仕事 android。 AndroidとiPhone、仕事で使うならどちらを選ぶべき?

Androidスマートフォンで仕事を効率化するアプリ [Androidアプリ] All About

仕事 android

Androidアプリ開発のお仕事を在宅でするなら、日本最大級のクラウドソーシングサービス、クラウドワークスがおすすめです。 Androidアプリ開発のお仕事の応募・提案から納品、報酬の受け取りまで、すべてオンラインで完結します。 オンラインで完結するので、時間や場所にとらわれず、在宅で理想的な働き方をすることが可能です。 掲載されているお仕事は、JavaでのAndroidのネイティブアプリの開発のお仕事など様々で、在宅・地方在住であっても、全国から集まるAndroidアプリ開発のお仕事の中から、あなたにぴったりのお仕事を探すことができます。 これから在宅でのお仕事を始めようと考えている方は、クラウドワークスからお仕事を探して在宅ワーカーとして働いてみてはいかがでしょうか。 先頭へ 1 Androidアプリ 開発ってどんなお仕事? Androidのアプリは、Java言語で作成されますので、Java言語の知識が必要となります。 Androidは、AppleのiOSと同様、スマートフォンやタブレットに使用されるOSですが、iOSがiPhone等のApple製品にのみ搭載されているのに対し、Androidは様々なメーカーの端末で利用されています。 この事は、メーカー側が独自機能を追加することも容易となっている反面、多種多様な仕様を持つ端末が販売されている事にも繋がっています。 開発する側としては、様々な端末の情報を知る必要に迫られることとなります。 仕様の違いを理解しておかないと、一部端末でしか動かないアプリを開発してしまう可能性もあるからです。 画面の大きさ一つをとっても、様々な物があるため、多様な環境や設定でのテストを繰り返し、動作させるテクニックが重要です。 IT系のニュースサイトでも、Androidアプリの記事は人気がありますので、開発したアプリがサイトに取り上げられ、様々な年齢や国籍を持つ、多数のユーザーを獲得することもあります。 彼らからの問い合わせに対して、適切な返答ができる技量も求められます。 Androidアプリ 開発に必要なスキルとは? Androidのアプリは、Java言語で作成されますので、Java言語の知識が必要となります。 Androidは、AppleのiOSと同様、スマートフォンやタブレットに使用されるOSですが、iOSがiPhone等のApple製品にのみ搭載されているのに対し、Androidは様々なメーカーの端末で利用されています。 この事は、メーカー側が独自機能を追加することも容易となっている反面、多種多様な仕様を持つ端末が販売されている事にも繋がっています。 開発する側としては、様々な端末の情報を知る必要に迫られることとなります。 仕様の違いを理解しておかないと、一部端末でしか動かないアプリを開発してしまう可能性もあるからです。 画面の大きさ一つをとっても、様々な物があるため、多様な環境や設定でのテストを繰り返し、動作させるテクニックが重要です。 IT系のニュースサイトでも、Androidアプリの記事は人気がありますので、開発したアプリがサイトに取り上げられ、様々な年齢や国籍を持つ、多数のユーザーを獲得することもあります。 彼らからの問い合わせに対して、適切な返答ができる技量も求められます。

次の

Androidアプリ開発の仕事を探す

仕事 android

G Suiteの「仕事用アカウント」を登録し、そちらからインストールする 条件は「G Suite」のアカウントを取得して、「仕事用プロファイル」を作成していることです。 会社のメールアドレスでGmailを使用している場合はおそらく仕事用プロファイルの設定もされていると思うので、 会社側のマニュアルなどで ここまで終わっていると思います。 あとは、「仕事用」マークの付いたGoogle PLayアプリからインストールすればOKです。 例えばFacebookを仕事用のGoogle Playからインストールすると、次のように2つのアイコンができます。 右下にカバンのマークがついているほうが仕事用プロファイルのアプリです。 「仕事用」のマークが付いたアプリは内部データが個人用と別れているため、個人用アプリとは別のアカウントを設定することができます。 apkからのインストールはどうなるか ストアからではなくapkからインストールした場合は、個人用と仕事用の2種類が同時にインストールされています。 個人用プロファイルと仕事用プロファイルで共有する場合 個人用プロファイルのアプリと仕事用プロファイルのアプリは原則としてデータが別れているため、そのままファイルを使用することはできません。 ただ端末は基本的に個人用プロファイルの権限で動いているので、たとえばカメラで撮った写真やスクリーンショットなどを、仕事用のドライブにアップロードしたいときなどがあると思います。 その際には、共有先で「仕事用プロファイルに切り替える」を選択すると、仕事用プロファイルの方に共有できます。 逆に仕事用プロファイルから個人用に共有したいときは、「個人用プロファイルに切り替える」を選択します。 場合によってはこの表示がアイコンではないかもしれません。 例えばChromeの共有は右上にテキストとして出ています カテゴリー• 153• 3 アーカイブ• 7 メタ情報•

