トイレリフォーム補助金。 【2020年度版】トイレのリフォームに補助金・助成金、制度を活用しよう!

【2020年4月最新】リフォームがお得になる補助金・減税制度

トイレリフォーム補助金

これから住宅のリフォームを検討している方は、できることならリフォーム費用を安く抑えたいと考えるのは当然です。 住宅のリフォームを行う際には、国や地方自治体が行っている補助金制度を利用できる可能性があります。 ですが、補助金制度の種類はとても豊富で、それぞれ利用できる条件などが異なります。 まずは、2019年度はどのような補助金制度が存在するのか、利用条件はどのようなことなのかを把握しましょう。 なお、リフォームの種類によっては、補助金制度を利用できない可能性もあります。 補助金制度を利用できないリフォームを行う際には、多数社に一括見積りを行うことでリフォーム費用を抑えられます。 補助金制度を利用できるリフォームであってももちろん、上限額があります。 どちらにせよリフォームを検討しているのであればまずは、一括見積りを行ってみましょう。 【費用を抑えるコツ】リフォームの補助金制度を活用しよう! トイレを含め、住宅のリフォームを行う際には、一定の条件を満たすことで補助金制度が利用できます。 それぞれリフォームの内容によって利用できる補助金が異なり、お住まいの地域によっても補助金内容が異なります。 住宅のリフォームを検討している方は、目的に合った補助金を利用して費用を抑えましょう。 【2019年版】リフォームの補助金制度一覧 2019年のリフォームを対象とした補助金制度は、全部で7種類です。 この他にも各自治体の補助金制度を利用できる可能性があります。 まずは国から受け取ることができる7種類の補助金制度について簡単に紹介します。 国から受けられるリフォーム補助金一覧 ・ 長期優良住宅化リフォーム補助金は、住宅の性能向上などのリフォームを対象としており、戸建て住宅、共同住宅ともに対象です。 この補助金を受け取るためには、下記の3つの要件を満たさなければいけません。 リフォーム工事前に建物の現状調査を行い、リフォーム工事の履歴と維持保全管理を作成すること• 一定の住宅性能を有するようにリフォームをすること• 次世代住宅ポイント制度とは、「環境」「安全・安心」「健康長寿・高齢者対応」「子育て支援・働き方改革」に資するリフォームが対象です。 対象リフォームを行うことで 最大で30万ポイントを受け取ることができ、ポイントを利用して様々な商品と交換できます。 次世代住宅ポイント交換商品は ・ 高性能建材による住宅の断熱リフォーム支援事業は、省CO2に有効な高性能建材を使用したリフォームを対象とした補助金制度です。 ・ 次世代省エネ建材支援事業は、省エネを目的とした住宅のリフォームに対して支払われる補助金制度です。 窓ガラスや玄関ドアなど、住宅の一部のリフォームに対しても補助金が支払われます。 ・ ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)支援事業とは、国が進めるZEH住宅へのリフォームを行う際に受けられる補助金です。 そもそもZEH住宅とは、省エネ住宅のことです。 つまり、太陽光発電の設置や断熱性の高い窓への交換などで、補助金を受け取れます。 ・介護保険(高齢者住宅改修費用助成制度) 介護を目的とした住宅のリフォームを行う際に、利用できる助成制度です。 40歳以上の方は、必ず加入されている介護保険から支払われる助成金であり、工事費用の9割を限度として、 最大で18万円支払われます。 地方自治体・公共団体の補助金制度を検索 2019年に住宅のリフォームに利用できる補助金・助成金制度は、上記の7種類でした。 ただ、この他にも、各自治体によって様々な補助金制度を導入しています。 目的によってそれぞれ使用できる制度が異なります。 内装工事などのリフォーム費用をできるだけ抑えるためには、各地域の工務店に依頼をするのがおすすめです。 また、工務店によっても見積額が異なりますから、一括見積もりを行った上で、一番安い業者へ依頼しても良いでしょう。 トイレリフォーム一括見積もりならリショップナビ リショップナビは、トイレリフォームだけではなく、ご自宅のあらゆる場所のリフォーム業者を見つける事ができます。 