スロット 規制緩和。 パチンコ・スロットの規制理由となぜ時期ごとに規制緩和されるのかを考える

2020年ガチの不況到来!?不景気だとパチンコ・スロットの規制が緩和される傾向があるのか調べてみた

スロット 規制緩和

パチンコには未来しかない。 現時点でのパチンコ新規則機、いわゆるP機に対する評価、見立てである。 もちろん、当初は不安のほうが大きかった。 去年2月に法律の規則改正が行われ、パチンコ・パチスロ作りの基準が大きく変化した。 この13年ぶりの出来事に、業界の先行き懸念が広がる。 そもそもの改正の目的が「ギャンブル等依存症対策」に基づいた射幸性の抑制、のめり込み防止のための「規制」なのである。 具体的には1回の大当り出玉の上限が2400発から1500発に変更された。 これに伴い最大のラウンド数が16Rから10Rへ。 さらに、細かく区切られた時間の範囲内で「これ以上出ても、これ以上出なさすぎてもいけない」と決められたのである。 古い基準なら1時間で300%、10時間で200%を超えないような出玉率に調整していたところ、新基準では1時間で220%、10時間で133%と大きく削がれたうえに、4時間で150%という中間点での区切りも設けられ、メーカーの機械作りに大きな困難をもたらしたのである。 こういった出玉性能に対する市場反応の不安や規則改正による唯一の前向きな要素である「設定」を活かせる形態としてメーカーが目をつけたのが甘デジや確率の甘いライトミドルタイプである。 規則改正前に試験に適合した「CR機」のストックがまだまだ豊富に存在する状況で、出玉性能に劣るP機を、出玉への期待感が高いミドルタイプで勝負する必要性もない。 CR機と比べられ、「やっぱりだめだ」と言われるのがオチである。 このような状況によって「P機」は登場から、これまでの新基準機のような盛り上がりを見せられずに、メーカー、ホール、ファンから低い熱量とどこか冷めた目線で観察されてきた。 そんな、どちらかといえば低調なP機の環境を一変させる事件が起きる。 日本遊技機工業組合、日工組による内規の改定で確率変動等の継続率上限65%が撤廃される運びとなったのである。 もちろん、出玉の総量規制は引き続き規定されたままであるが、パチンコは「連チャン」という武器を手に入れることができたのだ。 確変65%規制の撤廃によりパチンコはにわかに活性化。 連チャン力を謳う高継続率マシンが次々にリリースされ、ファンにもP機を許容する空気が醸成され始めた。 そして、その流れを決定づけたのが『Pぱちんこ新・必殺仕置人』である。

次の

【6号機】規制緩和!? スロットの新基準や仕様、導入などの噂をまとめてみた

スロット 規制緩和

自分も以前、こちらの記事でザックリと書きましたが 簡単に言えば、「全体的に出玉感がなくなる」という話でした。 実際に高設定域の出玉率はかなり下がる事が予想されますし、低設定域での誤爆も中々厳しい…というのが、この時点での見解でした。 6号機規則の規制緩和 そんな6号機規則が、当初の予定に比べると一部緩和されることが発表されました。 具体的には… 入賞Sim出玉率が1. 0未満にならなくても良い 今回の緩和で5. 5号機から適用されるようになった「 入賞Sim出玉率<1. 0」の要件が廃止されました。 何のこっちゃって話ですよね? 文章で説明すると「内部成立した役は全て入賞すると考えた場合の出玉率を100%未満としなければいけない」というルールなんですが、少々分かりにくいですよね。 つまりアレです、「AT機はダメですよ」というルールです。 それが廃止された…という事は。 そうです、6号機では AT機を作ってもいいよという事になったんです。 この点が今回最大の緩和点と言えるんじゃないでしょうか。 指示機能の性能に設定差を設ける事ができる 現状の5. 9号機はART関連の数値に設定差を付ける事ができません。 なので、ARTの当選に関係ないボーナスや小役に設定差をつけるしかないんですが、 6号機ではAT・ART関連の数値に設定差を設ける事ができるようになります。 要するに、5. 5号機以前と同じような感じに出来るって事ですね。 6号機規則の規制強化 実は今回発表された内容には、規制を強化する内容も含まれていました。 有利区間は最大1500Gもしくは2400枚で終了 5. 9号機では有利区間が1500Gという規制だけなのですが、 6号機ではそれに加えて2400枚規制なるものが追加されることになりました。 6号機規則の規制緩和&強化 感想 今回の緩和&改正は、いくら何でも出玉感なさ過ぎて困るからなんとかして…というホール側の切実な要求を、一撃性を制限しつつ一部叶えた結果のようですね。 AT機を作る事が可能になった分、ある程度の一撃性(出玉の塊)を担保しつつ、2400枚規制で蓋をすると…。 個人的に一番気になるのは、高設定域の出玉率がどうなるかという点なんですが、その辺に対する規制緩和もお願いしたいところ…せめて6で110%ぐらいは…何とかなりませんかね?•

次の

スロット[6号機まとめ]規制緩和!天井復活!開始時期はいつから?

