高額 医療 費 制度 帝王 切開。 【助産師監修】帝王切開の費用はどのくらい? 医療保険や高額医療費制度の利用について|ベビーカレンダー

帝王切開での出産、医療費はいくらかかる?高額医療費の活用方法

高額 医療 費 制度 帝王 切開

うちの妻は一人目は緊急帝王切開、二人目は予定帝王切開で出産をしました。 結婚の際に保険を見直ししていたため、通常の出産一時金42万円の他にアフラックの医療保険から帝王切開の手術費、入院費がでたので、なんと 黒字。 帝王切開の身体的なリスクを考えると素直に喜べませんが、医療保険にちゃんと入っておいて良かったと思う場面でした。 そして、 年々帝王切開のママさんが増えているそうです。 帝王切開が増えているということ 日本では1980~2000年代初めまでの帝王切開の確率は15%以下で推移していたそうですが、2010年頃上昇し 現在は出産の20%が帝王切開になっているそうです。 5人に1人は帝王切開。 ブラジルでは50%が帝王切開ともいわれています。 驚きですね。 帝王切開が増える理由として、医療の進歩により胎児、妊婦の以上が発見されやすく、より安全な選択ができるようになったからといわれています。 帝王切開の理由となる状況 帝王切開による出産は以下の理由が多いです• 一度帝王切開で産んでいる• さかご• 児頭骨盤不均衡• 胎児モニターの異常• 多児(ふたご、みつごなど)• 子宮の手術歴 我が家は「胎児モニターの異常」が原因で一人目が帝王切開でした。 予定日を過ぎ、病院でモニター検査をしたところ、赤ちゃんの心拍数が減少。 エコーでも原因がわからず、バタバタと手術へと進んでいきました。 私は仕事中に電話をもらい、急いで病院へ。 到着したらすでに妻は手術台の上。 その30分後には産まれていました。 一応立ち会い出産??とにかく焦りました。 妻も子供も無事だったのが何より救いでした。 <関連記事> 帝王切開でかかる費用 通常分娩では5日程度の入院でも、帝王切開になると傷の状態などで入院期間が1週間以上になることもあります。 通常分娩でかかる費用:平均50万円ほど。 病院51万円、助産所は47万円と数万円の違いがあるようです。 帝王切開でかかる費用:平均60~70万円ほど、通常分娩よりも10~20万円くらい多くなります。 命を守るということが大前提ですが、出費が増えるのもなかなかキツいですよね。 帝王切開でもらえるお金 1. 出産一時金 これは通常でも帝王切開でも関係なく、出産する人みんなが貰えるお金です。 支給額:出産1人につき42万円(双子なら84万!!) *産科医療保障制度に加入していない医療機関で産んだ場合は子供1人につき40万4000円。 高額療養費制度 1カ月間にかかった医療費の自己負担額が高額になった際、年齢や所得などから設定される「自己負担限度額」を超えた金額が払い戻される制度です。 自然分娩では利用できませんが、 帝王切開分娩や切迫早産などの医療行為を受けた際には利用することができます。 診療報酬明細書の審査後、健康保険より支払われます。 医療費控除 1年間の医療費の世帯合計が10万円(総所得金額等が200万未満の人は総所得などの5%)を越える場合に、確定申告をして一定の所得控除をうけることが出来る制度。 高額療養費制度を利用した場合には、その残りの金額が世帯の合計で10万円を超える場合となります。 民間の医療保険 自然分娩では民間の医療保険の対象とならないことが多いですが、帝王切開となると医療処置となるので民間の保険請求ができる可能性があります。 実際に請求された金額と貰えたお金 実際の請求書 請求されたお金 我が家は診療所で出産しました。 帝王切開で入院は7日間 保険適応外の請求(通常請求)=361870円 保険適応の請求(帝王切開したことで発生)=127920円(426390円の3割) 合計請求金額=489790円 一般の平均とほぼ同じくらい。 貰えたお金 出産一時金=420000円 420000円を病院の支払いの際に引いて貰い、退院時に払ったお金が 76690円 アフラック医療保険 妻は入院日額10000円の保険と手術で10万円が貰える保険に入っていたのと、妻の親が何故か継続している保険があるので、2つの医療保険をあわせて 280000円貰えました。 なのでこの時点で 203310円黒字状態です。 そして後日高額療養費の返金と来年確定申告で医療費控除をうければさらに貰えるお金は増えていきます。 医療保険は必要?? 帝王切開でお金が貰えるといってもそれが特別嬉しいわけではなく、今後もお金がかかるのでありがたいという気持ち。 何より無事産まれてきてくれたこと、産んでくれたことに感謝です。 貰えるお金の制度を知っておくのはとても大切です。 アフラックの医療保険については帝王切開を考えて加入したわけではないですが、加入していて良かったなというのが感想です。 以前専門家に保険の相談をした際も、医療保険の加入については意見が分かれることがありました。 入れば安心もありますが、月々支払いも発生するし、何もなければ払うだけ。 いざって時も高額療養費制度などを使えばそこまで自己負担は高くない場合が多い。 けど、産後は学資保険などまたお金のことを考える必要もあるし、2人に1人はガンになるし・・・・。 と悩んでいました。 そういうときは誰かに相談しまたほうが、楽ですよ。 保険選びを失敗しない方法 私は直接面と向かって話を聞くと、ついつい担当者の言うとおりにしてしまいがち。 そういう人って多いですよね。 トークも上手ですしね。 なので• まずネットの無料相談である程度目星をつける。 その後に近くの保険の窓口で直接相談• ネットと窓口で得た情報で値段サービスを比較してから、決める。 この流れで決めるのがオススメです。 まとめ• 帝王切開ではトータルの医療費負担は増えるが、もらえるお金も増える• 帝王切開なら民間の医療保険の給付が得られる• 子育てにはお金がかかるので少しでも貰えるお金が増えた方がいい。 なにより、母子ともに元気が1番 最後まで見ていただいてありがとうございました、参考になれば嬉しいです。 スポンサーリンク ryuputti.

