ブロン 中毒 症状。 家族の体験談

友人がパブロン中毒です。

ブロン 中毒 症状

風邪薬「パブロン」でトリップする<金パブ中毒>な人たち~市販薬をドラッグ代わりに乱用 巷では「金パブ中毒」なる現象が起きている。 「効いたよね、早めのパブロン」のCMでおなじみのパブロンシリーズの「パブロンゴールド=金パブ」(大正製薬)だ。 金パブを頻繁に使ううちに手放せなくなり、毎日、大量に摂取するようになる依存者は少なからずいる。 原因は主に、パブロンゴールドに含まれているジヒドロコデインリン酸塩だ。 このジヒドロコデインリン酸塩やリン酸コデインなどのコデイン類の成分は、咳を鎮める効果に優れている。 確かにその通りだね。 天然の大麻を使用するのも犯罪なのに、 医療薬に大麻どころかアヘンなんかの麻薬成分を含有させるのは合法というのは ちょっと変な気もするけど…とにかく、医学的効果があると認められている麻薬成分については、 「微量にとどめる」という条件付きで認められているのが現状のようだ。 そして、そんな現状を逆手にとって、どうやら、 こうした市販薬を大量に服用することによって、ドラッグと同じ効果を得ようとする人も存在しており、これらを指南しているサイトも存在しているようだね。 さらに、パブロン以上に強力な効果を得られる薬として、 「エスエスブロン錠」も人気とのこと。 こちらは、上述のコデイン類にプラスして、 エフェドリンという、麻黄に含まれている成分が入っており、これは交感神経の活発化させる作用があり、 覚せい剤にも似たえもいわれぬ興奮効果を得られるのだという。 これらはいずれも合法的に、しかも処方箋もいらずにドラッグストアで購入できることから、中には快感を得るためだけに購入、大量に服用し、トリップ状態を楽しんでいるヤバイ人もいるみたいだぞ。 市販薬を大量に服用するのは絶対にやめるべき、命に関わる重大な副作用も… 風邪薬、なぜ医師は飲まない?市販薬はもっと危険?かえって悪化や治りが遅くなる懸念も 冒頭で「本来、風邪程度で病院に行くべきではない」と述べた理由は、これらのウイルスに効果がある薬は、ほとんどないのが実情だからだ。 風邪の諸症状が現れたとき、抗生物質を飲む人が多いようだが、抗生物質は細菌を死滅させる効果はあるがウイルスにはまったく効かない。 つまり、風邪に対してはまったく無意味であり、さらにいえば体内の有用な菌を殺して免疫力を下げて治りが悪くなる可能性すらある。 当然、多くの医師はそのことを熟知しているはずで、風邪と診断しながら抗生物質を処方することはあり得ない。 「とりあえず抗生物質を出しておきましょう」などと言う医師がいようものなら、二度とその病院に通ってはならない。 ちなみに、筆者が独自に首都圏の大学病院、総合病院、個人医院の医師30人にアンケートをとったところ、風邪をひいたら薬を飲むという人はいなかった。 【風邪をひいたら薬を飲むか】 薬を必ず飲む人…0人 症状がひどく、どうしても休めないときに症状を緩和する薬を飲む…8人 絶対に飲まない…22人 上の記事のように、市販の風邪薬の効果に疑問を投げかける声も多く、 「単なる気休め程度」としている意見も少なくない。 確かに、こうした麻薬由来の成分で気分が良くなったりする効果は考えられるものの、もちろん、薬なので副作用もあり、 多少の風邪気味の症状が起きるたびに服用するのはあまり良くないとも言える。 ましてや 快感を得るために大量に飲むなどもってのほかで、 副作用として報告されている発疹や嘔吐、動悸、息切れ、めまいなどが強く出ることで、命の危険すらも生じてくる。 したがって、あくまで服用する場合には用法用量を守り、そして 必要以上に風邪薬に頼らないことが重要ではないだろうか。

次の

くすりの話 4 咳止め液が覚醒剤に?

