京王線 定期券 払い戻し。 PASMO払い戻し方法【くわしく】場所どこで?駅券売機は

定期券|東武鉄道公式サイト

京王線 定期券 払い戻し

定期券の払い戻し方法は各線によって違うの? 定期券の払い戻し方法は、一部のローカル鉄道会社を除き、全国のJR・私鉄・地下鉄ともほぼ同一です。 ただし鉄道+バスのような複数路線共通の定期券の場合は、それぞれの窓口で払い戻しをする必要があります。 払い戻し場所は? JRの場合はみどりの窓口、そのほかの場合は定期券発券窓口にて払い戻しができます。 払い戻しに必要な書類は? 本人が払い戻す場合 定期券の払い戻しは、本人確認が必要になるので、本人であることが証明できる公的証明書(免許証・パスポート・保険証・学生証など)が必要になります。 代理人が払い戻す場合 やむを得ず代理人が払い戻す場合は、次の3つの書類が必要になります。 したがって、 購入したクレジットカードを併せて持参するようにしましょう。 定期券を「使う前(使用済月数0)」や「使用してから7日以内」に払い戻しする場合は? 間違えて購入してしまったり、急に不要になってしまった場合に備えて、 「使う前(使用済月数0)」や 「使用してから7日以内」の場合に限り、特例が認められています。 この特例は1ヶ月定期の場合にも適用されます。 7日を過ぎると1ヶ月使用したものとみなされます。 定期券の払い戻しをするには、 手続きに行く日が重要になってきます。 特に不要となることが月末に判明した場合、月をまたぐことなく、速やかに手続きをすることが必要になりますね。 善は急げ!です。 払い戻し額が減額にならないよう、きっちり払い戻してもらってくださいね。 本記事がそのための参考になれば幸いです。

