チ ょ ん へ いん ドラマ。 全国ロケ地ガイド:ドラマ・映画・特撮の撮影場所案内

グリッチ (テレビドラマ)

チ ょ ん へ いん ドラマ

チョンギョンホのプロフィール チョンギョンホ 정경호 鄭敬淏 1983年8月31日 韓国光明市出身 182cm 73kg B型 中央大学校演劇映画学科 2003年KBS20期タレントとしてデビュー 中学時代は近所の兄さんたちからいじめや恐喝に遭うのが嫌で、体を大きくして相撲部に入部し、相撲選手として活動していたとか。 お父さんはKBSの有名なプロデューサーで(後述)子供のころから家には台本がたくさんあり、俳優を夢見ることになったのはそういった環境が大きいと言います。 2003年KBS20期タレントとしてデビュー。 2004年KBS「ごめん、愛してる」に出演するも、未熟な演技でかなり低い評価を受けてしまいます。 その後、SBS「あなた、笑って」では、女性の好きな男性ファッションがウケ、女性ファンを増やしました。 2010年満27歳のときに入隊し、2012年に除隊。 2014年1月、少女時代のメンバースヨンさんとの交際を認めました。 (後述) 2018年時点でデビューして15年・・・。 演技力も悪くないし、顔もルックスもいいのに、なぜかブレイクしない俳優の一人とも言われています。 U-NEXTの31日間無料トライアルを利用すれば無料で見れるよ! 動画配信サービス会社の中で現在急成長しているのがU-NEXT! 動画配信数業界ナンバーワン、そして ダウンロード可能だからオフラインでも視聴OK! 雑誌読み放題がついているっていうのも他社にはないサービスですね。 さらに 家族アカウント4つまで作れて同時視聴可能だから、遠くに住んでる親兄弟と一緒に使うこともできます。 韓流のラインナップのすごいこと! 最新作や独占配信がずらり。 韓流好きなら絶対はまっちゃう魅力的な作品がいっぱいです。 レンタルだと貸し借りの手間がかかって、しかも無料で見るってこともなかなかできないですよね。 31日間の無料お試し期間中、 見放題設定の作品ならどれだけ見ても料金は発生しません! どれだけ使い倒せるか、この期間にお試しください! スポンサーリンク お父さんの恋人は? お母さんといつ離婚したのか定かではありませんが、お父さんは2008年女優のパクジョンスさんと交際していることを認めています。 パクジョンスさんとお父さん パクジョンスさんは1953年生まれで1972年19歳でタレントデビュー。 お金持ちの奥様役が多く、エレガントな雰囲気の女優さんです。 デビュー当時 美しいルックスですぐに有名になり、主演作もいくつか。 当時人気最高女優のうちの一人に数えられるほどでした。 しかしデビューから3年後の1975年に実業家の男性との結婚を機に芸能界を引退。 お子さんは娘が2人。 パクジョンスさんは15年ぶりに女優復帰し、端役からの再スタートをきりました。 二人は仕事を通じて出会い、現在一緒に暮らしているそうです。 結婚しない理由についてパクジョンスさんは2018年4月放送のトーク番組で 「ただ一緒に住むだけでいいじゃない。 財産を合わせたら税金がスゴイことになるんだから(笑)」 と語りました。 