胸 肉 レシピ。 プロ直伝の鶏の照り焼きレシピ。肉汁じゅわっ。皮はパリッ!

鶏肉|レシピ|ゆとりの空間

胸 肉 レシピ

鶏むね肉で餃子を作ってみた。 なんでむね肉かって言うと安いから。 スーパーに行くと安さにつられてついつい買ってしまうよね。 で、この鶏むね肉なんだけど、パサパサしてまずいってイメージある人が多いみたいなんだけど、片栗粉やお酒使ったり、火加減に気をつけたりすると結構おいしく食べれると思う。 美味しいの定義なんて人それぞれだけど、最近割と油っぽいもの苦手だからむね肉で十分。 今回は餃子を作ってみたよ。 ちなみに餃子は初挑戦! 参考にしたのはこのレシピ 材料 鶏むね肉 2枚 玉ねぎ 1個 片栗粉 大さじ1ぐらい 餃子の皮 60枚 A しょうが 2かけら A にんにく 1かけら A しょう油 大さじ1ぐらい A 鶏がらスープの素 大さじ1ぐらい A こしょう 適量 A 塩 ひとつまみ A 日本酒 大さじ2ぐらい にんにくを効かせたいなら多めにしてもいいと思う。 生姜はたくさん入れた方が味にメリハリが出て美味しい気がする。 まずは玉ねぎをみじん切りに まず玉ねぎをみじん切りにしてボウルにいれ、片栗粉をまぶす。 片栗粉をまぶすことで玉ねぎから出る水分を押さえるらしい。 続いて鶏むね肉をミンチ状にする 続いて鶏むね肉と皮と肉の部分を細かく切って包丁でたたきミンチ状にする。 カロリーが気になる場合は、皮はいならないのかと思うけど、うまみになるということで投入した。 結構油分が多いのでこの状態までするのに苦労したw 同じように肉の部分もミンチ状に。 この作業はかなり疲れる・・・。 混ぜる、こねる この皮と肉のミンチ、 A の調味料を玉ねぎを入れたボウルに入れて混ぜ合わせる。 ほどよい感じというか、自分で納得するくらいこね回したら、餃子の皮に包んでいく。 包む ヒダを最初はつけようとしたが、難しいので挫折。 うまくヒダをつける方法を探そうとしたら、「ヒダなしの方がうまい」説を発見し、ヒダをつけないことに決定。 本場中国でもヒダなしが多いとのことで本格的餃子ということになる。 後はこの餃子を焼き上げれば完成。 焼き上げる フライパンに中火でキンキンに熱し、油を少し多めに引く。 我が家はステンレスフライパンなのでこの作業をしないと親の敵レベルでくっつく 餃子を並べ、片面ずつ、両面を焼いたら、100ccぐらいの水を入れフタをする。 水分が飛んだら火を止めて完成。 喰らう お味の方は、普通の牛や豚の挽肉を使った餃子よりさっぱりしてうまい。 餡にしっかり味をつけておけば、タレなしやラー油のみでもおいしいかも。 鶏のうまみが効いていてとてもおいしく頂けた。 以上、鶏むね肉を使った餃子。 log134.

次の

プロ直伝の鶏の照り焼きレシピ。肉汁じゅわっ。皮はパリッ!

胸 肉 レシピ

お買いもの• キッチン用品・調理道具• お弁当・水筒• お箸・カトラリー• キッチン雑貨• エプロン• ファッション• ファッション雑貨• 生活雑貨• テレビで使用したアイテム•

