インスタ 動画 ストーリー。 インスタストーリーの使い方!複数の写真や動画を繋げる方法

インスタグラム「ストーリー」の使い方 完全ガイド【2020年最新版】

インスタ 動画 ストーリー

もくじ• インスタのフィードに投稿できる動画は60秒(1分)! インスタは、機能によってアップロードできる動画の長さが違います。 サービス 動画の長さ インスタのフィード 3秒〜60秒【中】 インスタのストーリーズ 1秒〜15秒【短い】 関連アプリIGTV 一般ユーザー:15秒~15分【長い】 (認証済みアカウントの場合:15秒〜60分) インスタの フィードに投稿できる動画の時間は3秒~60秒までという制限があります。 以前は15秒まででしたが、アップデートにより60秒まで引き伸ばされました。 フィードに投稿の場合に最低が3秒という制限があるのは、 3秒以上の再生で再生回数が1回カウントされるためです。 3秒以下だと再生回数のカウントができなくなってしまうのですね。 またフィードの場合は投稿する前の編集画面で60秒以内になるように調節する必要が出てきます。 これは 感覚的に写真や動画をみて「いいね!」を押したり、コメントをしたりするため、長すぎず短すぎずという長さで投稿する必要があるためでしょう。 なので、 1秒〜15秒の短い動画の場合はストーリーに、 3秒〜60秒の動画はフィードに、それ以上の 長い動画の場合にはIGTVに投稿する、といった具合に使い分けるのがベストな使い方になります! フィード投稿の動画の長さ調整・編集のやり方 それではインスタのフィードの動画の長さ調整や編集の方法を解説していきます。 まずは投稿画面を開いて、カメラロールから動画を選びましょう。 動画を選ぶと最初は正方形になっているので、動画をダブルタップするか左にある「 」をタップして長方形に編集して見やすくしましょう。 60秒以内に調整するように注意書き 動画を追加したいときは前の画面で「+」となっている部分をタップします。 他の動画を選ぶと60秒を超えたので、この画像のように60秒以内に調整するように表示されます。 先ほどと同じ手順で編集したい動画をタップして、秒数の調整をしましょう。 2分の動画を複数に分け、時間調整して投稿する方法 フィードの動画は ひとつ1分以内と制限されていますので、1分を超えると途中で途切れてしまいます。 投稿したい動画が1分以上や2分以上になるときは 複数の動画に分けて投稿するか、もしくは後述するIGTVへ投稿するのがおすすめです。 アプリ「MixChannel」を使えば便利 例えば2分の動画を投稿したいなら、1分以内に編集したものを2つカメラロールに保存しておきます。 MixChannelというアプリを使うと1本の動画を簡単に分割して編集できますよ。 動画を複数選ぶ そのまま投稿すれば、インスタには1分の動画が2つ投稿されたことになります。 繋がった動画を分割し2つにして投稿する形なので、ユーザーは合計2分の動画を見ることができるのです。 数分の動画なら、IGTVへ投稿するという方法も!【長い動画】 インスタのフィードに投稿する動画は最長1分。 それ以上の長さの動画を途切れさせずに投稿するにはIGTVという方法もあります。 IGTVのチャンネルを開設すると、投稿した動画がインスタのフィードにも載ります。 また、インスタのプロフィールページからIGTVへのリンクも設置されますよ! フィードに比べて数分の長い動画を投稿したり、ストーリーと違って 投稿した動画に外部リンクを設置したりできます。 このような動画を投稿したい場合にはIGTVを利用してみましょう! 反対に、 15秒未満の短い動画の場合にはIGTVへの投稿ができませんので、ストーリーズへの投稿がおすすめです。 インスタで3秒以下の時間の動画を投稿したいならストーリーで インスタのフィードへの投稿は最低でも3秒以上と決まっていて、それ以下の秒数だと投稿ができない仕様です。 