中絶 妊娠 し にくく なる。 中絶すると不妊になり妊娠しにくくなる?

病気がわかって中絶しました : こんにちは。よろしくお願いします。妊娠を望み、不妊治

中絶 妊娠 し にくく なる

北海道・東北• 東海・甲信越• 近畿・北陸• 中国・四国• 九州・沖縄• このコラムでは、産婦人科医の立場で、みなさんに知っておいてもらいたい体と性の話をつづっています。 今回は、人工妊娠中絶の3回目です。 専門的な用語が多くて抵抗があるかもしれませんが、しばらくお付き合いください。 ある高校生が計画のないまま妊娠し、結果として人工妊娠中絶(以下、中絶)をすることになりました。 不安を抱えた高校生の立場になって、中絶手術に対する疑問を、Q&A形式で解説していきます。 Q どのような手術ですか? A 中絶手術は妊娠12週未満の「初期中絶」と、12週以降、22週未満に行われる「中期中絶」では方法が異なっています。 初期の手術は、専用の器具を使います(図1)。 器具で子宮の入り口を広げ、子宮の内容物(胎児とその付属物)を除去し、子宮内膜を取り除いていきます。 図1 中絶を行うための器具 まず多くの場合、ピンホールのようになっている子宮の入り口にラミナリアという海藻の茎を挿入します。 ラミナリアが水分を含んでジワジワ膨らむのを利用して、入り口をゆっくり広げていきます。 それからヘガールという拡張のための器具を使って広げ、胎盤鉗子(かんし)という器具を使って、子宮の内容物を取り除きます。 最後はキューレットという器具による子宮内膜をかきとる「搔爬(そうは)」が行われます。 胎盤鉗子の代わりに、吸引して内容物を除去する方法もとられています。 技術をもった指定医師が実施 Q 痛みはあるのですか? A 痛みを感じるのはあくまでも「脳」です。 そのため、手を切ったなどの際に感じる物理的な痛みだけでなく、恐怖や不安に伴って「痛み」を感じることがありますので、中絶手術が行われる時に「痛み」がないとは申しません。 でも、通常手術前に局所麻酔や眠気を起こすような薬を投与しますので、意識がもうろうとした状態で手術は終わります。 痛みを感じなくなってから手術は10~20分程度で終わります。 中期中絶となると、子宮が柔らかくなっているために、器具を使う方法では危険。 プロスタグランジンE1を座薬として、繰り返し腟(ちつ)の中に入れて、子宮の収縮を起こさせて流産に導きます。 入院のうえ救急処置のとれる準備を行い、医師の厳重な監視のもとで行いますので安心して受けていただけます。 しかも、この薬の扱いは麻薬並に厳しく、母体保護法指定医師だけが使用を許可されており、中期中絶以外に用いることはできません。 プロスタグランジンを使っても、ラミナリアで子宮の入り口を開き、流産の後処置として搔爬しなければならないこともあります。 Q とても危険な手術と聞きますが、本当ですか? A 危険でないとは言い切れません。 手術の操作をする場所が子宮の中であるがために、よく見えない中で手術をせざるを得ないわけで、器具で子宮の入り口を傷つけたり、子宮の内容物を完全に取り除くことができないで感染を引き起こしたりすることもあります。 子宮に穴を開けてしまうこともまれにあります。 中には、局所麻酔をかけた時のショックや、手術後の抗生物質の使用でアレルギー反応を起こすこともあり、軽い気持ちで手術というわけにはいかないのは事実です。 そのため、中絶は高い技術を持つと認定された指定医師でなければ行うことができません。 中絶手術を受けるにあたっては、指定医師であることを確認し、任せるならば、大船に乗った気持ちで手術を受けることです。 今までの性教育といえば、中絶の手術をすると将来赤ちゃんができなくなる、子宮を傷つける、穴を開けちゃうこともあるなど、手術の危険性をこれみよがしに教え込むことで、「だから中絶するな」「だから妊娠するな」と強調するものが多かったように見受けられます。 誰だって、中絶しようと思って妊娠する人はいませんし、中絶をするためにセックスするわけではないのですから、このような中絶手術に対する恐怖をあおるような教育・指導は意味がないと思っています。 ということは、セックスが行われるならば、誰でも予想外の妊娠に直面することがあるということです。 その結果として、中絶をするわけで、僕たちはそれをセクシュアル・リプロダクティブ・ライツ(性と生殖に関する権利)と呼び、決して奪われてはいけない女性の権利だと考えています。 Q 薬を飲んで中絶するという方法があると聞いたのですが。 A 女性ホルモンのひとつに黄体ホルモン(プロゲステロン)があります。 これは、妊娠したときに、子宮収縮を抑制し、胎児の発育を促す作用があります。 世界で広く使われている中絶薬は、基本的にこのプロゲステロンの作用を抑える働きをする薬を指しますが、より効果的に中絶を完了するために子宮収縮薬を併用することを勧めています。 最初にプロゲステロンの作用を抑える薬を承認したのはフランスで1988年のことでした。 以来、30年以上過ぎていますが、残念ながら日本ではいまだ中絶薬の使用が認められていません(図2)。 インターネットなどで、中絶薬の情報を見つけることがあるでしょうが、専門家の手を経ないで使用して大量出血が起こり死亡したなどという例もありますので、勝手には使用してはいけません。 図2 中絶薬が承認されている国・地域。 薬が承認された年ごとに色分けされている(「Gynuity Health Projects」のウェブサイトより) 手術後は安静に Q からだへの影響は? A 医師の説明をよく聞き、納得して手術に臨み、手術がうまくいったとしても、その後に不摂生な生活をすれば、なんにもなりません。 手術直後に無理をすると、大量出血なんてことにもなりかねないので、帰宅したその日は、しっかりと安静を保つこと。 できたら3、4日はいつでも横になって、ゆったりとした時間を過ごせるようにしたいものです。 手術をしたなんてことをひた隠し、翌日は体育に、クラブ活動に頑張って体面を保つなんて愚かなことだけはしないでほしいです。 帰宅後、数日間は少量の出血が続いたり、麻酔の影響などもあって頭がボーッとしていたり、子宮を元に戻すための収縮薬を飲むので、時々おなかがキュッと痛くなったりするものです。 でも38度近い熱が続く、月経の時にも体験したことがないような大量の出血や耐え難いほどの痛みがあったら、予約日なんか気にしないで医師に診てもらってください。 Q 将来赤ちゃんは産めますか? A 中絶手術を受けたから「産めなくなる」ということはありません。 むしろ、今回の経験を通して、妊娠できる体だってことがはっきりしたことは大きな収穫です。 自信をもって、近い将来の妊娠を待ち望んでください。 最後に、中絶を受けた、あるいは受ける可能性があるすべての人たちに伝えたいことがあります。 経験しなくてもいいことはしないに越したことはありませんが、やむを得ず中絶手術を余儀なくされたカップルには、「経験にマイナスなしだよ」と声を掛けます。 ただし、中絶後もセックスが行われることがあるわけですから、同じことが繰り返されないように、避妊を男性に依存するのではなく、女性が主体的に取り組める避妊法を選択できるようにしましょう。 医療機関でしっかりと学び、低用量経口避妊薬(ピル)や子宮内避妊具など、避妊の選択肢があることを知ってほしいと思います。 妊娠する性を持つ女性にとっては、産むための医療も、産まないための医療も、ともに必要です。 そして、誰もが必要な時に、必要な医療を安全に受けることができるということは、とても大切なことです。 これを読んでいる男性がいたら、パートナーが中絶を選択せざるを得なかった場合、よき理解者として彼女に寄り添っていける人であることを強く願っています。