あなた専門のコンシェルジュ連絡ができるので、あなたにぽピッタリの業者を相談しながら見つけることができます。 またリショップナビには【 安心リフォーム保証制度】が用意されているので、万が一工事ミスが発生しても引き渡し1年以内であれば損害を保証してくれるので安心です。 エコ・耐震リフォームなら長期優良住宅化補助金 長期優良住宅化補助金(長期優良住宅化リフォーム推進事業補助金)は、耐震リフォーム、省エネなどを目的としたリフォームに使用できる補助金です。 まずは、長期優良住宅化補助金の条件や支給額、申請方法等について見ていきましょう。 条件 長期優良住宅化補助金を受け取るためには下記の3つの条件を満たさなければいけません。 ・リフォームを行う前にインスペクション(住宅診断)を行い、維持保全計画およびリフォームの履歴を作成すること ・リフォーム工事後に耐震性、劣化対策について、国土交通省が定める性能を満たしていること。 ・省エネ、維持管理・更新の容易性、高齢者対策(共同住宅のみ)、可変性(共同住宅のみ)のいずれかの基準を満たしていること(40歳未満の者が行うリフォーム工事は、2の要件を満たす必要はありません。 ) ・上記の性能項目のうち、いずれかの性能向上に資するリフォーム工事、三世代同居対応改修工事、良好なマンション対応管理を行うこと 補助金の支給金額 長期優良住宅化補助金で受け取ることが可能な補助金は、 最大で300万円です。 受け取れる補助金の最大額は、行うリフォームによって100万円、150万円、250万円と3種類に分類されます。 それぞれ何が異なるのかについて確認していきましょう。 評価基準型 認定長期優良住宅型 高度省エネルギー型 100万円 (150万円) 200万円 (250万円) 250万円 (300万円) 対象となるリフォーム 長期優良住宅化補助金の対象となるリフォームは、特定性能向上工事、下記の3つです。 ・特定性能向上工事 1. 現状で評価基準に満たしていない状態から、評価基準へ満たすよう行うリフォーム 2. 評価基準に認定している状態から、増改築認定基準に認定されるように行うリフォーム 3. 現状で評価基準や増改築認定基準を満たしているが、さらに性能向上を目指すことが明確に測定できるリフォーム ・その他性能工事 1. リフォーム前後で基準に適合しているが、リフォームによって性能が向上していない工事 2. リフォーム前後で認定基準に適合していないが、リフォーム後に性能が向上している工事 3. インスペクションで指摘を受けた箇所の補修工事 ・三世代同居対応改修工事 キッチンやトイレ、浴室、玄関の増設に係る工事 (参考元︰) 申請方法 長期優良住宅化補助金の交付申請は、リフォーム工事を実施する住宅と工事の内容が決定してから行います。 交付申請を行う際には必ず、長期優良住宅化補助金の要件を満たしていることを確認してから行いましょう。 【交付申請の流れ】 1. 工事内容詳細を提出(リフォーム業者) 2. 見積書、図面等を添付し交付申請(リフォーム業者) 3. インスペクションを行う(リフォーム業者等) 4. 工事完了報告(リフォーム業者) 5. 完了検査(国) 6. 補助金受け取り(施主) このようにリフォームを依頼した施主の方が自ら申請を行う必要はありません。 交付申請受付期間は平成31年4月10日(水)から平成31年11月29日(金)までです。 期日までに間に合うようにリフォームを検討しましょう。 介護リフォーム補助金なら介護保険 介護保険に加入している方で、介護を目的としたリフォームを行う際には、介護保険から補助金が支払われます。 まずは利用条件や、補助金額対象リフォームなどについて見ていきましょう。 条件 介護保険から補助金を受け取るためには、下記の3つの要件を満たさなければいけません。 ・要介護認定で「要支援」もしくは、「要介護」の認定を受けていること ・リフォームを行う住宅の住所が被保険者証の住所と一致しており、本人が実際に居住していること ・介護リフォームを行うこと 補助金の支給金額 介護保険から受け取れる補助金は、 最大で18万円までです。 なお、工事費用の9割を限度としています。 対象となるリフォーム 介護保険補助金の対象は、介護を目的とした下記の項目です。 ・手すりの設置 ・段差の解消 ・扉の取り替え ・便器の取り替え(便器の取り替えに伴う、床材の変更含む) ・滑り防止を目的とした床リフォーム 申請方法 介護保険から補助金を受け取るためには、下記の3つの書類を用意し、市町村の介護保険課へ届け出ます。 ・領収書(本人名義のみ) ・工事費内訳書 ・改修完了確認書(改修前・改修後の写真添付) 介護保険から補助金を受け取る際には、自ら市町村へ申請しなければいけない上に、改修前の写真を添付しなければいけません。 窓の断熱リフォームなら次世代建材補助金 次世代建材補助金(次世代省エネ建材支援事業)は、一定の省エネ性能を有する高断熱建材などを使用した、リフォームに使用できる補助金です。 次世代建材補助金の条件や支給額、申請方法等について見ていきましょう。 条件 次世代建材補助金を利用するためには、下記の3つの要件を満たさなければいけません。 ・必須製品のいずれかを用いた改修を行うこと(下記表) ・任意製品を用いた改修は、必須製品を用いた改修と同時に行うこと(下記表) ・製品毎に要件を満たしていること 必須製品 任意製品 断熱パネル 潜熱蓄熱建材 断熱材 窓 玄関ドア ガラス 調湿建材 (参考元︰) 補助金の支給金額 次世代建材補助金では、戸建て住宅か集合住宅化によって、上限額が異なります。 対象となるリフォーム 次世代建材補助金で対象となるリフォームは、SIIに登録された補助対象製品の材料費および、工事費です。 補助対象製品 断熱パネル、潜熱蓄熱建材、断熱材、窓、玄関ドア、ガラス、調湿建材 申請方法 次世代建材補助金の交付申請方法は、下記のとおりです。 1,交付申請書、添付書類の作成および提出• 2,契約・工事開始• 3,工事完了• 4,補助事業実績書、添付書類の作成および提出• 5,補助金交付税額確定通知書を受理• 6,補助金受け取り (参考元︰次世代省エネ建材支援事業) 次世代建材補助金の申請者は、リフォーム会社などが行いますから、リフォームを依頼した方、自らが申請する必要はありません。 なお、次世代省エネ建材支援事業の一次公募は終了し、二次公募が開始しています。 二次公募の受付期間は、 2019年8月5日(月)から2019年9月13日(金)17︰00までです。 リフォーム減税制度とは リフォーム減税制度とは、一定の要件を満たすリフォームを行った際に受けることのできる税制の優遇措置です。 税制の優遇措置を受けられる税金の種類は、「所得税」「固定資産税」「贈与税」「登録免許税」「不動産取得税」の5種類です。 リフォーム減税制度は、必要書類を揃えて税務署に提出することで受けられます。 リフォームを行った際には、ぜひ利用してみましょう。 トイレリフォームのまとめ 今回、住宅リフォームに係る補助金制度について紹介しました。 各補助金は、利用条件や補助金額が異なります。 また、今回紹介した補助金制度は、あくまでも2019年度のものですから、今後変わる可能性もあります。 費用を抑えてリフォームを行うためにも、今回紹介した補助金制度を参考にしてみてはいかがでしょうか。 基本的に補助金の併用はできませんから、自分のリフォームに合った補助金制度を利用するとともに、最大限利用できる補助金制度を選びましょう。 トイレリフォーム一括見積もりならリショップナビ リショップナビは、トイレリフォームだけではなく、ご自宅のあらゆる場所のリフォーム業者を見つける事ができます。 あなた専門のコンシェルジュ連絡ができるので、あなたにぽピッタリの業者を相談しながら見つけることができます。 またリショップナビには【 安心リフォーム保証制度】が用意されているので、万が一工事ミスが発生しても引き渡し1年以内であれば損害を保証してくれるので安心です。

次の

省エネリフォーム補助金(事前申請)|足立区

トイレリフォーム補助金