次の

Android端末に同じアプリを仕事用とプライベート用に分けてインストールする方法

仕事 android

仕事にスマホを使うならiPhoneか、Androidか? スマートフォンは、通話はもちろんのこと情報の共有が瞬時にできるため、ビジネスシーンでも必携のアイテムになっています。 AndroidもiPhoneもどちらの端末でもできることはほとんど変わりません。 しかし、使ってみるとそれぞれに特徴があり、ビジネスで利用するならどちらを選ぶか迷ってしまいます。 ここでは、仕事に使うならどちらにするか迷っている人へ、Android、iPhoneの特徴や魅力的な使い方についてご紹介します。 iPhone VS Android 仕事に使うならどっち? iPhoneとAndroidの違いはそもそもなんでしょうか?もちろん、外観が違いますが、もっと基本的な部分ではOSが違います。 以下で、iPhoneとAndroidの特徴やビジネスでの利用シーンについてみていきましょう! iPhoneのメリット:Apple製品との連携や機種変更がスムーズ ・MacBookなど他のApple製品との連携がスムーズ iPhoneはMacBookなど他のMac製品との連携がスムーズというメリットがあります。 写真やウェブサイトを瞬時に端末間で共有できるAirDropは資料で使うファイルをパソコンに取り込むときに重宝します。 Apple製品は、それぞれ端末間で同期して使うことができるので、パソコンがApple製品であればiPhoneを選ぶと機能を使いこなすことができます。 一方でですが、iPhoneデフォルトのブラウザであるSafariはWindowsで使えないためSafariのブックマークを同期できません。 そのような場合、iPhoneでGoogleのブラウザであるChromeを利用し、パソコンと同期させることはできますが、Safariを使いたい人はWindowsとの共有は少し不便になります。 ・機種変更が簡単 iPhoneは常にiCloudやiTunesでバックアップを取り、手軽に新しい端末へ復元することができます。 各アプリの初期設定など、機種変更時に煩わしい作業に手間がかかりません。 Androidのメリット:連絡先の管理やおサイフケータイが使える ・メールや連絡先の管理が楽 スマホをビジネスで利用するシーンとしてもっとも多いのが、メールや連絡先の管理。 メールはサービスやアプリが充実しているので、どちらの端末でも使いやすくなっています。 一方、連絡先についてはAndroidはいろいろなソースから連絡先情報を保存できますが、iPhoneはiTunesを介さないと連絡先データのバックアップや取り込みができないなど、初心者にはやや複雑です。 ・複数の電子マネーが使える Androidは端末によって複数の電子マネーに対応した「おサイフケータイ機能」を搭載した端末があります。 電車移動でモバイルSuicaを使ったり、電子マネーで支払えることが魅力です。 iPhoneにもApple Payという機能がありますが、おサイフケータイの方が対応している電子マネーが多くなっています。 また、Androidなら、Suicaの履歴がわかるアプリなどもあり、仕事で使った交通費の精算などにも便利です。 関連記事: ビジネス用アプリとの連携やセキュリティは? 仕事に欠かせないのがWordやExcelなどのOfficeソフト。 スマホで書類作成をすることはなくても、閲覧やちょっとした編集なら利用することも多いですよね。 Microsoft OfficeはiPhone、Android向けにアプリを提供しているので、どちらの端末でも閲覧と編集が可能です。 ただし、データ容量が重い場合は、端末のスペックで操作性が左右されます。 Androidの格安スマホではデータを開いたり編集したりするときにタイムラグがあることも。 その他にもビジネス用のタスクやプロジェクト進行アプリはたいていAndroid、iPhone用の両方が提供されていることがほとんどなので、 細かいインターフェースの違いはあっても操作や機能に大きな違いはほとんどありません。 また、スマホのビジネス利用時にもっとも気になるのがセキュリティ。 Androidはセキュリティアプリが必須ですが、 iPhoneの場合ウイルス感染のリスクはAndroidよりもはるかに小さいと言われています。 仕事で使うならiPhoneと考える人は、この点がポイントになっているのではないでしょうか。 仕事用には持っている他のデバイスとの相性で選ぶ ここまで、AndroidとiPhoneのビジネス利用について説明しましたが、実は重要なポイントなのがPCやタブレットなど、すでに持っているほかのデバイス。 スマホをビジネスで利用するなら、持っている他のデバイスとの相性で選ぶと、より効率よく作業が進められます。 たとえば、キャッシュレスでスピーディーに支払いができる電子マネーをよく利用するならAndroid、AirDropで手持ちのiPadやMacBook、プリンタを使うならiPhoneが向いています。 また、それぞれ使い方に工夫をすれば、こちらの端末だからできない!といったことは、ほぼありません。 自分のお気に入りの端末を使いこなせば、仕事がさらにはかどること間違いなしです! 関連記事 ・ ・ ・.

次の