アラジン王様名前。 アラジンと魔法のランプのあらすじと教訓!突き詰めよう!

【アラジンと魔法のランプ】アラジンの原作!あらすじ&ストーリーをご紹介!ディズニーのアトラクションの背景も

アラジン王様名前

概要 『』の『』を原案としている。 また、魔法の絨毯で世界中を旅するシーンで流れる曲『』( A Whole New World)はを受賞した。 ではの年間ビデオ販売数で2400万本を出荷して年間1位の売上となり 、ではセルビデオで220万本を出荷 して歴代1位の売り上げとなった。 と呼ばれる時期に作られた、ディズニーの成功作のひとつである。 ストーリー オープニングでが、この映画の視聴者に物語を語り掛けるところから映画が始まる。 夜の砂漠でジャファーと名乗る男は手下の泥棒がある物を持ってくるのを待っていた。 そして、それを利用してのある魔法の洞窟を呼び出した。 洞窟が言うには「入れるのはダイヤの原石(内側に清らかな心を持つ者)のみ」だが、「ダイヤの原石」でなかった泥棒は閉じ込められてしまった。 前述の話を聞いたジャファーは「ダイヤの原石」を探そうと企んだ。 砂漠の王国アグラバーに暮らす、貧しくも清らかな心を持った青年アラジンはいつか宮殿で豪華な暮らしをすることを夢見ていた。 一方、婚約に嫌気がさして王宮を抜け出そうとしたジャスミン王女は一番の親友・ラジャーの制止を無視してまで家出を決意する。 そんなある日、市場でジャスミンは泥棒の濡れ衣を着せられたところをアラジンに助けられたことで心を通わせる。 だが、アラジンは王女をさらおうとした盗賊と間違えられて捕まり、牢屋に入れられてしまう。 それは王国の支配を企む国務大臣のジャファーが、入る者を厳しく選ぶ魔法の洞窟から「ダイヤの原石」として選ばれたアラジンに、洞窟の奥にある不思議な魔法のランプを取って来させるための策略だった。 ジャファーはみすぼらしい老人の姿に扮装して牢屋に現れると、ランプを取って来ることを約束させるのと引き換えに、アラジンを脱獄させる。 魔法の洞窟の中で出会った魔法の絨毯の協力でランプを手に入れたものの、アブーがうっかり「ランプ以外の物を触れてはいけない」という掟を破ってしまったため、洞窟は暴走し、さらにジャファーに裏切られたアラジンは洞窟の中に閉じ込められてしまう。 だが、相棒の猿アブーのおかげでランプがジャファーの手に渡ることは阻止できた。 さらにアラジンはひょんなことから自らランプを擦ったところ、ランプの魔人ジーニーの主人となる。 ジーニーの力でなんとか脱出し、「どんな願いも3つだけ叶えてあげよう」とジーニーに言われたアラジンは、自由を求めるジーニーに対し「最後の願いで君を自由にする」と約束しつつ、1つ目の願いとして、王子としか結婚が許されていないジャスミンとの恋を叶えるためアリ・アバブア王子に変身することを願い、王宮へと向かう。 頑固なジャスミンは、アリ王子も今までの求婚者達と同じだと思い、まったく相手にしなかったのだが、「一緒に広い世界を見に行こう」という誘いに乗って魔法の絨毯で世界中を旅するうちに惹かれていく。 途中で口を滑らせた不注意からアラジンの正体がバレそうになるものの、アラジンがとっさに「自分もお城の生活が嫌で、時々平民に変装して抜け出している」と誤魔化したことでジャスミンは共感を抱き、両想いとなる。 その頃、ランプを手に入れ損なったジャファーは自らの魔力でサルタンを操り、ジャスミンと結婚して王位に就こうとしていた。 そこへアリ王子として現れたアラジンがジャスミンやサルタンに瞬く間に気に入られていくのを邪魔に思ったジャファーは、アリ王子を暗殺しようと目論んで、部下を使いアラジンを捕まえる。 捕まったアラジンは声が出せないように顔に白い手拭いを巻かれて口を塞がれ、手足を重り付きの鎖で縛りあげられ、海の底に沈められてしまう。 重りの重さで海底に沈むアラジンは呼吸ができなくなり気を失うが、偶然にもランプが手に触れたことで入浴中のジーニーが現れる。 ジーニーは気絶しかけるアラジンに2つ目の願いごとをするように言うと、アラジンは無事命を救われた。 それと同時にアラジンとジーニーは固い友情で結ばれた。 アリ王子の暗殺に失敗した上に暗躍がバレたジャファーは失脚し、その犯行を暴いたアリ王子はジャスミンの結婚相手として大々的に告知される。 順風満帆な未来が待つかに見えるアラジンだったが、ジーニーの魔法が解けて王子でないことがばれたらジャスミンに嫌われてしまうと不安を感じ、ジーニーに「君を自由にはできない」と言い出す。 それを聞いたジーニーは怒ってランプの中に引き籠ってしまう。 