沼 に ハマっ て 聞い て みた 見逃し。 気づいたらハマってる!男性を魅了する「沼系女子」の特徴

ワタナベマホト&東海オンエア、NHK『沼にハマってきいてみた』出演 “師弟”とも言える2組の関係性を振り返る|Real Sound|リアルサウンド テック

沼 に ハマっ て 聞い て みた 見逃し

毎週月曜から水曜、18時55分から放送中の『沼にハマってきいてみた』(NHK教育)。 10月15日の放送では人気YouTuberのワタナベマホトと東海オンエアが出演する。 長い付き合いのある2組の共演は、ファンからすれば納得のもの。 本稿では師弟ともいえる2組のこれまでを振り返っていく。 2007年から動画投稿を始めているマホトはYouTuberの中でもHIKAKINと並ぶ古株。 爽やかな見た目とは裏腹に過激な内容の動画が多く、そのギャップから人気を博している。 また動画投稿以外にもヒップホップユニット・カイワレハンマーとしてメジャーデビュー、ファンションブラント・「REBERTAS(リベルタス)」を設立するなど多方面での活躍も目立っている。 絶対に笑ってはいけないTikTok また他のYouTuberとのつながりを大切にしている印象のあるマホト。 兄貴分として多くの後輩に慕われており、過去にはマホトを中心としたシェアハウス「仲間家」で、後輩のYouTuberであるサグワやへきトラハウス、カイトらとともに生活を送り生活面を支援、動画作りに専念できる環境を提供していたこともある(現在はサグワ、カイトとともに仲間家が復活している)。 東海オンエアのことも4年以上に渡り、成長を見続けてきた。 リーダーのてつやを中心にしばゆー、としみつ、虫眼鏡、ゆめまる、りょうからなる東海オンエア。 活動初期から過激な内容に果敢にチャレンジしており、体を張った企画をやらせたらYouTuber界1との声も高い。 東海ラジオにてレギュラー番組「東海オンエアラジオ」もスタートし、その勢いはYouTube外にまで行き渡っている。 1 メール来すぎ 東海オンエアが人気になった背景には、マホトら大物とコラボを重ね知名度を上げていったことが要因のひとつにある。 しかし着実に実力をつけ、抜群の企画力と度胸からいまの人気を得た東海オンエア。 そのポテンシャルにいち早く気付き、可愛がってきたマホトは言わば師匠のような存在だろう。 2組が初めて動画内で顔を合わせたのは2014年、はじめしゃちょーのドッキリ企画だった。 東海オンエアが初めてはじめしゃちょーの家を訪れた際、巨大バケツの中にマホトが隠れているというもの。 大物YouTuberが突然目の前に現れたことでてつやとしばゆーは腰を抜かすほど驚いていた。

次の

沼にハマってきいてみた「カンタンDIY!庭づくり沼」

沼 に ハマっ て 聞い て みた 見逃し

セカンドになったり、遊ばれてばかりの女子がいる一方、「浮気の心配なんてしたことない」という女子もいます。 彼氏に溺愛されたり、大事にされる本命女子は、男性から見ると、ついハマってしまう沼のような特徴があるようです。 男性が彼女たちの何に魅力を感じるのか、ポイントを聞いてみました。 顔がタイプ 「とにかく彼女の顔がタイプ。 付き合いの長い友達からは『あのタイプの顔、ほんとに好きだよね』と言われるくらい。 彼女が真剣に話してるとき『顔がかわいい』って口に出ちゃって、真面目に聞けって怒られることもあります。 彼女が笑顔を絶やさない性格なのもあるけど、とにかくみてて幸せだし、なんでもしてあげたくなるんです」(29歳・男性) 男性はビジュアルから恋に落ちると、その相手にハマるよう。 女子としては、顔ばかり褒められるとむしろ不安になることもありますが、会うたびに「俺の彼女、やっぱりかわいいな」と実感してもらえるのは、「浮気されない」「恋が長続き」などのメリットにもつながります。 会えばラブラブ、会ってないときはさっぱり 「会うとたくさん甘えてくれる彼女。 デート中にスマホなんか絶対見ないし、僕の話をしっかり聞いてくれることもあって『幸せー!』と思うことも多いです。 でも、普段はそんなに連絡してこないし、友達と会ったり、楽しくやってるみたい。 今頃は僕のことは忘れて、楽しくしてるのかな……なんて思うと、こっちから連絡したくなります」(26歳・男性) いつも自分のことを考えてくれる彼女もありがたいけど、恋愛以外にも関心があって、楽しげな女子を追いたくなる男性は多いもの。 メリハリのある態度は、男性にとって心地いいもののようです。 「会ってないときはマメにLINEをするけど、デートでは反応が薄い」という、逆パターンをやりがちな女子が多いので、「会えばラブラブ、会わない時はさっぱり」な態度は、より「手放したくない彼女」と思わせる効果も期待できます。 否定してこない 「話への返答がかならず『でも』から始まるとか、ちょっと失敗すると『だから言ったじゃん』みたいな上から目線の子は疲れちゃいますね。 意見の違いにカリカリ怒らない、彼にいちいちダメ出ししないおおらかな女子に癒しを感じる男性も多いようです。 彼に対してイエスマンになる必要はありませんが、「意見が合わなくても一旦受け入れる」包容力は大事。 自立してる 「今の彼女は別れ際に寂しそうとかないし、会える時間も短め。 『もうちょっといっしょにいたかったな』ってあとをひく感じにやられちゃったんですよね……。 元カノが束縛が激しく、だらだら長く一緒にいたがる子だったのもありますけど。 『明日は仕事だから』とか、恋愛だけに流されない感じに惹かれたんです」(28歳・男性) 甘えてくる彼女はかわいいけど、自分の軸を恋愛に全振りしてる女子はちょっと……。 忙しい男性はとくに、そんなふうに感じることもあるようです。 恋愛中も男性のペースに流されず、自分の生活や仕事を優先する姿に惹かれたり、独占欲を刺激されるのだとか。 駆け引きではないにしろ、このケースのように少しの物足りなさを感じるくらいで解散するのも、男性の心を煽る効果があると言えるでしょう。 自分の気持ちに正直だったり、余裕のある態度が男性を惹きつけていることも少なくありません。 いつもより少しだけ素直な自分を見せてみると、意外とそっちのほうが彼をとりこにできるのかも。 (中野亜希/ライター) (愛カツ編集部).

