基礎 代謝 年齢。 基礎代謝の年齢の影響と季節変動

アラフォー必見!年齢別、基礎代謝を下げない方法!

基礎 代謝 年齢

何もせずにじっとしていても消費され、心臓が動いたり、呼吸をしたり、体温を一定に保ったりなど、体内で常に行なっわれている活動のこと。 基礎代謝で使うエネルギー量は基礎代謝量という。 つまり、毎日自動的にカロリーを消費してくれるから、ダイエット女子の大切な味方! 「基礎代謝」と「代謝」の違い そしてよく聞く「代謝を上げる」、「代謝が悪い」などの「代謝(たいしゃ)」とは、人間が生きていくために体の中で行なう化学反応全般のこと。 新陳代謝の略。 つまり基礎代謝は、人間の体の中の代謝の一部だけど、その内の60%ほどを占める(下のグラフの黄色い部分)。 ちなみに、夏より冬の方が代謝が高くなる。 外気温が低いから、体が体温を一定に保とうとエネルギー消費を多くすることがその理由。 太りやすい人は代謝が高い? 代謝には大きく2つの意味があって、シンプルに言ってしまえば「太ること」と「痩せること」の両方を指す。 だから「痩せるために代謝を上げる」とは言えても、「代謝が上がれば痩せる」という表現は厳密には間違った言い方。 9 730 3~5歳 16 840 16. 7 920 6~7歳 21. 6 910 23 1020 8~9歳 27. 2 1040 28 1140 10~11歳 35. 7 1240 35. 5 1330 12~14歳 45. 6 1350 50 1550 15~17歳 50 1270 58. 3 1570 18~29歳 50 1180 63. 5 1520 30~49歳 52. 7 1140 68 1520 50~69歳 53. 2 1100 64 1380 70歳以上 49. 7 1030 57. 2 1230 出典: 消費カロリー平均値一覧 男女別、年代別の一日の消費カロリー量平均を、運動量別に三段階で表にした平均値が下の通り。 せっかく筋トレや有酸素運動をしても、その後の栄養補給をしないことで脂肪とともに筋肉まで落としてしまい、一旦体重が減ったように見えても長期的には基礎代謝が低くい体質を作っている可能性があるから。 基礎代謝が低下すると何が問題? 毎日、何もしなくても消費してくれるカロリーの量が少なくなるのだから、簡単に言えば「痩せにくい体質」になっている、ということ。 少しでも痩せたいと思っているダイエット女子にとって、痩せにくい体質のまま毎日を過ごすなんてとっても効率が悪い。 だから、基礎代謝が高い体質になることがダイエットの近道!と言われるのはそういった理由。 基礎代謝量を上げる方法 Photo: weheartit 生活習慣の改善で上げる• 健康体を維持する• 睡眠不足を改善する 基礎代謝の内、大部分を占める内蔵のカロリー消費。 だから健康な体を維持することは、ダイエットの基本中の基本。 特に睡眠は美容と健康、ダイエットに代謝、とにかくあなたの全てに影響してくる大切な時間だから夜更かし習慣は改善したい。 運動で上げる• 筋肉量を増やす• 体を動かし心肺機能を向上させる 体の中のエネルギーを燃焼させ、新たに外部から取り入れる。 そういった循環があなたの体の代謝を高める助けになる。 食事の改善で上げる• 食事を抜かない• 栄養を取る ダイエットでの大きな勘違いが「食事を取らなければ痩せる」というもの。 確かに短期的には体重が落ちるかもしれないけど、そんな不健康なダイエットは長続きしない。 だから、基礎代謝を高めるという意味で体がしっかりと働くためには、不規則な食生活を改めて、バランスの良い食事が大切。 基礎代謝を上げる食べ物・飲み物 栄養素 Photo:weheartit. com この章は読み飛ばして大丈夫だけど、念のために計算式の詳細はこうなってる。 このページの冒頭で紹介しているツールの計算式はこちら。 0234x身長-0. 0138x年齢-0. 2 or 1. 375 or 1. 55 or 1. 人種や性別、職業や身長、体重、年齢、ストレスの大小、筋肉、脂肪、運動量、室温などなど、様々な要因で変わり、一人ひとり、全く違うもの。 こちらで紹介しているものも含めて、世の中の計算式はあくまで目安として覚えておいて欲しい。 体重計・体組成計 より正確には専門の機関による呼吸を測定する方法があるけど、他の手軽な手段としては基礎代謝測定機能付きの体重計がある。 ただ、市販の体組成計は特別な計測を行なっているわけではなく、入力した年齢や性別、身長の情報を元に、実測した体重と組み合わせて前述の計算を行なっているに過ぎない。 それでも、体重計に乗るだけで代謝量を手軽に測定しくれるため、1日の消費カロリーの目安を把握するには悪くない。 食事をした後体が温かくなるのはこれが理由。 基礎代謝の約1. 2倍と言われている。 まとめ 代謝によるエネルギー消費の割合 この記事では基礎代謝と1日の消費カロリーについて解説した。 年齢や身長体重によって基礎代謝は、ほぼ一定の範囲内であるけれど、運動習慣などによってプラスして消費カロリーは変わってくる。 代謝を高く保つには規則正しい生活習慣や食事も大切。 ダイエットのために食事を抜くと、長期的にはカロリー消費が少なくなって太りやすい体質を作る原因にもなる。 だからダイエットの基本は、結局は以下の3つ!• よく運動して• よく食べて• よく寝る あまりに当たり前すぎて、ダイエットの近道を探していた人には残念に思うかもしれないけど、うまくいってない人ほど意外とその当たり前ができていないことが多い場合もある。 もう一度、基本から見直して、しっかり燃焼する代謝の良い体作りを目指そう!.