今回は、住宅のリフォーム・増改築・改修時に使える 補助金(助成金)・ 減税の優遇制度について解説します。 まず、 各都道府県・市町村の地方自治体単位で、行っている補助金制度について解説し、引き続き、 国の住宅補助制度の概要についても解説します。 リフォーム減税については、別途詳細に解説していきたいと思います。 リフォームをお考えの方は、まずは、今回ご紹介する 各自治体が実施するリフォームの優遇制度「補助金(助成金)」の活用を、ぜひご検討ください。 一定条件をクリアしたリフォーム工事に限りますが、各自治体から補助金 助成金)がもらえます。 リフォームにこんな素晴らし制度があることを、あなたはご存知でしたか? 全てのリフォームが対象となるわけではなく、対象となるリフォーム工事が限定されていたり、申請の手続も、タイミングが限定されていたり、多少複雑です。 しかし・・ここでお話することを、お読みいただければ、誰でも、この優遇制度を活用できるはずです。 少しでもリフォーム費用を安く抑えるためにも、ぜひ、リフォーム補助金(助成金)を活用すべきです。 さらに、リフォームには、 国が実施する補助金制度、減税制度(メインとなるのは、「所得税減税」と「固定資産税の減額」)もあります。 せっかくのお得な優遇制度、利用しない手はないです。 リフォームするなら、ぜひこれら補助金(助成金)、減税の優遇制度をフルに利用し、お得にリフォームを成功させてください。 補助金 助成金)制度は複雑で、経験のない個人では、完全に理解をすることはかなり難しいです。 ここは、やはり、実績のあるリフォーム会社に相談するのが、確実かつ安全です。 こういった補助金 助成金)制度を利用し、リフォームをお得に行うには、こういったことが相談ができるリフォーム会社を選定することが重要です。 しかし、こういった補助金制度に詳しく、さらには、信頼できるリフォーム業者を探すのは大変です。 正直、自分一人で探すのは無理です。 そこで、ぜひ、ご検討いただきたいのが、リフォーム比較サイトです。 リフォーム比較サイトであれば、補助金(助成金)について知識や経験豊富なリフォーム会社を、紹介してもらえます。 床を滑りにくい素材へ変更する、トイレの和式を洋式便器にかえるといったリフォームが、代表的なものです。 どれも、高齢者などの介護者、介助者が暮らしやすくなるものばかりです。 手すりの取り付であればよくて、トイレ、洗面、浴室、廊下、玄関など・・住宅のいろいろな個所でのリフォームが対象になります。 床の滑りにくい素材への変更、床の段差の解消、開き戸から引き戸への変更も、住宅の中の施工場所は、基本的にどこでもOKです。 補助金(助成金)の支給額、補助の提供を受けられる条件は、各自治体で異なり、バラバラです。 早めに各自治体の担当窓口に問い合わせ、手続では、リフォーム業者の協力も必要になるので、相談できるリフォーム業者を選定するのがいいです。 介護保険法にもとづく住宅改修費の補助もあります。 こちらは、国の介護保険制度によるもので、要介護認定を受けていない方は、対象外になります。 要介護認定を受けている方は、先ほどの地方自治体の補助金(助成金)とあわせて、活用することを、ぜひご検討ください。 介護保険制度では、「要支援」または「要介護1〜5」と認定された人が住む住宅で、一定のリフォーム工事(例えば、段差の解消や手すりの設置等の工事)を行う際には、 一生涯で20万円まで、リフォーム費用の8〜9割の補助を受けることができます。 (1割、2割は自己負担になります。 ) この20万円の枠は複数回に分けて使うことができます。 この介護保険制度でも、対象となるリフォーム工事は決まっており、手続きも複雑なので、事前にケアマネージャー(介護支援専門員)に相談するのがおすすめです。 こちらの制度も、詳しくは市区町村の担当窓口にお問い合わせください。 エコ・省エネのためのリフォーム 補助金 助成金)の対象となるエコ、省エネに関するリフォームは、いくつかあります。 対象となるリフォーム工事は、断熱改修に関連する工事、例えば、住宅の窓の断熱リフォーム 内窓やペアガラスなど 、外壁、屋根の断熱リフォームなどがあります。 省エネ性の高い給湯器の設置 エコキュート、エネファームなど)、節水型トイレへの交換リフォーム、高断熱浴槽付きへの浴室リフォームも対象になります。 さらに、LED照明の設置などの工事も対象です。 この他にも、エコ、省エネ系のリフォームは、ありますので、とにかく、事前に自治体に確認するといいです。 各自治体で条件は異なりますが、 工事費の一定割合で、5万円〜20万円程度を上限に支給されるケースが多いです。 耐震性を確保するためのリフォーム 耐震診断、耐震補強の工事も、リフォーム補助金(助成金)の対象となります。 耐震補強工事は、以下のような工事が対象になります。 建物の基礎の補強、壁の補強、接合部の補強、屋根の軽量化などがあります。 