カレン の 台所。 滝沢カレンの超感覚レシピ本「カレンの台所」には分量が書いていない?見るだけで楽しい!

カレンの台所

カレン の 台所

書籍を購入いただくと、購入者限定特設ページが見られます! インスタライブのアーカイブ映像など限定特典も盛りだくさん! この人は、日本語をこわしているのではない。 あたらしい日本語をデザインしているのだ。 糸井重里 読んだら作ってみたくなる 言葉の魔術師・滝沢カレンが綴る、人類未体験の新感覚レシピ文学! Instagramで公開した鶏の唐揚げレシピが、「独特すぎる」「文章が神がかっている」と話題沸騰中。 「冷たい何も知らない鶏肉」 「お醤油を全員に気付かれるくらいの量」 「無邪気にこんちくしょうと混ぜてください」 「二の腕気にして触ってるくらいの力で、鶏肉をさらに最終刺激」 など、「その発想はなかった! 」と思わず唸ってしまう。 独特の世界観にハマる人続出中! しかも、その言葉の通りにやってみると、本当に作れてしまうのが本書のすごいところ。 レシピとは思えないその詩的な文章は、時には食材目線にまでおよび 1つの料理ができあがるまでの壮大な物語に吸い込まれ、 実際に作らなくても、読むだけでも面白い! 本書用に新たにたっぷり書き下ろしたものを含む、豪華全30メニュ ーを掲載。 レシピだけどレシピじゃない。 なのにつくれる。 うまい。 今まで誰も読んだことのないレシピ文学です。 本書から 〜鶏の唐揚げ〜 油物がほんとは大好きで、でも油物はカロリーがやら太るやらと可哀想な扱いされがちなので、 なるべく外では油物を食べないで家で自分が作るときだけは食べていい、という決まりにしてます。 それでは私が家で唐揚げ作るときのお決まりをご紹介します。 私は味濃いのが好きなので今から話すことは味濃いと思いながら聴いてください。 薄いのが好きな方はこれから話すよりは自分で決めて下さいね。 まず、透明度まではいかないがスーパーでよく見かけるしもらうしなの、ビニール袋を二重にします。 豪快な方はジップロックなど そこに冷たい何も知らない鶏肉をいれてあげます。 やれやれとボッタリくつろぐ鶏肉に上からいくつかかけ流していきます。 まずリーダーとして先に流れるのは、お醤油を全員に気付かれるくらいの量、 お酒も同じく全員気付く量、乾燥しきった粒にみえる鶏ガラスープの素をこんな量で味するか? との程度に、ふります。 いれすぎても、いれなさすぎても、あまり変わるわけではないので気にしすぎもよくないです! そして匂いが取り柄な、ニンニクすりおろしかチューブ、生姜すりおろしか、 チューブを鶏肉ひとつにアクセサリーをつけるくらいの気持ちでつけてあげて下さい。 あとはごま油をご褒美あげるくらいにします。 最後に気前よく塩胡椒して鶏肉への刺激は終わります。 順番は自由です。 あとは開きっぱなしの入り口を柔らかく結んでください。 あとでまた開けます。 あとは自分が二の腕気にして触ってるくらいの力で鶏肉をさらに最終刺激します。 男のみなさんは自分の力を見せない程度にしてあげてください。 うわっこりゃすごい色だ! と濃さや匂いに驚かれてる方は、15分位冷蔵庫で冷やしたらもう漬けるのをやめましょう。 わぁもういい匂いだお腹すいた! 面白いくらいにブったりした鶏肉があるはずです。 好き好きな入れ物に片栗粉と少しの小麦粉を入れて潤い満タンの鶏肉を一気にパサパサ雪世界にしてあげます。 あ、その前にみなさん激熱油は用意できてますか? 私はたまにの油物なのでここは贅沢御免でオリーブオイルを170度くらい熱々にします。 飛び跳ね、指を入れるなど命かけてしないでください 熱々に見えなくてもそこは想像を絶する熱さです。 170度にいきましたら、パサパサ鶏肉をおにぎりを一握りの気持ちで「いってこい」の後押して油へ すぐさまなんかしらの反応見せたら、あ、楽しくやってるな、と見過ごしてあげてください。 何の反応もしてくれなかったら一旦取り出してください、油がまだ170度ではありませんそれは。 そして全体的に薄茶色になったら一旦油取りが紙 料理用 みたいのに移しさらなる高温に油を熱くします。 だんたんとキャピキャピ音が高くなってきたら、ほんとに出してくれの合図ですしっかりここではコミュニケーションとってください。 