マスク の ゴム 痛い。 マスクで耳が痛い!痛みの原因とその対策方法

マスクをすると耳が痛くなるのを解消する方法はクリップ1つでできる

マスク の ゴム 痛い

こんにちは、ヨムーノライターの西野りこです。 先日、やっと手に入ったマスクが初めて使うタイプで、耳が痛くなってしまいました……。 メガネでも一日中していると耳が痛くなってしまう私。 マスクのゴム紐でも耳が痛くて痛くてしょうがないです。 ただでさえ不安なニュースばかりで気が滅入っているところ、さらに痛みまで感じてしまい、ストレスを通り越してなんだか悲しくなってきました。 SNSを見ると同じように悩んでいる方が多く、対処法もいろいろ紹介されていたので、ここでも紹介したいと思います。 またお医者さんに対処法もお聞きしました。 耳にかける部分が太くて短いので1日つけていると、耳の上がヒリヒリしてきます。 そのため、Twitterで見つけた方法を試してみました。 が!!!この方法、私には合いませんでした。 正直言うと、おすすめできる方が限定される方法です。 用意するもの• ピタっとくっつく伸縮包帯 ピタっとくっつく伸縮包帯は、ダイソーなど100円ショップで手に入ります。 またドラッグストアにもあります。 作り方• マスクのゴム紐にピタっとくっつく包帯をつけるだけ 作り方は、マスクのゴム紐にピタっとくっつく包帯をつけるだけ。 包帯同士がくっつくので、指でぎゅっと押さえるだけで出来上がりです。 出来上がったら、耳の下や後頭部にまわすようにつけると耳が痛くなりません。 普通の伸縮包帯でも可能ですが、くっつけるのが面倒かも……。 使ってみた感想 私に合わなかった理由はロングヘアが原因かもしれません。 作るまではとっても簡単ですが、いざ顔にセットしようとすると髪の毛が絡まって上手くできませんでした。 ショートヘアの方なら簡単にセットすることができるかも。 また、私のようにわざわざ買いに行かなくても家にあるという方は試してみてもいいかもしれませんね。 私には合わなかったので、どうしたものかと途方にくれていましたが、インスタグラムでもっと簡単におしゃれに「マスクで耳が痛い問題」を解消できる方法を見つけたので紹介させてください。 ハンドメイド作家がつくる本格派マスクホルダーヘアバンド - 2020年 4月月9日午後2時04分PDT お子さんのために手軽にできる対策をと考えたのは@fujinao08140814さん。 とっても簡単な方法を5つも紹介しています。 そのうちのひとつが、ヘアゴムをマスクのゴム紐に取り付ける方法です。 マスクのゴム紐にヘアゴムを取り付けて、耳の上や下で留めるだけの簡単な方法。 忙しい朝でも時間をかけずにできそうですよね。 ヘアバンド+ボタン• 帽子クリップ• ネームタグ• ストラップ を使ったアイデアを紹介しています。 すべてキャンドゥで購入した100円商品なのだとか。 ぜひ、参考にしてみてください。 友人の「マスクで耳が痛い」の声がきっかけだったそう。 ボタンホールゴムとは等間隔のボタン穴がついたゴムです。 小さなお子さんがいる方はご存じかもしれませんね。 すぐにサイズアウトしてしまう子ども服の調節に便利なアイテムです。 適当な長さにカットできるので、大人用にも子ども用にも使用可能で便利。 @inari. かわいいボタンを選んでアクセントにするも良し、ボタンを見せたくない場合は、反対に曲げて留めると完全にボタンが見えなくなるのだとか。 