近く の マック カフェ。 神戸のマックカフェ三宮センター街店に行ってきました

広島にもある【マックカフェ】はスイーツが充実で毎日通いたくなります。

近く の マック カフェ

2007年08月31日 19時58分 神戸のマックカフェ三宮センター街店に行ってきました - コールド編 8月29日にオープンしたマクドナルドのカフェ「McCafe(マックカフェ)」に行って、できるだけ多くのメニューを味わってみました。 まずはアイスドリンクやアイスクリーム・かき氷などのコールドメニューから紹介していきます。 詳細は以下から。 近くのマクドナルド三宮センター街店の前では、マックカフェの独自メニュー「シャキ氷」を出張販売していました。 マックカフェの店舗は別のところにあります。 アーケードには大きく広告が。 店の壁に張り付いてあるメニュー。 マックカフェの看板。 パン屋さんみたいに陳列されています。 マックカフェのコールドメニューたち。 左下が「アイスキャラメルマキアート」で右下が「アイスカフェラテ」、上のが「アイスカフェモカ」。 「アイスカフェラテ」はミルクの味を強く感じ、コーヒーの苦みはありません。 かといって甘ったるいわけでもなく、後味はすっきり。 家でアイスコーヒーと牛乳を混ぜて作ったような味わいです。 「アイスキャラメルマキアート」は、飲む前に濃厚な甘さのキャラメルソース味を想像していましたが、それほどではありませんでした。 ホイップクリームが溶けてくると、かなりまろやかな味になります。 でも甘くはならない。 キャラメルソースが沈んでいるので、飲む前にはしっかり混ぜてください。 「アイスカフェモカ」は三種の中では一番おいしく感じました。 チョコレートシロップの甘さとコーヒーの苦みがほどよく合わさっています。 これもチョコレートシロップが沈んでいるので、よく混ぜないといけません。 フレーバーショットというソフトドリンクに味を加えるメニュー。 今回はコカ・コーラに青りんごのフレーバーをつけたものを頼みました。 見た目は変わりませんが、味のほうはコーラの味がさっぱり分からなくなって、ただの青りんごジュースみたいになります。 それもチューブに入った駄菓子の青りんご味。 好きな人はハマリそうです。 冷たいデザートたち。 左上が「シャキ氷 イチゴ」で右上は「シャキ氷 抹茶あずき」、左下が「余市の黒ぶどうアイス」で右下が「南国マンゴーのジェラート」。 シャキ氷は一気に食べても頭が痛くならない工夫がしてあるそうです。 半信半疑で口にかきこんでみたのですが、頭が痛くなりそうでならない奇妙な感覚が味わえました。 「シャキ氷 イチゴ」はシロップのかかった氷の上にイチゴジャムが、「シャキ氷 抹茶あずき」はあずきがかけられていて、どちらも底には練乳が入っています。 氷はかためなのですが、口に入れるとすぐ溶けていき、口に清涼感が広がるようになっています。 「南国マンゴーのジェラート」は甘みもしっかりしていて、本当にマンゴーを口に入れているかのようなウマさ。 少し溶けてくるとモチモチした感じになってさらにおいしくなります。 「余市の黒ぶどうアイス」は、ひとくち目に「アルコールが入っているのか」と思うほどの濃厚なぶどう味。 しかし後味が何故か香ばしく、ぶどうパンのような味に感じられます。 そして、実際スプーンを入れるまでわからなかったのですが、アイスの下半分は白いヨーグルト味になっています。 こちらも溶けてくると、ぶどうとヨーグルトが絶妙に交じり合って美味しさが上がります。 食べてみないと気づかない、隠されたヨーグルト部分。 ちなみに今回買ったメニューはこんな感じ。 すでに売り切れているものもありました。 裏面も見ろと書いてあるので見てみました。 月見バーガープレゼント用のくじになっているようです。 後半のフード編に続く。