パクジョンスさんは女優として活躍していますが、不動産で大儲けしたようでそのエピソードも番組内で紹介されました。 スポンサーリンク 熱愛彼女スヨンとの結婚は? チョンギョンホさんはスヨンさんと出会う前からコンサートに行くなどもともと少女時代の大ファンだったそうです。 そして知り合いを通じてスヨンさんと2012年に出会い、2014年1月に熱愛を認めたとき「交際暦1年」だと発表しました。 以来、たびたびデート現場が目撃され、またバラエティ番組などでもお互いについて言及。 順調な交際が伺えます。 ギョンホさんは1983年生まれで2018年時点で満35歳、スヨンさんは1990年生まれなので満28歳。 結婚適齢期と言える二人・・・「芸能界の長寿カップル」にも数えられ、結婚を待ち望む声が多いのです。 2017年3月、チョンギョンホさんの妹さんの結婚式にスヨンさんも参列。 そこにはお父さんの恋人で上述の女優パクジョンスさんもおり、スヨンさんは挨拶したと言われています。 (そりゃするよね) (ちなみにギョンホさんの実母も母親の席にいらっしゃいました) さらに2017年10月にはスヨンさんの知り合いの芸能関係者の結婚式にチョンギョンホさんが同伴しています。 님, 2018 7월 12 5:03오전 PDT チュロスキング社のインスタより 2018年7月、チョンギョンホさん主演ドラマ「ライフ・オン・マース」の撮影現場にスヨンさんがチュロス車の差し入れをしたことが話題となりました! この会社のインスタによると 「前回賢い監房生活のときもチュロスキングで応援を送ってくださった~」とあるのでチュロス車の差し入れは2回目のようですね。 看板には 「ハン・テジュさん!私の声聞こえる?カフェイン充電しろってば!」とあり、スヨンさんが考えた文句のようです。 セッティングしてすぐチョンギョンホさんや俳優、スタッフのみなさんがきてトラックを見てはクスっと笑って喜んでくださいました。 」 とチュロス車のコメントにありました。 また、スヨンさんの愛犬の名前は「ホヨン」。 ギョン ホとス ヨン で ホヨン だそうです。 スヨンさんは少女時代を離れて現在個人で活動中ですので、グループのしがらみなどもないはず・・・。 彼女が撮影現場に差し入れといい、愛犬の名前といい・・・普通に考えて結婚はもうすぐそこのような気がします。 お前のえさとお前のパッドと気持ちいいクッションと妹のホヨンのため、俺が一生懸命やるから。 いつも一緒にいられなくても理解して欲しい。 そのくらいは理解してくれないと。 それが家族だよ。 ギョンホさんの愛犬エボンちゃんはスヨンさん(実家住まい)に預けられることもあるようです。 関連記事 最後に 交際6年目のカップルですので、そろそろ結婚という周囲のプレッシャーもあるでしょう。 大女優パクジョンスがスヨンの姑になるのか?!とも騒がれています。 ギョンホさんは俳優歴が長いのにブレイクしないと言われていますが、映画も含めて毎年必ず何らかの作品に出ています。 息の長さも俳優として大事なことです。 しかしご自身はまだだと感じているようですね。 「主演男優賞をもらって壇上でプロポーズ」をみんな期待していますよ!!!.

