テラリア いん せき。 クロロファイトこうせき

【テラリア攻略4】金策!こくようせきのドクロ。居酒屋。空島

テラリア いん せき

宇宙空間から中に突入し,までしてきた固体。 これまでに発見されているいちばん大きな隕石は,1920年にドイツ領南西アフリカの近郊で発見されたホーバで,直径 2. 7m,重量は約 60tある。 大きな隕石が地表に衝突すれば,アリゾナのようなをつくることもある。 多数の隕石が一時に降るときはという。 隕石はその落下する様子()が目撃されたあと採集されたものと,落下の様子は目撃されていないが偶然発見され採集されたものの 2種類がある。 後者を英語で Find(発見隕石)といい,前者を Fall(目撃隕石)と称して区別している。 隕石はその,構造により(目撃隕石の種類別比率 92. 目撃隕石の種類別比率は中の隕石の比率に比較的近いものと考えられる。 しかし発見隕石だけで種類分けを行なうと,圧倒的に隕石が多くなる。 これは石質隕石は,地球の岩石と似ていて発見が困難なことと,風化浸食作用によって古い石質隕石が消滅するためである。 石質隕石は,おもに,特に橄欖石や輝石などの鉱物からなる。 石鉄隕石は,鉄隕石と石質隕石をほぼ等量に含むもので,鉄隕石と石質隕石の中間に属する。 石質隕石はさらに二つのグループに分けられる。 その一つは隕石中にと呼ばれる直径 0.1~10mmの丸い粒を含んでいるもので,と呼ばれる。 一方コンドリュールを含まない石質隕石は(アコンドライト)と呼ばれる。 コンドライトの組成は,その不揮発性元素に対して太陽大気中の組成とたいへんよく似ており,コンドライトは太陽系の歴史をそのまま残した貴重な資料と考えられている。 隕石の起源は,との間に散在するであり,木星やほかのの重力の作用を受けてが変化し,地球に突入したという説が有力である。 このほかの中心核の部分が炭素質隕石の親であるとする説もある。 出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について の解説 惑星空間に存在する固体物質が燃え尽きないで惑星表面に達したもの。 大気との衝突によって多数の破片になることもあり,このときには広い範囲に多数の隕石が落下する(隕石雨という)。 隕石は主として,鉄の合金である金属相および鉄,マグネシウムのケイ酸塩鉱物からなり,両者の量比により,,の3種に分けられる。 世界最大の隕石はのホバ隕石で最大直径が2. 95m,重さが約66t。 ほとんどの隕石の結晶生成の年代は約45億年を示すこと,化学組成や鉱物組成が地球の物質に近いこと,飛行軌が小惑星帯に至ることなどから,隕石は地球と類似の起源をもつ太陽系物体と考えられ,地球の成因研究上貴重な資料とされている。 その大部分は、火星と木星の間に位置する小惑星帯から由来したものであり、45. 5億年前の原始太陽系の中で形成された小天体の破片である。 しかしその一部には、彗星 すいせい の残骸 ざんがい と考えられるもの、あるいは火星、月の表面物質が、なんらかの衝撃によって飛散したと思われるものも混在する。 隕石の大きさは、小さなもので数グラム、もっとも大きなもので60トンに達する。 大きな隕石が地表に激突すると隕石孔が形成される。 地球には54個の隕石孔が知られているが、このうち、アメリカのアリゾナ州の砂漠にある隕石孔はとくに有名である。 これは、直径1295メートル、深さ174メートルの孔であり、1万トン級の隕鉄が超音速で衝突して形成されたと推定される。 しかし、その大部分は蒸発し、数キログラムの隕鉄が孔の周辺から回収されたにすぎない。 なおこの隕石孔の底部から、すでに人工的に合成されていたシリカの高圧鉱物が天然において初めて発見された。 衝突時に発生した衝撃波が、地表の石英粒をコース石、スティショバイトとよばれる高圧鉱物に転換したのである。 大英博物館発行の隕石カタログによれば、1960年代までに世界中で2045個の隕石が知られていた。 1970年代に入ると、日本の国立極地研究所が組織的な南極隕石探索を開始し、多くの隕石を回収、その結果国立極地研究所南極隕石センターには1万6000個を超える隕石が保管されることとなった。 