ジーニーに「本当のことを告げろ」と教えられたアラジンは遠慮なく本当のことをジャスミンに告げるため彼女の元へ向かうが、その隙を突かれてジャファーの手下のイアーゴにランプを奪われてしまう。 イアーゴからランプを渡されてジーニーの新たな主人となったジャファーが、1つ目の願いでアグラバーの支配者になり、ジャスミンが相手が支配者であろうがどうしても逆らうことから2つ目の願いで自分を世界一の魔法使いにする。 さらにジャファーは魔法でジャスミン達をいいようにする上にアラジンを元の姿に戻して冬山へ追放してしまう。 絨毯の助けを借りてアグラバーに戻ったアラジンは、アグラバーの危機を救うべくジャファーに戦いを挑むが、手強い魔法を操り、遂には大蛇に変身したジャファーに巻き付かれて絞め殺されそうになる。 ジャファーの手強い魔法に圧倒されて追い詰められるアラジンはジーニーを見つめて策を閃き、「世界一の魔法使いとして我は世界で一番強い」と主張するジャファーに対して「ジーニーこそが本当に世界で一番強い」と煽り返す。 それを聞いて今の自分は実質的には世界で二番目であるということを認めるジャファーは、最後の願いで自分が真の世界最強の存在=ジーニーになることを願う。 赤いジーニーとなって最強の力を得たジャファーだったが、それはジーニーから教えられていたランプの魔人の制約である「脅威の力を持つ代わりに自由がない」ことを逆手にとったアラジンの作戦であった。 アラジンの罠にはまった結果、ジャファーはイアーゴを巻き添えにして専用のランプの中に閉じ込められ、ジーニーに砂漠の彼方へ投げ飛ばされ追放された。 ジャファーとの戦いを終えてアグラバーの平和を取り戻した後、アラジンはジャスミンに嘘をついたことを謝罪して反省し、最後の願いでジーニーをランプから解放させて自由の身にする。 アラジンのアグラバーを救った勇気に感動したサルタンはジャスミンとの婚約を認め、自由になったジーニーはアラジンと別れて旅立ち、最後に幸せにアラジンとジャスミンは結ばれた。 話のラストでジーニーが視聴者に「どうだった?」と質問して映画は幕を閉じる。 登場人物 主要人物 アラジン(Aladdin) 本作の主人公。 天涯孤独の身で、アグラバーの街で相棒の猿のアブーとコソ泥をして糊口をしのいでいる貧しい青年。 赤いに黒髪がトレードマークである。 特別腕っぷしが強いわけではないが、身軽なフットワークと、頭の回転が速く、機転を利かせる事が得意で、ジーニーの願いを行使する事なく魔法の洞窟から脱出できる様に仕向けたり、ジャファーをわざと挑発する事で自滅させる方向に運ぶなど、言葉を駆使した駆け引きにも秀でている。 一人称は「俺」あるいは「僕」。 貧相な生活と身なりをしていることから、主にの人間などから(street rat)と罵倒されている。 これまでの境遇から王宮での豪奢な生活に憧れており、彼のすみかは宮殿が真正面に見える所にある。 盗んだパンを子どもたちに分け与えたり、ジャスミンの花婿候補である王子に鞭で打たれそうになった子どもを身を挺して庇う心優しい性格の持ち主。 ジャスミンに出会って彼女が王女であることを知り、ランプの魔人・ジーニーと出会って王子にしてもらうが、ジャファーに命とランプを狙われる。 その際ジーニーに2度までも命を救われ、彼から最後の願いで自分を自由にして欲しいと頼まれるも、ジャスミンの前で正体がバレそうになる不安からそれを拒絶して仲違いをしてしまった隙にイアーゴにランプを奪われ、それを受け取ったジャファーに冬山へ追放されてしまう。 その後、助けに向かった絨毯によって無事に帰還し、持ち前の機転によってジャファーをランプに閉じ込めた。 事件後はジャスミンに自分が嘘をついたことを謝罪し、最後の願いでジーニーを自由にして、その誠実な姿を見たサルタンから認められ、ジャスミンと結ばれる。 アリ・アバブワ ジーニーの1度目の願いで王子に変身したアラジン。 ジャファーは終始名前を「アブブー」と呼び間違えていた(小説版では最後のみ「アバブワ」と発音)。 ジャファーとその部下たちに崖から海に落とされた時は2度目の願いで生還した。 しかし、ジャファーの魔法によって元の姿に戻されてしまった。 ジャスミン王女(princess Jasmine) 本作のヒロイン。 アグラバーの王女でサルタンの一人娘。 母を幼くして亡くし、父・サルタンと二人暮らし。 の一人。 一人称は「私」。 長い黒髪に美しい瞳の美女。 利発でチャレンジ精神も旺盛な性格。 虎のラジャーや小鳥など、動物を愛する優しい性格だが、いざというときには衛兵やジャファーに対しても立ち向かうなど勇敢で気が強い面もある。 