がハワイに移住して、良かったと思うことのひとつに、年齢の壁がなくなった事です。 誰からも年齢を聞かれる事はないし、制限もされません。 だから、いつも自分らしく生きることが出来ます。 「この年になって~」 という表現はありません。 そういった意味ではアメリカは本当に自由で、年齢に関係なく何でもチャレンジする機会が開かれているな、と思うのです。 幅広い年齢層の友達 私はハワイでは年齢関係ない友達が多いです。 例えば私は30代ですが、20代から60代の友達がいます。 50代の女性と一緒にご飯を食べたり、60代の男性と一緒にテニスをしたりします。 日本にいるときはあまり歳の離れた友達はいませんでした。 特に30歳以上も離れた異性とは、普通は友達にはなれませんよね。 私はカリフォルニア州にも住んでいましたが、ハワイの方が年齢の垣根がなく、幅広い付き合いがあります。 またハワイ州の良いところは人種による差別がありません。 基本アジア系の移民が多いので、日本人だからと差別されたことは、一度もありません。 学生時代にMIDWESTに行ったとき、レンタカーで走っていると、職務質問にポリスに何回か止められたことがあります。 アジア人が珍しいので、「ここで何してる?」と聞かれて、「語学留学で来ている」と答えると、「ここはあなた達が来るところじゃない」と冷たく言われ、疎外感を感じたことがありました。 ここハワイではそういった差別を受けたことはありません。 日本に住んでいる皆さんも、これからは年齢で物事を判断しない考え方をしてください。 何かを始めるのに遅過ぎるなんてないのです。 40代から料理を始めてもいいのです。 50代からジョギングを始める人もいます。 年齢を気にしないだけで、人生色んなことにチャレンジ出来ます。 自分がまだ10代だと想像してみよう! 私の友達で「まだ自分がティーンネイジャーの気持ちでいる」と言う人がいます。 歳をとっても気持ちだけは若いということ。 もしあなたが、10代、20代にタイムスリップしたら、何をしますか? ギターを始めてバンドを組みますか? 語学の勉強をしますか? ではなぜ今しないのでしょうか。 それは年齢を言い訳に諦めているのです。 何事も遅すぎることはありません。 Age is just a number. 年齢はただの数字なのですから。 良い考え方ですね。 確かに日本人は仕事が一番で嫌々やろうがそれが自分の人生だと思い込んでいますね。 好きな事をして生きようとすればそれなら食って行けなくなったらどうする??? 殆どの人が不思議がったり無理だと思い込んでいますね。 人の生き方は本来100通り合っても良いのです。 人生が一番幸せなのは好きな事に好きなだけ打ち込める時間と好きな事が仕事で生かせて毎日が充実出来るかどうかなのです。 嫌々すると言うことは時間も長く感じる上に向上心ややる気も出ないからです。 日本人は世間や社会、周りに合わせ過ぎて誰の為に生きているのか分からなくなっているのです。 人生は自分自身で考えて生きる事が一番大事なのです。 外国人は周りに合わすよりも自分自身の人生が一番だと分かっている人が多いので日本人には刺激になりますね。

次の

歴史的仮名遣いの一覧とその解説【中学古典(文語文法)講座】

おかしとあはれの違い

原作「竹取物語」について 「竹取物語」は、平安時代(9~10世紀)頃に書かれたと推定されている 日本最古の物語文学です。 言うまでもなく、日本人なら誰もが知っている童話「かぐや姫」の原型ですね。 原本は現存しておらず、作者も不詳。 今日まで伝えられてきた物語は、作者ではない他者の手が加えられた物語である可能性が高いんだとか。 改変に改変を加えられてきた性質を持つ「竹取物語」を元に作られた「かぐや姫の物語」は、 高畑勲版・「竹取物語」ということになりますね。 「かぐや姫の物語」と原作「竹取物語」の違い では、具体的に「かぐや姫の物語」で高畑勲監督によって手が加えられた部分を見ていきましょう! かぐや姫がタケノコから生まれる 原作では、 「竹の中に、もと光る竹なむ一筋ありける。 あやしがりて寄りて見るに、筒の中光りたり。 それを見れば、三寸ばかりなる人、いと美しうて居たり」 竹の筒の中にかぐや姫がいたとありますが、「かぐや姫の物語」ではかぐや姫はタケノコから生まれています。 これは、 竹が光る理屈に納得いかなかった高畑監督がタケノコに変えたんだとか。 成長の早いかぐや姫に近所の子供たちが付けたあだ名も「タケノコ」。 近所の子供たちと遊び回る 天真爛漫なかぐや姫の幼少期が丹念に描かれているのも、原作との大きな違いですね。 捨丸 幼馴染で、頼りになる捨丸兄ちゃん。 原作「竹取物語」には登場しないオリジナルキャラクターです。 そして「 穢れた地球に姫が嫌気を刺して、もう一度穢れなき月に戻りたいと願うこと」でその罪は許されます。 姫が穢れた地球で愛する人と一緒になってしまえば罰にはなりません。 捨丸が独身だったらなんの障害もない、ただの純愛ですからね。 かぐや姫が好きになった捨丸でさえも、穢れた人間であるということ。 捨丸は今作の大きなテーマであるかぐや姫の「罪と罰」を語るのに大きな存在なのです。 このおまんじゅうのような顔よ。 この可愛らしい女童も終盤、重要な役割を担っています。 その辺りも注目してください! 帝とかぐや姫の関係 原作「竹取物語」では、 かぐや姫が想い慕ったのは帝ということになっていて、月に帰るまでの3年間帝と文のやり取りをしていました。 月からの迎えが来たときには、 「宮仕へ仕うまつらずなりぬるも、かく煩はしき身にて侍れば」 (宮仕えをしなかったのも、このような煩わしい身の上だったからなのです) という文と 「いまはとて 天の羽衣 着る折ぞ 君をあはれと 思ひ出でける 」 (今はもうこれまでと思い、(地上での人間らしい感情や記憶をすべて無くしてしまうことになる)天の羽衣を着るのですが、あなたのことをしみじみと思い出しております) という歌を、不死の薬が入った壺を添えて帝に贈っています。 一方、「かぐや姫の物語」では・・・ この表情。 笑 このとき、かぐや姫の心は 「月に帰りたい」と強く願ってしまいました。 月の民の思惑通り、かぐや姫の罰は完遂されたのです。 原作では3年間とはいえ愛し愛される幸せな時間があるんですが、「かぐや姫の物語」では一切ないともいえます。 タケノコ時代がいちばん幸せだったのかな。 そこはちょっと、「かぐや姫の物語」は残酷ですよね。 月に帰る理由 かぐや姫が月に帰る理由も、原作とは違います。 原作「竹取物語」では、 「今は帰るべきになりにければ、この月の十五日(もち)に、かの本の国より、迎へに人々まうで来むず」 (今はもう帰らなければならない時期になったので、この八月の十五日に、月の世界の国から迎えの人々がやって参ります) このように、 最初から帰る日時が決まっていたと言っています。 「かぐや姫の物語」では、 またこれ。 笑 帝のセクハラで月に帰りたいと思わず願ってしまったことが原因で、帰ることになりました。 これはまあ、月に帰りたくもなっちゃうよね。。

次の