啓蒙 類語。 啓蒙活動の意味は?啓発との違いや類語や英語・使い方や活動例も

啓発の類語・関連語・連想語: 連想類語辞典

啓蒙 類語

2-1.「啓発」の正しい使用例 「啓発(けいはつ)」は、ある物事の答えを一人だけで見つけ出すのではなく、他人にヒントをもらい、それを受入れ最終的に答えにたどり着きます。 受動態と能動態が混合している感覚でしょうか。 「啓発」は主に、「〇〇に啓発される」「〇〇を啓発する」という使い方が多く見受けられます。 「啓発(けいはつ)」されることも、することも、スキルアップには大いに役立つことなので自身を高めていくためにもどんどん使っていきましょう。 2-2.「啓発」を使った例文 「啓発(けいはつ)」は、日常生活でほとんど使う場面がありません。 日常生活では、『4の「啓発(けいはつ)」の類語と例文』に書かれている「感化」や「成長」といったわかりやすい言葉を使用するからです。 以下ビジネスシーンや社会生活での使用例を挙げていきます。 <例文>• 薬の副 作用が強い。 乳酸菌を摂取することは消化 作用を助けることになる。 作用と反 作用は同じ力で違う方向に動く。 次では「自己啓発本」について解説していきます。 あなたの人生の指南書になるかもしれない一冊を見つけるコツを教えします。 5.「自己啓発本」とは?人生の指南書を読み道を開く 「自己啓発本」とは、人の能力向上や成功のための手段を説き、より高い認識を持つことを目的とした書籍のことです。 自己啓発本、セルフヘルプ本、自助本とも言います。 自己啓発本は、仕事で辛いと感じたとき、人生に迷いが生じたときなど、心の内を好転させてくれる云わば人生の指南書にもなり得ます。 自身で道を切り開きたいときに、道標となるヒントを与えてくれることでしょう。 I do my best with work and self-development. (仕事と 自己啓発にベストを尽くします。 (家事と育児が忙し過ぎて 自己啓発の時間が取れない。 ) まとめ 「啓発(けいはつ)」について、意味や例文、類語などを解説しました。 意味は「自身では気づかない点に教えを受けることで、より高く深い認識や理解を極めていくこと」です。 「自己啓発セミナー」を受講しようと申込みをすることや、「自己啓発本」を読もうとすることは、もう「啓発」のスタートを切っているのです。 正しい意味を知り、使い方をマスターしようとすることで、それもまた「自己啓発」に繋がるのではないでしょうか。

次の

啓蒙の意味は?類語、英語の説明までわかりやすく行います!

