アジ 料理 簡単。 【簡単料理】釣れたアジのバター醤油焼きレシピ

簡単な豆アジ(小アジ)のさばき方:白ごはん.com

アジ 料理 簡単

はじめにゼイゴ以外のところにウロコがついていないか、包丁の先を尾から頭に向かって動かして、ウロコが残っていれば取り除きます。 そして尾のつけ根から包丁を入れ、ゼイゴをすき取るように、 包丁を上下に動かしながらゼイゴを取ります。 身の中央あたりで大きなゼイゴはなくなりますが、そのままアジの身に軽く包丁を押しつけるように包丁を動かし続けると 頭の方まで続くゼイゴを取ることができます(このページの一番上の大きな写真がまさにその時の写真です!)。 片方のゼイゴを取り除いたら、アジを裏返し、反対側も同じようにゼイゴをすき取ります。 胸びれが切るときに邪魔になるので、 胸びれを立ててできるだけ身を多く残すように包丁を入れます。 斜めに包丁を入れて中骨まで到達したら、ぐっと力を入れて中骨に包丁を入れます。 続けて身を裏返して同じように包丁を入れ、完全に頭を落とします。 続けて、頭を右・腹を下にして、腹に包丁を入れ、包丁の刃先で内臓を手前側にかき出します。 内臓を出したら、 中骨の根元にたまっている血合いをあとで洗い流しやすように切り込みだけ入れておきます。 ボウルの中に水をため、アジの腹の中の血合いや汚れを中心に、表面のウロコなどもさっと洗い流します。 特に中骨の根元に血合いが残りやすいので、しっかりと洗い落とし、キッチンペーパーなどで全体の水気をしっかりとふき取ります。 頭右の状態から、手前の腹側に包丁を入れ、上下を返して背側から身を切り離します。 左手の親指で腹を少しだけ開いて包丁を入れやすくして、腹側から中央にある太い中骨あたりまで包丁を入れます。 次に上下を返して、背側から包丁を入れます。 この時も同じように、中央にある太い中骨あたりまで包丁を入れ、できればカリカリと切先を中骨に当てながらおろします。 次に包丁を一度抜き取って、刃先を頭に向けて同じところに包丁を刺しこみます。 左手で尾っぽをおさえながら、包丁を頭に向けた状態で、少しだけ勢いづけて2〜3回に分けて動かし、中骨から身をはがします。 最後につながっていた尾っぽのつけ根を包丁で切り離して、3枚おろしの片面が完成です。 おろし方は前半と全く同じです。 残りの片面は、背を手前にアジを置き、背側からおろしたのち、上下を返して腹側をおろします。 前半と同じように、中央にある太い中骨あたりまで包丁を入れ、できればカリカリと切先を中骨に当てながらおろすとよいです。 刃先を一度貫通させてから、左手で尾っぽをおさえながら、包丁を頭に向けた状態で、少しだけ勢いづけて2〜3回に分けて動かして身をはがします。 これでアジの3枚おろしの完成です!• 腹骨と血合い骨を取り除く 3枚におろしたアジを料理に使うには、多くの場合、腹骨と血合い骨を取り除く必要があります。 腹骨は3枚におろしたアジの身を縦に置き、腹骨をすくい取るように切り落とします。 頭側の方が骨が太く、尾っぽ側になればほとんどなくなるので、特に気を付けたいのは頭よりの半分側。 頭側から等間隔に連なる小骨を確認していき、取り除けるものを抜き取るとよいです。 すべての下処理がこれで完了です!• の2通りがあります。

次の

あじのレシピ・作り方【簡単人気ランキング】|楽天レシピ

アジ 料理 簡単

手でさばきやすいアジのサイズ スーパーでアジの小魚がまとめてパック売りされていることもありますし、人によっては手軽な釣り(サビキ釣り)などで堤防でたくさん釣ってくることもあると思います。 そんな小さいアジですが、 10〜12㎝程度以下のものなら、包丁も使わずに手だけでさばくことができます。 一般的にはより小さいアジのことを「豆アジ」と呼びますが、人によってサイズ感は若干違ってて、まちまちなところです。 アジの全長が7〜8㎝以下の特に小さなアジは「豆アジ」と呼ぶことがほとんどだと思いますが、そんな豆アジでも以下の工程で同じように手でさばくことができます。 豆アジ(小アジ)のさばき方と下処理 豆アジ(小アジ)のさばき方は、 エラ部分を指でつまんで、そのまま内臓(ワタ)も一緒に除くというやり方になります。 まずアジはさっと洗って水けをしっかり切っておきます。 はじめに、利き手の親指と人差し指を、アジのえらぶたの下にもぐり込ませ、エラをつまむように持ちます。 上の位置で指にぐっと力を入れて、まずはアジを横にしたとき真下の方向へ引きます。 動画も参考にしてみてください。 次は指でエラを持ったそのままの状態で尾っぽ側へ動かします。 そうするとワタが一緒につながって出てきてくれるので、きれいに除くことができます。 小さなアジはこのまま素揚げして南蛮漬けなどにすることが多いと思うのですが、私は この状態からアジの身を特に洗わずに素揚げしています。 ただ、内臓が残っていると油はねや揚げ油が汚れる原因にもなるため、 キッチンペーパーでアジの腹の中を1尾ずつふき取る下ごしらえだけは行うとよいと思います。

次の

あじの人気レシピ1位!子供向けおすすめ&簡単アレンジも!