日本のほかにはアメリカや中国などが数多く保有している。 隕石には、隕鉄、石鉄隕石、石質隕石の3種類がある。 隕鉄は鉄・ニッケル合金である。 石鉄隕石は鉄・ニッケル合金とケイ酸塩鉱物をほぼ等量含む。 石質隕石は主としてケイ酸塩鉱物からできている。 この石質隕石は、その内部構造に基づいてさらに二つのグループに分類されている。 内部に、コンドルールとよばれるミリメートル・サイズのケイ酸塩液滴を含むものはコンドライト、含まないものはエコンドライトと名づけられている。 エコンドライトは地球の火成岩によく似た隕石である。 一方、コンドライトを特徴づけるコンドルールは、地球上の岩石には存在しない。 隕石と地球上の岩石との間にみられる大きな違いは、金属鉄の有無にある。 地球上の岩石には金属鉄はほとんど含まれないが、隕石では金属鉄を含まないもののほうがまれである。 地球上の岩石に比較すると、隕石はかなり還元的な環境で形成されたといえる。 ちなみに、人類が金属鉄の有用性に気づいたのは、隕鉄の存在によるという説がある。 また、地球の中心部コアが金属鉄からできているという認識も、隕鉄の存在に依存するところが大きい。 化学組成的に隕鉄、石鉄隕石、エコンドライト、コンドライトに分類される隕石についてその成因を考えると、コンドライトとその他の隕石の二つのグループに大別するほうが明解である。 コンドライトの化学組成は、太陽大気の組成とたいへんよく似ている。 太陽は太陽系を構成する物質の99%以上を占めるので、コンドライトは太陽系全体を代表する始原的な固体物質であるといえる。 一方、隕鉄、石鉄隕石、エコンドライトの化学組成は、太陽大気の組成とは甚だしく異なり、その構造は溶融物が固化するときに生ずる特徴を示している。 それゆえ、コンドライトは始原隕石、その他の隕石群はまとめて分化隕石とよばれる。 分化隕石グループは、始原隕石物質が一度溶けて分化して形成された。 その母天体は、地球に似た層構造をもつ、直径数百キロメートルの小天体であった。 隕鉄はこの小天体のコアを、石鉄隕石はコア・マントルの境界を、エコンドライトはマントルと殻を占めていたのであろう。 始原隕石と分化隕石を区別するもう一つの特徴は落下頻度である。 地球に落下する隕石はコンドライトが圧倒的に多く、分化隕石グループの落下頻度は、合計しても15%に満たない。 小惑星帯にはコンドライト的小天体が多く存在し、分化隕石的小天体の数は少ない。 小惑星帯を構成する小天体群は、かつて存在した大惑星の破片ではなく、惑星まで成長することができなかった微惑星の集合体である。 始原隕石コンドライトの生成年代は、45. 5億年であり、その後地球を訪れるまでに二次的に溶けた形跡がない。 それゆえ、この隕石は星雲状態にあった原始太陽系の中で最初に形成された微惑星の破片であるといえる。 コンドライトには、鉄の酸化還元状態に大きな違いがみられる。 また、その中には高温鉱物と低温鉱物が共存する。 原始太陽系星雲の温度分布および酸化還元状態は一様なものではなく、刻々と変化するものであった。 コンドライトのうち、揮発性成分をより多く含む炭素質コンドライトは、太陽系のロゼッタ・ストーンとしてとくに名高い。 この隕石に含まれる高温鉱物の一部に、地球、月、その他の隕石とは異なる同位体組成を示すものがある。 この異常物質は、原始太陽系星雲に打ち込まれた超新星放出物である可能性が大きい。 一方、その低温鉱物には、各種アミノ酸をはじめいろいろな有機化合物が含まれている。 原始太陽系星雲は、異なる原子核合成の歴史をもつ塵 ちり の混合物であり、生命の前駆物質である有機化合物はすでにこの星雲の中に用意されていたのである。

次の

隕石(いんせき)とは

テラリア いん せき