啓蒙 類語

「啓蒙(けいもう)」の意味とは? 「啓蒙」とは「情報を持たない人々を教え導く」という意味 「啓蒙(けいもう)」とは、人々に正しい知識を与え、知的水準を高めるように教え導くという意味です。 「啓」は「未知のものを明らかにする」「教え導く」という意味があり、「蒙」は「知識不足」という意味があります。 そのことから、情報を持たない一般の人々に、知識のある者がその知識を与え導くという意味合いが含まれます。 また、学術書などの専門書ではなく、一般の人の教養を高めることを目的に書かれた書物を「啓蒙書」と呼びます。 「啓蒙」が差別用語であるとの誤った認識に注意 「啓蒙」の「蒙」に「愚かなこと、無知なこと」という意味があることから、「啓蒙」は差別的な言葉だとする誤った認識があるようです。 差別的な意味は啓蒙にはなく、あくまでも知識や情報を持たない人に新しい知識を与え、導くという教育的な意味の言葉です。 啓蒙が差別用語であるなら、啓蒙活動をうたうNPOや、啓蒙書との但し書きで本を発行する出版社などは差別を助長していることになってしまいます。 「啓蒙」は英語で「enlightenment」 啓蒙は英語で「enlightenment」と書きます。 「啓蒙思想」は「the Enlightenment」です。 啓蒙思想の意味はのちほど説明します。 動詞の「啓蒙する」は「enlighten」と書き、宗教用語の「悟る」という意味もあります。 「啓蒙」の使い方と例文 「啓蒙」は社会全体に対する新しい考え方の導きの意味で使う 「啓蒙」は、社会全体に対する新しい考え方の導きを示す言葉として使われます。 啓蒙を行う活動を「啓蒙活動」や「啓蒙を図る」などと表現します。 時事的な記事や哲学などでも用いられることが多い言葉です。 社会に対する「啓蒙」の例文• 年金が不足する老後への備えのため、投資技術に関する啓蒙が必要だ。 情報メディアの発達により、新聞が市民の教養を啓蒙する時代は終わったといえる。 世間への啓蒙を図るという意味で、麻薬犯罪人への捜査活動が強化された。 社会に対する「啓蒙活動」の例文• 飲酒問題を解決するため、メディアを使った啓蒙活動が行われた。 青少年のために薬物乱用防止の啓蒙活動を行っている。 高齢者への詐欺被害防止のための啓蒙活動が各地で行われている。 「啓蒙」の類語とは? 「知識を与える」という意味の「啓発」 「啓蒙」の類語に「啓発(けいはつ)」があります。 「啓発」は、一般の人が見逃しがちな問題などについて、専門的な知識を持つ人が専門家の観点から知識を与えることを言います。 「大いに啓発された」「啓発を受けた」などと受け身の形で使うのが一般的です。 「啓蒙」は知識のない者に新しい知識を与えるのに対し、啓発は一般的な人が見逃している知識を与えるという違いがあります。 「思想的な影響を与える」という意味がある「教化」 「人民を強化する」などと使われる「教化(きょうか)」という類語があります。 「教化」は、人を教え導くという意味では「啓蒙」と同じですが、政治的権力者などが思想的な影響を与え、望ましい方向に人々を進ませるという意味で使われることが「啓蒙」とは異なります。 「啓蒙思想」とは? 「啓蒙思想」や、啓蒙思想に関する言葉「啓蒙主義」や「啓蒙時代」といった言葉は、知識のない人々を教え導くという意味の「啓蒙」に関連する意味をちますが、ある特定の思想運動を指す言葉です。 「啓蒙思想」とは17世紀ヨーロッパに起こった革新的思想運動のこと 「啓蒙思想」とは、17世紀ヨーロッパに起こり、18世紀後半に全盛期を迎えた革新的な思想運動です。 聖書や神学にもとづく伝統的な価値観や権威を否定し、理性による思考の合理性を唱えました。 啓蒙思想の立場を取る「啓蒙主義」 啓蒙思想の立場や意見・主張を強調する表現が「啓蒙主義」です。 「啓蒙主義の思想家」「啓蒙主義の論調」などと使います。 啓蒙思想が主流となった時代を「啓蒙時代」と呼ぶ ヨーロッパの17世紀後半から18世紀にかけて、啓蒙思想が主流となりました。 この時期のことを「啓蒙時代」と呼びます。 啓蒙思想の先駆となったフランス啓蒙思想 特にフランスでは、理性による人間の解放を唱える啓蒙思想が広まり、政治にも影響を与えました。 国民の当時の社会体制に対する不満の高まりもあり、啓蒙思想はフランス革命への布石となりました。 モンテスキュー(1689年~1755年)は『法の精神』において、三権分立論や奴隷制度の廃止、市民的自由の保持など国家や社会改革を提言し、ヴォルテール(1694年~1778年)は腐敗していた教会を弾劾しました。 まとめ 「啓蒙」とは、「情報を持たない人々を教え導く」という意味の教育的な言葉です。 啓蒙を受けることにより、それまで知らなかった新しい考え方や知識を知り、教養を高めたり知的水準を向上させることができます。 18世紀の哲学者カントは「啓蒙」を哲学的に考察し、「啓蒙とは、みずから招いた未成年の状態から抜け出ることだ」と述べています。 未成年の状態とは、他人の指示を仰がなければ自分の理性を使うことができない状態であり、「自分の理性を使う勇気が必要だ」と論じています。 カントが論じたように「啓蒙」に重要なのが「理性」です。 理性とは、物事の道理を考えたり、道理に従って合理的に判断したり行動したりする能力のことを言います。 理性の対義語が感情です。 啓蒙の対象である「情報を持たない人」とは、道理を考えず、感情のおもむくまま行動する人だと言えます。 つまり、一般的な誰もがその対象であるといえるでしょう。