耳の上あたりで止まるので、マスクで耳が痛くなる問題も同時に解消できるのだとか。 使用したのはダイソーのワンタッチホックと幅広ゴム。 材料費わずか220円で4個作れるそうですよ。 ぜひ、参考にしてみてくださいね。 「Nスタ」で紹介された【くびにかけるくん】 最後に紹介するのは、2020年4月3日にTBSテレビ「Nスタ」で紹介された【くびにかけるくん】累計10万個売れているマスクで耳が痛い問題を解消してくれるアイテムです。 スポンジ素材のくびにかけるくんに、マスクのゴム紐を通して使用します。 自作するのは面倒。 手っ取り早く欲しい!という方は、購入を検討してもいいかもしれませんね。 首の大きさによって調節できるので男性でも女性でも使用可能です。 カラーは、ホワイト、ブラック、パープル、ブルー、ライトブルー、グリーン、イエロー、レッドと8色のなかからお好きな色をチョイスできます。 お医者さんに「マスクで耳が痛い」対処法を聞いてみました 今回お話を伺った先生 【いなばキッズクリニック 院長】稲葉八興先生 1989年日本医科大学卒業・日本小児科学会認定専門医・医学博士 編集部:マスクで耳が痛い場合、どのように対処したらいいでしょうか? 稲葉先生:耳が痛い場合、まず自分にとってマスクが小さすぎるかどうか確認すると良いと思います。 ただ、昨今のマスク不足だと、選択の余地もないですよね。 ここで紹介されているやり方を試してみて、ズレやすくなったり、顔との隙間ができてしまったりでは、飛沫を防ぐという本来の目的が達成できないので、NGです。 耳が痛い場合「ハイドロコロイド製剤」を活用してみては? 稲葉先生:今、いろいろなメーカーから、キズ治療用に「ハイドロコロイド製剤」を売り出しています。 一般的な薬局で取り扱いがあることが多いと思います。 マスクによる耳痛を、靴によるかかと痛と同じように考えて、 耳の後ろに、「ハイドロコロイド製剤」を適当な大きさに切って貼り付け、その上からマスクの紐をかければ、サイズが多少合わなくても痛みにくいのではと考えます。 普段、子どものケガなどで診療上よく使うのがズイコウ「ハイドロコロイド包帯」です。 ネットでも購入できます。 稲葉先生:切って貼るのが面倒という人がいたら、リーダー「ハイドロ救急バン」という、普通の絆創膏の形で、ひとつひとつが個包装になっているものもあります。 こちらもAmazonなどで購入できます。 編集部:「ハイドロコロイド製剤」を使用する際に注意することはありますか? 稲葉先生:1日1回は交換します。 お風呂の時、シャワーを浴びながら、ゆっくり剥がせばいいでしょう。 万が一、自分の肌に合わない、長期間使って痒みを感じるようなことがあれば、使用を中止してください。 かぶれる可能性はゼロではありませんが、年齢問わずお使いいただけます。 もし、かぶれやすくて心配という方がいれば、切ったテープの接着面に、薄〜くワセリンを塗ってから貼れば、粘着力は弱まりますが、かぶれにくくもなります。 薄〜くなら、ワセリンを塗っても皮膚にはくっつきますから、耳痛防止には十分使えます。 編集部:貴重なアドバイス、ありがとうございました。 これで、私の悩みも解消できてとても嬉しいです。 同じ悩みを持っている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。 事前に各店舗・施設の公式情報をご確認ください。 また販売終了の可能性、及び在庫には限りがありますのでご了承ください。

