帯状疱疹の 時に して は いけない こと。 帯状疱疹がなかなか治らない

帯状疱疹のケア

帯状疱疹の 時に して は いけない こと

つらい痛み・・・帯状疱疹! 激しい痛みと、皮膚に小さな水ぶくれが現れる帯状疱疹は、早期に適切な治療を受ければ恐れる病気ではありません。 しかし、高齢者の方や重症の場合には、重い合併症を引き起こす危険性もはらんでいるのです。 帯状疱疹は、水ぼうそうと同じ 水痘・帯状疱疹ウイルス(vzウイルス) によって引き起こされます。 このウイルスに初めて感染した状態を 水ぼうそう といいますが、水ぼうそうが治って症状は消えても、ウイルス自体が死滅したわけではありません。 神経の中に潜み、暴れだす機会を虎視眈々とうかがっているのです。 そして睡眠不足やハードな仕事が続いて体力が落ちたとき、また年をとったり病気などで免疫力が低下した人などに、帯状疱疹として再び現れてくるのです。 痛みが数日から1週間続いたころ、虫に刺されたような赤い班点ができ、それがみるみるうちに水ぶくれになっていきます。 身体に帯状に広がった水ぶくれは、やがれ膿をもち、1週間ほどで破れて、ただれや潰瘍ができます。 さらに1週間ほどでかさぶたになり、発症後3〜4週間で治癒するという経過をたどります。 一般的には、皮膚症状が治まるのと同じぐらいに、痛みもなくなっていきます。 しかしなかには症状が重く、後遺症として神経痛が残る場合もあり、これを 帯状疱疹後神経痛 といいます。 帯状疱疹の症状がでやすいのは、水ぼうそうにかかったとき発疹がでた部位です。 なかでも多いのが、三叉神経の第1枝がある額からまぶた、鼻の辺りと、胸椎神経のあるわきの下から胸・腹にかけてというパターンです。 発疹が帯状に広がるのは、ウイルスが潜んでいた神経の走行に沿っているためです。 また身体の左右どちらか片側だけにでるのが特徴です。 耐え難い痛みがあったり、皮膚症状がひどい場合は、帯状疱疹後神経痛に移行する危険性があるため注意が必要です。 これを防ぐには、通常、皮膚症状が現れてから3三日以内に適切な治療を開始しなければなりません。 異常を感じたら放置せず、すぐに皮膚科で専門医の診察を受けましょう。 1) 抗ウイルス薬 ・・・抗ウイルス薬は、軟膏、内服薬、点滴などさまざまなタイプがあります。 症状に応じて使い分けますが、できるだけ早期に治療を開始すれば重症化を防ぐことができ、帯状疱疹後神経痛の予防にもなります。 抗ウイルス薬はすぐれた薬ですが、腎臓の機能が低下している人には不向きです。 2) 消炎鎮痛剤 ・・・抗ウイルス薬でも痛みが抑えられない場合は、非ステロイド系の消炎鎮痛剤が用いられることがあります。 また、皮膚のただれた部分や潰瘍部分から細菌感染を起こした場合は、抗生物質が使われることもあります。 3) 神経ブロック療法 ・・・発症当初から激痛がある、高齢で免疫力が落ちているなど、重症化が予想される場合は、痛みを抑え治癒を促進するために、神経ブロック療法が行われます。 これは、神経や神経節に直接、局所麻酔薬などを注射することにより、痛みが脳に伝わる経路を遮断しようという治療法です。 発症から2週間以内に神経ブロック療法を行なえば、帯状疱疹後神経痛を90%予防できるといわれます。 ただし、1回の注入による効果の持続時間がそれほど長くないため、高齢者では3週間から1か月程度の入院が必要な場合もあります。 この治療法は、麻酔科やペインクリニックで行っています。 しかし重症の場合や高齢者では、皮膚症状が消えた後もしつこい痛みだけが残る場合があり、これを帯状疱疹後神経痛といいます。 高齢にまるほどでやすく、60代の60%、70代の70%が帯状疱疹後神経痛に移行するといわれます。 痛みがある場所をさわってみると、感覚が鈍い感じ(知覚鈍麻)があります。 なぜこうした神経痛が残るのか、原因はよくわかっていません。 神経の損傷部分が広範囲にわたり修復が困難なため、脳に痛みの記憶が残るため、神経を修復するときに脊髄が異常興奮するため、などさまざまな説があります。 治療としては、前出の神経ブロック療法が代表的ですが、発症から6か月以上過ぎてしまうと充分な効果が期待できません。 近頃では イオンフォレーシス療法 を行なう皮膚科や麻酔科が増えています。 1回の治療時間は薬30分で、痛みもほとんどなく、比較的高い効果が持続します。 また、抗うつ剤もよく用いられる薬剤の1つです。 とくに皮膚の深部に痛みがある人に効果を発揮します。 薬の量としては、うつ病の治療に使用するより少なくてすみます。 最も多いのが腕です。 基本的に帯状疱疹は、一生に一度だけ罹患する病気です「抵抗力が落ちて弱っているよ」という身体からの警告サインなのです。 疑わしい症状が認められたら、早めに受診し、充分休養をとって体力を回復させるように努めましょう。 ご不明な点は最寄りの医療機関にご相談ください。

