テレビ アンテナ ケーブル 無線。 アンテナ線がない部屋でテレビを見るには?ケーブルの延長は不要

テレビアンテナは無線化できる?分かりやすくやり方を解説

テレビ アンテナ ケーブル 無線

テレビアンテナを無線化する方法 テレビアンテナは、無線化することが可能です。 そして、自分で簡単に取り付けることもできます。 スムーズに作業を進めるためにもしっかり準備して、手順を把握しておくのがおすすめです。 この章では、テレビアンテナを無線化する方法について紹介します。 テレビアンテナを無線化する仕組み テレビアンテナの無線化は、受信した電波をチューナーやメディアコンセントなどで映像データに変換して通信することからはじまります。 変換された映像データはWifiルーターなどの親機を介して、私たちが番組を視聴するテレビやパソコンなどに送られる仕組みとなっているのです。 そのため、データを飛ばすチューナーと親機間、親機と子機間ではケーブルを接続する必要はありません。 無線化することでほかの部屋にいても通信可能であるため、家のどこでもテレビを楽しめる環境を作ることができます。 無線化に必要なもの テレビアンテナを無線化するためには、いくつか準備物が必要です。 スムーズに無線化をおこなうためにも事前準備をしておきましょう。 無線化のための準備物は、以下のとおりです。 最近のものは対応しているタイプが多いですが、わからない場合は家電量販店などのスタッフに確認してみるとよいでしょう。 無線化する手順 テレビアンテナの無線化は、自分で簡単におこなうことができます。 しかし、はじめて無線化を試みるという方は、手順がわからないという方も多いはずです。 チューナー付きブルーレイレコーダーを使用したテレビアンテナの無線化手順は、以下のようになります。 【テレビアンテナを無線化する手順】 (1)Wifiルーターを設置し、インターネットが使える環境にする。 (2)壁にアンテナ端子がある部屋にチューナーが搭載されたブルーレイレコーダーを設置して、アンテナ端子と接続する。 (3)ブルーレイレコーダーとWifiルーターの接続設定をおこなう。 (4)テレビとWifiルーターを接続する。 (5)アンテナ端子がない部屋のテレビとWifiルーターを接続設定する。 これで、テレビアンテナの無線化は完了です。 Wifiルーターからアンテナ端子のない部屋のテレビにも映像データを飛ばすことで、無線でテレビ番組を楽しむことができます。 無線の代わりに室内用テレビアンテナを使う方法もある テレビアンテナの無線化以外にも簡単にテレビ番組を楽しむことができるものとして、室内用アンテナが挙げられます。 室内用アンテナとは、窓際などに専用の機器を置くだけでテレビを視聴することができるものです。 外にアンテナを立てる必要はありません。 室内用アンテナは置くだけなので、自分で設置することができます。 また、2,000~3,000円ほどで販売されており、家電量販店や通販などで手軽に手に入れることが可能です。 しかし、室内用アンテナは設置する場所によって上手く電波が受信できず、テレビにノイズが発生したり、映らなくなってしまったりすることも考えられます。 さらに、建物の構造や障害物によって電波が上手く受信できないという場合もあるでしょう。 テレビアンテナを無線でなく室内用アンテナにすることを検討している方は、電波状況を確認するレベルチェッカーで確認してから設置することをおすすめします。 テレビアンテナを無線接続するメリット テレビアンテナを無線接続することでたくさんのメリットが得られます。 たとえば、余計な配線がないため、部屋がすっきりした印象になるのもメリットのひとつといえるでしょう。 ほかにも4つの大きなメリットがあるので、紹介していきます。 アンテナを取り付けなくていい ケーブルテレビや光回線のテレビ視聴プランを契約すれば、外にアンテナを取り付けなくてもテレビ番組を楽しむことができます。 そのため、屋外用アンテナを設置したことによって家の景観が損なわれる心配もないでしょう。 とくに、マンションやアパートなどの賃貸物件に住んでいる方は、テレビアンテナの設置には大家さんや管理人の許可が必要です。 しかし、物件の景観を損ねるといった点で許可が下りないこともあるでしょう。 そのような場合は、ケーブルテレビや光回線を契約してテレビアンテナを無線化することで賃貸物件でもテレビを楽しむことができるのです。 天候による影響は受けない テレビアンテナの無線化は、天候による影響も受けにくくしてくれます。 屋外にアンテナを設置すると、台風時の強風でアンテナ本体が揺れ電波受信が上手くできなくなってしまうことがあるのです。 天候がよくないときは室内にこもることも多いため、肝心のテレビが上手く映らないと憂うつな気分になってしまうことも多いでしょう。 そこで、ケーブルテレビや光回線に接続すれば、外にアンテナを立てなくてよいため、天気に左右されることが少なくなります。 どんなときも安心してテレビを楽しみたいという方には、テレビアンテナの無線化がおすすめです。 有料チャンネルの利用ができる ケーブルテレビや光回線を契約するときに、有料チャンネルも一緒に契約しておけばさらに多くの番組を楽しむことができます。 会社によって提供している番組は異なりますが、有料チャンネルには、映画やスポーツ、アニメなどの趣味を楽しめる番組が数多く放送されているのです。 このように、ケーブルテレビや光回線の無線アンテナを利用すれば、よりテレビを楽しむことができるでしょう。 