パイパン 体験 談。 義妹はパイパンだった : 秘密のエッチ体験談 H体験告白ブログ

パイパン

パイパン 体験 談

パイパンっていいなぁ…うちの彼女もあんな風だったらよかったのになぁ… そんなことを考えているとふと、俺はある計画を思いついてしまったんです。 それから数日後、俺は彼女を自宅に誘って二人でプチ飲み会を始めました。 彼女はお酒好きでしたが酔うとすぐ寝てしまう癖があって、この日も何杯か缶ビールを空けると俺の部屋でぐっすりと眠ってしまいました。 彼女が熟睡していることを念入りに確認した俺は、洗面所からある物を取ってきました。 そのある物とはカミソリと髭剃り用のジェル。 そう、俺は彼女が寝ている隙にそのフサフサの陰毛を全て剃ってしまおうと計画したわけです。 名付けてパイパン作戦。 (そのまんま) 俺は彼女が熟睡していることを再度確認し、履いていたジーンズとパンツをそ~っと脱がせました。 コメント• 名無しさん 2015年09月6日 22:43 マンコが毛深くて、ジャングル状態。 そう、言えばよかったのに・・・• 匿名 2016年01月6日 08:12 カスな男の話 死ね• 匿名 2016年05月16日 18:45 パイパンにすると性欲落ちるとか聞くが実際どうなんだろうな• 匿名 2016年07月4日 13:46 自分は、パイパン派だから喜んで剃るな 無い方が楽だわ 温泉とか行かないから気にしない 脱毛したいわ• 178コメント• 154コメント• 70コメント• 68コメント• 67コメント• 65コメント• 62コメント• 61コメント• 57コメント• 57コメント 人気 えろばな TOP20!(月間)• 18063 PV• 15328 PV• 10139 PV• 9894 PV• 9137 PV• 9129 PV• 9114 PV• 8349 PV• 8303 PV• 7958 PV• 7848 PV• 7601 PV• 7522 PV• 7514 PV• 7484 PV• 7276 PV• 7079 PV• 6969 PV• 6931 PV• 6649 PV カテゴリー• 6,358• 448• 1,268• 930• 969• 199• 202• 503• 528• 703• 341• 128• 913• 994• 477• 594• 488• 306• 387• 242• 169• 128• 258• 119• 1,000• 221• 315• 689• 300• 603• 138• 383• 135• 210• 1,776• 100• 290• 113• 106• 323•