次の

帝王切開になったら高額療養費制度と医療保険を使ってお金を取り戻そう

高額 医療 費 制度 帝王 切開

こんにちは。 YUMAです。 我が家は3月に第1子が生まれました。 分娩は帝王切開手術でした。 当初は普通分娩の予定でしたが、陣痛促進剤を入れてもなかなか赤ちゃんが出てきてくれる様子がなく、心音から「少し苦しそう」という担当医の判断で緊急帝王切開での分娩となりました。 正直、「こんなに簡単に帝王切開にしちゃうのかよ!」と少し不安になりました。 結果的には赤ちゃんが元気に生まれてきてくれたので良かったのですが、気になるのは費用がどうなったかですよね。 今回、「出産育児一時金」「高額療養費制度」「医療保険の保険金」の3つを紹介します。 全て申請を済ませただけで、きちんと貰えるかどうかまだ分かりません。 貰えたらまた金額などをお伝えします。 出産育児一時金を42万円を貰う予定 帝王切開かどうかは関係なく、子どもが生まれたら誰でも申請すれば42万円が貰えます。 我が家は赤ちゃんが生まれて退院してから申請しましたが、あらかじめ「直接支払制度」を申請しておけば、退院時の清算のときに42万円を差し引いた金額を病院に払うだけで済みます。 42万円を自分が受けとるのではなく、 直接病院の支払いに充てるということですね。 病院はクレジットカード払いを受け付けていなかったりします。 何十万円も現金で持ち込むことになり結構面倒かつ不安なので、直接支払制度も使えると便利でしょう。 詳しくはを参照してください。 高額療養費制度で約2万円を貰う予定 高額療養費は帝王切開になった場合には必ず検討しましょう。 なぜなら、帝王切開手術は保険の対象 3割負担 になるからです。 通常の分娩は健康保険の対象ではないので高額療養費のお世話になるとしたら帝王切開手術をしたときだけでしょう。 1ヶ月の間に払った医療費が高額• その医療費が健康保険の対象 自己負担3割 この2つに該当する場合は、医療費の給付を受けられる可能性があります。 健康保険を適用してもなお医療費合計が1ヶ月内の自己負担限度額以上になると残りは健保が負担してくれるイメージ。 出所:全国健康保険協会 自己負担限度額を越える部分は自分で払う必要がありませんよ!という何ともありがたい日本らしい仕組みです。 申請して給付金を貰いましょう。 によれば、具体的な自己負担限度額は以下の通りです 70歳未満の場合。 70歳未満の人の医療費の自己負担限度額。 出所:全国健康保険協会 ここで注意しなくてはならないのが、帝王切開手術ではない通常の分娩は健康保険の対象にならない 3割ではなく10割負担 ので自己負担額の計算に入れられないということです。 帝王切開手術に関連する医療費だけが保険の対象になります。 したがって、 病院に支払ったお金のうち、通常の分娩でもかかる費用 病室代や食事など は保険の対象外で、帝王切開手術そのものとそれに付随する医療行為のみが保険の対象 3割負担 です。 病院でもらう領収証に記載があります。 我が家のケースでは、トータルで病院に支払った総額は約70万円と高額でしたが、そのうち保険適用なのは10万円前後でした。 他の病院もそうなのでしょうか? それでも自己負担限度額は越えていそうなので、高額療養費申請することで2万円前後は戻ってくるんじゃないかと思います。 医療保険で保険金を55,000円を貰う予定 妻が勤務先で入っていた医療保険によれば、ケガや病気と同様に「異常分娩」も保険の対象になっています。 帝王切開は異常分娩に含まれます。 帝王切開は何も異常なことではないのですが。。。 トルコの赤ちゃんは半分以上が帝王切開で生まれてくるって。 衝撃的。。。 OECD Chart: Caesarean sections, Total, Per 1 000 live births, Annual, 2015 — YUMA YUMA39224338 保険金の金額を調べたところ、異常分娩の場合は手術に対して50,000円が支払われるようです。 また、入院1日につき5,000円が支払われると記載されています。 通常分娩と比べて帝王切開手術となったため、退院が1日遅れましたがこの分は貰えるのでしょうか。 貰えると仮定して、トータルで55,000円を申請します。 保険会社に申請するために、病院に「帝王切開手術をしたよ」という証明として印鑑を押してもらう必要があるのですが、郵送手続きが不可能なうえに手数料が約5,000円かかります。 しかも、記載のお願いと受け取りに2回病院に来いと言われました。 1分もあれば終わる作業なんですけどね。 保険申請の証明を貰うってことはそこそこの保険金を貰うわけなので、病院側も足元見てくるわけですかね。 だいぶイラつきました。 まとめ 色々と面倒な手続きが多いですが、全て申請通りにお金が戻ってくれば、トータル費用の大部分を取り戻すことができます。 帝王切開手術になったからといって焦らず、保険対象ならではの給付金もありますから冷静に情報収集をしましょう。 実際に全てのお金を取り戻したら、詳細な費用項目と合わせて結果をご報告しますね。 それではまた。