また、有料チャンネルはいつでも契約・解約が可能であるため、番組表を確認した上で時期を限定して契約するというのもひとつの方法です。 賃貸物件でも接続台数が増やせる テレビアンテナを無線化すれば、アンテナ端子がない部屋でもテレビを楽しむことができます。 賃貸物件だとすべての部屋にアンテナ端子があるわけではありません。 「この部屋でテレビを見たいのに、アンテナ端子がないから諦めた」という方もいるのではないでしょうか。 はじめの章でもお話しましたが、アンテナ端子がなくてもテレビアンテナを無線化しておけば、Wifiルーターからほかの部屋に映像データを飛ばすことができるのです。 アンテナ端子がない部屋にインターネット対応のテレビを設置しておけば、テレビを視聴することができるようになります。 テレビアンテナを無線接続する際の注意点 テレビアンテナを無線化するメリットはたくさんありますが、接続する上で注意しておかなければならない点もあります。 無線化をお考えの方は、注意点もしっかりと把握してからおこなうのがおすすめです。 この章では、テレビアンテナを無線接続するときの注意点を4つ紹介します。 地デジ電波を無線で飛ばすのは避ける テレビ電波は受信できれば、なんでも無線化してもよいというわけではありません。 テレビ電波の中でも地上デジタル放送の電波に関しては、無線で飛ばすことが禁止されています。 地上デジタル放送とは、一般的な民放のテレビ局の番組が放送されている電波のことです。 この地上デジタル放送の電波を無線するためには、専用の免許が必要になります。 免許を持たない者が勝手に無線化してしまうと、1年以下の懲役もしくは100万円以下の罰金を科せられてしまうでしょう。 ただし、私たちが家電量販店などで手に入れることができるアンテナ関係の機器の多くは、地デジ電波を無線化するものはありません。 免許なしに、無断で地上デジタル放送の電波を無線化すると罪に問われるということは念頭に入れておきましょう。 通信規格の確認を忘れない 無線化をおこなうための部品や機器などは、すべて通信規格というものが決まっています。 通信規格とは、周波数や通信速度によって分類されたものでさまざまな種類があるのです。 もちろん無線化するために必要なWifiルーターやテレビなども、通信規格が決まっています。 そのため、テレビとWifiルーター同士の通信規格が対応していないものであるとつなぐことができません。 基本的には通信規格が同じものをつなぐ必要があるので、機器に記載されている通信規格の「/」後のアルファベットが同じであることを確認するようにしてください。 自分ではわからないという方は、家電量販店のスタッフなどに相談してみるとよいでしょう。 月額利用料金がかかる ケーブルテレビや光回線を使用してテレビアンテナを無線化すると、毎月利用料金が発生してきます。 利用料金は会社によって異なりますが、毎月5,000~6,000円ほどはかかると思っておくとよいでしょう。 この料金は契約を継続する限り、払い続けなくてはなりません。 そのため、屋外用アンテナは初期費用が高額になってしまいますが、長期的に利用するのであればアンテナ設置のほうがお得になるケースも出てくるのです。 ケーブルテレビや光回線を利用して無線化をおこなう場合は、毎月の利用料金も視野に入れて検討してみることもおすすめします。 状況によって視聴環境が不安定になる テレビアンテナを無線化すると天候などの影響は受けにくくなりますが、状況によっては上手く視聴できないといったケースも発生します。 たとえば、電磁波の問題です。 電磁波とは、電気のプラス・マイナスの間に起こる力と磁石のN極・S極の間に起こる力が影響し合って生まれるものを指します。 この電磁波は、家庭で使用する電化製品やスマートフォンなどからも発生しているのです。 そのため、Wifiルーターからテレビの間に発生する電波になんらかの影響を与えてしまうことがあります。 そうなれば、テレビの映りが悪くなったりノイズが入ったりするといった現象が見られることがあるのです。 また、Wifiルーターとテレビの距離が遠い場合も電波が弱くなり、視聴環境が悪くなってしまうことがあります。 このように、無線化をしても視聴環境が不安定になる場合があることも頭に入れておきましょう。 テレビのアンテナ工事なら弊社にお任せください! テレビアンテナの無線化にはメリットも多いですが、設置する際に気をつけなければならない部分もあります。 自分で無線化するのは難しそうと感じた方は、弊社にご相談ください。 弊社では、アンテナの設置から撤去までさまざまなアンテナ工事を承っております。 お客様の要望をお伝えいただければ、要望に沿ったアンテナ工事業者を紹介させていただくことが可能です。 また、作業前には現地調査にお伺いしてから見積りをお出しするので、作業後の追加料金の心配もありません。 さらに、品質保証サービスをおつけしていますので、設置後のトラブルにも対応させていただきます。 弊社は24時間365日電話対応していますので、ご都合のよいときにご連絡ください。 まとめ テレビアンテナの無線化は電波からではなく、映像データに変換することでテレビを視聴できる仕組みになっています。 また、Wifiルーターやインターネット対応のテレビなど準備が整えば、自分で設置することも可能です。 しかし、自分で取り付けるのは不安という方は自分でおこなうよりプロにまかせることをおすすめします。 アンテナ工事でお困りの方は、ぜひ弊社をご利用ください。 【記載情報はコンテンツ作成時の情報です】.