次の

パイパンにさせてから相互オナニーを楽しむ自粛期間の体験談|風俗・出会い系サイト体験談ブログ てれおチャンネル

パイパン 体験 談

妻をパイパンにした時の体験談妻の陰毛を剃り落とした昔の話です。 それは妻が三十二歳の初夏のことでした。 その頃、私の陰阜に毛虫がついのか痒かった。 その痒さが性交を通して妻の陰阜にも移ったらしく、妻もやはり痒いという。 私は「剃り落とそう・・・」 と云って妻と一緒に風呂場にいきました。 当時の風呂は、まだ、五右衛門風呂でした。 私の男塊は、妻の恥部を剃り落とす好奇心で弾けそうに固く漲っていました。 風呂場に妻を立たせました。 妻は恥ずかしがりましたが、それを慫慂して石鹸を膨らみの丘に泡立てると、その泡が、黒い恥毛に馴染むように、しゅわ、しゅわ、と音を立てて塗り込み、一瞬にして白いスロープが出来上がりました。 私は、そこに密生していた黒い林の全部を、皮膚を傷つけないように慎重に反り落としました。 その黒い恥毛は剃り落されるのに、三分もかかりませんでした。 膨らみの丘に泡立つ石鹸を洗い流した私は、その変わり果てた膨らみの丘に視線が釘付けになっていました。 恥毛がそり落とされたところは青みがかっていましたが、真っ新らで、一点の曇りもない少女のような白い恥丘に変わっていました。 その丘はこんもりと盛り上がっていて、真ん中に薄いピンク色の恥裂が割れて走っていました。 産毛一本も生えてなく、つるりとしたた美しい少女の陰阜の丘に変身して現れたのです。 赤い恥裂は会陰部まで続いているのが見えました。 ツルツルになった膨らみの丘に指を当てて見ました。 指先を少し膣口に差し込むと、その恥裂は、もうたっぷりと潤い溢れていましたが、括約筋がいち早く収縮して、そこがいかに女の敏感な部分であるかを教えていたのです。 もう少し指を押し込んでみると、狭く小さな膣口は頑固に拒もうとしました。 お尻に手を回して見ると、そこは白く輝く半球形のヒップが、固さの中にも柔らかく膨んでいて、可愛いい少女のお尻のように見えました。 妻は、恥じらいながらも、私にそこらを見せてくれました。 私は凄く興奮し、男根から液が弾け出そうなのをグット我慢していました。 風呂場から出た私は、妻とともに全裸のままで寝床に横たわりました。 妻を仰臥させ両脚を拡げて見ると、少女のような恥毛のない陰阜が、大の字になった妻の太腿の付け根に浮かび上がってきました。 その恥部を愛撫し、潤んだそこに、強張った男塊がその花園に吸い込まれていったのです。 剃り落としてから一週間が過ぎていました。 妻は膨らみの丘がチクチクするという。 仰臥させて白いパンティをずり下げて見ると、その丘一面に約二ミリ程度の黒い芽が頭を出していました。 陰毛のない恥裂を拡げてみると、ピンク色の小さな突起が頭を覗かせていました。 それが恥毛のない谷間に埋まる女の敏感な蕾なのでした。 私は、芽生える恥毛の痛さから、恥骨や陰阜を擦りつけないように肘を立てて、ゆっくりと静かに律動を繰り返し、妻を昂ぶりに誘い込んでいくのでした。 剃り落としてから三週間が過ぎていました。 妻は、社内試験の第一関門突破して第一次合格し、気分良く浮き浮きしていました。 その夜、その気分に浮かれた妻は、両脚を大きく拡げて応じてくれました。 陰毛は五ミリ程度一面に伸びていました。 その夜も恥裂を拡げて跳びだした突起を見つめていると、妻の外側の厚い肉襞がぷっくり膨らんできて、そこが、次第に沼地となって濡れて、その沼地に男塊がめり込んでいきました。 その夜も、陰毛が多少芽生えてはいるものの、まだ、擦れ合う少しの痛さがあって、恥骨と恥骨を擦らないように腰を浮かせながら、静かな躍動を繰りかえし果てていったのです。 剃り落としてから一ヶ月が過ぎていました。 三歳の子供が眠ったのを見届けてから、妻の下着の全部を剥ぎ取って、薄明かりに膨らみの丘を眺望しました。 剃り落とした陰毛は、もう一面に黒く生え揃っていました。 そのためその夜は、恥骨と恥骨をぴったりと合わせて律動を繰り返しても、陰毛は伸びていて、私はもう芽生える陰毛の痛みは感じませんでした。 女は男にされるままにからだを投げ出して、快感の宙を彷徨っているのでした。

