パイレーツ オブ カリビアン デッドマン ズ チェスト。 パイレーツオブカリビアン/デッドマンズチェストの謎を徹底解説!※ネタバレあり

パイレーツオブカリビアン/デッドマンズチェストの謎を徹底解説!※ネタバレあり

パイレーツ オブ カリビアン デッドマン ズ チェスト

2億円 () 世界興行収入 10. 批評家と一般は単純平均 映画『パイレーツオブカリビアン デッドマンズチェスト』あらすじ 第2弾。 前作から3年後、結婚式直前のウィルとエリザベスは、海賊ジャック・スパロウを逃した罪で逮捕される。 東インド会社のベケット卿は、ジャックが.. ネタバレ感想『パイレーツオブカリビアン デッドマンズチェスト』考察や評価レビュー この先は ネタバレありの感想考察です。 続編前作や関連映画は、も参考にしてください。 だから面白くて当然と思われるプレッシャーもありそうですが、結果的に興行収入では大ヒットとなりました。 しかし個人的には、3作目とのセットで前編としてのあつかいなので、時間を伸ばすための不要場面が目立って残念でした。 ウィルやエリザベス、ノリントンは前作では個性を発揮してましたが、今回は取ってつけたような印象で、出演しなくても良かった気もします。 ウィルは父親ブーツストラップ・ビルとのからみだけでいいでしょう。 とはいえ、人気俳優たちなので、彼らのファン層を取り込んだのは結果的には正解だったのかもしれません。 ストーリーは前作のわかりやすさとは違い、細かい点まで理解しようとするとかなり難解ですが、本筋は「鍵と箱を探す話」なので、よく分からなければ、それだけ追えば問題はないし楽しめると思います。 デイヴィ・ジョーンズ、ジャック、ティア・ダルマとの関係は次作持ち越しですね。 本作だけでは物語として全く完結していないので評価は難しいけど、新しく登場したキャラは個性的だし、鍵の番犬や不死身の猿などもまた生かされてて、キャラクター映画として楽しむには十分な娯楽作品です。 ここまで見たからには次作『』も観るしかないですね。 『パイレーツ・オブ・カリビアン2 デッドマンズ・チェスト』おすすめ8ポイント• ディズニー海賊冒険アクション• 長編大作シリーズの2作目• 登場キャラが個性あり魅力的• ジャックのからむ笑いは楽しい• ティア・ダルマのキャラが良い• デイヴィ・ジョーンズも良い• ラストの驚きと鍵犬への笑い• 子どもや家族と一緒に楽しめる 『パイレーツ・オブ・カリビアン2 デッドマンズ・チェスト』少し残念6ポイント• ストーリーが難関。 不親切• テンポが悪い。 不要場面多い• ジャックの言動で混乱• 3人の箱の奪い合いが退屈• エリザベスの感情が変• ラストが完結せず前編扱い 『パイレーツ・オブ・カリビアン2 デッドマンズ・チェスト』ネタバレあらすじと感想 前作『』から3年後、海賊ジャック・スパロウ(ジョニー・デップ)を逃した罪で、ウィル・ターナー(オーランド・ブルーム)とエリザベス・スワン(キーラ・ナイトレイ) は結婚式直前に、イギリスで東インド貿易会社によって逮捕されます。 東インド会社の ベケット卿(トム・ホランダー)は、ジャックが持つ「北を指さないコンパス(羅針盤)」を持ち帰れば2人を釈放すると言うので、ウィルは仮釈放されてジャックを探します。 そしてある島でブラックパール号を見つけますが、カリブ原住民に捕らわれてしまいます。 一方、エリザベス・スワン(キーラ・ナイトレイ)は、父ウェザビーが牢から出しますが、そのまま姿をくらまします。 