次の

ワイヤレスHDMIでテレビのアンテナ線を無線化

テレビ アンテナ ケーブル 無線

前に映らなくて散々悩んだ経験がありますので、書いておきます 壁にF型接線用のソケット(同軸アンテナ線の接続コンセント)ありますよね? そこコンセント自体が湿気等で錆びてる場合もありますので、まずそこを疑ってみてください (私は最初機械を疑い、内部チェックの後異常無しでアンテナ本体を疑いチェッカーを繋いで確認し、更に配線チェックを行ったい散々悩んだ後でコネクターみたら錆びて電波が来てなかった事がありましたので) アンテナ線はまず切れないと思いますよ (紫外線の当たり続ける悪環境下ならともかく、室内で別に重いものが乗ってる訳じゃないのでしょ?) アンテナ線の交換以外に調べる方法ですが、まず今機器何台使ってますか? もしビデオデッキ(DVDレコ含む)とTVでしたら、その線抜いて壁からTVだけに限定してコードチェックをして下さい(今ある本数だけすべて確認) 全部の配線で映らなければ、コンセントの裏側の確認、それでダメならご家庭の別の部屋のTVが映るかの確認、それでもダメならTVかデッキを他の部屋に持っていってそこで映るか確認をし、それでもダメなら明日の朝家の屋根の上を見上げてアンテナ落ちてないかもしくはアンテナ横向いてないかの確認をし、正常なら電気屋に行ってアンテナ線を1本だけ買ってくる (同軸ケーブル適当とF型コネクター2個でもいいです)買って来てそれを繋いで映らなければ機器の故障を疑ってください 普通の生活環境下なら20年使ってもアンテナ線は切れません もしかして、自作ケーブルですか?もしそうならF型コネクターの中でショートしてないか、もしくは線錆びてないか確認してください 付属の3Cケーブルを御使用でしたら、曲げまくってると折れますので 出来るだけ太い線でケーブル作り直すか、電気屋で売ってるFC規格の4Cか5Cケーブルに買い換えて下さい(ノイズに強くなります) A ベストアンサー A. 1 さんの方法は芯線と外被其々の導通を測る方法です。 先ず、A. 2 さんの方法で最初にブースターのアンテナ端子で電圧を測って 見ましょう。 2 さんの指摘通りの結果が出ればブースター電圧は OKでしょう。 次に同軸を接続し、壁際のアンテナ接栓の処で同様にブースター 出力を測り、上記通りの結果が出れば問題無し、と言う処ですが。 テスターがデジタル方式ならば、テスターレンジはDC(直流)位置、 赤コードは(+)ソケットに差し芯線に当て、黒コード(ー)はコンモン マイナスに差し、外被網組に当てます。 若し、電圧0ならば、A. 尤も、芯線の断線等も滅多に 有りませんが, 外被の方も断線と言う事は考えられませんが、チェック して見ても良いでしょう。 芯線等の断線も無くて電圧0ならばアンテナブースターの不良?。 電源部の 接触不良?。 等が考えられますが。 もっとマシな方の回答が有るかと思います。 取敢えず、質問者さん より少し・・・?な回答者でした。 遅くなりました。 芯線、外被とは質問者さんの理解通りで結構です。 1 さんの方法は芯線と外被其々の導通を測る方法です。 先ず、A. 2 さんの方法で最初にブースターのアンテナ端子で電圧を測って 見ましょう。 2 さんの指摘通りの結果が出ればブースター電圧は OKでしょう。 次に同軸を接続し、壁際のアンテナ接栓の処で同様にブースター 出力を測り、上記通りの結果が出れば問題無し、と言う処ですが。 テスターがデジタル方式ならば、テスターレンジはDC(直流)位置、 赤コードは(+)ソケットに差し芯線に当て、黒コード(ー)はコンモン マイナ... 近所に商店街があり、古くからの小さな電気屋さん(最近は新製品等が置いていない等は修理や工事で存続してます)が有ったら、地域の電波状況なども知っていたりで良いかもしれません。 意外な場所では、ホームセンターの店員さんに相談すると工事業者を派遣してくれたりします。 他には家を建ててくれた大工さんに相談するという手法も有ります。 (この場合は以前の施行した業者さんが来てくれる可能性がありますね) そもそも、どの部分がアヤシイのか よく考えてみてはいかがでしょうか? 「アンテナから部屋への分配」を疑っておられる様ですけれど、天井や床や壁内の配線ですと大工さんの出番も必要そうです。 しかし、アンテナ、又はアンテナ直下のブースター等の可能性なら、電気工事士の免許が無い電気屋さんのアルバイトでも治してくれるでしょう。 私の家は築30年以上なので、屋根の上のアンテナとアンテナ直下のブースター、アンテナから壁へ引き込む部分のケーブル断線など、豪雪や台風で何度か経験しています。 