次の

帝王切開、出産費用の相場はいくら?入院日数や入院費用の差額は?

高額 医療 費 制度 帝王 切開

帝王切開での出産費用は高額? 何らかの理由で自然分娩がむずかしい場合、帝王切開による出産になることがあります。 この場合、自然分娩よりも出産費用が高くなるのでしょうか。 入院日数が長い 帝王切開による出産は自然分娩とは異なり、開腹手術を必要とするため、入院日数が自然分娩よりも長くなります。 自然分娩の入院日数の目安:6~8日程度• 帝王切開の入院日数の目安:8~9日程度 さらに、手術費や麻酔代、薬代などがかかるため、帝王切開は自然分娩よりも出産費用が高額です。 自然分娩の費用の目安:50~60万円程度• 帝王切開の費用の目安:60~70万円程度 また、帝王切開には、自然分娩が困難であるために、初めから帝王切開での出産が決定している『予定帝王切開』と、トラブルによって緊急で帝王切開になる『緊急帝王切開』があります。 このうち、緊急帝王切開の方が費用は高くなるのが一般的です。 健康保険が適用になる 自然分娩では、国民健康保険などの公的医療保険が利用できません。 公的医療保険は、対象範囲がけがや病気の治療を目的とした医療行為に限られているためです。 よって、かかった費用を全額自己負担しなければなりません。 しかし、帝王切開は医療行為と認められており、公的医療保険が適用されるため、総医療費の3割を自己負担するだけで済みます。 ただし、希望して個室に入院した場合にかかる差額ベッド代や、入院に必要な日用品代などは対象外になるので注意しましょう。 出産で受けられる一般的な給付 出産は公的医療保険が利用できない代わりに、公的な補助制度が充実しています。 ここでは、出産の際に受けられる一般的な給付について見ていきましょう。 出産育児一時金とは、出産費用の負担軽減を目的に、公的医療保険から支給される給付金のことです。 以下の条件を満たしている場合に、1児あたり42万円の出産育児一時金が受け取れます。 公的医療保険の被保険者であること• 妊娠12週以降の出産であること(帝王切開・流産なども対象) ただし、以下のいずれかに該当する場合は、出産育児一時金額が40万4000円になります。 妊娠22週未満で出産した場合• 産科医療補償制度とは、分娩時の何らかの要因で、生まれた子どもが重度の脳性麻痺になった場合に、補償金が支給される制度のことです) 出産手当金 出産のために仕事を休み、その間給与が支払われなかった人は、休業中の収入の保障を目的とした『出産手当金』という給付が受けられます。 出産手当金の支給対象になるのは、『出産日を含む42日前(多胎妊娠の場合は98日前)から出産日の翌日以後56日目』までの範囲です。 出産手当金額を知りたい場合は、以下の式で計算しましょう。 (1日あたりの支給額)• 育児休業給付金は、育児休業中の収入の保障を目的に、雇用保険から支給される給付金です。 育児休業開始日前の2年間に、雇用保険の被保険者期間が12カ月以上あること• 育児休業開始日前の2年間に、1カ月あたり11日以上働いた月が12カ月以上あること• 育児休業期間1カ月ごとに、休業前の1カ月あたりの賃金の8割以上の賃金が支払われていないこと• ここでは、出産育児一時金の申請方法について解説します。 直接支払制度なら簡単 出産育児一時金の申請方法には、『直接支払制度』『受取代理制度』『産後申請』の3種類があります。 