次の

基礎代謝量の計算方法&日本人の平均基礎代謝【年齢・男女別】

基礎 代謝 年齢

体脂肪率 体重のうち、「体脂肪の重さ」が占める割合のこと。 体脂肪は、体のどこについているかによって、「皮下脂肪」と「内臓脂肪」などに分けられます。 体脂肪というと、何となく悪者のイメージがありますが、エネルギーを貯蔵したり、内臓を保護したりと、さまざまな役目を果たしているので、多すぎるのはもちろんですが、少なすぎるのもよくありません。 男性と女性では体脂肪のつき方が違うため、判定基準も異なります。 体脂肪率判定の目安 判定 男性 女性 低い 5. 0%~9. 9% 5. 0%~19. 9% 標準 10. 0%~19. 9% 20. 0%~29. 9% やや高い 20. 0%~24. 9% 30. 0%~34. 9% 高い 25. 0%~ 35. 内臓脂肪レベル 体脂肪のうち、内臓のまわりについている脂肪が「内臓脂肪」です。 内臓脂肪は、血中に脂肪を増やして脂質異常症を生じさせたり、インスリンの働きを邪魔して糖尿病の原因になるなど、生活習慣病と関係が深いことがわかっています。 「内臓脂肪レベル」は、その 内臓脂肪の面積の大小を、自社データに基づいてレベル化したもので、当社独自の推定式により算出しています。 5~9. 5) やや高い 10~14(10. 0~14. 5) 高い 15~30(15. 0~30. 括弧内は、0. 5レベル単位での表示の場合(表示単位は製品によって異なります)。 医学的診断については、医師にご相談ください。 基礎代謝 体温維持や呼吸など、 生命維持に必要なエネルギー消費のこと。 つまり、24時間じっとしていても、この基礎代謝に相当するエネルギーを消費します。 1日の総エネルギー消費のうち6~7割を占めるのが基礎代謝であるため、基礎代謝が増えると太りにくい体になります。 基礎代謝は、10代後半をピークに年々減っていきます。 年をとるとともに体の機能が低下していくためと考えられていますが、なかでも筋肉(骨格筋)の減少は大きな原因のひとつです。 筋肉は、体を動かしていないときも、1日中エネルギーを消費して熱を作り出しています。 つまり、筋肉量が減れば1日のエネルギー消費量も少なくなるのです。 基礎代謝が低下してからも、若いときと同様の食生活を続けていると、いわゆる中年太りになってしまいます。 骨格筋率 体重のうち「骨格筋の重さ」が占める割合のこと。 筋肉には、体を動かすための「骨格筋」、内臓を作っている「平滑筋」、心臓を作っている「心筋」があります。 このうち、運動などによって増やすことができるのは「骨格筋」だけ。 つまり、骨格筋は運動やダイエットの成果が出ているかどうかを判断する指標になります。 骨格筋を増やして基礎代謝がアップすれば、エネルギーを消費しやすい体質、つまり太りにくい体質になり、筋力も高まって活動的な生活を送ることができます。 骨格筋率判定の目安 判定 男性 女性 低い 5. 0%~32. 8% 5. 0%~25. 8% 標準 32. 9%~35. 7% 25. 9%~27. 9% やや高い 35. 8%~37. 3% 28. 0%~29. 0% 高い 37. 4%~60. 0% 29. 1%~60. BMI 「Body Mass Index(=体格指数)」の頭文字「B・M・I」をとったもので、体重と身長のバランスをチェックして肥満度を判定する国際的な基準です。 以下の計算式から求められます。 5未満 普通 18. もっとも理想的なBMIは「22」とされています。 つまり、BMIが「22」のときの体重が、肥満・やせを原因とする病気にかかりにくい理想体重というわけです。 BMIチェックはこちら.

