ドラクエ ウォーク グラフィック 簡易 設定。 「ドラクエウォーク」をプレイする上でおすすめの設定をご紹介!

【DQウォーク】スマホのバッテリーを長持ちさせるための設定方法/ドラクエウォーク

ドラクエ ウォーク グラフィック 簡易 設定

ドラクエウォークの通信量について ドラクエウォークを通常通りプレイすると、1時間で平均30MB程度の通信量を消費します。 プレイ内容(ストーリー、イベントなど)によっては、消費が少なめだったり、消費が多めだったりしますが、 やはり位置情報を常に更新し続けるタイプのゲームなので、スマホゲームとしては通信量が多めな印象です。 特に、格安SIMなどで1GBプランの方は、通信制限の原因になりがちです。 3MBだったとすると、 ウェブサイト100ページを見るのと同じということになります。 単純計算ですが、1時間30MB〜40MBの消費として、だいたい30時間前後遊んだ時に1GBに到達します。 通勤や通学で、仮に1時間ずつドラクエウォークをプレイした場合、15日遊べば到達してしまいます。 もちろん、それ以外でもLINEだったりtwitterだったり、色々通信量は使うでしょうから、実際はもっと短いかもしれません。 通信制限になってしまった!1GB追加しようか悩む!と言う方は参考にしてみてください。 ドラクエウォークは通信制限でもプレイは可能なのか? さて、筆者もご多分に漏れず、 月半ばにして通信制限となってしまったので、 通信制限下でドラクエウォークがプレイ可能なのか?について確認したいと思います。 結果、、 プレイは可能でした。 (特にスクリーンショット等はありませんが・・) ただし、通信中(右下にスライムが出ているだけの画面)の時間はかなり長いので、 通信中の状態で歩いて、通信中が終わった、という時には目的地を過ぎてしまっていた、と言うこともありました。 全くプレイできないかというと、GPSのリアルタイムでの反映が遅れるだけで、 フリーズする、画面がカクカクする、端末がめちゃくちゃ熱い、というのは通信量ではなくスマホのスペックの問題なので、 最新スマホでプレイしましょう。 ドラクエウォークでデータ通信量を抑える方法 以降は、ドラクエウォークでデータ通信量を抑える方法について記載します。 一括ダウンロードを行う タイトル画面の左下「データ管理」をタップし、「一括ダウンロード」をしておくことで、 プレイ中に余計なデータをダウンロードする必要がなくなります。 2019年9月26日現在においては、データサイズは「194. 5MB」でした。 つまり、これをしておかないと最大でも194. 5MBは通信量発生のリスクがある、ということです。 WiFi環境で是非ダウンロードしておきましょう。 すでに実施している場合は下記のようにグレーアウトされます。 追加ダウンロードがある場合もありますので、Wi-Fi環境下にいる場合はチェックしてみると良いでしょう。 実は、ドラクエウォーク自体でデータ通信量を抑える方法は上記くらいです。 以下、通信量が抑えられそうですが実は効果がない(なさそう)なことについて。 グラフィック簡易設定は無意味? グラフィック簡易設定は、処理能力の低いスマホでも動くようにするための設定です。 フリーズしてしまったり、画面がカクカクするなど、スマホ自体の処理に問題がある場合は効果がありますが、 通信量については、筆者が試した体感ですが、変化はないように思われます。 ウォークモードは無意味? ウォークモードは、アプリを操作しないでも敵と戦ったりする機能なので、 通信量には影響しません。 むしろ、 ただ移動するよりも敵と戦ったりする分ちょっとかかると想定しています。 もし仮に、バックグラウンドでのウォークモードにアプリが対応した場合は、画面の読み込みなどもなくなるので、データ通信量は減りそうな印象です。 ドラクエウォーク以外でデータ通信量を抑える方法 ドラクエウォーク以外でデータ通信量を抑える方法については、 たくさんあります。 以降は、iPhoneでの設定について記載しています。 これで、アプリがバックグラウンドでデータ更新を行う際、Wifiのみに制限することが可能です。 これで、別端末で購入したものが自動的にモバイル通信経由でダウンロードされるのを防げます。 ついでにその下にあるビデオの自動再生もWi-Fiのみにしておきましょう。 データを使っているアプリを確認し、アプリごとに設定する これが一番重要で、一番効果がある内容です。 ここでは、Wi-Fiではなくモバイルデータ通信を使ったデータ量がアプリごとに記載されています。 たとえば、TwitterやSafariなどがあると思います。 ここで、 思った以上にデータ通信量が多いアプリを探します。 人それぞれの項目なので、体感で良いです。 最近のアプリで多いのですが、 アプリ内で動画が自動再生される設定になっていることが多いです。 Twitterアプリなどはその典型です。 これが非常にモバイルデータ通信を消費します。 Wi-FiじゃないところではYoutube動画を見ないように心がけていたとしても、意外なところに伏兵が潜んでいます・・。 よりデータを節約したい場合、データ利用の設定からデータセーバーをONにすれば良いです。 と、このように、アプリによって設定が色々なので、 本記事では記載を省略しますが、モバイル通信を思った以上に使っているアプリは存在しますので、一度確認してみてください。 ちなみに、モバイルデータ通信のデータ量は、一度リセットしないと、過去から今までの全てのデータ量が表示されるので、あまり参考になりません。 一度リセットして普通のアプリ生活を送った後に、データ量の大きさを確認すると良いでしょう。 まとめ ドラクエウォークの記事のはずでしたが、データ通信量の話になってしまいました。 次は、色んなアプリでデータ節約する方法について記載してみたいと思います。