次の

定期券の期間途中での払いもどしはできますか。

京王線 定期券 払い戻し

ちなみに、上の1ヶ月定期代を6倍して6ヶ月定期代と比べてみるとわかりますが、6ヶ月定期券には割引分がありますので、払戻金は1ヶ月定期券の月数分と比べて少なくなります。 これは損したわけではなく、もともと6ヶ月定期券が安くなっているためにおきる現象です。 質問者さんのお立場がわかりませんので、「お得」をどのようにとらえたらいいかは判断しかねますから、「これぐらい違う」を判断するための計算方法としてお読み下さい。 例えば上記の例で新宿~調布間の普通運賃は230円です。 このような感じでご判断の材料としていただくとよろしいかと思います。 定期に証明などを受け、駅員さんの指示に従って払いもどしに行って下さい。 なお、払いもどしに行くさい、以下の京王のページもごらんになっておくと良いでしょう。 払いもどしのときに必要なものなどが書いてあります。 (すでにごらんになっていたら御免なさい) また、計算に必要な定期代は京王の以下のページで調べられます。 質問者様の定期は、26日になるたびに1か月分の払い戻し額が減っていきます。 3か月定期と1か月定期の値段はご自身でご確認ください。 4月以降に京王で違う会社に通勤するわけではないですね?もしその場合は払い戻しではなく、「区間変更」という扱いになり、1か月単位ではなく、10日単位での違う計算式で払い戻しが行われます。 Q こんにちは。 お世話になります。 新しい勤務地は以前のルートの延長で、2駅先になります。 また、区間変更や解約の場合、本人の保険証があれば証明書類としては十分でしょうか? よろしくお願いいたします。 jreast. html すでにあるご回答のとおりですが、仮に以下のような区間だったとして計算した例をご紹介します。 また、上の例では、新橋までの定期運賃と東京までの定期運賃では1500円ほどの違いしかありませんので、今の定期はそのままで、毎日乗り越し運賃を払う方法は得策ではないです。 質問者さんの実際の定期区間に合わせて、計算されてみるといいと思います。 証明書は、保険証で何とかなると思います。 jreast. html すでにあるご回答のとおりですが、仮に以下のような区間だったとして計算した例をご紹介します。 A ベストアンサー 現在首都圏地区でクレジットカードで定期券が買えるのは、JR(JR線の定期だけ、連絡定期券は駄目)と小田急(連絡定期券もOK)だけです。 ということで 京王+小田急・・・小田急で購入すればOK 京王+JR・・・・別々に購入しJRのみクレジットで購入OK それ以外・・・・・ダメ ということになります。 なお券売機での購入の際には暗証番号の入力が必要です。 またJRの定期券発売機(ピンクの機械)ではビューカード以外のクレジットカードでの購入は出来ません。 指定券発売機の定期券発売機能があるものは購入できます。 (ほとんどの駅がSuica定期券しか買えませんが) またパスネットですがChaconneさんのカードがUCのビザ/UCのマスターでしたら、有楽町にあるUCサービスセンターで購入できます。 なお券種は5000円券のみです。 あとSuica定期券ですが定期券の購入は出来ますがチャージは出来ません。 但しもし今後大阪地区に観光や出張した際、JR西日本のみどりの窓口にてクレジットカードでチャージできます。 (暗証番号入力要) Q 現在A駅 現住所 からB駅 通学先 まで学割でパスモの定期券を所持しています。 有功期限は12月中旬なのですが、12月の初旬に引っ越すことになり C駅とする 新しく定期を購入する必要が生じました。 そこでいくつか質問があります。 (A,B,Cはすべて東急です。 ) 1. 同じパスモで、A駅からB駅の定期が有効な状態で、C駅からB駅に区間変更できるのか 1-1. 区間変更できた場合、A駅からB駅までの定期代として払った金額は日割りで返却されるのか 1-2. 区間変更できない場合、個人で2枚のパスモを所持できるのか 1-2-1. 2枚所持できた場合、2枚のパスモ間でチャージした残高の譲与は可能か 1-2-2. 2枚所持できない場合、解決策は? よろしくおねがい致します。 A ベストアンサー 区間変更が可能です。 