次の

中絶の期間が過ぎてしまった場合の対応とは―中絶を正しく知る

中絶 妊娠 し にくく なる

中絶をすると妊娠できないの? 中絶をすると妊娠できないのかという心配をされる方は多いのですが、結論から言えば妊娠できないということはありません。 では、なぜ、このような心配をされている方が多いのでしょうか。 このページでは、こうした誤解の原因になっていると思われる問題について解説しています。 中絶によって不妊になるとは言い切れない 掻把法によって不妊になると言われていますが、その可能性は低いので、あまり心配はいりません。 ただし、中絶手術が正しく安全に行われなければ妊娠しにくくなるリスクもありますが、現在のところ、統計などで因果関係を示すデータが取られているわけではなく、中絶後すぐに妊娠する人さえいますので、心配しすぎないことです。 また、 将来的に妊娠を望んでいるのであれば、精神的なストレスによるホルモンバランスの乱れなどを起こさないようにすることも大切になります。 手術後は、自責の念などからストレスを感じ、落ち込んでしまう女性も少なくありません。 こうした場合は、心療内科の受診や専門家のアドバイスを利用して、心の健康も保つことが大切です。 「アッシャーマン症候群」はレアな症状 アッシャーマン症候群は、子宮内腔癒着とも呼ばれ、子宮内膜の炎症で子宮の壁が、くっついてしまったことをいいます。 アッシャーマン症候群になると、子宮の筋肉の活動が低下して、子宮内膜に必要になる卵巣ホルモンが不足するため、子宮内膜が妊娠に必要な厚さに成長しない可能性があるといわれています。 このため着床不全や流産などの不妊の原因とされているのです。 しかし、衛星面の管理が行き届いた現代の日本では、可能性も低く、きわめてレアな症状であるだけでなく、治療によって完治した場合は妊娠も不可能ではありません。 さらに、これまでは手術による医原性疾患と考えられてていたアッシャーマン症候群ですが、子宮手術歴のない方にもアッシャーマン症候群が見られるケースが報告されたことから、現在では遺伝的な要因の可能性についても研究が進んでいます。 身体よりも心のケアが大事 中絶をどのように感じるかは、人それぞれです。 また、置かれた状況や環境の違いによっても、感じ方は違うでしょう。 妊娠中絶をした後で、大事なのは自分をケアすることです。 そして、身体よりも心のケアが大事だと言われるのは、心は痛みを感じることが難しいからです。 体の痛みは自覚しやすく、すぐに痛み止めなどでセルフケアすることも可能ですが、心の痛みは自覚されないまま放置され、突然ふさぎ込んだり、涙が止まらなくなったり不眠などの症状になって現れることもありますので、心のケアも心掛けましょう。 望まない妊娠をしたら早めに相談 望まない妊娠によるリスクは、肉体的なことだけではなく、精神的にもあるでしょう。 「妊娠かな?」と思ったら、まずは婦人科を受診しましょう。 少しでも早い妊娠の段階で、クリニックへ相談することができれば安全な中絶手術が可能になります。