概説 [ ] 惑星間空間に存在する固体物質が地球あるいは惑星表面に落下してきた際、を通過中に高熱でせずに残ったものが隕石である。 では日本をはじめとして各国のが1985年まででも7500個の隕石を回収した。 隕石カタログ(Catalogue of Meteorites 2000年版)には2万2507個(南極隕石1万7808個を含む)が掲載されている。 このうち2万1514個(95. を用いた測定によって、隕石の多くはおよそ45億年ほど前にできたもので、の初期、が形成された当時の始原的な物質であろうと推定されている。 また、隕石の起源天体との起源天体は必ずしも同種ではない。 大きさ 地表に到達するまでに小片になることもあれば、大きな塊のまま到達することもある。 大気との衝突によって多数の破片になり、楕円形の地域(長径数から数十キロメートル に、数十個から数百個程度、まれには数万個程度の微小な物質となって落下する(「隕石雨」と呼ばれる)。 この場合は数百から数程度のものが多い。 今のところ発見された中で最大とされる 大きな塊のまま落ちてくることもあり、北アメリカの(直径1. 2キロメートル)を作った隕石は数万 から数十万トンの質量だったと推定されている。 隕石そのものが発見された中で最大なのは(1988年の『世界大百科事典』出版当時で)ので、重さ66トンである。 語源 [ ] 英語では meteorite メテオライトのは、 「meteoron メテオロン」(天上のもの)で、 meteoros メテオロス「空中高く」の意のに由来する。 隕の字は「高所から下に落ちる」という意味で、これを meteor の訳語に使ったのは(明治8年・1875)の隕星石が最初と思われる [ ]。 その後、明治20年代には隕石あるいは大隕石の語が用いられている。 隕石の落下 [ ] 落下の様子 落下の時には巨大なが出現し、間は空が真昼のように明るくなることもある。 による爆音の響く範囲は数十四方を越えることも多い。 伝承 さまざまな地域に隕石のことを語ったと思われる伝承や記録が数多く残されている。 の『』には次のような記述がある。 鉄隕石 iron meteorite は、主に金属鉄(Fe-Ni合金)から成る隕石である。 分化した天体のに由来する。 ニッケル含有比と構造から、 hexahedrite 、 octahedrite 、 ataxite に大きく分けられる。 オクタヘドライトには、数百万年の時間スケールでの冷却によって生じるが特徴的な模様として現れる。 これはFe-Ni合金の型結晶構造が出現したものでと呼ばれるものの特長である。 平均して8. また少量のおよびなどの非金属元素も含まれる。 地域によっては、などに利用されていた。 石鉄隕石 [ ] 石鉄隕石 stony-iron meteorite は、ほぼ等量のFe-Ni合金とケイ酸塩鉱物から成る隕石である。 分化した天体のに由来する。 pallasite と mesosiderite に分類される。 固体惑星に似た組成の小天体のうち、概ね直径100以上のものは内部が融解し得ると考えられている。 小天体の内部でが生じれば、によって成分分離が起こり、の大きい金属が中心に集まってとなり、これをより密度の小さい岩石質の物質が包んでとなる。 このような小天体が、相互衝突などによる何らかの外力を受けて破壊されたものが、隕石として地表に落下してくる天体小片であると考えられる。 中心核が鉄隕石であり、マントル部が石質隕石である。 小天体の中心核とマントルは明瞭な境界があるのではなく、境界領域では金属鉄とが混在する。 これが石鉄隕石の起源物質であると考えられている。 と呼ばれる鈍いを持つ鉱物を伴うことが多い。 石質隕石 [ ] stone meteorite は、主にケイ酸塩鉱物から成る隕石である。 球粒状構造の chondrule がある chondrite と、ない achondrite に大きく分けられる。 コンドライトは未分化の天体、エイコンドライトは分化した天体のやに由来する。 、などはエイコンドライトに含まれる。 有史以降の隕石による主な被害 [ ] に落下したの中で最大の破片。 1710kg。 の展示。 国全体の面積が小さいでは、落下する隕石の数はそれほど多くないものの、の高さゆえ、隕石落下に伴う火球の目撃や落下した隕石の回収率は高い。 隕石と認定されたものは50個ほどである。 最古のものは、(3年)に福岡県直方市に落下し、須賀神社に保存されている 472 である。 