原爆 遺体 立っ た まま。 原爆と似島

原爆に遭った少女の話

原爆 遺体 立っ た まま

私は八月九日を「原爆忌」といっている。 これは私が勝手につけた呼称である。 世界の歴史はじまって以来、初めて投下された原子爆弾のキノコ雲をこの目で見た日であるからだ。 あの長崎の上空で炸裂した原爆の光ぼうと大地を揺るがす爆発音、天空に現れた巨大なキノコ雲等は七〇年近くなるのに、今でも瞼に焼き付いている。 大村湾を隔てて長崎から直線距離で僅か三〇キロばかりしかない嬉野海軍病院に入院していたときのことだ。 その日の夕方、得体の知れない新型爆弾にやられて衣服と皮膚が溶け合ってだらりと下がり、ずたずたに身を焼かれた被爆者たちが病院に運び込まれ、その悲惨な姿というかすさまじさに驚くと同時に、これがあの昼間の巨大なキノコ雲の下で行われた現実だったのかと寒さを覚えたことだった。 その後毎日のように被爆者たちが送られてきていたが、動ける兵隊たちは町内の旅館に分散させられ、そこで「終戦の詔勅」を聞いたのである。 翌一六日、「歩ける者は故郷に帰れ」という命令で、帰国の途についた。 汽車といっても、今のような電車ではない。 貨物列車である。 トンネル内では呼吸もできないほどの煤煙で、しかも立錐の余地もないほどのぎゅうぎゅう詰めで眼だけが光っている。 小便はその場にたったままの垂れ流しだ。 「てめえ、やりやがったな」という声が飛ぶ。 ズボンを通して脚が濡れてくるから分かるのだ。 誰も黙ったままである。 しかも線路は空襲でやられている所があったりして、嬉野から広島まで三〇時間ばかりかかっていた。 広島の手前の廿日市あたりまで来ると、汽車は動かなくなった。 「広島市内の線路は飴のように曲がっているので、ここから歩け」というのである。 よく考えてほしい。 五〇〇メートル上空の爆発でレールがぐにっやと曲がるその温度はどのくらいだろうか。 溶鉱炉の中の温度が一五〇〇~一六〇〇度だが、五〇〇メートル離れて線路が曲がるというのは四~五〇〇〇度くらいだろうか。 それに加えて原爆の風速が二〇〇メートルくらいだった。 人間が飛ばされて樹木にひっかかって死んでいたのである。 満員の電車は焼け焦げて骨組だけが残り、車内には鉄兜をかぶった白骨死体が並んでいたと聞く。 歩いている途中で眼にしたものは、見はるかす彼方まで瓦礫の原で死の世界を思わせるものだった。 瓦礫の中から骨の見える焼け焦げた腕や脚が突き出している。 また川の中には水ぶくれとなった無数の水死体が浮かんでいた。 高熱のため体内の水分が奪われ、水欲しさに川に入り、水を飲んでからこと切れた人たちであろう。 それが原爆が投下されて一〇日後の広島の姿である。 そんな地獄の惨状を見ながら、憐憫の情のおこらなかったのが不思議だが、そのような状況下に置かれると人間はそうなるものなのだろうか。 今から思えば狂気の沙汰と言えようが~。 昭和五九(一九八四)年八月二五日(土)、ベルギー沖のドーバー海峡で、「核物質」を積載していたフランス船「モンルイ号(四二〇〇トン)が西ドイツのカーフェリー(一五〇〇〇トン)と衝突して沈没していたが、私はそんなことは全く知らずに翌日の日曜日、隣家のベルギーの友人と前からの約束だったので、彼の船でオステンド沖に魚釣りに出かけた。 沖に出てから友人は、「昨日このあたりで船が衝突して、一隻が沈んだとテレビで放送していたよ」といっていたが、彼もそれ以上のことは知らないらしく釣りに興じたことだった。 数匹のサバを成果に家を帰り、「しめさば」にして舌鼓を打ったのだが、それから三日後、日本から送られてきた新聞を見て驚いた。 沈没していた船は「核物質」を積載していたのだ。 この時は、「とうとう俺も放射線にやられるのか」と血も凍るような思いがした。 考えてみれば、それまでにも長崎と広島で放射能の洗礼を受けているのである。 今生きているのは不思議と言えるのかもしれない。 その二週間後の九月九日、父が死んだ。 私の代わりになってくれたのではないかと思っている。 これを書いたのは、一国の副総理ともあろう某氏が、「ワイマール憲法も、いつの間にかナチス憲法に変わっていた。 あの手口を学んだらどうか。 (国民)が騒がないで、納得して変わっている。 喧騒の中で決めないでほしい」と、あたかもナチス政権を肯定したかのような発言があり、世界各国から非難の声があがっている。 「ナチスの手口を学ぶ」なんていうことは、冗談にもせよ一国の責任ある地位にあるものの口にすべき言葉ではない。 戦争の経験のない人間の無神経さにあきれたことだった。 この言葉を聞き、さして遠くない時期にあの世に招かれるであろう八六歳の老翁の私が、長崎や広島の原爆地獄を体験した一人として、戦争の悲惨さを知らない子供たちや孫たちに、その事実を伝えておくことは私の義務ではないかと考え、「原爆忌に思う」を書かせていただいた。 いかなる社会であれ、人が人を殺すという行為からは人間の幸せは生まれてこない。 長崎に原爆が落とされた八月九日、多くの被爆者たちが病院に運ばれてきたが、翌朝半数の方たちは仏の手に抱かれた。 (合掌) 戦場に散り、特別攻撃隊として散華した二〇〇万にも及ぶ若者たちは、全国民の平和な幸せを願って死んでいったことを忘れてはなるまい。

