大野 智 hit the floor。 Amazon Music

大野智「Hit the floor」をmp3でダウンロードしてフル視聴する方法

大野 智 hit the floor

大野智のソロ「hit the floor」がファンの間だけではなく、いろいろなところで評価が高いと言われています。 もともと大野智は嵐の中、いえ、ジャニーズの中でもトップの歌唱力と言われていましたが今回これほどまでに評価が高いのはなぜなのでしょうか?その理由について調べてみたいと思います。 大野智のソロを「hit the floor」に決めた理由は? 大野智のソロ「hit the floor」は2013年に発売されたアルバム「LOVE」に収録されています。 2012年に大野智は「次は違うジャンルの曲をやる」と言っていたので発売前からファンの方はとても楽しみにしていたようですね。 毎回アルバムに入れるソロは何曲か候補があり、その中から選ぶのですが大野智は「hit the floor」の第一印象がすごく良くて決めたそうです。 マネージャーも最初からいいと感じていたようですね。 大野智のソロ「hit the floor」の評価が高い理由は? 「hit the floor」はアップテンポの曲なのですが、メロディーがすごく綺麗で高音部分が非常に大野智の声にマッチしています。 実際カラオケで歌ってみたことがある方ならわかると思うのですが、いざうまく歌おうと思ってもすごく難しい歌なんです。 この歌をきっちり歌いあげる大野智はやはりすごいなと思うのですが、周りの評価も調べてみました。 ・大野くんのソロ「Hit the floor」を聴いた時なんか血圧が上がって体温が急上昇!!一瞬めまいが起きたほど。 もともと歌唱力のある人ですが、年々本当に進化していると思います。 どういうボイストレーニングをしているのだろうと感嘆します。 素晴らしいリズム感と、甘く切ない伸びやかな高音。 いつまでも聴いていたい…と思います。 (中略)近い将来、ソロアルバムを出してもらえないでしょうか。 本当に切望します。 ・とくに大野くんソロが…彼はすごいってわかっちゃいるけどやっぱりすごい!!今までのソロとテイストが違う「Hit the floor」、伸びやかでいて切なさと色気を感じさせる高音の素晴らしさ、一瞬で曲の世界にひきずりこんでしまう表現力と歌唄のうまさは抜群で鳥肌モノ。 ファンならずとも必聴です! (アルバム「LOVE」アマゾンレビューより抜粋 ) 嵐のアルバムも評価が高いのですが、その中でも必ずといっていいいほど大野智のソロが素晴らしいという感想が出てくるんです。 さらにはファンだけでなく 先日リリースされたアルバム『LOVE』(2013年)はメンバー全員が30代になってからはじめての作品で、よりアダルティな色気のある大人の作品に仕上がっている。 なかでも大野のソロ曲となっている「hit the floor」は特出した出来で、ファンならずとも是非おさえておきたい一曲だ。 嵐のことをこれまで単なるアイドルグループと思っていた人も、「hit the floor」を聴けばその認識は一変するだろう。 (楽天woman Entertainmentより抜粋) このような評価もありました。 嵐だから、アイドルだから評価が高い・売れているのではなく大野智の実力であり努力の成果が高評価に結びついているのではないでしょうか。 次のソロはどんなテイストなのか楽しみですね。

次の

大野智 ソロ Hit the floor おすすめ YouTube 無料 動画 まとめ!

大野 智 hit the floor

普段の大野智さんのあどけなさから一変! セクシーでかっこいい大野さんに変わります。 また、この曲でさらに人気が高まったみたいですよ! 普段大野智さんの歌声をたくさん聞く機会ってあまりないと思います。 嵐の中の大野智。 って感じで、一般の人は大野さんの歌声をあまり知らないようです。 ですが今回のソロで、ラジオなどでも多く流され、 「あれ!?大野智ってこんなに歌がうまいんだ!!」 と思った人も多いようです。 正直、嵐の中ではダントツの歌唱力ですよね! センスもいいし、かっこいいし、絵の才能もある。 ジャニーズの中でもひときわ目立つ存在です。 今までのジャニーズは、顔が整って、トークもうまくて、 ダンスも上手で、っていう感じでした。 もちろん大野智さんも全て兼ね備えているんですが、 なんか周りとは違うんですよね!! オーラがあるというか、自分の世界を持っているというか。 大野智さんのソロ曲hit the floorですが、かなり好評みたいです。 ヤフーの取材でも取り上げられていましたが、 その内容が結構面白かったですよ^^ 嵐のニューアルバム『LOVE』が到着。 ヒットシングルはもちろん、メンバー各自のソロ曲も収められ、さまざまな形の愛を歌った意欲作となっている。 大野 智にソロ曲『Hit the floor』について聞いた。 この曲を歌うことになった経緯を教えてください。 大野 最初、候補曲が2曲あったのね。 「できたよ」っていうから、「じゃあ聴こうか」ってなって。 1曲目にこの曲を聴いたとき、すぐに「これがいい!」と思った。 で、一応2曲目も聴いたんだけど、やっぱりこれが好きだなって。 大野 まあね。 だって踊らないと(間が)もたないじゃん(苦笑)。 恥ずかしいんだよね、ただ何もしないで歌ってたりしたら……。 ライヴで、ひとりでバラードやったら盛り上がるはずがない! 5人なら見せ方もいろいろ工夫できるけど……。 でも、大野智さんの要望も聞き入れて、踊れる曲、好きなリズムを入れるという事が この曲には入っているようです。 また、バラードではなく踊れる曲としても大野智さんは気に入っているみたい^^ この曲はすごくいいですよね! もともと何曲か用意されていたのですが、 直感的に大野智さんはhit the floorを気に入ったみたいですが、 一応ほかの曲も効こうという事になり、他の曲も聞いたところ、 やっぱりhit the floorが良かったみたいです^^ 「どれにしようか?」 「これにしようよ。 」 みたいな感じで決まったみたいですね^^ 大野智さんらしいです。 キーが高めで歌いづらくないのかなと思ったら、 大野智さん的にはキーが高い方が歌いやすいみたいです。 また、「踊れる曲」にした理由も、 「何もしないで立っているの恥ずかしいから。 」でした。 本当に個性が強い、自分の世界を持った人ですね^^ このhit the floorの作成裏話は大野智さんのラジオ「ARASHI DISCOVERY」で聞くことができます。 YouTubeにアップされているので是非聞いてみてくださいね^^.