次の

アラフォー必見!年齢別、基礎代謝を下げない方法!

基礎 代謝 年齢

年齢だけじゃない? 基礎代謝が落ちてくる原因とは? 基礎代謝とは特に意識して体を動かしていなくても、内臓を動かしたり、体温を維持するために必要とされる最低限のエネルギーのことを言います。 一 日に私たちが消費するエネルギーの7割が基礎代謝なのです。 つまり基礎代謝量が多い人ほど1日あたりのエネルギー消費量が高いということになります。 基礎代謝が下がってしまう原因について知りましょう。 年齢には勝てない?年齢とともに低下する基礎代謝量 残念ながら基礎代謝量は年齢とともに低下していきます。 ピークは10代前半であり、成長期まっただ中である小学校高学年くらいが最も基礎代謝量が高いのです。 また年齢だけでなく性別によっても基礎代謝量は変わってきます。 男性と比べて筋肉量が少ない女性は、男性よりも基礎代謝量が低いのです。 無理なダイエットで代謝が大幅低下する! 若い女性ほど自分の体型を気にします。 てっとり早く短期間で結果を出すために、厳しい食事制限をするダイエットをしたことがある方、多いのではないでしょうか。 実はこれが基礎代謝を下げている原因になります。 食べないダイエットをすると体が飢餓状態に陥るため、体に栄養をためこもうと働いてしまいます。 その結果栄養や脂肪を体に蓄えてしまうため代謝が鈍って脂肪がつきやすくなるのです。 頑固な便秘に要注意!便秘も代謝を下げる要因! 便秘で悩んでいる女性も多いですよね。 この 便秘もまた代謝を下げてしまう要因になっています。 便通が毎日ない、あってもうさぎのようなコロコロうんちしか出ない方は便秘だと思われます。 本来便は体の老廃物です。 それが腸内に長くとどまっていると発酵して有毒ガスを発生させるようになるのです。 それが腸から体に吸収されてしまうと大変です。 内臓が有毒ガスを吸収してしまうと、その働きを鈍らせてしまうのです。 内臓が適切に働くことで代謝機能が活性化しますが、その働きが鈍ると代謝機能も落ちてしまいます。 冷え性?運動不足?汗をかく回数が少ない 真夏は気温が高いのでじっとしていても汗をかきますが、それ以外の季節は汗をかいていますか?汗は体から出てくる老廃物です。 あまり汗をかかない方は、• 老廃物• 余分な水分 が体にたまっていると考えられます。 老廃物が適切に排泄されないと、内臓機能が低下してしまって代謝が鈍ってしまうのです。 女性に多い冷え性、生理不順 冷えで悩む女性は多いですよね。 そして冷えで悩んでいる女性は生理不順である確率が高いのです。 冷え性によって血液の巡りが悪くなってしまいます。 血の巡りが悪くなると内臓に十分な酸素、栄養素が届きづらくなってしまいます。 それが基礎代謝を低下させてしまうのです。 栄養不足で内臓機能が低下している! 自分の食べている食事内容をチェックしたことがあるでしょうか?調べてみると思っていた以上に栄養バランスが偏っているケースが少なくありません。 コンビニ弁当をよく食べる• インスタント食品が好き• 麺類をよく食べる• 野菜や果物をあまり食べない• 甘い物、油っぽいものが好き こういった食事をとっていると栄養が偏っていると考えられます。 そうすると内臓に十分な栄養が届かず機能が低下してしまって、基礎代謝が落ちるのです。 運動不足で筋力低下、代謝も下がる 脂肪を燃やしてくれるのが筋肉です。 つまり筋肉量が多い人ほど、カロリー消費量が高く基礎代謝量が多いということになります。 