礼儀や規則に縛られた王宮での生活や、法律上王子との結婚しか認められていない為に求婚してくる他の王子達から王女としての価値しか見出されていないことを厭っており、父王のサルタンに結婚を急かされることにもウンザリしている。 自由を求めて王宮を抜け出し、市場で盗みの疑いを掛けられて危機に陥っていたところをアラジンに助けられ、初めて自分らしさを認めてくれるアラジンに惹かれる。 ジャファーにアグラバーを支配された時は彼のいいようにされ、アラジンを助けるために色仕掛けでジャファーを油断させようとしたが、逆に見え透いた演技に激怒したジャファーによってに閉じ込められたが、砂に埋もれる寸前でアラジンに解放された。 事件後はアラジンと和解し結ばれる。 モデルは『千夜一夜物語』の第998夜 - 第1001夜に描かれるアーモンド姫とジャスミン王子である。 仲間 (Genie) 魔法のランプに宿る、青い。 一人称は「オレ」。 ランプを擦って自分を起こした人間を主人として、「人を殺すこと」「他人の気持ちを変えること」「死人を蘇生させること」「叶えられる願いの数を増やすこと」以外ならどんな願いでも3つまで実現させる。 長年ランプに閉じ込められており、ランプを擦った者の命令には逆らえない。 金の腕輪は自由を制御するためにつけている。 それ故にいつか自由になって世界一周旅行を夢見ている。 前の主人はアラジンより大きかったらしい。 本人も彼女を探していたが、見つけたことがなかった。 1万年間ずっとランプにいたとは思えないほど明るく陽気で、ジョークやショーが大好きな変身の名人。 アラジンのことを「アル」と呼んでいる。 ジャファーによる生き埋めからアラジンを救って以来、アラジンとの間に友情が芽生え、時に親友としてアラジンに発破を掛けたり、ジャスミンを騙し続けることに警告を与えるようになる。 しかし、ジャスミンに真実を言うことを拒むアラジンと口論し、その隙にイアーゴにランプごと奪われ、ジャファーの言いなりになってしまう(本人は最終決戦時には真っ先にアラジンを応援し、ジャファーからそれを一喝されると渋々彼の事を応援するほど毛嫌いしている)。 しかし、ジャファーに追い詰められるアラジンにアドバイスをし、ジャファーをジーニーに変え、彼を専用のランプに閉じ込めて追放した。 事件後はアラジンの最後の願いで自由になり、アラジンとの別れを惜しみながら、長年の夢だった世界旅行に旅立った(小説版では自由を得ると同時に普通の人間になり、魔法の絨毯に乗って旅立った)。 ジーニーとは英語で「精霊」を意味し、イスラム圏においてイスラム教以前の太古神を指す一般名詞である。 魔法の絨毯(Magic Carpet) アラジンとアブーが魔法の洞窟で踏んで以降ついて来た、空飛ぶ魔法の絨毯。 ジーニーとは千年以来の古い付き合い。 自意識を持ち、言葉は話せず表情もないが、による感情表現は豊かで知的で紳士的な部分もある。 絨毯の端にある4つの房飾りが手足の代わりとなっている。 ジャファーの魔法で糸がほつれてしまうが、ジャファーをランプに幽閉後に元に戻った。 小説版ではジーニーから「敷き物君」のあだ名で呼ばれており、エピローグでは世界旅行に向かうジーニーに同行した。 アブー(Abu) アラジンの相棒の。 鳴き声やジェスチャーでコミュニケーションを取るが一言だけ台詞を発するシーンがあり、日本語吹き替え版では、オリジナル版声優のが来日して日本語の音声を付け足している。 盗みの天才でアラジンと協力して食べ物を盗んでいたがそれ故に物欲が強く、宝石に目がないため、魔法の洞窟ではアラジン達の制止を振り切って赤い宝石に手を出したことから洞窟の崩壊を呼んでアラジン共々ピンチに陥ってしまう。 一方でジャファーに騙されてランプを奪われた時はジャファーの目を盗んで逆に奪い返した。 ジーニーの魔法で巨大なに変身するが、ジャファーの魔法で元に戻ってしまった。 ジャファーとの戦いでは魔法でおもちゃのサルに変えられるが、ジャファーをランプに幽閉後に元に戻った。 「アブー」とはアラビア語で「父」を意味する。 敵 ジャファー(Jafar) 本作の。 アグラバーの国務大臣であり、蛇の如く厭味たらしく狡猾な性格を持つ邪悪な魔法使い。 一人称は「ワシ」だがたまに「俺」ということがある。 長身痩躯で、黒や暗い赤を基調としたをいつも着用している。 赤い羽根飾りのついた黒地に黄色い波型の線が入った帽子を被っており、その下は禿頭である。 を扮した杖でを使う。 その高い知能と魔力でサルタンを操っていた。 表向きはサルタンの忠臣として行動し、彼からも絶大な信頼を置かれているが、内心では脳天気なサルタンに頭を下げることを苦々しく思っており、大臣就任時から王位を狙っている。 魔法のランプに目をつけ、その力でアグラバーの支配とアラジンの暗殺を目論む。 