直接支払制度:病院の窓口に申請書を提出すると、病院に直接出産育児一時金が支給される• 受取代理制度:出産前に保険者(保険事業の運営者)に申請書を提出すると、病院に直接出産育児一時金が支給される• 産後申請:出産後に保険者に申請書を提出すると、自分の口座に出産育児一時金が支給される 上記のうち、直接支払制度は病院の窓口に『受取代理申請書』を提出すれば、その後の処理は病院側が行ってくれるので、手続きが簡単です。 多くの病院が直接支払制度を採用しているので、窓口で確認してみましょう。 病院によっては受取代理制度に 病院によっては直接支払制度が採用されていないため、受取代理制度で出産育児一時金を申請することになります。 受取代理制度の場合は、出産の1~2カ月前までに、自分で保険者に『出産育児一時金支給申請書』を提出して手続きをしなければなりません。 出産育児一時金支給申請書には、医療機関に記入してもらわないといけない項目があるので、早めに準備しておきましょう。 なお、直接支払制度と受取代理制度では、出産費用が出産育児一時金よりも安かった場合は差額が返金され、出産育児一時金より高かった場合は差額を請求されます。 帝王切開での高額医療費を取り戻す方法 帝王切開で出産し、公的医療保険を利用しても自己負担額が高額になった場合、『高額療養費制度』を利用すれば、費用の一部を取り戻せる可能性があります。 高額療養費制度とは 高額療養費制度とは、医療費の自己負担額が『自己負担限度額』を超えた場合に、超過分が払い戻される制度のことです。 対象は保険適用の治療費のみ 高額療養費制度の対象は、公的医療保険が適用される医療費に限定されます。 差額ベッド代や入院中の日用品代など、公的医療保険が利用できない費用は払い戻されないので注意しましょう。 帝王切開以外にも対象となる出産費用 帝王切開以外に、吸引分娩や鉗子分娩(かんしぶんべん)なども公的医療保険の対象です。 よって、これらの費用も自己負担限度額を超過すれば、高額療養費として払い戻されます。 高額療養費でいくら戻ってくるの? 高額療養費制度を利用するといくらくらい払い戻されるのか、計算方法を知っておきましょう。 所得によって異なる自己負担限度額 高額療養費として払い戻されるのは、自己負担した医療費のうち『自己負担限度額』を超過した部分です。 自己負担限度額とは自己負担額の上限のことで、被保険者の年齢と所得によって金額が異なります。 ここでは、被保険者が70歳未満の場合の自己負担限度額を紹介します。 協会けんぽのホームページで一覧が公開されているのでチェックしておきましょう。 シミュレーションサイトがおすすめ 高額療養費の支給額の計算は、シミュレーションサイトを利用するのがおすすめです。 年齢や総医療費などを入力するだけで、簡単に支給額が計算できます。 総医療費を入力するときには、差額ベッド代などの公的医療保険対象外の費用は除外しましょう。 高額療養費利用のポイント ここでは、高額療養費制度を利用するときのポイントを紹介します。 このポイントを把握していないと、高額療養費制度を活用できない可能性があるので注意が必要です。 他の病院や家族分も合算できる 医療費の自己負担額を算出するときには、複数の病院の医療費や家族の医療費を合算することが可能です。 例えば、1月の初めにA病院で出産し、1月末にB病院を受診した場合、Aそれぞれの自己負担額を合算して自己負担限度額を超えれば、超過分が払い戻されます。 また、自分の自己負担額だけでは自己負担限度額を超えなかったとしても、家族分を合算して自己負担限度額を超えれば、やはり超過分が払い戻されます。 また、以下のいずれかに該当する家族の分しか合算できないので注意しましょう。 社会保険加入者:被保険者の扶養家族• 高額療養費制度では、1カ月単位で自己負担額が判定されるためです。 