次の

鶏の照り焼き(照り焼きチキン)のレシピ/作り方:白ごはん.com

胸 肉 レシピ

1 肉の厚みを均等にする! 鶏肉の厚いところに切れ目を入れて開き、厚みを均等にするだけで、熱が均一に入って劇的にジューシィに! 2 片栗粉でコーティングして肉汁を閉じ込める! 片栗粉で肉全体にまくを作れば、肉汁が逃げず、皮も縮まずにパリッと焼き上がります。 3 油は多め、揚げるように焼く! 粉をつけた肉を、唐揚げのように多めの油で焼くことで、皮はパリパリに! 揚げるように焼くため、タレが絡んでもしなっとしません。 4 調味料を先に合わせておく! 味付けに手間取ると、肉に火が通り過ぎてパサつく原因に。 事前に準備しておきましょう。 必ず味が決まるプロ直伝の黄金比は、しょうゆ:みりん:日本酒:砂糖=2:2:2:1です。 パリッとジューシィ! プロ直伝【鶏の照り焼き】レシピ 材料(1枚分)• 鶏もも肉…1枚(約250g)• サラダ油…大さじ2• 片栗粉…大さじ約2• 塩、こしょう…各少々• しょうゆ…大さじ2• みりん…大さじ2• 酒…大さじ2• 砂糖…大さじ1 作り方 1) 鶏もも肉の厚みを均等にする。 肉の厚みのある部分を外側に向かって開いていきます。 肉を4分割のエリアに分けて考え、厚みのある部分を四隅の方向に向かって開いていくイメージです。 「面倒なので省きがちなプロセスですが、これをすることで、薄いところにだけ火が通り過ぎて固くなってしまうことを防ぎ、一様にやわらかく、ジューシィな仕上がりになるんです」 皮目から見て肉の厚みを開いた部分はココ。 2) 鶏もも肉に片栗粉をまぶす。 ビニール袋に片栗粉とくさみ取りのための塩、こしょうを少量入れ、鶏もも肉に粉をまぶします。 全体についたら、肉を袋から取り出し、余分な粉をはたいて落とします。 「余分な粉がついていると、粉が油を吸って油っぽく仕上がるので、できるだけはたいておくことが大事です。 この片栗粉には、肉汁が流れ出ないように肉をコーティングする役割と、皮をパリッと仕上げる役割があります」 3) 鶏もも肉の皮目を下に2〜3分焼く。 フライパンにサラダ油を入れ、火をつけたらすぐ鶏もも肉を皮目からフライパンに置き、中火で皮目にきつね色の焼き色がつくまで焼きます。 だいたい2~3分です。 「油は、鶏もも肉がひたるくらい多めの量を入れます。 肉を入れる前に油を熱しすぎると肉と皮が縮んでしまうので、火を入れる前、あるいは火を入れてすぐに肉を入れましょう。 たっぷりの油で揚げるように焼くことで、クリスピーな食感に。 フライパンは大きすぎると油の量が多くなり、タレも絡めるときに煮詰まりやすいので、鶏もも肉と同じくらいの大きさのものを使うのがおすすめ」 4)鶏もも肉を裏返して1〜2分焼き、余分な油をふきとる。 中火できつね色の焼き色がつくまで焼きます。 1~2分程度です。 余分な油はペーパータオルでふきとります。 「焼き色がついたら、油をきれいに拭き取ります。 こうすることで、タレの絡みがよくなり、仕上がりが油っぽくなることも防げます」 5) 鶏もも肉の皮目を下にしてBを加え、中火で煮絡める。 鶏肉の皮目を下にして、混ぜ合わせたBを加えて、中火でタレを煮絡めていきます。 煮詰まり始めたら、肉を裏返して裏面にも絡めます。 「照りが出て、肉全体にタレがとろりと絡んだら出来上がり。 タレはフライパンに残る程度がちょうどいいです」 厚みを均等にしているので、焼き上がりまでトータル5分ほど。 あっという間でびっくりです! 焼きたてを食べると、歯ごたえのよいパリッとした皮に驚き! やわらかい肉から溢れるジューシィな肉汁が口いっぱいに広がります。 ほどよい甘辛さの味付けのタレは、片栗粉のおかげで均一に全体にとろっと絡み、ごはんがモリモリすすみます! 調理時間はトータル10分ほど。 材料に片栗粉を加えるだけでこのクオリティになるなんて、試さない手はありません!.

次の