次の

マスクで耳が痛い|簡単!痛くない対処方法を教えます【まとめ】

マスク の ゴム 痛い

1 マスクで耳が痛くなってしまう原因 マスクをつけているとなぜ耳が痛くなってしまうのか。 原因はいくかあるようです。 1-1 マスクのサイズが小さい マスクのサイズが小さいと、耳かけのヒモの長さも短くなり耳に食い込みやすくなります。 つけているマスクが自分に合ったサイズかまずは確かめてみましょう。 親指から人差し指の長さがマスクを選ぶ目安となります。 親指から人差し指の長さ 10. 5~12. 5cm 小さめサイズ 12~14. 5cm 普通サイズ 14cm以上 大きめサイズ 1-2 マスクの耳かけのヒモがゴムで細い マスクの耳かけのヒモの形や太さは製品によって異なります。 ゴムはもともと伸縮性があるので耳に食い込みやすいです。 そして細いゴムだとさらに食い込みやすいため、耳が痛くなりやすいのです。 1-3 頻繁にマスクをずらしている 息苦しくなったり、会話をするときにマスクをアゴにかけることがあります。 そのとき、耳かけのゴムがずれるので、肌とゴムに摩擦が起きたり食い込みが起きてしまう可能性があります。 1-4 メガネがマスクの耳かけを押し付けてしまっている 普段メガネやサングラスをかけている方がマスクをすると、つるの部分が耳かけを圧迫してゴムを余計に食い込ませてしまう場合があります。 1-5 耳裏の肌が荒れてしまっている 耳の裏にケガをしていたり、マスクの食い込みにより肌荒れを起こしてしまっている状態でマスクをつけると、余計に痛みを感じてしまいます。 まれに耳かけのゴムが肌に合わなくて荒れてしまう方もいるので、耳の裏の肌の状態を確かめてみるといいでしょう。 2 マスクで耳の痛みをあまり感じないようにするための方法 では、マスクで耳の痛みをあまり感じないようにするにはどうすれば良いのでしょうか。 対策法をみていきましょう。 2-1 自分に合うサイズのマスクをつける マスクが小さくて耳が痛い場合は、先ほどご紹介したマスクサイズの目安をもとに自分に合うサイズのマスクを選んでみましょう。 ただ、耳が楽になりそうと自分に合わない大きなマスクをつけるのは避けてください。 サイズが合わない大きいマスクは、隙間ができやすく、花粉などが入り込みやすくなってしまいます。 自分に適切なサイズのマスクを使うようにしましょう。 2-2 耳かけが太く食い込みにくいマスクを選ぶ 耳かけのゴムが太いと力が一点に集中しないので、耳が痛くなりにくいです。 あるいは、伸縮性のない不織布の耳かけが採用されたマスクを選ぶのも良いでしょう。 マスクの中には頬にテープで固定する耳かけのないタイプもあるので、お好みで選んでください。 べたつかず頬にしっかり密着します。 また貼り直しができるのも嬉しいポイントです。 2-3 クッションを使う 耳かけにを巻いたり、耳裏に絆創膏を貼るなどクッションを使って耳が痛くなるのを防ぐ方法です。 応急処置のような対策ですが、マスクやメガネに取り付けて、耳が痛くなるのを防いでくれる専用のアイテムもあるので活用すると良いでしょう。 肌と同じ柔らかさのクリスタルゲルを使用しており、耳の痛みを軽減できます。 C字の特殊断面で簡単につけることができ、繰り返し洗って使えるので衛生的です。 2-4 耳かけのゴムを伸ばす マスクの耳かけのゴムを少し伸ばして、食い込みにくくさせる方法です。 ただ、ゴムが伸びすぎてしまうと、肌とマスクの間に隙間ができてしまうかもしれません。 一気に力をかけずに、少しずつ伸ばしていきましょう。 3 顔とマスクに隙間を作らない適切なマスクのつけ方 マスクは自分に合うサイズを適切につけることで最大限ウイルスや花粉をブロックしてくれます。 耳が痛いときは、マスクの耳かけが動いて肌に食い込みが起きないように、適切にマスクをつけて、あまり触らないようにするのが良いでしょう。 顔とマスクに隙間を作らない適切なマスクのつけ方を紹介します。 なお、マスクに手についているウイルスや花粉が移らないよう、手洗いやアルコール除菌をしてからマスクに触るようにしてくださいね。 ノーズフィッターを鼻の形に合わせて肌との隙間をなくし、両耳にひもをかけます。 鼻や頬、下アゴに隙間がないか確認して、隙間がなければ完了です。 マスクは常に端の部分を触るようにし、プリーツ部分は触らないよう気をつけましょう。 4 まとめ マスクをするとなぜ耳が痛くなってしまうのか、その原因と対策法、そして適切なマスクのつけ方を見てきましたが、いかがでしたか? 耳が痛いと仕事の効率も落ちやすいですし、ぜひ今回ご紹介した対策法を試してみてください。 マスクのサイズや種類を変えたり便利アイテムを使って、快適なマスクライフを過ごしてくださいね!.