次の

「啓蒙(けいもう)」の意味とは?使い方や類語、英語表現を徹底解説

啓蒙 類語

「啓蒙」の使い方 「啓蒙」とは、意味からも分かるように「人に知らないことを教えること」です。 例えば、専門的な内容をその知識のない人たちに向けてセミナーをすることや本を書くことなどが当てはまります。 言葉としては「啓蒙的」や「啓蒙事業」といった使い方もあり、「啓蒙的な本」や「教育の啓蒙事業」などと用いられています。 その他にも個人的に教え導かれた時など「啓蒙された」といった使い方もします。 ただ、基本的に上の立場の者から下の立場の者に対して使う言葉です。 教師から生徒や、専門家から一般人などに対して使われています。 さらに例文も紹介しますので、使い方の参考にしてください。 ・「彼は高校時代のことばに啓蒙された」 ・「子育ての啓蒙的なセミナーに参加する」 ・「心理学者が精神病患者に啓蒙する」 ・「国民を啓蒙するために新しい制度の資料作成が行われいている」 しかし「啓蒙」という言葉は差別や不適切であるとされています。 その理由は漢字の意味からきているようです。 「啓」は「わからないことを教え導く、申す」 「蒙」は「愚かで無知なこと、くらいこと」 といった意味を持ちます。 「蒙」という字には相手のことを「愚か」や「無知」だと扱っていると解釈できるため、「啓蒙」は差別用語や不適切用語として認識されることもあります。 こういった漢字の意味から、啓蒙するという言葉を使われると「上から目線だ」「侮辱している」などと受け取られています。 そういった「啓蒙」が差別用語や不適切用語であるとの見解から、かわりに「啓発」という言葉が使われています。 次に、「啓蒙」と「啓発」の違いを説明していきます。 「啓蒙」と「啓発」との違い 「啓蒙」が差別用語や不適切用語とされているのに対して、似たような漢字と意味を持つ「啓発」は一般的に使われています。 「啓発」の意味は、「人を教え導き高い知性や理解を与えること、一般の人が気づかないような点について専門の観点から教えること」となります。 知性や理解を与える、といった表現も上から目線のように捉えられますが、「啓発」は差別用語ではありません。 「発」の字には「外部や世間に向けて出す、外に現れ出る・生じる」といった意味が含まれています。 そういった漢字のニュアンスからも「啓発」には前向きなイメージがありよく使われるようになりました。 昔はそういった専門的な知識などを知らない人たちに向けて書いた本のことを「啓蒙書」などと行っていましたが、現在はほとんどが「啓発本」とされています。 言葉自体の本来の意味にはほとんど差異はありませんが、「啓蒙」には差別として捉えられてしまう意味を含む漢字が使われていることが大きな違いの一つとなっています。 そして、現在使われている意味として、 答えを教えることが「啓蒙」 答えを考えるために導くのが「啓発」 と解釈されています。 「啓蒙」は相手が無知であるという認識をした上で、あることを教えてあげるといったニュアンスになっていますが、 「啓発」は相手に知識の有無は関係なく、あることに対して気付いていないことを教えさらに高い認識に導くといったニュアンスになっています。 気付いていない、ということは実際に知らないことであり無知である、と判断できますがここも言葉の使い方が関係しているのでしょう。 日本語は漢字そのものが持つ意味や言い回しによって、受け手次第では全く違った意味でとらわれてしまうことがあります。 様々な受け方があることを理解して、誤解が生じないように使いましょう! 「啓蒙」を含む熟語 啓蒙思想 「啓蒙思想」とは、理性による思考の普遍性と不変性を主張し、伝統的権威や旧来の思想を批判して、理性の啓発により人間性の尊重と新秩序の建設をはかった思想のことです。 17世紀末にイギリスで芽生え、18世紀に最盛期に達してヨーロッパの思想の主流となりました。 その主義性を強調し「啓蒙主義」とも言われています。 かの有名なイギリスの哲学者ロックやフランスの哲学者ルソーなどが中心となっていました。 啓蒙活動・啓蒙運動 「啓蒙活動」「啓蒙運動」とはそのままの意味で啓蒙するための活動・運動のことです。 組織や団体などが一般に広めたいことや、自らの主張を世間に知っておいてほしいがためにする活動です。 使い方のところでも説明した「啓蒙書」を書くこと自体も「啓蒙活動」に当たります。 また、ピンクリボン活動やオレンジリボン運動なども当てはまります。 ピンクリボン活動は、乳がんの正しい知識を広めることで早期発見するための検診を推進する活動です。 オレンジリボン運動は、児童虐待防止を推進する運動のことです。 乳がんや児童虐待のことは知っていても、詳しい専門的な知識を持っていない国民はたくさんいます。 そういった人達に向けて少しでも関心を持ってもらい、乳がんや児童虐待を減らそうと活動をしています。 現在では、 「啓蒙」が不適切用語とされているため「啓発キャンペーン」などと言われています。

次の