でも 電気工事士なんて免許は持ってませんよ(笑) 知識と経験が有ればアンテナの屋内配線以外なら誰でも可能です。 おおむね 地デジの状況が少し悪い場合は、必要帯域の利得不足でしょう。 アンテナの性能や、分配やブースター関係の設定問題が多いと予想します。 十分な性能のアンテナでも高さと方角、受信方向の障害物は? ブースターや分配機のUHFの高い周波数帯の対応や設定は大丈夫か? 各部屋へテレビコンセントを設けたりして、分配数が多いと電波が弱くなっていますから、テレビの直前にもう一台ブースターと言う方法も有ります(条件が合わないと逆効果の場合も有りますので、ご注意くださいね。 ) 最後ですが、やはり大型量販店に相談するのは、あまりオススメしませんねぇ。 近所に商店街があり、古くからの小さな電気屋さん(最近は新製品等が置いていない等は修理や工事で存続してます)が有ったら、地域の電波状況なども知っていたりで良いかもしれません。 意外な場所では、ホームセンターの店員さんに相談すると工事業者を派遣してくれたりします。 他には家を建ててくれた大工さんに相談するという手法も有ります。 (この場合は以前の施行した業者さんが来てくれる可能性がありますね) そもそも、どの部分がアヤシ... Q テレビ受信の知見がある方、ぜひぜひアドバイスをお願いします。 築21年の中古戸建てに引っ越しました。 テレビが映らず苦戦しています。 アンテナは屋根に立っており下からみるとブースターがくっついています。 ブースター電源のみを購入し、アンテナから直接降りてきている同軸ケーブルに、ブースター電源をつなぎ、そのままテレビに接続するとテレビは映ります。 外から家(2階の部屋壁の腰くらいの高さ)に入っていく同軸ケーブルにベランダからアクセスできるため、上述のアンテナから降りてくる同軸ケーブルを接続し、室内の通電用接続端子にブースター電源を接続しテレビを接続しても映りません。 そこでやったことは ・一番近い2階室内の端子に同軸ケーブルを接続しベランダに引き出し、室内に向かう同軸ケーブルとの通電確認をした結果、網線では通電しますが、芯線では通電していません ・壁から家の中に向かう同軸ケーブルを最短距離まで切って、新品F型端子を取り付け通電確認しましたが、やっぱり網線のみ通電し芯線は通電しません。 (外に露出しているケーブルが極端に痛んでいる形跡はありません) ・2階室内の端子部分の枠を外し、隙間から壁の中を見たところ、直列タイプではなく端子に対して1本のケーブルが刺さっており、一階へ降りていく違う同軸ケーブルも確認できました。 ・2階部屋端子の同軸ケーブルは、外からケーブルが入ってくる穴の方向に進んでいるように見えますが、断熱材の間をぬって配線されていて分配機がどこにあるのかわかりません。 また、屋根裏、真下の一階には分配機にアクセスできるような穴・隙間などはまったくありません。 ・全部屋の端子は「通電型」とかかれており、すべての端子にブースター電源とテレビを接続しましたが映りません。 以上のことから、外壁から家の壁内に入ってきた直後の分配機で、分配機が壊れたか、芯線をとめてあるねじが緩んだかして、芯線のみが通電せずテレビが映らないものと考えていますが、ほかの原因は考えられますでしょうか。 こういう家(壁にケーブルが入っていってしまっている構造)の場合、やはり壁を切ってあけてみて分配器を探し出し、修理をするしか手はないでしょうか。 その場合、「壁の中の分配器はここだ!」的な裏技はないでしょうか。 覚悟の上で中古戸建てを買いましたが、ほかにも色々あって時間を浪費しており、なんとかテレビくらいはちゃちゃっと解決したいのですが、うまくいきません。 どうかアドバイスよろしくお願いします。 テレビ受信の知見がある方、ぜひぜひアドバイスをお願いします。 築21年の中古戸建てに引っ越しました。 テレビが映らず苦戦しています。 アンテナは屋根に立っており下からみるとブースターがくっついています。 ブースター電源のみを購入し、アンテナから直接降りてきている同軸ケーブルに、ブースター電源をつなぎ、そのままテレビに接続するとテレビは映ります。 外から家(2階の部屋壁の腰くらいの高さ)に入っていく同軸ケーブルにベランダからアクセスできるため、上述のアンテナから降りてく... A ベストアンサー >アンテナ部分で増幅しているので、ブースターは必要ないと… それは違います。 テレビを 1台映すだけしか増幅しません。 条件が良ければ 2分配ぐらいならブースターなしでもいけますが、3台以上は無理です。 >手持ちのブースターはAC電源です… BS対応になっているならそれでかまいません。 テレビから送り出している BS供給電源をカットし、ブースターからBSアンテナへ電源供給するようになります。 ブースター自体の電源は AC でも、アンテナへの出力は DC で出ます。 が、AC電源ではアナログBS の時代のものです。 多くはそのままデジタルBS に使えますが、環境が悪ければうまく映らないかも知れません。 >現に2台のTVで信号が来ていないとの表示が出ています… 無信号の表示だけでなく、電界強度を数字で表示させるメニューがあるでしょう。 完全に 0 なら断線とか接触不良とかですが、小さい数字が表示されるなら電波が弱いのですから、ブースターで増幅してやれば解決します。 Q こんにちは。 うちのテレビは次のように接続されています。 先ほど、アンテナコンセントとレコーダーの地デジ入力を繋いでるアンテナケーブルを蹴飛ばして壊してしまいました。 (安物なのでケーブルのコネクタ部分が破損) そのため現在はこのケーブルは外してあります。 しかし、今まで通り地デジが映ってます。 なぜでしょうか? 調べると、 「テレビの内部構造や、アンテナケーブル自体がアンテナの代わりを果たしているから。 」 などという回答を見かけますが、理解できません。 アンテナで空間から放送電波を抽出・信号へ変換、ケーブルでテレビ内にある変換器(チューナー)に信号を導き、変換器で信号を映像に変換してるもんだと思っていたので、テレビ自体がアンテナの代わりを果たすというのが理解不能です。 どなたか分かりやすく説明してくださらないでしょうか。 よろしくお願いします。 A ベストアンサー >アンテナで空間から放送電波を抽出・信号へ変換 ここが間違い。 アンテナがやっているのは「空気中を飛んでる電波を、そのまま、ケーブルに流しているだけ」なんです。 実は「ケーブルの中を流れているモノ」は「電波と同じモノ」なのです。 「空気を伝わっていく電磁波」を「電波」と呼び、「ケーブル内の導体を伝わっていく電磁波」を「電気信号」と呼んでいるだけで、両方とも「同じ電磁波」なんです。 >ケーブルでテレビ内にある変換器(チューナー)に信号を導き、変換器で信号を映像に変換してるもんだと思っていたので、テレビ自体がアンテナの代わりを果たすというのが理解不能です。 空中を飛んでいる電磁波が、チューナーや機器の受信回路に直接飛び込むと、回路上に「そのまんまの電気信号」が乗るので、テレビ自体がアンテナになったりもします。 >そのため現在はこのケーブルは外してあります。 >しかし、今まで通り地デジが映ってます。 なぜでしょうか? 一番怪しいのは ・壁のアンテナコンセントには、地デジとBS・CSが混合された電波が来ている ・レコーダーの「地デジ」と「BS・CS」の入力端子は、実は内部で繋がってて、どっちをどっちに挿しても映ってしまう ・レコーダーの「地デジ」と「BS・CS」の出力端子は、実は内部で繋がってて、地デジとBS・CSの両方の電波信号が出ている というケースです。 この場合、壁コンセントの一本を外しても、繋がっているもう一本から「地デジの電波信号も、BS・CSの電波信号も、両方ともレコーダーに入ってくる」と言う状態になり、レコーダーが「ケーブル分配器」の役目をして、テレビの地デジ入力と、テレビのBS・CS入力に電波信号を与えるので「両方とも映る」って状態になります。 >アンテナで空間から放送電波を抽出・信号へ変換 ここが間違い。 アンテナがやっているのは「空気中を飛んでる電波を、そのまま、ケーブルに流しているだけ」なんです。 実は「ケーブルの中を流れているモノ」は「電波と同じモノ」なのです。 「空気を伝わっていく電磁波」を「電波」と呼び、「ケーブル内の導体を伝わっていく電磁波」を「電気信号」と呼んでいるだけで、両方とも「同じ電磁波」なんです。 >ケーブルでテレビ内にある変換器(チューナー)に信号を導き、変換器で信号を映像に変換してるも... Q 先日、BRAVIAのKDL-40V3000を購入し、ベランダ取り付けのUHFアンテナ UwPAを取り付けて、地デジを視聴しようと思ったのですが、受信レベル が「0」のまま変化ありません。 環境によって、視聴できない事があるのは分かりますが、受信レベルが 「0」っていうのは、何か設定の間違いがあるのか!?と疑いたくなります。 現在の環境は、 住所:東京都西東京市 ベランダの方角は南東 アナログ放送は、放送大学が画像は悪いですが映ります。 友人から借りた「ANTERIO」という室内アンテナでも試しましたが、 同じ結果でした。 これは、あきらめたほうが宜しいでしょうか?