また、地震の際に倒壊する危険性があるブロック塀の撤去・解体工事についても、補助金の対象になる場合が多いです。 実際に痛ましい事故が起き、リスクが明るみになり、ニュースでも話題になりました。 このリフォーム補助金(助成金)は、ほとんどの自治体であるはずなので、ぜひ、ご活用をご検討ください。 なお、 耐震診断、耐震補強の補助率、限度額ともに、アップしている自治体が多いです。 エコ・省エネ、耐震性のリフォームに関しての補助金 助成金)は、条件をクリアしているからといって、 全て適用になるとは限らないそうです。 年度ごとに予算があるようで、 予算枠に達すると期間中でも補助金(助成金)が支給されないことがあります。 ある意味、 「早い者勝ち」ということです。 最新の情報を担当窓口やインターネットで収集し、リフォームをされる方は、早めに行動されるといいです。 その他のリフォーム 実は、さらにもう一つ補助金(助成金)の対象となるリフォームがあります。 それは、介護、バリアフリー、エコ、省エネ、耐震に関係する特定のリフォームではなく、地元のリフォーム業者に依頼をする普通のリフォーム工事です。 この場合のリフォーム工事は、住宅のリビングやダイニングといった一般的なリフォーム工事についても対象になります。 要するに、この場合の補助金 助成金)は、地元経済の活性化を促すことが目的です。 自治体によっては、特定の業者を指定しているケースもあるので、ここも自治体に問合せ、確認することが重要です。 ちにみに、この補助金(助成金)は、 5万円から10万円程度というのが一般的です。 金額はそれほど大きくありませんが、他の補助と合わせて使えることが多いので、ぜひ活用をご検討ください。 各自治体が実施する補助金(助成金)を受けるための手続での注意点とは? 補助金(助成金)を受ける際に、手続、業者の選定等、特に注意すべき6つの点についてを解説します。 補助金(助成金)の申請のタイミング リフォーム補助金(助成金)制度を活用したい場合で一番注意すべき点は、申請のタイミングです。 中には、事後承認が可能な補助金もありますが、ほとんどの自治体では、リフォーム工事の着工前に申請しないとだめです。 申請時に、既に工事をスタートしていたり、工事が完了している場合には、申請しても受理されないのでご注意ください。 早め早めに、自治体に、確認、相談するのが、極めて重要です。 工事を依頼するリフォーム会社の選定 補助金(助成金)の手続では、リフォーム工事終了後に、必要書類を自治体に提出する必要があります。 その提出書類は、通常、工事を行ったリフォーム業者の方で準備してくれます。 しかし、中には補助金 助成金)について全くわからないリフォーム会社もいますので、注意が必要です。 リフォームを業者に、補助金(助成金)について対応可能かどうかを、契約する前に、確認するのがいいです。 自治体で指定するリフォーム業者 補助金 助成金)の支給の条件に、「自治体が指定する一定の地域内にあるリフォーム会社に依頼すること」と定めている場合があります。 また、その地域内になるか否かで、補助率を変えている場合もあります。 こういったケースがあるので、 事前に、あなたが依頼するリフォーム会社が、自治体が要求している条件をクリアしているか否かを確認するようにしてください。 リフォームの工事着手時期 自治体によっては、補助金 助成金)の適用条件に、リフォーム工事に着手するタイミング、期限を設ける場合があります。 リフォーム会社には、いつリフォーム工事に着手できるのかを、事前に確認する必要があります。 特に年度末は、リフォーム工事が立て込む時期なので、工事の着手が遅れることもあると思うので、注意が必要です。 他の補助金 助成金)との併用 自治体によっては、補助金(助成金)の併用を認めないケースがあります。 そういった場合には、どの補助金 助成金)を使うのが、最も得なのか、よく検討する必要があります。 各地方自治体の住宅リフォーム支援制度の検索 各地方公共団体が実施する住宅リフォーム支援制度を、都道府県、市区町村ごとに、ここで検索できます。 まずは、検索し、最新情報を確認し、その上で、お問い合わせをするといいです。 長期優良住宅化リフォーム推進事業 こちらの「長期優良住宅化リフォーム」は、質の高い住宅ストックの形成、子育てしやすい環境の整備を図るためのリフォームを促進させることが目的の制度です。 