これ以上茶色な唐揚げみたくない! ってタイミングでもいいです。 みなさん、「何事も早くがいい」と言われても、先に190度など高温にしてしまうと焦げたり中はまだあったまってないですから、気をつけてくださいね。 そんな鶏の唐揚げの物語でした。 編集者からのコメント 料理って、こんなにシンプルで、かんたんで、楽しくて、自由だったのか! この本には、普通のレシピ本にあるようなきっちりした手順も、 大さじ1とか細かな分量もいっさいでてきません。 でも、カレンさんが紡ぎ出す魔法のような言葉を頼りに台所に立ってみると、 まるで食材たちとおしゃべりするような、不思議な世界へと連れ出されます。 さあ、カレンの台所を一緒に体験してみませんか? きっとあなたの台所の景色も、今日から変わって見えるはずです。 主婦歴19年。 全く料理の腕が上がらず旦那からも「美味しいご飯が食べたいから俺が作るよ。 」と料理は全任せ。 思春期の息子からは「お腹空いた。 」と言われ作って出すと「ごめん。 やっぱりお腹空いてないや。 」と言い冷蔵庫をあさられ、メシマズ豚とあだ名を付けられる母です。 そもそも料理が嫌いだから上達するはずもありません。 そんな時、テレビでカレンちゃんの料理本が紹介されていて内容も面白く挿絵も可愛くて即予約しました。 届いて早速5年生の娘と豚の角煮を作りました。 「お醤油とみりんとお酒はどのくらい入れるんだっけ〜?」 「豚バラたちの足元埋まるくらい同じ量ずつだよ〜」と読んでもらいながら楽しく作れました。 思春期息子に恐る恐る麻婆豆腐を出しました。 初めは警戒していましたが、「一口だけ食べてみるかと思って食べたら意外に美味しかったよ。 」と残さずに食べてきてくれて嬉しくて泣きました。 カレンちゃんのお陰で料理をしよう。 次は何を作ろう。 という気持ちになれたし、美味しいと言ってもらえるまでになって本当に感謝しています。 早く第2弾を出して下さい。 料理経験も興味もゼロで料理とは縁遠かった元サラリーマン62歳男性です。 ステイホーム遵守のため、三食家で食べることになり、本屋さんでカレンさんの名前を見て偶然手に取り買ったものです。 読んでびっくり!Webで検索できるレシピや他の本とは全く違います。 「自分のための料理ってこんなに、はちゃめちゃに楽し〜いよ」ってう カレンさんの想いが前のめりに出ていて、料理にグイグイ引き込まれていく自分に気付きます。 他の料理本のレシピは、「大さじ何杯、何グラム」とか決められた数字があり、それにしっかり頼りますので、それを繰り返せば、自分の感覚は、どんんどん失われていくことになります。 でもカレンさんのレシピは、縛られる要素がなく優しく寄り添う感じですから、自由に、のびのび料理ができ、自分の感覚もどんどん研ぎ澄まされていきます。 また、カレンさんは具材を調理処理の対象ではなく、尊敬して、会話しながら最高のおもてなしをして、最高のパーフォーマンスを出してもらう、いわゆる具材との協同ワークをしてる感じです。 「海老に息が詰まる片栗粉」「ジャガイモは堂々と自信を持った形に変えていきます」「ごゆっくりおくつろぐいただき・・・・」など思わず、微笑んでしまう表現もいっぱいです。 カレンさんの料理は「命をいただくもの」への感謝の気持ちと愛に満ち溢れています。 料理とは何ぞ? 年齢は関係ありません! 読めば、誰でも、そこから料理が はちゃめちゃに楽しくなります! 第二巻の発売、心待ちです! 一人暮らしを始めてから「食費が勿体無いから失敗したくない、美味しい物を食べたい!」という気持ちが強く、料理への失敗を恐れていました。 なので、レシピを探すのに時間を無駄に費やし、料理を始めてからも、分量や工程を事細かに確認しては作業して…料理って大変だなぁ、と思っていました。 そんな中、本屋で出会ったカレンさんのレシピ本。 開いてみると、楽しげなストーリー、かわいい絵、美味しそうな写真…本当にレシピ本?って疑うほど可愛く読みやすくて。 一目惚れし、即購入。 帰宅して、いざ挑戦です。 ストーリーという名のレシピをわくわくしながら読み進め、味見をしつつ、気楽にできました。 料理ってこんなにサクッと楽しみながらできるのか、と感動し、それ以来前向きになれました。