1度は部下であるラズールたちにアラジンの暗殺を命じるが、ジーニーの2度目の願いで生還したアラジンにこれまでの悪事を暴かれ、サルタン直属の衛兵たちに反逆罪として連行されそうになり、逃亡。 その後、イアーゴを使わせランプを盗み、ジーニーを脅しつつ従わせて1度目の願いでアグラバーの支配者となり、2度目の願いで世界で最も力のある魔法使いと化し、無敵となる。 アラジンを冬山へ追放するも、絨毯の手助けで戻ってきたアラジンと対決する際に「臆病なヘビ」呼ばわりされ、大蛇に変身する。 長い胴をアラジンの体に巻きつけ絞め殺そうとするも、アラジンの口車に乗せられ、ジーニーに自分自身を真の世界最強の存在=ジーニーにする願いをかなえてもらい最強のジーニーと化す。 それが裏目に出てイアーゴを道連れに専用の黒いランプに閉じ込められ、ジーニーによってアグラバーから砂漠まで投げ飛ばされてしまった。 モデルはアッバース朝の宰相ヤフヤー・イブン=ハーリドの次男である。 実際のジャアファルは気さくな性格で、庶民に人気が高かったにもかかわらず、突然の粛清にあい一族もろとも首を刎ねられた悲劇の貴公子であったとされ、極悪人として描かれたジャファーとは大きく異なる。 イアーゴ(Iago) ジャファーのペット兼参謀役である、赤い羽毛と紫の尾羽を生やした極彩色の。 一見ごく普通のオウムだが、実際は流暢に人間の言葉を話すことができる。 声真似が得意であり、それで相手を騙したり、自画自賛したりする。 一人称は「オレ」。 怒りやすく口の悪い毒舌家だが、憎めない性格。 悪知恵も働くようで、魔法のランプを入手することに失敗した後、ジャファーがジャスミンの夫となる形で王位に就いて彼女とサルタンを追い出すことを提案している。 ジャファーには信頼されているが、うるさがられたり、都合が悪くなると八つ当たりされることも多い。 サルタンに食べさせられるカビの生えたが大嫌い(サルタン本人は知らない様子)で、復讐として食べさせたこともある。 最後はジーニーと化したジャファーがランプに閉じ込められる際に逃亡を図るも、ジャファーに捕まれて共々ランプに閉じ込められた。 続編ではジャファーに愛想を尽かしランプから脱出、アラジン達の仲間を経て、完結編ではアラジンの父カシームの生き方に触れ、カシームの仲間になる。 衛兵(The Royal Guards) 衛兵隊長の ラズール(Razoul、小説版での表記は ラザウル)率いる衛兵部隊で、泥棒稼業のアラジンと日々敵対している。 全員悪人のような人相。 表向きではアグラバーに仕えるが、その実態はジャファー個人の部下であり、彼の命令でアラジンを冤罪で捕らえたり、海底に沈めて殺そうとした。 内心ではアラジンの肩を持つサルタンやジャスミンの事もよく思っていない。 以後の続編やテレビシリーズではジャファーが追放された為、サルタンの部下として登場するものの、未だにアラジンを毛嫌いしている様子で、隙あらば殺そうと目論んでいる。 その他 (Sultan) アグラバーで、ジャスミンの父親。 ジャスミンは「お父様」、従者及びアラジンは「陛下」と呼ぶ。 非常に小柄で太った体型の、白髪と髭に顔を覆われた老人。 ジャスミンの母である妻を亡くし、ジャスミンの将来を案じて結婚を急かしている。 動物や玩具が好きで、人をすぐ信じる好々爺。 たびたびジャファーの催眠術で操られては、言いなりになっている。 毎回イアーゴが嫌がっているのを知らずカビの生えたクラッカーを与えているが、ジャファーにアグラバーを支配された時は仕返しに同じ物を食べさせられた。 事件後はアラジンとジャスミンの結婚を認めた。 サルタンとはアラビア語で「権威ある者」を意味する語で、一般には「王」あるいは「皇帝」と訳される。 モデルはアッバース朝5代目カリフにして、アッバース朝最盛期を築いた貴公子。 ラジャー(Rajah) ジャスミンのペットの巨大な。 ジャスミンが幼い頃から大の仲良しで、彼女以外の人間には懐かず牙を剥くためジャスミンに求婚する王子たちを追い出すのに一役買っている。 ジャスミンの家出を止めようとしたものの、聞き入れられなかったため協力したこともある。 ジャファーの魔法で子猫の姿に変えられるが、事件後に元に戻った。 魔法の洞窟(Tiger Head、小説版での表記はタイガー神) 虎の顔をした喋る洞窟。 ダイヤの原石(のように飾り気が無く清らかな心の持ち主)以外の人間は一歩たりとも洞窟に足を踏み入れることを許さず、洞窟に入ることを許した者であってもランプ以外の宝物に触れた場合、容赦なく閉じ込めてしまう。 本作に登場するキャラクターの中で唯一CGで描かれている。 