次の

マスク耳痛くならない方法はコレ!輪ゴム・クリップ・グッズ

マスク の ゴム 痛い

ご自分に合ったサイズを選ぶために、マスクサイズの測り方をマスターしましょう。 まず、親指と人差し指でL字を作ります。 そして親指の先端を耳の付け根の一番高いところに、人差し指の先端を鼻の付け根から1㎝下に当てます。 次に、親指から人差し指までの長さを測ってください。 親指から人差し指までの長さが9~11㎝なら「こどもサイズ」、10. 5~12. 5㎝なら「小さめサイズ」、12~14. 5㎝なら「ふつうサイズ」、14㎝以上なら「大きめサイズ」のマスクがおすすめです。 サイズの目安がわかったら、実際にマスクをつけてみて、隙間なく顔にフィットするかどうか確認しましょう。 鼻やあごが出ていると、十分にマスクの役割が果たされません。 プリーツを広げた時に、鼻からあごまでをしっかりと覆うようにつけましょう。 鼻や口を圧迫せず、呼吸がしやすいかどうかもしっかりチェックを。 耳かけゴムがゆるく、顔とマスクの間に隙間があいてしまう場合は、ゴムを結んでつけるなど、耳に負担がかからないよう、適度に顔にフィットさせるよう工夫しましょう。 耳かけゴム部分は、ポリエステルとポリウレタンの耳にやさしい幅広ふわふわゴムを使用。 長時間つけていても耳が痛くなりにくく、快適にお使いいただけます。 口元部分にはシルクのような肌触りの不織布を使用し、つけ心地のよさを追求しています。 耳ゴムふわりは、ゴムを伸ばしても現状の幅(6㎜)をキープするため耳にかけたときにかかる負荷が増えずに痛くなりにくい特長があります。 さらに、48本の細い特殊糸を織り合わせることによって作られた密度の高いふわふわの耳ゴムは肌触りがよく、痛みやスレの軽減にもつながります。 大きさは、「やや大きめ」「ふつう」「やや小さめ」の3サイズから、ぴったりのサイズをお選びいただけます。 耳が痛くなりにくいピッタリサイズのマスクを見つけることが悩みの解決に繋がりますが、災害時のお役立ち情報を発信しているSNSにて、下記のような方法が紹介されました。 マスクの耳かけゴムをつなげ、耳にかけず「後頭部」にかけることで痛みを避ける方法もあります。 用意するものは、クリップまたは輪ゴム。 クリップの場合は、左右の耳かけゴムをそれぞれクリップに通してつなげます。 輪ゴムの場合は、耳かけゴムの片方に輪ゴムを通し、もう片方に輪ゴムを固結びします。 1本では長さが足りないときは、輪ゴムを2本に増やしてみてください。 左右の耳かけゴムをつなげたら、上からかぶるようにしてマスクを着用します。 耳かけゴムを耳ではなく後頭部にかけることで、耳への食い込みと痛みがなくなるというわけです。 この方法なら、耳の痛みを気にせずにマスクを長時間着用することができます。 ただし、この方法を試す場合には、顔とマスクの間に隙間ができないよう注意が必要です。 顔とマスクの間に隙間があると、そこから細菌やウイルス飛沫が侵入してしまいます。 マスクはしっかりと顔にフィットするようにつけましょう。 耳かけゴム部分にグッズを使う方法もあります。 ティッシュペーパーなどを耳かけゴムに当てると、接触面積が広くなることで耳にかかる負担が分散し、耳への食い込みが軽減されます。 やり方は簡単。 使いやすいサイズに切ったティッシュペーパーを、耳かけゴムの耳に当たる部分に巻くだけです。 ティッシュペーパーのほか、コットンやガーゼなどで試してみてもいいですね。 髪の長い方なら、髪をおろすことでさり気なくカバーすることができ、見た目にも違和感のない方法です。 そのほかにも、マスク着用時の痛みを軽減するシリコン製の耳かけゴム用カバーなども販売されています。 さまざまなタイプの商品があるので、目的に合ったものを探してみてはいかがでしょうか。

次の