ブロン 中毒 症状

カフェインの致死量は11000mg カフェインの致死量は 「半数の人が致死量」となる量です。 動物による研究データを成人(体重55キロ)に置き換えると 約11g(11000mg)がカフェインの致死量となります。 カフェイン含有の飲み物は何本で致死量になるのか計算しました。 種類 1杯 缶 あたり 致死量まで コーヒー 237ml 約135mg 約81杯 緑茶 237ml 約30mg 約366杯 レッドブル 250ml缶 80mg 約137本 モンスターエナジー 355ml 142mg 約77本 リポビタンD 100ml 50mg 約220本 眠眠打破 50ml 120mg 約91本 エスタロンモカ錠 カフェイン錠 1回2錠 200mg 約55日分 参考: 上記の表からわかるのは、一度で飲料からカフェインを摂取して致死量となる量まで飲むのは厳しいということになります。 これはあくまで動物でのデータで個人差などが影響してきます。 カフェイン個人差の影響 あとは様々な個人差によってカフェインによる影響が変わってきます。 カフェインへの耐性 カフェインに「強い」「弱い」があります。 アジア人は比較的カフェインに強いと言われていていますが、コーヒーを飲んだら夜眠れなくなるほど効く人もいます。 身体の大きさ(体重) 致死量は基本的に体重で計算されます。 体重が大きいほど致死量も増え、体重が少ないと致死量は減ります。 カフェイン代謝速度 摂取したカフェインは徐々に代謝されていきます。 この代謝の速度が「早い」「遅い」があり、代謝が遅い人はお昼に飲んだカフェインが効いて夜眠れない人もいます。 体内へのカフェインの蓄積も考えられます。 体調 大量が悪い時にカフェインを多く取ると影響を受けやすくなります。 しかし、 短時間に400mgを越えるカフェインを摂取すると、カフェイン中毒による急性症状が出やすくなるとされています。 明確な数値が無い理由は、カフェイン耐性、カフェイン代謝速度、体重、体調といった個人差が大きく影響するので、数値を決めてしまうと誤って安心して飲む人がいるからとのことでした。 カフェイン量1日400mgはあくまで目安 この「1日400mg」というのはカナダでの調査データで健康な成人で悪影響が出ないという量です。 日本人は「カフェインの代謝酵素が少ない」人が多く、人によってはカフェインの耐性が低かったりしていきます。 それなので自分とカフェインの相性を優先して考えていきましょう。 短時間で400mgのカフェインを摂り症状が出ることで死亡へと繋がるケースもあるので油断は禁物です。 カフェイン中毒の症状 カフェインを短時間で多く飲んだ時のカフェイン中毒の症状はこのようになります。 そして、症状が出た場合はカフェインが身体から代謝されるのを待つしかありません。 中枢神経系の刺激によるめまい• 心拍数の増加• 不眠症• 消化器系の興奮状態による下痢・吐き気 引用:より。 1日で摂ってもいいカフェイン量は400mg 1日に飲んでも大丈夫なカフェイン量のボーダーラインです。 これはカナダ保健省より発表されているデータが元になっています。 1日の量 健康な成人 400mg 妊婦 300mg 10〜12歳 85mg 7〜9歳 62.5mg 引用:より。 妊娠中には胎児への影響が考えられるので、「カフェインを取るな!」と言われる産婦人科の先生もいるようです。 子供ちゃんは身体(体重)も小さくカフェインの影響を大人以上に受けやすいので、カフェインは取らないようにするのがいいでしょう。 カフェイン含有量飲料一覧表と安全な本数 よくあるカフェイン含有飲料と1日400mgにどれだけ飲んだら達するのか計算しました。 種類 1杯 缶 あたり 安全な上限 400mg コーヒー 237ml 約135mg 約2. 9杯 緑茶 237ml 約30mg 約13. 3杯 紅茶 237ml 約71mg 約5. 6杯 ココア 237ml 約106mg 約3. 7杯 レッドブル 250ml 80mg 約5本 モンスターエナジー 355ml 142mg 約2. 8本 リポビタンD 50ml 50mg 約8本 眠眠打破 50ml 120mg 約3. エナジードリンク、リポビタンD、眠眠打破というのは、1回に何本も飲む人は居ないと思うのですが、 コーヒーだとマグカップで作業中に常に飲んでいる人がいますので、そのような人は気をつけたほうが良さそうですね。 濃いめ・茶葉2倍シリーズは注意 緑茶や紅茶などの「濃いめ」「茶葉2倍」商品はカフェイン量が多いです、あと缶コーヒーはカフェイン量の記載がありませんが入っています。 濃いめのカフェオレで1ペットボトル160mg 茶葉2倍の紙パック紅茶には150mg 200mlほどの缶コーヒーには120mg と知らない間に多くのカフェインを摂取している時もあります。 茶葉が多く入っていたり、濃いめシリーズの商品を飲む時には気をつけたいですね。 エナジードリンクには大量のカフェインが入っている!? エナジードリンクは名前のイメージもあって、「効果が切れたらどっと疲れが出てくる」「元気の前借りしている」「飲みすぎると寿命が縮む」という話がされる時があります。 この話をよく聞くと、エナジードリンクにはカフェインが大量に入っているから、そのような話に繋がっているようでした。 カフェインは日常よく飲まれている飲料のお茶、紅茶、コーヒー、コーラ、チョコレートにも含まれていて、上記の「カフェイン含有量飲料一覧表」でそこまで大差は無いというのがわかってもらえるかなと思います。 その中でも カフェイン量が意外と多いのは缶コーヒーなのですが、「コーヒーにはカフェインが入っているのはみんな知っている」からコーヒーのパッケージにカフェイン量が書かれていないのです。 レッドブルはコーヒー1杯と同量の「80mg」というほど多くありません。