ガジーム 冒頭でジャファーから魔法の洞窟を出現させるために必要な黄金のを盗んでくるように雇われた泥棒。 ヒゲ面で小太りの男。 ドジでヘマが多く、ジャファーやイアーゴからはぞんざいに扱われる。 スカラベを盗む際に所有者たち2~3人を殺害している。 ダイヤの原石ではなかったために、魔法の洞窟に閉じ込められる形で圧死した。 アクメッド王子 アグラバーの隣の国に住む成金趣味な王子でジャスミンの花婿候補。 金以外に興味を持たず貧乏人をすべて下等とみなしている。 自分が乗った馬の前に飛び出してきた子どもを鞭で打とうとし、それを庇ったアラジンに「金持ちならもっと人に親切にしてみろ」と抗議されても歯牙にもかけず彼を突き飛ばし、「役立たずのドブネズミ」「ドブを這いずり回って死ね」「悲しむのはたかっているノミだけだ」等と悪態を付く。 翌日、ラジャーにズボンを噛みちぎられてパンツを露出するという屈辱を味わい、文句を言いながら怒って帰ってしまう。 サルタン直属の衛兵 ラズール率いる衛兵部隊とは別の部隊である、サルタン個人の部下。 ジャファー個人の部下であるラズールたちとは対照的に人相がよく、サルタンやジャスミン、アグラバーに純粋に仕えている。 アラジンから真相を聞いたサルタンの命令でジャファーを反逆罪で連行しようとするが、逃げられてしまった。 行商人(Peddler) 本作の冒頭で登場する行商人。 胡散臭い商品ばかりを扱っているように見えたが、何らかの経緯によって、ジーニーの魔法のランプを手に入れている(時系列上は本編の後であることが彼の語りから分かる)。 ストーリーの狂言回し的な存在であり、彼の店を訪れたお客(映画の観客)を『アラジン』のストーリーに引き込んでいく。 完結編では終盤に登場し、魔法の絨毯に乗るアラジンとジャスミンたちに手を振っていた。 また、彼の歌うアラビアンナイトで完結編は幕を閉じる。 『キングダム ハーツII』では欲深い商人として登場し、ジャファーが封印されたランプを高値で売ろうとするもピートに奪われ、それをアラジン側についたイアーゴに取り上げられた。 その後、ランプを見つけ出し、ジャファーを解放し、事件の発端を生んでしまう。 製作当時、この行商人はジーニーだと設定されており、映画の最後で正体が明かされる予定があったが、最終的にそのシーンがカットされることになったという。 スタッフ• 製作:、、エイミー・ペル、ドナルド・W・エルンスト• 監督:ジョン・マスカー、ロン・クレメンツ• 脚本:ジョン・マスカー、ロン・クレメンツ、、• オリジナル作曲:(『』でを受賞)• プロダクション・デザイン:R. ヴァンダー・ヴェンデ• 編集:、• 美術監督: 日本語版• 演出:• 翻訳:、• 訳詞:• 音楽演出:深澤茂行• 録音・調整:伊藤恭介• 録音制作:スタジオ・エコー• 制作:DISNEY CHARACTER VOICES INTERNATIONAL, INC. 主題歌 とのデュエット曲『』。 同曲は全米No. 1ヒットを記録し、最優秀主題歌賞やソング・オブ・ザ・イヤーなどを受賞した。 挿入歌• アラビアン・ナイト( Arabian Nights)• 一足お先に( One Jump Ahead)• フレンド・ライク・ミー( Friend Like Me)• アリ王子のお通り( Prince Ali)• ( A Whole New World)• アバヨ、王子様( Prince Ali Reprise ) 地上波放送 回数 テレビ局 番組名 放送日 吹替版 備考 1 1993年版 2 2008年版 本編ノーカットで放送。 3 の公開を記念して、本編ノーカットで放送。 舞台 詳細は「」を参照 ブロードウェイ 3月、で『 』のタイトルで化された。 では作品賞を含む5部門にノミネートされ、役のジェームズ・モンロー・アイグルハートは最優秀助演男優賞を獲得した。 日本版 概要 日本ではが上演権を取得し、の訳詞によって 、から「」で上演されている。 本作の以外の言語での上演および以外での上演は日本が初めてだった。 キャストはすべて公開オーディションで決定し、公開オーディションは劇団外からの参加も可能だった。 2014年の公開オーディションでは、外部応募者としてとがジーニー役に応募していた。 同年11月25日、キャスト候補が発表された。 にチケットの一般販売が開始されたが、正午の時点でチケット総販売枚数が20万9000枚を突破し、劇団四季の史上販売枚数の最高記録を更新した。 主なキャスト• アラジン - 、、、、、、• ジャスミン - 、、、、• ジーニー - 、、、、• ジャファー - 、、、• イアーゴ - 劇団四季を退団したため、今後出演はない。 