これは落下記録が残るものとしては現存最古である (従来はにの ()に落下した 127キログラム だった。 ただし直方隕石が実際に落下したのは1749年(2年)とする説も存在する。 が1969年にのふもとに集積していた9個の隕石を採集したことに端を発し、その後、南極大陸の特定の場所(基本的には山脈のふもと)に隕石が集積するシステムが明らかになり、現在まで1万6700個(極地研より)の隕石を発見・回収した結果、日本は世界で二番目に多くの隕石を保有する国となった。 南極で発見された隕石の大半はの南極隕石研究センターが保管しており、分類と研究が進められている(詳細は「」を参照)。 他に、海外で発見された隕石を博物館などが保有しているものもある。 隕石の命名 [ ] 慣行として、落下地点における配達を受け持つ(郵便区とする)集配の名がつけられる。 隕石が落下中に分解した場合、最もの大きい破片が落下した地点を郵便区とする郵便局の名がつけられる。 [ ] 誰が発見者かが争われる場合があり、また砂漠の只中に落ちた場合など、その地域を管轄する警察署や消防署は存在しない場合がある。 しかし、その地域を郵便区とする郵便局だけは、どこの国でもほとんどの場合は存在するため、配達受け持ち郵便局の名を隕石の名とすることが世界的な慣行になっている。 同一郵便区内に2個以上の異なる由来の隕石が落下した場合、 a 、 b 、 c とアルファベットの符号をつけて区別する。 などはアルファベットでは足りないため、数字で区別される。 南極の隕石の命名 [ ] 南極で発見された隕石は、総称してと呼ばれる。 南極隕石は同じ地点で大量に発見されるため、特別な命名がなされる。 日本の南極地域観測隊がで発見した隕石は、総称してやまと隕石 Yamato meteorites と呼ばれる。 当初は命名規則どおり、 a 、 b 、 c などの符号をつけて識別していたが、数が膨大になったため、現在は「やまと75105」 Yamato 75105, Y-75105 などと番号で呼ばれる。 5桁の数字の上2桁は発見年を示し、残りの3桁はその年に発見された隕石の通し番号を示している。 この隕石はやまと山脈でに発見された105番目の隕石であることを意味している。 同様に、周辺で発見された隕石は Asuka A- 、周辺で発見された隕石は Allan Hills ALH- と名づけられる。 この命名は、正式な命名規則が決定するまで、暫定的に国際的に認められることになっている。 隕石発見時に行う手続き [ ] 隕石は落下時に、地球の重力によって激しく分解され、との断熱圧縮で激しく発熱する。 このとき隕石表面が融け、溶融殻 Fusion crust が出来る。 しかし、一般に隕石かどうかの判定は専門家でないと困難である。 また、落下直後ならば見つけやすい。 屋根を突き破って落ちてきたり、木の枝が折れていて下に見慣れない岩石があったときは隕石である可能性が高い。 また、が観測された翌朝に発見されることも多い。 しかし、実際に隕石が発見されるのは極めて稀である。 山中や川原などで隕石のように見える石を見つけても、ほとんどは地球上に存在する鉱物、岩石、もしくは鉄鉱石を人間が加工した人工物である。 いずれにしても鑑定するには大学の研究室やそれに類する研究機関に送付する必要がある。 実際の鑑定としては、落下直後ならば、隕石中に含まれる放射性核種の壊変()に伴う放射線の測定、また、同位体測定、同位体測定などの比測定を用いる。 しかし、これらの測定は破壊分析のため用いる試料が微量(数から数)必要となる。 隕石は大気圏突入前までに曝されているため、エネルギーの高い宇宙線による隕石構成元素のによってなどさまざまな核種が生成される。 これらには当然放射性核種も含まれる。 中には極めて短寿命の放射性核種も存在するため、落下直後(数時間以内)に測定を行うことは、核宇宙化学にとって非常に重要である。 隕石と称して岩石を売る業者(国内外問わず)があるが、本物である可能性は極めて低い。 これも鑑定が困難なことに起因している。 日本では、一般に、最初に拾い上げた人物がを主張することができるとされる。 