仮に、1月から2月にかけて入院した場合は、1月と2月それぞれで自己負担額を計算する必要があります。 そして、それぞれ月の自己負担額が自己負担限度額以下になった場合は、たとえ自己負担の総額が自己負担限度額以上だったとしても、払い戻しは受けられません。 高額療養費制度の申請方法 高額療養費の申請方法には、事前申請と事後申請の2種類があります。 きちんと申請手続きをしないと払い戻しが受けられないので、それぞれの手続きの流れを把握しておきましょう。 事前に申請する流れ 医療費の自己負担額が高額になることが予測できる場合は、高額療養費を事前申請するのがおすすめです。 事前申請は以下の流れで手続きします。 保険者から『限度額適用認定申請書』をもらう• 必要事項を記入した限度額適用認定申請書を保険者に提出する• 手続き後1週間程度で、保険者から『限度額適用認定証』が発行される そして、限度額認定証を医療費の支払い時に提示すると、支払額が自己負担限度額までに減額されます。 限度額適用認定申請書の書き方 限度額適用認定申請書の書き方を解説します。 まず、『被保険者情報』という欄に、被保険者の氏名や保険証の番号、住所などを記入しましょう。 次に、『認定対象者欄』に、限度額適用認定証を使用する人の情報を書きます。 被保険者と限度額適用認定証の使用者が同一の場合は、記入する必要はありません。 そして、被保険者情報に書いた住所と違う住所に限度額適用認定証を送ってほしい場合は、『送付希望先』の欄を記入します。 保険者によって申請書の様式が異なることがあるので、不明点がある場合は保険者に問い合わせましょう。 事後に申請する流れ 高額療養費を事後申請する場合は、以下のような流れで手続きしましょう。 窓口で自己負担分の支払いを済ませる• 1カ月あたりの自己負担額を計算する• 保険者から『高額療養費支給申請書』をもらう• 必要事項を記入した高額療養費支給申請書を保険者に提出する 手続き完了後に保険者による審査が行われ、問題がなければ3カ月後程度で高額療養費が口座に振り込まれます。 高額療養費支給申請書の書き方 高額療養費支給申請書の書き方も知っておきましょう。 申請書は2ページあるので、書き忘れに注意が必要です。 まず、1ページ目の『被保険者情報』の欄に、被保険者の氏名や保険証の番号、住所などを記入しましょう。 そして、『振込先指定口座』の欄に、高額療養費の振込に利用する口座情報を記入します。 2ページ目には、医療機関別に受診者名や医療機関名、傷病名、自己負担額などの詳細を記入します。 複数月の高額療養費を申請する場合は、月ごとに申請書を分けなければならないので注意しましょう。 傷病名が不明の場合は医師に聞くのが確実 高額療養費支給申請書を記入するときに、傷病名がわからない場合は、担当の医師に確認するのが確実です。 確定申告で医療費控除を受けよう 帝王切開で高額な費用がかかった場合には、『医療費控除』が受けられる可能性があります。 妊婦健診代• 出産・早産などのための入院費• 分娩費• 産後検診代• 入院中の食事代• 医療機関までの交通費 また、その年に出産費用以外の医療費がかかった場合には、その医療費も合算できます。 補てんされたお金に注意 医療費控除額は、以下の式で計算します。 総所得額等が200万円超:医療費の自己負担額 — 保険給付金などの合計額 — 10万円 上記の『保険給付金などの合計額』には、高額療養費や出産育児一時金、出産手当金なども含まれるので注意しましょう。 払い戻しを受けるには申請が必要なので、手続きの流れを把握しておきましょう。

次の