次の

滝沢カレンさんの「誰もが胸を打たれるピーマンの肉詰め」の物語【カレンの台所の舞台裏・後編】

カレン の 台所

滝沢カレンさんの料理本『カレンの台所』出版記念インタビュー。 後半となる今回は滝沢さんに、ふだんのお料理にまつわるエピソードから台所に立つのが楽しくなる秘訣をうかがいました。 やっぱり、最初は料理がすごく苦手だったんですね。 「なんでハンバーグがベチョベチョしちゃうんだろう?」って。 でも、今こんな自信満々にハンバーグを作れるのは、失敗してなかったら会えてなかった自分なんです。 だから、たくさん失敗しておいてよかったって思っています。 もしかしたら自分しか好きじゃない味かもしれないけど、それでも作りたかったものには歩いて行っているつもりなので、それにはすごく自信があります。 たとえば、「春巻きには何のエキスが入ってるんだろう?」って調べてオイスターソースが入っていることを知ったり。 自分の舌だけでオイスターソースを当てることは、すごい難しいじゃないですか。 まず、オイスターソースという存在を知らなかったですし、オイスターソースとウスターソースのちがいにビックリした時代もありました。 あとは料理番組がすごく好きだったので、そういうのをチェックして今度作ってみようって思ったりもしていました。 最後に先生のお手本も見られるし、あの番組はすごく勉強になりますね。 それが、醤油、酒、みりん、砂糖。 料理側は法則だと思ってないでしょうけど、私にとっては途中で終わりがないくらい絶対最後まで使える4人家族みたいな存在。 だから、何を作るかというよりは、まずはこの4つの調味料でできるものを探すのが楽しいと思います。 肉じゃがみたいな煮物系はほとんどこの4つでいけますし、「じゃあそれで豚肉や野菜を炒めたらどんな味になるんだろう」とか「醤油がちょっと濃すぎたから次は減らしてみよう」とか、そうやって冒険していったら、私は自分の感覚をもっと大事にできるようになりました。 その4つがあれば和食はだいたいできますし、洋や中の架け橋にもなるので、どんどんほかの国にも広げていけると思います。 料理がまだあんまり上手じゃなかった20歳の頃に救われたのが、電気圧力鍋。 圧力鍋で大好きな角煮を煮ているうちに副菜が作れたり、幅が一気に広がりました。 でも、やっぱり圧力鍋だって人間と一緒で完璧なわけじゃないから、こっちが調味料をちょっと間違えたら、それは味に正直に出てくるんですね。 なので、もちろんすぐに成功っていうわけにはいかなかったんですけど、今も持っていて本当によかったなと思います。 お仕事が忙しい時は、10分とか15分でカレーもできあがりますし、なのでとってもおすすめです。 そんなのが私の料理をどんどん進めさせてくれた理由で、でもそれでいいんだって思います。 みなさんも「料理がうまくなりたい」っていう気持ちには、絶対その先に理由があるはず。 たとえば「旦那さんにおいしいものを作ってあげたい」だったり「友だちにホメられたい」だったり、そんな理由のほうが私は毎日台所に立てると思うんですよね。 毎日台所に立って、毎日台所を知るっていうのは、料理上手への近道。 いくら冷蔵庫や鍋は話さないっていったって、どこに何が入っているかを把握していると、台所にいる時間がとっても短くなってくるんです。 「もっと台所にいたいよ~」って思うくらい。 でも、そのぶん半身浴が30分長くできたり、映画が一本見られたり、生活にいろんないいことも出てくるはずです。 そんな時は、どうしていますか?私は「今日はどうしても作りたくない」と思ったら、堂々と作りません。 そこを無理矢理台所に立って自分の指でも切っちゃったら、大変じゃないですか。 でも、これって私は一人だから思えているだけで、たとえば旦那様やお子様がいて「そうはいかないんだよ」っていう人だって、そりゃいますもんね。 じゃあ、毎日料理をする気力って人はどこから出るんだろうって、私もいつもいつも考えているんですけど。 そこで私があまりやる気が出ない日に考えるのは、じゃあ1週間後の自分がどんな体でいたいか、1カ月後の自分がどんな健康体でいたいかということです。 それは食だけではないのかもしれないですけど、毎日外のごはんだけを食べて50歳でピンピン走れる人って、本当に体力のある人しかいないと思うので。 「明日風邪を引きたくないから」とか、「毎日元気でいたいから」とか、そんな理由でいいんです。 