1 マイクロ メートル は 何 ミリメートル。 変換 ミリ 宛先 メートル (mm → m)

μmについて

1 マイクロ メートル は 何 ミリメートル

001 mm 0. 002 mm 0. 003 mm 0. 004 mm 0. 005 mm 0. 006 mm 0. 007 mm 0. 008 mm 0. 009 mm 0. 01 mm 0. 011 mm 0. 012 mm 0. 013 mm 0. 014 mm 0. 015 mm 0. 016 mm 0. 017 mm 0. 018 mm 0. 019 mm 0. 02 mm 0. 021 mm 0. 022 mm 0. 023 mm 0. 024 mm 0. 025 mm 0. 026 mm 0. 027 mm 0. 028 mm 0. 029 mm 0. 03 mm 0. 031 mm 0. 032 mm 0. 033 mm 0. 034 mm 0. 035 mm 0. 036 mm 0. 037 mm 0. 038 mm 0. 039 mm 0. 04 mm 0. 041 mm 0. 042 mm 0. 043 mm 0. 044 mm 0. 045 mm 0. 046 mm 0. 047 mm 0. 048 mm 0. 049 mm 0. 05 mm 0. 051 mm 0. 052 mm 0. 053 mm 0. 054 mm 0. 055 mm 0. 056 mm 0. 057 mm 0. 058 mm 0. 059 mm 0. 06 mm 0. 061 mm 0. 062 mm 0. 063 mm 0. 064 mm 0. 065 mm 0. 066 mm 0. 067 mm 0. 068 mm 0. 069 mm 0. 07 mm 0. 071 mm 0. 072 mm 0. 073 mm 0. 074 mm 0. 075 mm 0. 076 mm 0. 077 mm 0. 078 mm 0. 079 mm 0. 08 mm 0. 081 mm 0. 082 mm 0. 083 mm 0. 084 mm 0. 085 mm 0. 086 mm 0. 087 mm 0. 088 mm 0. 089 mm 0. 09 mm 0. 091 mm 0. 092 mm 0. 093 mm 0. 094 mm 0. 095 mm 0. 096 mm 0. 097 mm 0. 098 mm 0. 099 mm 0. 1 mm.