次の

パイパンのワレメから精液だと思うが垂れていた..【エロ体験談】

パイパン 体験 談

セフレとオンライン相互オナニーを試してみた とりあえず、セフレにオンライン飲み会しようぜと誘いをかけます。 そして、ある程度酔っぱらってきたタイミングで、下ネタ言ったり、卑猥な事言わせたりして、相手も興奮させていきました。 彼女はMなので、罰ゲームと称して「チンポ」とか言わせれば勝手に恥ずかしがって濡れてくるとても良い子です(笑) 案の定「変なこと言わせるから欲しくなってきちゃった」とか言い出したので、ここで満を持して相互オナニーを持ちかけました。 最初は、ちょっと嫌がってる風でしたが、すぐに全裸になってくれる良い子(笑) 画面いっぱいにおまんこを開いてくれます。 ただし、局部アップではそれほど興奮しなかったので、やはり顔も写るアングルに変えてもらいました。 ちなみに、私の方は「チンコアップでいいそうです(笑)」 お酒も飲んでますし、絵的にはそこそこエロいのですが、画面が引きになると、マン毛が邪魔で、イマイチよく見えません・・ バイブを出してきてもらって、それをバックから突っ込んでもらいました。 バックからだとアナルも挿入部分も見えやすくて良いのですが、今度は顔が見えにくい・・・ やはり私はSなので、恥ずかしがって火照った顔がセットじゃないと興奮が足りません。 と、色々文句を言っていますが、その日はとりあえずそのまま相互オナニーを楽しみ、きっちり射精しました。 相互オナニーをより楽しむためにパイパンにしてもらう 翌日、セフレにこう言いました。 「 前から顔もマンコも観ながら楽しみたいから、パイパンにしておいて」 セフレは「 えーパイパンなんて恥ずかしいし、温泉とか行けなくなるからやだ~」と言っていました。 温泉なんてしばらく行けないから、気にするな、すぐ生えるしと、必死の説得(笑) 結果、夜までにやってみるとのこと。 本当に良い子です。 その夜、同じようにお酒を飲みながら、徐々にエッチモードに移行していきます。 「 じゃあそろそろ、綺麗になったパイパン見せてもらおうかな」 そういうと、いつも以上に恥ずかしそうにモジモジしながらパンティーを脱ぐセフレ。 見事につるつるおマンコの登場です。 「 こんなの恥ずかしすぎる、全部見えすぎだからちょっと暗くしたい」 などと言いだしますが余裕で却下です。 だって既にちょっとマンコが光ってますからね。 「 パイパンなんて恥ずかしいマンコにされたのに、最初から濡れてるなんて変態だね」 などと、セフレに言葉のご褒美を上げると、みるみる濡れていくのが分かります。 その状態で、M字開脚させて、クリトリスをいじると、昨日までと違って本当によく見えます。 そして、いつもより良く見えてしまう事に、Mなセフレは興奮しまくりです。 そのまま、バイブを入れますが、出し入れの感じもとても良く見えて、喘いでる顔もバッチリです。 その状態で、「 パイパン濡れ濡れおマンコ見てください」と繰り返し言わせながら、大満足の相互オナニーが出来ました。 ちなみに、二日目は私もオナホールを買ってきて、ローション使ってやってみましたが、なかなか良いですね。 マンコに入れてる感じで楽しめました。 これなら、もう少し自粛が続けられそうです(笑) 出会い系サイト内でも、オンラインデートが流行中 ちなみに、今回のセフレと出会ったのは、PCMAXなんですが、PCMAX内でも自粛により新しいデートが流行っています。 それが、オンラインデートです。 普通に気に入った子に、声をかけて、オンラインで会話したり、動画チャットしたりするのです。 今までは、嫌がられることが多かったオンラインチャットですが、この自粛により、女の子で受け入れてくれる子が増えました。 それと、これの良いところは、お金が絡まないので、業者に騙される心配がない事です。 「 オンラインチャットでお話ししませんか?」 と聞けば、援デリ業者はお金にならないので無視します。 これが、意外と楽しいです。 もちろん最初は普通のお話ですが、出会い系に登録するような女性なので・・・ オンライン飲み会まで持っていければ、上記のセフレと同じような事が割と簡単に出来ます。 その際効果的なのが 「 お互いプライバシーを守るために、顔だけ見えない感じでエッチな事しませんか?」 と言うと、かなりOKしてくれます。 「 顔も見えないから安心ですし、やってみると意外と楽しいので、試してみましょうよ」 などと、誘ってみてください。 ただでさえ暇を持て余した人妻などが登録していて、この外出自粛で更に悶々としているのか、面白いほど引っかかりますよ。 更に、相手の顔がマスクとサングラス等で見えないので、たとえブスだったとしてもスタイルさえ良ければ楽しめます。 私は言葉責めとかが大好きなので、さっきまでお初で普通の会話していた人妻が、「チンポ固い」とか言うだけでテンションマックスです。 もしかしたら、自粛期間が最大のチャンスかもしれないので、今のうちに試してみましょう。

次の