収益 に 重大 な 影響 が 出 ない よう ads txt ファイル の 問題 を 修正 し て ください。 【初心者ブロガー用】3分で簡単にcontent.companyspotlight.comファイルの問題を修正する:エックスサーバー編

Googleアドセンスでのcontent.companyspotlight.comファイルの問題を修正

収益 に 重大 な 影響 が 出 ない よう ads txt ファイル の 問題 を 修正 し て ください

久々にグーグルアドセンス(Google AdSense)を見たら赤色の表示で「要注意」というメッセージが来ていました。 その内容は以下の通り。 要注意-収益に重大な影響が出ないよう、 ads. txtファイルの問題を修正してください これについては以前からTwitterなどで話題になっていたので知ってはいましたが、間違うとアドセンスが表示されなくなるという話を聞いていたので、それを怖がってしまいそのままにしていました。 でも実際に自分のところに通知がくると「問題を修正しない」とという気になり早速調べてみました。 実際に調べて理解すると、本当に簡単ですぐに終わってしまいますよ。 今回はads. txtファイルの問題を修正するために、サーバー( エックスサーバーと シックスコア)にアップロードしたファイルの内容や手順について、画像たくさんで詳しく紹介します。 スポンサーリンク ads. txtファイルの問題とは? ads. txtファイルの問題について、Google AdSenseのヘルプページを見ると以下のように書かれていました。 ads. txtによる認定デジタル販売者の宣言はIABによるイニシアチブで、コンテンツ内のデジタル広告枠が、そのコンテンツパブリッシャーが認定した販売者を通してのみ販売されるようにするものです。 サイト運営者はads. txtを独自に作成することで、自サイトの広告枠の販売者を管理し、偽の広告枠が広告主に提供されるのを防ぐことができます。 参考:(AdSenseヘルプ) 簡単にいうと「 意図しない広告を勝手に表示させないようにするために、ads. txtファイルをサーバーにアップロードしてください」という意味です。 では実際に「ads. txt」を作成して、そのファイルをサーバーにアップロードしてみます。 スポンサーリンク ads. txtファイルを作成する アドセンスヘルプに書かれている通りに、テキストファイルを新規作成します。 まずはパソコンにあるテキストエディタをクリック。 アドセンスヘルプのように以下の内容をコピー&ペースト(コピペ)して、新規作成したテキストエディットに貼り付けて下さい。 google. com, pub-xxxxxxxxxxxx, DIRECT, f08c47fec0942fa0 この中で唯一変更する箇所が「pub-xxxxxxxxxxxx」の部分です。 ここだけは自分のアドセンスのアカウントIDに変更する必要があります。 この「pub-xxxxxxxxxxxx」については、Google AdSense画面のメニュー「 アカウント」の「 サイト運営者ID」というのがそのIDになります。 あとは特に変更する必要がありません。 txt」にして「保存」してください。 保存先はデスクトップか書類で良いと思います。 この時に 標準テキストのエンコーディングが「Unicode UTF-8 」でることを確認してください。 もしなっていなければ変更しておいてください(上の図参照)。 この「ads. txt」ファイルは複数のサイトを運営している場合、全サイトにアップロードする必要があります。 内容は全く同じものです。 自分がこのサイトを作っているという証ですね。 ads. txtファイルをサーバーにアップロードする 今、作成した「ads. txt」をサイトのサーバーにアップロードする必要があります。 ここで重要なのはアップロード先。 間違った場所にアップロードするとアドセンスが表示されなくなるということがあるそうなので注意してください。 僕はエックスサーバーと シックスコアの2つを使っています。 それを例にアップロード先を紹介します。 エックスサーバーのads. 中央に「サーバー」の欄があるので、そこの「操作メニュー」にある「ファイル管理」をクリックしましょう。 この中にブログ・サイトのドメイン名が載っています。 この中から「ads. txt」をアップロードするサイトのドメイン(〜. comや〜. net)をクリックします。 これをクリックしてください。 wp-admin• wp-content• wp-includes• htaccess これらのフォルダやファイルがあることを確認してください。 確認できればこの場所に先ほど作成した「adx. txt」をアップロードします。 右側に「ファイルのアップロード」があります。 ここの「ファイルを選択」をクリック。 先ほど作成した「ads. txt」を保存先から選択し、開くを押しましょう。 アップロードされると、wp-adminやwp-content、wp-includesなどと一緒に「ads. txt」が追加されているのがわかります。 ファイルサイズは約0. 06KB。 これでエックスサーバーへの「ads. txt」ファイル追加は終了です。 (ここからは念のためにチェックです) 上だけでアップロードは終了なのですが、念のためにチェックをしました。 アップロードされた「ads. txt」の左にチェックボックスがあるので、そこにチェックをいれます。 次に右の「ファイルの操作」の「編集」をクリック。 これでエックスサーバーへのads. txtアップロードは終了です。 複数サイトを運営している方は同じ方法で順にアップロードしてください。 SIXCOREのads. txtアップロード先です。 シックスコアのメニュー「サーバー」の「アカウント」をクリックし、次に「サーバー管理ツール」にログインします。 左メニューの「FTP」から「 FTPアカウント設定」をクリック。 ドメイン選択画面が出てくるので、「ads. txt」をアップロードするサイトのドメインを選択しましょう。 「FTPアカウント一覧」が表示されたら、その中の「 WebFTP」のログインをクリックします。 左上にあるドメイン名を確認し、次に左に wp-admin, wp-content, wp-includesのフォルダが表示されていること、一覧に. htaccessファイルがあることを確認しましょう(あることを確認するだけです)。 確認できればこの場所に「ads. txt」を送信します。 「上のアップロード」をクリックしてください。 「ファイルを選択」を押して、作成した「ads. txt」をクリックし、「アップロード」を押してください。 するとファイル一覧に「ads. txt」されました。 ここからは念のためにする作業です。 「ads. txt」の「編集ボタン」をクリックしてください(上の図参照)。 編集画面が開いたら「UTF-8」であることを確認し、最後は「上書保存」をクリックすれば終了です。 まとめ 今回エックスサーバーとシックスコアでアップロードする方法をまとめましたが、他のサーバーでも応用が効くと思います。 htaccessファイルがある場所に並列して「ads. txt」をアップすればOKです。 必ず「UTF-8」で保存するようにしてください。 僕は複数のサイトを運営しているので、それほどアクセスがないサイトから試してみました。 特に問題なかったので、1日後に上の方法で全サイトに「ads. txt」をアップロードしました。 アップロード後ですが、 約1日で赤色(ピンク)で表示されていた要注意というメッセージが消えていましたよ。 以上、Googleアドセンスに届いたads. txtファイルの問題を修正する手順を紹介しました。