次の

原爆から生き残る

原爆 遺体 立っ た まま

どうも、服部です。 前回の記事「」に対して、多くの方に興味を持っていただけたようなので、今回も原爆投下後の広島を撮影したカラー映像を紹介したいと思います。 今回は「WW II : RARE COLOR FILM : ATOMIC BOMBS(第二次大戦:貴重なカラー映像:原子爆弾)」とタイトル付けされた、実質6分30秒ほどの短い映像です。 Youtubeで5万回再生ほど(前回記事の映像は93万回再生)されていますが、コメント欄には日本語の書き込みがほとんどないような状態です(記事執筆時)。 映像は広島の空撮から始まります。 前回紹介した映像よりも、さらに鮮明なカラー映像のようです。 映像には無音だった前回とは違い、英語のナレーションが入っています。 「もしアメリカ軍が(日本への)本土侵攻をしていたら、100万人以上の犠牲者が出るだろうと軍事アナリストらは推測。 それを受けて(終戦当時の米国大統領である)トルーマンは、代わりに原子爆弾を落とす決断をしたといわれています」 破壊された広島の映像の前に男性がワイプされます。 広島に原爆を投下した飛行機『エノラ・ゲイ』のパイロットである、ポール・ティベッツ氏へのインタビュー音声が紹介されます。 ポール・ティベッツ氏「原爆を落としたら、我々は急上昇してできるだけ安全な位置に避難しました。 その後、爆発による衝撃派が感じられたので、ミッションは成功したということで、広島を上空から眺めてみました。 我々の真下には、期待された結果が出ているか、塵と破片の雲が上がり、広島の町が機能を失っているか、この目で確認してみました」 枯れ木が映し出されます。 奇跡的に被害がなかったのか、被爆後に新築されたのか、奇麗な建物が映っています。 同じ場所でないと比較はできませんが、瓦礫の量が前回紹介の動画よりもだいぶ少なくなっているようにも思えます。 8時13分頃で止まっている時計が映ります。 広島へ原爆が投下されたのは8時15分だったので、もともと少し時間が遅れていたのかもしれません。 「時計は、その瞬間のまま止まっています。 そして命も。 7万人という人が亡くなりました」 「広島は廃虚になりました。 建物は形を残しているほうが稀です」 形を留めているビルの前を路面電車(広電)が走って行きます。 広電の背後には、傾いてしまっている信号機が見えます。 「路面電車は、かつて広島という町だった荒れ果てた土地を寂しそうに走っています」 倒壊したままの建物の前を自転車に乗った男性が通ります。 場面は切り替わり、二人の子供を連れたお母さんらしきが映ります。 「日本人たちは日々苦労を重ねて瓦礫の中での生活を送っています」 「瓦礫の中を探し回り使えそうな物を拾い集めます。 壊れていないレンガでも出てきたらお宝級です」 漁船でしょうか、男性が出港準備をしているようです。 「最先端を知る日本の科学者たちによって、この破壊力のある爆弾が何であるかが確認されているのにも関わらず、日本政府はまだ降伏を拒んでいたのです」。 ナレーションは、広島に原爆が投下されているのにポツダム宣言を受け入れない日本に憤っています。 腰の曲がった高齢の方が歩いている横に『とうか山圓隆寺』と書いてある立て札があります。 現在、広島市中区にある『とうかさん圓隆寺』のようです。 「この日本人たちは、戦災を逃れた神社にお参りに来ているようです」とナレーションは伝えていますが、お寺でした。 