次の

グリッチ (テレビドラマ)

チ ょ ん へ いん ドラマ

貧しい少論の出身。 男気と情熱は人一倍だが、勉強ができない。 Ara ヨジ役 司憲府の茶母 朝鮮最高のガールクラッシュ(女性も憧れる女性)多言語を操り変装術や武芸に秀でている。 パク・フン ダルムン役 乱れた髪と鋭い目を光らせる姿で、町のならず者 村のごろつき組織の頭で武芸の達人。 ペ・ジョンファ チェ・ユニョン ボクタン ミルプン君の情人、キム・チャンジュンの側女 ハン・サンジン ウィ・ビョンジュ 司憲府執義、南人派 没落した南人両班家の家に生まれた衛兵主。 優れた天才的頭脳を持つせいで荘園合格でイプギョク、 司憲府の監察になる。 司憲府 チョン・スンウォン チュ・ヨンハン(30代半ば) 司憲府房主監察 司憲府は大きく二つの部類の勢力がある チェ・ミンチョル ユン・ヒョク(30代前半) 司憲府監察 評判の老論一族の子弟。 司憲府内二つの部類の一つである。 チョン・ペス チャンダル (40代)司憲府所由、パク・ムンスの部下 アン・スンギュン アボン(20代前半) 司憲府所由、パク・ムンスの部下 捜査能力も高い。 チャンダル と毎日喧嘩の愛憎関係。 宮殿 ハン・スンヒョン 景宗 キョンジョン (30代前半)朝鮮第20代王、粛宗とチャン・ヒビンの息子 イ・グムの異母兄 ナム・ギエ 仁元 イノン 王后(40代) 粛宗の継妃 ノ・ヨンハク ヨルリョン君(20代前半) イ・フォン 朝鮮の王子、イ・グムの異母弟 イ・グムが好きで従う唯一の人物。 ソン・ジイン ソニ王后(20代半ば) 景宗の継妃 14歳の年齢で景宗の継妃に その他の人物 チェ・スイム ソ氏 (20代後半) イ・グムの妻 パク・ジヨン ハ・チョホン(20代後半) イ・グムの協力者、酒売りから尚宮 ハ・ソングァン チャドン (50代) イ・グムの協力者 彼の最も忠実な助言者である。 ト・ギソク ケドル (30代前半)ケドル派の頭 イグムと親交がある ソ・ウニュル ハン・ジュンジェ(7 歳) ハン・ジョンソクの息子 イ・ウォンジェ キム・チャンジュン(70代) 領議政、老論派 イ・ウォンジェ キム・チャンジュン(40 代) 領議政、老論派 ハン・ジサン ト・ジグァン(30代) ジグァン派の頭、妓楼の主人 ベールに包まれた人物 ホン・ジンギ クンテ タルムンの右腕 タルムンの目だけ見ても、彼が望むものを気付ほど。 王子だったヨニン君の時代から即位するまで、その後のイ・インジャの乱までを描く作品で、意外と知られていない英祖(ヨンジョ)の若き頃を中心に描き、実史とフィクションが上手にミックスされて構想が面白い作品でした。 「華政」、「イサン」、「ドンイ」や「馬医」を手掛けた脚本家による最新作で、政治色が強い展開が後半は続きますが、ダラダラする展開はなく、エピソードも多様でドラマチックな展開が続くなか、成熟していく王子ヨニン君の姿が、すごくよかったです。 チョン・イルの演技は話が進むにつれ、王子から王へと変わっていく演技もよかった。 ヨニン君(チョン・イル)が恋に落ちる茶母(タモ)ヨジをコ・アラ(Ara)が演じていますが、ロマンス時代劇ではないので、正統派時代劇が好きな方でも楽しめる程度の内容になっています。 ヨニン君に協力する人物として、朝鮮時代を代表する暗行御史(地方官の不正や汚職などを摘発するため王名で動く秘密観察)として知られるパク・ムンスも登場しています。 長く続いた派閥争いに不満を持ったナミン(南人)出身のイ・インジャが起こした反逆事件をきっかけに、藩平制度を実施することで身分や出身などを問うことなく、官僚を公平に起用することになる背景が分かりやすく描かれました。 ドラマのタイトルになっている「ヘチ」は、獅子の形をした善悪を区分する神獣。 災いをはらう力もあると言われ、司憲府(サホンブ)を表わすシンボル的な存在で、このドラマでは司憲府(サホンブ)を中心に話しが展開されます。 司憲府(サホンブ)は、官吏が不正を行っていないかどうか監察したり、現行の政治について論じたり評価する朝鮮時代の政府機関ですが、王の耳や手足になって捜査する権限もあり、即位後、腐敗した政治を正し、公正さの重要性を大事にした王が真っ先に改革を進めることになる政府機関です。 ヨニン君が即位するまでの様子と共に、起きた連続殺人を捜査することになるので、朝鮮時代を背景にした捜査ドラマ的な要素も加わり、ドラマの前半と後半ではそれぞれ違ったテイストの時代劇となっていて、時代劇としては非常に展開がはやいと感じました。 ドラマ「ドンイ」は、ヨニン君の母を主人公にしたドラマですが、卑しいムスリを母として持つことから苦悩する若き王子時代から、即位後は、王として自分が信じる道を進み、最終話のエンディングは、明るい世界をつくろうとするポジティブな王の姿が描かれ、感動的な最後でした! 短いけど強烈的な印象を残したイ・インジャが初めて登場した時は、王を演じるのがチョン・イルではなくコ・ジュウォンだったら・・・と想像しましたが、最終話まで観終わった結果は、このドラマで描こうとしたヨニン君の姿は、チョン・イル以外は考えられないものでした。 明るく前向きな微笑のチョン・イルが演じる王の姿が、予想していた以上によかったです。 典型的な時代劇のようで、ドキドキする新鮮なドラマでした。 最近のトレンドとしては時代劇よりも現代劇が多い韓国ドラマですが、時代劇の放送が増えるといいですね。 同じ脚本家の作品では「華政」や「馬医」も好きだったので、チャンスがあればもう一度みなおしするのもよさそうです。 同じ時代を背景にしたフィクション時代劇「テバク」は、イ・インジャを中心に描かれ、ヨ・ジングがヨニン君を演じている作品です。 個人的な感想としては「テバク」をみた後に、このドラマを観ることをお薦めしたいです。 【スポンサーリンク】 【スポンサーリンク】 第2回開催 カテゴリー• 305• 108•