ところが現代は暮らしが便利になったために、 意識して体を動かさないとあっという間に筋力が低下してしまいます。 鉄分が不足してしまうと十分な栄養と酸素が体に回らなくなってしまって、貧血症状を起こしやすくなるだけでなく内臓機能の低下も招いてしまうのです。 基礎代謝が落ちてきたと感じたら、基礎代謝を上げる生活習慣を心がけよう 基礎代謝は落ちてしまっても努力次第で上げることが可能ですよ。 さまざまな方法がありますが、生活習慣を見直して基礎代謝を上げる努力をしてみましょう。 基礎代謝が上がれば健康や美容、ダイエット効果も期待できます。 体を温めて冷え性を改善!血の巡りを良くする 冷え性は基礎代謝を下げる原因になりますので、冷えを改善すれば代謝アップが期待できますよ。 シャワーではなく湯船につかる• 冷房対策• 真夏でも素足、生足にならない• 体を温める食材を食べる• 適度の体を動かす 冷えは美容と健康の敵です。 冷えを改善するだけで代謝アップも期待できますし、美肌や体調不良改善にも効果的ですよ。 猫背に注意!姿勢を良くするだけで代謝アップ 長時間のデスクワーク、スマホ、パソコンの使用で猫背になる人が急増しています。 猫背になると背筋や腹筋が衰えてきてしまうため、代謝も鈍くなってしまうのです。 姿勢を正すだけで腹筋、背筋を鍛えることにつながりますし、肺活量も増えますので代謝アップに効果的なのです。 正しい姿勢を作るのは最初のうちは大変かもしれません。 しかし慣れてくると筋肉も鍛えられてきますので正しい姿勢をとることが苦にならなくなってきます。 一口あたり30回が理想、よく噛んで食べよう! よく噛んで食べることも代謝アップにつながるんですよ。 私たちが食べ物を食べるとそれが胃腸などの臓器によって消化されるのですが、よく噛まないで食べると消化の負担が大きくなってしまうのです。 体を休めないと内臓も休息できません。 それが内蔵の機能低下、代謝が落ちる原因を作るのです。 成長ホルモンの分泌を促すためにも遅くても日付が変わる前に眠りにつくのが理想ですね。 食生活を見直そう!食べ物で基礎代謝をアップする 栄養が不足していると、内臓は十分な栄養を摂取できず代謝が鈍りやすくなります。 そこで食生活を改善して代謝をアップさせてくれるような食べ物を意識して食べるようにします。 体を内側から温める! 冷え改善にも効果的な食べ物 体が冷えると内臓の働きも鈍くなって代謝が落ちてしまいます。 体を温める食材を選んで食べることによって、基礎代謝をアップさせましょう。 唐辛子(カプサイシン)• 生姜(生姜オール)• ネギ(アリシン)• 玉ねぎ(アリシン)• にんにく(スコルジニン)• にら(アリシン)• らっきょう(アリシン)• かぼちゃやさつまいも(根菜類は体を温める特性がある)• ゴマ(ビタミンE)• アーモンド(ビタミンE) これらには体を温めてくれる成分が含まれていますので、積極的に食べるようにしてくださいね。 脂肪を燃やす筋肉を作る元、たんぱく質を食べよう 私たちの体はたんぱく質で作られています。 そして脂肪を燃やしてくれる筋肉もまたたんぱく質によって作られています。 たんぱく質を食べることで筋肉量をアップさせて、代謝アップを助けてくれますよ。 魚介類• 大豆製品• 乳製品 特定のたんぱく源に偏るのではなく、いろいろなたんぱく源からたんぱく質を摂取するのが理想的です。 代謝を促進してくれるビタミンB群で代謝アップ 糖質の代謝を助けてくれる栄養素がビタミンB群です。 ビタミンB群は肌のターンオーバーでも欠かせない成分ですから、積極的に摂りたいですね。 