、、、、、• カシーム - 、、、• オマール - 、、、、• バブカック - 、、、• サルタン - 、、、、 実写 「」を参照 関連作品• - 本作の続編。 - 本作の完結編。 - 本作のテレビアニメシリーズ。 コンピュータゲーム• 『アラジン』• 、の専用ソフトとしてセガ(後の)から7,800円で発売された。 同じ映画を題材にしたアクションゲームが2週間後にでも発売されたが、それぞれまったく別のゲームである。 そのためステージ構成からシステム面まで違いがあり、アラジンやアブー(ボーナス面のみ)が剣を装備していたり、キャラクターがより滑らかな動きをしていたりするなど違いがある。 メガドライブ版『アラジン』の売上本数は世界合計で600万本を記録している。 『アラジン』• 、の専用ソフトとしてから9,000円で発売された。 メガドライブ版とは別のゲームである。 主人公のアラジンは「踏み付け」と「リンゴを投げつける」の2つの攻撃方法を駆使し、全6ステージのクリアを目指す。 難易度は抑え気味であり、アクションゲーム初心者に適している。 映画の世界観を損なうことなく仕上がったグラフィックと、ディズニー映画らしいアニメーションを可能な限り再現したキャラクターの動きに定評がある。 後にに移植された。 『アラジン』• 、の専用ソフトとしてセガ(後のセガゲームス)から3,800円で発売された。 横スクロールのアクションゲームになっており、メガドライブ版とは別の内容である。 メガドライブ版と異なり、文字説明だけでなく会話シーンが用意され、ゲーム構成も映画に近いものになっている。 『アラジン』• 、の専用ソフトとしてカプコンから4,800円で発売された。 スーパーファミコン版の移植ソフトである。 ステージなどが追加され、音楽が一部差し替えられている。 その他• 『』 - アラジン、ジャスミン、ジーニーらが登場する。 『』 - 作品内でアラジンが登場する。 2010年5月1日閲覧。 『キネマ旬報ベスト・テン85回全史 1924-2011』(キネマ旬報社、2012年)524頁• 「ブエナ・ビスタ発売のビデオ 『キツネと犬』快調」『』1994年4月6日付、7面。 「ブエナ・ビスタ 「アラジン」220万本 「白雪姫」は180万本」『日経産業新聞』1995年1月23日 付、7面。 日本版. 2019年6月19日閲覧。 石井一孝のブログ 石井一孝の情熱マニア日記. 2019年6月19日閲覧。 (2014年9月29日、)• 編 『』 (M. ムック)、2016年。 p89.

次の

アドベンチャー・オブ・アラジン あらすじ

アラジン王様名前

「眠れる森の美女」あらすじ シャルル・ペロー原作。 チャイコフスキーのバレエ音楽「眠れる森の美女」を使用したプリンセス作品。 王女オーロラ姫は魔女マレフィセントの呪いによって永遠の眠りにおちいってしまう。 しかし、王子フィリップがマレフィセントを倒し、眠りにおちた姫に口づけをすると呪いがとけて目が覚めるのだった...。 1位は「 眠れる森の美女」でした。 日本人の中では「ディズニーのお城=シンデレラ」のイメージが強いですが、 海外では「ディズニーのお城=眠れる森の美女」なんですね。 ちなみに、世界ではじめてできたディズニーランドがカルフォルニアにあります。 そこのお城もモデルが「眠れる森の美女」なので、 「ディズニー・キャッスル=眠れる森の美女」のイメージが強いのかもしれませんね。 世界のディズニー・キャッスル紹介 カルフォルニア モデル「眠れる森の美女」 高さが25mと最も小さなディズニー・キャッスル。 フロリダ モデル「シンデレラ」 2番目にできたディズニーランドで名前は「ウォルト・ディズニー・ワールド」。 広さは世界一です! 東京 モデル「シンデレラ」 世界で3番目にできたのが「東京ディズニーランド」。 高さは51m。 パリ モデル「眠れる森の美女」 4番目にできたのがフランスの「ディズニーランド・パリ」。 高さは45mと大きい。 丘の上にある感じがすてきですね。 香港 モデル「眠れる森の美女」 世界で5番目にできたのが「香港ディズニーランド」。 オープンは2005年。 上海 モデル「プリンセス作品のすべて」 2016年にできた6番目のランドが「上海ディズニーランド」。 高さは60mと最大! それぞれに個性があって見ているだけでも楽しい! また、モデルとなったお城にも行ってみたいですよね。 ぜひ、海外のディズニーに行ったときには、乗り物だけでなく「お城」にも注目してみてくださいね。 関連記事: ディズニーが実写映画化を計画している全13作品を一挙紹介!|2017年以降公開予定.