PASMOかどうかを気にする必要はありません。 注:ご質問がA~Bが有効な定期券を持って行って、A~Cの定期券への変更が可能か?と言う意味ととりました。 東急の場合は東急の公式サイト内にある以下のページを参考にして下さい。 tokyu. html ここの「定期券」の「・区間の変更をされる場合」が該当します。 区間の変更では、不要となる定期券に対して旬(原則10日)計算で未使用の旬数に対する定期代が返却されます。 同時に、新しい定期券を必要な月数だけ購入することになります。 定期券の残余日数分だけ区間が変更されるわけではなく、古い定期の残余分は払い戻しとなり、新たな定期券を購入するというかたちになります。 これは、PASMOであるかどうかにかかわらず、同じ処理となります。 3ヶ月=9旬です。 旬は次の通りとなります。 (目安としては、額面を1ヶ月定期は3、3か月定期は9,6ヶ月定期は18で割った額が旬割の額となります。 000円となります。 このほか手数料が別途210円かかりますから、返却分は1,790円となります。 また、実際の利用実績と関係なく、変更前の定期券は区間変更を行う日まで使用したと見なします。 なお、通学定期券の場合は、新たな区間に対応した証明書も別途必要となります。 今回はこのような感じですので、残りの日数が少ない点が考え物です。 冬休みをどうなさるかによっては、引っ越し後の年内は回数券やSF精算などでしのぎ、冬休み明けに新規に購入した方がいいかもしれません。 ただし、区間が変わるので、どのみち証明書は必要となります。 PASMO定期など、ICカード乗車券を複数枚持つことはかまいませんが(小人用を除きます)、チャージを移動させることはできません。 ただし、通学定期券の場合は割引きが大きいため、厳密には複数枚(乗り換えなどの利用経路上の理由で別れる場合を除きます)持つことはできません。 (実際の運用上は曖昧としている部分もあるようです) 区間の変更をした場合には、チャージはそのまま引き継がれます。 ちなみに、単純な払い戻しは月単位での計算となりますので、11月下旬である今、12月中旬までの定期券では払い戻しがありません。 区間変更が可能です。 PASMOかどうかを気にする必要はありません。 注:ご質問がA~Bが有効な定期券を持って行って、A~Cの定期券への変更が可能か?と言う意味ととりました。 東急の場合は東急の公式サイト内にある以下のページを参考にして下さい。 tokyu. html ここの「定期券」の「・区間の変更をされる場合」が該当します。 区間の変更では、不要となる定期券に対して旬(原則10日)計算で未使用の旬数に対する定期代が返却されます。 Q 現在、川崎~浜松町の定期券を持っています。 会社からは 川崎~浜松町間の定期券代を支給されています。 4駅分区間が長い、鹿島田~新橋の定期券を購入したと しても、定期券代が変わらないことに先日気づき ました。 たまに私用で鹿島田方面・新橋方面を利用 するため、区間が長い方がわたしにとっては有利です。 そこで質問なのですが、鹿島田~新橋間の定期券を 購入することは問題ないでしょうか? JR 東日本に対しては、正規料金を払うので問題ないか と思います。 また、会社に対しても損害は与えていない と思います。 ただ、出張で新橋や鹿島田に行った場合、会社に電車代 を請求しないものとします 定期を使っているのに 電車代を請求すると詐欺に該当する? かもしれない ので。 A ベストアンサー 今日喪服を買いにいきました。 私は丸井吉祥寺店4階のruにあるブラックフォーマルコーナーで購入しました。 ワンピースとジャケットのセットで組み合わせ自由、種類は各4,5点くらいあったと思います。 ウエディングサポート10%OFFで52920円で購入しました、定価58800円です。 フレッシュマン特集で黒い靴も豊富にありましたよ。 母に靴と鞄は他に使えるものの方がいいといわれベルト付のパンプスと皮の金具なし黒鞄にしました、使わないと硬くなり久しぶりにはくたんびにくつずれなるそうです。 私が出るのは教会のお葬式で靴は脱がないのでくつずれはつらいから皮の柔らかいのを買いました、こちらは12000円。 タイムリーな質問だったので思わず回答してしまいました、参考になればいいのですが…。

