隠れ家 高岡市。 【福岡】誰にも教えたくない、とっておきの隠れ家。「和食の名店」9選

高岡市の老舗喫茶店【ブルーマウンテン】へ行ってきた!メニューや値段は?

隠れ家 高岡市

私はカフェが好きだーっ!! 急な告白ごめんなさいね。 富山県民のみなさんもカフェ好きな方が多いと思います。 カフェが好きすぎて、昔は「カフェを開くこと」という夢を持っていたのですが、いつのまにか「カフェを取材すること」が仕事の一つとなりまして、毎回カフェに行く時は心の底からワクワクしています。 そんな訳で、サンソンの腹ペコ放浪記のお時間がやってきました。 今回お邪魔したのは、 隠れ家カフェ的な存在の 「ここねかふぇ」 どれぐらい隠れ家的かというと、細心の注意とグーグルマップを使わないとお店に着けないぐらい隠れています。 画像引用 より 富山市室町通りに2016年にオープンした、ここねかふぇ。 大きな通りから1本路地裏の閑静な住宅街にあるので、ボサッとしてたら見過ごしてしまいます。 野菜をたっぷり使い、ボリュームたっぷりのランチが楽しめると評判で、ランチ時間には、隠れ家を見事に見つけた勇者達 主に女性のお客さん で賑わっています。 営業時間 11:00-15:00 LO 14:00 18:00-23:00 金・土のみ 定休日 日曜・祝日・他 臨時休業もございますので、ここねかふぇのFacebook. instagramなどでお調べ下さい このこじんまり感が、隠れ家を発見したワクワク感を増長させてくれます。 「やっと見つけた私だけの場所」みたいな感覚。 お客さんいっぱいおったけど、それをも気にならないぐらいの居心地の良い雰囲気なんです。 店内は、カウンター席・テーブル席・ソファ席とあります。 女性2人で切り盛りされているここねかふぇは、店内にセンスの良さが爆発しています。 ちなみに2人とも可愛いんです。 写真のは移りたがらないシャイガールでした こちらがランチメニュー。 「ここねランチ」「パスタランチ」「丼ランチ」とありまして、ランチにはドリンクがつきます。 3択か…どれにしようか悩むけど、幸せな悩みだわ。 デザートもあります。 3択の中から、 「ここねランチ」を選びました。 ここねランチはメインが日替わりで変わり、この日のメインは 「鶏肉のトマト煮込み」でした。 それでは、いただきまーす! 鶏肉やわらかっ! これは私の二の腕よりもやわらかいかもしれません。 ナイフも用意してありましたが、お箸で余裕で切れました。 味もしっかり染み込んで、ご飯が進みます。 ここねランチは、パンとライスどちらか選べますが、パンでも合いそうですね。 メインに負けず劣らずの小鉢のおいしさたるやっ!こういうの嬉しいですよね。 野菜たっぷりでボリューム的にも大満足なここねカフェのランチ。 1人で来ても、 「浮かない居心地の良いお店」っていうのはソロ活動が多い私にとっては非常にありがたい存在です。 日替わりランチの他のメインメニューも食べてみたいので、また行こうと思います。 次こそは、隠れ家カフェを迷わず見つけれるはずっ!! 住所 富山県富山市室町通り1-1-20 OPEN 11:30-15:00 LO 14:00 18:00-23:00 金・土 営業 CLOSE 日曜・祝日・他 駐車場 スタッフにお問い合わせください•

次の

高岡市の隠れ家カフェ「{仮}(かっこかり)」はパン屋さん「カリパン」に変更したみたい!

隠れ家 高岡市

高岡市では珍しくなってしまった貴重なうなぎ&天ぷら屋さんです。 カウンターに座ると目の前で天ぷら揚げるところが見られるよ。 今回私は後ろの小さめのお座敷でいただきました。 注文したのは 【 天麩羅とうな丼のセット 2300円】 ハーフサイズのうなぎが乗ったうな丼 + お新香 + 赤だし 天ぷら5種がセットになっています。 この日の天ぷらは、【アスパラ・トウモロコシ・マイタケ・キス・サツマイモ】でした。 本当はエビ天なんだけど、私がエビ食べられないのでキス天に交換してもらいました。 鰻も柔らかくて本当においしい!たれも全然くどくなくて食べやすいです。 ただ、少し量が少ないかな?って思いました。 男性だとちょっと足りないんじゃないかなぁ。 男性はうな重 + 天ぷら とかの組み合わせがいいかも。 お値段張っちゃうけど・・・。 メニューも色々ありましたよ!.

次の

【天米】高岡市で鰻と天ぷらのランチを堪能してきた!テイクアウトも好評中

隠れ家 高岡市

— 2019年12月月6日午前12時59分PST 氷見の新鮮な魚を使用した豪華海鮮ちらし 一番の魅力はなんといっても、氷見・松本魚問屋の新鮮な魚を使用した「海鮮ちらし(1,650円)」。 ただし、土・日・祝日の1日限定10食なので、事前予約またはオープンめがけて訪れるのが無難です。 まず最初に提供されるのが「ホタルイカの塩麹漬け」。 ホタルイカの肝の旨みがしっかり引き出され、何匹でもバクバク食べられる美味しさ。 海鮮ちらしは見た目の豪華さはもちろん、幾重にも重なるネタは身が引き締まり、脂のノリもちょうど良いです。 鯛のあら汁はシンプルでありながらも、魚の旨みがギュッと詰まっています。 食後の口直しとして、氷見の稲積梅でつくる梅干し、そば茶も楽しめます。 黄色い長ぐつの感想 台湾の魅力と豪華海鮮ちらしを堪能できる、大人の隠れ家的カフェ「黄色い長ぐつ」。 落ち着いた居心地の良い店内で、県内では珍しい台湾茶や台湾珈琲を体験できる貴重なお店です。 台湾に興味のある方・海鮮ちらしが好きな方は、山町筋のお散歩ついでにぜひ訪れてみてください。

次の