次の

ミリメートル

1 マイクロ メートル は 何 ミリメートル

A ベストアンサー 注射剤を入れる容器の話と言うことで、これまでの回答と重複する部分もありますが、まとめさせていただきます。 ちなみに注射剤の容器は、医薬品の公定書(日本薬局方やアメリカのUSPなど)では、アンプル、バイアル、その他を問わず、全て密封容器とされています。 アンプルは、薄手のガラス管(ホウ珪酸-硬質ガラス)を成型したもので、薬液を充填した後、末端を熱(通常はガスバーナー)で溶融して閉じてあります。 特徴ですが、硬質ガラスは医薬品成分が吸着したり、逆にガラスの成分が溶出したりすることがほとんど無く(わずかにアルカリ分が溶出しますが)、内容液との反応性がとても低いと言えますし、もちろん酸素などのガス透過性もありません。 また、バイアルに比べると低コストで作れます(バイアルに必須なゴム栓や、これを止めるアルミキャップも不要です。 )ので、単価の安い医薬品にも使いやすいと言えます。 欠点としては、薄手のガラスを使っているため比較的壊れやすく、大容量にするには適さない(ふつうは20ml程度まで)点と、以下厳密な話になりますが(実用上はほとんど問題ありませんが)使用時に首の部分を折る時に、微量のガラス片が内容物に混入する可能性がある(加熱して溶閉しますので、内部が陰圧になっており、破片を吸い込んでしまいます。 )ことがあげられます。 語源はフランス語で(歴史的に始めに使われたのはフランスです。 )、ampouleというのは、ふくらんだといった意味で、ガラス管をふくらませた物(当初は管状ではなく、丸っこいものでした。 )に薬液を入れて封入したので、このような名前になったのだろうと思います。 バイアルは、ガラス瓶(最近では、プラスチック製のものもあります。 )にゴムでできた栓をするものです。 製法から大別すると2種類あり、一つは管瓶といわれるもので、これは硬質ガラスの管をガスバーナーで成型して作られたもので、アンプルに比べると厚手のガラス管を使うことから、加工温度を高くしなければならず、このためアルカリ溶出が多少多くなる傾向があります。 また、この製法ではあまり大容量のものはつくれません。 (200ml程度まで。 ) もう一つの製法は、溶融したガラスを型に入れ、内部に空気を吹き込んで成型する方法で、大量生産の場合かなり低コストですし、大容量のものも作れますが、こちらは軟質(ソーダライム)ガラスを用いますので、管瓶に比べアルカリ分が多めになり、内部の薬液がアルカリ性の場合、長期間の保存では、ガラス内壁の腐食も配慮する必要があります。 それから、管瓶に比べて、どうしてもガラス厚が大きくなりますので、その分重くなります。 (たいした問題ではありませんが、流通性では、多少の欠点といえます。 ) また、バイアルはゴム栓を用いますので、内容物によってはゴム栓への吸着による力価の低下(代表的なものとして、インシュリンやニトログリセリンなどがあります。 )の恐れがあり、このような場合には、表面をテフロンでコートしたゴム栓が用いられたりします。 アンプルが一度開けたらその場で使い切らなければならないのに対し、バイアルは注射器でゴム栓のところから薬液を取れますので(ふたを開けなくてもよい)、残りを保存して繰り返し使用ができます。 (ただし、無菌性の面から、一度使ったものはあまり長く保存すべきではありません。 ) 細かい話になりますが、ゴム栓に繰り返し注射針を刺すと、ゴムの一部が剥離して(コアリングと言います)、薬液に混入する危険性もあります。 なお、凍結乾燥製剤の場合、使用性だけでなく製造工程の面からも、(全てではありませんが)アンプルよりもバイアルが好んで使われる傾向があります。 大容量のバイアルをボトルと呼ぶことがありますが、これは慣用的な呼び名で、厳密にどの大きさからと決まっているわけではありません。 どちらも名前の由来は、多分英語だと思います。 ガラス以外では、プラスチック(ビニール)製の容器もあり、これらのほとんどは、点滴用の輸液などに用いる、大容量の物です。 (ポリエチ製の小容量アンプルもありますが。 ) こちらは、ポリエチレンなどの比較的硬質な材料でできたボトルと、厚手のビニール袋のようなバッグに大別されます。 これらは、ガラスボトルに比べ軽くて壊れにくい点と、使用後の廃棄が楽な点で優れています(流通や使用時の利点と言えます。 )が、材質によっては、内容物の吸着や酸素などのガス透過性を配慮する必要があります。 (内容物に合わせて、適した材質が使われますので、実用上は問題ありませんが。 ) 余談ですが、点滴をしている際、ボトルでは薬液が減った分の空気を入れるために、通気針と呼ばれる注射針を刺しておかなければなりません。 (空気が入らないと、内部がだんだん陰圧になって、薬液が出てこなくなります。 ) 一方、バッグでは薬液が減るとペシャンコにつぶれてきますので、通気針が不要で、その分使いやすいといえます。 (外気が内部に入りませんので、無菌性の面でも有利です。 ) その他の注射剤容器として、ガラスやプラスチックの注射筒にはじめから医薬品が封入してあり、注射針をつけてそのまま使用できる、プレフィルドシリンジといったものもあります。 注射剤を入れる容器の話と言うことで、これまでの回答と重複する部分もありますが、まとめさせていただきます。 ちなみに注射剤の容器は、医薬品の公定書(日本薬局方やアメリカのUSPなど)では、アンプル、バイアル、その他を問わず、全て密封容器とされています。 アンプルは、薄手のガラス管(ホウ珪酸-硬質ガラス)を成型したもので、薬液を充填した後、末端を熱(通常はガスバーナー)で溶融して閉じてあります。 特徴ですが、硬質ガラスは医薬品成分が吸着したり、逆にガラスの成分が溶出したりす... A ベストアンサー 答えは出ていますので,補足。 昔の単位では1リットル=1000. 028立方センチメートル(水1kgが,1気圧の条件下で,密度が最大となる温度=3. これが今の1リットル=1000立方センチメートルになったのはたしか1964年です。 今回出ていない単位も含めて,もういっぺんまとめますと, 縦・横・高さ1cmの立方体の体積=1立方センチメートル=1ミリリットル=1cc (ccは,立方センチメートルを意味するcubic centimeterの略語) これの1000倍が, 縦・横・高さ10cmの立方体の体積=1立方デシメートル=1リットル さらに1000倍すると, 縦・横・高さ1mの立方体の体積=1立方メートル=1キロリットル です。 なお,リットルの記号は小文字 l でも大文字 L でもよいことになっています。 Q 比重というのは、単位はなんなのでしょうか?? 鉄の比重を7. 85で計算すると、471000になります。 全部mに単位をそろえて計算すると、 0. 85で、0. 000471になります。 これで正確にkgの単位で答えを出したい場合、 0. 85で、答えは0. 471kgが正解ですよね? ・・・全く意味が解かりません。 普通、単位は全部揃えて計算するものですよね??なぜ、この場合、厚さだけはmmの単位で、縦と横はmでの計算をするのでしょうか? 比重ってのは単位はどれに合わせてすればいいのでしょうか? そして円筒の場合はどのように計算するのでしょうか? まず、円の面積を求めて、それに長さを掛けるのですよね? これは円の面積の単位はメートルにして、長さはミリで計算するのでしょうか?? わけわからない質問ですみません・・・。 もうさっぱりわけがわからなくなってしまって・・。 うんざりせずに、解かりやすく、教えてくださる方いましたらすみませんが教えて下さい・・。 比重というのは、単位はなんなのでしょうか?? 鉄の比重を7. 85で計算すると、471000になります。 全部mに単位をそろえて計算すると、 0. 85で、0. 000471になります。 これで正確にkgの単位で答えを出したい場合、 0. 85で、答えは0. 471kgが正解ですよね? ・・・全く意味が解かりません。 普通、単位は全部揃えて計算するものですよね??... 85は#4の方がおっしゃるとおり 0. 85の0. 85(g...

次の

マイクロメートル

1 マイクロ メートル は 何 ミリメートル

0E-6 m キロメートル 1. 5E-7 間 6 尺 尋 ヒロ 5. 5E-7 尋 6 尺 丈 ジョウ 3. 3E-7 丈 10 尺 町 チョウ 9. 1666666666667E-9 町 60 間 里 リ 2. 5462962962963E-10 里 36 町 天文単位 6. 6845871222684E-18 AU 149,597,870,700 m 光年 1. 0570008340246E-22 光年 9. 2407790389471E-23 pc 3. 3995680345572E-10 海里 6,080 ft ファゾム 5. 4680664916885E-7 fath 6 ft ポイント 0.

次の