ウェザビーが口笛で鍵の番犬を呼びますが、1作目ではジャックが呼んで無視されました。 また、1作目で提督だったジェームズ・ノリントン(ジャック・ダヴェンポート)はどこかへ雲隠れしたようです。 少し時間をさかのぼって、ジャックはどこかの鳥葬牢獄から、鍵の絵を盗み出してブラックパール号に戻ってきます。 海賊の船員たちは宝物ではなかったので不満です。 その晩、靴ひも(ブーツストラップ)のビル・ターナー(ステラン・スカルスガルド)がデイヴィ・ジョーンズ(ビル・ナイ)の伝言を伝えにジャックの前に現れます。 ビルはウィルの父親で、1作目でバルボッサにより大砲を靴ひもにくくられ海に沈められたと語られました。 しかしアステカの金貨の呪いで海底で死ぬこともできず、一生その苦しみから抜け出せないのは辛いので、 デイヴィ・ジョーンズの幽霊船フライング・ダッチマン号で働く契約をしたそうです。 実は ジャックもかつてデイヴィと取引して、海底のブラックパール号を引き上げてもらい船長にしてもらったのですが、13年後にフライング・ダッチマン号の船員として100年間働く血の契約を交わしていたのです。 その期限が近づいてきたため、手のひらに黒い烙印が表れています。 いろいろ唐突に起こるので、ストーリーを把握しづらいです。 難解というよりも不親切です。 例えば、ウィルもエリザベスも結局冒険に出るのですが、バラバラに向かわせる意味が不明です。 ブーツストラップの登場も不自然だし、デイヴィ・ジョーンズの名前も突然出てきて混乱します。 ジャックはデイヴィと彼があやつる怪物を恐れ、あわてて近くの陸へ向かいます。 自慢の帽子が海に落ちても拾おうともせず急ぐ様子に、船員もただならぬ雰囲気を感じます。 船を島に上げると、カリブ原住民ペレゴストス族に全員が捕まります。 一方、ラゲッティとピンテルも鍵犬のおかげで脱走して島へ到着します。 ジャックは神として崇められますが、それは同時に肉体から開放させることなので、ペレゴストス族はジャックを丸焼きにする準備を進めます。 ジャックはすきを見て逃げ出しますが、捕まって火あぶりにされそうになります。 一方、ウィルら船員は牢かごのまま崖を登り、転がりながら逃走します。 ペレゴストス族はウィルらを捕まえるため追撃します。 ジャックはそのすきにまた逃げ出し、棒をつけたまま絶壁を飛び越えるのに失敗して落下します。 ジャックとウィルらは合流してブラックパール号に乗り込み、島から脱出します。 ペレゴストス族は、鍵犬を見つけて、今度はそちらを追いかけます。 ウィルはエリザベスを救うためには「北を指さないコンパス」が必要だと言うと、ジャックは鍵の絵を見せて、この鍵こそ結果的にエリザベスを救うだろうと言って、川をさかのぼり、預言者ティア・ダルマ(ナオミ・ハリス)の住まいへ向かいます。 彼女はジャック・スパロウの昔なじみです。 ジャックは、バルボッサの不死身の猿と引き換えに、鍵と箱の場所をティアに尋ねます。 彼女にもらった コンパスは「望みの物の方向を指す」のに、ジャックは望んでると認めたくないため、うまく使えません。 ティアは、海の男デイヴィ・ジョーンズが、海の女神カリプソに恋した物語を話します。 デイヴィは海への愛の証として、自分の心臓(ハート)をえぐり出して、死者の宝箱(デッドマンズ・チェスト)にしまい込み、誰もいない場所に隠したのです。 その鍵は常に自分の目につく場所に保管してるそうです。 ティアはジャックの手の黒丸に気づき、10年に1度しか陸へ上がれないデイヴィに対抗するため「陸の土」を渡します。 また突然、ティア・ダルマが登場します。 