次の

映画「アラジン」ジャファーの名前の意味や理由は?年齢や役職の位についても

アラジン王様名前

アラジンと魔法のランプのあらすじ むかし貧しい仕立て屋がいました。 名前はムスタファと言います。 ムスタファの息子のアラジンは仕事を覚えようともせずに、遊んでばかりいたのです。 そうするうちにムスタファは亡くなって母親だけになると、アラジンは一層遊びまわるのです。 そしてアラジンが15歳の時、見たこともない男がやって来て、自分はムスタファの弟だと言います。 その男はムスタファが亡くなったと聞いて、号泣するものですから、アラジンも母親もすっかり信じ込んでしまうのです。 そして男はお土産を持って来たり、アラジンに高価な服を買ってやったりしました。 するとある日、男は「アラジンを上流の人が集まる公園へ案内します。 」と言ってアラジンを連れ出します。 実はこの男は大ウソつきで、ムスタファの弟ではなく、魔術師だったのです。 それから男はアラジンを連れてどんどん遠くへ連れて行きます。 」と言い、やっとそこにたどり着くと何やら呪文を唱え始めました。 すると、不思議なことに大地がグラグラ揺れて、穴の底に大きな岩の板が出てきました。 ですからアラジンは怖くなって逃げようとしましたが、男につかまってしまいます。 男はアラジンにお守りの指輪を渡し、地下室の奥のランプを取って来るように言いました。 そして、「アラジン、ランプを取りに行けるのはこの世にお前ただ一人なんだ。 」と言うのです。 なのでアラジンは勇気を出してランプを取りに行きます。 男は「行く途中は絶対に周りの物に触るな。 帰りに庭の果物を取るのはかまわん。 」というので、アラジンは言われた通り、行きは金貨の袋や果物に触らず、無事にランプのある所までたどり着きます。 そして、ランプを懐に入れて帰りに果物をたくさん詰め込んで帰るのです。 ですので、ランプは背中の方に押しやられてしまいます。 入り口で男はまずランプを渡すように言います。 ですが、ランプは背中の方に入っているので「穴の外に出ないと渡せない。 」とアラジンが言うと男は石の板の入り口をふさいでどこかに行ってしまったのです。 さて、穴の中は真っ暗でアラジンは手探りで出口を探しましたが見つかりませんでした。 アラジンはとうとう座り込んでお祈りをするように手を合わせます。 そうすると、指輪の精がどこからか現れたのです。 そして指輪の精は「指輪を持っている方の奴隷でございます。 」と言うのでアラジンは「それなら何とかして外に出たいんだ。 」と言って気が付くともう穴の外に立っていたのです。 それからアラジンはふらふらになりながらやっと家にもどります。 アラジンはとてもお腹がすいていたのですが、家の中には何も食べる物がなかったので何か売るものはないかと探し始めます。 アラジンはランプを持って帰って来たことを思い出し、お母さんはそのランプがあまりにも薄汚れていたので、ランプを磨こうとした瞬間、今度はランプの精が出て来たのです。 ですからアラジンはランプの精に何か食べる物を出してくれるように頼みます。 するとランプの精はたくさんのごちそうと飲み物を持ってきて消えてしまいます。 料理は金の皿に乗っていたのでアラジンとお母さんはごちそうを食べたあとお皿を売ってしばらくは暮らすことが出来たのです。 ある日おふれが出て、「お姫さまが浴場においでになるので、しもじもの者は家の戸を閉めて中にいる事。 窓から尊い姿をのぞいたりしてはいけません。 」だとのこと。 ですが、アラジンは美しいと評判のお姫さまをひと目みたいと思うのです。 なのでアラジンは浴場へ先回りして扉の陰にひそんで見ていたのです。 お姫さまはベールをぬいでササーっと浴場に消えていきました。 その日からアラジンはお姫さま事ばかり考えていたのです。 そして、どうにかして自分のお嫁さんになってもらえないか考えていました。 ですので、アラジンはランプを取りに行った時に採ってきた果物を出してきました。 この果物は実は全部宝石だったのです。 その宝石を瓶に入れてお母さんにこれを王様の所に持って行って自分にお姫さまを下さるようにお願いしてくれと頼むのです。 何とか母親が王様にお願いすると、王様は「こんな高価な宝石を持ってくるのだから、きっと裕福な家の者であろう。 」と考え「よかろう。 」と考えもしないで返事をするのです。 母親はそれは喜んでアラジンに報告すると、アラジンも大喜びで婚礼の日を待ちわびていたのです。 しかし、町が騒がしくなり、母親が聞いてみると、なんとお姫さまが大臣の息子と結婚するお祝いだそうです。 なんとこの婚礼は前から決まっていたという事です。 ですので、アラジンはランプの精に頼んで2人が寝ているベッドごと運んできてもらうのです。 そして、大臣の息子はまほうのにかけられ夜じゅう閉じ込められるのです。 何晩もそんな怖い目にあった大臣の息子はお姫さまと結婚するのをやめてしまいました。 ですから母親はまたアラジンにお姫さまをもらう話をしに行くと、王様は「大皿にもった宝石を40皿用意しろ。 」と言うのです。 なのでアラジンはランプの精に頼み、王様の言う通りに宝石を用意しました。 すると、王様はアラジンをお姫さまのおむこさんにすることを承知したのです。 