次の

ヒーラー~最高の恋人~|ドラマ公式サイト

チ ょ ん へ いん ドラマ

5枚組/1話? 5枚組/11話? 心に傷を持ち、人を避けて生きてきた孤独な青年と、同じ傷を持ちながら、人を信じて生きてきたヒロイン。 ある因縁で出会った2人が、互いを守り、癒し合う究極の胸キュンロマンス、「ヒーラー~最高の恋人~」。 クールでセクシーな仕事人の姿で、そのスマートさに酔わされる一方、世を忍ぶ仮の姿では、情けなくも憎めないキャラで母性本能くすぐり、そのギャップに心くすぐられてしまう。 脚本は、「シンイ-信義-」など、数々の名作を世に送り出してきたソン・ジナ。 本作でも、ロマンス、アクション、サスペンスといった多様な要素を、軽さと重さの絶妙なバランスで紡ぎ上げ、スリリングかつ痛快なストーリーを展開。 秘密を抱える男ジョンフと、明るく快活なヒロイン、ヨンシンの切なくも甘く、胸くすぐるほど愛らしいラブストーリーはときめき度満点。 3役、どれも選べない! 脚本を手掛けるのは、日本でも大ヒットした「シンイ-信義-」や韓国ドラマの金字塔とされる「砂時計」のソン・ジナ。 緻密な構成とテーマ性で定評のある彼女だが、本作でもその手腕は健在。 過去と現在を行き来しながら、社会の裏に潜む権力悪を暴きだしていく展開は、スリリングかつ痛快だ。 闇の便利屋「ヒーラー」ことソ・ジョンフ(チ・チャンウク)は、誰にもその顔を見られることなく、殺人以外ならどんな依頼も完璧にこなす業界屈指のレジェンドだ。 そんな彼のもとに、1人の女性を捜してほしいという依頼が入る。 ターゲットは、三流インターネット新聞「サムデーニュース」の熱血記者チェ・ヨンシン(パク・ミニョン)。 依頼主は、ABS放送局のスター記者、キム・ムンホ(ユ・ジテ)だった。 難なく彼女を見つけ出し、仕事をこなしたジョンフだったが、さらにムンホから新たな依頼が届く。 それは、ヨンシンの夢を調べること。 奇妙な依頼を不審に思いつつも、彼女の身辺を調べるうち、その過去を知り、気になり出したジョンフは、新米記者パク・ボンスとして彼女の職場に潜入する。 そんな中、ある事件によりジョンフ、さらにヨンシンが狙われるように。 ヨンシンは後輩ボンスに心を許しつつ、自分の危機に現れる正体不明の男、ヒーラーに惹かれていくが……。 一方で、ムンホはある過去の出来事に苦悩し、ヨンシンを一流記者に育てようとしていた。 その裏には、ヨンシンやジョンフ、彼らの親たちの因縁が隠されていて……。 その過去の真実とは? ジョンフとヨンシンの愛の行方は? 職業 : 闇の便利屋。 コードネームは「ヒーラー」 / 年齢 : 28歳 / 目標 : 無人島購入 最先端のデジタル機器を操る明晰な頭脳と状況判断力、動物的勘と高い身体能力を兼ね備えた業界レジェンド級の便利屋。 人を殺めること以外は何でも請け負うが、依頼人は企業から国家機関まで富裕層がメインで、仕事も韓国政治経済の不正と秘密に関わるものが多い。 依頼人の正体を聞かない代わり、自らの正体も明かさず、誰も顔を見たことがなければ、会うことも困難。 幼い頃に母に捨てられ、育ててくれた師匠にも去られた心の傷を持ち、人間を信じていない。 だったはずが、1人の女性に出会い、心に変化が起きる。 ヨンシンに近づくため、ジョンフが偽装した人物。 インターネット新聞社サムデーニュースの新入り記者として入社し、ヨンシンに付いて主にカメラ撮影と車の運転を担当。 虫が苦手で、怖い目に遭うと1人で逃げ出す傾向がある。 1987年7月5日生まれ。 