次の

帯状疱疹の原因

帯状疱疹の 時に して は いけない こと

早めの受診、しっかり服用、ゆっくり休養 ピリピリとした痛みから始まり、皮膚に赤い水ぶくれができる帯状疱疹。 加齢やストレスで誰でもかかる可能性がある病気だが、正しい治療法やケアの仕方はあまり知られていない。 後遺症として痛みが長く残ることがある。 11月12日(イイ・ヒフ)の「皮膚の日」を前に、最新の治療法や予防法について調べた。 お年寄り 痛みの慢性化に注意 帯状疱疹は、痛みやかゆみといった前触れから始まり、4~5日後には同じ場所の皮膚に赤い発疹ができる。 この間に痛みは強くなることが多い。 発疹はまもなく水ぶくれになり、2週間ほどでかさぶたになる。 ウイルスが原因 原因は、水ぼうそうと同じ「水痘・帯状疱疹ウイルス(VZV)」。 水ぼうそうは治った後もウイルスは消えず、全身の神経節に潜んでいる。 普段は活動しないが、老化やストレスなどで免疫が下がると再活動して帯状疱疹として発症する。 「発症の一番のリスクは加齢。 50歳から発症が増え、ピークは60歳以降。 85歳では2人に1人が発症するというデータもあります」と話すのは、愛知医科大学の渡辺大輔教授(皮膚科)だ。 国内で帯状疱疹を発症する人の数は年々増加傾向にある。 高齢者が増えたこと、また、子どもの数が減ったことで成人後ウイルスに接することが減り、免疫機能が高まる機会が少なくなったことも考えられるという。 同じウイルスでも水ぼうそうと帯状疱疹では症状の出方が異なる。 帯状疱疹では、特定の知覚神経に沿ってウイルスが増える。 全身どこにでも出る可能性があるが、胸や背中、顔面、頭部に出る場合が多く、片側にだけ出るのが普通だ。 痛みは、ウイルスが神経を刺激し、炎症を起こしているために起きる。 皮膚がひりひりする程度から、針が差すような痛みで夜も眠れないという人まで幅があるという。 治療の基本は抗ウイルス薬だ。 ファムシクロビル(ファムビル)、バラシクロビル塩酸塩(バルトレックス)などの薬を使う。 重症の場合は入院して点滴治療する場合も。 鎮痛剤や副腎皮質ホルモン(ステロイド)、状況に応じて塗り薬が処方されうることもある。 「薬はウイルスを殺すのではなく、増えるのを防ぐもの。 ポイントは、ウイルスが少ない早い段階で飲み始め、症状が治まってもきちんと飲みきることです」と渡辺さん。 皮膚に症状がでてから72時間以内に飲み始めるのが理想だ。 「片側」が特徴 しかし、皮膚の症状が出る前は、頭痛や腰痛、耳の病気などと間違えやすい。 特徴は片側の痛みなので、その場合は帯状疱疹を疑って、発疹が出たらなるべく早く受信した方がいい。 帯状疱疹の発症はストレスが絡む場合が多い。 渡辺さんも「ゆっくり休むことも大切です」と指摘する。 抗ウイルス薬を早めに飲むのは、帯状疱疹を早く治すのと同時に、後遺症を予防するためでもある。 宇野皮膚科病院(東京都世田谷区)の漆畑修院長は「一番多い後遺症は帯状疱疹後神経痛(PHN)と呼ばれる慢性の痛み。 帯状疱の症状が重かった人、60歳以上の人は特に残りやすいので注意です」。 発症から3か月経っても痛みが残ると診断される。 発症時に激しい痛みを感じた人、糖尿病の人は、神経の破壊が進みやすく、神経痛が残るリスクが高い。 こうした神経の損傷に加え、「激しかった『痛みの記憶』が残って、神経痛が残る場合もある。 これは心因性の痛みです」と漆畑さん。 治療には、抗けいれん薬のプレガバリン(リリカ)のほか三環系抗うつ薬などを使う。 今年からは鎮痛薬のトラマドール塩酸塩とアセトアミノフェンを配合した「トラムセット」も国内で使えるようになった。 局所に麻酔を注射する神経ブロックを行う場合もある。 後遺症にはほかに、帯状疱疹が顔に出た場合の顔面神経麻痺や、難聴などの「ラムゼー・ハント症候群」などがある。 この場合の治療には眼科や耳鼻科との連携が大切だ。 帯状疱疹を予防するには、ワクチン接種という方法がある。 アメリカでは50歳以上の人に帯状疱疹ワクチンが推奨されている。 帯状疱疹ワクチンは、日本にはまだないが、水痘ワクチンを使えば同じ効果が得られる。 「高齢者は痛みも残りやすいので、ぜひ接種を。 50歳でワクチン接種すれば、ほぼ一生、帯状疱疹の予防ができます」と漆畑さんはいう。 お気軽にご相談下さい。

