玉ねぎ 涙 理由。 玉ねぎが目にしみない方法は?目が痛くならない切り方や染みる理由を調査|LifeNews Media

玉ねぎの旬はいつ?涙が出る理由は?切り方を工夫して簡単対策!

玉ねぎ 涙 理由

細胞のなかから硫化アリルがでてくるから タマネギの皮をむいただけでは、それほど強い刺激はありません。 さっと2つに切ったぐらいでも、涙が激しく出るというほどではありません。 でも、みじん切りにしたりすりつぶすと、急に強い刺激のあるにおいが出ます。 このことから、涙が出る原因は、タマネギをつくっている、細胞の中にあることがわかります。 実は、涙の原因になるのは、硫化アリルという物質です。 包丁などで切るとタマネギの細胞が壊れ、中にある物質(アミノ酸や酵素の一種)が混ざり合って反応して、硫化アリルができます。 これが蒸発して鼻や目の粘膜を刺激すると、神経から「涙を出して洗い流せ」という信号が出ます。 粘膜を守るための、自然な体の反応なのです。 ちなみに、涙が出るのを避けるには、調理のときにタマネギを水にさらすとよいといわれます。 原因になる物質が洗い流され、空中に飛び散る硫化アリルが減るためです。 また、良く切れる包丁だと細胞をあまり壊さずに切ることができるので、硫化アリルが出にくくなるという効果があります。

次の

玉ねぎを切るときに涙が出る理由 何の成分が原因?

玉ねぎ 涙 理由

スポンサードリンク 玉ねぎで涙が出る理由!その成分とは!? 料理で大活躍の 「玉ねぎ」栄養満点で、ありがたい存在だけれど、切る時に染みてつらい…。 切る前に、「がんばるぞ!」と気合を入れて切りますが、それでも玉ねぎには毎回泣かされている私です。 何度経験しても慣れません。 そんな玉ねぎの涙対策にはゴーグルが有効?鼻から入ると涙が出ると聞いた事があるけれど… 今回は、そんな玉ねぎについて、涙の原因の成分やその対策について詳しくご紹介していきます。 玉ねぎを切っていたら、だんだん目が染みてきて、目を開けていられない!料理をする人ならみなさん経験があるのではないでしょうか。 でも、どうして玉ねぎを切っていると、涙が出ちゃうのでしょう? 玉ねぎを切っていると泣いてしまう理由、それは、玉ねぎから発生する 「硫化アリル」という成分によるものなんです。 玉ねぎ独特の匂い成分がこの硫化アリルです。 他にもニンニクやネギなどからも発生する成分です。 玉ねぎを切った時に、細胞が壊れると同時に、玉ねぎに含まれる酵素とアミノ酸が反応し合って硫化アリルという物質が発生します。 硫化アリルは空気中で蒸発しやすく、それが私たちの目や鼻まで届くと、刺激になるんだそうです。 私たちの身体は、涙や鼻水を出すことで目や鼻の粘膜をこの硫化アリルの刺激から守ろうとしているんです。 スポンサードリンク 玉ねぎで泣かない対策は? 我が家のタマネギ置き場。 インテリアぽいけれども置き場がないだけである。 できれば避けたいものです。 そこで、ここでは玉ねぎで泣いてしまわない対策をいくつかご紹介します。 なので、切るときに水につけながら切ると、だいぶ切るのが楽になります。 ただし、水につけるときに、硫化アリルだけではなくて玉ねぎに含まれている栄養分まで流してしまうことがデメリットとしてあげられます。 生のまま料理に使いたいときにはこの方法を試してみると良さそうですね。 普段は常温で保存している人がほとんどでしょうから、切る前に冷蔵庫に移動させて冷やしておきましょう。 玉ねぎを温めることによって、硫化アリルの性質が変わり、涙が出にくくなるそうです。 温める調理法の場合にはこちらで試してみてください。 なので、玉ねぎを切るときは目だけではなく鼻もガードしておくと安心です。 悪いイメージだけが残ってしまうといけないので、ご紹介しておきますね。 硫化アリルは、私たちの血液をサラサラにしてくれる効果があり、動脈硬化の予防になります。 また、食欲増進効果やビタミンB1の吸収と働きを助ける効果もあります。 ちなみにビタミンB1は、糖質をエネルギーに変えるときに必要なビタミンです。 そして糖質は脳のエネルギー源として不可欠な栄養です。 ビタミンB1には皮膚や粘膜の健康を保つ効果もありますよ。 まとめ 以上、玉ねぎで泣いてしまう理由や原因となる成分の紹介やその対策についてご紹介しました。 今回ご紹介した方法を是非試してもらって、今後も玉ねぎ料理を楽しみましょうね! スポンサードリンク.