2008年モデルデビュー。 現在はモデル以外にもMC、女優と幅広く活躍。 主なレギュラー出演番組に『全力!脱力タイムズ』(フジテレビ)、『沸騰ワード10』(日本テレビ)、『伯山カレンの反省だ!! 』(テレビ朝日)、『ソクラテスのため息~滝沢カレンのわかるまでおしえてください~』(テレビ東京)など。 取材・文 吉川由希子『カレンの台所』サバの味噌煮やハンバーグなど定番メニューから、カニクリームコロッケやグリーンカレーといった人気の逸品まで幅広いお料理のカレン流の作り方を掲載。 お料理本なのにひとつの物語を読んでいるような気分になったり、くすっと笑えるエッセイに触れているような気分にもなる。 そして細かい分量がないのになぜだかとってもわかりやすい、まったく新しい料理本! (サンクチュアリ出版 ¥1540)インタビュー前半はこちらから!『カレンの台所』出版記念インタビュー(1) 滝沢カレンさんに制作のこだわりをリモート取材してみた! モデル、女優、タレントとしてマルチに活躍中の滝沢カレンさんが先日、料理本『カレンの台所』を発売。 独特のワードセンスでつづられた約30品のレシピは、おもしろいのにわかりやすいと話題沸騰中! 今回、デイリーモアではそんな滝沢さんへのリモートインタビューが実現。 もともと以前から自分のインスタグラムに手料理のレシピを載せていたんです。 でも、それは料理本を出したかったからではなくて、「今日はごはんがうまく作れたから」とか「可愛い食器を見てほしい」だったり、ジムの先生から「お味噌汁は毎日絶対に飲んだほうがいい」と教えてもらったことだったり。 そんなことを「みんなに伝えたい!」って思って撮っていただけのこと。 それを見た出版社さんがいきなり言ってきましたね。 全然迷惑じゃなくてありがたいお話なんですけど(笑)、でも料理本を出すほどの料理数を作ったこともなくて、ただ好きで載せていただけなので、「本当に私でいいんですかね?」っていうのは何回も何回も聞きました。 私はプロの人じゃないから料理に時間がかかっちゃって、撮影スタジオもたくさん使わなきゃいけないので「それでもいいですか?」とか色々聞いて。 そういうのを全部大丈夫って言ってもらえたので本を出してみようと思いました。 こちらは『カレンの台所』に掲載された鶏の唐揚げ。 一日6~7品作っていたので、物語も6~7つ書くことになって、スタジオで終わらない時は家に帰ってから書いていました。 それは自分が思っていたよりも倍以上大変でしたけど、書くことは好きだし、そうじゃないとできない人なんです。 次の日に「きのう作ったハンバーグの話をしろ」って言われても、きのうの記憶を今日の自分に書けなんて、そんな無茶なお願いはないじゃないですか。 その日思ったことはその日に書いたほうが自分の波が出ますし、作って書くまでが料理のような気持ちで、そこは当たり前にそうさせていただきました。 レシピページはこんな感じ。 「油物こそ、目でみろ、自分で作れ」や「鶏肉にひとつアクセサリーをつけるくらいの気持ち」など個性あふれる表現ばかり。 毎日のように私のインスタグラムのストーリーに「作ってみました」っていう投稿が100件以上届いていて、でもあれって24時間で消えちゃうっていう本当に切ないシステムじゃないですか。 24時間以内でないと見れなくなってしまうので。 今は押す手も間に合わないくらい毎日インスタグラムと向き合っているところです。 心から思うってこういうことなんだなって、もう心どころじゃなくて内臓すべてから作ってよかったなって思います。 2008年モデルデビュー。 現在はモデル以外にもMC、女優と幅広く活躍。 主なレギュラー出演番組に『全力!脱力タイムズ』(フジテレビ)、『沸騰ワード10』(日本テレビ)、『伯山カレンの反省だ!! 』(テレビ朝日)、『ソクラテスのため息~滝沢カレンのわかるまでおしえてください~』(テレビ東京)など。 取材・文 吉川由希子『カレンの台所』サバの味噌煮やハンバーグなどの定番メニューから、カニクリームコロッケやグリーンカレーといった人気の逸品まで幅広いお料理のカレン流の作り方を掲載。 お料理本なのにひとつの物語を読んでいるような気分になったり、くすっと笑えるエッセイに触れているような気分にもなる。 そして細かい分量がないのになぜだかとってもわかりやすい、まったく新しい料理本! (サンクチュアリ出版 ¥1540).