次の

いつでも歩数カウントの通信量やバッテリー消費について

ドラクエ ウォーク グラフィック 簡易 設定

グラフィック簡易設定をONにした状態と通常モードの画質を比較 ドラクエウォークのグラフィック簡易設定は、その名のとおりグラフィックの画質を落としてプレイするモードです。 通常時との比較画像を用意しました。 使用しているスマホはiPhone 6sになります。 正直かなりボヤけていて、非常に見ずらいと感じました。 かくていポイントやマイレージポイントの距離は「のこり〇〇m」といった感じで表示されますが、グラフィック簡易設定では、文字がかなり滲んでいる事がわかります。 視認できないほどではありませんが、逆に目が悪くなりそうです。 その他、建物含めてすべてのオブジェクトが荒くなっており、個人的にはナシだと感じますね。 やはり全体的に荒くなった表示になり、ギザギザが目立ちますね。 昔のスマホゲーやDS、3DSに近いグラフィックになります。 スマホのスペックや解像度により見え方が変わる 今回は僕のスマホiPhone 6sで確認しましたが、スマホにより多少見え方や人により感じ方が変わるようです。 グラフィック簡易設定は誰でも試す事ができますので、気になる人は実際に試してみましょう!設定してアプリを再起動すれば反映されますよ。 バッテリーの消費を抑えられる• 読み込みや画面切り替えが速くなる• 通信量を減らせる たぶん• アプリが落ちにくくなる 一番のメリットは、やはりバッテリーの消費を抑えられる事です。 ドラクエウォークはただでさえバッテリー消耗の激しい位置ゲーなので、長時間プレイしたい人には大きなメリットでしょう。 そして、画面の切り替えや読み込みも、ほんの少しサクサク進むようになります。 もともとスマホが高スペックであればあまり違いを感じませんが、iPhone 6sくらい古いスマホだと、画面の切り替わりは速くなったと感じました。 通信量に関しては確認まではしてませんが、多少は減るのではないかと。 減らなかったらゴメンナサイ。 アプリが落ちにくくなるのは間違いないですね。 同じくフリーズも減ると思います。 デメリット• SNS投稿の際にスクショの見栄えが悪い• 遠くにある数字やメガモンスターを確認しにくい• 臨場感などが失われる• 目が疲れる デメリットは上記のような感じ。 やっぱりツイッターなどに載せるスクショは、高画質でありたいですね。 低画質のスクショが悪いというわけじゃありませんが、やっぱり見栄えは悪いと感じます。 画質が低下することで、遠くにあるかくていポイントの数字や、メガモンスターがいるかどうか?などが、確認しにくくなりますね。 また、数字がぼやける事で目を細めたり凝らしたりするため、目が疲れやすくなる人もいるでしょう。 最後に、画質が悪いと臨場感が失われます。 それほど迫力のあるゲームではありませんが、やはり低画質になったゲーム画面はモチベにも影響しますので、デメリットと言えるでしょう。 【まとめ】とりあえず試して気にならなければOK! ドラクエウォークのグラフィック簡易設定について解説しました。 まぁ…リスクなしで簡単に試せる設定なので、とりあえず試してみたほうがいいですね。 僕はかなり気になりましたが、人によってはまったく気にならんレベルという事もあります。 デメリットに関しては、個人の感じ方により差が出る内容ばかりですしね。