ジャックがコンパスを使えない理由や、デイヴィ・ジョーンズが心臓を箱に入れた理由は、よくわかりませんが、また次作で出てくる可能性もありそうです。 デイヴィの手下たちが、前作の不死身のゾンビと似ているので混乱するけど、手下は不死身ではないんですよね? ジャックはすきを見てティアの指輪を盗みます。 そしてティア・ダルマに教えてもらったフライング・ダッチマン号の場所へ行き、現れたデイヴィにジャックは、自分が100年働くことと引き換えにウィルと、あと99人の命を3日以内に用意すると約束してトルトゥーガの町で人集めをします。 そこへ落ちぶれたノリントンや、エリザベスが合流して、ブラックパール号に乗り込みます。 ジャックは、エリザベスがウィルを救いたい気持ちを利用して、コンパスを持たせ、デイヴィの心臓の箱のありかをつきとめ向かいます。 そして眠ってるデイヴィから鍵を奪って逃げたウィルは、エリザベスが去った後の船に拾われますが、デイヴィのあやつる軟体動物の怪物クラーケンにより船は沈められます。 ウィルはフライング・ダッチマン号に隠れます。 デイヴィはジャックに遅れないよう、箱を埋めた十字架島へ向かいます。 十字架島でコンパスにより死者の宝箱(デッドマンズ・チェスト)を見つけると、追いついたウィルは父を助けるために心臓を刺そうとし、ジャックはデイヴィを操るために必要とし、ノリントンはベケット卿に取り入り地位回復のために欲します。 そこへデイヴィ・ジョーンズの手下たちも参戦して、四者は鍵と箱を取り合って戦います。 ここのコメディ調の戦闘が長すぎて退屈します。 結局ジャックが心臓を陸の土の瓶に入れますが、ノリントンが横取りして持ち去ります。 ジャックは心臓を持ってるつもりで、ウィル、エリザベスと共にブラックパール号に戻ります。 しかし、デイヴィ・ジョーンズのフライング・ダッチマン号が浮上してきて、逃げ切ってもクラーケンで攻撃してきます。 ジャックはブラックパール号を犠牲にすることに決めて、船員たちと脱出しようとしますが、エリザベスがキスで偽装しながら、ジャックを船に手錠でつないで逃げられなくし、クラーケンをそちらへひきつけます。 エリザベスは3人の男にモテモテですが、ジャックのことを好きな雰囲気もかもし出します。 でも 結局は自分たちが助かるために、ジャックをおとりにすることに決めます。 前作でもそうですが、エリザベスやウィルの感情や本音は、かなりわかりにくいというか、めちゃくちゃなのが残念です。 クラーケンはジャックの海賊帽を吐き出して、ジャックはそれをかぶり、クラーケンの口の中に入っていき、ブラックパール号は沈められます。 船員たちはティア・ダルマのもとでジャックを弔い、悲しみます。 ティア・ダルマはジャックを生き返らせる方法があることを告げると、全員が望みます。 ティア・ダルマは、 世界の果ての呪われし海をよく知ってる船長が必要だと言い、誰かが階段を降りてきます。 それは前作でジャックが撃ち殺した、ヘクター・バルボッサ船長(ジェフリー・ラッシュ)です。 肩には不死身の猿ジャックも乗っています。 エンドロール後は、 ペレゴストス族が鍵犬を神としてあがめてる場面で終わります。 前作よりテンポは悪くなって、笑いの場面も退屈だったりしますが、前作のキャラが奔走したり、新たな個性的キャラとのからみも楽しめるので、ぜひ1度は観ることをおすすめします!• 続編前作や関連映画は、も参考にしてください。 『パイレーツオブカリビアン デッドマンズチェスト』シリーズ順番・映画ランキングや映画賞•