次の

中絶手術による不妊症

中絶 妊娠 し にくく なる

中絶後の妊娠 一度中絶をしてしまうと、中絶後の妊娠はできないのではないか、流産しやすくなるのではないか、元気な赤ちゃんを産むことができないのではないかなど、不安に思われている方もおられると思います。 しかしながら、そのような気持ちは間違いです。 中絶後妊娠したい気持ちがあれば、中絶後もきちんと妊娠することができるので安心して下さい。 中絶を経験された方も中絶後に妊娠して元気な赤ちゃんを出産されています。 中絶後の妊娠確率 中絶後の妊娠の確率は、中絶をしていない場合の妊娠の確率と比べると低くなるといわれておりますが、医学的な根拠はありません。 つまり、医学的には、中絶をしてもしていなくても妊娠の確率はかわらないと言えます。 しかしながら、中絶手術がきちんと行われることが前提です。 中絶手術は、子宮を損傷させやすいデリケートな手術です。 中絶手術の際に、子宮内を傷つけるようなダメージが子宮にあると、妊娠する確率は下がる可能性があります。 従って、中絶手術をする場合には、後悔しない医者を選ぶことが大事になってきます。 医者の中絶手術にミスがあり、子宮を傷つけた場合には、妊娠する可能性が下がる場合がありますので、医者選びには注意が必要となります。 中絶手術は、子宮を損傷させる可能性がある手術であることに留意しましょう。 スポンサーリンク 中絶を繰り返すと妊娠の確率が下がる 中絶手術は、とてもデリケートな手術です。 従って、中絶を何回も繰り返し、その結果、中絶手術を何回も繰り返すと、中絶手術で子宮内を傷つきやすくなり、妊娠の確率が下がる可能性があります。 中絶を何回も繰り返す人は、あまりいないと思いますが、妊娠しても安易に中絶をすればいいという考えはやめましょう。 中絶手術は、自分の体を傷つけてしまうということをしっかりと理解する必要がありますし、中絶を繰り返すと、中絶後の妊娠確率が下がる可能性があるということをしっかりと理解する必要があります。 中絶したことを後悔しない気持ちが大事 中絶をせざるを得ない事情により、中絶をした場合、中絶後の妊娠確率について必要以上に悩まないことが大事です。 中絶をしたことを後悔しても過去に戻ることはできません。 中絶したことを後悔するのではなく、次に妊娠したときは元気な赤ちゃんを産むように頑張ろうと前向きな気持ちを持ち続けることが大事です。 また、中絶をしたことにより出産できない体になることはありません。 中絶手術がきちんと行われていれば、また妊娠することができ、元気な赤ちゃんを産むことができます。 妊活中になかなか妊娠することができない時期があっても、過去の中絶が原因で不妊症などの問題があるのではないかと断定する考えはやめましょう。 自分の過去の中絶を責めないでください。 中絶後妊娠したいという強い気持ちを持つことが大事です。 もし、妊活中に妊娠できなくて不妊症などの不安がある場合には、産婦人科の医師に相談してみるのが一番の薬になるかもしれません。 妊娠できない理由は、年齢的な理由、体力的な理由、相手側の問題の理由など、たくさんありますので、中絶後妊娠したいという強い気持ちを専門家の医師に伝えて相談することをおススメします。 最後まで読んでいただき大変ありがとうございました。 スポンサーリンク.

次の