ずん 飯尾 奥さん。 ずん・飯尾和樹「平日の昼間からゴロゴロ~は得意」…自宅で好きな料理作ったりしてます

ずん・飯尾和樹「平日の昼間からゴロゴロ~は得意」…自宅で好きな料理作ったりしてます

ずん 飯尾 奥さん

「ペッコリ45度」「ぱっくりピスターチオ」などのギャグで知られるお笑いコンビ「ずん」の飯尾和樹(51)は、昨年は年間100日以上のロケをこなしていた。 ロケができない状況でどうやって暮らしているのか。 現実逃避ネタ「平日の昼間からゴロゴロ~」のような自宅生活を語ってもらいました。 ボクの仕事はロケが多くて、ロケは全部なくなりました。 4月下旬からリモート(収録)という形で自宅で仕事をさせてもらっていますが、1日、スーパーの往復だけで(歩数が)210歩だったことがあります。 この前、奥さん以外と何をしゃべっているんだと書き留めたら、スーパーに行く時にご近所さんに「どーも」とマスク越しに会釈して、スーパーで「ポイントカードあります」と小言で答え、「袋付けますか?」と聞かれ「付けます」。 たった三言しか話していませんでした。 かみさんが家業で製麺所をやっているので、今はボクが家事担当です。 床拭きしていて、フローリングのツバメみたいな形をしている模様を発見して、ヤクルトファンなのでニヤニヤ。 台所でもこのボタンを押すと、ここが開くのかとか、冷蔵庫でも卵ケースが取り外しできるんだって、驚きです。 もう4年半住んでいるんですが、小さな発見を楽しんでいます。 もともと料理は好きで、小学3年からカレーや生姜(しょうが)焼きを作っていました。 かみさんは「おいしい」って食べてくれていますが、ボクが席を外した時に塩を振っている音が聞こえたりして「味薄かったのかな」って。 売れていない時は、カレーを作るために300円を握りしめて、タマネギを1袋買って、余ったお金で豚こまを買う。 予算の少ない番組みたいだけど、家にあるカレー粉を使って鍋いっぱいに作って、6食くらいはいけましたね。 この2か月で編み出したのが、おいしいトマトソース。 ミキサーやフードプロセッサーでタマネギやニンジン、セロリとかを入れてギュッとやったのを、フライパンでちょっといためてトマトジュースを入れるだけ。 アサリがあればいい出汁(だし)が取れるし、パスタにかけちゃう。 お好みでベーコンや鶏肉、ソーセージを入れたり、ひき肉入れてご飯にかけてもウマイですね。 名づけて「自粛ソース」です。 家でゴロゴロすることは得意。 20代後半は仕事がなくて床ずれするくらい寝ていました。 自分は本当に医療のことに関してはド素人。 小学校の理科の実験でもフナの解剖の時、メスで1センチ切っただけで貧血でぶっ倒れました。 唯一貢献できることが家でゴロゴロなんです。 この前、「去年の大みそかの夕方になんねえかな」と思いました。 早いうちに(コロナの)対策ができますからね。 ロケも、みなさんが元気でこそ成り立つことなので、会いたい時に会える日を目指して、私もひとつゴロゴロしてますので、皆さんも辛抱して、楽しみをみつけながら元気でいていただきたいと思っています。 51歳。 90年、浅井企画に所属。 お笑いコンビ「チャマーず」「La.おかき」などで活動し、2000年やすと「ずん」を結成。 19年12月、著書「どのみちぺっこり」(PARCO出版)を出版。 身長173センチ。 血液型O。

次の

ずん飯尾、12年交際した元カノと結婚 番組内で電撃プロポーズ!