ただし、私有地において見つけた(拾い上げた)場合、地面にめり込んでいるかいないかで所有権が分かれ、埋まっている場合は、土地の所有者の物とされ、埋まっていない場合、拾い主に権利がある。 土地の所有者が真剣に所有権を主張した場合、この限りではない。 隕石や化石の国外への持ち出しを禁じている国もある。 隕石に纏わる地名・伝承 [ ] 日本各地には「星」にちなむ地名が残り、その多くが隕石あるいは流星に関わる伝承を持っている。 また、隕石と思われる遺物はしばしば信仰の対象となり、日本のみならず海外にも残る(一例として、帝は太陽神の御神体として隕石を祀っていた)。 隕石の落下に纏わるもの [ ] この節のが望まれています。 星崎()• は、の時代(629年 - 641年)にこの地へ星が降り、それを祭るために創建されたといわれる。 8世紀、13世紀にもこの地方に隕石が落ちたという言い伝えがある。 星宮社から南西700ほどにある喚續神社の記録では、9年()の午前0時過ぎ、南野村に隕石が落ちた。 石は喚續神社へ寄進され長く社宝として祀られていた。 にのによって隕石と確認され、と命名される。 現在は国立科学博物館に所蔵され、日本で2番目に古い隕石とされている。 星田()• では星降る信仰があり、も信仰する。 以前の)昔、に大きさほどの星が天降り、村民達が恐れての口を借りて尋ねた。 『我はなり。 守護のためこの地に降りた。 清浄な地に移し、一心に祈念すれば、諸願成就せしめん』このようなお告げに村民は喜び、早速、当時「東の高嶽」と呼んでいた 後のとなる山に隕石・御神体を移しお祀りした。 落下位置から東南8程の(中(の)字)にて今でも祀られ 関西一の信仰の場となっている。 その星(隕石)の天降ったと言われる所には今でも「元妙見」としたお堂が建てられ、代々平田姓の家が守っている。 美星()• 近くにあるに3つの隕石が落下した伝説を基にしている。 また町内にはがありの補助金によって、により2000年に建設された。 観測業務はが行っている。 の時代の元年()の夕方に一帯を真昼のごとく照らし流星が落ちる事象が長く続いたので、この評判を聞いた天皇はこの年の8月、自らも星居山へ行幸し体験、「星ノ居山」と命名。 星岡町・天山町(・)• 天から山が降ってきた地とされ、円状に5つの岡が並んでいる。 「世々を経て 幾代になりぬ 久方の 天下りけん 星岡の山」との歌も伝えられている。 隕石に関する遺物 [ ]• の「 念仏石」()• 門を入って左手の石の上に据えられている。 幅50・長さ1・厚さ30センチメートルほどの岩で、叩くと「カーン」と金属音が響くところから隕鉄と考えられている。 科学的調査は行われていないが、もしこれが隕鉄だとすれば日本で最大級の隕石となる。 本堂内にも小型のものが収められている。 これらが落下した状況はもちろん、寺に納められた経緯・時期も不明である。 の御神体「 」( )• イスラム教の聖地であるメッカのカアバ神殿の御神体は、もともと「月からの隕石」であると伝えられていた。 2, p. 42 「隕石」。 108 「隕石」• リチャード・ノートン著、江口あとか訳 『隕石コレクター 鉱物学、岩石学、天文学が解き明かす「宇宙からの石」』 築地書館 2007年 4ページ• 他編 『シリーズ現代の天文学9 太陽系と惑星』 p. 140, p. 163-164、、2008年、• Brown and Patterson, J. Geol. 56, 87, 1948. 2016年2月15日. 2020年2月16日閲覧。 2016年2月11日. 2020年2月16日閲覧。 2013年4月3日. 2016年2月10日閲覧。 AFP 2019年9月8日. 2019年9月28日閲覧。 参考文献 [ ]• 『造岩鉱物学』 、1989年、。 関連項目 [ ]• () - 民間伝承によると、流星群と共に地球に落ちてくるという原因不明のゼリー状物質。 外部リンク [ ] で 「 隕石」に関する情報が検索できます。 ウィクショナリーの ウィキブックスの ウィキソースの コモンズで()• ( 極域科学資源センター).