ほとんど機会はないかもしれませんが、 3秒以下の動画を投稿したいときはストーリー機能を使うのがおすすめです! ストーリーなら1秒や2秒の動画でも投稿できます。 投稿完了までに時間がかかる 前の項目で解説したように フィードに1分の動画を複数投稿すると、投稿完了までかなり時間がかかることに!しかもエラーが出て投稿に失敗することもあるので注意してください。 投稿までに時間がかかることやエラーで投稿できないのが気になる人は、ひとつの投稿に複数の動画を選ぶ方法よりも、 ひとつの投稿にひとつの動画にして、複数の投稿に分けるほうがいいかもしれませんね。 この記事ではインスタの動画投稿の時間の長さについて解説してきました。 投稿できる動画の長さをしっかり把握してインスタを使いこなし、発信力を育てていってくださいね! 詳細 最近のインスタアップデートでは動画コンテンツに力を入れてきました。 ストーリーに新機能を追加したり、動画のサイズを正方形から長方形に変更したり、投稿できる長さを伸ばしたり・・・。 今回はインスタユーザーのみなさんにインスタの動画投稿を活用してもらうため動画の時間制限について解説していきます。 何秒まで投稿できるのか、時間調整のやり方や複数投稿する方法までまとめました! インスタに投稿できる動画は60秒(1分)以上だと途切れる インスタに投稿できる動画の時間は3秒~60秒までという制限があります。 以前は15秒まででしたが、アップデートにより60秒まで引き伸ばされました。 最低が3秒という制限があるのは、インスタに投稿された動画は3秒以上の再生で再生回数が1回カウントされるため。 3秒以下だと再生回数のカウントができなくなってしまうのです。 そして60秒(1分)を超える長さになると、動画が途中で切れてしまいます。 これは投稿する前の編集画面で、60秒以上の動画でも60秒以内になるよう、自分の好きな位置で調節できますよ。 インスタは感覚的に写真や動画をみて「いいね!」を押したり、コメントをしたりするため、あまり長い動画を見るのもなかなかつらいもの。 実際に60秒以上になると動画からの離脱率が増えるという結果が出ているため、60秒以内がベストです。 インスタ動画の長さ調整・編集のやり方 それではインスタ動画の長さ調整や編集のやり方を解説していきます。 まずは投稿画面を開いて、カメラロールから動画を選びましょう。 60秒以内に調整するように注意書き 動画を追加したいときは前の画面で「+」となっている部分をタップします。 他の動画を選ぶと60秒を超えたので、この画像のように60秒以内に調整するように表示されます。 先ほどと同じ手順で編集したい動画をタップして、秒数の調整をしましょう。 インスタで2分の動画を投稿するなら複数に分けて時間調整しよう 動画はひとつ1分以内と制限されていますが、投稿したい動画が1分以上や2分以上になるときってありますよね。 ですが1分を超えると途中で途切れてしまうので、複数の動画に分けて投稿するのがおすすめです。 例えば2分の動画を投稿したいなら、1分以内に編集したものを2つカメラロールに保存しておきます。 MixChannelやインスタサイズというアプリを使うと簡単に編集できますよ。 投稿完了までに時間がかかる 前の項目で解説したように1分の動画を複数投稿すると、投稿完了までかなり時間がかかることに!しかもエラーが出て投稿に失敗することもあるので注意してください。 投稿までに時間がかかることや、エラーで投稿できないのが気になる人はひとつの投稿に複数の動画を選ぶ方法よりも、ひとつの投稿にひとつの動画にして、複数の投稿に分けるほうがいいかもしれませんね。 インスタで3秒以下の時間の動画を投稿したいならストーリーで インスタのギャラリーへの投稿は最低でも3秒以上と決まっています。 それ以下の秒数だと投稿ができない仕様です。 ほとんど機会はないかもしれませんが、3秒以下の動画を投稿したいときもあるでしょう。