一定の基準をクリアし、認定長期優良住宅型に認定された場合に 200万円の補助を受けることができます。 さらに、省エネルギー性能を高めた住宅、三世代同居対応改修工事の実施であれば、 補助金は最大300万円になります。 補助率は、1/3であり、補助限度額は、以下の表の通り、リフォーム後の住宅性能に応じて3つの補助限度額を設定されております。 ・事務所や店舗等の住宅以外の建物は対象外。 補助対象費用の内訳: ・性能向上リフォームの工事に要する費用。 ・三世代同居対応改修工事に要する費用。 ・インスペクション、住宅履歴情報の作成、維持保全計画の作成等に要する費用。 詳細は、をご覧ください。 省エネ改修補助金(断熱リノベ・次世代建材) 住宅の省エネ・断熱リノベーション、高性能な断熱材や窓等を用いた断熱改修を行うことにより、一定の省エネ効果が見込まれる場合に補助金が支給される制度です。 省エネ、省CO2性能が高い建材を使った断熱改修に対し、国が行う支援制度です。 詳細は、「」をご覧ください。 ZEH(ゼッチ)(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)とは、「外皮の断熱性能等を大幅に向上させるとともに、高効率な設備システムの導入により、室内環境の質を維持しつつ大幅な省エネルギーを実現した上で、再生可能エネルギーを導入することにより、年間の一次エネルギー消費量の収支がゼロとすることを目指した住宅」です。 出典: 既存の戸建住宅を、こういったZEHへ改修、リフォームすることに対し、補助金を交付する制度です。 以下は、補助事業のスケジュールですが、既に、終了しているものもあるので、ご注意ください。 公募に関する詳細は、こちらの「」でご確認ください。 【環境省ZEH】ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)化による住宅における低炭素化促進事業の詳細については、こちらのでご確認ください。 優遇制度を利用したいが、どのリフォーム業者に依頼すればいいのか? 著者情報: 村上悠 レリッシュプラン株式会社:代表 経営するRCマンション、平屋ガレージハウス等、複数の賃貸物件について、空室対策として何度もリフォームを行ったことがあります。 リフォームは、室内のクロス、床、天井といった小規模なものから、屋根や外壁をリフォームする大規模修繕の経験もあります。 また、自宅を三井ホームで建て、さらに賃貸物件の平屋ガレージハウスを建てる等、新築の家づくり経験もあります。 そういったリフォームや家づくり経験で得た気付き、知識等を、記事にしていきたいと思います。 リフォームや家づくり等に役立つであろうと、資格も取得しました。 賃貸業など不動産ビジネスに役立つであろうと、宅地建物取引士に2008年に合格。 また、家づくり、リフォームに色彩は重要ということで、2級カラーコーディネーター(商工会議所)の資格を2019年に取得。 さらに、以前サラリーマン時代に、国内旅行業務取扱管理者の資格も2016年に取得。

次の

必見!!トイレの介護リフォームまるわかり

トイレリフォーム補助金

突然介護が必要になった時、介護する人、される人共に不安になってしまうことも多いことでしょう。 介護リフォームの補助制度のことをしっかりチェックしておきましょう。 加齢による身体能力の低下や、疾病・ケガによって、ある日を境に介護が必要になってしまった時、介護を必要とする人、そして支える家族が安心して暮らしていくために、「介護リフォーム」を考えなければなりません。 あらかじめバリアフリーについて考慮されている住まいであったとしても、その方の介護状況によってはリフォームが必要になる場合も多いようです。 今回は自分や家族に介護が必要となったときに知っておきたい介護保険を活用した リフォームの 補助制度(介護保険住宅改修)についてご紹介いたします。 介護保険制度なら介護リフォームに9割補助が 40歳以上の人なら保険料を負担している「介護保険」。 どのような制度なのかは、実際に介護を必要としないとわからないことも多いと思いますが、介護施設を利用する以外にも介護リフォームで活用できる制度が用意されています。 