仮設の本堂のような場所でお参りをしている人たちが映ります。 女性ばかりです。 涙をぬぐっている人もいます。 トラック、もしくはボンネットバスだったのでしょうか、変わり果ててしまった車の姿があります。 「車に乗ってどこか遠くへ行くことは、ここでは現実的なことではありません」 牛車の列が映ります。 たんまりと荷物を載せています。 「今必要なのは、人や物を町に運ぶ交通手段です」 「原爆投下前と変わらないことといえば、昔ながらの青空市場です。 少しでも価値があると思われる物は、どんな物でもここに持ち込まれて商品となるのです」。 昔ながらの青空市場というか、マンガ「はだしのゲン」などにも登場する、広島の闇市なのかもしれません。 こちらでは、瓦礫の中から集めてきたのでしょうか、食器類を売っているようです。 こちらの女性は鍋料理を扱っているのでしょうか。 「少しずつではありますが、広島はこれまでの日常を取り戻し始めているのです」 診療所のようです。 松葉杖をついた女性が入っていきます。 「爆心地から1. 5km以上離れた場所になると、負傷者のほうが死者よりも多くなりますが、爆発での死を逃れられたといって、原爆というものはそれで安心だとは言い切れないのです」 「この目を負傷した女性は、まだついていたほうです。 爆発による光を見つめてしまったために、目が溶けてしまった人もたくさんいたのです」 「この映像に映っている人たちは知るよしもなかったでしょうが、原爆投下以降、爆発自体で亡くなった人と放射能の影響を受けて亡くなった人の数の合計は、25万人に届かんとしているのです」。 内容からして、ナレーションは原爆について一般によく知られるようになってから入れられたのかもしれません。 「外科手術の現場です。 痛々しい描写ですが、放射能による火傷とは、このような酷い状態になるのです」 「こんなにも悲惨な状態を目の当たりにしても、日本の指導者たちはまだ降伏することを承諾しませんでした。 その結果、2個目の原子爆弾が長崎に落とされることとなり、ようやく降伏を受け入れたのです」。 承諾しなかったからすぐに2度目を落としたという論理には納得できませんが……。 最初の場面のように、原爆のキノコ雲をバックに、チャールズ・スウィーニー氏という長崎に原爆を投下したB29爆撃機のパイロットがワイプされ、原爆投下当日の様子を語ります。 「いつものように第一目標(福岡県小倉)と第二目標を定めて出撃しました。 第一目標で3回ほど爆撃を試みたが(視界不良で)うまくいかず、第二目標である長崎に切り替えました。 長崎に原爆を投下すると、ガソリンの残りが少なくなっていたこともあり、沖縄に緊急着陸をすることにしました」と、インタビューは終わります。 「3万5千人を超える犠牲者を出し、日本の指導者たちはようやく無条件降伏を受け入れ、第二次大戦は終了しました。 そして、新たなる核の時代の幕開けとなったのです」と、締めのナレーションが入り映像は終了します。 いかがでしたか? 前回紹介した映像よりも、さらに突っ込んだ生活の場面なども垣間見られ、短いフィルムながらとても興味深い内容だったと思います。 引き続き歴史の1ページを紐解いていきたいと思います。 動画「WW II : RARE COLOR FILM : ATOMIC BOMBS(第二次大戦:貴重なカラー映像:原子爆弾)」.