次の

インスタグラム「ストーリー」の使い方 完全ガイド【2020年最新版】

インスタ 動画 ストーリー

インスタの写真・動画を保存する方法 インスタの写真や動画を保存するには、主に3つの方法があります。 ・外部アプリを使う ・スクリーンショットを使う ・「コレクションに保存」を使う 結論から言うと、デバイスに保存したい場合はアプリを利用しましょう。 3つのうち、外部アプリとスクリーンショットの場合は、デバイス本体に保存することが可能です。 「コレクションに保存」の場合は、インスタ内だけで保存されます。 1-1. 外部アプリを使って保存する おすすめのアプリは、機種によって異なります。 iPhoneは「」、Androidは「」がおすすめです。 お使いの機種に合わせて、ご覧ください。 1-1-1. iPhone iPhoneの方におすすめのアプリはです。 PhotoAroundを使って、インスタの写真・動画を保存する方法は、次のようになります。 1つ注意点があります。 それは、公式の投稿だと保存できないようになっている投稿もあるということです。 保存できない投稿の場合は、保存マークがないのでご注意ください。 1-1-2. Android Androidの方におすすめのアプリはです。 QuickSaveを使って、インスタの写真・動画を保存する方法は、次のようになります。 リンクをコピーした状態でアプリを開くと、自動的に投稿が表示されます。 もし表示されない場合は、リンクをコピーできているか確認してみましょう。 1-2. スクリーンショットで保存する インスタの写真を保存する2つ目の方法は、スクリーンショットを使うというものです。 スクリーンショットであれば、アプリをインストールする必要はありません。 具体的な方法は、以下の通りです。 これで、元の状態の写真を保存することが可能です。 スクリーンショットの難点は、毎回自分でトリミングしなければならないということでしょう。 その手間が面倒だという方は、アプリの利用をおすすめします。 1-3. 「コレクションに保存」で保存する 3つ目の方法は、「コレクションに保存」を利用するものです。 「コレクションに保存」とは、インスタに元々ある機能になります。 簡単に言えばブックマークのことで、インスタ内でだけ保存できるものです。 つまり、デバイスには保存されません。 「コレクションに保存」を使う方法は、以下の通りです。 ストーリーを保存する方法 「写真や動画を保存する方法は分かったけど、ストーリーは保存できるの?」と疑問をお持ちの方もいるでしょう。 結論から言うと、アプリを利用して保存することが可能です。 iPhoneとAndroidでおすすめのアプリが違うので、お使いのデバイスに合わせてご覧ください。 2-1. iPhone iPhoneの方におすすめなのはです。 写真の保存に使ったアプリで、ストーリーも保存することができます。 インスタのストーリーを保存する方法は、以下の通りです。 2-2. Android Androidの方におすすめのアプリはです。 写真や動画の保存で紹介したQuickSaveでは、ストーリーは保存できません。 インスタのストーリーを保存する方法は、以下の通りです。