次の

大野智(嵐) Hit the floor

大野 智 hit the floor

作詞:IntoGroove、作曲:Peter Bjorklund,Joel Eriksson、編曲:安部潤 収録アルバム「One」 「とてつもなく早い振りを作りたい」との思いで、蜂をイメージしながら電車の中で振り付けを考えた大野くん。 早い手振りも多く複雑なダンスをエレガントかつパワフルに操る大野くんのセクシーさは必見!「One」コンサートの映像はほぼ残っていませんが、アラフェス2012年バージョンで踊っている姿を見ることができます。 嵐の歌をなんとなく聴いてたら、すごく好きな歌声の人がいて、その歌声を曲から探してリピし始めた。 それが大野智の歌声だった。 気になって動画検索するとRainがヒットした。 ダンスが無重力に感じて、関節どうなってるのって驚いて、そこからダンスの動画を永遠に見てた。 顔も好きになるのはその後。 収録アルバム「Time 初回限定版 」 「Song for me」は大野くんファンの中でも振り付けを愛する人が多いです。 「Rain」よりは穏やかな曲調ですが、その分細かい音に当てはめられた大野くんのアクセントダンスがよく映えています。 コンサートの演出では照明の変化でがらりとイメージが変わる瞬間もあり、空間を完全に大野くんが支配しているよう。 こちらも必見です! 「暁」は純粋に曲が大好きすぎて、あの歌声でまた聴いてみたい 「Song for me」は曲も振り付けのダンスも好き あの無機質な感じが大野君にドンピシャで、純粋にダンスだけなら大野君ソロの中でSong for meが一番の踊ってる気がする… やっぱり大野君ソロはSong for meかな、見たい — 紗梨 NNckIfp7riTwD7O 作詞:R. 、作曲:Dr Hardcastle・youth case、編曲:Dr Hardcastle 収録アルバム「僕の見ている風景」 大野くんの歌唱力が光る名曲。 バックのThey武道とMADに比べて、大野くんはダンスの量は少ないですがその分ボーカルを聞かせる見せ場が多いです。 ラップ部分は櫻井翔くんの作詞ですが、大野くんは櫻井くんへの作詞を「はじめからお願いしようと決めていた」そうです。 「so-so-so」を振り付けたTADAKOさんもこの振付を絶賛。 以前から言ってるけど、Hung up onの振り付け、ジュニア含めて凄い好きなんだよね。 構成力が完璧だなって。 Bad boyも総合芸術だし、どうやったらあんな振り付け思いつくんだろう? 大野智の頭の中は宇宙だよね。 だから惹かれるんだ。 マネージャーさんも大のお気に入りだったため、その反応も見てソロ曲を決めたそうです。 2013年、初めてこの曲を聴いた時の感動を思い出す。 それからもう何回も繰り返しずっと聴いてるけど聴く度に好きになる魅惑の歌。 ステージでもう一度披露してほしくてたまらない曲 — とも ayakan3104 作詞:curly,furaha、作曲:Dyce Taylor,Jin Choi、編曲:Jin Choi 収録アルバム「THE DIGITALIAN」 松本潤くんも「大野くんはこういう感じが好きだよね」と言ったほど大野くんらしい曲。 全ハモリを大野くんが歌っているためレコーディングも相当苦労したそうですが、その甲斐あって(?)仕上がりは厚みのあるダンスナンバーになっています。 「Imaging Crazy」THE大野智。 イントロ聞いて一発でわかったし(笑)曲調から全てが大野智っぽい。 でもこの曲調私は好きなんだけどね。 大野担の母からしたら違う曲調が聞きたかったらしい。 笑 ダンスも想像出来るって。 笑 それでも違う大野智が見れると期待してるんだけどね、私は。 — S a12r24s 作詞・作曲・編曲 : HARAJUKU KIDZ 収録アルバム「Are You Happy?」 モニターではパントマイムや大野くんの大量発生などコミカルな雰囲気を演出するも、ステージではかっこよく踊る大野くんという今までにない演出!自分でも「大丈夫なの!?これ」と表現するほどエンターテイメント性に溢れています。 Bad boy、イントロでまずびっくりしたけど、暁から舵の切り方すごい!進化し続けてる。 難曲を選んで歌いこなして見事です。 見もしないうちからステージでこの曲を歌い踊る姿はおそろしくかっこいいと断言できる。 加工があまり好きではないのにそれでもがしっとつかんでくる大野智さすがだ。

次の