次の

原爆の絵|広島平和記念資料館 平和データベース

原爆 遺体 立っ た まま

傷 きず を負った人たちは、 臨時 りんじ の 救護 きゅうご 所となった 国民 こくみん 学校などへ向かい、あるいは運ばれました。 しかし、 治療 ちりょう する 医師 いし も 大勢 たいせい 死亡 しぼう し、薬もすぐに足りなくなりました。 救護 きゅうご 所は、十分な 治療 ちりょう も受けられないまま横たわる人たちであふれました。 市立第一 国民 こくみん 学校 比治山 ひじやま の 東側 ひがしがわ の山すそ、 段原 だんばら 地区にあった市立第一 国民 こくみん 学校( 爆心 ばくしん 地から2,600m、 現在 げんざい の市立 段原 だんばら 中学校)は、 倒壊 とうかい ・ 焼失 しょうしつ を 免 まぬが れた 講堂 こうどう や教室が 救護 きゅうご 所となり、多くの 負傷 ふしょう 者が 収容 しゅうよう されました。 敷地 しきち の一部は 仮 かり 火葬 かそう 場として使われました。 大けがを負った子ども 8月7日〜20日 撮影 さつえい / 陸軍 りくぐん 船舶 せんぱく 司令 しれい 部写真 班 はん 寄贈 きぞう / 御園生 みそのう 圭輔 けいすけ 提供 ていきょう /広島 原爆 げんばく 障害 しょうがい 対策 たいさく 協議 きょうぎ 会 8月7日〜8月20日 撮影 さつえい / 尾糠 おぬか 政美 まさみ 寄贈 きぞう / 御園生 みそのう 圭輔 けいすけ 提供 ていきょう /広島 原爆 げんばく 障害 しょうがい 対策 たいさく 協議 きょうぎ 会 横たわる 負傷 ふしょう 者 8月7日 撮影 さつえい / 尾糠 おぬか 政美 まさみ 提供 ていきょう /広島 原爆 げんばく 被災 ひさい 撮影 さつえい 者の会 似島 にのしま 広島湾 ひろしまわん に 浮 う かぶ 似島 にのしま ( 爆心 ばくしん 地から 約 やく 10km)には、 陸軍 りくぐん 検疫 けんえき 所などの 軍事 ぐんじ 施設 しせつ があり、 空襲 くうしゅう などの 非常時 ひじょうじ には 負傷 ふしょう 者を受け入れることになっていました。 原爆 げんばく の 直接 ちょくせつ の 被害 ひがい をほとんど受けなかった 似島 にのしま には、船に乗せられた 負傷 ふしょう 者たちが 大勢 たいせい 、 移送 いそう されてきましたが、ここでもやはり十分な 治療 ちりょう はかないませんでした。 市内 各地 かくち の 救護 きゅうご 所 学校 以外 いがい にも、 倒壊 とうかい を 免 まぬが れた 建物 たてもの が使用されたり、 仮設 かせつ テントの 救護 きゅうご 所が 設 もう けられたりしました。 放射線 ほうしゃせん による 障害 しょうがい の 症状 しょうじょう が 赤痢 せきり と 誤解 ごかい され、福屋 百貨店 ひゃっかてん が 臨時 りんじ 伝染病 でんせんびょう 病院に指定されました。 福屋 百貨店 ひゃっかてん の中 8月9〜12日 八丁堀 はっちょうぼり 爆心 ばくしん 地から740m 撮影 さつえい / 宮武 甫 みやたけ はじめ 提供 ていきょう /朝日新聞社 福屋 百貨店 ひゃっかてん 8月8〜9日 八丁堀 はっちょうぼり 爆心 ばくしん 地から740m 撮影 さつえい /国平 幸男 提供 ていきょう /毎日新聞社 太田川の 堤防 ていぼう に 設置 せっち された広島 陸軍 りくぐん 第二病院の 臨時 りんじ 救護 きゅうご 所(上)と、中の 負傷 ふしょう 者(下) 8月9日 基 もと 町 爆心 ばくしん 地から1,150m (上) 撮影 さつえい /川原 四儀 よつぎ 提供 ていきょう /広島 原爆 げんばく 被災 ひさい 撮影 さつえい 者の会 (下) 撮影 さつえい /川原 四儀 よつぎ.

次の