次の

くすりの話 4 咳止め液が覚醒剤に?

ブロン 中毒 症状

風邪薬「パブロン」でトリップする<金パブ中毒>な人たち~市販薬をドラッグ代わりに乱用 巷では「金パブ中毒」なる現象が起きている。 「効いたよね、早めのパブロン」のCMでおなじみのパブロンシリーズの「パブロンゴールド=金パブ」(大正製薬)だ。 金パブを頻繁に使ううちに手放せなくなり、毎日、大量に摂取するようになる依存者は少なからずいる。 原因は主に、パブロンゴールドに含まれているジヒドロコデインリン酸塩だ。 このジヒドロコデインリン酸塩やリン酸コデインなどのコデイン類の成分は、咳を鎮める効果に優れている。 確かにその通りだね。 天然の大麻を使用するのも犯罪なのに、 医療薬に大麻どころかアヘンなんかの麻薬成分を含有させるのは合法というのは ちょっと変な気もするけど…とにかく、医学的効果があると認められている麻薬成分については、 「微量にとどめる」という条件付きで認められているのが現状のようだ。 そして、そんな現状を逆手にとって、どうやら、 こうした市販薬を大量に服用することによって、ドラッグと同じ効果を得ようとする人も存在しており、これらを指南しているサイトも存在しているようだね。 さらに、パブロン以上に強力な効果を得られる薬として、 「エスエスブロン錠」も人気とのこと。 こちらは、上述のコデイン類にプラスして、 エフェドリンという、麻黄に含まれている成分が入っており、これは交感神経の活発化させる作用があり、 覚せい剤にも似たえもいわれぬ興奮効果を得られるのだという。 これらはいずれも合法的に、しかも処方箋もいらずにドラッグストアで購入できることから、中には快感を得るためだけに購入、大量に服用し、トリップ状態を楽しんでいるヤバイ人もいるみたいだぞ。 市販薬を大量に服用するのは絶対にやめるべき、命に関わる重大な副作用も… 風邪薬、なぜ医師は飲まない?市販薬はもっと危険?かえって悪化や治りが遅くなる懸念も 冒頭で「本来、風邪程度で病院に行くべきではない」と述べた理由は、これらのウイルスに効果がある薬は、ほとんどないのが実情だからだ。 風邪の諸症状が現れたとき、抗生物質を飲む人が多いようだが、抗生物質は細菌を死滅させる効果はあるがウイルスにはまったく効かない。 つまり、風邪に対してはまったく無意味であり、さらにいえば体内の有用な菌を殺して免疫力を下げて治りが悪くなる可能性すらある。 当然、多くの医師はそのことを熟知しているはずで、風邪と診断しながら抗生物質を処方することはあり得ない。 「とりあえず抗生物質を出しておきましょう」などと言う医師がいようものなら、二度とその病院に通ってはならない。 ちなみに、筆者が独自に首都圏の大学病院、総合病院、個人医院の医師30人にアンケートをとったところ、風邪をひいたら薬を飲むという人はいなかった。 【風邪をひいたら薬を飲むか】 薬を必ず飲む人…0人 症状がひどく、どうしても休めないときに症状を緩和する薬を飲む…8人 絶対に飲まない…22人 上の記事のように、市販の風邪薬の効果に疑問を投げかける声も多く、 「単なる気休め程度」としている意見も少なくない。 確かに、こうした麻薬由来の成分で気分が良くなったりする効果は考えられるものの、もちろん、薬なので副作用もあり、 多少の風邪気味の症状が起きるたびに服用するのはあまり良くないとも言える。 ましてや 快感を得るために大量に飲むなどもってのほかで、 副作用として報告されている発疹や嘔吐、動悸、息切れ、めまいなどが強く出ることで、命の危険すらも生じてくる。 したがって、あくまで服用する場合には用法用量を守り、そして 必要以上に風邪薬に頼らないことが重要ではないだろうか。

次の