次の

content.companyspotlight.comをエックスサーバーで設定する方法【図解】一番簡単な設置方法!

収益 に 重大 な 影響 が 出 ない よう ads txt ファイル の 問題 を 修正 し て ください

要注意-収益に重大な影響が出ないよう、ads. txtファイルの問題を修正してください。 調べてみたところ、この「adsファイル」というのは、 かつての 「アドセンス狩り」や 「なりすましサイト」 といった不正利用を防止するための、管理用ファイル のようです。 要は、アドセンスを安全に利用するために、 adsファイルをブログに突っこんでください。 ということですね。 難しいことはわかりませんが、とりあえずこの ファイルをブログのドメインにアップロードすれば、 問題なくアドセンスを利用できるというわけです。 というわけで今回は、 Googleアドセンスにおける「adsファイル」の アップロード手順について解説していきます。 「adsファイル」のダウンロード はじめに、メッセージ右側にある 「今すぐ修正」をクリックします。 すると、adsファイルのダウンロード画面が 表示されますので、 「ダウンロード」をクリック してファイルをダウンロードします。 ファイル中の「パブリッシャーID」を確認 ダウンロードが終わったら、保存された ファイルを開いて、中に書いてあるコードが 「自分のパブリッシャーID」であることを 確認してください。 自分のパブリッシャーIDがわからない場合は、 アドセンスの管理画面で確認することができます。 表示された画面の一番上の数字が、 あなたのパブリッシャーIDです。 それを先ほどのコードと照らし合わせ、 確実に自分のIDであることを確認して ください。 確認ができたら、adsファイルを ドラッグ&ドロップでデスクトップに 移動しておきます。 移動する理由は、後でアップロードする ときに楽だからです。 「adsファイル」のアップロード ではここから、ダウンロードしたadsファイルを サーバーにアップロードする手順について、解説 していこうと思います。 とくに難しいことはありませんので、 手順にそってゆっくり進めてください。 FTPソフトの起動 まず、FTPソフトを起動させて、 PCとサーバーを接続します。 FTPソフトの使い方がわからない人は、 コチラの記事を参考にしてください。 ここまでで、サーバー側の準備は完了です。 PC側の操作 サーバー側の準備が終わったら、 今度はPC側(画面左側)です。 「デスクトップ」をクリックし、下の画面で、 先ほど移動しておいた 「ads. txt」ファイルを 探してください。 見つけたファイルを 「ダブルクリック」すると、 サーバーへのアップロードが開始されます。 修正が反映されるまで時間がかかる これまでの流れで、adsファイルの アップロード作業はとりあえず完了です。 しかし、修正が反映されるには 最低でも数時間、長ければ1~2日 ほどかかる場合もあります。 おそらく、注意文がすぐに消えることは ありませんので、気長に待ちましょう。 僕の場合は、作業後5~6時間ほど経って からアドセンスの管理画面に入ってみたら、 メッセージが消えていました。 これで、心置きなく広告を 貼ることができます。 まとめ 以上、Googleアドセンスにおける 「adsファイルのアップロード手順」 についてお伝えしました。 今回紹介した例では、ダウンロードした ものをそのまま使用できましたが、 少し前であれば、adsファイルは自分で 作成するのが一般的だったようです。 Googleはいつの間にか規約や仕様を 変更していることがあるので、 ネットでは新旧さまざまな情報が 飛び交っていますね。 その中から適切な情報を探し出すのには、 毎度のことながら苦労させられます。 でも、Googleがこれほどまでに仕様変更を するのは、それだけ不正を働く人が多いと いうことの裏づけなのかもしれません。 とくにアドセンスは、Googleが提供する サービスの中でも、直接あなたの「利益」 に関わるものです。 より安全に利用するためにも、常に 万全な状態を維持しておきたいですね。