次の

沼にハマってきいてみた

沼 に ハマっ て 聞い て みた 見逃し

セカンドになったり、遊ばれてばかりの女子がいる一方、「浮気の心配なんてしたことない」という女子もいます。 彼氏に溺愛されたり、大事にされる本命女子は、男性から見ると、ついハマってしまう沼のような特徴があるようです。 男性が彼女たちの何に魅力を感じるのか、ポイントを聞いてみました。 顔がタイプ 「とにかく彼女の顔がタイプ。 付き合いの長い友達からは『あのタイプの顔、ほんとに好きだよね』と言われるくらい。 彼女が真剣に話してるとき『顔がかわいい』って口に出ちゃって、真面目に聞けって怒られることもあります。 彼女が笑顔を絶やさない性格なのもあるけど、とにかくみてて幸せだし、なんでもしてあげたくなるんです」(29歳・男性) 男性はビジュアルから恋に落ちると、その相手にハマるよう。 女子としては、顔ばかり褒められるとむしろ不安になることもありますが、会うたびに「俺の彼女、やっぱりかわいいな」と実感してもらえるのは、「浮気されない」「恋が長続き」などのメリットにもつながります。 会えばラブラブ、会ってないときはさっぱり 「会うとたくさん甘えてくれる彼女。 デート中にスマホなんか絶対見ないし、僕の話をしっかり聞いてくれることもあって『幸せー!』と思うことも多いです。 でも、普段はそんなに連絡してこないし、友達と会ったり、楽しくやってるみたい。 今頃は僕のことは忘れて、楽しくしてるのかな……なんて思うと、こっちから連絡したくなります」(26歳・男性) いつも自分のことを考えてくれる彼女もありがたいけど、恋愛以外にも関心があって、楽しげな女子を追いたくなる男性は多いもの。 メリハリのある態度は、男性にとって心地いいもののようです。 「会ってないときはマメにLINEをするけど、デートでは反応が薄い」という、逆パターンをやりがちな女子が多いので、「会えばラブラブ、会わない時はさっぱり」な態度は、より「手放したくない彼女」と思わせる効果も期待できます。 否定してこない 「話への返答がかならず『でも』から始まるとか、ちょっと失敗すると『だから言ったじゃん』みたいな上から目線の子は疲れちゃいますね。 意見の違いにカリカリ怒らない、彼にいちいちダメ出ししないおおらかな女子に癒しを感じる男性も多いようです。 彼に対してイエスマンになる必要はありませんが、「意見が合わなくても一旦受け入れる」包容力は大事。 自立してる 「今の彼女は別れ際に寂しそうとかないし、会える時間も短め。 『もうちょっといっしょにいたかったな』ってあとをひく感じにやられちゃったんですよね……。 元カノが束縛が激しく、だらだら長く一緒にいたがる子だったのもありますけど。 『明日は仕事だから』とか、恋愛だけに流されない感じに惹かれたんです」(28歳・男性) 甘えてくる彼女はかわいいけど、自分の軸を恋愛に全振りしてる女子はちょっと……。 忙しい男性はとくに、そんなふうに感じることもあるようです。 恋愛中も男性のペースに流されず、自分の生活や仕事を優先する姿に惹かれたり、独占欲を刺激されるのだとか。 駆け引きではないにしろ、このケースのように少しの物足りなさを感じるくらいで解散するのも、男性の心を煽る効果があると言えるでしょう。 自分の気持ちに正直だったり、余裕のある態度が男性を惹きつけていることも少なくありません。 いつもより少しだけ素直な自分を見せてみると、意外とそっちのほうが彼をとりこにできるのかも。 (中野亜希/ライター) (愛カツ編集部).

次の