次の

帯状疱疹ですが皮膚科でお風呂に入ってはいけないと言われました

帯状疱疹の 時に して は いけない こと

早めの受診、しっかり服用、ゆっくり休養 ピリピリとした痛みから始まり、皮膚に赤い水ぶくれができる帯状疱疹。 加齢やストレスで誰でもかかる可能性がある病気だが、正しい治療法やケアの仕方はあまり知られていない。 後遺症として痛みが長く残ることがある。 11月12日(イイ・ヒフ)の「皮膚の日」を前に、最新の治療法や予防法について調べた。 お年寄り 痛みの慢性化に注意 帯状疱疹は、痛みやかゆみといった前触れから始まり、4~5日後には同じ場所の皮膚に赤い発疹ができる。 この間に痛みは強くなることが多い。 発疹はまもなく水ぶくれになり、2週間ほどでかさぶたになる。 ウイルスが原因 原因は、水ぼうそうと同じ「水痘・帯状疱疹ウイルス(VZV)」。 水ぼうそうは治った後もウイルスは消えず、全身の神経節に潜んでいる。 普段は活動しないが、老化やストレスなどで免疫が下がると再活動して帯状疱疹として発症する。 「発症の一番のリスクは加齢。 50歳から発症が増え、ピークは60歳以降。 85歳では2人に1人が発症するというデータもあります」と話すのは、愛知医科大学の渡辺大輔教授(皮膚科)だ。 国内で帯状疱疹を発症する人の数は年々増加傾向にある。 高齢者が増えたこと、また、子どもの数が減ったことで成人後ウイルスに接することが減り、免疫機能が高まる機会が少なくなったことも考えられるという。 同じウイルスでも水ぼうそうと帯状疱疹では症状の出方が異なる。 帯状疱疹では、特定の知覚神経に沿ってウイルスが増える。 全身どこにでも出る可能性があるが、胸や背中、顔面、頭部に出る場合が多く、片側にだけ出るのが普通だ。 痛みは、ウイルスが神経を刺激し、炎症を起こしているために起きる。 皮膚がひりひりする程度から、針が差すような痛みで夜も眠れないという人まで幅があるという。 治療の基本は抗ウイルス薬だ。 ファムシクロビル(ファムビル)、バラシクロビル塩酸塩(バルトレックス)などの薬を使う。 重症の場合は入院して点滴治療する場合も。 鎮痛剤や副腎皮質ホルモン(ステロイド)、状況に応じて塗り薬が処方されうることもある。 「薬はウイルスを殺すのではなく、増えるのを防ぐもの。 ポイントは、ウイルスが少ない早い段階で飲み始め、症状が治まってもきちんと飲みきることです」と渡辺さん。 皮膚に症状がでてから72時間以内に飲み始めるのが理想だ。 「片側」が特徴 しかし、皮膚の症状が出る前は、頭痛や腰痛、耳の病気などと間違えやすい。 特徴は片側の痛みなので、その場合は帯状疱疹を疑って、発疹が出たらなるべく早く受信した方がいい。 帯状疱疹の発症はストレスが絡む場合が多い。 渡辺さんも「ゆっくり休むことも大切です」と指摘する。 抗ウイルス薬を早めに飲むのは、帯状疱疹を早く治すのと同時に、後遺症を予防するためでもある。 宇野皮膚科病院(東京都世田谷区)の漆畑修院長は「一番多い後遺症は帯状疱疹後神経痛(PHN)と呼ばれる慢性の痛み。 帯状疱の症状が重かった人、60歳以上の人は特に残りやすいので注意です」。 発症から3か月経っても痛みが残ると診断される。 発症時に激しい痛みを感じた人、糖尿病の人は、神経の破壊が進みやすく、神経痛が残るリスクが高い。 こうした神経の損傷に加え、「激しかった『痛みの記憶』が残って、神経痛が残る場合もある。 これは心因性の痛みです」と漆畑さん。 治療には、抗けいれん薬のプレガバリン(リリカ)のほか三環系抗うつ薬などを使う。 今年からは鎮痛薬のトラマドール塩酸塩とアセトアミノフェンを配合した「トラムセット」も国内で使えるようになった。 局所に麻酔を注射する神経ブロックを行う場合もある。 後遺症にはほかに、帯状疱疹が顔に出た場合の顔面神経麻痺や、難聴などの「ラムゼー・ハント症候群」などがある。 この場合の治療には眼科や耳鼻科との連携が大切だ。 帯状疱疹を予防するには、ワクチン接種という方法がある。 アメリカでは50歳以上の人に帯状疱疹ワクチンが推奨されている。 帯状疱疹ワクチンは、日本にはまだないが、水痘ワクチンを使えば同じ効果が得られる。 「高齢者は痛みも残りやすいので、ぜひ接種を。 50歳でワクチン接種すれば、ほぼ一生、帯状疱疹の予防ができます」と漆畑さんはいう。 お気軽にご相談下さい。

次の