182cm、AB型。 08年、映画『スリーピングビューティー』でデビュー。 09年の「ソル薬局の息子」で純朴な末っ子役でお茶の間の人気者に。 「笑って、トンヘ」で主人公に抜擢され、以降主演俳優として着実に実力を重ねる。 12年の「蒼のピアニスト」では初の悪役を熱演。 続く「奇皇后」で大ブレイク。 ミュージカル俳優としても活躍し、13年のザ・ミュージカル・アワードで新人男優賞を受賞。 人は疑うより信じるタイプで、明るく勇敢だが、お節介な面も。 口が上手く、一度顔を見たら忘れない記憶力と鋭い勘を持つ。 5歳の時に捨てられ、施設を5回変わった後、8歳で今の養父の元に。 かつての養子先で虐待に遭い、トラウマから暴力行為を見ると発作を起こす。 顔も見たことのないヒーラーに恋心を抱くが… 1986年3月4日生まれ。 164cm、O型。 CFクイーンとして注目される中、06年の「思いっきりハイキック!」でヒロインに抜擢され、女優デビュー。 時代劇から現代劇まで演じられる若手演技派として、多様なジャンルの作品に出演。 最新作は、中国ドラマ「V Love」(中国版「ゴシップガール」)。 【出演作】「Dr. I am Sam? 弱者の立場に立った報道、歯に衣着せぬ物言いで、進歩的な文化人として支持され、出演するたび話題にあがるABS放送局の花形記者。 立ち振る舞いがスマートで機知に富んでいるが、自分のことは決して人に話さず、謎も多い。 少年時代のある出来事に罪悪感を抱き続け、償うためにヒーラーにある依頼をする。 兄嫁ミョンヒを大切に思う一方、大手新聞社のオーナーの兄ムンシクとは確執が。 1976年4月13日生まれ。 188cm、AB型。 モデルとして活躍後、映画『パイジュン さらば愛しき人』でデビュー。 映画俳優として活躍する一方、演劇製作者や映画監督としての活動も展開。 短編映画の世界で評価され、12年、初の長編監督作『Mai Ratima』が釜山映画祭で上映された。 祖父が著名な政治家でもある。 大学時代、海賊放送を一緒にやっていた仲間のミョンヒに想いを寄せ、同じ仲間で彼女の夫だったギルハン亡き後、彼女を妻にし献身的な愛を注ぐ。 廃車場を細々営んでいたが、過去の事件を機にある人物と取引し、脅威の出世を遂げる。 1959年4月5日生まれ。 79年、演劇俳優としてデビュー。 ミュージカルを含め、舞台で活動する一方、ドラマでも活躍。 ソン・ジナ作家&キム・ジョンハクPD作品の常連の1人。 ハッキングを得意とし、先端通信技術と全国のCCTVを駆使してヒーラーの仕事を補佐する。 ジョンフとは互いに会ったことがないが、誰よりもジョンフの境遇や性格を理解している。 元刑事らしいが…。 1963年10月14日生まれ。 1985年、演劇の舞台で活動開始。 ソン・ジナ作品の常連でもあり、一見冷たそうで、実は情深いキャラクターを得意とする。 刑事訴訟専門弁護士で、副業でカフェを営む。 面倒見がよく、過去に弁護した前科者が出所後も慕ってやってくるほど。 人を疑うのではなく信じることをヨンシンに教え、深い愛情で見守っている。 1968年1月27日生まれ。 1966年、映画『ボス』でデビュー。 コミカルな役どころを得意とする個性派俳優として活躍。 80年代、海賊放送の護衛役を担っていたが、政治犯として入獄。 ジョンフが一人前になると同時に姿を消す。 1962年8月28日生まれ。 演劇の舞台で俳優デビュー。 詩人、作家としても活動。 【出演作】「ナイショの恋していいですか!?

次の