次の

隕石(いんせき)とは

テラリア いん せき

宇宙空間から中に突入し,までしてきた固体。 これまでに発見されているいちばん大きな隕石は,1920年にドイツ領南西アフリカの近郊で発見されたホーバで,直径 2. 7m,重量は約 60tある。 大きな隕石が地表に衝突すれば,アリゾナのようなをつくることもある。 多数の隕石が一時に降るときはという。 隕石はその落下する様子()が目撃されたあと採集されたものと,落下の様子は目撃されていないが偶然発見され採集されたものの 2種類がある。 後者を英語で Find(発見隕石)といい,前者を Fall(目撃隕石)と称して区別している。 隕石はその,構造により(目撃隕石の種類別比率 92. 目撃隕石の種類別比率は中の隕石の比率に比較的近いものと考えられる。 しかし発見隕石だけで種類分けを行なうと,圧倒的に隕石が多くなる。 これは石質隕石は,地球の岩石と似ていて発見が困難なことと,風化浸食作用によって古い石質隕石が消滅するためである。 石質隕石は,おもに,特に橄欖石や輝石などの鉱物からなる。 石鉄隕石は,鉄隕石と石質隕石をほぼ等量に含むもので,鉄隕石と石質隕石の中間に属する。 石質隕石はさらに二つのグループに分けられる。 その一つは隕石中にと呼ばれる直径 0.1~10mmの丸い粒を含んでいるもので,と呼ばれる。 一方コンドリュールを含まない石質隕石は(アコンドライト)と呼ばれる。 コンドライトの組成は,その不揮発性元素に対して太陽大気中の組成とたいへんよく似ており,コンドライトは太陽系の歴史をそのまま残した貴重な資料と考えられている。 隕石の起源は,との間に散在するであり,木星やほかのの重力の作用を受けてが変化し,地球に突入したという説が有力である。 このほかの中心核の部分が炭素質隕石の親であるとする説もある。 出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について の解説 惑星空間に存在する固体物質が燃え尽きないで惑星表面に達したもの。 大気との衝突によって多数の破片になることもあり,このときには広い範囲に多数の隕石が落下する(隕石雨という)。 隕石は主として,鉄の合金である金属相および鉄,マグネシウムのケイ酸塩鉱物からなり,両者の量比により,,の3種に分けられる。 世界最大の隕石はのホバ隕石で最大直径が2. 95m,重さが約66t。 ほとんどの隕石の結晶生成の年代は約45億年を示すこと,化学組成や鉱物組成が地球の物質に近いこと,飛行軌が小惑星帯に至ることなどから,隕石は地球と類似の起源をもつ太陽系物体と考えられ,地球の成因研究上貴重な資料とされている。 その大部分は、火星と木星の間に位置する小惑星帯から由来したものであり、45. 5億年前の原始太陽系の中で形成された小天体の破片である。 しかしその一部には、彗星 すいせい の残骸 ざんがい と考えられるもの、あるいは火星、月の表面物質が、なんらかの衝撃によって飛散したと思われるものも混在する。 隕石の大きさは、小さなもので数グラム、もっとも大きなもので60トンに達する。 大きな隕石が地表に激突すると隕石孔が形成される。 地球には54個の隕石孔が知られているが、このうち、アメリカのアリゾナ州の砂漠にある隕石孔はとくに有名である。 これは、直径1295メートル、深さ174メートルの孔であり、1万トン級の隕鉄が超音速で衝突して形成されたと推定される。 しかし、その大部分は蒸発し、数キログラムの隕鉄が孔の周辺から回収されたにすぎない。 なおこの隕石孔の底部から、すでに人工的に合成されていたシリカの高圧鉱物が天然において初めて発見された。 衝突時に発生した衝撃波が、地表の石英粒をコース石、スティショバイトとよばれる高圧鉱物に転換したのである。 大英博物館発行の隕石カタログによれば、1960年代までに世界中で2045個の隕石が知られていた。 