アジ 料理 簡単

パン粉焼き 粉チーズが決め手!わが家のヘビロテメニュー 簡単パン粉焼きは夏の我が家のヘビロテメニュー。 塩を振ったアジを溶き卵にくぐらせ、粉チーズとパン粉を1:5の割合で混ぜたパン粉をまぶしてフライパンで揚げ焼きしただけです。 火の通りが早いので5分ほどで両面に焼き色がつき完成です。 ポイントは粉チーズとオリーブオイルをたっぷり使うこと。 我が家の娘はシンプルな味付けが好きなので塩と粉チーズとパン粉のみで仕上げています。 ハーブソルトやパセリもとても相性が良いです。 塩の代わりにハーブソルトを使い、オリーブオイルににんにくの薄切りを入れて香り付けすると一気に大人の味になります。 粉チーズに塩気が多く含まれているので、下味をつける際には塩を控えめに振り様子をみてください。 カレームニエル バターでソテーすればさっくり 塩を振ったアジに小麦粉と少量のカレー粉をまぶしてバターでソテーすれば簡単にカレームニエルが完成。 バターとカレーの香りによって魚の臭みが消えるので子どもにおすすめの味付けです。 子どもが食べやすい一口サイズに切ってから調理するとサクッとおいしい面積が増えるので食べがいいですよ。 こちらも有塩バターを使う場合は、下味の塩を控えめにして調整してください。 味噌のアジバーグ お刺身が余った時におすすめ 3枚におろした切り身のアジから皮を剥ぐ場合、皮部分に残った身をそいで集めてアジバーグを作ります。 また、アジのお刺身が余ったときにもおすすめのメニューです。 こちらは、アジを粗みじん切りにして味噌と和え、固めて焼いただけ。 大人には生姜の粗みじんを加えて青じそで巻くのがおすすめ。 なめろう風の味になりビールやお酒のあてにもぴったりです。 アジの下処理方法 紹介した3つのレシピに共通の下処理を紹介します。 とくに変わったことはしていませんが、三枚におろした後に骨を取り除き、塩を振ります。 ポイントは子どもが食べるので骨が少しも残らないように取り除くこと。 また、子どもが魚の皮を苦手に感じる場合は皮も取り除きます。 私はいつもスーパーですでに三枚におろされたアジを買ってきて、身の真ん中の血合いに沿って包丁を入れ、横半分に切っています。 処理されたアジに骨が残っているのはこの血合いの部分ですので、半分に切った後に1本ずつ取り除くと、取り残しが少ないです。 同時に皮も剥いでおきましょう。 皮に身が残った場合はそぎ落としておくと、アジバーグに使えます。 好き嫌いの多い娘が魚を食べたきっかけ3つ 我が家の3歳の娘は好き嫌いが多く、一度も箸をつけずに残すおかずも少なくありません。 そんな娘がアジのパン粉焼きはパクパク食べてくれます。 娘がアジを好きになったきっかけがいくつかあるので最後に紹介します。 1つめは、スーパーの魚売り場で並んでいたアジを「3枚におろしてください」と店員さんにお願いして購入した経験。 休みの日に一緒に魚売り場に行った際、店員さんにお願いをして処理をしてくれたのが楽しかったようで、「またお魚買いたい」と言うようになりました。 2つめは『からだにおいしい魚の便利帳』という大人向けの本を一緒に読んだこと。 高橋書店から出ている「便利帳シリーズ」は魚や野菜などの食べ方や旬、栄養価などが書かれている人気シリーズ。 大人向けですが、「アジの旬は夏だよ」「夏が終わったらどうするの」「秋になったらさんまをたべようね」と子どもが食べることに興味を持つのに役立っています。 3つめは味付けではなく食感に注目したこと。 娘は2歳のころから鯛が好きではなく、甘く炊いてもシンプルに塩焼きをしても食べてくれませんでした。 でも鯖は食べていました。 どうやら鯛の味ではなく食感が気に入らなかったようです。 それ以来、なるべくさっくりと噛み切りやすい食感に仕上がりやすい魚料理を心がけています。

次の