介護保険を利用して介護・支援サービスを受けるためには、自治体から「要介護」あるいは「要支援」といった「介護認定」を受ける必要があり、その状況によって「要支援1~2」または「要介護1~5」と分類されていますが、在宅で生活し、住宅改修が必要とされる人に対し、20万円までの介護改修を1割(ある一定の所得がある方は2割)の自己負担でリフォームすることができるのです。 この介護改修の補助は原則1人1度までとなりますが、「要支援」「要介護」のランクが3段階以上あがったとき(例えば要介護1の人が要介護4になった場合など)や、転居した場合などは改めて本制度が利用できるようになっています。 介護保険が適用になるリフォームには条件がある 介護保険の制度を理解しておけば、リフォームの負担を軽くすることが出来ます。 介護保険が適用になる改修は、次のとおりです。 手すりの取り付け 玄関、廊下、階段、トイレ、浴室、洗面所などの屋内に設置する手すりの他、出入り口から道路までの屋外手すりにも適用されます。 床段差の解消 引き戸レールや敷居の段差を撤去したり、玄関や浴室、出入り口などの段差をスロープや踏み台、床工事などにより解消する場合に適用されます。 滑りの防止、移動の円滑化等のための床または通路面の材料の変更 車イスが利用しにくい畳床や、歩行時に滑りやすい床を、フローリングや固い床材などに変更する場合に適用されます。 引き戸等への扉の取替え 介護を必要とする人が開けにくいとされる開き戸を、引き戸や折れ戸、アコーディオンカーテンなどに変更する場合に適用されます。 また手首を傷めていたり、握力が低下している人でも操作しやすいドアノブや戸車の設置も含まれます。 洋式便器等への便器の取替え 和式便器よりも介護しやすく、かつ介護されやすい洋式便器への交換や、便器の高さを変更する必要がある場合の洋式便器の取替えに適用されます。 工事着手前に正しく手続きを! 介護保険住宅改修の制度を活用する場合は、自治体ごとに必要となる書類は異なりますが、必ず工事前の申請・手続きが必要になります。 さらに、介護状況に応じたリフォーム計画であるかの審査もあり、工事内容が明確に描かれている見積書や図面の添付が求められますので、制度の活用や手続きについては自治体の介護保険担当課の窓口やリフォーム業者と事前に打ち合わせをしながら進めるようにしましょう。 もし、まだ「介護認定」を受けていない場合は主治医などの意見書を添付して手続きを行う必要があります。 「介護認定」の手続きから審査・判定までは1か月ほどかかることが多いようです。 こちらも市区町村の介護保険課窓口や地域包括支援センターなどと相談の上、手続きがスムーズにできるように準備しておきましょう。 自治体の上乗せ補助や、リフォーム減税制度も! 介護保険制度とは別に、各市町村で高齢者向けや、障害者向けに住宅改修に助成金を支給していたり、リフォーム融資の際の金利優遇が受けられたりするものがあります。 市区町村ごとに助成制度や助成内容、適用条件が異なりますので、介護保険制度だけでなく自治体窓口やホームページなどで確認しておくことをお勧めいたします。 また平成33年12月末日まで、バリアフリーリフォームの減税制度も用意されています。 自己資金のみ、あるいは融資を受ける場合、どちらでも利用できるようになっていますので、資金計画や必要となるリフォーム内容について確認した上で、効率の良い制度を選択するようにしましょう。 介護の状況によってリフォーム内容は異なる 「介護リフォーム」「バリアフリーリフォーム」と一口に言っても、実はその人や家族が必要とする工事内容は微妙に違ってきます。 例えば、手すりの取り付けは体重をかける動作の際の利き手側を優先すべきです。 やたらに手すりの本数を増やしてしまうと体をぶつけたり、介護する人の動きを阻害してしまうことがあります。 このようなプランの無駄を省くことで、必要最小限かつ効率良く介護リフォームに取り組むことができるのです。 安易にリフォーム業者に工事依頼するのではなく、介護事業者やケアマネージャー、福祉環境コーディネーターなどといった専門家のアドバイスを受けながらリフォームを計画するようにしたいものです。 今回は介護リフォームに関する補助制度についてご紹介しました。 介護保険による補助、自治体の支援、国の減税策をしっかりチェックして、家族みんなが快適かつ笑顔で暮らせるリフォームを実現させましょう。 【関連記事】•

次の