ずん 飯尾 奥さん

飯尾和樹ってどんな人? 飯尾和樹さんは東京都出身のお笑い芸人です。 お笑いコンビ「ずん」のボケ担当ですね。 1968年12月22日生まれの、現在47歳です。 高校を卒業後はお笑いの道ではなく劇団の道へ進んでいます。 しかし劇団へ入団したものの続かず、半年で退団したと言われていますね。 その後1990年に現在の事務所である浅井企画に所属しています。 1991年にお笑いコンビ「チャマーず」を結成しデビューを果たしていますが、翌年解散していますね。 1992年からは現放送作家・演出家である村山ひとしさんと「La. おかき」を結成し、この時はツッコミを担当しています。 おかきは1997年で解散し、しばらくは浅井企画の預かりタレントという形でしたが、「ヘーシンク」というコンビを組んでいた現在の相方であるやすさんと2000年に「ずん」を結成しました。 現在も「ずん」として活動していますが、なぜかコンビでの活動は少なく単独での活動が多い印象がありますね。 結婚した嫁は元レースクイーン? 飯尾和樹さんは2012年に放送された「とんねるずのみなさんのおかげでした」内で行われた企画により結婚していますね。 お笑いコンビ・ずんの飯尾和樹(43)が、約12年間交際し1年前に破局していたエステティシャンの林宏美さんと結婚することが、明らかになった。 6日に放送されたフジテレビ系『とんねるずのみなさんのおかげでした』内で、飯尾が電撃プロポーズし見事成功させた。 oricon. やすへのサプライズに重ねるように、飯尾へのサプライズとして元カノの林宏美を番組が仕込んでいて、とんねるずさんが「もう一回アタックしてみろよ」とけしかけ、「ごめんなさい」と言われるまでが1セットの仕掛けだったんです。 直前のディレクターと林宏美の打ち合わせで、状況が変わり始めたのです。 ディレクターが「飯尾さんから告白があるので、断ってくださいね」と林に言うと、林が「え~と、断らないとダメですか?」と言い出したのです。 ディレクターは「えっ?断らないんですか?」と訊ねると林は「ええ…まあ…」となんとも意味深な返事。 そこでディレクターは「わかりました。 任せます」と言って送り出したのです。 と、いうことは番組内での飯尾和樹さんの発言次第では破談になっていたかもしれないわけですね。 同日は人気コーナー「とんねるずを泊めよう!」が放送され、とんねるずや所属事務所の先輩・関根勤らが飯尾の実家を訪問。 石橋貴明がサプライズで昨年破局した林さんを登場させると、飯尾は両親や相方・やすが見守るなか「もし、そちらに素適な方がいませんでしたら…こうなったら最後に結婚して下さい」と突然プロポーズ。 すると林さんは目に涙を浮かべ「お願いします」と飯尾の手を握り、周囲も驚く電撃結婚となった。 結婚の承諾を受けた飯尾は、涙ぐむ両親を前に「親父、結婚する」と改めて報告。 両親と林さんが抱き合い涙を流すと、最後は全員で乾杯し二人を祝福した。 oricon. jp 林宏美さんはこの企画がなくても復縁をお願いしようかと考えていたようですので、男らしくハッキリとプロポーズしたのが良い結果になった要因かもしれませんね。 ちなみに飯尾和樹さんと林宏美さんの馴れ初めはと言いますと、テレビ番組の 「カンコンキンシアター」での共演なんだそうですね。 この共演をきっかけに12年間交際していたようですが、2011年に破局しています。 12年間交際していたということもあり、番組内ではとんねるずに復縁を迫るように言われるも出てきた言葉は「結婚してください」だったんだそうです。 「12年も付き合ってたのに今更付き合ってくださいでもないだろうな」と思ったんだそうですね。 飯尾和樹さんはこのエピソードにも表れているように、なんとなく誠実そうで人柄が良さそうに思うんですよね。 さて、そんな飯尾和樹さんの奥様となりました林宏美さんですが、なんでも以前はレースクイーンをやっていたことがあるんだそうですよ。 どうりで美しい方なわけですね。 レースクイーン時代の写真と、2012年頃の写真の比較はです。 確かに同一人物の可能性が高そうですよね。 レースクイーン時代の写真は1999年の鈴鹿8時間耐久レースという、オートバイのレースの際のものと言われています。 この時点で13年前のものですので、なかなか比較は難しいですが鼻や口元、輪郭が似ていますので個人的には同一人物と思います。 【関連記事はコチラ、芸能人の結婚話!】 スポンサーリンク 嫁の林宏美の年齢は? そんな飯尾和樹さんの嫁さんである林宏美さんですが、気になる年齢はいくつなのでしょうか? 残念ながら林宏美さんの年齢は公表されていないようです。 しかし少し調べてみたところ、1998年に「女子高生レースクイーン」として話題になった林宏美さんと言う方がいます。 この方が恐らく、先ほどの1999年鈴鹿8耐の写真の方だと思われますね。 そこのプロフィールによりますと、 1981年2月22日生まれとなっています。 これが正しければ現在の 年齢は34歳ということになりますね。 テレビ番組内でのプロポーズ企画の際に映像が出ていましたが、このくらいの年齢で調度良さそうに見えますね。 飯尾和樹さんとは年の差が13歳、生まれが2か月違いですのでほぼ12歳違いですね。 一回り下の美人の奥さんということで、非常に羨ましいですよね。 まとめ お笑いコンビ「ずん」の飯尾和樹さんですが、テレビ番組の企画内で公開プロポーズを成功させ、2012年に結婚されています。 お相手は林宏美さんと言う方で、元レースクイーンですね。 1999年の鈴鹿8時間耐久レースでレースクイーンをしている写真があるようです。 年齢は公表されていませんが、1981年2月22日生まれの現在34歳と思われます。 最後までお読み頂きありがとうございました。