次の

玉ねぎを切ると涙が!目にしみる原因&しみずに痛くならない方法8選

玉ねぎ 涙 理由

私たちは3種類の涙を流す ハンク・グリーン氏:風が強い日に砂浜を歩いたり、玉ねぎを切ったり、火事にあったり、泣ける小説……ちょっと作者は思いつきませんが、そういったときに涙は出ます。 大抵の人はいつも泣いているわけではありません。 では、泣くことはマスカラが取れたり目を腫らしたりしてティッシュを使う以上にどんな意味があるのでしょう。 涙はなんのために作られているのでしょうか? まず、涙がすべて同じものではないことを押さえておきましょう。 目にゴミが入った時の涙と、悲しい時の涙は違うものです。 実はおもしろいことに、人間には3種類の涙が備わっています。 基礎分泌的なもの、反射的なもの、感情的なものです。 基礎分泌的な涙は、常に眼球を潤して、乾いたり固まったりするのを防いでくれます。 反射的な涙は、外部の刺激から目を守るものです。 風、煙、ホコリ、砂、ナッツのかけらなどが目に入ると、反射的に涙が流れ出します。 玉ねぎを切るときなどに出る涙 玉ねぎを切った時にも涙ぐんでしまいます。 その理由をご説明しましょう。 玉ねぎを切ると、スルフェン酸という物質と酵素が反応して、硫化物質が作られます。 それが空気中に放出されて目の中に入ってくると硫酸化合物になります。 このままだと目が……焼けてしまいます。 すると、目の知覚神経が刺激され、脳に信号が送られ、まぶたの中の涙腺に「ホルモンを放出しろ」と命令を出して、硫酸化合物を洗い流してくれるのです。 しかし!! 3つ目の感情的な涙、これがまたおもしろい! 研究者には、人間だけがこの種の涙を流すと言う人もいます。 中にはそうではないという人もいますが、まぁここでは果たして人間だけなのかどうかは置いておきましょう。 でも、その科学的な仕組みを説明できるのが私たちだけなのは確かです。 悲しいという感情で出てくる涙 悲惨な事故が起きてたくさんの死者が出た、なんてニュースを聞くと、脳の感情を担当する部分が内分泌システムを通してホルモンを分泌して、涙腺が刺激されて泣き出してしまうわけです。 このプロセスは、反射の涙が出るのと似ていますけど、涙に含まれている物質は違うもので、反射の涙はほぼ水です。 感情的な涙にはプロラクチンというタンパク質が含まれていて、これは妊婦が母乳を出すよう促すものです。 また、エンドルフィンもそうですけど、プロラクチンのようなストレスホルモンは痛みを取り除くと考えられています。 それで科学者たちは、泣くことで今あるストレスを取り除くので、いい泣き方をすれば一時的にしろ気持ちが楽になると考えています。 おそらくこういった種類のホルモンを放出するからでしょうね。 他にも、泣くことは自分が今ストレスを抱えていて、悲しんでいるんだ、ということを示すシンボルだ、という考えもあるようです。 「私は悲しいよ」ということもできますけど、実際に顔を歪めて悲しんだ表情を見せることで、それを見た他の人にストレスを取り除いてもらえる、というわけです。 進化という観点で見ると、感情的な涙は周りに適応したり、同情したり、優しくなるためのコミュニケーションツールの役目もあります。 時には強烈な印象を人に与えることで、仲間と強い絆を作って種としての生き残りや、より生活しやすい環境作りに役立っているわけです。 つまり、泣くことを恥ずかしがる必要なんてないんですね。 ご視聴いただきありがとうございました。 たくさんの人がチャンネル登録してくれているので涙が出るほど嬉しいです。 SciShow Hank Green(ハンク・グリーン)たちがサイエンスに関する話題をわかりやすく解説するYouTubeチャンネル。

次の