次の

ドラクエウォークグラフィック簡易設定のメリットとデメリットって?

ドラクエ ウォーク グラフィック 簡易 設定

グラフィック簡易設定をONにした状態と通常モードの画質を比較 ドラクエウォークのグラフィック簡易設定は、その名のとおりグラフィックの画質を落としてプレイするモードです。 通常時との比較画像を用意しました。 使用しているスマホはiPhone 6sになります。 正直かなりボヤけていて、非常に見ずらいと感じました。 かくていポイントやマイレージポイントの距離は「のこり〇〇m」といった感じで表示されますが、グラフィック簡易設定では、文字がかなり滲んでいる事がわかります。 視認できないほどではありませんが、逆に目が悪くなりそうです。 その他、建物含めてすべてのオブジェクトが荒くなっており、個人的にはナシだと感じますね。 やはり全体的に荒くなった表示になり、ギザギザが目立ちますね。 昔のスマホゲーやDS、3DSに近いグラフィックになります。 スマホのスペックや解像度により見え方が変わる 今回は僕のスマホiPhone 6sで確認しましたが、スマホにより多少見え方や人により感じ方が変わるようです。 グラフィック簡易設定は誰でも試す事ができますので、気になる人は実際に試してみましょう!設定してアプリを再起動すれば反映されますよ。 バッテリーの消費を抑えられる• 読み込みや画面切り替えが速くなる• 通信量を減らせる たぶん• アプリが落ちにくくなる 一番のメリットは、やはりバッテリーの消費を抑えられる事です。 ドラクエウォークはただでさえバッテリー消耗の激しい位置ゲーなので、長時間プレイしたい人には大きなメリットでしょう。 そして、画面の切り替えや読み込みも、ほんの少しサクサク進むようになります。 もともとスマホが高スペックであればあまり違いを感じませんが、iPhone 6sくらい古いスマホだと、画面の切り替わりは速くなったと感じました。 通信量に関しては確認まではしてませんが、多少は減るのではないかと。 減らなかったらゴメンナサイ。 アプリが落ちにくくなるのは間違いないですね。 同じくフリーズも減ると思います。 デメリット• SNS投稿の際にスクショの見栄えが悪い• 遠くにある数字やメガモンスターを確認しにくい• 臨場感などが失われる• 目が疲れる デメリットは上記のような感じ。 やっぱりツイッターなどに載せるスクショは、高画質でありたいですね。 低画質のスクショが悪いというわけじゃありませんが、やっぱり見栄えは悪いと感じます。 画質が低下することで、遠くにあるかくていポイントの数字や、メガモンスターがいるかどうか?などが、確認しにくくなりますね。 また、数字がぼやける事で目を細めたり凝らしたりするため、目が疲れやすくなる人もいるでしょう。 最後に、画質が悪いと臨場感が失われます。 それほど迫力のあるゲームではありませんが、やはり低画質になったゲーム画面はモチベにも影響しますので、デメリットと言えるでしょう。 【まとめ】とりあえず試して気にならなければOK! ドラクエウォークのグラフィック簡易設定について解説しました。 まぁ…リスクなしで簡単に試せる設定なので、とりあえず試してみたほうがいいですね。 僕はかなり気になりましたが、人によってはまったく気にならんレベルという事もあります。 デメリットに関しては、個人の感じ方により差が出る内容ばかりですしね。

次の