次の

【インスタ】1分以上の動画を投稿する方法!60秒の時間制限を回避するには分割がおすすめ

インスタ 動画 ストーリー

インスタグラムの「ストーリー」とは? インスタのストーリーとは、通常のフィード投稿(タイムライン)とは別に、より日常的な写真や動画の投稿、ライブ配信がおこなえる機能です。 フィードでは逆時系列か独自のおすすめ度によって投稿が流れてきますが、ストーリーは画面上部の別枠(ストーリートレイ)に表示されます。 ストーリーは投稿後24時間以内に、ライブ配信も配信終了後24時間以内に削除されるのも大きな特徴です(いずれも自動的に消えずできる設定あり)。 これは映画1万本分の投稿数であり、日本は世界でも有数のストーリー大国なのだといいます。 ストーリーで動画・写真を投稿する(作成) インスタグラムでストーリーを投稿する手順と、加工テクニックをいくつかピックアップして紹介します。 途中で指を離すだけで、動画撮影は止まります。 端末のカメラロールから写真・動画を選択する場合 自分の端末に保存してある写真や動画から、1枚をストーリー用に選択するには、ストーリーの撮影画面で左下の四角いアイコンをタップします。 端末のアルバムが表示されたら、ストーリーに投稿したい写真や動画を選びましょう。 3 ストーリーへ投稿する 画面下部の[ストーリーズ]をタップすれば、ストーリーに投稿できます。 簡単な手順がわかったら、ストーリーの醍醐味である「加工」を楽しみましょう。 加工1:文字入れ・フォント 写真や動画には、手書きで文字を書いたり、いくつかのフォントを使ったりして文字の入力がおこなえます。 文字入れ(フォント選択) ストーリーに用意されたフォントを使って文字入力する方法です。 ストーリーズ画面上部の[Aa]をタップ。 カラーは下のカラーパレットから、大きさは左側のバーで変更する 編集画面上部の[Aa]もしくは画面の空欄をタップすると、文字列が入力できるようになります。 カラーパレットを左へスワイプすると、別の色も表示できます。 文字のサイズは画面左端に隠れているバーで調節してください。 画面上部の一番左にあるボタンでは文字の左右位置が、その右隣の[A]ボタンでは文字の縁取り(白抜きスタイルなど)が変えられます。 真ん中のフォントボタンをタップすると、字体をネオンやクラッシク、タイプライターなどに変更可能です。 ストーリーズの雰囲気にあったフォントやカラーを選んでみるといいでしょう。 自分・他人のストーリーを保存する方法• 投稿したストーリーを端末に保存する ストーリーは、自分のスマホ端末へ保存ができます。 自分のストーリー投稿を開いたら、右下の[…(その他)]をタップ。 ストーリーが1枚の場合はメニューから[保存](Android版では[写真(動画)を保存する])を選択すれば端末への保存が完了します。 iPhone版では、2枚以上のストーリーで[保存する]をタップすると、次のメニューで[写真(動画)を保存]または[ストーリーズを保存]が表示されます。 [写真(画像)を保存]では、その時に表示されている画像もしくは動画のみを端末に保存できます。 一方で[ストーリーズを保存]を選択すると、自分のストーリーに投稿されている画像と動画をまとめて1本のスライドショーとして保存できます。 ストーリーアーカイブから保存する インスタの「アーカイブ」には、自分が投稿したストーリーズが保存されています。 24時間が経過すると消えてしまうストーリーも、自分のアーカイブにはずっと残っているため安心です。 過去のストーリーから保存したいものをタップし、右下のメニューボタン[ ]から[動画(写真)を保存]で端末への保存が完了します。 ストーリーアーカイブとは別に、投稿のアーカイブ機能も存在します。 投稿のアーカイブ機能は、プロフィール画面からの一時的な非表示機能となっており、ストーリーとは別の役割を果たしています。 詳しくは以下の記事で解説しています。 自分・他人のストーリーをシェア・リポストする方法• 自分のストーリーをフィードにもシェア(投稿)する ストーリーをそのまま自分のフィードに投稿として反映させるには、ストーリー再生中に右下のメニューボタン[ ]から[投稿としてシェア]をタップします。 投稿の編集画面へ切り替わったら、フィルタやキャプション、位置情報など、通常通りのフィード投稿編集をおこない[シェア]するだけでOKです。 ストーリーが動画であれば、フィード投稿にも動画のままで反映されます。 自分や他人のストーリーをDM経由でシェア 自分や他人のストーリーは、ダイレクトメッセージ(DM)で簡単に共有できます。 自分のストーリー 自分のストーリーをシェアするには、ストーリー再生中に右下のメニューボタン[ ]から[宛先を指定して送信]をタップします。 次の画面から送信先アカウントを選択して[送信]するだけです。 他人のストーリー 他人のストーリーを再生した状態で、右下の送信(紙飛行機)ボタンをタップすると送信先リストが表示され、DM経由でのシェアができます。 ストーリーの「リポスト」 他人のストーリーにタグ付けされると、その投稿を自分のストーリーでリポスト(シェア)できます。 タグ付けされると、画面下に[これをストーリーズに追加]と表示されます。 ここをタップするだけです。 また、インスタ公式機能ではありませんが、専用アプリなどを利用して他人のストーリーをリポスト(引用シェア)するテクニックもあります。 詳しくは下記記事で紹介しています。 appllio. com メッセージ/シェアの許可 投稿者からストーリーに寄せられるメッセージ、あるいはストーリーのシェアを制限する設定方法です。 メッセージの制限を活用して、誹謗中傷といった不快なメッセージを受信しないよう対策をしているアカウントも少なくありません。 左:メッセージ欄が見つからない 右:「送信できませんでした」と表示される 制限機能を使ってストーリーの「メッセージ返信を許可」を無効にすると、閲覧者側にはメッセージ欄が表示されない、あるいはコメントすると「送信できませんでした」と表示されます。 メッセージ受信設定と同じ画面にある「シェア」の項目をオフにすると、ストーリーのシェアを制限できます。 閲覧者側には、シェアボタン(紙飛行機マーク)が非表示になります。

次の