スロット 規制緩和

規制緩和が行われると聞きました。 どんな内容か知りたいな。 開始時期はいつからなんだろう?天井も復活するんですよね。 新たに規制もあるんですか? このような疑問に答えます。 こんにちは!スロットをサブウェポンにしている人、カマトモです。 この記事では、 6号機で行われる規制緩和と新たな規制について、どのような内容か、開始時期はいつからかについて解説します。 最後には、6号機についての考察をしています。 9号機がゴミ台だっただけに、今回の規制緩和は本当に嬉しい内容がたくさんあります。 ぼくは、天井の復活がとくに嬉しかったですね。 期待値を積むハイエナ稼働をしている方には朗報です。 この記事を読めば、 スロットの未来が分かりますよ。 また5. 9号機からの変化にテンションが上がること間違いなしです。 3分くらいで読めますので、スロットに興味がある方はお付き合いください。 この記事の目次• 規制緩和!6号機はいつから?「HEY! 鏡」が6号機第1弾! 6号機は2018年4月から型式申請がスタートします。 4月以降に申請が通った台が順にリリースされるので、早くて 8月頃です。 遅くても年内には、間違いなく6号機が登場しますね。 僕は6号機にはかなり期待しています。 早く導入されてほしいです。 6号機第1弾は「Sアメリカン番長HEY! 鏡」! 最初の6号機はではないかと言われていますね。 番長3が人気なだけに期待できそうです。 6号機第2弾は享楽産業の「ゲッターロボ」か!? が6号機として2番目の適合を受けたとの情報が入ったようです。 まさかのパチンコで有名な享楽産業からの登場です。 規制緩和!内容まとめ まずはこちらをご覧ください。 いままでの台との比較を表にしてみました。 5号機 5. しています。 規制緩和の内容を具体的に解説していきますね。 9号機ではARTに設定差をつけることができなかったため、天井を搭載させることが不可能でした。 6号機では、ARTに設定差をつけてもいいことになったので、天井の搭載が可能になったんです。 9号機では、天井&ゾーンがなく期待値を積むハイエナ稼働ができませんでした。 スロットで勝つには、「期待値を積むしかないよ。 」と毎回言っていますね。 ハイエナ稼働ができないは控えめに言ってゴミ台でした。 6号機では、天井&ゾーンが復活します。 素直に嬉しすぎますね。 今回の規制緩和のおかげで、まだまだスロットで稼ぐことができそうです。 5号機の規制で「純増を2枚以下(ボーナスこみ)」という規制がされました。 それ以来、バジリスク絆やミリオンゴッドのような高純増AT機を作ることができませんでした。 今回の規制緩和で純増枚数の制限がなくなり、高純増AT機が復活します。 実現するかは分かりませんが、純増10枚の機種なんかも出てくるかもしれませんね。 この規制緩和も出玉スピードが加速するので、ハイエナ稼働には追い風です。 9号機では、有利区間に突入するとランプが点灯し告知してくれる仕様でした。 素人にもやさしい仕様でしたね。 6号機からは、この告知義務が廃止されます。 告知義務が廃止されると、知識のない人は有利区間に入ったことに気づかずに台をやめてしまう可能性があります。 パチンコの潜伏状態を捨ててしまうのと同じですね。 6号機はより知識を求められるので、ハイエナ稼働には追い風です。 スロットは情報を持っている人が間違いなく強いですよ。 6号機の規制緩和はどれもハイエナ稼働の追い風になりそうですね。 6号機の規制内容 6号機は規制緩和が目立ちます。 残念なことに規制もあるんですよ。 表にまとめてみますね。 獲得枚数が180枚も減らされています。 ジャグラーはビッグでの獲得枚数が312枚なので、規制の対象になってしまいます。 一度のボーナスで大量出玉を獲得できることが魅力だったので、この規制は残念ですね。 ただ、一回のボーナスが減るけど、ボーナス確率が軽くなるのではないかと思っています。 純粋にペカる回数が増えるかもしれませんね。 はこちらの記事で紹介しています。 ぜひ一度ご覧ください。 600枚ほど減らされていますね。 個人的には、この規制は痛くないです。 最大獲得枚数をきっちりとれることは、ほとんどないと思うので、、、 低純増でだらだらとARTが続くよりも、高純増で出玉をさくっととれる方が時間効率がいいんですよね。 さらに噂では、上限が制限されたが、下限も新たに設定されるという話もあります。 これが本当であれば、最低限の出玉が保障されるので、天井狙いの期待値が爆上がりするかもしれませんね。 かなり期待しています。 メーカーが抜け道を探し、なんとか戦えるくらいの出玉率を維持してもらいたいですね。 パチンコにも規制があるようです。 6号機の考察 今回はスロットで初の規制緩和が行われることになりました。 素直にうれしいの一言です。 特に期待値を積むハイエナ稼働をしている僕にとっては、ほんとうに最高の規制緩和です。 6号機の規制緩和が最高な理由 ・天井&ゾーンの復活により期待値を積むことができる。 ・高純増AT機の復活により出玉スピードが加速し、時間効率UP。 ・有利区間の告知義務廃止により、期待値のある台が捨てられる可能性がある。 逆に設定狙いはきつくなりそうですね。 出玉率の減少が痛いです。 その分ハイエナ稼働をする人が増えると思います。 ライバルに差をつけるには、正しい情報を持ち、しっかりとした立ち回りを身に付けることが大切です。 こちらの記事で、考察してます。 メイン機種の未来が気になる方はご覧ください。 いかがでしたか? 今回は、 6号機で行われる規制緩和について、どのような内容か、開始時期はいつからかについてお伝えしました。 規制緩和は5. 9号機で絶望していた方への希望の光ですね。 個人的には、6号機の登場でスロットはまだまだ稼げると感じています。 こちらの記事で、ています。 三洋から登場の「Sパロットブルーハワイ」やサミーから登場の「SチェインクロニクルWR」の情報もありますよ。 あなたの知らない情報がきっと見つかります。

次の