(「0」ってことはありますか?) 雑文で申し訳ありませんが、宜しくお願い致します。 A ベストアンサー レベルが[0]になる場合の一つとして、 同軸ケーブルの銅線部分とシールド線部分およびアルミ箔部分が短絡 しているとレベルが[0]になります。 この可能性として同軸ケーブルが購入してままでは長いので、短く 工作した場合です。 このような場合は、次の点を確認して下さい。 1 同軸ケーブルの銅線とシールド線・アルミ箔の短絡 プラグ部分と同軸ケーブルを接続する時に、同軸ケーブルの銅線部分 とシールド線部分およびアルミ箔部分が少しでも接触していますと、 短絡状態となり、レベルが[0]になります。 2 プラグ部の銅線の曲がり テレビ側に同軸ケーブルのプラグ部を差し込む時に銅線の先端がテレビ側 の接続部にある小さな穴に入らず曲がって差し込まれて、外側の金属部分 に接触して差し込まれている場合があります。 念のため、アンテナ側の接続部分も確認して下さい。 ・アンテナの方向の確認 UHFアンテナの向きは東京タワーの方向に向けます。 西東京市ですと、 南東方向からやや東に向いた方向になると思います。 また、ベランダから外して高く持ち上げたら、レベルが上がりませんか。 レベルが上がるようであれば、ベランダ部分に金属パイプを取付けて 高くすると良いと思います。 ベランダの前に高いマンション等のビルが立っていて、その影になって いませんか? UHFの電波は直進性がVHF アナログ より強いので影響が 出やすいようです。 いろいろ調べても、視聴できない場合は、次に問い合わせされたら良いと 思います。 総務省 地上デジタルテレビジョン放送受信相談センター 電話:0570-07-0101 合わせて次のURLを参照してください。 soumu. html レベルが[0]になる場合の一つとして、 同軸ケーブルの銅線部分とシールド線部分およびアルミ箔部分が短絡 しているとレベルが[0]になります。 この可能性として同軸ケーブルが購入してままでは長いので、短く 工作した場合です。 このような場合は、次の点を確認して下さい。 1 同軸ケーブルの銅線とシールド線・アルミ箔の短絡 プラグ部分と同軸ケーブルを接続する時に、同軸ケーブルの銅線部分 とシールド線部分およびアルミ箔部分が少しでも接触していますと、 短絡状態となり、レベルが[0]にな... Q はじめまして。 BS放送受信について皆様の知識,経験をお聞かせ願えないかと思い質問させていただきます。 昨年暮れからBS放送が見れなくなりました(BSアナログチューナー内蔵ビデオデッキ,BSデジタルチューナー内蔵DVDレコーダーとも)。 電気屋さんに見てもらおうとしたのですが,近所の店はどこも2~3週間後という返事と,2万円~という金額から自分でできないかと思案しております。 どこに不良があるのか,どのような対処が最適(安い,簡単)かを知りたいのです。 <これまでに確認したこと> 1.分配器を通さずにチューナー接続。 3.アンテナの掃除。 再度角度調整してみる価値はあるのでしょうか? 故障で一番多いのはやはりアンテナなのでしょうか? よろしくお願いいたします。 はじめまして。 BS放送受信について皆様の知識,経験をお聞かせ願えないかと思い質問させていただきます。 昨年暮れからBS放送が見れなくなりました(BSアナログチューナー内蔵ビデオデッキ,BSデジタルチューナー内蔵DVDレコーダーとも)。 電気屋さんに見てもらおうとしたのですが,近所の店はどこも2~3週間後という返事と,2万円~という金額から自分でできないかと思案しております。 A ベストアンサー 電気店勤務です。 ある日、突然映らなくなったという修理依頼で圧倒的に多いのが、 BSアンテナコンバーター部の故障です。 大体、経年変化でコンバーターのプラスチック部分が劣化して徐々に進入し、ある日突然ショートするのです。 コンバーター部分も交換できますが、新規にアンテナを買い直すほうが安く上がります。 ある日突然、という条件。 お金をかけないのが第一なら私の場合。 まず、BS機器の電流供給状態を確認。 (テレビやビデオの電源供給・連動のメニューの変更で確認可能) 次に、分配器やアンテナ、機材に接続している同軸ケーブルの心線が折れていないか確認。 BSアンテナを再度方向調整して、無理なら、「アンテナかな?」です。 手っ取り早いのは、検波器を使い、BSアンテナから直接アンテナレベルを測定してもらうことですが、これは手間賃がかかります。 が、一番確実に判明します。 5000円くらいでしょうか。 業者依頼ならアンテナセットが約1万円。 