それから一晩で王様の宮殿の前に一層大きな宮殿を作ったのです。 そして、結婚式は滞りなく行われ、アラジンは王子さまになりました。 そして、何年か過ぎた頃、おかしな男が現れて、古いランプと新しいランプを取り換えますよと言うので、お姫さまは次女に夫の部屋に置いてある古いランプと新しいランプを取り換えるように言いつけたのです。 この男は実はアラジンにランプを取りに行かせた魔術師でした。 ランプを手に入れた魔術師はさっそくランプをこすってランプの精をだして、アラジンの宮殿をアフリカに運べと指示したのです。 宮殿はお姫さまごとなくなり、アラジンは40日以内にお姫さまを探し当てないと王様に首をはねられます。 アラジンは三日三晩探し回り、最後には手を合わせて祈り始めました。 すると、はめたまま忘れていた指輪の精が出てきて「御用でしょうか?」と聞くのです。 ですからアラジンは自分の宮殿とお姫さまのいる場所に連れていってくれるようにたのみました。 そして、アラジンは眠り薬を魔術師に飲ませ、眠った所でランプを取り戻し、魔術師を殺してしまいます。 それからアラジンとお姫さまは幸せな日々を送りました。 おしまい アラジンと魔法のランプの教訓 このお話の教訓は、あきらめずに願い続ける事です。 そして、あきらめなければ、なんとかなるという事です。 アラジンは1人で真っ暗な穴の中に閉じ込められた時も、お姫さまと結婚したいと思った時も、お姫さまが宮殿ごとどこかへ行ってしまったときも、ずっと願い続けていたのです。 このお話の中ではランプの精や、指輪の精が助けてくれるのですが、もうどうしようもないと思った時に人は意外な能力を発揮するもので、それはその人の今までの生き方や前向きな考え方や、色々な経験があるからなのです。 そこには、知識も必要ですが、実際に使える知恵や、どれだけ落ち着いて対処できるかという事も含まれてくるのです。 このアラジンはお父さんに服の仕立ての勉強をしろと言われてもあそんでばかりでちっともいう事をききませんでした。 アラジンは遊ぶことで、家の中の事や家業の事だけではなくて、世の中の事や人との接し方を学んだのではないでしょうか? 後先も考えずに遊べることは実はとてもすごい事なのです。 遊び続けたらどうなるかとか、利益になるとかならないとか考えないで物事をやり続けられることはある意味すごいと思うのです。 どうしても、人はこの事をし続けたら何が手に入るかとか、何が出来るようになるかとか、お金が入って来るかとか、利益を考えてしまいます。 でも、好きな事を趣味として楽しくやり続けた人の方が最終的には本当にやりたいことを出来ているのではないでしょうか? 色々な悩みはつきませんが、遊ぶ時には思いっきり遊びに没頭して、自分の好きな事を突き詰める事が大事なのでしょう。 反対に何かの為とか、将来の仕事になるとか、純粋に楽しんで趣味に没頭できなかった人は、自分が何が好きで何が出来て何に向いているのかわからなくなってしまうこともあるのです。 例えば私は趣味だと言って色々な事をやりながら、何もかも忘れて没頭したことがなく、どこかで無駄な時間をすごしているような気がして罪悪感があったり、やっている事が恥ずかしくて家族や友達に見せられなかったりしていました。 どこか、没頭している自分を作っていたような気もするのです。 そんな趣味が長持ちするわけもなく、色々な趣味と遊びを転々としてきました。 ですから、1つの事を「好きだ!」と言って、没頭して時間を過ごせる人がどこかうらやましいのです。 それからもうひとつはお姫さまのような人は、自分と全く違う、ちょっとどこかこの人大丈夫かな?という感じの人を好きになる事が多いという事です。 人はどうして自分の中にない物を持っている人に惹かれるのでしょう? 実は自分と似た所を持っている人には遺伝子的に惹かれあいにくくなっているのです。 これは強い子孫を残すためなのだそうです。 自分と似た所を持っている人の方がお互い分かり合えて楽しく生活できそうです。 でもなぜか実際にとても惹かれて付き合うのは全く何を考えているか理解できない位、自分と違う所のある人の場合も多いのです。 そして、このお話は困った時に大きな力を持ったものが現れて助けてくれて、しかも逆玉に乗ってお金持ちになるという夢みたいなお話で、最後には悪者もやっつけて地位も力も手に入れる誰もがうらやむサクセスストーリーです。 現実離れしたお話だからこそ物語になって広まっていったのです。 実際には困難には自分で立ち向かい、地位もお金も実力で手に入れなければなりません。 実はこのお話には『現実ではそんなにうまくいく事はめったにないよ。 』という教訓もあるのではないでしょうか。 西洋に紹介されたアラビアンナイトにはこのお話がかかれていた物もあるのです。 ディズニーなど何度も映像化されている。 まとめ アラジンと魔法のランプの教訓はあきらめなければ、なんとかなるという事です。 そして、遊ぶ時には思いっきり遊びに没頭して、自分の好きな事を突き詰める事が大事だという事です。 ピンチの時に強い大きなものが現れて悪者を倒してくれるお話は分かりやすくて子供にとても人気のあるお話です。 しかも、ベッドや宮殿を人をのせたまま運ぶというシーンはみんなが憧れるシーンなのではないでしょうか?.

次の