次の

パイレーツオブカリビアン デッドマンズチェスト ネタバレあらすじ結末まで!要約・吹き替え声優キャストまとめ

パイレーツ オブ カリビアン デッドマン ズ チェスト

剣で戦い、取れて回転し始めた水車に乗りながら戦います。 宝箱の方はエリザベスと義眼コンビが協力し、ジョーンズの手下たちから逃げ始めました。 ジャックは隙をついて鍵を手に入れ、宝箱を開けます。 中身の心臓を見たジャックは、土の瓶に心臓を入れ替えました。 鍵を追ったノリントンは、宝箱に鍵が刺さり、土が落ちているのを見て、ジャックが心臓を移し替えたと気付きます。 心臓を盗み、エリザベスの持っていた釈放書と共に持ちました。 ノリントンは「自分がおとりになって戦う」と言い、ジャックたちを逃がします。 その後ノリントンは心臓と釈放書を持ってベケット卿のところへ行き、交渉し始めました。 ベケット卿の真の目的は、ジャックのコンパスではなく、ジョーンズの心臓だったので、ノリントンは爵位を取り戻します。 ダッチマン号から逃げたブラックパール号を、巨大ダコのクラーケンが襲いました。 ジョーンズは宝箱を手に入れたものの、中に心臓が入っていないのであせります。 ジャックは心臓を持っていることを誇示しようとしますが、揺れで瓶が割れ、中身がないと気付きました。 ウィルはクラーケンの足を攻撃させますが、致命傷は与えられません。 弾薬とラム酒で、クラーケンにダメージを与えようと考えます。 船長のジャックは自分だけボートで逃げようとしていましたが、仲間を見捨てることに後ろめたさを感じ、ブラックパール号に戻りました。 ブラックパール号を捨て、船員たちと共にボートで逃げる決意をします。 ところがエリザベスは、気づいていました。 クラーケンが狙っているのは船ではなく、ジャックなのです。 ジャックの手のひらの痣は、狙う相手を示したものです。 エリザベスはジャックにキスし、その隙に手錠をかけてマストに拘束しました。 ボートへ避難した船員たちには「ジャックは自分が犠牲になると言った」と嘘をつき、避難させます。 エリザベスがジャックにキスするのを、ウィルは目撃しました。 (エリザベスはウィルが好きなのだが、海賊であるジャックにも惹かれつつある。 しかしジャックに惹かれては駄目だという自制が働いた。 クラーケンの狙いがジャックであることは真実なので、ジャックを差し出すことで、自分の気持ちをウィルだけに向けようと考えた。 そのためにジャックを犠牲にしている。 ウィルも、エリザベスの気持ちの揺れに気づいているが、彼女の意思を尊重していた。 なぜエリザベスがジャックにキスしたのかは、この段階ではウィルは知らず。 ジャックを死においやるための罠だったとウィルが知るのは、次作品) 船に残ったジャックはランタンの油で手錠を外しますが、背後にクラーケンが迫っていました。 振り返ったジャックは、牙がたくさん生えたクラーケンの口に突撃し、死にます。 ウィルやエリザベスたちは、預言者ティア・ダルマのところへ行きます。 名誉の戦死を遂げたジャックを取り戻したいと船員が言い始め、ウィルもエリザベスも肯定しました。 ティア・ダルマは、そのためには海をよく知る男が必要だと言います。 奥から現れたのは、肩に猿を乗せたバルボッサでした…(映画『パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド』へ続く)。 (バルボッサは前作品で死亡したが、ただ死んだだけなので、ティア・ダルマが蘇らせた。 ジャックが落ちたのは死の世界ではなく「生と死のはざま」なので、ティア・ダルマの魔術では蘇らせられない) (フライング・ダッチマン号の果たす役割は「死者をこの世からあの世へ引き渡す際の、水先案内人」のようなもの。 だから必ず船長が必要。 船を壊せばいいという問題ではない) (エンド後)ジャックらが捕らえられていた原住民の場所。 その椅子に君臨するのは、鍵束を守る犬! 犬が神として崇められ、これから食べられるかも!? (いえ、次作品にも出てきます、この犬).