次の

京成線ご利用案内

京王線 定期券 払い戻し

定期券はどれだけ得なのか?検証方法 今回の検証方法は次の通りです。 まず、主要都市、主要路線から適当な区間をピックアップして、定期代を調べます。 次に、その区間を、定期券なしで乗車した場合の普通運賃を調べます。 最後に、1の定期代を、2の運賃で割り算して、 1か月のうち何回(何日)乗車すれば、定期代の元が取れるかを計算します。 例えば、週休2日 で祝日がない月の場合、 21日~22日、通勤することになりますから、だいたい 20日以内で元が取れれば、定期券のほうが得になるということですね。 今回は、東京、名古屋、大阪の3都市、計26路線で検証してみました。 東京で定期券が得なのか、検証してみた 東京では、JR東日本(中央線、山手線)、東京メトロ(銀座線、東西線)、都営地下鉄(大江戸線、浅草線)、東急電鉄(田園都市線、東横線)、小田急電鉄(小田原線)、京王電鉄(京王線、井の頭線)の11路線で検証してみました。 まずは、普通運賃と、定期代を検索。 検証区間 普通運賃 定期代 1ヶ月 定期代 3ヶ月 定期代 6ヶ月 東京~立川(JR中央線) 637円 18660円 53180円 91510円 新宿~品川(JR山手線) 194円 5820円 16580円 27920円 渋谷~上野(東京メトロ銀座線) 195円 8160円 23260円 44070円 中野~飯田橋 東京メトロ東西線 195円 7320円 20870円 39530円 練馬~六本木(都営大江戸線) 267円 10590円 30190円 57190円 新橋~押上(都営浅草線) 216円 8860円 25260円 47850円 渋谷~二子玉川(東急田園都市線) 195円 7390円 21070円 39910円 渋谷~日吉(東急東横線) 216円 8130円 23180円 43910円 新宿~新百合ヶ丘(小田急小田原線) 308円 10820円 30840円 58430円 新宿~京王八王子(京王線) 360円 13500円 38480円 72900円 渋谷~明大前(京王井の頭線) 133円 4990円 14230円 26950円 続いて、1日その区間を1往復するとして、普通運賃で1ヶ月のうち何日乗車すれば、元が取れるのか、損益分岐日数を計算してみました。 検証区間 損益分岐 1ヶ月 損益分岐 3ヶ月 損益分岐 6ヶ月 東京~立川(JR中央線) 15日 14日 12日 新宿~品川(JR山手線) 15日 15日 12日 渋谷~上野(東京メトロ銀座線) 21日 20日 19日 中野~飯田橋 東京メトロ東西線 19日 18日 17日 練馬~六本木(都営大江戸線) 20日 19日 18日 新橋~押上(都営浅草線) 21日 20日 19日 渋谷~二子玉川(東急田園都市線) 19日 19日 18日 渋谷~日吉(東急東横線) 19日 18日 17日 新宿~新百合ヶ丘(小田急小田原線) 18日 17日 16日 新宿~京王八王子(京王線) 19日 18日 17日 渋谷~明大前(京王井の頭線) 19日 18日 17日 これだけでも、いくつか面白いことが見えてきましたよ。 JRの定期代はお得、一方で東京メトロや都営地下鉄は… まず、 JR東日本の定期代はかなりお得だということが分かりますね。 6ヶ月定期の場合、月に 12日も往復で乗車すれば、元が取れる計算です。 割高な1ヶ月定期でも 15日で元が取れます。 その一方で、 東京メトロや都営地下鉄は、今回検証した区間では、比較的元が取りにくい路線であることが分かりました。 例えば渋谷~上野間(銀座線)の1ヶ月定期にいたっては、 21日乗車しないと、元が取れない計算ですから。 それはつまり、祝日や会社に行かない日が数日あっただけで、「 定期券を買わないほうが得だった」という事態が起こるということですね。 同じ鉄道会社や路線でも、お得度合いが変わることも また、同じ鉄道会社や路線でも、区間によって、損益分岐日数が変わる、つまりお得度合いが変わるケースも見られます。 例えば、東京メトロの1ヶ月定期の場合、中野~飯田橋は 19日で元が取れますが、渋谷~上野では 21日乗車しないと元が取れないようです。 それに対して面白いことに、 京王線は、区間を変えてもお得度合いがほとんど変化しないようですね。 試しにいくつか別の区間でも、普通運賃と定期代の比率を出してみたら、ほぼ一定でした。 1ヶ月定期だと 19日、3ヶ月定期だと 18日、6ヶ月定期だと 17日で基本的に元が取れるという計算が成り立つので、分かりやすいですね。 スポンサーリンク 大阪で定期券が得なのか、検証してみた 大阪では、JR(大阪環状線、東海道線)、大阪市営地下鉄(御堂筋線、堺筋線)、南海電鉄(南海線)、近鉄(南大阪線)、阪急(神戸線、宝塚線)、京阪電鉄(京阪本線)、阪堺(阪堺線)の10路線で検証してみました。 まずは、普通運賃と、定期代を検索。 