次の

沖縄唯一のマックカフェ。バリスタのプレートイラストが可愛くてまた行きたくなるお店

近く の マック カフェ

スポンサードリンク マクドナルドの特徴は? ファストフードの定番ともいえるハンバーガーショップはいくつかありますが、中でも最も店舗数が多くお手頃価格で学生さんや幅広い年齢層に人気があるのがマクドナルドではないでしょうか。 時間がない時に、ちょっとお腹すいたなぁって思う時でも、商品の出来上がりもスピーディーだし100円で買えるメニューもいくつかあるので、コンビニでパンやおにぎりを買うよりも安く買えちゃいます。 最近ではスマホからクーポンを使って、いつもより安く買えたり、ポイントがたまったりします。 そして リピーターが多いのも、いつまでも飽きない味や新商品を続々と提供していることも魅力の一つだと思います。 スポンサードリンク マックカフェの特徴は? マクドナルドが運営しているマックカフェは、マクドナルドのお店の中に専用のブースを設けたカフェコーナーがあります。 マックカフェバイバリスタは選び抜かれた専任のバリスタがつくる本格的なドリンクが好評です。 本格的で高品質なのにとてもお手頃な価格で楽しめちゃいます。 ドリンクはホットやアイスが充実していて陶器やガラスやお持ち帰り用のカップなどから選べます。 またクリームの追加やアレンジなどリクエストすることが出来たり、小さなお子さんには、「ベビーチーノ」のいう、ほんのりあったかいフォームミルクに甘いココアパウダーがたっぷりトッピングされている商品があり、一緒にお子さんにもちょっぴりカフェ気分を味わってもらえるかな。 コーヒーが苦手な人でもやさしい味になっていてファミリーで楽しんでもらえると思います。 スポンサードリンク マックカフェとマクドナルドの違いはどこ? マックカフェとマクドナルドの違いは、メニューや注文時に違いにありました。 マクドナルドは、レジでハッピーセットを注文して、お会計をします。 少しその場で待っていると商品が手渡されます。 自分の席について、いただきます。 たまに出来上がりに時間がかかりそうな場合は番号札を渡される時もあります。 一方マックカフェはレジで注文した後にお会計をすると、その時に番号札を預かり、自分の席で待っていると注文した商品を持ってきてくれるのです。 私の近くで食べていた人もマックカフェのコーヒーやスイーツを注文していたようで、コーヒーは本格的な香りがしていました。 それもそのはずで、 マックカフェのコーヒーはマック独自のトレーニングを受けたマックカフェバイバリスタが注文を受けてから専門のクルーが丁寧に入れてくれます。 店舗によっては可愛らしいラテアートも人気というので、ラテアートって私も大好きなので見てみたいなぁと思います。 またマクドナルドとマックカフェは少し雰囲気が違いました。 店舗の中で近くにレジは、それぞれに分かれていますが、マックカフェバイバリスタコーナーは壁もおしゃれなカフェ風になっています。 いつもと違うマクドナルドを楽しんでみてはいかがでしょうか。 ドライブスルーで持ち帰りできるの? マックカフェの魅力を知り、ドライブスルーでお持ち帰りできるのか気になりました。 マックに行った時は、とってもおいしそうなスイーツは食べれなかった私でしたが、ふとマックカフェの商品はお持ち帰りできないのかなぁって思い、聞いてみたところ…。 マックカフェの商品はお持ち帰りもできるし、ドライブスルーがある店舗でも注文してお持ち帰りができるそうです。 マックカフェのメニューはたくさんありました。 コーヒー、紅茶はもちろんフラッペやスムージー、スイーツはマカロン、ケーキ、マフィン、スコーン、ドーナツなど数多く揃っていました。 店内で注文できるメニューはドライブスルーでも注文できるので時間にゆとりがない時や、お家に帰ってゆっくり食べたい時にはドライブスルー大変便利ですね。 マックカフェは、 県によってはないところもあるようなので、マックカフェを見つけたら一度是非立ち寄ってみてはいかがでしょうか。 プロフィールをご覧頂きありがとうございます。 マイホームを夢見て日々節約に励みながらパートに行くという生活を過ごしていました。 子供が幼いころは体調もよく崩すのでパートが長続きせず勤務先も転々としていました。 時には私も子供と一緒に寝込んじゃうこともありました。 そんな時に見かけたママブログが素敵だったのです。 それからは私はブログを見るのが楽しみでいつもママさんのブログを見るようになりました。 ブログにはたくさんの情報があってママの応援ブログに勇気づけられました。 忙しい主婦の時間はやることがいっぱいだけど私も皆さんにブログで伝えていけると嬉しいです。