測定費が5000円、高所取り付け作業料が5000円から1万円くらい。 総額2万円から3万円くらい。 ご自分でお取り替えでしたら、部品代だけです。 約1万円の出費で、きっと解決するでしょう。 すっぱりと交換なさる事をお勧めいたします。 ご参考までに。 電気店勤務です。 ある日、突然映らなくなったという修理依頼で圧倒的に多いのが、 BSアンテナコンバーター部の故障です。 大体、経年変化でコンバーターのプラスチック部分が劣化して徐々に進入し、ある日突然ショートするのです。 コンバーター部分も交換できますが、新規にアンテナを買い直すほうが安く上がります。 ある日突然、という条件。 お金をかけないのが第一なら私の場合。 まず、BS機器の電流供給状態を確認。 (テレビやビデオの電源供給・連動のメニューの変更で確認可能) 次に、... A ベストアンサー あくまで推測です(情報が少ないので) 1. 電波が弱い これは地上デジタルのみアンテナを利用している、と推測しての話しです。 デジタル放送(地上デジタルも含め)には視聴可能な基準LVと言う物があって それを下回ると画面が真っ暗になりエラーメッセージ「E202」が表示されます E202以外のメッセージであれば、ケーブルテレビに問い合わせて下さい。 TVの故障? これも、地上デジタルのみアンテナからの受信と想定しての話しです。 >普段はケーブルでBS・CSは見ますが普段はテレビのみで地上デジタルを見れてました。 今もDVD・ケーブルの機器を通すと地上デジタルが見れる状態ではあります 今までのTVでは地デジを見れないが、DVD等を通すと見れると言う事で問題ないですか? 仮にそうだとしたら、地デジの電波は問題なく来ている事になります。 他の機器を通すと見れるのに、TVを通すと見れない。 それはTVが故障している可能性が高いですよね。 (電波自体に異常があるのでしたら、そもそもDVDを通しても映りません) TVの修理依頼を出してもらうのが手っ取り速いと思われます。 お話しを聞く限り 1 の可能性が高いと思います。 デジタル放送のLVは不安定です。 基準LVギリギリの所にお住まいの場合、映ったり映らなかったりという事が頻繁に発生します。 電波が弱い これは地上デジタルのみアンテナを利用している、と推測しての話しです。 デジタル放送(地上デジタルも含め)には視聴可能な基準LVと言う物があって それを下回ると画面が真っ暗になりエラーメッセージ「E202」が表示されます E202以外のメッセージであれば、ケーブルテレビに問い合わせて下さい。 TVの故障? これも、地上デジタルのみアンテナからの受信と想定しての話しです。 >普段はケーブルでBS・CSは見ますが普...

次の

無線LANで使ってテレビを無線化!快適新生活提案

テレビ アンテナ ケーブル 無線

0120-949-684 日本全国でご好評! 24時間365日受付対応中! 現地調査 お見積り 無料! 同軸ケーブルを無線化する方法 同軸ケーブルは、アンテナで受信した信号をテレビに送るために使用します。 同軸ケーブルは受信した信号を外に漏らすことなく、また外部の電波を遮ることで効率的に信号を受信できます。 テレビだけでなく、高周波の信号を必要とする無線機器などにも使用されるものなのです。 テレビを見るために重要な役割をしている同軸ケーブルですが、配線が邪魔に感じることもあるでしょう。 テレビの裏にはレコーダーにつなぐ配線などもあり、テレビを壁際に置いているとホコリがたまりやすく掃除もしづらいですよね。 そこで、同軸ケーブルを使わなくてもテレビの信号を受信するために「無線化」という方法があります。 ケーブルがなくなることで、掃除のわずらわしさが解消するだけでなく見た目もスッキリすることでしょう。 また、ケーブルをつなぐ端子が部屋になくてテレビが見られないという悩みも、同軸ケーブルを無線化すれば解決できるのです。 テレビの同軸ケーブルを無線化するためには、いくつかの方法があります。 それぞれに必要な機器や特徴について見ていきましょう。 光回線やケーブルテレビを使う インターネットの通信回線として利用される光回線で、テレビを見ることができます。 地上デジタル放送以外にも、BSやCSも受信することができます。 パソコンにつなぐLANケーブルと専用のチューナーがあれば光回線でテレビの信号を送るため、アンテナ自体が必要なくなり同軸ケーブルもいらないのです。 さらに、インターネットの接続環境も整います。 また、ケーブルテレビはケーブルテレビ局からの有線放送によってテレビを見ることができます。 