次の

ずん飯尾和樹の顔変わった?相方や嫁の実家がはやし製麺所なのか調べてみた

ずん 飯尾 奥さん

「ペッコリ45度」「ぱっくりピスターチオ」などのギャグで知られるお笑いコンビ「ずん」の飯尾和樹(51)は、昨年は年間100日以上のロケをこなしていた。 ロケができない状況でどうやって暮らしているのか。 現実逃避ネタ「平日の昼間からゴロゴロ~」のような自宅生活を語ってもらいました。 ボクの仕事はロケが多くて、ロケは全部なくなりました。 4月下旬からリモート(収録)という形で自宅で仕事をさせてもらっていますが、1日、スーパーの往復だけで(歩数が)210歩だったことがあります。 この前、奥さん以外と何をしゃべっているんだと書き留めたら、スーパーに行く時にご近所さんに「どーも」とマスク越しに会釈して、スーパーで「ポイントカードあります」と小言で答え、「袋付けますか?」と聞かれ「付けます」。 たった三言しか話していませんでした。 かみさんが家業で製麺所をやっているので、今はボクが家事担当です。 床拭きしていて、フローリングのツバメみたいな形をしている模様を発見して、ヤクルトファンなのでニヤニヤ。 台所でもこのボタンを押すと、ここが開くのかとか、冷蔵庫でも卵ケースが取り外しできるんだって、驚きです。 もう4年半住んでいるんですが、小さな発見を楽しんでいます。 もともと料理は好きで、小学3年からカレーや生姜(しょうが)焼きを作っていました。 かみさんは「おいしい」って食べてくれていますが、ボクが席を外した時に塩を振っている音が聞こえたりして「味薄かったのかな」って。 売れていない時は、カレーを作るために300円を握りしめて、タマネギを1袋買って、余ったお金で豚こまを買う。 予算の少ない番組みたいだけど、家にあるカレー粉を使って鍋いっぱいに作って、6食くらいはいけましたね。 この2か月で編み出したのが、おいしいトマトソース。 ミキサーやフードプロセッサーでタマネギやニンジン、セロリとかを入れてギュッとやったのを、フライパンでちょっといためてトマトジュースを入れるだけ。 アサリがあればいい出汁(だし)が取れるし、パスタにかけちゃう。 お好みでベーコンや鶏肉、ソーセージを入れたり、ひき肉入れてご飯にかけてもウマイですね。 名づけて「自粛ソース」です。 家でゴロゴロすることは得意。 20代後半は仕事がなくて床ずれするくらい寝ていました。 自分は本当に医療のことに関してはド素人。 小学校の理科の実験でもフナの解剖の時、メスで1センチ切っただけで貧血でぶっ倒れました。 唯一貢献できることが家でゴロゴロなんです。 この前、「去年の大みそかの夕方になんねえかな」と思いました。 早いうちに(コロナの)対策ができますからね。 ロケも、みなさんが元気でこそ成り立つことなので、会いたい時に会える日を目指して、私もひとつゴロゴロしてますので、皆さんも辛抱して、楽しみをみつけながら元気でいていただきたいと思っています。 51歳。 90年、浅井企画に所属。 お笑いコンビ「チャマーず」「La.おかき」などで活動し、2000年やすと「ずん」を結成。 19年12月、著書「どのみちぺっこり」(PARCO出版)を出版。 身長173センチ。 血液型O。

次の