次の

マックの本格カフェ、福井に1号店 「バイバリスタ」、5月21日オープン

近く の マック カフェ

外観は郊外にあるような、いたって普通のマクドナルド。 よく見ると、看板のロゴマークの下に「McCafe」と書かれています。 お店の入り口付近にはどうどうと「McCafe by Barista」の文字。 沖縄で見ることができるのは、今のところここだけです。 石川店は約100席ほど。 内装も、最近のマクドナルドによく見られるようなシックな雰囲気ですが、カウンター横に見慣れないカウンターがあるのがわかりますね。 そうです、この手前にあるカウンターが、マックカフェになります。 メニューボードに書かれたメニューは21種類。 ホットコーヒーは、スモールとミディアム。 アイスコーヒーはミディアムとラージサイズがあります。 メニュー表も、マックらしさを感じない高級感あるシックな黒基調。 うーん、どれも美味しそう。 ショートケースにはケーキが並んでいます。 紅茶のシフォンケーキ、アップルパイ、ショコラなどなど。 コーヒーとセットで50円引きになるそう。 マフィンは270円から。 こちらもケーキ同様、コーヒーとセットで50円引き。 購入したら、カットして出してくれます。 McCafeと書かれたマグカップやコップは非売品。 スタンプを集めてゲットできるようです。 お店で使っているものと同じものが手に入るっていいですね。 マックカフェのコーヒーマシン。 上には焙煎された豆が入っています。 これだけ注文して850円なのは嬉しいですね。 左がカフェラテ、右がカフェモカ。 味はというと、うん、クセがなく安定したコーヒーの味がする 笑。 味にそこまでこだわりがなければ、スタバよりもリーズナブルで気軽にラテやモカを楽しめて、良いんじゃないかな。 バリスタさんはしっかりとラテアートも書いてくれるようです。 これがマックだとはちょっと信じがたい。 カフェモカは、甘めのホイップクリームにチョコレートパウダーがかかっています。 しつこくない甘さが良い感じ。 フォークで食べやすく半分に切ってくれたマフィンの横には、可愛らしいプレートイラストが。 なんだかほっこりとした気分になります。 パターンもいろいろとありそうだなぁ。 バリスタのプレートイラスト集。 可愛らしいアートがいっぱい! 探してみるとやっぱりありました。 癒しだわ~。 — さあちゃん シド日武 sl410kz マックカフェのチラシが入ってたのでやってきたけどお目当ての抹茶ラテが売り切れだった。 住んでいる近くにあったら普通に通いそうだ…。 石川付近を通ったときは、また行きたいと思います。 でも1度だけ、雪が降ったと観測された日があるのです。 沖縄で雪が降った日はいつなのでしょうか?。 その謎に迫ります。 … いよいよ明日グランドオープンに迫った『イオンモール沖縄ライカム』。 ただでさえ巨大な上に、行列ができるので、1日中いても全て見るのは無理です。 ここで重要になってくるのが、イオンモール内での時間の使い方。 … 沖縄タイムス社が創刊35周年を記念し1983年に発行した百科事典。 上中下3巻と別巻1冊からなるこの書物は、定価55,000円という破格の値段。 沖縄にはボルダリングができる施設はかなり少なく、最近ようやく増え始めてきたばかりだからです。 グランドオープンが近づきますます期待が高まる『イオンモール沖縄ライカム』。 前回のフード紹… ゴールデンウイークいかがお過ごしでしょうか。 もうすでにイオンモール沖縄ライカムに行った方も多いと思います。 ニュースにもなってい… 琉球新報社から2005年に創刊された、 不動産、住まい、暮らしの情報を提供している住宅情報紙「週刊かふう」。 特別編集され、保存版セレクションとして発行されたのが「沖縄の家51」です。 雑誌として発… 2015年04月にオープンした恩納村文化情報センター。 恩納村の道の駅の横にあり、2階には海が望める図書館があります。 まだ地元の人にしか知られていない穴場中の穴場。 那覇うみそらトンネルといえば、2011年に開通した沖….

次の