こちらもテレビアンテナが必要なく、BSやCSなど多数のチャンネルを使用することができるのです。 光回線やケーブルテレビを利用するためには、アンテナが必要ない代わりに月々の使用料がかかります。 ご自宅の景観やインターネットの使用環境などを重視する場合におすすめの方法です。 DLNA対応の無線LANルーターを使う DLNAとは、テレビやパソコンなどさまざまなメーカーの製品に共通して使うためのルールです。 DLNAに対応しているテレビやレコーダー、パソコンなどに映像を電波で送信するため、無線LANにつなげることでアンテナがなくてもテレビ視聴が可能になるのです。 無線LANルーターがあれば、レコーダーとテレビが屋内の離れたところにあっても映像を送ることができます。 スマートフォンでも活用できるため、楽しみ方はさまざまです。 DLNAに対応している機器同士なら、レコーダーに録画してある映像をパソコンやほかの部屋にあるテレビでも見ることも可能になります。 室内用アンテナを使う アンテナは、送られてきた電波を確実に受信するために屋外に設置されていることが多いです。 しかし、地上デジタル放送に移行したことで以前よりも電波が届きやすくなり室内アンテナでもテレビの信号を受信することが可能になったのです。 室内アンテナをテレビとつなげれば、テレビ端子が必要ありません。 室内アンテナは小型化してきていて、それほど邪魔にならずに設置することができます。 ただし、電波の受信状況がわるい場所ではテレビが見られないこともあるため、利用するなら屋内の電波状況を確認しておく必要があります。 テレビの同軸ケーブルを無線化するための方法や特徴はさまざまなので、利用状況や環境にあったものを選ぶとよいでしょう。 弊社では、LANの配線工事やテレビアンテナの撤去などあらゆる電気工事をおこなう業者をご紹介しております。 さまざまな電気工事の知識を持つプロの手で、確実に作業をおこないます。 テレビの同軸ケーブルの無線化を考えているという方は、ぜひ弊社をご利用ください。 0120-949-684 日本全国でご好評! 24時間365日受付対応中! 現地調査 お見積り 無料! アンテナ端子の増設も視野に入れよう ここまでテレビの同軸ケーブルを無線化する方法をご紹介してきましたが、機材や新たな契約が必要となり、費用が負担になることもあるでしょう。 部屋にアンテナ端子がなくてテレビが見られないとお悩みなら、無線化とは異なる方法でテレビ視聴を可能にすることもできます。 アンテナがあるのに、部屋にテレビ端子がなければテレビが見られません。 そこで、コンセントにアンテナ端子を増設するという方法があります。 長い目で見ると、こちらのほうが費用を抑えられることもあるので参考にしてみてください。 アンテナ端子の増設にかかる費用と時間 コンセントにアンテナ端子を増設する際の費用や時間は下記の通りになります。 アンテナ端子増設の費用相場:約6,000円~15,000円• ブースター工事:約15,000円~18,000円• アンテナ端子増設にかかる時間:1~2時間程度 アンテナ端子の増設は電気工事業者などに依頼することができます。 上記はあくまで目安ですが、もともとあるコンセントからではなく、新たに穴をあけてアンテナ端子を設置する場合や床下に配線を通す場合などはさらに費用が高くなるようです。 また、分配器といってひとつのテレビ端子からほかのテレビへ信号をわける機器があれば、複数のテレビが視聴できます。 ただし、分配する数が多くなると信号の受信状態が弱くなってしまいます。 信号の受信レベルを落とさないためには、電波受信を拡大させるブースターが必要です。 自分に合った方法でテレビを楽しもう テレビの同軸ケーブルを無線化するためにはさまざまな方法があり、アンテナやケーブルをなくしてテレビを楽しむことが可能になります。 しかし、無線化するためには契約による月々の支払いや工事費用がかかるものです。 アンテナ端子のない部屋にテレビを置きたい場合、室内の景観やケーブル配線のわずらわしさによる無線化にこだわらないのであれば、比較的費用が安く済むため増設をおすすめします。 環境や予算にあった方法を選んで、より快適にテレビを視聴したいものです。 詳しい費用を知るためには、業者に見積りを依頼してみるとよいでしょう。 弊社では、全国に加盟している多数の電気工事業者のなかから最適な業者をご紹介いたします。 業者による見積りは無料で、見積り内容にご納得いただいてから作業いたしますので安心してご依頼ください。 電気工事の経験や知識を持つプロの手で、安全にアンテナ端子の増設をおこないます。 いつでもお気軽にご相談ください。

次の