次の

【ロリポップ用/3分で解決】 content.companyspotlight.comファイルのアップロード方法

収益 に 重大 な 影響 が 出 ない よう ads txt ファイル の 問題 を 修正 し て ください

『 要注意 — ads. txt ファイルが含まれていないサイトがあります。 収益に重大な影響が出ないよう、この問題を今すぐ修正してください。 』というメッセージがGoogleアドセンスの管理画面に表示された• ロリポップサーバーを使っている 上記2つに該当する人向けの記事です。 Twitterのタイムラインを見ていると同じようなメッセージが表示されているという報告が多々あったので、恐らく何かしらのシステム変更orアップデートによって各所で多発しているのかなぁと。 長い前置きは省略し、 ロリポップサーバーをお使いの方で、 『 要注意 — ads. txt ファイルが含まれていないサイトがあります。 収益に重大な影響が出ないよう、この問題を今すぐ修正してください。 』 というメッセージがGoogleアドセンスの管理画面に表示されたら、下記の方法を試してみてください。 3分で解決します。 com, pub-0000000000000000, DIRECT, f08c47fec0942fa0 を入力します。 (上記をコピペでOK) 一旦貼り付けだけしておいて、この後「 pub-0000000000000000」の部分に自分の「 サイト運営者ID」を入れます。 コピーしたサイト運営者IDを、先ほど入力したテキストの「 pub-0000000000000000」の部分に置き換えます。 画面下側にある「 保存」を押したら完了です。 お疲れ様でした。 ads. txtファイルが正しくアップロードされているか確認する方法 ads. txt」 を探索エンジンに入れ、エンターを押します。 txt」ですね。 正しくアップロードできて入れば、下記のような画面が表示されるはずです。 404エラーなどが表示された場合は、手順がどこかで間違っている可能性があります。 サイト運営者IDを正しくコピーできているかなど、確認してみましょう。 アドセンス管理画面のエラーが消えるまでは、最大で24時間かかる 『 要注意 — ads. txt ファイルが含まれていないサイトがあります。 収益に重大な影響が出ないよう、この問題を今すぐ修正してください。 』 のエラーがアドセンスの管理画面から消えるまでは、 最大で24時間かかります。 私の場合は、約14時間ほど掛かりました。 気長に待ちましょう。 ads. txtファイルのアップロードは必須ではない アドセンスのヘルプ画面を見ると、 ads. txt は、使用することを強くおすすめします。 ads. txt を使用すれば、購入者が偽の広告枠を判別できるため、サイト運営者様としても偽の広告枠に収益が流れるのを阻止し、その分収益を増やすことができるというメリットがあります。 引用: おすすめしているだけであって、必須ではないようです。 ただしads. txtファイルをアップロードすると偽の広告枠を防止できるとのことなので、対応しておいて損はありませんね。 何よりアドセンスの管理画面を開く度に警告が出るのが気持ち悪すぎる。。。 おわりに 自分がこの問題を解決する際はかなり苦戦したので、記事にまとめました。 アドセンスのヘルプ画面にも対応方法は記載されているのですが、 作成した ads. txt)でホストします。 引用: いやいや、何言ってるのか全然分からないっす。 「 ドメインのルートレベルでホスト!なるほどね!」ってなるわけないだろ!! 読者目線の分かりやすいコンテンツを高く評価するのがGoogle様だと聞いたのだが…(小声) まぁとにかく、無事に解決できて良かったです。

次の