検証区間 普通運賃 定期代 1ヶ月 定期代 3ヶ月 定期代 6ヶ月 大阪~大阪城公園(JR大阪環状線) 160円 4870円 13850円 23330円 新大阪~京都(JR東海道線) 560円 16530円 47100円 79310円 新大阪~なかもず(地下鉄御堂筋線) 370円 12160円 34660円 65670円 長堀橋~天下茶屋(地下鉄堺筋線) 240円 9320円 26570円 50330円 難波~岸和田(南海電鉄南海線) 490円 18770円 53500円 101360円 大阪阿部野橋~道明寺(近鉄南大阪線) 350円 13370円 38110円 72200円 阪急梅田~神戸三宮(阪急神戸線) 320円 12840円 36600円 69340円 阪急梅田~豊中(阪急宝塚線) 220円 8340円 23770円 45040円 淀屋橋~枚方市(京阪本線) 330円 13000円 37050円 70200円 新今宮駅前~住吉(阪堺電軌阪堺線) 210円 8660円 24690円 46770円 新今宮駅前~浜寺駅前(阪堺電軌阪堺線) 210円 9890円 28190円 53410円 続いて、損益分岐日数を計算します。 検証区間 損益分岐 1ヶ月 損益分岐 3ヶ月 損益分岐 6ヶ月 大阪~大阪城公園(JR大阪環状線) 16日 15日 13日 新大阪~京都(JR東海道線) 15日 15日 12日 新大阪~なかもず(地下鉄御堂筋線) 17日 16日 15日 長堀橋~天下茶屋(地下鉄堺筋線) 20日 19日 18日 難波~岸和田(南海電鉄南海線) 20日 19日 18日 大阪阿部野橋~道明寺(近鉄南大阪線) 20日 19日 18日 阪急梅田~神戸三宮(阪急神戸線) 21日 20日 19日 阪急梅田~豊中(阪急宝塚線) 19日 19日 18日 淀屋橋~枚方市(京阪本線) 20日 19日 18日 新今宮駅前~住吉(阪堺電軌阪堺線) 21日 20日 19日 新今宮駅前~浜寺駅前(阪堺電軌阪堺線) 24日 23日 22日 JRの定期代は大阪でも得だった 東京ではJRの定期代がかなりお得でしたが、 大阪でも、やはり定期代はお得に設定されているようです。 東京同様に、1ヶ月定期なら 15日程度、6ヶ月定期なら 12日程度で、元を取ることが出来ますね。 JRは全国的に、私鉄に比べると、定期代がお得に設定されているのかも知れません。 阪堺線では、定期を買わないほうがお得な場合も? 阪堺線はちょっと特殊で、定期代は区間によって異なりますが、普通運賃は一律料金(210円)のため、長い区間になるほど、お得度合いが下がっていき、距離が長くなると、1ヶ月定期の場合、月に 24日もの日数、往復で乗車しなければ、損益分岐を超えないという結果に。 こんなこともあるんですね。 面白いなぁ。 ただし、阪堺線は路面電車のため運行速度が速くなく、しかも並行して走っている別路線もあるので、長い距離を乗る人は、ほとんどいないのではないかと思います。 (当方、東京在住のため、実際の事情がよく分かりませんが…。 ) 名古屋で定期券が得なのか、検証してみた 名古屋では、JR(東海道線、関西本線)、名古屋市営地下鉄(東山線、桜通線)、名古屋臨海高速鉄道(あおなみ線)の5路線で検証してみました。 まずは、普通運賃と、定期代を検索。 検証区間 普通運賃 定期代 1ヶ月 定期代 3ヶ月 定期代 6ヶ月 名古屋~大府(JR東海道本線) 320円 9720円 27700円 46660円 名古屋~桑名(JR関西本線) 350円 10050円 28640円 48210円 名古屋~藤が丘(市営地下鉄東山線) 300円 11100円 31640円 59940円 名古屋~今池(市営地下鉄桜通線) 240円 9370円 26710円 50600円 名古屋~金城ふ頭(名古屋臨海高速鉄道あおなみ線) 350円 12960円 36940円 69990円 続いて、損益分岐日数を計算。 検証区間 損益分岐 1ヶ月 損益分岐 3ヶ月 損益分岐 6ヶ月 名古屋~大府(JR東海道本線) 16日 15日 13日 名古屋~桑名(JR関西本線) 15日 14日 12日 名古屋~藤が丘(市営地下鉄東山線) 19日 18日 17日 名古屋~今池(市営地下鉄桜通線) 20日 19日 18日 名古屋~金城ふ頭(名古屋臨海高速鉄道あおなみ線) 19日 18日 17日 JRの定期代は名古屋でもやっぱりお得だった 東京、大阪でも他社線よりもお得だった JRは、やはり名古屋でも安定にお得でした。 やっぱり1ヶ月定期の場合は 15日程度、6ヶ月定期の場合は 12日程度で元が取れるようです。 結局 JRは私鉄に比べて、全体的にお得に設定されているのはほぼ間違いなさそうですね。 定期代は本当にお得なのか?まとめ さて、今回の検証はここまで。 今回分かったことをまとめると、• JRはいずれのエリアにおいても、他社線に比べて、定期代はお得に設定されている。 JR以外の路線は、概ね1ヶ月定期なら月に 19〜21日、3ヶ月定期なら月に 18〜20日、6ヶ月定期なら月に 17〜19日程度で、元が取れる。 同じ鉄道会社や路線でも、区間によっては元が取れる日数が変わることがある。 という感じですね。 そして重要なのは、 実際にその路線を使う頻度です。 通勤のために週に5日間、往復で利用すると、祝日がない場合で 21日〜22日です。 これでも路線や区間、あるいは定期の期間によっては、損益分岐ギリギリです。 つまり、5月のように祝日が多かったり、夏休みなどまとめて休暇を取得したり、会社以外への直行直帰があったりすると、月の利用日数は減ることになります。 そうなると、 定期を買わないほうが得になる人も、実際結構いるのではないでしょうか? 特に1ヶ月定期だと、損益分岐が20日や21日に設定されている区間も多いですからね。 もし気になる方は、ご自身の定期代が何日で損益分岐点を超えるのか、チェックしてみてはいかがでしょうか?.

次の