1970年代に入ると、日本の国立極地研究所が組織的な南極隕石探索を開始し、多くの隕石を回収、その結果国立極地研究所南極隕石センターには1万6000個を超える隕石が保管されることとなった。 日本のほかにはアメリカや中国などが数多く保有している。 隕石には、隕鉄、石鉄隕石、石質隕石の3種類がある。 隕鉄は鉄・ニッケル合金である。 石鉄隕石は鉄・ニッケル合金とケイ酸塩鉱物をほぼ等量含む。 石質隕石は主としてケイ酸塩鉱物からできている。 この石質隕石は、その内部構造に基づいてさらに二つのグループに分類されている。 内部に、コンドルールとよばれるミリメートル・サイズのケイ酸塩液滴を含むものはコンドライト、含まないものはエコンドライトと名づけられている。 エコンドライトは地球の火成岩によく似た隕石である。 一方、コンドライトを特徴づけるコンドルールは、地球上の岩石には存在しない。 隕石と地球上の岩石との間にみられる大きな違いは、金属鉄の有無にある。 地球上の岩石には金属鉄はほとんど含まれないが、隕石では金属鉄を含まないもののほうがまれである。 地球上の岩石に比較すると、隕石はかなり還元的な環境で形成されたといえる。 ちなみに、人類が金属鉄の有用性に気づいたのは、隕鉄の存在によるという説がある。 また、地球の中心部コアが金属鉄からできているという認識も、隕鉄の存在に依存するところが大きい。 化学組成的に隕鉄、石鉄隕石、エコンドライト、コンドライトに分類される隕石についてその成因を考えると、コンドライトとその他の隕石の二つのグループに大別するほうが明解である。 コンドライトの化学組成は、太陽大気の組成とたいへんよく似ている。 太陽は太陽系を構成する物質の99%以上を占めるので、コンドライトは太陽系全体を代表する始原的な固体物質であるといえる。 一方、隕鉄、石鉄隕石、エコンドライトの化学組成は、太陽大気の組成とは甚だしく異なり、その構造は溶融物が固化するときに生ずる特徴を示している。 それゆえ、コンドライトは始原隕石、その他の隕石群はまとめて分化隕石とよばれる。 分化隕石グループは、始原隕石物質が一度溶けて分化して形成された。 その母天体は、地球に似た層構造をもつ、直径数百キロメートルの小天体であった。 隕鉄はこの小天体のコアを、石鉄隕石はコア・マントルの境界を、エコンドライトはマントルと殻を占めていたのであろう。 始原隕石と分化隕石を区別するもう一つの特徴は落下頻度である。 地球に落下する隕石はコンドライトが圧倒的に多く、分化隕石グループの落下頻度は、合計しても15%に満たない。 小惑星帯にはコンドライト的小天体が多く存在し、分化隕石的小天体の数は少ない。 小惑星帯を構成する小天体群は、かつて存在した大惑星の破片ではなく、惑星まで成長することができなかった微惑星の集合体である。 始原隕石コンドライトの生成年代は、45. 5億年であり、その後地球を訪れるまでに二次的に溶けた形跡がない。 それゆえ、この隕石は星雲状態にあった原始太陽系の中で最初に形成された微惑星の破片であるといえる。 コンドライトには、鉄の酸化還元状態に大きな違いがみられる。 また、その中には高温鉱物と低温鉱物が共存する。 原始太陽系星雲の温度分布および酸化還元状態は一様なものではなく、刻々と変化するものであった。 コンドライトのうち、揮発性成分をより多く含む炭素質コンドライトは、太陽系のロゼッタ・ストーンとしてとくに名高い。 この隕石に含まれる高温鉱物の一部に、地球、月、その他の隕石とは異なる同位体組成を示すものがある。 この異常物質は、原始太陽系星雲に打ち込まれた超新星放出物である可能性が大きい。 一方、その低温鉱物には、各種アミノ酸をはじめいろいろな有機化合物が含まれている。 原始太陽系星雲は、異なる原子核合成の歴史をもつ塵 ちり の混合物であり、生命の前駆物質である有機化合物はすでにこの星雲の中に用意されていたのである。

次の