次の

パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト(Dead Man's Chest)のネタバレ解説まとめ

パイレーツ オブ カリビアン デッドマン ズ チェスト

剣で戦い、取れて回転し始めた水車に乗りながら戦います。 宝箱の方はエリザベスと義眼コンビが協力し、ジョーンズの手下たちから逃げ始めました。 ジャックは隙をついて鍵を手に入れ、宝箱を開けます。 中身の心臓を見たジャックは、土の瓶に心臓を入れ替えました。 鍵を追ったノリントンは、宝箱に鍵が刺さり、土が落ちているのを見て、ジャックが心臓を移し替えたと気付きます。 心臓を盗み、エリザベスの持っていた釈放書と共に持ちました。 ノリントンは「自分がおとりになって戦う」と言い、ジャックたちを逃がします。 その後ノリントンは心臓と釈放書を持ってベケット卿のところへ行き、交渉し始めました。 ベケット卿の真の目的は、ジャックのコンパスではなく、ジョーンズの心臓だったので、ノリントンは爵位を取り戻します。 ダッチマン号から逃げたブラックパール号を、巨大ダコのクラーケンが襲いました。 ジョーンズは宝箱を手に入れたものの、中に心臓が入っていないのであせります。 ジャックは心臓を持っていることを誇示しようとしますが、揺れで瓶が割れ、中身がないと気付きました。 ウィルはクラーケンの足を攻撃させますが、致命傷は与えられません。 弾薬とラム酒で、クラーケンにダメージを与えようと考えます。 船長のジャックは自分だけボートで逃げようとしていましたが、仲間を見捨てることに後ろめたさを感じ、ブラックパール号に戻りました。 ブラックパール号を捨て、船員たちと共にボートで逃げる決意をします。 ところがエリザベスは、気づいていました。 クラーケンが狙っているのは船ではなく、ジャックなのです。 ジャックの手のひらの痣は、狙う相手を示したものです。 エリザベスはジャックにキスし、その隙に手錠をかけてマストに拘束しました。 ボートへ避難した船員たちには「ジャックは自分が犠牲になると言った」と嘘をつき、避難させます。 エリザベスがジャックにキスするのを、ウィルは目撃しました。 (エリザベスはウィルが好きなのだが、海賊であるジャックにも惹かれつつある。 しかしジャックに惹かれては駄目だという自制が働いた。 クラーケンの狙いがジャックであることは真実なので、ジャックを差し出すことで、自分の気持ちをウィルだけに向けようと考えた。 そのためにジャックを犠牲にしている。 ウィルも、エリザベスの気持ちの揺れに気づいているが、彼女の意思を尊重していた。 なぜエリザベスがジャックにキスしたのかは、この段階ではウィルは知らず。 ジャックを死においやるための罠だったとウィルが知るのは、次作品) 船に残ったジャックはランタンの油で手錠を外しますが、背後にクラーケンが迫っていました。 振り返ったジャックは、牙がたくさん生えたクラーケンの口に突撃し、死にます。 ウィルやエリザベスたちは、預言者ティア・ダルマのところへ行きます。 名誉の戦死を遂げたジャックを取り戻したいと船員が言い始め、ウィルもエリザベスも肯定しました。 ティア・ダルマは、そのためには海をよく知る男が必要だと言います。 奥から現れたのは、肩に猿を乗せたバルボッサでした…(映画『パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド』へ続く)。 (バルボッサは前作品で死亡したが、ただ死んだだけなので、ティア・ダルマが蘇らせた。 ジャックが落ちたのは死の世界ではなく「生と死のはざま」なので、ティア・ダルマの魔術では蘇らせられない) (フライング・ダッチマン号の果たす役割は「死者をこの世からあの世へ引き渡す際の、水先案内人」のようなもの。 だから必ず船長が必要。 船を壊せばいいという問題ではない) (エンド後)ジャックらが捕らえられていた原住民の場所。 その椅子に君臨するのは、鍵束を守る犬! 犬が神として崇められ、これから食べられるかも!? (いえ、次作品にも出てきます、この犬).

次の