次の

超話題!『カレンの台所』がOggi8月号に特別出張! 滝沢カレン考案レシピ大公開♡

カレン の 台所

作り方• 1.エビの殻をむき、背ワタを取ります。 2.丸裸にしたエビは、ボウルに入れ、すりおろしたショウガとお酒を 振りまかしてあげます。 (すりおろしたショウガとお酒は、 エビの入浴剤のようなものです。 つけておくと旨味をどこからか引き上げてくれるけれど、 人間がお風呂に入った翌日に入浴剤の匂いがついていることはないように、漬け込むショウガとお酒の量は、多くても少なくても、それほどびっくりする違いにはならないので、 あまり細かい分量は気にせずに!)• 3.長ネギの白い部分も真ん中から縦二つに切り、刻みます。 大きさは、エビにとっての「名刺サイズ」くらいです。 4.水溶き片栗粉を少し作り、エビに纏わせます。 5.フライパンを熱し、ごま油をひいて、エビを投入します。 6.エビに火が通ったら、ネギを入れます。 7.更にケチャップと豆板醤を入れます。 豆板醤の量は、 ビー玉くらいです。 8. 二口飲む程度の水を加えます。 9.全体の色が真っ赤になってきたら、 ケチャップの量から比べると、腰が引けた遠慮さで、酒、砂糖をちりばめます。 軽く塩コショウをふり、水溶き片栗粉を入れ、最後に、酢をお好み量入れて味を整えます。 お皿に盛り付けたら、完成です。 もうどこからツッコんだららいいのか、わかりませんw 4. の工程は、まともですね。 豆板醤のビー玉くらいもわかります。 (化粧品とか、よくパール1粒分とか言いますもんね) 私が一番謎なのが、「エビにとっての名刺サイズ」??? まあ、でも「細かいことは気にしない!」と言ってくれているので、気軽にチャレンジできそうですね!.

次の