レバー• ウナギ• 納豆 などにビタミンB群は多く含まれています。 サプリメントで基礎代謝をアップをサポートする! 食べ物で基礎代謝をあげることはできるのですが、毎食バランスの良い食事をとるのは大変です。 そんな時はサプリメントの力を借りてみましょう。 以下の成分が配合されているサプリメントは、代謝アップをサポートしてくれますよ。 体内に入ってきた糖質をエネルギーに変えてくれる働きがあります。 酵素 食べ物を消化して代謝を助けてくれる酵素ですが、現代人は消化に酵素が主に使われるため酵素の量が不足していると言われています。 酵素を補うことで代謝を活性化することができます。 生姜やカプサイシン 体を温める効果に優れている成分です。 体を内側から温めることによって、代謝機能が高められます。 筋肉を付けて代謝をアップする!代謝アップに効果的な運動 代謝は年齢とともに低下していきますが、一定量の筋肉を維持することで代謝の低下を防げます。 筋力をつけるのにおすすめの運動を紹介していきます。 脂肪燃焼効果の高い有酸素運動で代謝アップ! 有酸素運動とは酸素を体に多く取り入れながら行う運動のことです。 運動を始めてからは血中の糖質をエネルギーとして使用し、不足すると肝臓や筋肉に蓄えられている糖質、そしてその後脂肪をエネルギー源として使用します。 そのため脂肪燃焼を期待するのなら、有酸素運動を最低でも15分以上続ける必要があるのです。 ジョギング• ウォーキング• ヨガ などは有酸素運動として有名ですね。 有酸素運動を行うときは心拍数を上げ過ぎると逆効果です。 少し汗ばむ程度、軽くおしゃべりできる程度で運動を継続して行うと、代謝アップに効果的ですよ。 脂肪を燃やすための筋肉を鍛える筋トレ! 筋肉量が多いと脂肪が燃焼しやすい、つまり基礎代謝のアップが期待できます。 基礎代謝をあげるためには筋力をつけるのが効果的ですが、 体の中でも面積の大きな筋肉を鍛えるのがより効果的です。 大腿筋 これを鍛えるエクササイズを取り入れることで、筋力を大幅アップさせることができます。 ちなみに大腿筋とは太ももの筋肉のことを指します。 腹筋の鍛え方 仰向けに寝て膝を折り曲げます。 そのままの状態で上半身だけを持ち上げます。 最初はツラいかもしれませんので、10回を目安に、慣れてきたら数を増やしていきましょう。 背筋の鍛え方 背筋の鍛え方もいろいろありますが、最も簡単な方法を紹介します。 うつ伏せに寝ます。 そのままの状態で上半身を引き上げられるところまで引き上げます。 これを10回ほど繰り返します。 大腿筋の鍛え方 スクワット、エアロバイク、自転車で大腿筋が鍛えられます。 褐色脂肪細胞を活性化させて代謝をアップ! 褐色脂肪細胞とは体の中でエネルギーを消費して体温を上げる役割を果たしている細胞のことです。 この細胞の働きを活性化させることで代謝を高めることが可能になります。 褐色脂肪細胞は、• 肩甲骨の周り• 肩付近 に集中していますので肩甲骨まわりのような肩甲骨を動かすエクササイズや、その部分を直接冷やすなどして活性化できます。 代謝が落ちてきたら上げればいい!代謝アップで太りにくい体をキープする 代謝が鈍ってきたなと感じたら、年齢のせいにしてはいけません。 食事、運動、日常生活に気を付ければ代謝アップはいくつになっても可能なのです。 代謝がアップすれば太りにくくなるだけではありません。 肌の調子もよくなりますし、疲れにくくなったりと嬉しい効果をたくさんもたらしてくれますよ。

次の